おでかけブログ。その他、日々のおバカな出来事・読書感想などを、つらつらと。
考証要集 秘伝! NHK時代考証資料 (文春文庫)考証要集 秘伝! NHK時代考証資料 (文春文庫)
(2013/12/04)
大森 洋平

商品詳細を見る


織田信長がいくら南蛮かぶれでも、望遠鏡を使わせたらドラマは台無し。「花街」を「はなまち」と読ませたり、江戸っ子に鍋料理を食わせようものなら、番組の信用は大失墜。斯様に時代考証は難しい。テレビ制作現場のエピソードをひきながら、史実の勘違い、思い込み、単なる誤解を一刀両断。目からウロコの歴史ネタが満載です。



NHK時代劇の時代考証を担当する作者による、局の職員用の考証に関する内部資料をベースにしたこの本。
中身はあいうえお順に、辞書というか手引きの様な体裁で書かれてます。
時代も、平安時代あたりから明治大正昭和の軍隊の言葉まで、幅広いです。

物語的な起承転結があるわけじゃないので、どこから読み始めてもいいし、
そういう意味ではガーッと読むというより、
ちょこちょこつまみ食いするように読んだ本でした。

知らなかったことも多くて、
「えっそうなんだΣ(゚ロ゚;) 知らなかった!」
って事もたくさんあり、雑学が増えていく感じ。

たとえば、軍隊の言葉づかいですら、もう相当曖昧になってるんですね。
右舷・左舷(うげん・さげん)は陸軍の言葉。
海軍は(みぎげん・ひだりげん)って言うんだって。
んもお~~~www メンドクサイ・・・w
この違いがあるのって、軍制を導入した国が違うから?
それとも、薩長が仲悪いからなのか?(←これっぽいよね)

あと、戦国時代のネタなら、ちょうど今の大河ドラマが戦国だから、ちょっと注意して見たりとかw
イジワル目線で・・・( ´艸`)ムププ
この本に目を通してからだと、また違った時代劇の楽しみ方が出来ると思う。

余談だけど
本の中で意表を突かれたのは「し」の段にある「姑の毒殺法」っていう項目w
ローマ古典からすでにある由緒ある毒殺法ですw
その方法の詳細はまぁ、ご一読あれ。ちょっとスタイリッシュw
古今東西・万国共通・・・嫁姑問題・・・


ブログランキング・にほんブログ村へ
 
関連記事
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
 
関連記事
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

【2014/02/13 17:53】 | 読書感想
【タグ】 読書    考証  
トラックバック(0) |


あけぼう
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

おおっ♪
建物の本、さっそくありがとうございます。
(気に入っていただけるといいな♪)
確かに本の中でも 考証<<<演出 って書かれてました。
結局、話さえ面白ければ、なんでも良いっていうのが
視聴者側の本音ですよねw



玉坂めぐる
たのしそうだね♪文庫なんだね。この本もみてみようかな。(建物の本、アマゾン済みですよう。ありがとう)以前、時代考証家の人がテレビで「でも流れをおかしくするような場合もあるから、小うるさくならないようにさじ加減してやる、我慢する」ようなことも言ってました。(^^)エラソウダ
でも玉坂は娯楽時代劇のデタラメとか誇張とか整ったチョンマゲも大好きです。考証家が頑張りすぎると、みんな「タイムスクープハンター」みたいなグチャグチャなマゲになって、デロデロなおしろいで、きったないお歯黒で、着物の裾はズルズル引きずって泥だらけで、もうもうと埃だらけの街になっちゃうよう(^0^)あ、でもあれはあれで、大好きなんだなあ(ドッチヤネン)


あけぼう
広報ミヨッさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

たしかに任務遂行のスピード落ちそうw
なのでいまだにちょっと半信半疑なのですがw
実際に軍人だった人に聞き取りした結果みたいです。
帝国陸・海軍時代の軍隊用語の
まとまった資料っていうのは
意外と残ってないんでしょうか。
その辺疎いんですが。
その聞き取りの結果、近代にもかかわらず、
ことばや所作など
相当間違ったことを
ドラマや映画でやってしまってるらしいです。
近代でこのありさまなので、
もし戦国時代の人が大河ドラマを見たら、
「なんじゃこりゃ~!?」と言われそうだ、
みたいなことを作者も書いてましたw



あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

思えば「平清盛」もよくつっこまれてたよねぇw
オウムがこの時代にはいない種類だとか、
視聴者から教えられることもあるって書いてあったよ~。
あ、でも
時代小説でとりあげられがちな江戸・戦国あたりとは
違う時代のことばも「あいうえお」順にごちゃまぜなので
時代ごとに作ってほしいよ~。

あの〜
広報ミヨっちゃん
敬礼の腕の角度は
海軍のほうが
脇を締める(船内が狭いから)
というのは知ってましたが、
右舷左舷は僕も知りませんでした。
しかし戦闘中に
「みぎげん・ひだりげん」とか
もたもたしてて、
任務遂行のスピードが
落ちると思うのですがw


misachi68
これは欲しい!
やっぱり、時代小説読んで、
映画見たり、大河ドラマみたりってしてると、
ホントに?って思うことあるもんね。
でも知らないから、つっこむこともできなかったし、
辞書っぽいなら手元に置いておきたいです(*^^*)


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

おおっ♪
建物の本、さっそくありがとうございます。
(気に入っていただけるといいな♪)
確かに本の中でも 考証<<<演出 って書かれてました。
結局、話さえ面白ければ、なんでも良いっていうのが
視聴者側の本音ですよねw
2014/02/17(Mon) 09:21 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
たのしそうだね♪文庫なんだね。この本もみてみようかな。(建物の本、アマゾン済みですよう。ありがとう)以前、時代考証家の人がテレビで「でも流れをおかしくするような場合もあるから、小うるさくならないようにさじ加減してやる、我慢する」ようなことも言ってました。(^^)エラソウダ
でも玉坂は娯楽時代劇のデタラメとか誇張とか整ったチョンマゲも大好きです。考証家が頑張りすぎると、みんな「タイムスクープハンター」みたいなグチャグチャなマゲになって、デロデロなおしろいで、きったないお歯黒で、着物の裾はズルズル引きずって泥だらけで、もうもうと埃だらけの街になっちゃうよう(^0^)あ、でもあれはあれで、大好きなんだなあ(ドッチヤネン)
2014/02/15(Sat) 11:10 | URL  | 玉坂めぐる #WCSj23LI[ 編集]
広報ミヨッさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

たしかに任務遂行のスピード落ちそうw
なのでいまだにちょっと半信半疑なのですがw
実際に軍人だった人に聞き取りした結果みたいです。
帝国陸・海軍時代の軍隊用語の
まとまった資料っていうのは
意外と残ってないんでしょうか。
その辺疎いんですが。
その聞き取りの結果、近代にもかかわらず、
ことばや所作など
相当間違ったことを
ドラマや映画でやってしまってるらしいです。
近代でこのありさまなので、
もし戦国時代の人が大河ドラマを見たら、
「なんじゃこりゃ~!?」と言われそうだ、
みたいなことを作者も書いてましたw
2014/02/14(Fri) 09:17 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

思えば「平清盛」もよくつっこまれてたよねぇw
オウムがこの時代にはいない種類だとか、
視聴者から教えられることもあるって書いてあったよ~。
あ、でも
時代小説でとりあげられがちな江戸・戦国あたりとは
違う時代のことばも「あいうえお」順にごちゃまぜなので
時代ごとに作ってほしいよ~。
2014/02/14(Fri) 09:09 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
あの〜
敬礼の腕の角度は
海軍のほうが
脇を締める(船内が狭いから)
というのは知ってましたが、
右舷左舷は僕も知りませんでした。
しかし戦闘中に
「みぎげん・ひだりげん」とか
もたもたしてて、
任務遂行のスピードが
落ちると思うのですがw
2014/02/14(Fri) 03:46 | URL  | 広報ミヨっちゃん #-[ 編集]
これは欲しい!
やっぱり、時代小説読んで、
映画見たり、大河ドラマみたりってしてると、
ホントに?って思うことあるもんね。
でも知らないから、つっこむこともできなかったし、
辞書っぽいなら手元に置いておきたいです(*^^*)
2014/02/13(Thu) 19:26 | URL  | misachi68 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック