おでかけブログ。その他、日々のおバカな出来事・読書感想などを、つらつらと。
うどん県に来ております。

momo (1)

鬼無駅(きなしえき)。桃太郎電鉄のキャラクターがいます。
駅名にちなんでハドソンが寄贈したモノだそうです。

momo (2)

ここ、鬼無(きなし)という町は
全国にいくつかある、桃太郎伝説のある土地なんだそうです。

駅からそう遠くないところに、こんな神社もあります。

momo (5) 

熊野権現桃太郎神社☆
桃太郎といえば、どうしても岡山県の吉備津神社のほうが、あけぼう的には身近ではあるのですが、実はうどん県にも桃太郎伝説があることは噂に聞いておりました。
近年、高松は「瀬戸内国際芸術祭」という島々を結ぶアートのイベントで、毎年夏~秋頃は盛り上がってまして。
会場になっている島のひとつに「女木島」という島があります。
ここが「鬼が島」のモデルとなった地では・・・という話なんですね。
洞窟とかもあったりして。その名も「鬼が島大洞窟」ですw
次の夏こそは行きたいなぁと思っております♪

momo (3)

で、その鬼が島に棲む鬼を桃太郎が退治するという話なんですけども。

momo (4)

この伝説の碑は見づらいので、(リアルでも読みづらかった)
ウィキペディア等から、かいつまんで抜粋しますと、なんかこんなかんじ。

【登場人物】
桃太郎:稚武彦命(お兄さんは吉備津彦命)
鬼:女木島を本拠地とする海賊たち
お爺さん&お婆さん:この鬼無の土地に住んでいた宇佐津彦命の末裔。美人の娘がいる。
犬:岡山県犬島の人
猿:香川県の陶芸師の猿王という人
雉:鬼無町雉ヶ谷の人
【ストーリー】
女木島を拠点にして、海賊たち暴れまわる。
色々あってこの地を訪れた桃太郎は川で洗濯してる美女に一目ぼれ。
桃太郎、お爺さんお婆さん家の養子となる(早っ)
桃太郎、海賊が暴れている地元の現状を知り、海賊退治を決意。
海賊討伐の援軍を募る(ここで、犬・猿・雉が集結)
お婆さん手作りのキビ団子を腰に、討伐軍出発!!
見事、大勝利!!(戦利品イパーイ)
凱旋した桃太郎は娘さんと幸せな結婚生活を送る。めでたし。

てな感じですw
色々見ていくと、お婆さん=美人の娘と書いてあったりして微妙にハッキリしない。
その場合は、お爺さんは美人の娘(婆)のお父さんなのかな??
あけぼうの残念な理解力・・・(;^ω^A)

momo (7)

神社はこんな感じ。周辺も田舎で静かです~。

momo (8)

神社の方はおられませんでしたが、境内でファミリーが日向ぼっこしてました。のどか~。
このころは日向ぼっこに丁度いい季節でしたからね・・・。

momo (10)

なんと!遺跡もありますよ!!
桃太郎の隣の、「爺婆犬猿雉」ってすごい書き方だなーwww 
じぃばぁいぬさるきじ・・・

momo (11)

お墓です。数が・・・数がなんか合わない気がするのはあけぼうだけ?
それとも大きな石碑が桃太郎夫妻で、残りが「爺犬猿雉」なのか・・・?

momo (13)

というわけで、桃太郎神社でした。
桃太郎伝説は全国にいくつかあるそうだけど、大きなところでは愛知にも桃太郎神社があるらしいですね。
かなり素敵なところと聞いております・・・いつか行ってみたい。


ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事


追記を閉じる▲
熊野権現桃太郎神社☆
桃太郎といえば、どうしても岡山県の吉備津神社のほうが、あけぼう的には身近ではあるのですが、実はうどん県にも桃太郎伝説があることは噂に聞いておりました。
近年、高松は「瀬戸内国際芸術祭」という島々を結ぶアートのイベントで、毎年夏~秋頃は盛り上がってまして。
会場になっている島のひとつに「女木島」という島があります。
ここが「鬼が島」のモデルとなった地では・・・という話なんですね。
洞窟とかもあったりして。その名も「鬼が島大洞窟」ですw
次の夏こそは行きたいなぁと思っております♪

momo (3)

で、その鬼が島に棲む鬼を桃太郎が退治するという話なんですけども。

momo (4)

この伝説の碑は見づらいので、(リアルでも読みづらかった)
ウィキペディア等から、かいつまんで抜粋しますと、なんかこんなかんじ。

【登場人物】
桃太郎:稚武彦命(お兄さんは吉備津彦命)
鬼:女木島を本拠地とする海賊たち
お爺さん&お婆さん:この鬼無の土地に住んでいた宇佐津彦命の末裔。美人の娘がいる。
犬:岡山県犬島の人
猿:香川県の陶芸師の猿王という人
雉:鬼無町雉ヶ谷の人
【ストーリー】
女木島を拠点にして、海賊たち暴れまわる。
色々あってこの地を訪れた桃太郎は川で洗濯してる美女に一目ぼれ。
桃太郎、お爺さんお婆さん家の養子となる(早っ)
桃太郎、海賊が暴れている地元の現状を知り、海賊退治を決意。
海賊討伐の援軍を募る(ここで、犬・猿・雉が集結)
お婆さん手作りのキビ団子を腰に、討伐軍出発!!
見事、大勝利!!(戦利品イパーイ)
凱旋した桃太郎は娘さんと幸せな結婚生活を送る。めでたし。

てな感じですw
色々見ていくと、お婆さん=美人の娘と書いてあったりして微妙にハッキリしない。
その場合は、お爺さんは美人の娘(婆)のお父さんなのかな??
あけぼうの残念な理解力・・・(;^ω^A)

momo (7)

神社はこんな感じ。周辺も田舎で静かです~。

momo (8)

神社の方はおられませんでしたが、境内でファミリーが日向ぼっこしてました。のどか~。
このころは日向ぼっこに丁度いい季節でしたからね・・・。

momo (10)

なんと!遺跡もありますよ!!
桃太郎の隣の、「爺婆犬猿雉」ってすごい書き方だなーwww 
じぃばぁいぬさるきじ・・・

momo (11)

お墓です。数が・・・数がなんか合わない気がするのはあけぼうだけ?
それとも大きな石碑が桃太郎夫妻で、残りが「爺犬猿雉」なのか・・・?

momo (13)

というわけで、桃太郎神社でした。
桃太郎伝説は全国にいくつかあるそうだけど、大きなところでは愛知にも桃太郎神社があるらしいですね。
かなり素敵なところと聞いております・・・いつか行ってみたい。


ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

FC2blog テーマ:四国旅行 - ジャンル:旅行

【2013/12/24 11:13】 | うどん県(香川県)
【タグ】 香川  鬼無  桃太郎  神社  
トラックバック(0) |


あけぼう
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

なんせ、ここの設定では桃太郎=皇子様だから
家来扱いなのも分からなくもないかぁ~・・・。
古女房を譲るっていうのも、まぁ理解できるかも。
婆さん、人妻の色気ムンムンだったのかもしんないねw
そう考えたらすげぇヤリ手の女性像になってきたwww
本当になんで日本一なんだろう。
各地に桃太郎伝説があるから、
ウチのが本物っていう意味で「日本一」って付けたのかな。
でも、それなら浦島太郎だってそうだよな・・・。


あけぼう
広報ミヨッさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

それ、なぜか一緒にいた友達にも言われたよw
「やらないの?」ってwww
そんなにも「ウェーイ♪」って顔はめ板に顔出しするキャラだと思われている・・・www
それこそさ、桃太郎の顔はめ板で写真撮ってる時に、後ろの窓がガラッと空いたりしたら恥ずかしいじゃん!!



あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そうなんだよね、ここに出てくる桃太郎は、
よく絵本に出てくるような児童みたいな桃太郎じゃなくて、
しっかりオトナの桃太郎だよね、アダルトだよねwww 
鬼退治と言って、正義っぽい感じを出してるけれど、
実は「目には目を」的な雰囲気をほんのり感じるよね。
(基本的にあけぼうの意識は海賊に同情的w)


あけぼう
りんご村のシルルさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

確かに桃ってなんかお得感ある植物だと思います。
だって実はなるし、美味いし。花はキレイだし。
しかも葉っぱだって「桃の葉ローション」になったりして、お肌に良いんだもんねー。
女子のお尻に似てるのもポイント高いし。
日本原産のフルーツって地味だから、中国から桃が渡ってきた時すごいインパクトあったんじゃないかなと。神聖視されるのもうなずけるかも♪
四国の古代の状況って実はあまりよく知らないんですけど、古代の真実がどんな風にこのエピソードに秘められてるのか想像するのって楽しいですよね☆(´∀`)

No title
玉坂めぐる 
爺婆も家来扱いなのかな^^
ももたろは、洗濯する婆にモエたんだね。
爺はそんなももたろに古女房を譲ったのかね。
なんかそんなことがあってもいいかもしれないね。
なんせ日本一だもの。
んーで、なんで、ももたろは日本一なのかなー
実は岡山ももたろも含めて、ずっと気になってます。

あの〜
広報ミヨっちゃん
せっかく桃太郎の
顔はめ板があるのに
今回はやらなかったんですねw
それと神社の本殿(拝殿?)
ふつうの家みたいでおもしろいですね。
ガラッと戸をあけたら、
宮司さん一家が
食卓を囲んでるとかwww

No title
misachi68
なんていうか
その桃太郎はリアリティありすぎて、
おとぎ話っぽくないですね(; ^ω^)
美しい娘にひとめぼれしちゃうとか。
本物っぽい印象・・・

全国の桃太郎伝説ゆかりの地めぐり面白そうですね



No title
りんご村のシルル
こんばんは。
桃は昔から神聖視されていたみたいですね。
詳しく忘れましたが、昔古代の本で。
祭祀跡の古墳から桃の種が出てきたとか読んだ記憶あります。当時では群を抜いて栄養価が高かったのかもしれません。
桃太郎も、元気な男の子的な意味で名前ついたのですかね。
こういう伝説とかって、古代の何を伝えんとしてるのか気になりますよねー♪

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

なんせ、ここの設定では桃太郎=皇子様だから
家来扱いなのも分からなくもないかぁ~・・・。
古女房を譲るっていうのも、まぁ理解できるかも。
婆さん、人妻の色気ムンムンだったのかもしんないねw
そう考えたらすげぇヤリ手の女性像になってきたwww
本当になんで日本一なんだろう。
各地に桃太郎伝説があるから、
ウチのが本物っていう意味で「日本一」って付けたのかな。
でも、それなら浦島太郎だってそうだよな・・・。
2013/12/25(Wed) 12:36 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
広報ミヨッさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

それ、なぜか一緒にいた友達にも言われたよw
「やらないの?」ってwww
そんなにも「ウェーイ♪」って顔はめ板に顔出しするキャラだと思われている・・・www
それこそさ、桃太郎の顔はめ板で写真撮ってる時に、後ろの窓がガラッと空いたりしたら恥ずかしいじゃん!!
2013/12/25(Wed) 12:29 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そうなんだよね、ここに出てくる桃太郎は、
よく絵本に出てくるような児童みたいな桃太郎じゃなくて、
しっかりオトナの桃太郎だよね、アダルトだよねwww 
鬼退治と言って、正義っぽい感じを出してるけれど、
実は「目には目を」的な雰囲気をほんのり感じるよね。
(基本的にあけぼうの意識は海賊に同情的w)
2013/12/25(Wed) 12:26 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
りんご村のシルルさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

確かに桃ってなんかお得感ある植物だと思います。
だって実はなるし、美味いし。花はキレイだし。
しかも葉っぱだって「桃の葉ローション」になったりして、お肌に良いんだもんねー。
女子のお尻に似てるのもポイント高いし。
日本原産のフルーツって地味だから、中国から桃が渡ってきた時すごいインパクトあったんじゃないかなと。神聖視されるのもうなずけるかも♪
四国の古代の状況って実はあまりよく知らないんですけど、古代の真実がどんな風にこのエピソードに秘められてるのか想像するのって楽しいですよね☆(´∀`)
2013/12/25(Wed) 12:22 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
No title
爺婆も家来扱いなのかな^^
ももたろは、洗濯する婆にモエたんだね。
爺はそんなももたろに古女房を譲ったのかね。
なんかそんなことがあってもいいかもしれないね。
なんせ日本一だもの。
んーで、なんで、ももたろは日本一なのかなー
実は岡山ももたろも含めて、ずっと気になってます。
2013/12/25(Wed) 08:36 | URL  | 玉坂めぐる  #WCSj23LI[ 編集]
あの〜
せっかく桃太郎の
顔はめ板があるのに
今回はやらなかったんですねw
それと神社の本殿(拝殿?)
ふつうの家みたいでおもしろいですね。
ガラッと戸をあけたら、
宮司さん一家が
食卓を囲んでるとかwww
2013/12/25(Wed) 02:57 | URL  | 広報ミヨっちゃん #-[ 編集]
No title
なんていうか
その桃太郎はリアリティありすぎて、
おとぎ話っぽくないですね(; ^ω^)
美しい娘にひとめぼれしちゃうとか。
本物っぽい印象・・・

全国の桃太郎伝説ゆかりの地めぐり面白そうですね

2013/12/24(Tue) 22:33 | URL  | misachi68 #-[ 編集]
No title
こんばんは。
桃は昔から神聖視されていたみたいですね。
詳しく忘れましたが、昔古代の本で。
祭祀跡の古墳から桃の種が出てきたとか読んだ記憶あります。当時では群を抜いて栄養価が高かったのかもしれません。
桃太郎も、元気な男の子的な意味で名前ついたのですかね。
こういう伝説とかって、古代の何を伝えんとしてるのか気になりますよねー♪
2013/12/24(Tue) 21:38 | URL  | りんご村のシルル #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック