「瀬戸内ゴーランド」読んだよ~

本屋さんに行ったら、無料配布でこんなものが置いてありました。


「瀬戸内ゴーランド」と「しまのわさんマップ」。
特に右の「瀬戸内ゴーランド」。
広島県の瀬戸内にある島々をからめた、短編小説あり、エッセイありで、無料なのに思いのほか読み応えありました。

fc2blog_20140601231751439.jpg
≪目次のページ。クリックで拡大できます≫

執筆陣は様々な立場で活躍中の人達。

今、広島県は愛媛県とタッグを組んで「瀬戸内しまのわ2014」(公式HP⇒)という観光キャンペーンをやってます。
その一環として出された、読み物としてのガイドブックみたいな。
ちゃんと実在の地名やお店が出てくる文章で、文末には地図やお店のデータなどもちょこっと載せてある。
これを読むと、自分も、実際に行ってみたくなる~って思わされる一冊。
デザインもシンプルながら愛情がこもったつくりで、これが無料とはありがたい。

県外では、東京の銀座にある広島県ブランドショップ「TAU」とか、手に入る所は限られてるけど、もし良かったら読んでみて欲しいです♪
配布場所

ブログランキング・にほんブログ村へ 
こういうタイプの無料本、これから増えていくのなら、各地のを集めたいな~☆


 
関連記事

テーマ : 雑記
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

Re:

玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

島旅はちょっと上級者向けって感じがするよね。
あけぼうも、よその土地へ行って島めぐり・・・って考えたら、正直二の足を踏むかもなあw
その中でも、この本に載ってる島は、比較的交通の便が良い所ばかりだよ。
うさぎ島も、忠海駅からすぐ徒歩で港に行けるから迷う心配ないしね。
尾道生まれの伯母さんの本の感想も聞きたいよねー。

Re:

misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

きっとそのうち金沢バージョンも出来ると思うよ。
本が好きな人が多そうなイメージ(=金沢)。
和田竜さんのは、インタビューの体裁ではあるけど
まさに「余談のよだん」と同じテイスト。
延長バージョンというかw
乃美宗勝がお気に入りみたいでした。

No title

ううう、じわじわと
島にいきたくなるねー。
ウサギ島の宿題もあるしなー。
「村上海賊の娘」は
尾道生まれの伯母に贈り物までしてしまったよ。
まずは、この雑誌,手に入れちゃうかなー。

りんご村のシルルさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そうなんです、
「この木の枝に手ぇ、たう?」みたいに使います。

それが変形して「たわん」がありますw
「手がたわん(届かん)けぇ、それ、取って~」とか使います。

広島のショップ、一度東京進出、失敗してるんですよ。
銀座のTAUは再挑戦らしいです。
またつぶれたら悲しいのでw
何かの機会があれば、立ち寄ってみてね♪

No title

こんばんはー。

「たう」って届くっていう意味なのですね。
サイトみてはじめて知りました。

銀座にこのようなショップがあるの知りませんでした。
機会があれば覗いてみたいなーと思います(^^)♪

No title

いいなー(*^o^*)
物語にのめりこむと、その舞台は見てみたくなるもんね〜。
瀬戸内がんばってるな〜
島の物語って特に惹かれるんだよね。
全国でやってくれたら、
るるぶ買う前に読んじゃうよ。
プロフィール

あけぼう

Author:あけぼう
性 別:女(毒)
血液型:A型
住 居:広島県
特 徴:ご朱印女子...
近 況:
Instagram(別名)

最新記事
過去記事の検索はこちら
☆カテゴリ☆
コメントありがとうございます
Comments<>+-
Trackback <> + -
リンク(遊びに行ってね)
RSSリンクの表示
あけぼうの木
FC2カウンター
フリーエリア