おでかけブログ。その他、日々のおバカな出来事・読書感想などを、つらつらと。
屋島の屋島寺、前回からの続きです。

このお寺には、おお~きな特徴があります。
ヒントはこの絵馬っ☆

屋島寺 (7)

そう。たぬきです。
この屋島寺の境内には「蓑山大明神」というお社があります。

屋島寺 (11)

狛犬ならぬ。狛狸wwww

屋島寺 (9)

お母さん狸。(子狸にお乳あげてます)
ムーミンのような、むにょん、とした曲線がいいですね。

屋島寺 (10)

お父さん狸。その横にちっちゃい子狸も寄り添ってます。

屋島寺 (8) 
(クリックで拡大☆)

こには、日本三大名狸!!!
四国狸の総大将、屋島太三郎狸が祀られております。
いやーっ、楽しい♪♪ (*>∀<)ノ))★ 
化け方が高尚って・・・素敵ーっ。

屋島寺 (12)

左側は前回紹介した本堂になります。すぐ脇にあるんですよー。
さっそく奥へ入ってみたいと思います。((o(´∀`)o))ワクワク

屋島寺 (13)

アニマルにしては、非常に立派なお社だと申せましょう・・・。
普通の人間の墓よりよほど立派です。
さすが、日本三名狸だけあるよ・・・。

屋島寺 (14)

見て見てっ、超カワイイ

屋島寺 (15)

足元のちっちゃいのも、カワイイ~ヾ(*´∀`*)ノキャッキャ

屋島寺 (16)

さらにちっちゃい赤ちゃん狸も・・・!?
うーん、この子はまだちょっと世間をなめてるかもしれないw
いや、完全にナメくさっとると思うwww

屋島寺 (17)

横の「蓑山塚」にはたくさんの狸の置物が供えられてました。

屋島寺 (18)

色々見てくと、タヌキの置物にこんなに色々な表情があるとは・・・。

屋島寺 (21)

この表情w 化けるの楽しいんでしょうね~きっと。
ここから、しばし、様々な狸をあけぼうと一緒にお楽しみください☆

屋島寺 (22)

この人はナンバー3くらいのポジションってかんじだよね。
いつも酔っ払ってるんだけど、たまに良い事言う、みたいなキャラ・・・。

屋島寺 (23)

こっちは大きくて貫禄あります。
しかしそこは、タヌキ。
表情がちょっとユーモラスなのです。

屋島寺 (24)

世話焼きのおばちゃん狸。

屋島寺 (26)

まだ若い、陽気な狸。今から出かける風。
手前にはヨーダみたいな狸もいます。

屋島寺 (25)

いかがでした?どれもこれもめちゃカワイイでしょ??
ちょっとのスペースに本当に色々な狸がひしめきあっていて、面白かったです。
狸の置物をコレクションする人の気持ちが少し分かった・・・。

その奥に、なんとまだ何かあるようです。
左右はヤブっぽくなってますが、ちょっと入ってみましょうか・・・。

屋島寺 (20)

なんと!!!

屋島寺 (19)

ちょっとビックリw
狸の奥には、おキツネ様が祀られてました。
すげーwww 
あっちが狸でこっちがキツネで・・・んん???
(あれ、もしかして化かされてる!??)

屋島寺  

というわけで、ご朱印~♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
これを読むと狸の世界も色々あるねぇ 「屋島の禿狸」
関連記事
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
屋島寺 (9)

お母さん狸。(子狸にお乳あげてます)
ムーミンのような、むにょん、とした曲線がいいですね。

屋島寺 (10)

お父さん狸。その横にちっちゃい子狸も寄り添ってます。

屋島寺 (8) 
(クリックで拡大☆)

こには、日本三大名狸!!!
四国狸の総大将、屋島太三郎狸が祀られております。
いやーっ、楽しい♪♪ (*>∀<)ノ))★ 
化け方が高尚って・・・素敵ーっ。

屋島寺 (12)

左側は前回紹介した本堂になります。すぐ脇にあるんですよー。
さっそく奥へ入ってみたいと思います。((o(´∀`)o))ワクワク

屋島寺 (13)

アニマルにしては、非常に立派なお社だと申せましょう・・・。
普通の人間の墓よりよほど立派です。
さすが、日本三名狸だけあるよ・・・。

屋島寺 (14)

見て見てっ、超カワイイ

屋島寺 (15)

足元のちっちゃいのも、カワイイ~ヾ(*´∀`*)ノキャッキャ

屋島寺 (16)

さらにちっちゃい赤ちゃん狸も・・・!?
うーん、この子はまだちょっと世間をなめてるかもしれないw
いや、完全にナメくさっとると思うwww

屋島寺 (17)

横の「蓑山塚」にはたくさんの狸の置物が供えられてました。

屋島寺 (18)

色々見てくと、タヌキの置物にこんなに色々な表情があるとは・・・。

屋島寺 (21)

この表情w 化けるの楽しいんでしょうね~きっと。
ここから、しばし、様々な狸をあけぼうと一緒にお楽しみください☆

屋島寺 (22)

この人はナンバー3くらいのポジションってかんじだよね。
いつも酔っ払ってるんだけど、たまに良い事言う、みたいなキャラ・・・。

屋島寺 (23)

こっちは大きくて貫禄あります。
しかしそこは、タヌキ。
表情がちょっとユーモラスなのです。

屋島寺 (24)

世話焼きのおばちゃん狸。

屋島寺 (26)

まだ若い、陽気な狸。今から出かける風。
手前にはヨーダみたいな狸もいます。

屋島寺 (25)

いかがでした?どれもこれもめちゃカワイイでしょ??
ちょっとのスペースに本当に色々な狸がひしめきあっていて、面白かったです。
狸の置物をコレクションする人の気持ちが少し分かった・・・。

その奥に、なんとまだ何かあるようです。
左右はヤブっぽくなってますが、ちょっと入ってみましょうか・・・。

屋島寺 (20)

なんと!!!

屋島寺 (19)

ちょっとビックリw
狸の奥には、おキツネ様が祀られてました。
すげーwww 
あっちが狸でこっちがキツネで・・・んん???
(あれ、もしかして化かされてる!??)

屋島寺  

というわけで、ご朱印~♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
これを読むと狸の世界も色々あるねぇ 「屋島の禿狸」
関連記事
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:四国旅行 - ジャンル:旅行

【2013/12/27 17:00】 | うどん県(香川県)
【タグ】 香川  屋島  たぬき  
トラックバック(0) |


あけぼう
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

あけおめ~!ことよろ~!!
おおっタヌキたちも常にウゴウゴしてるから、首都が東京になったあたりから、関東のタヌキ勢力が勢いづき、いまではすっかり東西が形勢逆転してることは考えられるよねw
玉さんが見つけたハンサムたぬきも、王子的な存在としてタヌキ界では有名かもしれない。是非みてみたいわ~(人´∀`).☆.。.:*・゚



あけぼう
広報ティファニーちゃん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

あけおめ~!
更新滞ってまして申し訳ないw
なんか続きの記事・・・諸行無常過ぎて正月ムードに合わないんだもんw
とにかく、今年もよろしくな♪


玉坂めぐる 
実際の生息分布のせいもあるのかな
西方面のほうがタヌキ伝説多い気がします。
でも、わが東京足立区の民家の路地に
たいそうハンサムなたぬき石像を見つけましてね。
近くに行くときはその路地にわざわざ廻ったりしてみています。
あのたぬきさまはただものじゃないと思います。
さて、昨年は実際にお会いできてほんとよかったです。
本年もよろしくおねがいもうしあげます。

ウチ、
広報ティファニー
テンプレートは
かわったけど、
きじは、こうしん
されてないがな(わら)
あけおめ〜!

Re: タイトルなし
あけぼう
広報ミヨッさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

ですよねぇ。
しかも、愉快なキャラづけまでされちゃってw
でもどこか神秘性を感じるのは、
そうか!
風もないのに揺れる
キン○マのせいかもしれんな(^∇^)

Re: タイトルなし
あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

ついつい「有頂天家族」とか思い出しちゃったりしてね〜(^o^)
エピソードが妙に人間的だよねw
他の名狸の足跡も、機会があれば辿ってみたいわぁ☆



広報ミヨっちゃん
タヌキって、犬や猫ほど
身近でもないのに、
やたらと日本では愛されてますね。
タヌキのキン◯マは
風もないのにブラブラするしw


misachi68
狸の伝説って、かなり細かくてリアルだよね〜
面白いわぁ。
それにしても可愛い!
どの狸たちも表情がそれぞれ個性があって、
性格も出てる感じだね(*´∀`*)


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

あけおめ~!ことよろ~!!
おおっタヌキたちも常にウゴウゴしてるから、首都が東京になったあたりから、関東のタヌキ勢力が勢いづき、いまではすっかり東西が形勢逆転してることは考えられるよねw
玉さんが見つけたハンサムたぬきも、王子的な存在としてタヌキ界では有名かもしれない。是非みてみたいわ~(人´∀`).☆.。.:*・゚
2014/01/01(Wed) 16:25 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
広報ティファニーちゃん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

あけおめ~!
更新滞ってまして申し訳ないw
なんか続きの記事・・・諸行無常過ぎて正月ムードに合わないんだもんw
とにかく、今年もよろしくな♪
2014/01/01(Wed) 16:23 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
実際の生息分布のせいもあるのかな
西方面のほうがタヌキ伝説多い気がします。
でも、わが東京足立区の民家の路地に
たいそうハンサムなたぬき石像を見つけましてね。
近くに行くときはその路地にわざわざ廻ったりしてみています。
あのたぬきさまはただものじゃないと思います。
さて、昨年は実際にお会いできてほんとよかったです。
本年もよろしくおねがいもうしあげます。
2014/01/01(Wed) 10:26 | URL  | 玉坂めぐる  #WCSj23LI[ 編集]
ウチ、
テンプレートは
かわったけど、
きじは、こうしん
されてないがな(わら)
あけおめ〜!
2014/01/01(Wed) 03:54 | URL  | 広報ティファニー #-[ 編集]
Re: タイトルなし
広報ミヨッさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

ですよねぇ。
しかも、愉快なキャラづけまでされちゃってw
でもどこか神秘性を感じるのは、
そうか!
風もないのに揺れる
キン○マのせいかもしれんな(^∇^)
2013/12/29(Sun) 15:46 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
Re: タイトルなし
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

ついつい「有頂天家族」とか思い出しちゃったりしてね〜(^o^)
エピソードが妙に人間的だよねw
他の名狸の足跡も、機会があれば辿ってみたいわぁ☆
2013/12/29(Sun) 15:39 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
タヌキって、犬や猫ほど
身近でもないのに、
やたらと日本では愛されてますね。
タヌキのキン◯マは
風もないのにブラブラするしw
2013/12/28(Sat) 03:35 | URL  | 広報ミヨっちゃん #-[ 編集]
狸の伝説って、かなり細かくてリアルだよね〜
面白いわぁ。
それにしても可愛い!
どの狸たちも表情がそれぞれ個性があって、
性格も出てる感じだね(*´∀`*)
2013/12/27(Fri) 20:26 | URL  | misachi68 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック