崇徳天皇の足跡を巡る続編(ところてん・リベンジ)

皆さま覚えておいでか分かりませんが、以前 ☆この記事☆ で、あけぼう達はうどん県へ行き「崇徳上皇」関係の史跡をめぐりました。

その時ところてんを食べようとしましたよね⇒ ☆この記事☆

八十八 (13) 
(クリックで拡大)

しかし訪れたのは冬・・・我々はリベンジを誓いました。

そして、夏っ・・・到来☆
その時がやってきました。
いつ行くか?今でしょ!とばかりに、うどん県へと向かいましたよ。

八十八ところてん (1) 

開いてる、店開いてるwwww

八十八ところてん (2) 

ここがどういう場所なのか・・・崇徳天皇とどういう関係があるのかは、前記事を読んでいただくとして。

八十八ところてん (3) 

やっぱ、有名なんですね。お客さんが結構いる。

八十八ところてん (7) 

本当に、ところてんだけです。

八十八ところてん (4) 

昔ながらのところてんです。にゅ~っ。
田舎でも昔はテン草から、ところてんを作ってました~。なつかしーわー。

八十八ところてん (5) 

ちゅるんっ。

八十八ところてん (6) 

我々は、黒蜜と酢醤油を1つずつ頼んで、半分ずつ食べることにしました。
馴染み深いのは圧倒的に酢醤油でカラシをきかせて食べる食べ方です。
関西で黒蜜で食べると知った時は衝撃でした。
意味が分からない・・・・・・:(;゙゚'ω゚'): とまで思ったもんですよ。
なんでかっていうと、家で作って食べる手作りのところてんは、かなり海藻っぽさを残してまして・・・海藻に黒蜜って絶対合わないよ~っ、と思っていました。
しかし、上のメニューを見ると、尾張風は「さとう酢醤油」と書いてますね。これは全く知りませんでした。甘酸っぱくして食べるわけですか。想像がつかないわー。

さすがにここのところてんは、さすがに全く天草の海藻的な臭みが無くて、黒蜜とも、酢醤油とも合ってて美味しかった~。でもやっぱり食べ慣れた酢醤油の方に軍配をあげるかなw

八十八ところてん (8) 

ところてんを食べながら、八十場の泉の風景。

八十八ところてん (9) 

水をさわったら、さすが!とっても冷たかったです。 気持ち良かった☆

さて。
勿論これで帰るわけではありません。
前回来た時には、立ち寄れなかった「崇徳上皇」ゆかりの地。
今回は、残りを訪ねてみようと思います。

つづく~。

ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

テーマ : 日帰りお出かけ
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

名古屋はやっぱり異質な食文化ですよね~。
まさかところてんにまで、尾張流があるとは…。
しかし例えばお店でところてんを頼んだ時に
一本箸で出された日にゃあ、
ぜったいお客来なくなると思うw

よきちのひろさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

おおっ、レオ赤ちゃんとのふれあい、良いですね~。
肉食のレオ王子やココアちゃんには
絶対たべられない「おやつ」ですね(・∀・)

東京そだちの身としては、やっぱ甘いトコロテンはまだまだ違和感ありますね。関西暮らしの8年間も甘い方は食べなかったです。(^^)さらに尾張流、知らなんだ。
ときどき「ところてんは一本箸でたべろ」というお作法を主張する人がいますが、あれはなんの罰ゲームなんでしょう。絶対やりたくありません。
さて崇徳院追悼の旅アゲイン、ですか。いいですね。
楽しみです☆

ぴりかあけぼう・おはようございます

連日のように、ココアちゃんやよい子と遊んでいて、
久しぶりに安芸を覗けば、トコロテンのツルリンコでした。
私の時代は「ヒトツキ5円」・・
カルピスやラムネと同じ夏の風物詩なのであります。
ごちそうさまでした。

あの~話は飛びますがzooボランチの役得で??
先月末誕生のレオ赤ちゃんを見てきました。
その可愛さ・・自然はすばらしいと感激しました。
ココアちゃんも元気、ピリカによろしくと申しておりました。 

サムライ銅像研究会さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

八十場の霊水が近くにあるので、天然のクーラーになっていて、非常に心地よいそよ風が吹いてましたよ。
ところてんを食べるシチュエーションとしては、バッチリでしたよ~☆
あけぼうの住むあたりは、あまり名古屋人と遭遇することがないので、一度ホントにそうなのか聞いてみたいところです。
砂糖=高価、ですから関西や名古屋はやはりお金持ち・・・ってことなのかも。

きぼう丸さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

ぐふふw
かならずリベンジしようと思っていましたよw

きぼう丸さんも、酢醤油派ですか!友よ☆
東京でも最近までそんなかんじだとは。
関係ないけど最近のキラキラネームの中には
「心太」って名前もあるらしいですねw
読みはもちろん違うみたいだけど・・・。

広報ミヨッさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

もとのところてんの味が無いようなもんなので
赤味噌もありといえばありかもw
あのへんの赤味噌関係の食べ物は、
最初は美味しいんですが、すぐに飽きてしまいます。
赤味噌ラガーも一杯目は美味ーい!
二杯目からはどうでもよくなるというパターンに
なりそうな予感がする・・・。

ピー助さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

酢醤油派ですか~。
砂糖が無いと、スイーツとは言えない気もしますね。
でも「おやつ」ですよね。
今回、わりと久々にところてんを食べたんですけど、
やっぱり夏はこういうのがいいですよ☆

ついにリベンジできましたね(*´∀`*)
味も4つもあってすごいじゃないですか!?
さとう酢醤油だなんて聞いたこと無いよ〜
やっぱ、黒蜜はくずきり風なんだね。
食べてみたいです。
自分で砂糖酢醤油で食べてみようかなぁ。

 こんにちわ。
 私もところてんは酢醤油か黒蜜と思っていたので「名古屋風」にびっくり!!でもおいしそう。
 念願のところてんを制覇できてよう御座いました。やはり風鈴や蝉時雨を聞きながら、縁側で食べたいものですね。

食べ物の恨みって・・・すげ〜って思いましたw
あたしも酢醤油にカラシでが好き!

何年か前まで隣りが駄菓子屋で
おばちゃんが夏前になると天草を干して
手作りで心太を作っていました。
干されると生臭くって・・・www

あまい、からい、すっぱい、
しょっぱいとかの
組み合わせって、ほんまに
好みもわかれるし微妙ですね。
しかし尾張なら
赤味噌とかも
あってもいいかもしれませんねw
あのへんには、ビールでも
赤味噌ラガーっていう
ビールがあるんですよw

あれから半年・・・

あけぼうさん こんばんは!v-283

ところてんは涼しげでいいですね~

あれってやはり・・・スイーツの部類なのでしょうか?

おかずにはなりませんよね~

ピー助は酢醤油が好きです。

明日もご安全に!v-222v-512
プロフィール

あけぼう

Author:あけぼう
性 別:女(毒)
血液型:A型
住 居:広島県
特 徴:ご朱印女子...
近 況:
Instagram(別名)

最新記事
過去記事の検索はこちら
☆カテゴリ☆
コメントありがとうございます
Comments<>+-
Trackback <> + -
リンク(遊びに行ってね)
RSSリンクの表示
あけぼうの木
FC2カウンター
フリーエリア