「清州会議」読んだよ~

清須会議清須会議
(2013/07/31)
三谷幸喜

商品詳細を見る


信長亡きあと、清須城を舞台に、歴史を動かす心理戦が始まった。猪突猛進な柴田勝家、用意周到な羽柴秀吉。情と利の間で揺れる、丹波長秀、池田恒興ら武将たち。愛憎を抱え、陰でじっと見守る、お市、寧、松姫ら女たち。キャスティング・ボートを握るのは誰なのか? 五日間の攻防を「現代語訳」で綴る、笑いとドラマに満ちた傑作時代小説。



映画まだ見てなくて、先にこっちを読みました。
面白かった~。
こういう、いろんな人が、様々な思惑で右往左往してる話は楽しいね♪
ちょくちょく挟んでくる前田玄以の業務連絡とか、
黒田官兵衛のでしゃばり具合とか、
ちょっとしか出てこないけど
滝川一益のザンネンな感じとかが、
非常に三谷幸喜さんぽい。

全編、登場人物のモノローグで進んでいく本なので
時代小説といっても、難しい事一切なし!
メインキャラ全員、歴史上の超有名人物ばっかだから、
いちいち登場人物の説明とかやらなくても、
まったく問題ないところがすごい。
みんな大体どういう人物か知ってるw 
それに清州会議までの人生も、清州会議後の人生も。
(そこを考えると、ちょっと切ない・・・)

とにかく、近々、こんどは映画の方を見て、
答え合わせ(自分の中での)をやりたいと思います♪
聞いた話では「第一回丹羽長秀杯夏のイノシシ狩り」が全然違う競技になってるとか。
えーあの面白かったイノシシ狩りが!?
いったい、映画ではどうなってるのか、見なきゃ~っ。


ブログランキング・にほんブログ村へ
あなたは どっち派?(本orDVD)
 

関連記事

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

是非本も読んでみて~。
駆け引きの心の中の部分が、映画よりも具体的だよ。
映画は織田家の人達のキャストが、
みんな鼻筋とおってる人で揃えてあるところなんか
非常に好感が持てたな~(。-∀-)

misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

あけぼうはミサさんとは逆で、
もう映画が始まる前から図書館で予約してたので、
意地でも読むまでは観るもんか、
っていう気持ちで今日に至りましたw
で、読んだ後すぐにDVD借りてきて観たよ~。
やっぱりね、棒取り合戦よりかは
イノシシ狩りのほうが面白かったと思うw
あけぼう的には本の方が面白かったけど
これはどっちを先に観たか(読んだか)にも関係するかも。
ミサさんの答え合わせ感想も知りたい♪

No title

みささんに同じ。
映画はほぼ初日に見た。
キャスティングには大いに共感したよ。
じゃあ、今度は本を読もう読もう。

No title

あ〜、これは読んでから映画観ようって思ってたのに、
映画だけ観て、まだ読んでないんだよね〜
私もこれは、読んで答え合わせしようっとw
イノシシ狩り気になるぅ〜

プロフィール

あけぼう

Author:あけぼう
性 別:女(毒)
血液型:A型
住 居:広島県
特 徴:ご朱印女子...
近 況:
Instagram(別名)

最新記事
過去記事の検索はこちら
☆カテゴリ☆
コメントありがとうございます
Comments<>+-
Trackback <> + -
リンク(遊びに行ってね)
RSSリンクの表示
あけぼうの木
FC2カウンター
フリーエリア