松江 城山稲荷神社

松江。お出かけ中でございます。
城を散策して、最後にたどり着いたのが、ここです。

matsue (185)

城山稲荷神社。


matsue (184)

このまま進んでお堀を渡れば、小泉八雲旧居まですぐなので、通勤の道だったというのは納得。

matsue (191)

特に、この神社はおキツネ様の像が多くて。すごいです。
ましてや、外国人の目から見たら、すごい印象的だっただろうなと思います。

matsue (193)

神社だから当然狛犬もいるんだけど、さりげなくキツネにまざってて見落としがちw

matsue (194)

この階段を上ると、社殿があるんだけど、ここまでですでに何体もの狐様が並んでました。

matsue (195)

で、階段を上りきった門の前に、狛狐的に建ってるこの像こそ、小泉八雲が大変お気に入りだったというものです。

matsue (196)

お顔、アップ~。

matsue (197)

なるほど、ここにあるのは、当時そのままの像ではなくて、復元されたものなんですね。

matsue (198)

オリジナルは奥のほうにあるみたいで。後で見てみたいと思います。
確かにちょっと、アートの香りする造形ではありますよね。このキツネ様。


matsue (199)

こちら拝殿です~。

matsue (201)

社殿の裏側にも回っていくことができるんですけど、周辺全部、こんなかんじでキツネの石像が並んでます。

matsue (204)

matsue (206)

狐だらけだよ~。圧倒的な数!
動物を神格化って、牛とか蛇とかいろいろあるけど。
狐様がダントツだねぇ・・・。

matsue (207)

あっ、ここにオリジナルがありました!

matsue (208)

写真は一体だけですが、ちゃんと2体が対で安置されていましたよ。
なるほど~なるほど~。
確かにちょっと全体的に風雪でつるりとしちゃってますけど、これを見ると、最初に門のところで見た復元の像は、かなり忠実に再現されているように思う。

あとはもう、境内を出るまでとにかく通路沿いに、狐様たちがずらっと。

matsue (210)

なんだか、会話しているみたいに見えます( *´艸`)

matsue (212)

可愛いのもいれば、こういうめちゃくちゃキリリとした強そうな狐様も。

matsue (216)

これ、ひとつひとつ見てたら、飽きないわ~。
雨の日や雪の日も、それはそれで風情ありそう。
ご朱印・・・は無し。
もう夕方だったし授与所も閉まってました。
でも、ここのご朱印は欲しいな~~また来よう。

さて!
ぼちぼち日も暮れてまいりました。
散策おわり!
いよいよゴーストツアーってことで、集合場所へGOです。

ブログランキング・にほんブログ村へ 
次回で松江、ラストです。
関連記事

| 松江・出雲 | コメント(4)

コメント


玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

サギ!!!
そうか、そうだよね!!
あれ?でも・・・シレッと神の使い的な顔して、松山の道後温泉の屋根の上にいませんでしたっけwww 
なんだろう、ある意味一番うさんくさいキャラかもしんないねw

2014年|11月|02日|21:35 |from あけぼう| URL

No title


あー懐かしいなあ。
出張の途中でここに一人で上がったことがあります。
八雲先生の愛玩キツネさんにあってきたぜ
ってそれだけで、御飯三杯食べられる感じでした。
(^^)

最近、江戸時代の化け物草子みたいのを
眺めているのですが、挿絵には
キツネ、タヌキと並んで、よくサギがいます。
だます動物と言えばこの三者だったんだよね。
「サギ」言葉だけは残ったけど、
みんなサギの悪事は忘れちゃったのかな。

2014年|10月|31日|18:45 |from 玉坂めぐる | URL 【編集】


misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

うんうん、狐像の数がほんとにすごかったですよ。
古いのは角がとれて、トロトロになっちゃってたり。
いろんなのが居て、見てて面白い♪
こんなところが通勤の道だったら
歩くのもちょっと楽しいよね(*^_^*)

2014年|10月|31日|09:16 |from あけぼう| URL

No title


小泉八雲さんが特に好きだった狐さんは
なんか漫画っぽくて面白い顔してますね(*´∀`*)
可愛い〜
凛々しい子たちはやけにリアルな感じもするし。
それにしても数がすごいですね〜
たくさんの人の手で作られたんですかね。
化かすと言われながらも神格化もされてる狐って
日本人とは不思議な関係だなぁ。

2014年|10月|30日|18:48 |from misachi68| URL

非公開コメント

トラックバック

http://bonryo.blog6.fc2.com/tb.php/1280-8eadb1c7