FC2ブログ

Google Arts & Cultureで博物館めぐり ~グロット・ショヴェ

以前こんな本を読んだんですが、なかなか面白くて。
「洞窟壁画」というとラスコーの壁画などが有名ですが、
他にもいくつかあるんですよ。
そんな洞窟壁画を巡りながら、そのアート性についてや、
原始時代からの脳の発達と絵を描くことの関係についてを語ってるんですけど。



この本がきっかけで洞窟壁画についても、ちょこっと興味を持ってまして。

ここのところの自粛生活で、おうち時間にGoogle Arts & Cultureで博物館めぐりをしていたら、なんと見つけちゃいました!

その名も、グロット・ショヴェ

アイキャッチ 博物館

と、フランス語で言われてもなんのこっちゃですが、
これは、世界遺産に登録されている「ショーヴェ洞窟」を再現している施設なんだそうです。
古くは36000年前くらいの壁画が残っているんだとか。

劣化の恐れがあるため、
一部の研究者のみにしか見ることを許されなかった洞窟ですが、
完璧なコピーをつくって、それを公開しているんだそうです。

とにかく、この壁画すごい。
ホントに3万年以上前のヒトが書いてるの?と思うくらい、洗練されているというか。
いやー眺めてたら3万年を超えられる。
かつてこの場所でこの絵を描いたヒトがいて・・・、
今、同じ場所でこの絵を見てる自分がいるんだから・・・。
これ実際見たらめちゃくちゃ感動しそうだわ。

翻訳解説はワケが分からないけど(例によってw)、
詳細かつリアルに描かれた動物に比べて、ほぼ棒人間。この人の存在の軽さよw
自然への畏敬の念がすごくて、相対的に人がこうなっちゃうのかな。
でもそういう感覚ちょっとだけ分かる。日本も昔は「人々」のことを「民草」とか言って草扱いだったし(←それ引き合いに出す?笑)

実際、洞窟ではたくさんの動物の骨が出てくるらしく、
この時代、マンモスだけじゃなくて他の動物も大きいのがいたみたい。
こんな猫がいたなんて初めて知ったよ。cave lion? やっぱ厳しい世界だね。

約3万年前の洞窟。今日も一日お疲れさん、やれやれ・・・と焚火を囲んだ夜、ふらりと現れたライオン。一気に高まる緊張。だが焚火がライオンを阻む。早く、早くあきらめてくれ・・・どこかへ行ってくれ・・・。だがライオンはあきらめない、やおら洞窟の入り口付近で横になる。じいっとヒト達を見据えながら・・・。そう、焚火はいつか燃え尽きる。ライオンはそれを待っているのだ。・・・火が燃え尽きたその時が、運命の時なのだ・・・。

自分もあんな強い動物だったらどんなに良かっただろう、なんてことを、仲間が犠牲になった夜、洞窟の中で考えたりもしたのかなあ‥‥。あの動物のような爪があれば・・・あの動物のように走れたら飛べたら・・・色々考えそう。
それでこういったものを作っちゃうのかしら。そういう気持ちにもなるかもね。

いや~やっぱり世界遺産になるだけのことはありますね。
とにかく3万年以上前の人類の痕跡ですからね。
絵を通して当時のヒトと繋がれる。それだけでホントすごい。
そしてよくここまで復元コピーを作ったね、とも思う。フランスえらい。


ブログランキング・にほんブログ村へ
ほかにもスペインのアルタミラ洞窟やラスコーもGoogle Arts & Cultureにあったよ。でもオンライン展示の充実度という面では今のところ、ここが一番って気がする。

テーマ : 歴史・文化にふれる旅
ジャンル : 旅行

Google Arts & Cultureで博物館めぐり~香川県立ミュージアム

まだまだお出かけは難しいので、
おうち時間を使って
Google Arts & Cultureで博物館めぐり。
今回は香川県立ミュージアム

アイキャッチ 博物館

博物館と美術館を合わせた総合的な施設なんですって。

まずはいきなり弥生土偶にドキッとする。
これお年寄りをかたどってるのかと思ったら、法令線みたいな線は入れ墨でした。
頭も妙にとんがってる。どういうことなんだろう?鬼の先祖かな。
(香川県高松市の沖合にある女木島は鬼ヶ島のモデルとなったとされるので、つい連想を・・・)

徳川家康の銃なんかも、すごく細くて洗練された形になってて火縄銃とは思えないくらい。本当に使えるのかなー。

おお!瀬戸内海航路図!!さあ今の地図と見比べよう。



縮尺がわけわからないけど、丸亀城の対岸が倉敷なんだよね~。
てことは、この大きな2つの島は「本島」と「広島」かな。
そして左の小さい島がいっぱいある所は笠岡諸島かな。
これは大阪から長崎までの航路図だけども、日本橋から長崎までの地図もある。
これ、出発地から終点まで全部くまなく見比べてみたいなあ。

香川県立ミュージアムは、高松城跡の玉藻公園という場所のすぐ近くにあって、
高松港からも近く、繁華街にも徒歩で行ける距離。
市電も走ってるから、観光スポットの栗林公園や
1時間ちょいかかるけど、こんぴらさんにも行けるし。
高松港は3年ごとに開催される瀬戸内国際芸術祭の拠点の港でもあるので、
その機に行くのもいいかもね~。


ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 旅の情報・準備
ジャンル : 旅行

Google Arts & Cultureで博物館めぐり~メキシコ国立人類学博物館

コロナでどこかへお出かけするってわけにもいかないので
おうち時間に
Google Arts & Cultureで世界の博物館めぐりをしています。

アイキャッチ 博物館

今回は、メキシコ国立人類学博物館に来てみました。
メキシコシティにあります。

オンライン展示を見ると、土器みたいなのがいっぱいありますよ。
あ、土器だけじゃなくて石でできてるものも多いんだね。

なんかここの展示のなかでは、
人をかたどったものが、個人的には面白い。

これなんか「いつの世もお母さんは大変だあ」と思わざるを得ないデザインw 
そして歯並び!これはフィギュアの頭部だけのものなのか、顔をかたどった壺なのか。壺ならかなりファンキーよ? 残念ながら解説が全然分からないけど、表情がすごくいいよね。

ちょっと見て!この神さま超カワイイ!(よく分かんないけども勝手に神様と断定w)
目玉のおやじと同じスタイルがメキシコにもいるなんてね!
なんだか福福しい。日本で言うところの七福神みたいな感じがする。
いや~。これ、ちょっと欲しいわ・・・。
すごい知恵を授けてくれそう。
でも対価を要求してくるんだよw(勝手に妄想)
こんなほのぼのした笑顔で、かぐや姫ばりの無理難題を出してくるんだよ。


刺さったっ、魚の骨刺さったっっ」・・・って言ってるわけじゃないだろうけど、なぜこのシーンをカタチにしたのか。ていうか何のシーンなのか。

解説がうまく翻訳出来てない?のか、意味がサッパリ分からないのが残念だけど、もともとマヤとかアステカとか、中南米の古代の文化はわたしたちにとっては独特だから、その訳の分からなさも含めて楽しみたいところ。


このメキシコ国立人類博物館のあるところは大きな公園の中に、美術館や動物園もある文化施設が集まったようなところみたい。
メキシコシティ 観光 で調べると、ベジャス・アルテス宮殿(っていうオペラハウス)、チャプルテペック城(っていう歴史博物館)、ちょっと変わった様式のグアダルーペ寺院などがあり、そのほかにはテンプロ・マヨールというアステカ時代の巨大な神殿の遺構があるそうな。上記の素敵な展示物たちも、ここで発掘されたものかもね。



ブログランキング・にほんブログ村へ

中南米の古代文明ならこの本。


気になるけどメキシコは遠いよう、という方は岡山のBIZEN中南米美術館へ是非どうぞ。
(わたしが訪問したときの記事はこちら)

http://bonryo.blog6.fc2.com/blog-entry-1431.html

テーマ : 旅の情報・準備
ジャンル : 旅行

Google Arts & Cultureで博物館めぐり~チェスター・ビーティー・ライブラリー

おうち時間に
Google Arts & Cultureで博物館めぐりをしています。

今回はアイルランド・ダブリンにある「Chester Beatty」という所。
解説もそのままグーグル翻訳で。
翻訳だからあれだけど、まぁなんとなく分かる。
アイキャッチ 博物館

図書館っていうことなんだけど、
図書のくくりには収まらない所蔵品のラインナップ。
アメリカで成功したコレクターのアルフレッド・チェスター・ビーティー卿の遺贈によるものなんだとか。
(グーグル翻訳あってるか?w)

こういう本の挿絵?みたいなのもあるんだよね。アートとして楽しい。
Google翻訳が言ってる事はなんのこっちゃ分からいけど、この絵の下にいる悪魔が働き者過ぎて・・・仏教の地獄絵もそうだけど、こういうのって見てて面白いんだよね~w

浮世絵
もある!ビーティ卿はオリエンタルな趣味だったのかな。それとも時代的な流行りなのか。

この小瓶はどれくらいのサイズなんだろうか。
なんとなく、お弁当についてるお魚のカタチのしょうゆとか入れるやつ思い出したんだけどw、これなんかもろ、そうだよね~。

うわ、めちゃくちゃ凝ってるねこれ。柄のところの人の顔が味わい深い。高そう~。

そしてこのご婦人のヘアスタイルも楽しい。あの伝説の髪型、「昇天ペガサスMIX盛り」といい勝負じゃない?

アラビック・アルファベット・・・装飾がすごいな~。
あちらのほうには独特の書道があるって聞いたことがあるけど、実際、中東の人のインスタにも写真によく文字が入ってて、写真と文字、どっちが主なのかわかんないレベルで文字が主張してるんだけど、こういう文化が背景にあるからかもなー。ほかにもこういうのとか、何て書いてあるのかが読めなくても、美文字文化があるんだな~的なことがなんとなく伝わるから、装飾ってやっぱり大切なんだなって思う~。

他にもホントにたくさんあるんですよ~。
これだけの数をオンライン展示で見せてくれるなんて、なかなか太っ腹ですよね。

ダブリン 観光 で調べると
ダブリン城、クライストチャーチ大聖堂、キルメイナム刑務所など。
特にキルメイナム刑務所は映画の撮影でよく使われるということですが
確かにめっちゃ見たことあるある!
あとはオールド ジェイムソン蒸留所もいいな。
ここまできたらやっぱウイスキーが飲みたいもんね。


ブログランキング・にほんブログ村へ
関係ないけど「ほにゃらら卿」って良いよね。
わたしも呼ばれたいw 貴族じゃないけど呼ばれたい。
関係ないけど、最近のミュージシャンとかが名前にしがちな、
アルファベットまじり表記も、ちょっと欲しいw
(欲しいっていうか一度考えて挫折した・・・)

テーマ : 歴史・文化にふれる旅
ジャンル : 旅行

妄想旅行~柳川 1泊2日

コロナでどこにも行けないので、
せめて旅行計画を立てて「行った気になる」妄想旅行。

今回は九州の柳川です~。


以前Google Arts & Cultureで立花家史料館を見た時に
ちょっとイイなと思ったので。

妄想旅行


まず、新幹線は博多までなので、そこから柳川まで。
乗り換え乗り換えで結構時間がかかる。
かといって車で行ってもしんどいし。

元気な若い人なら、前の晩に夜行バスで博多まで行っといて、
朝イチで電車に乗ると時間を有効に使えるかも。わたしにはもう無理だけど。

ライン

10:30 西鉄柳川駅に到着
 ハイ到着♪ ここから柳川といえば!の「柳川お堀めぐり」の船に乗船。
 駅から徒歩ですぐのところに乗り場があるらしいよ。30分刻みで随時出発だそう。

11:00 柳川お堀めぐり乗船
 終点までは60分くらいかかるらしい。
 船に乗るだけでもちょっと楽しいけど、お堀沿いに菖蒲園があるらしいので
 初夏は菖蒲が船から見れちゃうらしいよ。
 あと、ひな祭りのシーズンは雛飾り(柳川はそれも有名らしい)の中を通ったり、
 冬はこたつ船と、季節ごとに色々楽しめるようになってるらしいので、
 行く時期を決めるときに参考にしてもいいよね。

柳川

12:00 御花北門で下船
 終点で下船。ここはもう立花家史料館がある界隈なんだけど、
 それは後回しにして、まずはランチにします。
 このあたりは観光エリアになってるようで、名物のうなぎのお店が点在してる。

12:15 万榮堂 でランチ
 うなぎ大好きだから、絶対食べたい。
 この界隈で見つけたお店。
 所要時間いちおう1時間だけど、もしかして並ぶのかな・・・。

うなぎ

13:20 沖端水天宮 参拝
 ここも徒歩圏内。ささっと参拝。

13:40 やながわ有明海水族館
 有明海の生きものを展示してるってことで、
 やっぱムツゴロウとか有明海の生きものは独特なイメージあるから気になる。
 それほど大きな施設ではないみたいなので、所要時間1時間くらいをみてる。
 水族館はそんなに・・・っていう人は、近くに北原白秋記念館もあるよ。

15:00 カフェ江戸小路すずめの時間 に行く
 この間読んだ本でも紹介されていた、いい感じのカフェ兼本屋さん。
 面白い本との出会いを期待しつつ、お茶をしながらひとやすみ。

アイキャッチ カフェ

 所要時間は1時間だけど、今日の観光スポットはここがラストだから、
 ずれこんでもオッケー。
 
 余った時間はお土産さがしタイムなどに。

17:00 柳川藩主立花邸 御花に宿泊
 ここはその名のとおり、お殿様のお屋敷だったところ。
 当時からの和風庭園や、西洋館、そして立花家史料館も同じ敷地内にあるという。

  アイキャッチ 妄想旅行 

翌朝

というわけで、最初は同じ敷地内にある立花家史料館に行く。
開館時間に合わせてそのまま行けるから、朝はすこしゆったりめ。

09:00 立花家史料館
 展示だけじゃなくて、西洋館や庭園など、ここだけでそこそこ時間がかかるはず
 ランチはまだ決めてないけど、この界隈に何かしらあると思う。
 前日ウロウロしてる間に良い店が見つかってるかもしれないよね。
 ランチ含めトータルで3時間くらい所要時間を取っておく。
 もし時間が余ったらお土産さがしタイムにする。

12:06 柳川城址
 徒歩で行ける距離。
 とはいっても跡地だから特別なものは何もないみたいだけど、
 この次へのルート上にある場所だから、
 「ふ~ん」と見ながらゆっくり通過する感じで見てまわる。

アイキャッチ 妄想旅行

12:40 日吉神社
 柳川総鎮守ということで参拝。御朱印もここは頂けそうです。
 大体1時間をみてる。
 結果として結構歩いたことになってる。
 
 ここからは、バスで駅まで戻ります。

14:00 西鉄柳川駅
 今回の観光はこれで終了。あとはひたすら電車で帰りま~す。
 14:36発の電車に乗れれば(わたしの場合は)18時過ぎくらいに家に帰宅できそう。

わたしにしては、まあまあゆとりのあるスケジュール(笑)
もうちょっと詰めて、西鉄柳川駅に戻る前後くらいに
「三柱神社」にも寄れたらいいんだけど。
こればかりはその時の流れのままに、だね。


お堀の周りはフォトジェニックな場所が多そうなので、
お土産さがしタイムは写真タイムにしちゃっても良さそうだね。



お疲れさまでした~♪




ブログランキング・にほんブログ村へ 

テーマ : 旅の情報・準備
ジャンル : 旅行

プロフィール

あけぼう

Author:あけぼう
性 別:女
住 居:広島県
特 徴:とうふメンタル
近 況:Instagram(別名)

家のWi-Fiがダメなまま5月が終わりそうだ。

最新記事
過去記事の検索はこちら
☆カテゴリ☆
コメントありがとうございます
Comments<>+-
Trackback <> + -
リンク(遊びに行ってね)
FC2カウンター
◆◆◆
「Amazonが販売・配送」の商品のみ推奨
**

RSSリンクの表示