おでかけブログ。その他、日々のおバカな出来事・読書感想などを、つらつらと。
11月最初の連休は、なんと、まさかの天気予報 
うそー!Σ(゚д゚lll)ガーン
といいつつも、車に乗り込み出発しました。

天気

高速道路を西へ西へ。
途中の景色の山。霧もくもく。


秋芳洞 (1)

到着したのは、山口県美祢市です!
雨だから、ちょっと観光客少ないか?
目的は、日本屈指の大鍾乳洞「秋芳洞(あきよしどう)」です。
駐車場は、お土産屋さんとセット。こんぴらさんと同じシステムでした。

秋芳洞 (2)

むかーし昔に、一度来たことがあるんですが、もうほとんど細かいことは覚えてません(;^ω^A

秋芳洞 (3)

河童の伝説があったなんて、初めて知ったしw

秋芳洞 (4)

入り口まで来ると、やっぱり観光客、意外と多かったです。
小学生の団体とか、中国の観光客とか。
確かに、鍾乳洞って、入ってしまえばお天気関係ないから、観光ルートに入れとくの良いかも。

秋芳洞 (5)

紅葉はまだ始まったばかりなので、全体的に緑色。
このせせらぎは、鍾乳洞から流れてきてます。

秋芳洞 (6)

河童の伝説があるのも、うなづけるくらい、水きれい!
さっそく、入ってみます・・・。
ここからは暗いので、あけぼうのしょぼいコンデジでは、写りがアレなんですけど

秋芳洞 (7)

まず、入ってすぐ、鍾乳洞とは思えないくらいの大空間にびっくりですよ!

秋芳洞 (8)

そして、ぽか~んとしてるうちに、「ザ☆秋芳洞」な景色が眼前に。
「百枚皿」というところです。まさに、なネーミング。

秋芳洞 (9)

ここは、ガイドブック等でも必ず出てるスポットです。
洞内は見学用の歩道があって、すべての写真はそこから撮る感じになります。
ところどころライトがあるので、ライトの近くだと手前が見やすい。
ただ、そんなに広い歩道ではないので、ほかの人の迷惑にならないようにサッ!と撮ってます。サッ!と。

秋芳洞 (10)

つららのような鍾乳石。

秋芳洞 (12)

観光スポットなので、いわゆるリアルな洞窟とは違って、ふと上を見上げると、そこにはコウモリがびっしりと・・・!みたいな恐怖が無くていいですよね~♪(←コウモリだいきらい)

fc2blog_20141106130328338.jpg 

「大黒柱」です。
上からぽたぽた、鍾乳石が成長し。
下からにょきにょき、石筍が成長して。
それが合体して柱になってるんですけど、何万年・・・何十万年・・・気の遠くなるような時間がかかってるはず・・・。

秋芳洞 (14)

これは仏様の名前がついてました。

fc2blog_20141106130349e00.jpg 

そして、これが「黄金柱」という、超でっかい石柱。
太さを表現するため、不肖あけぼう、両手を広げてみましたよw

秋芳洞 (17)

こっちは「岩窟王」。
言われてみれば、手を合わせている横顔のような・・・。
その他、多すぎて全部紹介はできないけど、様々な岩が名付けられていましたよ。

秋芳洞 (16)

このへん!
リアルで見るとすごいんですけど、写真だとなんだかのっぺりしてますね。
このウニャウニャした感じ、なんだか臓器の中っぽくないですか??
昔、手塚治虫のアニメで、体内に入って病気の治療したり敵と戦ったりする話ありませんでした?あれ、結構好きだったんだよなー。前、検査で自分の腸の中を見た時も、あのアニメを思い出したりしたよ。あらすじとか、話のラストとか、全然覚えてないけど印象には強く残ってるんだよなー・・・。って、話が脱線してしまった(*-∀-)ノ゙

秋芳洞 (18)

この、滝の流れが止まったような鍾乳石も、すごいなあ・・・。

秋芳洞 (19)

往復して戻ってきました。
ここは最初の大空間です。
なんだかんだ言って、ここが一番印象深かったですね。
澄んだ水に、鍾乳洞の大空間がすべて写っていて、水鏡のようになっていまして。
丸く、閉じたひとつの世界みたいになっていて、とても幻想的でした。
まるでファンタジーの世界でした。

秋芳洞 (20)

大人になって見た秋芳洞、良かったです。
子どもの時とは違うところで感動できたりするなあ。

ブログランキング・にほんブログ村へ 

関連記事
スポンサーサイト


追記を閉じる▲

秋芳洞 (2)

むかーし昔に、一度来たことがあるんですが、もうほとんど細かいことは覚えてません(;^ω^A

秋芳洞 (3)

河童の伝説があったなんて、初めて知ったしw

秋芳洞 (4)

入り口まで来ると、やっぱり観光客、意外と多かったです。
小学生の団体とか、中国の観光客とか。
確かに、鍾乳洞って、入ってしまえばお天気関係ないから、観光ルートに入れとくの良いかも。

秋芳洞 (5)

紅葉はまだ始まったばかりなので、全体的に緑色。
このせせらぎは、鍾乳洞から流れてきてます。

秋芳洞 (6)

河童の伝説があるのも、うなづけるくらい、水きれい!
さっそく、入ってみます・・・。
ここからは暗いので、あけぼうのしょぼいコンデジでは、写りがアレなんですけど

秋芳洞 (7)

まず、入ってすぐ、鍾乳洞とは思えないくらいの大空間にびっくりですよ!

秋芳洞 (8)

そして、ぽか~んとしてるうちに、「ザ☆秋芳洞」な景色が眼前に。
「百枚皿」というところです。まさに、なネーミング。

秋芳洞 (9)

ここは、ガイドブック等でも必ず出てるスポットです。
洞内は見学用の歩道があって、すべての写真はそこから撮る感じになります。
ところどころライトがあるので、ライトの近くだと手前が見やすい。
ただ、そんなに広い歩道ではないので、ほかの人の迷惑にならないようにサッ!と撮ってます。サッ!と。

秋芳洞 (10)

つららのような鍾乳石。

秋芳洞 (12)

観光スポットなので、いわゆるリアルな洞窟とは違って、ふと上を見上げると、そこにはコウモリがびっしりと・・・!みたいな恐怖が無くていいですよね~♪(←コウモリだいきらい)

fc2blog_20141106130328338.jpg 

「大黒柱」です。
上からぽたぽた、鍾乳石が成長し。
下からにょきにょき、石筍が成長して。
それが合体して柱になってるんですけど、何万年・・・何十万年・・・気の遠くなるような時間がかかってるはず・・・。

秋芳洞 (14)

これは仏様の名前がついてました。

fc2blog_20141106130349e00.jpg 

そして、これが「黄金柱」という、超でっかい石柱。
太さを表現するため、不肖あけぼう、両手を広げてみましたよw

秋芳洞 (17)

こっちは「岩窟王」。
言われてみれば、手を合わせている横顔のような・・・。
その他、多すぎて全部紹介はできないけど、様々な岩が名付けられていましたよ。

秋芳洞 (16)

このへん!
リアルで見るとすごいんですけど、写真だとなんだかのっぺりしてますね。
このウニャウニャした感じ、なんだか臓器の中っぽくないですか??
昔、手塚治虫のアニメで、体内に入って病気の治療したり敵と戦ったりする話ありませんでした?あれ、結構好きだったんだよなー。前、検査で自分の腸の中を見た時も、あのアニメを思い出したりしたよ。あらすじとか、話のラストとか、全然覚えてないけど印象には強く残ってるんだよなー・・・。って、話が脱線してしまった(*-∀-)ノ゙

秋芳洞 (18)

この、滝の流れが止まったような鍾乳石も、すごいなあ・・・。

秋芳洞 (19)

往復して戻ってきました。
ここは最初の大空間です。
なんだかんだ言って、ここが一番印象深かったですね。
澄んだ水に、鍾乳洞の大空間がすべて写っていて、水鏡のようになっていまして。
丸く、閉じたひとつの世界みたいになっていて、とても幻想的でした。
まるでファンタジーの世界でした。

秋芳洞 (20)

大人になって見た秋芳洞、良かったです。
子どもの時とは違うところで感動できたりするなあ。

ブログランキング・にほんブログ村へ 

関連記事
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

【2014/11/12 07:53】 | 美祢市
【タグ】 山口県  美祢市  秋芳洞  
トラックバック(0) |


あけぼう
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

おお~ちゃんと覚えてるの、偉いなあ!
鎧を着たお化けって面白いね。
お父上、やるなw
せっかく連れて行った旅行だし、幼い子の記憶に焼き付けるためには、泣かすくらいのどぎつい出来事が必要なのかもしれないな~~(勉強になった・・・)


玉坂めぐる 
玉坂も小学校の時に行って
でも、皆と違ってよく覚えてるぞ。
百枚皿とか、黄金柱とか。
(^^)素直なよい子だった頃だからな!

でも翌日に旅館で父親が新聞を見ながら
「あー、秋芳洞に鎧をきたお化けが出たらしいな」
って言うから、泣きそうになったのも覚えてるよ。
今思えば、新聞にそんなのでるわけないじゃん。
チキショウ、ヤラレタワ。





あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

あけぼうも、行ったことあるはずなのにほとんど記憶になかったよw
河童の伝説なんて知らなかったしw
子どもの頃・・・といっても、そこそこ大きかったハズなのに、なんでこんなに忘れてるんだろ(笑)
大人たちも連れて行った甲斐が無いよね。゚(゚^Д^゚)゚。
今回の旅は雨が降ったりやんだりで、そういう意味では残念だったんだけど、鍾乳洞には天気は関係ないし、見ごたえもあって満足度高いし、プランに加えといて損はなかったなーと思ったよ☆


misachi68
修学旅行で秋芳洞にも行った記憶があるのですが、
内容をちっとも覚えておりません(; ^ω^)
鍾乳洞って好きなんだよね〜
カッパさんがいたんだ〜
そっか天気が関係ないスポットって旅のプランに必要だよね。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

おお~ちゃんと覚えてるの、偉いなあ!
鎧を着たお化けって面白いね。
お父上、やるなw
せっかく連れて行った旅行だし、幼い子の記憶に焼き付けるためには、泣かすくらいのどぎつい出来事が必要なのかもしれないな~~(勉強になった・・・)
2014/11/17(Mon) 10:16 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
玉坂も小学校の時に行って
でも、皆と違ってよく覚えてるぞ。
百枚皿とか、黄金柱とか。
(^^)素直なよい子だった頃だからな!

でも翌日に旅館で父親が新聞を見ながら
「あー、秋芳洞に鎧をきたお化けが出たらしいな」
って言うから、泣きそうになったのも覚えてるよ。
今思えば、新聞にそんなのでるわけないじゃん。
チキショウ、ヤラレタワ。


2014/11/15(Sat) 09:29 | URL  | 玉坂めぐる  #WCSj23LI[ 編集]
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

あけぼうも、行ったことあるはずなのにほとんど記憶になかったよw
河童の伝説なんて知らなかったしw
子どもの頃・・・といっても、そこそこ大きかったハズなのに、なんでこんなに忘れてるんだろ(笑)
大人たちも連れて行った甲斐が無いよね。゚(゚^Д^゚)゚。
今回の旅は雨が降ったりやんだりで、そういう意味では残念だったんだけど、鍾乳洞には天気は関係ないし、見ごたえもあって満足度高いし、プランに加えといて損はなかったなーと思ったよ☆
2014/11/13(Thu) 09:49 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
修学旅行で秋芳洞にも行った記憶があるのですが、
内容をちっとも覚えておりません(; ^ω^)
鍾乳洞って好きなんだよね〜
カッパさんがいたんだ〜
そっか天気が関係ないスポットって旅のプランに必要だよね。
2014/11/12(Wed) 19:56 | URL  | misachi68 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック