FC2ブログ
読書感想

「本当はひとかった昔の日本」読んだよ

9 1
本当はひどかった昔の日本: 古典文学で知るしたたかな日本人本当はひどかった昔の日本: 古典文学で知るしたたかな日本人
(2014/01/17)
大塚 ひかり

商品詳細を見る


久しぶりの大塚ひかりさんの本。
この本の、テーマと言うかコンセプトには、非常に賛同できちゃうかも。
なにか事件が起きたときに出てくる「昔は心が豊かで・・・」「昔はこうじゃなかった」とかいう、「昔はよかった」系のコメント、嫌いなんですよね~(-公- ;)
お前はどこまで「昔」とやらを知ってるんだよ・・・と思ってしまいます。

だって、あけぼうが小さかったころの、昭和のアニメとかドラマとかって「こりゃ今だったら絶対アウトだな」っていう差別用語&演出、けっこうあったよ。でも当時はあたりまえに見てたし。さらに昔なんて、推して知るべきって気がするんですけど。

今、獄門島にでてくるような座敷牢なんてないし。
女性に生まれたからって、学校に行かせてもらえなかったり、近所の有力者に手籠めにされたりすることも、まあないし。
いろんなことを、紆余曲折ありながらも、ひとつひとつ修正していった結果、今があるんじゃん?
「昔はよかった」ってコメントは、そういう努力を軽視してるような、なんだか何も考えてない発言のように感じることが多くて。それで、ちょっと反感を持ってしまいます。
だけど自分では、知識がおいつかなくて、その一つ一つを論破できない歯がゆさがありました(;´∀`)
そこでこの本です。
「もう先輩、言ってやってくださいよー!」ってな感じです(←小物感w)

古典をモトに、現代の事件と同じような事を昔もやってましたよ~っていう事例が、この本の中にいっぱい出てきます。児童虐待、育児放棄、ストーカー殺人・・・・。
・・・えぐい。想像以上にめっちゃえぐかった(;´Д`) 
本の、「はじめに」や「あとがき」でも、作者が書いてましたけど、ホント、悪い奴って昔から考えることが同じなんだね。現代人が思いつく悪い事は、だいたい昔誰かがやっている・・・。
その一方で、逆に「よしとされる事」っていうのは、時代時代の価値観で変わっていくんだなということも、考えさせられました。
善と悪・・・・悪はブレません。ほんとに。

ブログランキング・にほんブログ村へ
 

Comments 9

There are no comments yet.

あけぼう  

りんご村のシルルさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

うん、そうだね~あけぼうも色々衰えてきて、
チビッ子たちの元気さや、無間の可能性が
どんどん輝いて眩しくなってきてますけどw
今ここにあること、
全てに生かされているということを
感謝する気持ちを忘れずにいれば、
あまり「昔はよかった」系のことを言わないで
歳を取っていけるんじゃないかな~って思ってます☆

2014/06/16 (Mon) 18:47 | EDIT | REPLY |   

りんご村のシルル  

No title

こんばんはー。

日本の中世で、親が子の首を踏んで殺したりとかの話し、なんかで読みました。
故、網野義彦氏の本だったと思います。
まあ7歳までは神のうちってやつで、殺しても大丈夫的な感覚あったみたいですね。
じゃあ、産むなよって思われちゃうけど。
「嫁盗り」ってもんで、昔は女性も大変だったでしょうね。


それはそうと「昔は良かった」って自分も老人なったら言うのかなw。
いつの時代も、「おもしろき こともなき世を おもしろく すみなしものは 心なりけり」かなと思います。

2014/06/14 (Sat) 00:24 | EDIT | REPLY |   

あけぼう  

小々次郎さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

おお~!!
アメリカ式とイギリス式にそんな違いがあるんですね!
そのあたりに、一時は世界の覇権を握った大英帝国が、
アメリカ合衆国にその席を譲ることになった
ポイントがあるのかもしれない、と思いました。
この本にも、当時は「正しい」とされた行為が、
今読むと「恐ろしい・・・」みたいな出来事が出てきます。
何百年もたつと、「当時は正しかった」人も、
悪者と同じくヤバイことになってますw 
あれ?
なんかコメントの主旨とズレた返しになっちゃってるかもw
(;´∀`)

2014/06/11 (Wed) 19:41 | EDIT | REPLY |   

あけぼう  

Re: No title

玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

確かに!
人権は思ったけど、心理学は盲点でした!
そうかあ・・・そう考えたら、よくぞここまで来たね、日本。
いまじゃ、ちょっと内省しすぎなきらいもあるくらいだけど(;´Д`)

これを読んだあとでは、
徳川綱吉の再評価、あけぼうも支持するわー。
また機会のある時に、是非読んでみてくだされ~♪

2014/06/11 (Wed) 19:35 | EDIT | REPLY |   

小々次郎  

おはよーございます

「最近の若いもんは!!」とちょっと似てるからいってしまいそうです  気をつけます^^  うちは父親が封建的だったので母親が気の毒でした 自分の小さい頃は辻褄があわない乱暴者が確かに多かった気がします。  昔は経験値が優先されて曖昧なままの部分がありました それを暖かみとしてるのでしょうかね 今は論理的というか数値がすべてですから人情味が薄いと感じるのかもしれません  鉄橋で云うとイギリス式は感覚で、これぐらいなら耐えるでしょうと鉄をたくさん使って でっぷり していますが アメリカ式は強度計算を完璧にして限界まで細く美しく造られています ぼくはどちらも好きなんですが(笑) 機能美ではアメリカの勝ち。でも 失敗と反省を繰り返して完成したアメリカ式も 感覚でオーバスペックのイギリス式も100年経っても残ってるんでけどね^^  なんか関係なくなってきた 長々とすみません

2014/06/11 (Wed) 11:40 | EDIT | REPLY |   

あけぼう  

misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

私もノーチェックだったんだけど、たまたまこの本が出版されたばかりの頃に本屋で見かけて。おお!と思って図書館で予約したけど、やっぱりしばらく待つことになりました。
でも割と早く順番が回ってきたよ♪

昔はよかったコメント、やっぱりそうですよね~。
あれ、なんなんでしょう。
とくに年配の方がそう言うけど、仮に昔が良かったとしたら、それはあなた方の上の世代が与えてくれたものであって、当のあなた方が、次の世代に与えたものが、今のこのロクでもない現在なんですけど?そう思うならもうちょっと恥じたらいいのに、って思っちゃいます。

2014/06/11 (Wed) 09:41 | EDIT | REPLY |   

玉坂めぐる   

No title

共感共感。
戦前、戦中のいじわるなハナシは、ほんとむごいのが多いよね。
人権の概念とか、心理学とかないしね、
まずあまり「内省する」っていう習慣があまりなかったんだろうなと思う。いわゆる偉人と言われてる人でさえも、ほんととんでもないエピソードはとんでもない(^^:)。
文化が洗練されていくというのはこういうことなのかなと思ったり。
あー今の人で良かった、よく思います。
と、いいつつ、今日も落語だの講談だの歌舞伎だの、
昔の酷い話にはまる日々です。(^^)ニイヤニヤ

これもきっと読みます。メモメモ。いつもありがとう。

2014/06/10 (Tue) 20:23 | EDIT | REPLY |   

misachi68  

続き

それでね、今図書館日和で予約したんだけども、
人気で順番長かったです(^^;;

2014/06/10 (Tue) 18:26 | EDIT | REPLY |   

misachi68  

No title

わぁ、面白そう!
私も昔は良かったって話は好きじゃないんだよね。
だって、今、現在、いろいろ進歩してきた文化やら技術やらを
堪能してるもんね(*^o^*)
便利で楽しい今を大切にしないとねっ
それに歴史小説読んでて感動もしますけど、
だからといってその時代で生活したいとも思ってないし。

犯罪においても、昔も今も悪いやつはいっぱいいるってことだよね。
読んでみたくなった〜

2014/06/10 (Tue) 18:22 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Trackbacks 1

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  • 本当はひどかった昔の日本: 古典文学で知るしたたかな日本人(2014/01/17)大塚 ひかり商品詳細を見る 今の世の中を嘆いて、昔は良かったと言うセリフ。 よく聞くよね〜。 でも、本当にそうなのか? 昔もひどかったんじゃないの? ってことで、 古典をひもとき、昔の日本の生活をさぐるってふれこみの本。 いくら歴史小説を読んでても、その世界を妄想して楽しむことはあっても ...

    2014.11.29 (Sat) 21:44 | よくばりアンテナ