おでかけブログ。その他、日々のおバカな出来事・読書感想などを、つらつらと。
岡山県瀬戸内市牛窓町(うしまどちょう)になってきております。
牛窓とは、このへんに住む我々にとって、海のリゾートなイメージだと思っていただければ☆
日本のエーゲ海とも言われております。
でも今回はあまり海・・・関係ないんですけどね(;´∀`)

牛窓神社 (1)

さてさて、やってきたよ。牛窓神社。
ちょっとした丘の上にあります。
このすぐ奥に、車を停めるスペースがありました。

牛窓神社 (2)

ここから歩きですが、さっそく素敵な森
日光の加減で、上のほうスカスカに見えちゃってますが(;´∀`)
上の方までちゃんと葉っぱが茂っていて、本当に良い感じだったんですよ~。
牛窓神社 (3)

元気・やる気・勇気・本気・根気・・・。
良い言葉なのに、なぜだかついつい、井脇ノブ子さんの豪快な笑い声が脳内で響き渡る・・・。
ここ何年も、一度も考えた事すらないのに、なんで今出てくるんだ井脇サンww
しょっぱなから、なんだか神社に申し訳ないわw

牛窓神社 (11)
(クリックで拡大できます♪)

牛窓神社 (15)

今回は、狛犬さんをちゃんと撮影してなかった
狛犬の足元に貝殻が置かれてるのが、風光明媚な海沿いの町・牛窓のイメージと合ってて、「らしいなぁ」って思ってたので、こんな写真だけありました。

この日は、8月ラストの休日だったので、ぎりぎり、夏越の祓い 茅の輪くぐりをやっていました。

牛窓神社 (14)

勝手ながら、ご一家の繁栄と、抱っこされてた赤さんの健やかなる成長をお祈り申し上げますよ・・・☆

もちろん我々もやっていただきました。
蘇民将来♪ 蘇民将来♪
宮司さんがとっても丁寧に唱えてくれるんですよ・・・
「この大和撫子たちの、口には出さねども、胸に秘めたる願いを・・・うんぬん・・・」
みたいなね(ノ´∀`*) 
ヤマトナデシコですってー。キャッ☆
なんかテレるー☆ (∀`*ゞ)エヘヘ

牛窓神社 (7)

本殿です。
屋根からのくびれが良い感じ・・・・。

ご祭神は、
応神天皇
神功皇后
比売神
武内宿禰

だそうです。

備前国風土記逸文に、この「牛窓」という地名の由来に関する記述があるそうです。
むか~し、むかし・・・
神宮皇后の船団がこの海を船で渡っている最中、巨大な牛が立ちはだかり、船をひっくり返そうとしたそうな~。
そこへ、住吉明神が老翁としてあらわれ、その角をつかんで投げ倒したんじゃ~。
牛、転ぶ(まろぶ)・・・うし、まろ・・・うしまど・・・牛窓・・・。
この地は「牛窓」といわれるようになったそうな~。

その他にも、潮流が激しくて「潮の間戸(うしおのまど)」と言われていたことから、それがなまって牛窓になったという説とかもあるそうなんですけど・・・。

牛窓神社 (8)

海の町ってかんじです。
でも、かなり文字が薄くなっていて、全部は読めなかったです(;´∀`)

牛窓神社 (5)

牛窓神社の境内には、ど根性の樹があちこちに!

牛窓神社 (4)

凄い所から、木が生えてます。

牛窓神社 (9)

確かに、あやかりたいw おみくじを結んじゃう気持ち、分かるかも。

牛窓神社 (12)

とっても大きな絵馬に、寄せ書きのようにみんなの願いが書かれてました~!
ここまでぎっしり、それぞれの想いが乗っかってると、それだけでかなりの“圧”を感じますなw

ところで、牛窓神社はもう一方にも境内への入り口があります。

牛窓神社 (19)

ていうか、こっちが正面だわw
随身門です。

牛窓神社 (17)

門番神の、左大臣(奇磐間戸神)様&右大臣(豊磐間戸神)様。

牛窓神社 (16)

まだ新しい。
しかも、人が門を通過する際、センサーでライトが点灯するという・・・。

牛窓神社

木漏れ日がキラキラして、とてもきれいでした。
まさに「神様のとおりみち」って感じです。

この先に展望台があるみたいなので、ちょっと行ってみたいと思いまーす。


ご朱印♪
牛窓神社

ブログランキング・にほんブログ村へ 
関連記事


追記を閉じる▲
牛窓神社 (3)

元気・やる気・勇気・本気・根気・・・。
良い言葉なのに、なぜだかついつい、井脇ノブ子さんの豪快な笑い声が脳内で響き渡る・・・。
ここ何年も、一度も考えた事すらないのに、なんで今出てくるんだ井脇サンww
しょっぱなから、なんだか神社に申し訳ないわw

牛窓神社 (11)
(クリックで拡大できます♪)

牛窓神社 (15)

今回は、狛犬さんをちゃんと撮影してなかった
狛犬の足元に貝殻が置かれてるのが、風光明媚な海沿いの町・牛窓のイメージと合ってて、「らしいなぁ」って思ってたので、こんな写真だけありました。

この日は、8月ラストの休日だったので、ぎりぎり、夏越の祓い 茅の輪くぐりをやっていました。

牛窓神社 (14)

勝手ながら、ご一家の繁栄と、抱っこされてた赤さんの健やかなる成長をお祈り申し上げますよ・・・☆

もちろん我々もやっていただきました。
蘇民将来♪ 蘇民将来♪
宮司さんがとっても丁寧に唱えてくれるんですよ・・・
「この大和撫子たちの、口には出さねども、胸に秘めたる願いを・・・うんぬん・・・」
みたいなね(ノ´∀`*) 
ヤマトナデシコですってー。キャッ☆
なんかテレるー☆ (∀`*ゞ)エヘヘ

牛窓神社 (7)

本殿です。
屋根からのくびれが良い感じ・・・・。

ご祭神は、
応神天皇
神功皇后
比売神
武内宿禰

だそうです。

備前国風土記逸文に、この「牛窓」という地名の由来に関する記述があるそうです。
むか~し、むかし・・・
神宮皇后の船団がこの海を船で渡っている最中、巨大な牛が立ちはだかり、船をひっくり返そうとしたそうな~。
そこへ、住吉明神が老翁としてあらわれ、その角をつかんで投げ倒したんじゃ~。
牛、転ぶ(まろぶ)・・・うし、まろ・・・うしまど・・・牛窓・・・。
この地は「牛窓」といわれるようになったそうな~。

その他にも、潮流が激しくて「潮の間戸(うしおのまど)」と言われていたことから、それがなまって牛窓になったという説とかもあるそうなんですけど・・・。

牛窓神社 (8)

海の町ってかんじです。
でも、かなり文字が薄くなっていて、全部は読めなかったです(;´∀`)

牛窓神社 (5)

牛窓神社の境内には、ど根性の樹があちこちに!

牛窓神社 (4)

凄い所から、木が生えてます。

牛窓神社 (9)

確かに、あやかりたいw おみくじを結んじゃう気持ち、分かるかも。

牛窓神社 (12)

とっても大きな絵馬に、寄せ書きのようにみんなの願いが書かれてました~!
ここまでぎっしり、それぞれの想いが乗っかってると、それだけでかなりの“圧”を感じますなw

ところで、牛窓神社はもう一方にも境内への入り口があります。

牛窓神社 (19)

ていうか、こっちが正面だわw
随身門です。

牛窓神社 (17)

門番神の、左大臣(奇磐間戸神)様&右大臣(豊磐間戸神)様。

牛窓神社 (16)

まだ新しい。
しかも、人が門を通過する際、センサーでライトが点灯するという・・・。

牛窓神社

木漏れ日がキラキラして、とてもきれいでした。
まさに「神様のとおりみち」って感じです。

この先に展望台があるみたいなので、ちょっと行ってみたいと思いまーす。


ご朱印♪
牛窓神社

ブログランキング・にほんブログ村へ 
関連記事

FC2blog テーマ:神社・仏閣巡り - ジャンル:旅行

【2014/09/11 17:30】 | 牛窓
【タグ】 神社  岡山  
トラックバック(0) |


あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そうなんです!ここだったんですよ~。
すっごくキレイでした(人´∀`).☆.。.:*・゚
キラキラした木々のトンネルって感じで☆
神様もホント、スキップすると思う。
森の精や風、全てがニコニコしてる気がしました。
見たまんまに写真を撮るってなかなか難しいけど
これはまあまあ成功していると自分では思ってます♪



misachi68
神様のとおりみち、ここだったんですね(*´∀`*)
キラキラ感がほんと素敵♪
神様もスキップして通ってそうな。



コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そうなんです!ここだったんですよ~。
すっごくキレイでした(人´∀`).☆.。.:*・゚
キラキラした木々のトンネルって感じで☆
神様もホント、スキップすると思う。
森の精や風、全てがニコニコしてる気がしました。
見たまんまに写真を撮るってなかなか難しいけど
これはまあまあ成功していると自分では思ってます♪
2014/09/12(Fri) 09:13 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
神様のとおりみち、ここだったんですね(*´∀`*)
キラキラ感がほんと素敵♪
神様もスキップして通ってそうな。

2014/09/11(Thu) 19:11 | URL  | misachi68 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック