おでかけブログ。その他、日々のおバカな出来事・読書感想などを、つらつらと。
下関の赤間神宮に来ています。つづきです。

あかま (11)

水天門をくぐって進むと、ちょっと見慣れない雰囲気の狛犬・・・?

あかま (12)

たてがみが、えらいカーリーです。装飾もなんかちょっと洋風だし・・・。

あかま (13)

と思ったら、これは獅子なんですか。
どおりでちょっとエキゾチックだと思った(´∀`)

あかま (14)

これが、母獅子に押さえられてる子獅子ですw 
よっぽどヤンチャな子なんでしょうね~。
放っておいたら、そこらじゅうを走り回って社殿は壊すし、鳥居には登ろうとするし、参拝客にもまとわりついちゃうし、じゃれてるつもりで、カジっちゃうかもしれない・・・・。
お母さん押さえといてー

あかま (15)

「こら!じっとしとき!」って。
ふぎゅっってww
尻尾がキュートです(pq♥∀♥`)

あかま (16)

で、社殿へ進みたいと思います。

あかま (17)

ぐるりと回廊があって、いわゆるフツーの神社とはちょっと変わった造りです。
写真は小さくて見えないかもしれませんが、左右に池のように水が張られていて(水深は無くて薄いですが)、そこに、今雨が降っているから沢山の水紋ができてます。
いかにも平安貴族の館っぽい感じ。

あかま (18)

手前に、こちらはちゃんと「狛犬」さんです。
渋いメタリックなかんじに仕上げてもかっこよくなりそう。

あかま (19)

水天供養塔。
その奥に・・・というか隅っこに・・・

あかま (20)

小さいお社ですが「七盛宮」って書いてます。
これって・・・盛盛した名前の「あの一族」の・・・・( ゚д゚)
念入りに参拝しておきました。

あかま (21)

そして反対側には「平家一門之墓」が。

前列
左近衛少将有盛(ありもり)
左近衛中将清経(きよつね)
右近衛中将資盛(すけもり)
副将能登守教経(のりつね)
参議修理大夫経盛(つねもり)
大将中納言知盛(とももり)
参議中納言教盛(のりもり)

後列
伊賀平内左衛門家長
上総五郎兵衛忠光
飛騨三郎左衛門景経
飛騨四郎兵衛景俊
越中次郎兵衛盛継
丹後守侍従忠房
従二位尼時子

前列の人達のお名前から「七盛塚」とも呼ばれるそうですよ。

あかま (23)

お墓がある一画は、こうして塀で囲われてます。

あかま (22)

ちょっと怖いけど、チラッと撮影してみました。
それぞれがジェットコースターのような人生だったと思うけど、どうか安らかに。


つづく。
ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事


追記を閉じる▲
あかま (12)

たてがみが、えらいカーリーです。装飾もなんかちょっと洋風だし・・・。

あかま (13)

と思ったら、これは獅子なんですか。
どおりでちょっとエキゾチックだと思った(´∀`)

あかま (14)

これが、母獅子に押さえられてる子獅子ですw 
よっぽどヤンチャな子なんでしょうね~。
放っておいたら、そこらじゅうを走り回って社殿は壊すし、鳥居には登ろうとするし、参拝客にもまとわりついちゃうし、じゃれてるつもりで、カジっちゃうかもしれない・・・・。
お母さん押さえといてー

あかま (15)

「こら!じっとしとき!」って。
ふぎゅっってww
尻尾がキュートです(pq♥∀♥`)

あかま (16)

で、社殿へ進みたいと思います。

あかま (17)

ぐるりと回廊があって、いわゆるフツーの神社とはちょっと変わった造りです。
写真は小さくて見えないかもしれませんが、左右に池のように水が張られていて(水深は無くて薄いですが)、そこに、今雨が降っているから沢山の水紋ができてます。
いかにも平安貴族の館っぽい感じ。

あかま (18)

手前に、こちらはちゃんと「狛犬」さんです。
渋いメタリックなかんじに仕上げてもかっこよくなりそう。

あかま (19)

水天供養塔。
その奥に・・・というか隅っこに・・・

あかま (20)

小さいお社ですが「七盛宮」って書いてます。
これって・・・盛盛した名前の「あの一族」の・・・・( ゚д゚)
念入りに参拝しておきました。

あかま (21)

そして反対側には「平家一門之墓」が。

前列
左近衛少将有盛(ありもり)
左近衛中将清経(きよつね)
右近衛中将資盛(すけもり)
副将能登守教経(のりつね)
参議修理大夫経盛(つねもり)
大将中納言知盛(とももり)
参議中納言教盛(のりもり)

後列
伊賀平内左衛門家長
上総五郎兵衛忠光
飛騨三郎左衛門景経
飛騨四郎兵衛景俊
越中次郎兵衛盛継
丹後守侍従忠房
従二位尼時子

前列の人達のお名前から「七盛塚」とも呼ばれるそうですよ。

あかま (23)

お墓がある一画は、こうして塀で囲われてます。

あかま (22)

ちょっと怖いけど、チラッと撮影してみました。
それぞれがジェットコースターのような人生だったと思うけど、どうか安らかに。


つづく。
ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

FC2blog テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

【2013/07/18 17:20】 | 下関
トラックバック(0) |


あけぼう
きぼう丸さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

でしょでしょー子獅子(pq♥∀♥`)
平家一門のお墓は実際に見ると
何とも言えない気持ちになるよー。
都でブイブイいわせてた人たちが、
今はここに・・・っていう。
ホント、諸行無常を感じたよ~。


きぼう丸
この狛犬さん、めちゃ愛嬌のあるお顔しておるわ〜。
その上、子獅子の尾っぽきゃわわ♪
平家一門のお墓は寂しげだね。
まあお墓だからね。


あけぼう
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

良い事をコメしてくれました。水天宮。
それについては、ブログ記事で触れ損なっていた(;´∀`)
それがね、不思議なことに中四国で「水天宮」ってそんなにメジャーじゃないんですわ。
というか、あけぼうの知る限り、これという水天宮を全く知りませんもん。
もしかして知らないだけなのかも、とおもってウィキで水天宮を検索してみたけど、やっぱり主だった水天宮のリストにビックリするくらい中四国の地名がないんだよ。これだけ瀬戸内海のあちこちで激戦を繰り広げて、壇ノ浦で終焉を迎えたって言うのに、不思議・・・。


玉坂めぐる 
さすが平家の町ですね。負けちゃったから歌舞伎でも講談でもずーっと敵役の平家。でも、安徳さんのことは江戸っ子も大好きみたいです。
東京で安産祈願と言えば人形町の水天宮か入谷・雑司ヶ谷の鬼子母神と決まっています。みんな妊娠すると祈願に行く場所です。で、この水天宮が、こちらと同じようにそう「波の下にも都のさぶろうぞ」の水の中の宮殿の意味ですよね、考えてみれば…。でもそれってあんまり知られてないことと思います。かくゆう私も実はわりと最近知って、驚きました。まさかあのお産の水天宮の主人が、あの幼帝さんとは…。どういう流れでそうなったのかな…。ここも安産祈願、あるんでしょうかね。


あけぼう
広報ミヨッさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

うん、さすがに終焉の地だけあってね(;^ω^A
ちょっとしんみりしましたよ。
雨もだけど風まで出てきて、
なんかちょっとドキドキしましたよ。
○盛、いいじゃん☆
強く推奨します( ´∀`)bグッ!

あの〜
広報ミヨっちゃん
平家ファンとしては
ちょっとしんみりと
してしまう旅ですね…
いつか子どもができたら、
○盛って、つけようかしら…


あけぼう
よきちのひろさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

資盛、行盛、有盛なんて
奄美大島へ落ちのびて行ったっていう伝説もあるらしいです。
なので飛騨へ逃げたってのもアリかもしれませんねw
さて真実は・・・
「よみうり」ブログですね?覚えておきますよ。


あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

獅子の親子、笑顔も良いよね☆
回廊の雰囲気は、確かに厳島神社とちょっと似てるよね。
イメージにブレがないねw( ´艸`)



あけぼう
サムライ銅像研究会さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

いえいえ、お墓の所に写っているのは
多分、雨つぶが反射したんじゃないかな・・
きっとそうだ、そうにちがいない・・・(;´∀`)
ちなみに、下関についてからずっと小雨だったんですが
この頃がもっとも雨風が強くなってました・・・。
片手に不安定な折り畳み傘、片手にカメラ、カバンと
動きにくいったらありませんでしたよ~~(;^ω^A
いやはや・・・。

ぴりかあけぼう・おばんでした
よきちのひろ
平氏一門の墓ですが・・・
前列に・・・能登守
後列に・・・飛騨三郎と四郎、越中次郎
我がふるさと飛騨白川村は平家落人説もあります。
地元・飛騨2名、ご近所2名のお名前がありました。
さて・・これはその証明になるのか?
ピリカのご高説を賜りませんでしょうか??
あの~ 黄泉に旅した時は、安徳様によくお聞きして??
「よみうり」ブログに真相を投稿するつもりです。


misachi68
獅子の親子珍しいですね(*´∀`*)
ちょっと笑顔に見えちゃう。
いかつくないし、親しみやすい可愛さ。

回廊みたいになってて池があるのは、
厳島神社の鳥居の満潮時の姿と
共通する雰囲気があるような・・・



サムライ銅像研究会
 こんばんわ。
 赤間神社すばらしい!平安貴族の寝殿造りのような本殿、大陸渡来の狛犬、と日宋貿易を推し進めた平家ならではの神社ですね。いってみたい。ライオンヘアの狛犬は驚きました。
 最後の平家の墓・・真ん中の丸い光がやや不自然。ひょっとして・・オーブ???

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
きぼう丸さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

でしょでしょー子獅子(pq♥∀♥`)
平家一門のお墓は実際に見ると
何とも言えない気持ちになるよー。
都でブイブイいわせてた人たちが、
今はここに・・・っていう。
ホント、諸行無常を感じたよ~。
2013/07/23(Tue) 09:17 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
この狛犬さん、めちゃ愛嬌のあるお顔しておるわ〜。
その上、子獅子の尾っぽきゃわわ♪
平家一門のお墓は寂しげだね。
まあお墓だからね。
2013/07/22(Mon) 01:28 | URL  | きぼう丸 #skMrwbAU[ 編集]
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

良い事をコメしてくれました。水天宮。
それについては、ブログ記事で触れ損なっていた(;´∀`)
それがね、不思議なことに中四国で「水天宮」ってそんなにメジャーじゃないんですわ。
というか、あけぼうの知る限り、これという水天宮を全く知りませんもん。
もしかして知らないだけなのかも、とおもってウィキで水天宮を検索してみたけど、やっぱり主だった水天宮のリストにビックリするくらい中四国の地名がないんだよ。これだけ瀬戸内海のあちこちで激戦を繰り広げて、壇ノ浦で終焉を迎えたって言うのに、不思議・・・。
2013/07/20(Sat) 10:43 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
さすが平家の町ですね。負けちゃったから歌舞伎でも講談でもずーっと敵役の平家。でも、安徳さんのことは江戸っ子も大好きみたいです。
東京で安産祈願と言えば人形町の水天宮か入谷・雑司ヶ谷の鬼子母神と決まっています。みんな妊娠すると祈願に行く場所です。で、この水天宮が、こちらと同じようにそう「波の下にも都のさぶろうぞ」の水の中の宮殿の意味ですよね、考えてみれば…。でもそれってあんまり知られてないことと思います。かくゆう私も実はわりと最近知って、驚きました。まさかあのお産の水天宮の主人が、あの幼帝さんとは…。どういう流れでそうなったのかな…。ここも安産祈願、あるんでしょうかね。
2013/07/19(Fri) 19:16 | URL  | 玉坂めぐる  #WCSj23LI[ 編集]
広報ミヨッさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

うん、さすがに終焉の地だけあってね(;^ω^A
ちょっとしんみりしましたよ。
雨もだけど風まで出てきて、
なんかちょっとドキドキしましたよ。
○盛、いいじゃん☆
強く推奨します( ´∀`)bグッ!
2013/07/19(Fri) 17:06 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
あの〜
平家ファンとしては
ちょっとしんみりと
してしまう旅ですね…
いつか子どもができたら、
○盛って、つけようかしら…
2013/07/19(Fri) 15:12 | URL  | 広報ミヨっちゃん #-[ 編集]
よきちのひろさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

資盛、行盛、有盛なんて
奄美大島へ落ちのびて行ったっていう伝説もあるらしいです。
なので飛騨へ逃げたってのもアリかもしれませんねw
さて真実は・・・
「よみうり」ブログですね?覚えておきますよ。
2013/07/19(Fri) 09:37 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

獅子の親子、笑顔も良いよね☆
回廊の雰囲気は、確かに厳島神社とちょっと似てるよね。
イメージにブレがないねw( ´艸`)
2013/07/19(Fri) 09:34 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
サムライ銅像研究会さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

いえいえ、お墓の所に写っているのは
多分、雨つぶが反射したんじゃないかな・・
きっとそうだ、そうにちがいない・・・(;´∀`)
ちなみに、下関についてからずっと小雨だったんですが
この頃がもっとも雨風が強くなってました・・・。
片手に不安定な折り畳み傘、片手にカメラ、カバンと
動きにくいったらありませんでしたよ~~(;^ω^A
いやはや・・・。
2013/07/19(Fri) 09:28 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
ぴりかあけぼう・おばんでした
平氏一門の墓ですが・・・
前列に・・・能登守
後列に・・・飛騨三郎と四郎、越中次郎
我がふるさと飛騨白川村は平家落人説もあります。
地元・飛騨2名、ご近所2名のお名前がありました。
さて・・これはその証明になるのか?
ピリカのご高説を賜りませんでしょうか??
あの~ 黄泉に旅した時は、安徳様によくお聞きして??
「よみうり」ブログに真相を投稿するつもりです。
2013/07/18(Thu) 22:27 | URL  | よきちのひろ #-[ 編集]
獅子の親子珍しいですね(*´∀`*)
ちょっと笑顔に見えちゃう。
いかつくないし、親しみやすい可愛さ。

回廊みたいになってて池があるのは、
厳島神社の鳥居の満潮時の姿と
共通する雰囲気があるような・・・
2013/07/18(Thu) 20:40 | URL  | misachi68 #-[ 編集]
 こんばんわ。
 赤間神社すばらしい!平安貴族の寝殿造りのような本殿、大陸渡来の狛犬、と日宋貿易を推し進めた平家ならではの神社ですね。いってみたい。ライオンヘアの狛犬は驚きました。
 最後の平家の墓・・真ん中の丸い光がやや不自然。ひょっとして・・オーブ???
2013/07/18(Thu) 20:24 | URL  | サムライ銅像研究会 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック