FC2ブログ
おでかけブログ。神話や妖怪、UMAが好き。その他、日々のふしぎや、おバカな出来事・読書感想などを、つらつらと。


ちょっと用事があり、岡山県倉敷市にやって来ました。



今回は用事のついでに立ち寄ったので、
ご朱印帳も無く、神社もスルー・・・。(またいずれ)



写真も全部スマホなんですが(;^ω^A
倉敷の美観地区に洋館を見に来ました。あわただしくw



急に、建物探訪気分になりまして。
相変わらずの思い立ったら吉日生活です☆
こちらは「三楽会館」という看板が掲げられていて、会社のような?感じ。
閉まっていたのでよく分かりませんでしたけど(;^ω^A
後で調べたら、大正時代の建物で、昔は郵便局として使用されていたのだとか。

で、そのすぐ近くににドーン。





中国銀行 倉敷支店 倉敷本町出張所の建物です。
おおきな建物なので、道路を挟んで撮らないと全部入らない。



これも大正時代の建物だそうです。
中では、なにやら工事中でした。
ステンドグラスは外からより
中からの方が絶対キレイだと思うので、ちょっと見たかったですね。



岡山を本拠地とする中国銀行さん。
支店の建物も石造り風の建物が多いです、今でも。



大きな地図で見る


ブログランキング・にほんブログ村へ
 


追記を閉じる▲
 

FC2blog テーマ:いってきました^^ - ジャンル:ブログ

【2013/09/13 12:36】 | 倉敷市
【タグ】 岡山  建物  レトロ  洋館  
トラックバック(0) |


あけぼう
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

木造の学校だと二宮尊徳像も似合うよね。
洋館の、当時の大工さんの「柔軟に対応してみました」的なところを見るのが大好きです。装飾の、これは欄間の技術を転用したのでは・・ってところとか。
そうか、東京国立博物館は「顔」ロケ地でもあるねw
そうだ、そうだったww


あけぼう
広報ミヨッさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そうなんだぁ、特に大阪編はあけぼうですら「ん?ここは・・・」と思う所がちょくちょく出てきましたから、ましてや地元の人ならなおさらでしょうね。はっ、ミヨッさん、もしやロケ現場に遭遇したとか?


あけぼう
サムライ銅像研究会さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

神社の鳥居の画像、さすが目の付け所が違いますね、あけぼうは単に「祭りでもやってるのかな?」くらいにしか思ってませんでした(ノ∀`)どうなんでしょうね、また改めてご朱印をもらいに行きたいと思っていますので、その時に明らかになる・・・かも!?
日本の洋館の、特に和洋折衷なヤツが一番素敵だと思いますよ。純粋な洋館という事になると、海外旅行したほうが良いって話になっちゃいますもんねぇ。はぁ~っ国立博物館、行きたいですわ~。東京は遠い・・。


玉坂めぐる 
やっぱ見栄えがいいのは、石造りだけど、木造洋館もいいもんだよね。新しい教育制度ができたときに学校はとりあえず木造洋館でつくったってイメージ。郵便局とか会社とか新しいものはとりあえず洋館でつくろうって、大工さんも大変だっただろうね。
東京国立博物館のあの大階段、いろんな映画やドラマに出てるよね。国会議事堂とか裁判所とか、いろんな設定ででてくるんだよー。「顔」撮った場所はすぐわかる(^^)ニヤニヤ。

あの〜
広報ミヨっちゃん
あと、阪急百貨店の上のオフィスビル
「梅田阪急ビル」でも
ロケやってましたよ。


サムライ銅像研究会
 こんばんわ。
 銀行だけあって重厚なドアですね。要塞みたい。冒頭の鳥居の画像も気になりました。鳥居の上にさらに櫓を組んで提灯を並べてる光景は初めて見ました。関東ではみたことありません。

 国立博物館は年に数回行きますが、人気ドラマのロケ地とは知りませんでした。和洋折衷なので完全な洋館風とはいきませんが、階段脇のステンドグラスがきれいですよ。また敷地内の東洋館がリニューアルオープンしたばかりで面白いです。半日くらい過ごせます。ご案内したいくらい。


あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そうなんですよ、まあまた行く機会もあるでしょうから、
その時こそは、中に入ってみようと思いますよっ。
銀行ってそういうイメージありますよね~。
小判じゃなくて、紙幣になったのも大きいのかな。
だって、木造より石造りのほうが燃えにくそうだし。

ググると半沢のロケ地がまとまってるサイトとかあるので、
次に東京へ行くときの参考にしても良いかもしれないですよ♪


misachi68
洋館いいですね〜
次回はぜひ中に入ってみたいですよね。
で、窓口で両替などお願いしてみたり・・・

そういえば、金沢にも残ってる洋館って
もともと銀行の建物だったりします。
銀行って堅牢で重厚な洋風の建物を
つくるのが流行ってたのかもね。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

木造の学校だと二宮尊徳像も似合うよね。
洋館の、当時の大工さんの「柔軟に対応してみました」的なところを見るのが大好きです。装飾の、これは欄間の技術を転用したのでは・・ってところとか。
そうか、東京国立博物館は「顔」ロケ地でもあるねw
そうだ、そうだったww
2013/09/16(Mon) 16:56 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
広報ミヨッさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そうなんだぁ、特に大阪編はあけぼうですら「ん?ここは・・・」と思う所がちょくちょく出てきましたから、ましてや地元の人ならなおさらでしょうね。はっ、ミヨッさん、もしやロケ現場に遭遇したとか?
2013/09/16(Mon) 16:48 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
サムライ銅像研究会さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

神社の鳥居の画像、さすが目の付け所が違いますね、あけぼうは単に「祭りでもやってるのかな?」くらいにしか思ってませんでした(ノ∀`)どうなんでしょうね、また改めてご朱印をもらいに行きたいと思っていますので、その時に明らかになる・・・かも!?
日本の洋館の、特に和洋折衷なヤツが一番素敵だと思いますよ。純粋な洋館という事になると、海外旅行したほうが良いって話になっちゃいますもんねぇ。はぁ~っ国立博物館、行きたいですわ~。東京は遠い・・。
2013/09/16(Mon) 16:47 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
やっぱ見栄えがいいのは、石造りだけど、木造洋館もいいもんだよね。新しい教育制度ができたときに学校はとりあえず木造洋館でつくったってイメージ。郵便局とか会社とか新しいものはとりあえず洋館でつくろうって、大工さんも大変だっただろうね。
東京国立博物館のあの大階段、いろんな映画やドラマに出てるよね。国会議事堂とか裁判所とか、いろんな設定ででてくるんだよー。「顔」撮った場所はすぐわかる(^^)ニヤニヤ。
2013/09/14(Sat) 08:23 | URL  | 玉坂めぐる  #WCSj23LI[ 編集]
あの〜
あと、阪急百貨店の上のオフィスビル
「梅田阪急ビル」でも
ロケやってましたよ。
2013/09/14(Sat) 03:01 | URL  | 広報ミヨっちゃん #-[ 編集]
 こんばんわ。
 銀行だけあって重厚なドアですね。要塞みたい。冒頭の鳥居の画像も気になりました。鳥居の上にさらに櫓を組んで提灯を並べてる光景は初めて見ました。関東ではみたことありません。

 国立博物館は年に数回行きますが、人気ドラマのロケ地とは知りませんでした。和洋折衷なので完全な洋館風とはいきませんが、階段脇のステンドグラスがきれいですよ。また敷地内の東洋館がリニューアルオープンしたばかりで面白いです。半日くらい過ごせます。ご案内したいくらい。
2013/09/13(Fri) 19:22 | URL  | サムライ銅像研究会 #-[ 編集]
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そうなんですよ、まあまた行く機会もあるでしょうから、
その時こそは、中に入ってみようと思いますよっ。
銀行ってそういうイメージありますよね~。
小判じゃなくて、紙幣になったのも大きいのかな。
だって、木造より石造りのほうが燃えにくそうだし。

ググると半沢のロケ地がまとまってるサイトとかあるので、
次に東京へ行くときの参考にしても良いかもしれないですよ♪
2013/09/13(Fri) 16:49 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
洋館いいですね〜
次回はぜひ中に入ってみたいですよね。
で、窓口で両替などお願いしてみたり・・・

そういえば、金沢にも残ってる洋館って
もともと銀行の建物だったりします。
銀行って堅牢で重厚な洋風の建物を
つくるのが流行ってたのかもね。
2013/09/13(Fri) 13:59 | URL  | misachi68 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック