おでかけブログ。その他、日々のおバカな出来事・読書感想などを、つらつらと。
山口県、長門市に来ております。
2日目。青海島。つづきです。

昨日、長門市(と、角島など一部、下関市)を車で走りながら、ずっと思っていたんですけど。
山道を通っても、海沿いを通っても、あちこちにこの黄色い花がたくさん咲いてるんですよねー。

青海島自然公園 (1)

ツワブキ。
木々の間のちょっと暗いところに咲いているので、黄色がパッと明るく目立つ☆
山口県は、ガードレールも夏みかん(山口県の花でもある)を意識して黄色く塗られているし、あけぼうの中で、「黄色」なイメージが定着してきたなー。

青海島自然公園 (2)

ここは、青海島の自然公園です。
海上アルプスとも呼ばれて、国の名勝に指定されている場所でもありまーす。
いまから、その絶景を見るため、遊歩道に入っていきたいと思います。

青海島自然公園 (3)

暖地性植物の北限地と書いてありました。
いや~、実は青海島に来て初めて知ったんですけど、ここに夏みかんの原樹があるんだそうです。
遠方の人はピンと来ないかもしれませんが、山口といえば、夏みかん。
県内のガードレールもオレンジ色にするくらいです。
その夏みかんのメッカといえば、萩市です。
夏みかんの丸漬(=お菓子)は、萩のお土産の定番です。
確かに・・・青海島、近いっちゃ、近い。
今まで、広島のレモンとか、愛媛のみかん、高知の柚子、徳島のかぼす・・・中四国地方の柑橘類なんて、実際のところ、名産品の棲み分けみたいなもんで、大した根拠などない、と思っていた・・・(;^ω^) 
そんなちゃんとした(?)フルーツだったのかあ。
ちょっと興味が出たんで、ウィキペディア先生に尋ねてみたところ、こんな感じでした。

江戸時代中期、黒潮に乗って南方から、山口県長門市仙崎大日比(青海島)に漂着した文旦系の柑橘の種を地元に住む西本於長が播き育てたのが起源とされる この原木は現存(ただし原木部分は根のみで、上部は接ぎ木されたもの)し、史跡及び天然記念物に指定されている


名もしら~ぬ~~~とお~きしーまーより~~♪
な~がれよ~る、文旦ひーとーつー♪

( ゚д゚)ウム、ドラマやね。
暖地性植物の北限地。
植物学的な目線でも面白い島なのかもしれませんな・・・。

青海島自然公園 (4)

ここはスキューバダイビングのスポットとしても人気があるそうです。
実際、ウェットスーツ着た人、何人か見ましたし。
キャンプ場もありましたから、夏は人が多いのかもしれない。
基本的には漁師さんの島だから、潜れる場所は限定されてるみたいですが。

青海島自然公園 (5)

よし、どんどん行こう。

青海島自然公園 (6)

遊歩道はこんな感じで、きれいに整備されています。
もうちょっと緑が多い印象だったんだけど、写真で見ると茶色っぽいな~(残念)

青海島自然公園 (7)

ところどころに、展望スペースみたいな、ベンチが置いてある広いスペースがあって、そこからだと視界が開けていい感じ。
これが、海上アルプスといわれる、奇岩が浮かぶ景観です。

青海島自然公園 (8)

海も澄んでて、きれい。
島の対岸にある仙崎港から、このあたりを見学する遊覧船も出てるそうです。
夏とか良さそう。爽やかかも。

青海島自然公園 (9)

目立った岩には、様々なものに見立てられた「名前」がついてます。
でもごめん、もうあまり覚えてない(;^ω^A

青海島自然公園 (10)

この遊歩道歩くの、すごく楽しいです。
基本的に高いところが好き、っていうのもあるけどw
景色ももちろん素晴らしいし、道が上ったり下りたり、階段があったりして、メリハリがあるんですよね。それに、ところどころ、景観の説明や植物の名前が付けてあったりして、飽きずに歩けるのがグー。

青海島自然公園 (11)

例のツワブキもこんな感じで咲いてるし。
遊歩道は、さらに歩く長いコースと、そこそこで終わるコースとありますが、今回は短いコースで終了といたしました。それでも結構歩いたよ。
この、長いコースと短いコースの分かれ道が、わかりにくいというか混乱を呼びそうな感じだったんですけど、そのあたりは駐車場のおじさんが(←このおじさんがまた、キャラ濃かった・・・w) 遊歩道に入る前に、親切に教えてくれます。目印とか。

いや~海上アルプス、歩いてて気持ちよかったです♪

青海島自然公園 (12)

では、青海島から、撤収で~す。
車を出したら、雨がふってきました。
歩いてるときに降ってこなくてラッキーでした。

先ほどもチラッと書きましたが、橋を渡った対岸は「仙崎」という港町です。
ここは実は、金子みすゞさんの出身地でもあるそうで、彼女がらみの観光名所もいっぱいなんですが・・・ごめん、なんかみすゞさんは、いまだにちょっと3.11当時を思い出して憂欝になっちゃうんだよね。みすゞさんに罪はないのにね。全部ACのせいだよ。

とうわけで、観光はしませんが・・・、漁港ときたら海産物ですよ!
仙崎はイカやアジなども有名で、実際お土産売り場でも、すごい推してるんですけど・・・

ランチで食べたのはこのあたりの名産、うに!です☆

蜀咏悄 2014-11-02 20 53 53

釜めしの「浜屋」さんで、うに釜めしを頂きました。
釜めしの上に、生のうにがドーンと乗っかっております。
まずは生うにだけ食べても良し、ご飯と一緒に食べるもよし、混ぜ込むもよし。
美味しかったっす!!
久しぶりに、まともにガッツリ食べた気がする、うに。

満足じゃ~~・:*:・(*´∀`*)ウットリ・:*:・

では次へ向かいます。ラスト~。


ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
スポンサーサイト


追記を閉じる▲

青海島自然公園 (3)

暖地性植物の北限地と書いてありました。
いや~、実は青海島に来て初めて知ったんですけど、ここに夏みかんの原樹があるんだそうです。
遠方の人はピンと来ないかもしれませんが、山口といえば、夏みかん。
県内のガードレールもオレンジ色にするくらいです。
その夏みかんのメッカといえば、萩市です。
夏みかんの丸漬(=お菓子)は、萩のお土産の定番です。
確かに・・・青海島、近いっちゃ、近い。
今まで、広島のレモンとか、愛媛のみかん、高知の柚子、徳島のかぼす・・・中四国地方の柑橘類なんて、実際のところ、名産品の棲み分けみたいなもんで、大した根拠などない、と思っていた・・・(;^ω^) 
そんなちゃんとした(?)フルーツだったのかあ。
ちょっと興味が出たんで、ウィキペディア先生に尋ねてみたところ、こんな感じでした。

江戸時代中期、黒潮に乗って南方から、山口県長門市仙崎大日比(青海島)に漂着した文旦系の柑橘の種を地元に住む西本於長が播き育てたのが起源とされる この原木は現存(ただし原木部分は根のみで、上部は接ぎ木されたもの)し、史跡及び天然記念物に指定されている


名もしら~ぬ~~~とお~きしーまーより~~♪
な~がれよ~る、文旦ひーとーつー♪

( ゚д゚)ウム、ドラマやね。
暖地性植物の北限地。
植物学的な目線でも面白い島なのかもしれませんな・・・。

青海島自然公園 (4)

ここはスキューバダイビングのスポットとしても人気があるそうです。
実際、ウェットスーツ着た人、何人か見ましたし。
キャンプ場もありましたから、夏は人が多いのかもしれない。
基本的には漁師さんの島だから、潜れる場所は限定されてるみたいですが。

青海島自然公園 (5)

よし、どんどん行こう。

青海島自然公園 (6)

遊歩道はこんな感じで、きれいに整備されています。
もうちょっと緑が多い印象だったんだけど、写真で見ると茶色っぽいな~(残念)

青海島自然公園 (7)

ところどころに、展望スペースみたいな、ベンチが置いてある広いスペースがあって、そこからだと視界が開けていい感じ。
これが、海上アルプスといわれる、奇岩が浮かぶ景観です。

青海島自然公園 (8)

海も澄んでて、きれい。
島の対岸にある仙崎港から、このあたりを見学する遊覧船も出てるそうです。
夏とか良さそう。爽やかかも。

青海島自然公園 (9)

目立った岩には、様々なものに見立てられた「名前」がついてます。
でもごめん、もうあまり覚えてない(;^ω^A

青海島自然公園 (10)

この遊歩道歩くの、すごく楽しいです。
基本的に高いところが好き、っていうのもあるけどw
景色ももちろん素晴らしいし、道が上ったり下りたり、階段があったりして、メリハリがあるんですよね。それに、ところどころ、景観の説明や植物の名前が付けてあったりして、飽きずに歩けるのがグー。

青海島自然公園 (11)

例のツワブキもこんな感じで咲いてるし。
遊歩道は、さらに歩く長いコースと、そこそこで終わるコースとありますが、今回は短いコースで終了といたしました。それでも結構歩いたよ。
この、長いコースと短いコースの分かれ道が、わかりにくいというか混乱を呼びそうな感じだったんですけど、そのあたりは駐車場のおじさんが(←このおじさんがまた、キャラ濃かった・・・w) 遊歩道に入る前に、親切に教えてくれます。目印とか。

いや~海上アルプス、歩いてて気持ちよかったです♪

青海島自然公園 (12)

では、青海島から、撤収で~す。
車を出したら、雨がふってきました。
歩いてるときに降ってこなくてラッキーでした。

先ほどもチラッと書きましたが、橋を渡った対岸は「仙崎」という港町です。
ここは実は、金子みすゞさんの出身地でもあるそうで、彼女がらみの観光名所もいっぱいなんですが・・・ごめん、なんかみすゞさんは、いまだにちょっと3.11当時を思い出して憂欝になっちゃうんだよね。みすゞさんに罪はないのにね。全部ACのせいだよ。

とうわけで、観光はしませんが・・・、漁港ときたら海産物ですよ!
仙崎はイカやアジなども有名で、実際お土産売り場でも、すごい推してるんですけど・・・

ランチで食べたのはこのあたりの名産、うに!です☆

蜀咏悄 2014-11-02 20 53 53

釜めしの「浜屋」さんで、うに釜めしを頂きました。
釜めしの上に、生のうにがドーンと乗っかっております。
まずは生うにだけ食べても良し、ご飯と一緒に食べるもよし、混ぜ込むもよし。
美味しかったっす!!
久しぶりに、まともにガッツリ食べた気がする、うに。

満足じゃ~~・:*:・(*´∀`*)ウットリ・:*:・

では次へ向かいます。ラスト~。


ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

【2014/11/21 17:15】 | 長門市
【タグ】 山口県  長門市  
トラックバック(0) |


あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

ベトナムのハロン湾みたいな景観でしたよ~。
観光船から見上げたほうがよりハロン湾だったかも☆




misachi68
海上アルプスって名前がすごいですね。
いい眺めだ〜〜(*´ω`*) ウットリ…


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

ベトナムのハロン湾みたいな景観でしたよ~。
観光船から見上げたほうがよりハロン湾だったかも☆

2014/11/25(Tue) 09:42 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
海上アルプスって名前がすごいですね。
いい眺めだ〜〜(*´ω`*) ウットリ…
2014/11/22(Sat) 23:14 | URL  | misachi68 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック