崇徳上皇の足跡をめぐる続編 内裏泉

うどん県に来ています。
崇徳上皇ゆかりの地を巡っています。

内裏泉 (1)

来た道を戻ってる感じです。
今度は内裏泉というところへ向かってみます。

内裏泉 (2)

すぐ、見つかりました。
普通の民家の間にちょこっとスペースがあって、そこに看板が立ってます。
前々回の椀塚も、民家の敷地(畑)に入り込んじゃうような感じだったので、驚く事はありませんw
位置的には、前回の鼓岡神社の擬古堂の下くらいになるのかな。
あれは古墳のカタチでいうと、段々の2段目にあたる位置に建ってますから、結構下のほうにあるってことになります。

内裏泉 (3)

暑くて、カゲになっていて、水がある。
こういうところは、蛇とか蚊がいそうでちょっと苦手・・・。

内裏泉 (4)
(クリックで拡大できます)

内裏泉 (5) 

しょっちゅう水不足になってるイメージのうどん県ですが、こういう場所もあると。

内裏泉 (6)

今も水はある・・・みたい・・・だけど・・・。
こんなかんじで全然見えません(;・∀・)
小さな水草みたいなのがびっしりで、抹茶みたいなことになってますw
緑の部分は紙でいうとA3くらいかな。
井戸と聞いてイメージする大きさより、ちょっと小さいです。

よし、そろそろこのへんで撤収だ。
そんなこんなで、今回のうどん県での崇徳上皇ゆかりの地は終了です。
細かく言うとまだまだあるけれど、前回と今回とで、坂出市内のめぼしい所はだいたい巡ったかと。
あとは、ちょっと別の場所にあるので、それはまた今度の機会に。


来た道をまた戻っていきます。 

内裏泉 (7) 

わんわん!(あやしい奴ッッ) 

内裏泉 (8)

わんわんわんわん!!!(お前ら四国のモンじゃねーなッ!?)


暑すぎてリアクションをとる気力がおきないですw
犬くん、すまぬw


内裏泉 (9) 

ほへぇ。ι(´Д`υ)アツィー
この坂を車を停めさせてもらってる城山神社までのぼっていきまーす。
真夏の坂道って通常の3倍くらい疲れるね。



しかしご朱印はまだ一つもゲットしてないので、近場でどこか彷徨ってみたいと思います。つづく。

ブログランキング・にほんブログ村へ 

多忙につき、なかなか皆様のところへ訪問できません。(m´・ω・`)m
関連記事

テーマ : 日帰りお出かけ
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

内裏って、確かにそうだねぇ。
あまり使わないよね。
確かに今の御所は結局は江戸城だし。
なんというかこう、平べったくて広い建物じゃないと似合わないかも。

雲井御所に行った時も「そうか【御所】なんだ・・」と思ったけど。
そのあたりは、隠岐とかに行って後醍醐天皇が住んだ場所が
どういう呼び方をされてるか、確かめたくなってくるよね。
そこにも内裏泉があるかもしれないよね。

misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

いやぁ下手するとこのまま放置しかねないんで、
奮起して更新してみました。
眼精疲労がとんでもないことになっておりまふ・・・。
(でもちゃんと半沢だけはみてるよ!w)

一応観光地…なんだけども、
あけぼう達のほかには全然いなかったです(;^ω^)
大河ドラマの影響も、途切れちゃったかw(早くも)

関係ないけど、井戸ってなんか怖いんですよねぇ~。
井戸が出てくる話って怖い話ばっかじゃないですか。
それが刷り込まれてるせいか、
昔から井戸のそばって落ち着かないんですよねw
だから水草を触ってみようとか
木の枝でつついてみようとかいう気にもならずw
中途半端なレポになってしまいました(;^ω^A

お内裏様のお内裏泉なんですね。
もう内裏は追われて離れてるけど、でも内裏様なんだな。
そういえば「お内裏様」って
お雛祭りのときしか使わない言葉になりました。
やっぱ京都御所じゃないと感じ出ないのかな。

お、多忙な中記事アップお疲れさまです。
崇徳上皇の内裏泉って小さいんだね。
枯れない井戸だけど、
観光客が訪れる場所なら、あの水草はなんか処理できないのかと思うよね(;゚∀゚)
ま、目が見えなくなるって伝説もあるし、飲んじゃだめだからいいのか。

それにしても、こんな小さな井戸も、上皇の縁の物として、
平安時代から大切にしてるなんて、
うどん県の方々は上皇を慕ってたんだなぁ。

プロフィール

あけぼう

Author:あけぼう
性 別:女(毒)
血液型:A型
住 居:広島県
特 徴:ご朱印女子...
近 況:
Instagram(別名)

最新記事
過去記事の検索はこちら
☆カテゴリ☆
コメントありがとうございます
Comments<>+-
Trackback <> + -
リンク(遊びに行ってね)
RSSリンクの表示
あけぼうの木
FC2カウンター
フリーエリア