おでかけブログ。その他、日々のおバカな出来事・読書感想などを、つらつらと。
前回の道後温泉に引き続き、愛媛・松山をウロウロしています♪

今回は、温泉街の上のほうに建っている神社、
「伊佐爾波神社」に来てます。
すぐ近く(神社の裏手)に無料の臨時駐車場があって、
そこに車を停めたので、その流れでやって来ました☆

いさにわ~ (9)

歩きだったら、この階段を登ってこないといけないところだった。 

いさにわ~ (4)

今の建物は江戸時代のものらしいですが、
もともと神功皇后・仲哀天皇御来湯の際の行宮跡に建てられた
古い歴史のある神社なんだとか。

いさにわ~ (5)

京都の石清水八幡宮を模した、全国で3例しかない八幡造りの社殿なんだそうです。

こんな話が紹介されていました。
むかしむかし、
松山藩主だった松平隠岐守定長公は、江戸城で弓の競射を命じられます。
失敗しないように、お殿様は神さまに祈願します。
「石清水八幡宮と同じ建物をお建て致しますから、どうか命中させてください」
と・・・。

いさにわ~ (1) 

当日!
江戸城にて諸侯が見守る中、
定長公が弓をつがえ心の中で祈念したところ、金の鳩が目の前を飛びました。
これこそ神のお告げ!今だ!!と、弓を放つと、見事命中したのでした。

いさにわ~ (2) 

いさにわ~ (6) 
≪クリック拡大≫
この中央にいるのは、その鳩様・・・・(多分)

それにしても

いさにわ~ (8) 

さすが江戸に建てられた建物。
日光東照宮を思い出すカラフルな彫刻たち。

いさにわ~ (7) 

社殿の中では、式が執り行われてました。
ご結婚おめでとうございます。

fc2blog_201403041808523b0.jpg 

ご朱印ももらえたし☆

ここからは松山市内を徒歩&路面電車で街中を移動します。

いさにわ~ (10) 

てなわけで、階段おりる~。
写真、真ん中のお子様(男の子)がお父さん相手にぐずってましたw
「僕、こんな階段下りたくない!(きっぱり)」
「おぶって~!おぶって~!(文字に出来ない奇声)」

うむ。気持ちはわからんでもない。
でもさ、君、もう半分くらい降りてるで・・・・


ブログランキング・にほんブログ村へ  

関連記事


追記を閉じる▲
いさにわ~ (5)

京都の石清水八幡宮を模した、全国で3例しかない八幡造りの社殿なんだそうです。

こんな話が紹介されていました。
むかしむかし、
松山藩主だった松平隠岐守定長公は、江戸城で弓の競射を命じられます。
失敗しないように、お殿様は神さまに祈願します。
「石清水八幡宮と同じ建物をお建て致しますから、どうか命中させてください」
と・・・。

いさにわ~ (1) 

当日!
江戸城にて諸侯が見守る中、
定長公が弓をつがえ心の中で祈念したところ、金の鳩が目の前を飛びました。
これこそ神のお告げ!今だ!!と、弓を放つと、見事命中したのでした。

いさにわ~ (2) 

いさにわ~ (6) 
≪クリック拡大≫
この中央にいるのは、その鳩様・・・・(多分)

それにしても

いさにわ~ (8) 

さすが江戸に建てられた建物。
日光東照宮を思い出すカラフルな彫刻たち。

いさにわ~ (7) 

社殿の中では、式が執り行われてました。
ご結婚おめでとうございます。

fc2blog_201403041808523b0.jpg 

ご朱印ももらえたし☆

ここからは松山市内を徒歩&路面電車で街中を移動します。

いさにわ~ (10) 

てなわけで、階段おりる~。
写真、真ん中のお子様(男の子)がお父さん相手にぐずってましたw
「僕、こんな階段下りたくない!(きっぱり)」
「おぶって~!おぶって~!(文字に出来ない奇声)」

うむ。気持ちはわからんでもない。
でもさ、君、もう半分くらい降りてるで・・・・


ブログランキング・にほんブログ村へ  

関連記事

FC2blog テーマ:ちょっとおでかけ - ジャンル:旅行

【2014/03/11 17:26】 | 愛媛県
【タグ】 愛媛  松山  道後温泉  神社  ご朱印  
トラックバック(0) |


あけぼう
広報ティファニーちゃん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そこは、めでたいことですから♪
シヤワセをシェアする方向で☆
てか正直、写真ぐらい撮らせてほしいわw
滅多に来られないのに
ご朱印も、直接書いてもらえなかったし
回廊もよく見せてもらえないし。
式が終わるのを待ってる友人とかが邪魔で
建物の全景も撮れないし。
これでも結構エンリョしたほうですわー。

ウチ、
広報ティファニー
こういうオープンなかんじで
式をあげるというのも
よろしいですね。
参拝客にもいわってもらえて。
しかし、かってに
しゃしんとって、ええんか?(わら)



あけぼう
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

あけぼうは実は行ったことないんだよね、石清水八幡宮。
でも写真で見る限り、似てるよ~。
社殿への階段とか、伊佐爾波神社のほうが低くて、
庶民的というとアレだけど、ちょっと気楽な感じはあるかな。
結婚式の関係で、あまり写真が撮れなくてね。
全体を撮るのが難しかったんだよね(;´∀`)
鳩のエピソードは、
神社の由緒書きだったか、パンフだったかに書いてあった。
しかし、なんで鳩なんだろ。
古代の戦で伝書鳩を使ってたら面白いけど・・・。


あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そうなんだよねー、動物やおめでたいものが
いろいろな所に彫られたり描かれたりしているので
見つけるのが結構楽しい♪
日光東照宮にも行きたくなったよ~w
修学旅行で行った時は古かったけど
今は修復された新しいのが見られるもんね。



玉坂めぐる 
あー、わりと最近、京都の石清水八幡宮に二回も
行ったので、なんか嬉しいです。
あすこの社殿も色とりどり華やかでした。
でもあんがいこじんまりとまとまってる感じ。
落ち着く感じのいい社殿でした。
似てるかな。どうかな。
八幡様は、なにかと鳩だよね。
「八」の字を二羽の向き合う鳩に意匠するのも多い気はします。
でもここのは一羽でしかも幻とはいえ射抜かれちゃうのかー。
神様の使いを的にするのは自分ならかえってぶれてしまう気がするよ。


misachi68
鮮やかな色の社殿ですね〜キレイ(人´∀`)♡ラぶv
鳩以外にも動物たちいっぱいいてにぎやかだなぁ。
こういう明るくてにぎやかな神社って
非日常で、楽しいねっ。
地味な色合いの神社は日常な感じ・・・

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
広報ティファニーちゃん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そこは、めでたいことですから♪
シヤワセをシェアする方向で☆
てか正直、写真ぐらい撮らせてほしいわw
滅多に来られないのに
ご朱印も、直接書いてもらえなかったし
回廊もよく見せてもらえないし。
式が終わるのを待ってる友人とかが邪魔で
建物の全景も撮れないし。
これでも結構エンリョしたほうですわー。
2014/03/12(Wed) 16:54 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
ウチ、
こういうオープンなかんじで
式をあげるというのも
よろしいですね。
参拝客にもいわってもらえて。
しかし、かってに
しゃしんとって、ええんか?(わら)
2014/03/12(Wed) 15:45 | URL  | 広報ティファニー #-[ 編集]
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

あけぼうは実は行ったことないんだよね、石清水八幡宮。
でも写真で見る限り、似てるよ~。
社殿への階段とか、伊佐爾波神社のほうが低くて、
庶民的というとアレだけど、ちょっと気楽な感じはあるかな。
結婚式の関係で、あまり写真が撮れなくてね。
全体を撮るのが難しかったんだよね(;´∀`)
鳩のエピソードは、
神社の由緒書きだったか、パンフだったかに書いてあった。
しかし、なんで鳩なんだろ。
古代の戦で伝書鳩を使ってたら面白いけど・・・。
2014/03/12(Wed) 10:43 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そうなんだよねー、動物やおめでたいものが
いろいろな所に彫られたり描かれたりしているので
見つけるのが結構楽しい♪
日光東照宮にも行きたくなったよ~w
修学旅行で行った時は古かったけど
今は修復された新しいのが見られるもんね。
2014/03/12(Wed) 09:56 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
あー、わりと最近、京都の石清水八幡宮に二回も
行ったので、なんか嬉しいです。
あすこの社殿も色とりどり華やかでした。
でもあんがいこじんまりとまとまってる感じ。
落ち着く感じのいい社殿でした。
似てるかな。どうかな。
八幡様は、なにかと鳩だよね。
「八」の字を二羽の向き合う鳩に意匠するのも多い気はします。
でもここのは一羽でしかも幻とはいえ射抜かれちゃうのかー。
神様の使いを的にするのは自分ならかえってぶれてしまう気がするよ。
2014/03/11(Tue) 23:11 | URL  | 玉坂めぐる  #WCSj23LI[ 編集]
鮮やかな色の社殿ですね〜キレイ(人´∀`)♡ラぶv
鳩以外にも動物たちいっぱいいてにぎやかだなぁ。
こういう明るくてにぎやかな神社って
非日常で、楽しいねっ。
地味な色合いの神社は日常な感じ・・・
2014/03/11(Tue) 18:34 | URL  | misachi68 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック