おでかけブログ。その他、日々のおバカな出来事・読書感想などを、つらつらと。
引き続き、石上布都魂神社です。
看板の主とのコミュニケーションを楽しみつつ、やはり15分は山道を登りましたでしょうか。

石上布都魂神社3 (1)

とうとう、奥の院・本宮の鳥居が見えました。

石上布都魂神社3 (2)

写真真ん中の、茶色っぽいのが鳥居です。

石上布都魂神社3 (3)

足元はこんなかんじ。

石上布都魂神社3 (4)

鳥居、到着です。
もっと苔むした鳥居なのかなと思っていたけど、予想外(失礼・・・)にキレイな鳥居。

石上布都魂神社3 (5)

あとはこの「迫龍の段段」をのぼれば・・・!

石上布都魂神社3 (6)

たしかに、カーブ具合とか「良い感じ」の階段ですw

石上布都魂神社3 (18)

上からの方が龍っぽいとのことなので、階段をのぼりきった、上からの写真w
うん、「良い感じ」のカーブ具合ですw

石上布都魂神社3 (7)

で、ここが!
奥の院でございます!

石上布都魂神社3 (8)

昔はこんな感じだったらしい。
かなり「ちゃんと神社」な建物だったようですね。

石上布都魂神社3 (9)

今は「跡」の石碑のみ・・・
残念と言えば残念ですけど、

石上布都魂神社3 (10)

こっちの小さなお社のほうが、バックにどーんとある磐座が目立つとも言えるかも。

石上布都魂神社3 (11)

ちょっと引いて撮らないと、全部入りません。

石上布都魂神社3 (12)

でね、すごく心地いいんですよ、ここ。
なんか清々しい。空気が。
今までの、蒸し蒸しした山道の空気とは全然違って涼しくて。

石上布都魂神社3 (14)

昔はどうだったかわかりませんが、今は周囲にみっしり木々が生え茂っていて、頂上と言っても見晴らしはよくないんです。全然、遠くまで見通せない。でも、空気がスース―していて、なんかもうずっとここに座っていたい感じ。とにかく心地いいです。
あけぼうはいわゆる「スピリチュアル」は信じてないんですけど、山から猿が降りてきて温泉につかるみたいに、なんだか心地いい所にヒトが引き付けられるのは、あるんじゃないかなというふうに思います。 

石上布都魂神社3 (13)

磐座は禁足地になっているので、入ったり触ったりは出来ません。
ここから見られるだけで充分ですが♪

古代人が大きな岩を信仰する気持ち・・・。
いろいろ想像して寄り添いたいと思います。

それに思い出してください

石の坂道 (12)

ここに、今現在も、天界のパワーが結集中なんですよ~。 
たしかに、ここの「心地よさ」「すがすがしさ」
納得のパワースポットですよ。  
 
我に!我に 力を・・・・!!(ゴゴゴ・・・)

なんちってw
    

蜀咏悄 2014-06-26 11 07 47   

≪すみませんテンションあがりすぎて・・・≫

蜀咏悄 2014-06-26 12 15 47

≪ちょっと遊んでしまいました≫  

 
とにかく、もしこちらの神社を参拝することがあれば、下の社殿だけじゃなくて、ここまで上ることをおススメします。
皆様も天界からのパワーを、ここで受け取ってほしい♪


ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
石上布都魂神社3 (2)

写真真ん中の、茶色っぽいのが鳥居です。

石上布都魂神社3 (3)

足元はこんなかんじ。

石上布都魂神社3 (4)

鳥居、到着です。
もっと苔むした鳥居なのかなと思っていたけど、予想外(失礼・・・)にキレイな鳥居。

石上布都魂神社3 (5)

あとはこの「迫龍の段段」をのぼれば・・・!

石上布都魂神社3 (6)

たしかに、カーブ具合とか「良い感じ」の階段ですw

石上布都魂神社3 (18)

上からの方が龍っぽいとのことなので、階段をのぼりきった、上からの写真w
うん、「良い感じ」のカーブ具合ですw

石上布都魂神社3 (7)

で、ここが!
奥の院でございます!

石上布都魂神社3 (8)

昔はこんな感じだったらしい。
かなり「ちゃんと神社」な建物だったようですね。

石上布都魂神社3 (9)

今は「跡」の石碑のみ・・・
残念と言えば残念ですけど、

石上布都魂神社3 (10)

こっちの小さなお社のほうが、バックにどーんとある磐座が目立つとも言えるかも。

石上布都魂神社3 (11)

ちょっと引いて撮らないと、全部入りません。

石上布都魂神社3 (12)

でね、すごく心地いいんですよ、ここ。
なんか清々しい。空気が。
今までの、蒸し蒸しした山道の空気とは全然違って涼しくて。

石上布都魂神社3 (14)

昔はどうだったかわかりませんが、今は周囲にみっしり木々が生え茂っていて、頂上と言っても見晴らしはよくないんです。全然、遠くまで見通せない。でも、空気がスース―していて、なんかもうずっとここに座っていたい感じ。とにかく心地いいです。
あけぼうはいわゆる「スピリチュアル」は信じてないんですけど、山から猿が降りてきて温泉につかるみたいに、なんだか心地いい所にヒトが引き付けられるのは、あるんじゃないかなというふうに思います。 

石上布都魂神社3 (13)

磐座は禁足地になっているので、入ったり触ったりは出来ません。
ここから見られるだけで充分ですが♪

古代人が大きな岩を信仰する気持ち・・・。
いろいろ想像して寄り添いたいと思います。

それに思い出してください

石の坂道 (12)

ここに、今現在も、天界のパワーが結集中なんですよ~。 
たしかに、ここの「心地よさ」「すがすがしさ」
納得のパワースポットですよ。  
 
我に!我に 力を・・・・!!(ゴゴゴ・・・)

なんちってw
    

蜀咏悄 2014-06-26 11 07 47   

≪すみませんテンションあがりすぎて・・・≫

蜀咏悄 2014-06-26 12 15 47

≪ちょっと遊んでしまいました≫  

 
とにかく、もしこちらの神社を参拝することがあれば、下の社殿だけじゃなくて、ここまで上ることをおススメします。
皆様も天界からのパワーを、ここで受け取ってほしい♪


ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:神社・仏閣巡り - ジャンル:旅行

【2014/07/18 17:03】 | 赤磐市
トラックバック(0) |


あけぼう
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そうなのよ。足王神社の威力なのかパワースポットのあれなのかわかんないけど、全然平気でした。
ていうか、この後も足のこと忘れて山ばっか歩いてるんですが、全然ヘーキ。もう一回スロジョグやってみようかいのう、くらいの勢いになっていますよ。と思っていたら梅雨明けしちゃったんで、すごい直射日光。多分やらないと思います(;^ω^A でも足の具合は良い感じだよ♪



あけぼう
マナサビイさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

うんうん、なんか「奥の院」っていう響きだけで
「神髄はこっちだぜ」みたいな感じがしますもん~。
赤磐市って完全にノーマークでしたが
結構いろいろあってびっくりでしたよ。
よく見て見たらドイツの森も赤磐なんですねw


あけぼう
小々次郎さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

おおっ演技力が向上してましたかw
そういえば、仲間由紀恵さんも最近インタビュウで
昔は与えられた役をこなすだけで精一杯だったが
最近やっと演技の面白さが分かってきた
みたいなことを言うてました。
あけぼうも最初は監督の命令をこなすだけでしたが
最後は楽しんでましたわーw
一緒にすんなって石投げられそう~ははっw


あけぼう
広報ティファニーちゃん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

おひさーー!!
どうやらコメントから察するに
奥の院までの道はまだ遠そうだね( ;∀;)
一段一段踏みしめるんじゃッ
(`・ω・´)ゞ


あけぼう
りんご村のシルルさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

うんうん、そうかもしれないねー。
感覚的な部分に関しては、絶対古代人の方がすべてにおいて今の我々より勝っているというか、鋭いと思うんですよね。だから「この場所は良い感じ」「この場所はやな感じ」っていうのも、我々より大きく感じてるんだろうなって思います。それに、視力も全然違うでしょうしね。古代人、7.0くらい余裕でありそうですもん。あけぼうとは見えてるものが違う気もする…。
時代は下るんですが、島根の石見銀山でとれた銀は、広島県を斜めに南下して、最終的には尾道に出て、そこから海で運ばれたみたいなんですよ。もしかすると、鉄はもっと東側、この赤磐市を通って海へ出て運ばれてたのかもしれないですよね。


あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

いやー気持ちいい所でした。
岩の上のしめ縄が、
ちょっと記事の写真だと見えずらいんですけど、
この紙垂がゆらゆらするのを見てると
神様がそこにいらっしゃるような、
不思議な気持ちになりましたよ☆


玉坂めぐる 
おお、どう考えても霊験あらたかやん。。。
あけぼうちゃん、足が痛かったはずなのにこんな段々まで・・・


マナサビイ
神社って、本殿よりも奥の院の方が強い気を感じること多いみたいですよ。
奥の院の方がきっと源で古いですもんね。

赤磐にこんな神社があったんですね。
元岡山県民、な〜んも知りません(笑)


小々次郎
たしかに居心地のいい場所ってありますね 雨が降ってても いいなと思えるところとか その場所の早朝の空気感とか、 ここパワー溜まっとるなぁと感じます 自分もスピリチュアルはよくわかりませんが この短時間で演技力がすごく向上してるのはよくわかります きっとなにかきっかけがあったに違いない。^^

ウチ、
広報ティファニー
ええ階段やね(わら)
ウチも、はよ
人生の「奥の院」に
到達したいわ〜


りんご村のシルル
やはり古代から、清々しい風が吹いたり、何か心が洗われる様な場所は、清浄な、又は神聖な場所としての信仰があったのでしょうね。
現代は「合理化」であったり「経済的」な面で色々な事が語られるところありますが、人は本来ロボットではないし(当たり前だが)、所謂「合理的」ではないが、そこに足を運び祀る事、又その「過程」で精神の支えを持ったのかもですね。
ブログを拝見していますと、霊剣は確かに一時そこにあったんでしょうね。一書に曰くって書記にもかいてるみたいですし。
一書に曰くって、「そういう話がかつてあったよー」って事だし、本当にスサノヲさんがヤマタノオロチの血を洗った場所なのかもです。
それが血か鉄分の赤なのかはワカリマセンが。(←どうしても鉄と繋げたいらしいw)
とても貴重な神社ですね♪


misachi68
いいですね〜(*´∀`*)
パワースポットって言葉はなくても
昔から気持ちよくて元気になれる場所は
みんな知ってたんだね〜
磐座って私も近づいてみたいわぁ。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そうなのよ。足王神社の威力なのかパワースポットのあれなのかわかんないけど、全然平気でした。
ていうか、この後も足のこと忘れて山ばっか歩いてるんですが、全然ヘーキ。もう一回スロジョグやってみようかいのう、くらいの勢いになっていますよ。と思っていたら梅雨明けしちゃったんで、すごい直射日光。多分やらないと思います(;^ω^A でも足の具合は良い感じだよ♪
2014/07/22(Tue) 10:07 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
マナサビイさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

うんうん、なんか「奥の院」っていう響きだけで
「神髄はこっちだぜ」みたいな感じがしますもん~。
赤磐市って完全にノーマークでしたが
結構いろいろあってびっくりでしたよ。
よく見て見たらドイツの森も赤磐なんですねw
2014/07/22(Tue) 10:04 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
小々次郎さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

おおっ演技力が向上してましたかw
そういえば、仲間由紀恵さんも最近インタビュウで
昔は与えられた役をこなすだけで精一杯だったが
最近やっと演技の面白さが分かってきた
みたいなことを言うてました。
あけぼうも最初は監督の命令をこなすだけでしたが
最後は楽しんでましたわーw
一緒にすんなって石投げられそう~ははっw
2014/07/22(Tue) 09:42 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
広報ティファニーちゃん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

おひさーー!!
どうやらコメントから察するに
奥の院までの道はまだ遠そうだね( ;∀;)
一段一段踏みしめるんじゃッ
(`・ω・´)ゞ
2014/07/22(Tue) 09:37 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
りんご村のシルルさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

うんうん、そうかもしれないねー。
感覚的な部分に関しては、絶対古代人の方がすべてにおいて今の我々より勝っているというか、鋭いと思うんですよね。だから「この場所は良い感じ」「この場所はやな感じ」っていうのも、我々より大きく感じてるんだろうなって思います。それに、視力も全然違うでしょうしね。古代人、7.0くらい余裕でありそうですもん。あけぼうとは見えてるものが違う気もする…。
時代は下るんですが、島根の石見銀山でとれた銀は、広島県を斜めに南下して、最終的には尾道に出て、そこから海で運ばれたみたいなんですよ。もしかすると、鉄はもっと東側、この赤磐市を通って海へ出て運ばれてたのかもしれないですよね。
2014/07/22(Tue) 09:34 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

いやー気持ちいい所でした。
岩の上のしめ縄が、
ちょっと記事の写真だと見えずらいんですけど、
この紙垂がゆらゆらするのを見てると
神様がそこにいらっしゃるような、
不思議な気持ちになりましたよ☆
2014/07/22(Tue) 09:17 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
おお、どう考えても霊験あらたかやん。。。
あけぼうちゃん、足が痛かったはずなのにこんな段々まで・・・
2014/07/21(Mon) 13:39 | URL  | 玉坂めぐる  #WCSj23LI[ 編集]
神社って、本殿よりも奥の院の方が強い気を感じること多いみたいですよ。
奥の院の方がきっと源で古いですもんね。

赤磐にこんな神社があったんですね。
元岡山県民、な〜んも知りません(笑)
2014/07/19(Sat) 17:51 | URL  | マナサビイ #-[ 編集]
たしかに居心地のいい場所ってありますね 雨が降ってても いいなと思えるところとか その場所の早朝の空気感とか、 ここパワー溜まっとるなぁと感じます 自分もスピリチュアルはよくわかりませんが この短時間で演技力がすごく向上してるのはよくわかります きっとなにかきっかけがあったに違いない。^^
2014/07/19(Sat) 10:18 | URL  | 小々次郎 #-[ 編集]
ウチ、
ええ階段やね(わら)
ウチも、はよ
人生の「奥の院」に
到達したいわ〜
2014/07/19(Sat) 04:51 | URL  | 広報ティファニー #-[ 編集]
やはり古代から、清々しい風が吹いたり、何か心が洗われる様な場所は、清浄な、又は神聖な場所としての信仰があったのでしょうね。
現代は「合理化」であったり「経済的」な面で色々な事が語られるところありますが、人は本来ロボットではないし(当たり前だが)、所謂「合理的」ではないが、そこに足を運び祀る事、又その「過程」で精神の支えを持ったのかもですね。
ブログを拝見していますと、霊剣は確かに一時そこにあったんでしょうね。一書に曰くって書記にもかいてるみたいですし。
一書に曰くって、「そういう話がかつてあったよー」って事だし、本当にスサノヲさんがヤマタノオロチの血を洗った場所なのかもです。
それが血か鉄分の赤なのかはワカリマセンが。(←どうしても鉄と繋げたいらしいw)
とても貴重な神社ですね♪
2014/07/18(Fri) 20:43 | URL  | りんご村のシルル #-[ 編集]
いいですね〜(*´∀`*)
パワースポットって言葉はなくても
昔から気持ちよくて元気になれる場所は
みんな知ってたんだね〜
磐座って私も近づいてみたいわぁ。
2014/07/18(Fri) 19:31 | URL  | misachi68 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック