タイムスクープハンター「大江戸入れ歯事情」見たよ~

今回は江戸時代の入れ歯の話でした~。

入れ歯・・・・。
これを造る江戸の職人技とは、もともとは仏像などを彫る、仏師の技術が発展していったものだそうで、実際メイン素材は木材なんですね。
今の入れ歯でいうピンクの部分が木材です。
そこに一本一本、歯を三味線の糸でつなげていくという。
蜜ろうを噛んでもらうことで、歯をふくめた口腔内の型をとるあたり、現代にも通じるものが。

歯の部分が、動物の歯や骨から出来ているのは、西洋も日本もだいたい同じみたいなのですが、健康な歯に金属で結びつける(ブリッジの要領)ところから発展をしていった西洋の入れ歯は、あくまで見た目を重視するもので、実際に入れ歯をはめたまま食事をしたりするには不向きだったようです。そこへいくと、この時代の日本の入れ歯は、あごにフィットさせるタイプで、奥歯にはすりつぶせるように鋲が打ってあったりして、食事も可能。同時代の世界の中でも、非常に高い技術を持っていたんだそうです。
作業工程を見てても感心してしまうことしきりでした。
蜜ろうで取った型を、机に置いて、それを見ながら、同じ形に木を彫っていくんですよ!見ながらですよ!!ほええ~!

あれですよね~。
技術とか、鎖国したことで遅れてしまった部分も、もちろんあるとは思うんですけど、木材でのモノづくりに関しては、この時代の職人さんってハンパないなーって思います。木で作れるモノだったら、どんなモノでも作れる勢いなんだろうな・・・まじで。

で、ちゃんと個人個人の口にフィットするように、口の中に色素を塗って、いったん嵌めてもらい、色が着いたところがフィットしてない部分なので、そこをヤスリ等で細かく削って調整していくんですよね・・・そこまでやる。
そのヤスリも特殊な木の葉っぱを使い分けてるんです。葉っぱの種類は忘れちゃいましたけど、きっとザラつきがちがうんでしょうね。昔の日本人って、自然の山や木の事を知り尽くしてたんだろうなあって思います。資源がそれしかないゆえに、とことんまで活用するって、現代にも通じる姿勢かもしれないなあ。レアアースの事とか思い出しちゃった。

もちろん、入れ歯はある程度のお金持ちじゃないと、手に入れられないものでしたけどね。
庶民向けには、歯磨きを啓蒙して歯ブラシ(的なモノ)や、歯磨き粉を売ったりもしてたようです。
番組を見た後、なんとなくいつもより丁寧に、歯磨きをしてしまいました~。
歯を大切に・・・(笑)


ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

テーマ : NHK
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

おばあちゃん可愛かったよね!
開いても大体おなじくらいの世代のおじいちゃんで、
以前、番組で若い女の子のお見合いはやってたけど
この年代のお見合い事情も、
掘り下げてみてほしいなあと思いましたよ~。

Re:タイムスクープハンター「大江戸入れ歯事情」見たよ~

この日は途中から、観れた見れた。
お見合いのお婆ちゃんが、好演してた。
ほんとに総入れ歯の人なんだろうね。
お馴染みのぼざぼざ丸髷にかわいいかんざし、
こなこななおしろいはたいて
木製の入れ歯も特注したんだろうなあ
と思うと、なんかときめきました。
普段から見てないと
あのシーンはちょっとしたホラーだなあ
とも思いました。ごめんなさい。
プロフィール

あけぼう

Author:あけぼう
性 別:女(毒)
血液型:A型
住 居:広島県
特 徴:ご朱印女子...
近 況:
Instagram(別名)

最新記事
過去記事の検索はこちら
☆カテゴリ☆
コメントありがとうございます
Comments<>+-
Trackback <> + -
リンク(遊びに行ってね)
RSSリンクの表示
あけぼうの木
FC2カウンター
フリーエリア