おでかけブログ。その他、日々のおバカな出来事・読書感想などを、つらつらと。



最近「食客」が気になっていて・・・。
強気なニートのようでもあり、ある種ノマドワーカーみたいでもあり・・・。
その時忙しくて疲れてたせいもあるかもしれないけど、なんかすごく羨ましくなったw
(突如わきあがるニート願望・・・)

でも、実際はどうなんだろう?
自分で有力者に「才能」を売り込むわけだけど、その「才能」はどうやって量るんだろう?
食客になれたとして、どういう扱いをうけるんだろう?
どんな部屋(客舎)に住まわせてもらえるのか。
やっぱ角部屋wは序列が上の人が住むんだろうか?

食客て言葉は前から知ってたけど、実態はどんなものなのか、謎めいてる・・・
なにか、食客について書かれてる読みやすい本は、ないかな?

そう思って調べたらありました。この本。
古代中国・春秋戦国時代。
司馬遷の「史記」をベースに食客たちの事が描かれてます。

読んでると、もうシーソーゲームのようなんですよね。

主人は食客たちに選ばれないといけないから、とにかく礼を重んじて、こうべを低く垂れる。
対して食客は「おれは凄いんだぞ」ということをアピールしないといけないから、こう、非常に高飛車な態度だったりするんですね。そういう態度に出ることで、自分が仕えるに値する人間かどうかも試してるわけです。

逆に主人のほうは自分が試されてるってことはわかってます。
もし食客たちに「こいつダメだ」と思われて他所へ行かれちゃうと、その先々で「あいつは大したことのないやつだ」と喧伝される恐れもある。(それは戦国時代、下手をすると命取りになることも・・・)
だからもう、とにかく低姿勢。
しかし、主人が低く、食客が高く・・・一見そう見えても、立場としてはやはり食客はある種の「物乞い」でもあるわけで。食客が集まることで世間の評判が高まるのは主人なわけで。このシーソーには裏表あるわけです。そこがなんだか面白い。

食客にも、やっぱり序列があって多くの食客を抱えているところは、食客の中から食客たちを束ねる「舎長」がいるんだよ。大勢を相手しきれない主人に代わって、食客の面接をすることもあるんだよ。

出てくる人物はたくさんいるけど有名どころでは「劉備」
(この人選は意外だった)
あと「平原君」「信陵君」が割と多くを占めてました。
「食客三千」と言われる公子のおふたりなので、食客エピソードに事欠かないです。
范雎・蔡沢とか、白起将軍とか、漫画「キングダム」を楽しく読んでる人なら、あ、これ、名前に見覚えがあるぞ~、という人名もチラホラ出てきます☆

ちなみにこの本には「日本篇」もあるみたいです。
そもそも作者が「食客」に興味を持ったのは、受験の時に、東京の親戚の家に居候したとき(食客体験)の哀しみがベースになってるらしく・・・読んでると、
「いや、何もアンタ、そこまで傷つかなくても(;^ω^A」
と思ってしまうような内容でもあり、しかし一方で
「あーでも分かる。分かるわー(;´Д`)」と共感する部分もあって。
なんでかというと、あけぼうも3歳の時、1か月ほど祖父母のところへ、一人で預けられてた経験がありまして。血のつながりがあり、孫だから可愛がってもらってるといっても、幼児ながらに「遠慮の心」が芽生えましたよ・・・。
むしろ作者みたいに高校生くらいで体験すると、もっと色々「見えたり」「分かったり」してしまうから、よけいに傷つく事も多かったのかもなあ・・・。
とにかく繊細微妙な問題ですよ。食を他人に握られるっつーのは。
そこに考えが落ち着くと、それまで突如わきあがってたニート願望もしぼむよねー・・・w
しょうがないな、働くか。

しかし、確かにそういえば日本にも明治には「食客」いましたよね。書生とか言ってね。
中国の食客と、日本の食客はどう違うのかとか、いろいろ気になります。
日本篇も、またの機会に読んでみたいと思いますよ☆



  


ブログランキング・にほんブログ村へ  
関連記事
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

【2013/07/30 18:26】 | 読書感想
【タグ】 読書    感想  食客  
トラックバック(0) |


あけぼう
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

食客は「お前にアドバイスしてやる」的な態度ですもんねw
扶養の話、確かに、野口英世の伝記とか読んだりすると(子供用のやつ)地元のお金持ちが進学させてくれたりしてたような気がする。日本も昔はそういうとこあったよね・・・。

あけぼうは長女でして、英国王室的に言えばw継承権第2位の子どもなので、すんげぇ可愛がられたんですけど、なんせ、子どもの舌なので島の祖父母宅の食卓にのぼりがちな「煮しめ」「魚のあら煮」「ぬた」などの、茶色っぽい料理の日々はキツかったのでございますw でも「これヤダ~、あけぼうグラタンが食べたい」なんて、お婆ちゃんにとても言えやしななかったんでございます。両親からの呪縛のことは一切覚えてませんが、あったのかもしれないですね。いや、きっとあったんでしょう(;^ω^A 


あけぼう
小々次郎さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

あ、でもそういえばこの本に、
明治になってやってきた中国人が、
大昔に中国ではとっくに廃れた「仁義」が
日本で生きてることを知って
超びっくりしたっていう話が書いてましたわ~。

あけぼうは、妙に幼児期の記憶残ってるんですよ。
逆に3年くらい前の事とか
ほとんど覚えてないんですけど(;´∀`)


玉坂めぐる 
居候、三杯目にはそっと出し・・・。
でも食客は、もっと堂々としてそうですね。
貧富の差がある社会では一人で何人も食べさせてるという構造が、普通にあるようですよね。フィリピンの島の話とか聞くとそういうの今もいっぱいあるようでした。血のつながりがあるなら、もう当然扶養。なくても地縁があれば扶養。それ以外の場合は自分の才能を理由にするのかな。。。
この本、面白そう。読んでみたくなりました。
それにしても3歳あけぼうちゃん。お姉ちゃんって感じ。しっかりしてたんだね。遠慮の記憶か。。。心細かったのかな。たしかに3~4歳の小さいお客さんってすごく遠慮する子はめちゃめちゃ遠慮します。親の事前の「迷惑かけない」「わがまましない」の呪縛がギンギンに効いてるのかな。
玉坂は下の子で、その役は姉がやってました。私は遠慮しないでバクバク食べて気持ち悪くなるような子でした。姉は私のそういう部分を本気で嫌がっていたと思います。


小々次郎
なんか戦後の博徒の世界のようですが
一宿一飯の恩義とまではいかない感じですかね
当然裏切りとかもあるでしょうし 任侠道の方が上な気もします
それにしても3才の時の記憶をハッキリ覚えてるのがすごい
よっぽど気をつかったんでしょうね 気の毒です(涙)


あけぼう
さいごうさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そうですね、超・極端な例をいうと「火垂るの墓」ですね( ;∀;)
あれも親戚の家だけど、だんだん食において差別されていきますよね。

食=生なので、食客たちは命がけなんですよね。
読んでると、んもうグイグイ綱引きやってる感じの心理戦が繰り広げられてて面白いです。逆に、まだ未読の「日本篇」ですが、なんか同じ食客でも「しみったれた感じ」になってそうで、ちょっと心配。amazonの評価はまあまあなんで、杞憂だと思うんですけどね。


あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

昨日のは一日限定・高杉祭りテンプレだったのだけど、
元のに戻すのもつまんないから変えちゃいました☆( ´艸`)

食客は自分の能力を売り込んで、
「いざ!」って時、役に立ったり助言したりして
主人のブレーンみたいになる人たちなんだけど、
当時は人気取りの一面もあって、たいした実力なくても、
うまいこと紛れ込んだりしちゃう人もいたみたいw
で、主人がやばくなったり、コイツだめだってなると
すぐよそへ乗り換えちゃうw
もちろん最後まで主人と命運を共にする人もいるんだけどね。


さいごう
食客…
なんかよくわかんない制度だなぁ~用心棒とはまた違うようだし…
と思っていましたが、そういう感じなのですね!
面白いですね~こんな本があるなんて。僕も読んでみたいです(*´∇`*)
食客体験の作者の心情もちょっと気になります。どんな感じなんだろう…


misachi68
へぇ〜そういうの知らなかった〜
しかし、書生はわかる。うん、居候だよね。
ちょっと羨ましい身分だけれど、やっぱりよっぽど自分に自信がないと
エラそうになんてできないよ。

それにしても、テンプレートが頻繁に変わりますな(*´∀`*)
昨日のサムライも良かったけど。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

食客は「お前にアドバイスしてやる」的な態度ですもんねw
扶養の話、確かに、野口英世の伝記とか読んだりすると(子供用のやつ)地元のお金持ちが進学させてくれたりしてたような気がする。日本も昔はそういうとこあったよね・・・。

あけぼうは長女でして、英国王室的に言えばw継承権第2位の子どもなので、すんげぇ可愛がられたんですけど、なんせ、子どもの舌なので島の祖父母宅の食卓にのぼりがちな「煮しめ」「魚のあら煮」「ぬた」などの、茶色っぽい料理の日々はキツかったのでございますw でも「これヤダ~、あけぼうグラタンが食べたい」なんて、お婆ちゃんにとても言えやしななかったんでございます。両親からの呪縛のことは一切覚えてませんが、あったのかもしれないですね。いや、きっとあったんでしょう(;^ω^A 
2013/07/31(Wed) 17:40 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
小々次郎さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

あ、でもそういえばこの本に、
明治になってやってきた中国人が、
大昔に中国ではとっくに廃れた「仁義」が
日本で生きてることを知って
超びっくりしたっていう話が書いてましたわ~。

あけぼうは、妙に幼児期の記憶残ってるんですよ。
逆に3年くらい前の事とか
ほとんど覚えてないんですけど(;´∀`)
2013/07/31(Wed) 17:16 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
居候、三杯目にはそっと出し・・・。
でも食客は、もっと堂々としてそうですね。
貧富の差がある社会では一人で何人も食べさせてるという構造が、普通にあるようですよね。フィリピンの島の話とか聞くとそういうの今もいっぱいあるようでした。血のつながりがあるなら、もう当然扶養。なくても地縁があれば扶養。それ以外の場合は自分の才能を理由にするのかな。。。
この本、面白そう。読んでみたくなりました。
それにしても3歳あけぼうちゃん。お姉ちゃんって感じ。しっかりしてたんだね。遠慮の記憶か。。。心細かったのかな。たしかに3~4歳の小さいお客さんってすごく遠慮する子はめちゃめちゃ遠慮します。親の事前の「迷惑かけない」「わがまましない」の呪縛がギンギンに効いてるのかな。
玉坂は下の子で、その役は姉がやってました。私は遠慮しないでバクバク食べて気持ち悪くなるような子でした。姉は私のそういう部分を本気で嫌がっていたと思います。
2013/07/31(Wed) 12:56 | URL  | 玉坂めぐる  #WCSj23LI[ 編集]
なんか戦後の博徒の世界のようですが
一宿一飯の恩義とまではいかない感じですかね
当然裏切りとかもあるでしょうし 任侠道の方が上な気もします
それにしても3才の時の記憶をハッキリ覚えてるのがすごい
よっぽど気をつかったんでしょうね 気の毒です(涙)
2013/07/31(Wed) 11:14 | URL  | 小々次郎 #-[ 編集]
さいごうさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そうですね、超・極端な例をいうと「火垂るの墓」ですね( ;∀;)
あれも親戚の家だけど、だんだん食において差別されていきますよね。

食=生なので、食客たちは命がけなんですよね。
読んでると、んもうグイグイ綱引きやってる感じの心理戦が繰り広げられてて面白いです。逆に、まだ未読の「日本篇」ですが、なんか同じ食客でも「しみったれた感じ」になってそうで、ちょっと心配。amazonの評価はまあまあなんで、杞憂だと思うんですけどね。
2013/07/31(Wed) 09:57 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

昨日のは一日限定・高杉祭りテンプレだったのだけど、
元のに戻すのもつまんないから変えちゃいました☆( ´艸`)

食客は自分の能力を売り込んで、
「いざ!」って時、役に立ったり助言したりして
主人のブレーンみたいになる人たちなんだけど、
当時は人気取りの一面もあって、たいした実力なくても、
うまいこと紛れ込んだりしちゃう人もいたみたいw
で、主人がやばくなったり、コイツだめだってなると
すぐよそへ乗り換えちゃうw
もちろん最後まで主人と命運を共にする人もいるんだけどね。
2013/07/31(Wed) 09:47 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
食客…
なんかよくわかんない制度だなぁ~用心棒とはまた違うようだし…
と思っていましたが、そういう感じなのですね!
面白いですね~こんな本があるなんて。僕も読んでみたいです(*´∇`*)
食客体験の作者の心情もちょっと気になります。どんな感じなんだろう…
2013/07/30(Tue) 19:38 | URL  | さいごう #-[ 編集]
へぇ〜そういうの知らなかった〜
しかし、書生はわかる。うん、居候だよね。
ちょっと羨ましい身分だけれど、やっぱりよっぽど自分に自信がないと
エラそうになんてできないよ。

それにしても、テンプレートが頻繁に変わりますな(*´∀`*)
昨日のサムライも良かったけど。
2013/07/30(Tue) 19:26 | URL  | misachi68 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック