FC2ブログ
おでかけブログ。神話や妖怪、UMAが好き。その他、日々のふしぎや、おバカな出来事・読書感想などを、つらつらと。
2018年・春の京都。
鞍馬寺の奥の院参道を歩いています。前回からの続きです。

寒いです。(何べんも言いますが)
小雨までも降って来ました。ちょっとへこんでます。

  さぶい 

どれくらい寒いかというと、
長そでインナーの背中にカイロを貼って、
薄手のニットを着て、
首にもスカーフを巻き、
その上にスプリングコートを着ていますが、
全然むり。さむい。
普通にダウンとか着たい寒さ。
せめてユニクロの薄軽ダウンでも持ってくりゃ良かった。

天気予報じゃ、午後から回復してくるはずだったのに、なぜ雨。

なんかの試練なんでしょうか。
魔王尊さまからの試練でしょーか(泣)

ところで、



鞍馬山と言ったら、
ここの写真がまず出てくるくらい、有名じゃないでしょうか。



木の根道。
ガイドブックなどで見る写真の印象だと
奥の院参道のほとんどがこんな感じだと思う人も、中にはいるかも。
実はそこまでじゃなかったりする。
ここまではっきりした木の根道は、一部の区域ってかんじ。
その木の根道を越えると、参道は次第に下り坂になって行きますよ。



根っこに引っかからないように気を付けつつ下ったあたりで、
見えてきました。
大杉権現社です。



ここまでくると、かなりもう足腰に来ております。
わたしはここ数年、下りになると足腰にすぐ痛みが来るので、
ひいひい言いながら歩いてますw



パンフレットによると、このあたりは、「大杉苑瞑想道場」と呼ばれる場所で、
千年近い樹齢を保ち「護法魔王尊影向の杉」として多くの人々の信仰を集める。
と書いてありましたが、
その千年近い樹齢の巨木は昭和の台風で折れており、
今は根から幹の途中までが残されているのみでした。

でもそれ以外にも周辺には大きな杉の木が立ち並んでますから。
不思議なもので、森のセラピー効果~とか、癒し~とか、
そういう雰囲気じゃないんですよね。ここは。
どちらかというと、緊張するような空気感といいますか・・・
これがパワースポットってことなのかな・・・。

お社の中で参拝している最中も、
まるで、上からたくさんの何かに見下ろされてるような感覚でした。
大杉の神様たちかもしれません。
厳しくチェックされてるようでもあり、やさしく見守られてるようでもあり。

この場所の感じは、なかなか伝えづらいかも。
みんな来てみると良いよ。


次回、鞍馬寺ラストです。

ブログランキング・にほんブログ村へ 


追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:寺社巡り - ジャンル:旅行

【2018/06/04 17:52】 | 鞍馬・貴船
【タグ】 京都  旅行  観光    
トラックバック(0) |

Re: No title
あけぼう
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

あったあった、そういうの書いてありましたね。
夜なんて怖すぎる~~~。雰囲気ありすぎ!
ここは印象深いところでした。
前回来た時は、
木の根道を見て満足して戻ってしまったような気がするので、
ここまで来たかどうかは怪しいw
あけぼうにとっても印象深かった場所です。
しかしここの「感じ」は本当に伝えづらい・・・。

No title
玉坂めぐる 
やっぱりここが一番印象深い場所でした。
今も夜通しの修行する人がいるそうで
その折は火の用心お願いします
と書いてあったのを覚えています。
「丑の刻」まいりの人もいるのかな
頭の上に蝋燭乗せるんでしょうか。
呪いの行方も心配ですが、
くれぐれも火の用心でお願いします。

杉の木がいろいろ見ていたのでしょうね。
魔王様も見ているのでしょう。
私も厳しい気持ちになりました。





Re: No title
あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ


うん、根っこはカチカチで踏んづけても大丈夫そうな気もしたけど、色んな靴履いてる人がいるからねえ。やっぱり踏まないほうが良いんだろうけど、毛細血管のように複雑で、踏まないように気を付けながら進むのって結構アタマ使うw ボケ防止にいいかもしれませんw

No title
misachi68
木の根道すごいね。
その看板見なかったら、
私だったら絶対木の根を踏みながら進むと思う。
だって跨ぐのは結構キツイよね。
山道で障害物競争みたいだわ。
植物って案外強いと思うけども。

コメントを閉じる▲
2018年、春。
京都・鞍馬山に来ております。


_c_choju41_0028_s256_choju41_0028_11.png 


本堂から、奥の院参道へと入ってます。前回からの続きです。

奥の院参道へ入ると、
与謝野晶子関係の歌碑やら書斎の建物やらがあるんですが、
わたくし、そっち系にあまりにも興味が無さ過ぎてスルーです。ごめんよ。

で、霊宝殿(鞍馬山博物館)という建物が次に出てきます。
さっそく入館。
ただ、写真NGなんで、載せられるものがなにもないんだけど、
まず1階には自然系。キノコや動植物などの展示があります。
あと、鞍馬山は2億6千万年前の地質を含むということで、
それを示す石などが展示。
この地質の関係は、霊宝殿だけでなく、参道を歩いていても、
ところどころに「この石はホニャララ時代のホニャララ石で~」という
解説が設置してあったりして、
是非、ブラタモリでタモさんに歩いてみてほしいです。
(まだ来てないよね?)

2階は、主に源義経(牛若丸)と鞍馬山について。
ずらっとパネルが並んでます。
鞍馬山(寺)がどういう性格のお寺なのか。
そこに義経を託した母・常盤御前の意図は。
そして山で薫陶を受けた義経のその後の活躍、人生等々…。

  s256_choju45_0026_7.png

一連の解説を読んでいると、個人的な印象なんですけど、
母・常盤御前のイメージがやり手のステージママ風にw
美人がゆえに権力に翻弄された
気の毒な女性ってイメージは実は違うのかも。
タダでは転ばないたくましいお方だったんじゃないか。

それに受入れ側の鞍馬寺も、総力を挙げて牛若丸に教育を施した。
その背景には、近くに存在する超メジャー・比叡山への対抗心も
見え隠れしてるような・・・。
ま、勝手な感想なので。
人によって受ける印象や感想は違うんだと思います。

3階には仏像がどーん。
魔王尊影向の大杉 毘沙門天三尊像(国宝) 聖観音立像(重文)
兜跋毘沙門天立像(重文)・・・と、非常に近くで見ることが出来ます。
こんなに近くで国宝の仏像を見ちゃって大丈夫なのかと、
変にドキドキしちゃうくらい。
さすがでした。見応えありましたよ。

霊宝館は小さな資料館(有料)ですが、仏像の素晴らしさは文句ないし、
お寺のパンフレットがあっさりしすぎて情報が少ない事もあり、
補完的にも見ておいた方が良いかもしれないです。

じゃ、話を参道に戻しますね。



牛若丸が剣術修行中飲んだという「息つぎの水」。

こちらは、



「背比べ石」。
ここで修業して成長した牛若丸は、奥州へ行きますが、
その出発前に名残を惜しんでこの石と背を比べたそうです。
えー源義経、やっぱ背は低そうですね・・・。
印象としては小学5年生くらいのサイズ感かなあ。いや、4年かなあ~。
これって当時じゃ普通でしょうか?それともちょっと低め?



山を歩いててビックリしたのは、
こういう大木がそこらじゅうで倒れてたりすること。
これは山林保全のために必要な伐採なのか、自然現象でこうなってるのか
よく分からなかったけど、なにしろ大木だから倒れてる様子も迫力がすごい。
奥の方も、目視できる範囲は全て深い山。
自分たちの歩く参道以外には、人工物なんてなさそうにみえる。
これが昔なら、尚更すごい雰囲気だったんでしょうね。

この日の天気予報では
午後からは曇りになって降水確率も下がるという話だったのに
山の天気だからか、小雨が降りだして、ますます寒い。
すこしの風が吹いただけでも、
ザワザワとかいうレベルじゃなくて、轟々とした音がする。
それこそ本当に天狗での雄叫びじゃないかというような・・・。

  さぶい 


やっぱり鞍馬山、すごい場所です。
牛若丸。昔の精神年齢と今とじゃ全然違うのは分かってるけど、
今なら【児童】といわれるような年齢の子が
こういう場所で日々鍛錬したっていうのは、すごい。やっぱ厳しい。

鞍馬って地名自体「暗部(くらぶ)」からきたって説があるそうだけど
確かに「陰」というか。つねに翳ってるし(寒いし)
人目を避けるのにふさわしい場所というかんじ。
こういう場所なら、天狗や宇宙人が隠れ住んでもバレないかも。


(クリックして拡大)



木の根道を過ぎると「僧正ガ谷不動尊」にたどり着きます。
ちょうど義経(牛若丸)の話になってるし、
行程としては場所が前後するんだけど、
今回は奥の院参道に点在する義経関係の場所をまとめちゃってます。

ここは鞍馬天狗から義経が兵法を学んだ場所、ということになってます。
前回、本殿金堂の前に尊天様が降り立った場所がありまして、
天狗は古代中国では流星のことだった話を思い出したわけですが、
もしこの地で隕石が落ちた痕とか見つかったら面白いのにね。



それにしてもさ、牛若丸はさあ。

鞍馬寺で教えを受けて、
鬼一法眼(陰陽師)に教えを受けて、
天狗(その正体は金星人かもしれない)に教えを受けて・・・

って、
ある意味、ものすごい教育じゃない?
正当な帝王学というんじゃなくて、ちょっとアウトサイド的な・・・
異能の申し子みたいな人物が完成しそうなんですけど。何だ異能の申し子ってw
牛若丸さんにはそういう体質・素質がもともと備わっていたのか。
それともここら辺りで、アブダクションされちゃったのか。

s256_choju6_0034_5.png  

妄想が広がる現場でございます。ごめんなさい、ちゃんと参拝はしております。

で、期待に応えてイイ感じに成長し、活躍しまくった義経さんですけど
結局お兄さんにつぶされちゃいましたあ・・・。



魂の戻ってくる場所かー。
確かに幼い時暮らしたこの場所って事になるのかもね。



普通はそういう場所は実家とかなのに、その実家から追われたんだもんね。
ちょっと気の毒になってきた(←やっとか。)

以上、現場からあけぼうがお届けしましたー。
まだまだ続くよ。



ブログランキング・にほんブログ村へ 


追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

【2018/05/31 17:28】 | 鞍馬・貴船
【タグ】 京都  旅行  観光    
トラックバック(0) |

Re: No title
あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

ですよね、伐採じゃなさそう。
こんなのがちょくちょくあるんですよ。ホント、異様ですよ。
そうかと思えば、切り株もあったりして、これは伐採かなあと。
で、切りそろえた木が積んである場所もあるんだけど
なにしろあたりに誰も関係者がいないから尋ねる相手もいなくて(^_^;)
なんなのか知りたかったなー。

No title
misachi68
山奥のお寺に国宝ってすごいよね。
いいなぁ。
鞍馬寺行きたくなってきた。

写真の倒木はどうしても伐採した感じには見えないよね。

コメントを閉じる▲
京都・鞍馬寺に来ております。
前回からの続きです、やっと本殿金堂に到着です。

そして、わーいと駆け寄りましたのは、やっぱり虎さん♪



本堂の左右にも阿吽の虎がおられます。
ご本尊・毘沙門天のお使いである神獣。



うーんこのネジネジ、たまらんなあ。



吽のほうも撮影♪



五十音が「あ」から始まり「ん」で終わることから
「阿吽」は、宇宙の全てを包含すると言われているんだとか。
もしやこの、らせん状のネジネジも、宇宙の星々の回転を表現してたりして。



後ろから見ると、意外にこの極端な凹凸によって生れる影で、
なんとなく自然な縞模様に見えてくる・・・気がする。



本殿金堂の前は思っていたよりも広いスペースです。
階段を上って来ただけあって、見下ろせば素晴らしい眺望。
そんな一画に、結界が張り巡らされていて、入れない場所があります。



そこにあったのは、翔雲臺 という石の板です。



尊天様はここに降臨されたらしいです!
ものすごいオーラを放ちながら隕石のように飛来し、
ここから山の向こうに見える京の都を見つめた尊天様のお姿を想像。
なにせ天狗とは、古代中国では流星のことだったと言いますし。
その流星が金星からやってきたとて・・・不思議ではない!?

石じたいは本殿後方から出土したモノらしいですね、
平安時代の経塚の基石で、
その下に収められていたお経は国宝になったとのこと。

宇宙パワー!のくだりでは、
若干あやしい気配が漂いかけてましたが、(←ごめん笑)
一方でガチの国宝がざくざく、ってところが、さすが鞍馬山。
どちらのベクトルにも懐が深いなぁ・・・w

そして、その翔雲臺と本殿金堂のちょうど中間ににあるのがこちら。



「金剛床」といいます。
ここ、パワースポットとして、ホントによく紹介されています。

鞍馬寺HPによりますと、ここは
宇宙のエネルギーである尊天の波動が果てしなく広がる星曼荼羅を模し、
内奥に宇宙の力を蔵する人間が宇宙そのものである尊天と一体化する修行の場
なんだそうです。

もちろん修行しますとも!
中央で「オラに元気を分けてくれ!」ポーズで深呼吸w(←自己流)
なんとなく宇宙パワーを吸収したような気がする。うん。

ちょうどこの日は4月7日ということで、
お釈迦様の誕生日「灌仏会=花祭り」の前日だったので、



甘茶がふるまわれていました。
もちろん仏様にもかけさせていただきましたよ。
なんかちょっと楽しかった。

そして本殿金堂の中を拝観。
内部は写真NG。ここは静かに仏様と向き合う場所です。
真面目に参拝。

お寺のHPによりますと、

宇宙の大霊、尊天のお働きを象徴する千手観音菩薩・毘沙門天王・護法魔王尊(脇侍、役行者・遮那王尊)を奉安する中心道場。御本尊は秘仏で、60年に一度、丙寅の年に開扉されます。本殿の地下は、宝殿で信徒の清浄髪が厳かに祀られています。


と書いてあります。
現場にいた時、なんとなーく建物の構造に違和感を感じてたんですが、
その違和感がなんなのか、ボーっとしてて、いまいちよく分からなくて。
今から思えば、多分、地下宝殿の存在だったんだと思います。
なんか裏の通路とかありそうな雰囲気したもん。
だからって一般人だから入れないけどもw 気になっちゃうのよねー。

ここには授与所もあるので、そこでお守りを買ったり、ご朱印も頂けました。
あと、有料ではあるんですがお寺のパンフレットがあって、それも頂いておきました。
境内が広すぎるし、色々濃いものがありすぎるからなんでしょうけど
ひとつひとつの解説がアッサリしすぎなんですよね。
頂いたパンフレットですら情報足りないです、正直・・・(^_^;)



それにしても宇宙パワーにあてられたせいなのか、よくわかんないんですけど。
本殿金堂の内部で自分が見たことを、こうして書こうと思っても、
なんだか・・・しっかり思い出せないんですよ。
もちろん、その時はシッカリしていたつもりなんですけど。

具体的に言うと、本殿金堂の内陣の詳しいようすが全く思い出せない。
羅網(らもう)というキラキラした金のカーテンのようなものが
手前にかかっていまして、それがきれいだな~…と思っているうちに、
なんだかボーッとしちゃったみたいです。
我ながら珍しいです。恐るべし。これも尊天様の力なのか。





ところで、ご本尊の三位のうち
護法魔王尊が大天狗さまにあたるとも言われていますが。



銀座くらま会が奉納した額の絵。
この天狗様、ちゃんと「銀座くらま」の文字で出来てる!
こういうの大好き。へのへのもへじみたいなやつ。
(自分の名前とかで出来ないか模索中w)



そういえば、ここまであまり天狗様には触れてないような気もするな。

ま、本題はここからでしょ。(多分)



ここから、さらに奥の院参道へ向かいます。
この参道のあちこちに点在するお堂のラストに「魔王殿」が待ってます。
そここそが、最強のパワースポットとも。

ではでは。つづく。


ブログランキング・にほんブログ村へ 


追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:神社・仏閣巡り - ジャンル:旅行

【2018/05/30 18:42】 | 鞍馬・貴船
【タグ】 京都  旅行  観光    
トラックバック(0) |

Re: タイトルなし
あけぼう
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

あけぼうは、もう前に来た時の記憶がほとんどないので、
この結界の存在すら初対面みたいなもんでしたw
でもその頃たしかに「パワースポット」という言葉は無かったw
でも確かに危ない場所でもあるから、安全の意味はあるかもですね。
本殿裏で見つかった石板をそっちへ持ってきたわけだしね。

それにしても本当に内陣の事が思い出せないんですよね。でも他の人のブログを見ていると、霊宝殿でボーっとしてあまり覚えてないとか、人によってポイントは違うけど、ボーッとして覚えてない現象が自分だけでは無い事がわかりました。

翌日が4月8日という花まつりイブだったのは、本当にラッキー。
お山全体が花まつりモードって程ではなかったんですが、建物の前で寺務の方が甘茶をふるまってくれましたし、お釈迦様に甘茶をかける様子をキャピキャピと写真に撮ったりしていても、ニコニコして見守ってくださっていて、なんか嬉しくて、それでポーッとなっちゃったのかもしれませんw
もう少し例年通りの桜の開花時期ならば、もう少し桜も咲いて華やかに見えたのかも。玉さん、次に行くならそこを狙ってっ。あ、でも5月のウエサク祭りも気になりますけどね~。5月29日に開催されたはず。

Re: タイトルなし
あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

面白いんですよー鞍馬寺!
ミサさんの大人としての体面を守れてよかったよw
これはきっと、尊天様のご利益だねw
それにしても小学生から「群馬」の地名がでるとは。
何と混同したのか、全然想像つかないぞw


玉坂めぐる 
あのねあのね。きのせいかもしれないんで、アレなんだけど。。。最初に訪れたときは、その結界の部分立ち入れた気がするのですよ。「パワースポット」って言葉がないころです。でもそんなに大昔じゃないですよ。
んで、その後に訪れたときはパワースポットばやりで、結界が出来てて,真ん中の丸いところに一人ずつ立つために長い行列ができてた。。どうかな記憶違いかな(^^:)だもんで、本来の聖地を大事にする意味もあるけど、舞台状の高いところだから、人の安全や施設の保護のためもあっての結界でもあるのかなーとちょっと思いました。

本殿内でぼんやりする感じ、何かわかります。自分の場合はもともとだいたいいつもぼんやりしてるけど。それでも確かにあんまり思い出せない。興奮してたせいもあるかもだけど・・・。
それにしても「花まつりの鞍馬山」っていい感じですね。神秘ももちろんだけど、絵本や絵巻のような風情も加わりそうです。いいなあ。また行きたいなあ。


misachi68
本当にこのお寺面白い!
ネジネジの虎さんは個性的すぎる。
ソフトクリーム盛り過ぎみたい。

へのへのもへじみたいなやつ、
遊び心があって好きだわ〜〜


今日、小学4年生と話してたら、
彼が『歴史人物辞典』(小学生向けイラスト多し)って本を読み倒してるらしく、
歴史クイズを大人たちに出題していた。
歴史上の人物は誰が好きなの?って聞くと
源義経って答えて、さらに「鞍馬寺で修行してたんだよ」って誇らしげに話す。
じゃ、その鞍馬寺はどこにあるか知ってる?って聞くと「群馬だったかなぁ」って
言うので、
「ブブー!京都だよ」と勝ち誇ったように言う大人げない私w
あけぼうさんのこの記事に助けられて
かろうじて小学生に意地を見せるのでしたwww

コメントを閉じる▲
京都・鞍馬寺にやってきております。
前回、ケーブルカーで上がった所にある多宝塔で、美しい桜にみとれ、
やっぱり来てよかったなぁと感動したところで、



早速、次の本堂へ向かっています。



なんだかんだで、ずいぶん登ってきたはずですが、
まだまだ階段があるなあ。
鞍馬山、やっぱ高いなー(息切れ)

ところで、叡山電鉄で我々は「鞍馬」という駅で降りたのですが、
同じ電車の向かい座席に
トレッキングスタイルの外国人カップルが座っていて、
ひとつ前の駅、「貴船口」で降りて行ったんですけれど、
ちょうどこの辺りで、再び出会い、すれちがいました。
彼等は下り。我々は登り。

ちなみに我々は、
鞍馬駅→山門→本堂→奥の院→鞍馬山西口→貴船神社→貴船口駅
というルートを進もうとしてるんですが、
彼らは逆に歩いて、
貴船口駅→(貴船神社)→鞍馬山西口→奥の院→本堂→山門→鞍馬駅
ときて、今、山門と本堂の間の位置で再会したと。
その足の速さにびっくり。

この時はまだ、この後どれほど歩くのかを知らなかったので、
「あ、さっきの外人さんたちだー★」くらいにしか感じなかったけど、
今なら分かる、超人だわ、あの人たち。(震撼)
天狗か。天狗じゃないのか。 鼻たかいし。




ここまで来ると本堂まではもうすぐなので、
もしかしてスルーしちゃう人がいるかもしれないけど、
この階段の途中に、「転法輪堂」というお堂があって、



内部の写真はNGだったので掲載できないんですが、
大きな阿弥陀様がおられるんですよね。
心にずしんと来る、いい仏像でした。
絶対立ち寄って、この阿弥陀様を拝んでおくべき。

でもって、やっと本堂までやってきました!



ふーっ。

つづく

ブログランキング・にほんブログ村へ 


追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:神社・仏閣巡り - ジャンル:旅行

【2018/05/28 09:48】 | 鞍馬・貴船
【タグ】 京都  旅行  観光    
トラックバック(0) |

  
あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

考えてみたら、
天狗が山伏みたいな姿を、
今でもしているとは限らないですよね。
ガチなトレッキングスタイルって可能性もあるし、
金髪もしれないし・・・w


misachi68
天狗に会っちゃうとはそれもまた
ご利益ありそうな笑


コメントを閉じる▲
京都・鞍馬寺に来ております。
前回からの続きです。

はい、ケーブルカーの駅(普明殿の2階)に来ています。



ちょっとした鞍馬寺の自然についての資料などを見つつ、
ケーブルカーの到着を待つ。
時刻表、あるにはありましたが、あまり待たずに次の便がすぐ来たので
状況に応じて柔軟に運行してるのかも。



徒歩だとくねくねと長い坂道ですが、
こんなふうに直線距離だとあっという間に着いちゃいます。
元気がありあまってる若い人は別として、
奥の院まで行くつもりの人は、
これを利用して体力を温存しておいた方がいいかも。

到着した駅から出るとすぐ、



「開運毘沙門天」のお堂が。
多宝塔を建立の際に草むらから出現された石仏だそうです。
開運と聞いては熱心に拝まざるをえない・・・(。-人-。) 開運!開運!



で、こちらが多宝塔。駅を出るとすぐに目の前です。
ここが、結果的にはこの日、一番桜がきれいな場所でした♪



しだれ桜で、すこしピンクが濃い。



樹、そのものが立派です。



見上げると夢見心地。

京都市内、桜の時期は過ぎてしまってるせいか、
土曜日のわりに観光客もまばらだし、じっくり桜を眺めたい・写真撮りたい、
そういう目的なら、けっこう穴場かもしれません。


では本堂へ向かいたいと思いまーす。
つづく。


ブログランキング・にほんブログ村へ 


追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:神社・仏閣巡り - ジャンル:旅行

【2018/05/25 12:24】 | 鞍馬・貴船
【タグ】 旅行  観光    京都  
トラックバック(0) |

  
あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

多宝塔の建物の朱色とのコラボも雅び~♪
周囲の森の色が深いから、本当に映えます☆


misachi68
楽チンなケーブルカーで到着したら
空いてる花見スポットなんてラッキーですね(*´∀`*)

コメントを閉じる▲