おでかけブログ。その他、日々のおバカな出来事・読書感想などを、つらつらと。

赤ヘル1975赤ヘル1975
(2013/11/28)
重松 清

商品詳細を見る


一九七五年――昭和五十年。広島カープの帽子が紺から赤に変わり、原爆投下から三十年が経った年、一人の少年が東京から引っ越してきた。
やんちゃな野球少年・ヤス、新聞記者志望のユキオ、そして頼りない父親に連れられてきた東京の少年・マナブ。カープは開幕十試合を終えて四勝六敗。まだ誰も奇跡のはじまりに気づいていない頃、子供たちの物語は幕を開ける。



久々の重松さんの小説でした。
良かったわー。・゚・(ノД`)・゚・。

カープの話・・・というほどでもないかな。ないと思う。
メインは思春期を迎えてる少年3人の友情の話がベースです。
中学生というお年頃。
まったくの子供でもなくて、親や周囲の大人たちのいろんな事情も見え始める頃。
だから色々あるんです。
そして、30年を経てなお人々の心に影を落とす、原爆の記憶。恐怖。痛み。
そういうものを抱えつつ、カープの勝敗に一喜一憂しながら、みんなそれなりになんとか生きていってます。
カープと聞いて 
「ああ、あの貧乏球団? ( ´,_ゝ`)プッ 」
っていう人にこそ読んでほしいわー。


ブログランキング・にほんブログ村へ
ちなみに広島県民は、1975年のカープ優勝の盛り上がりは、記憶に焼き付いてる。
当時生まれてなくても記憶に焼き付いてるw
なぜなら繰り返し放送されてるからw
関連記事
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

【2014/06/29 18:56】 | 読書感想
【タグ】 読書    重松清  
トラックバック(0) |


あけぼう
マナサビイさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

おお~♪時代の変わり目!
ならば必ずや我らのカープが新たな時代の幕開けを
国民の皆様へお示しいたしましょうぞ!w

それはともかくこの本は良かったので
もし気が向いたら文庫になった時にでも
読んでみて頂ければ幸いです☆

冒頭から男の色、女の色で
こだわりを見せる登場人物がいて懐かしかったー。




マナサビイ
こんにちは〜〜♪

この本、以前本屋さんで見かけて一瞬買おうかと思ったけどやめたの。
でも、これ見て思い出しました!
やっぱりいい話なんですね〜〜^^

私は関西某球団(ま、阪神ですがw)のファンだけど、カープが優勝した時のことはうっすら覚えてますよ。
名将・古葉監督、外木場投手とかいたよね(笑)

今は巨人が首位だけど、私は今年はカープがリーグ優勝、またはリーグ優勝できなくてもクライマックスシリーズで勝ち抜いて日本シリーズに出るんじゃないかと見てますよ。
阪神以外だったら一番好きな球団だし、もし阪神がダメだった時は、ぜひ巨人に勝って日本シリーズに出て欲しいわ^^
長らく優勝してない球団が優勝する時って、時代の変わり目であること多いんだよね〜。

Re: タイトルなし
あけぼう
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

広島限定の盛り上がりかと思ってたけど、東京にもそういうチビッ子はいてくれてたのね♪
うんうん、同世代の人は懐かしいかも。なんか、特に描写されてるってわけじゃないけど、当時のクーラーのない夏の空気感とか。あと主人公のお父さんって何度も職を変えるんだけど、その職業の内容に「時代」を感じたりだとか。そういうのがすごく昭和のあの頃っぽいです。是非気が向いたら読んでみてー☆( ´∀`)bグッ!


玉坂めぐる 
玉坂は東京の小学生だったわけですが・・・ついこないだまで阪神ファンだったやつも巨人ファンだったやつも、アメフトファンだった子も、ローラーゲームとプロレスしか見ないと言ってた子も、じわじわと赤い帽子をかぶっていって、体育のポートボールのときはみんな8番のゼッケンを取り合いましたっけ。よく覚えています、あのときのことは(^へ^)。あー、そうですか。広島人はもちろんのこと、同年代もまんまと読んじゃうかもしれないな。タイトルだけでやられちゃいますね。映画の「バッファロー66」と同じやり口です。

>当時生まれてなくても記憶に焼き付いてるw

分かるわかるwww 自分の場合、違うアイコンだけど、そういうことあります。



あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

おお~☆ よろしくお伝えくださいw
あけぼうも久しぶりすぎる重松作品でしたが、
やっぱ良かったよ~。
「とんび」もそうだけど、岡山出身なのに
なぜか広島県が舞台の話を書いてくれるよね。
ありがたや~。


misachi68
おお〜、しばらく重松作品読んでないなぁ。
読みたくなってくる〜

そういえば、バイト先に昔広島カープの選手だった人がいますよ。
普通の常識あるおじさんです(*´∀`*)


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
マナサビイさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

おお~♪時代の変わり目!
ならば必ずや我らのカープが新たな時代の幕開けを
国民の皆様へお示しいたしましょうぞ!w

それはともかくこの本は良かったので
もし気が向いたら文庫になった時にでも
読んでみて頂ければ幸いです☆

冒頭から男の色、女の色で
こだわりを見せる登場人物がいて懐かしかったー。

2014/07/08(Tue) 09:20 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
こんにちは〜〜♪

この本、以前本屋さんで見かけて一瞬買おうかと思ったけどやめたの。
でも、これ見て思い出しました!
やっぱりいい話なんですね〜〜^^

私は関西某球団(ま、阪神ですがw)のファンだけど、カープが優勝した時のことはうっすら覚えてますよ。
名将・古葉監督、外木場投手とかいたよね(笑)

今は巨人が首位だけど、私は今年はカープがリーグ優勝、またはリーグ優勝できなくてもクライマックスシリーズで勝ち抜いて日本シリーズに出るんじゃないかと見てますよ。
阪神以外だったら一番好きな球団だし、もし阪神がダメだった時は、ぜひ巨人に勝って日本シリーズに出て欲しいわ^^
長らく優勝してない球団が優勝する時って、時代の変わり目であること多いんだよね〜。
2014/07/07(Mon) 19:18 | URL  | マナサビイ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

広島限定の盛り上がりかと思ってたけど、東京にもそういうチビッ子はいてくれてたのね♪
うんうん、同世代の人は懐かしいかも。なんか、特に描写されてるってわけじゃないけど、当時のクーラーのない夏の空気感とか。あと主人公のお父さんって何度も職を変えるんだけど、その職業の内容に「時代」を感じたりだとか。そういうのがすごく昭和のあの頃っぽいです。是非気が向いたら読んでみてー☆( ´∀`)bグッ!
2014/07/01(Tue) 12:27 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
玉坂は東京の小学生だったわけですが・・・ついこないだまで阪神ファンだったやつも巨人ファンだったやつも、アメフトファンだった子も、ローラーゲームとプロレスしか見ないと言ってた子も、じわじわと赤い帽子をかぶっていって、体育のポートボールのときはみんな8番のゼッケンを取り合いましたっけ。よく覚えています、あのときのことは(^へ^)。あー、そうですか。広島人はもちろんのこと、同年代もまんまと読んじゃうかもしれないな。タイトルだけでやられちゃいますね。映画の「バッファロー66」と同じやり口です。

>当時生まれてなくても記憶に焼き付いてるw

分かるわかるwww 自分の場合、違うアイコンだけど、そういうことあります。
2014/06/30(Mon) 17:32 | URL  | 玉坂めぐる  #WCSj23LI[ 編集]
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

おお~☆ よろしくお伝えくださいw
あけぼうも久しぶりすぎる重松作品でしたが、
やっぱ良かったよ~。
「とんび」もそうだけど、岡山出身なのに
なぜか広島県が舞台の話を書いてくれるよね。
ありがたや~。
2014/06/30(Mon) 09:13 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
おお〜、しばらく重松作品読んでないなぁ。
読みたくなってくる〜

そういえば、バイト先に昔広島カープの選手だった人がいますよ。
普通の常識あるおじさんです(*´∀`*)
2014/06/30(Mon) 08:56 | URL  | misachi68 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック