松江 月照寺2 怪奇!暴れ亀

というわけで、前回に引き続き、島根県松江市、月照寺です。
実は月照寺、あの小泉八雲が愛したお寺でもあるのです。

月照寺 (2)

そんな月照寺に伝わる、怪談については、こちらをどうぞ。



それはともかく、その亀さん。

月照寺 (43)

6代藩主の廟門を入った左側にあります。
それが、こちら。

月照寺 (45)

どーん!!
あけぼうの身長より大きいよ!
なかなかの迫力です。
この大きな爪で暴れたら、破壊力ハンパないよ~~~:(;゙゚'ω゚'):

月照寺 (47)

大亀にまつわる「お話」の中には、侍が暴れる亀の首を切ったというパターンもあって、まさにそんな感じのヒビのようなものが、首に残っております。

怪談のお話しを知ってしまうと、この亀さんの表情、一生懸命歯を食いしばって耐えてるように見えてきます。
石碑の重みに耐えているのか・・・それとも、暴れたいっていう欲求が、いまだこの甲羅の中でメラメラしていて、それを抑えている表情なのか・・・怖い怖い(;´∀`)

月照寺 (49)

でも、こんなに甲羅がめり込むくらい重たい石碑なので、絶対動けません。
今後も松江のご城下は平和でしょう・・・。
(-∧-;) ナムー


御朱印~。

ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

| 松江・出雲 | コメント(4)

コメント


玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そうそう、これは本当は贔屓ですよ。お殿様の業績を、ありがたーい霊獣が背に載せて、更に広く世間へ高らかに広報~!みたいなイメージですよね。石碑を背負ってるから亀趺(きふ)ってやつだと思われます。
しかし地元民にとっても結局「亀」にしか見えてないからこその、このお話だなぁと思うと、なんだかじわじわくるんですよね~( ´艸`)

実際、贔屓と亀の違いってなんだ?って話なんっすよ。
中国人の「贔屓」のキャラ設定が、明らかに不十分と言うか練られていないというかw
造形にしても、ユニコーンやペガサスと白馬の違いみたく、角があったり羽が生えてたりするわけじゃないしねー。
それにしても、さすが「レジェンド・家康」ですね☆(←画像見た)
盛ったなあああぁ~ww。゚(゚ノ∀`゚)゚。アヒャヒャ
またこの贔屓さんの表情がなんとも…www
わりと近いうちに5月病を発症しそう。
「俺・・何でこんなことやってるんだろ・・・?」

2014年|10月|14日|12:45 |from あけぼう| URL


misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

わかるわかる!
最近亀の写真を見る機会がちょくちょくあるんだけど
(きっと意識が今、亀に向いてるんだと思うw)
亀のアップとか「やっぱ爬虫類だわ~」って思う!
たまに、恐竜と言うか、怪獣みたいな時もあるよね!

2014年|10月|14日|12:21 |from あけぼう| URL

No title


亀好きのあけぼうちゃんなら知ってると思うけど、この大亀ってたぶん幻獣「贔屓」の可能性もあるんじゃないかと思うなあ。でも、どう見ても普通にカジュアルにカメ、オオガメって呼びたいけどさ。
で、このめり込み具合はイイ♬
「両国 徳川家康像」ってググると画像でると思うけど、この子に似たのに台がのっててその上に徳川家康が乗っててその手の上に鷹が乗ってるっていうのがあるんだよね。お相撲の殿堂国技館の近所です。全然有名じゃないし、最近誰かが寄付したんだって。自分もこないだ知りました。巨大でマヌケで組体操っていうか積み木っていうか。。。(^^)オオガメ哀れです。

2014年|10月|13日|19:44 |from 玉坂めぐる | URL 【編集】

No title


亀が暴れる話って珍しいよね。
カメって太古の昔からいるから、
仙人っぽいっていうか、長寿の代名詞みたいだし、
悪者の雰囲気ないもんね。

でも、カメを飼ってた私は知ってる・・・
やっぱり、は虫類だから、
顔は蛇と似てるってこと(; ^ω^)

2014年|10月|13日|13:08 |from misachi68| URL

非公開コメント

トラックバック

http://bonryo.blog6.fc2.com/tb.php/1268-ff1c2ee5