「英国一家、日本を食べる」読んだよ

英国一家、日本を食べる(亜紀書房翻訳ノンフィクションシリーズ)英国一家、日本を食べる(亜紀書房翻訳ノンフィクションシリーズ)
(2013/04/09)
マイケル・ブース

商品詳細を見る


イギリスの「食いしん坊」が服部幸應、辻芳樹 から饗されたご馳走とは? ~食べあるきスポット~東京・両国「吉葉」、銀座「壬生」、新宿「樽一」「忍者屋敷」、日本橋「タパス モラキュラーバー」、「ビストロSMAP」収録スタジオ、代々木・服部栄 養専門学校/新横浜「ラーメン博物館」/札幌「ラーメン横丁」/京都・西洞院「麩嘉」、東山「菊乃井」「いづう」、南禅寺「奥丹」、伏見「玉乃光酒 造」、貴船「ひろ文」/大阪・道頓堀「ぷれじでんと千房」「だるま」、九条「大阪味噌醸造」、北新地「カハラ」、池田「インスタントラーメン発明記念 館」、阿倍野・辻料理師専門学校/福岡・博多「一蘭」「ふくちゃんラーメン」……他、多数収録



話題の本。
よーやく図書館の借りる順番が回ってまいりました。
この人はフードライターであり、自身も有名なレストランで、修業経験がある料理人でもあるので、すごく専門的に分析したり洞察したりしています。
東京から北海道、京都・大阪や福岡、沖縄まで、懐石料理からB級グルメまで、幅広く。
なんと、バラエティ番組「ビストロSMAP」まで見学しているw
クジラ肉も食べてます。納豆みたいに好き嫌いがかなり別れるようなものも、栄養的には肯定していたりと、うーん、まずまず、公正・公平な評価と感じました。
ガイジンとしての率直な感想は、むしろ彼の家族の反応かな。
実際、いかにもイギリス人っぽい皮肉っぽい文章とか、たまに鼻につくんだけども、彼のファミリーの反応で、和らぐというか、ほのぼのしてしまう面も多々ありましたw これがないと、読み物としてはちょっと、食の探求に偏りすぎて、一般人には肩がこるというか、退屈な感じになっちゃってたかも。
外国人の評価で、あらためて日本料理の良さというものを知るのも情けない話だけど、「和食ってやっぱヘルシーだな~」ってしみじみ思いました。
あと、この本だけでもかなりの料理や食材などを取材されてるけれども、実際はまだまだ他にもいっぱいあるのに!って歯がゆく思いましたよ。なにより、絶対名古屋にはいかないとダメでしょう?w あそこ特殊な食の文化圏だしw

と思ったら、第二弾も最近出版されたようです
また借りようっと♪


ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そうなんですよ、イギリス人っていうの、意外ですよねぇ。
お父さんの影響なのか子ども達もわりと何でも食べてましたし。
イギリス料理がまずいのって、産業革命のせいらしいけど
ローストビーフはよく生き残れましたね。
あけぼうはローストビーフは途中で食べ飽きちゃうーw

misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

この作者の人、ちょっと前にテレビにも出てましたよ~。
佃煮を食べてました。
チーズと合わせても面白いかもしれないと言ってました。
これを読むと、
日本食への理解も、ヘルシー一辺倒から、
ワンランク上に上がったなぁと思いましたね。
日本人の我々ですら知らないことが結構出てきますよ♪
あ。でも、写真はあまりないかも・・・

No title

面白そう、でも英国人ってのがちょっと意外。
知り合いのイギリス人に、
イギリスは旨いものないんでしょ、
せいぜい名物がフィッシュアンドチップスだもんね
と、おさだまりのいじわる言ったら
「じゃあ、もう一生ローストビーフは喰わないでくれ」と
返されました。
ローストビーフってイギリス料理なのかなあ。
(--)?

No title

日本食って海外でもとっても評判いいものね〜(*^o^*)
ガイジンさんからの目でいろいろ分析してくれてるのは興味わきますね。
写真もいっぱいあるんだったら、ちょっと見てみたいわ〜
プロフィール

あけぼう

Author:あけぼう
性 別:女(毒)
血液型:A型
住 居:広島県
特 徴:ご朱印女子...
近 況:
Instagram(別名)

最新記事
過去記事の検索はこちら
☆カテゴリ☆
コメントありがとうございます
Comments<>+-
Trackback <> + -
リンク(遊びに行ってね)
RSSリンクの表示
あけぼうの木
FC2カウンター
フリーエリア