おでかけブログ。その他、日々のおバカな出来事・読書感想などを、つらつらと。
平家物語はいよいよクライマックスに向かって動き出します。
(⇒前前回前回

heikemonogatarirekisikann (41)
(クリックで拡大☆)
ゴッドファーザー清盛の死。

heikemonogatarirekisikann (42)

ここを皮切りに、一気に平家は凋落していきます。
あとはもう、戦につぐ戦。

heikemonogatarirekisikann (43)

敗戦につぐ敗戦なのであります(´;ω;`)
一面に瀬戸内海の各所での戦いが表現されています。
那須与一の扇を打ち抜くシーンもあれば、敦盛のシーンもあります。

heikemonogatarirekisikann (49)

いよいよその時を迎えそうな二位の尼と安徳天皇・・・・。

heikemonogatarirekisikann (50)

男たちの奮戦もむなしく・・・

heikemonogatarirekisikann (51)

なかには最期まで平家の意地を見せつけた人もいますが・・・

heikemonogatarirekisikann (52)

時の勢いは完全に源氏・・・

heikemonogatarirekisikann (57)

悲惨ですよ・・・

heikemonogatarirekisikann (58)

ちょっと前まであんなに隆盛を極めていたのに・・・・

heikemonogatarirekisikann (59)

あっという間に坂を転がり落ちていくようでした・・・・

heikemonogatarirekisikann (60)

今までの事はいったいなんだったんだと・・・

heikemonogatarirekisikann (62)

そして、すべてが終わり、安徳天皇、そして平家一門の菩提を弔う建礼門院さま・・・

heikemonogatarirekisikann (63)

侘しい庵です・・・

heikemonogatarirekisikann (64)

そして、この物語は琵琶法師たちにより、伝えられていきます。

heikemonogatarirekisikann (65)

決してハッピーエンドとは言えない物語ですが、なぜか人々の心を打つ・・・

heikemonogatarirekisikann (66)

それは昔の人だけでなく、現代の若者たちも・・・

・・・(しんみり)・・・。

って、この若者、ろう人形じゃん!!!
Σ(゚ロ゚;)
やべーw 一瞬だまされたわマジでw 
徹底してますな!

heikemonogatarirekisikann (68)

いやあ、興奮して3回にわたりレポってしまいました!
まさに大河ドラマを見終えた気分!
でも実際はもっと細かく色々なシーンがあって、これで全部じゃないよ!
シーンごとに、音声もついてるしね。解説っぽいのが。
モブキャラクター的な人たちも、きっちり作りこんであるのは、ろう人形ならではだと思います!
ひとつひとつ、ろう人形の表情や顔の造作なんかも見てほしい。

いやはや平家物語歴史館、良かったです!
高松に行くなら必須です、ここは。オススメ~♪


大きな地図で見る

ブログランキング・にほんブログ村へ 
この後、高松市内で名物の骨付鳥を食べました
食べるのに必死で写真撮ってなかったw
関連記事


追記を閉じる▲
heikemonogatarirekisikann (43)

敗戦につぐ敗戦なのであります(´;ω;`)
一面に瀬戸内海の各所での戦いが表現されています。
那須与一の扇を打ち抜くシーンもあれば、敦盛のシーンもあります。

heikemonogatarirekisikann (49)

いよいよその時を迎えそうな二位の尼と安徳天皇・・・・。

heikemonogatarirekisikann (50)

男たちの奮戦もむなしく・・・

heikemonogatarirekisikann (51)

なかには最期まで平家の意地を見せつけた人もいますが・・・

heikemonogatarirekisikann (52)

時の勢いは完全に源氏・・・

heikemonogatarirekisikann (57)

悲惨ですよ・・・

heikemonogatarirekisikann (58)

ちょっと前まであんなに隆盛を極めていたのに・・・・

heikemonogatarirekisikann (59)

あっという間に坂を転がり落ちていくようでした・・・・

heikemonogatarirekisikann (60)

今までの事はいったいなんだったんだと・・・

heikemonogatarirekisikann (62)

そして、すべてが終わり、安徳天皇、そして平家一門の菩提を弔う建礼門院さま・・・

heikemonogatarirekisikann (63)

侘しい庵です・・・

heikemonogatarirekisikann (64)

そして、この物語は琵琶法師たちにより、伝えられていきます。

heikemonogatarirekisikann (65)

決してハッピーエンドとは言えない物語ですが、なぜか人々の心を打つ・・・

heikemonogatarirekisikann (66)

それは昔の人だけでなく、現代の若者たちも・・・

・・・(しんみり)・・・。

って、この若者、ろう人形じゃん!!!
Σ(゚ロ゚;)
やべーw 一瞬だまされたわマジでw 
徹底してますな!

heikemonogatarirekisikann (68)

いやあ、興奮して3回にわたりレポってしまいました!
まさに大河ドラマを見終えた気分!
でも実際はもっと細かく色々なシーンがあって、これで全部じゃないよ!
シーンごとに、音声もついてるしね。解説っぽいのが。
モブキャラクター的な人たちも、きっちり作りこんであるのは、ろう人形ならではだと思います!
ひとつひとつ、ろう人形の表情や顔の造作なんかも見てほしい。

いやはや平家物語歴史館、良かったです!
高松に行くなら必須です、ここは。オススメ~♪


大きな地図で見る

ブログランキング・にほんブログ村へ 
この後、高松市内で名物の骨付鳥を食べました
食べるのに必死で写真撮ってなかったw
関連記事

FC2blog テーマ:四国旅行 - ジャンル:旅行

【2014/01/15 17:42】 | うどん県(香川県)
【タグ】 香川  平家  
トラックバック(0) |


あけぼう
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

等身大ですよ!
琵琶法師のところまでくるとねぇ、もうしみじみしちゃってw
色々あったなぁ・・・(遠い目)みたいなww
ラストの「あけ与一」は、
弓と烏帽子のセットがこちょんとおかれてましてw
そりゃ被らずにはいられないさ~♪
似合ってるかどうかはともかく、
ものすごいドヤ顔で写ってる「あけ与一」です☆



玉坂めぐる 
そういう観客蝋人形トラップまであるということは
死闘を繰り広げる阿鼻叫喚のお人形もみんなみんな
等身大ということですよね。
いきたい、行きたいけど。。、。
空いてたら、、、泣くな、たぶん。
夜中とか、うめき声聞こえるよ、きっと。
琵琶とか低く鳴っちゃうよ。びょおおおおん・・・

で、弓ひくあけぼうちゃん、
気になったのは、烏帽子wwwかぶりたいかぶりたい。




Re: まさに大河!
あけぼう
あこさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

はじめまして~♪
あけぼうにとっては、大満足~な所でした。
是非行ってみてくださいね!
骨付き鳥も美味しかったです( ´∀`)bグッ!
あけぼうは「おやどり」をチョイスしましたが、
結構ストロングタイプなので、
口のまわりテカテカになるくらい、
かじりつかないと無理です☆


まさに大河!
あこ
はじめまして
「平家物語歴史館」 一度行ってみたいと思っていました。
あの迫力ある人形を見てみたくて。

今年、おうどんを食べに香川に行く予定なので、ぜひ
「平家物語歴史館」も見て来ようと思います。

そして骨付き鶏も食べよう。


あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

全て見終わった後の、満足感♪
1Fの偉人コーナーが随分前だったような錯覚を覚えますよーw
奢れる者久しからず・・・
うん、今でもしみじみしますよね。
業界№1みたいな大企業が、
その後ヒット商品に恵まれず沈んだり・・・
成長してしまった大人気子役とか・・・
一発屋芸人のその後とか・・・



あけぼう
りんご村のシルルさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そうなんですよ、あの観覧者はろう人形なんです!
いや、確かにね?
写真では暗くて見えないけど、となりに女の子もいて、カップルなんですよ。
一応こっちも目の前の琵琶法師の情景に集中してるんですけど、目の端っこに入ってくるお二人さん、なんか妙に服のセンスがダサいなぁ・・・と思ってたんですよねww よくよく見ればろう人形。そりゃダサいわけです。ダサいというか古いw だって昭和センスだもん・・・w

この戦に限らずかもしれないけど、女の人って結果を受け入れるしかないからキツイですよね~。
想像したら悪夢でしかないというか、すごい恐怖ですよ。
主人に付き添って死なないといけない侍女とかもキツイ('A`)
じゃあ庶民が良いかっていうと、またこれ、生きるだけで大変だし・・・
現代に生まれてよかったよー。


misachi68
いや〜すごいすごい!
大河ドラマをみているようですね。
盛り上がっておいて、清盛の死後の
落ちっぷりがまた見事。
どんな成功者でもその後もずっといいとは限らないから、
現代においてもしみじみと響いてくるんでしょうね。
これをじっくりと現地で見てたら、
その迫力で舞台でも観た後みたいに疲れそうですね。
私もテンションあがって、弓は引いてみますわ♪


りんご村のシルル
え?あれはロウ人形あんですか??あの、最後の写真の観覧者っぽいの!!!
マジか!!!なんか、粋ですねwwww。
ここはしんみりせいよっていう意図がww。

しかし、まあ大河ドラマの平清盛の時にも観ましたが。
なんていいますか、女は船底の部屋(?)のような場所で、ただただ「戦況はどうじゃ」と聞くしかなく、どんどん様子を見に来る男達の姿が無くなっていきます。
なんていうか、女の覚悟もすごいもんですよね。
女の戦は槍や刀を持たなかったけれど(持った人もいたでしょうが)、「守る」事をとにかく必死にやり遂げようとしてる感じですね。
名誉、家名など、守るものは色々でしょうが、それと引き換えにするのが命なんて、すごい時代でしたが、確かにそんな時代があったんですねー。


あけぼう
広報ミヨッさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

拙者でござるw
この場に居なくて命拾いしたかもね、
この時ノリノリだったからねw
しかし、ミヨッさんとて、
そこに弓があれば、とりあえずやるよね??


あの〜
広報ミヨっちゃん
弓ひいてるのん
あけぼうさんですか?
もし僕が居合わせたら
間違いなく
射ぬかれていたことでしょうw

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

等身大ですよ!
琵琶法師のところまでくるとねぇ、もうしみじみしちゃってw
色々あったなぁ・・・(遠い目)みたいなww
ラストの「あけ与一」は、
弓と烏帽子のセットがこちょんとおかれてましてw
そりゃ被らずにはいられないさ~♪
似合ってるかどうかはともかく、
ものすごいドヤ顔で写ってる「あけ与一」です☆
2014/01/20(Mon) 09:16 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
そういう観客蝋人形トラップまであるということは
死闘を繰り広げる阿鼻叫喚のお人形もみんなみんな
等身大ということですよね。
いきたい、行きたいけど。。、。
空いてたら、、、泣くな、たぶん。
夜中とか、うめき声聞こえるよ、きっと。
琵琶とか低く鳴っちゃうよ。びょおおおおん・・・

で、弓ひくあけぼうちゃん、
気になったのは、烏帽子wwwかぶりたいかぶりたい。


2014/01/18(Sat) 10:30 | URL  | 玉坂めぐる  #WCSj23LI[ 編集]
Re: まさに大河!
あこさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

はじめまして~♪
あけぼうにとっては、大満足~な所でした。
是非行ってみてくださいね!
骨付き鳥も美味しかったです( ´∀`)bグッ!
あけぼうは「おやどり」をチョイスしましたが、
結構ストロングタイプなので、
口のまわりテカテカになるくらい、
かじりつかないと無理です☆
2014/01/17(Fri) 17:04 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
まさに大河!
はじめまして
「平家物語歴史館」 一度行ってみたいと思っていました。
あの迫力ある人形を見てみたくて。

今年、おうどんを食べに香川に行く予定なので、ぜひ
「平家物語歴史館」も見て来ようと思います。

そして骨付き鶏も食べよう。
2014/01/17(Fri) 15:01 | URL  | あこ #wLMIWoss[ 編集]
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

全て見終わった後の、満足感♪
1Fの偉人コーナーが随分前だったような錯覚を覚えますよーw
奢れる者久しからず・・・
うん、今でもしみじみしますよね。
業界№1みたいな大企業が、
その後ヒット商品に恵まれず沈んだり・・・
成長してしまった大人気子役とか・・・
一発屋芸人のその後とか・・・
2014/01/17(Fri) 09:52 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
りんご村のシルルさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そうなんですよ、あの観覧者はろう人形なんです!
いや、確かにね?
写真では暗くて見えないけど、となりに女の子もいて、カップルなんですよ。
一応こっちも目の前の琵琶法師の情景に集中してるんですけど、目の端っこに入ってくるお二人さん、なんか妙に服のセンスがダサいなぁ・・・と思ってたんですよねww よくよく見ればろう人形。そりゃダサいわけです。ダサいというか古いw だって昭和センスだもん・・・w

この戦に限らずかもしれないけど、女の人って結果を受け入れるしかないからキツイですよね~。
想像したら悪夢でしかないというか、すごい恐怖ですよ。
主人に付き添って死なないといけない侍女とかもキツイ('A`)
じゃあ庶民が良いかっていうと、またこれ、生きるだけで大変だし・・・
現代に生まれてよかったよー。
2014/01/17(Fri) 09:30 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
いや〜すごいすごい!
大河ドラマをみているようですね。
盛り上がっておいて、清盛の死後の
落ちっぷりがまた見事。
どんな成功者でもその後もずっといいとは限らないから、
現代においてもしみじみと響いてくるんでしょうね。
これをじっくりと現地で見てたら、
その迫力で舞台でも観た後みたいに疲れそうですね。
私もテンションあがって、弓は引いてみますわ♪
2014/01/17(Fri) 07:51 | URL  | misachi68 #-[ 編集]
え?あれはロウ人形あんですか??あの、最後の写真の観覧者っぽいの!!!
マジか!!!なんか、粋ですねwwww。
ここはしんみりせいよっていう意図がww。

しかし、まあ大河ドラマの平清盛の時にも観ましたが。
なんていいますか、女は船底の部屋(?)のような場所で、ただただ「戦況はどうじゃ」と聞くしかなく、どんどん様子を見に来る男達の姿が無くなっていきます。
なんていうか、女の覚悟もすごいもんですよね。
女の戦は槍や刀を持たなかったけれど(持った人もいたでしょうが)、「守る」事をとにかく必死にやり遂げようとしてる感じですね。
名誉、家名など、守るものは色々でしょうが、それと引き換えにするのが命なんて、すごい時代でしたが、確かにそんな時代があったんですねー。
2014/01/16(Thu) 21:35 | URL  | りんご村のシルル #-[ 編集]
広報ミヨッさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

拙者でござるw
この場に居なくて命拾いしたかもね、
この時ノリノリだったからねw
しかし、ミヨッさんとて、
そこに弓があれば、とりあえずやるよね??
2014/01/16(Thu) 17:03 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
あの〜
弓ひいてるのん
あけぼうさんですか?
もし僕が居合わせたら
間違いなく
射ぬかれていたことでしょうw
2014/01/16(Thu) 15:29 | URL  | 広報ミヨっちゃん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック