FC2ブログ
おでかけブログ。神話や妖怪、UMAが好き。その他、日々のふしぎや、おバカな出来事・読書感想などを、つらつらと。
まだまだおうち時間を充実させないと・・・。

ってことで、今回はGoogle Arts & Cultureでニュージーランドにある
オークランド博物館(Auckland War Memorial Museum)をオンライン見学です。

ニュージーランド 

名前に「War」が入ってることから分かる通り「戦争記念館」でもあるんだけど、内容的には自然科学の資料が多いから、背景の歴史をあまり知らなくても大丈夫・・・だと思う。
ニュージーランドのことって、よく考えたらあまり知らないのだ。
オーストラリアの右のほうにある南半球の国。
たまに大きな地震が起きる。
キウイっていう飛べない鳥がいる・・・くらいかな。

キウイ 

あ、ラグビーも強いところだったよね。
そんで、あとは・・・羊!ってイメージしかないw

南洋感でるのがこの「イリ」っていう貝殻のネックレス。
基本的にやっぱ装飾品は貝殻で出来てるのが多いね、こんな貝そのものがビーズ細工みたいなのもある。
なんかあれだね、世界名作劇場「家族ロビンソン漂流記 ふしぎな島のフローネ」を思い出すね。
フローネたちの一家は、オーストラリアに向かってた途中で、遭難して無人島にたどり着いたんだから、NZに近いっちゃ近い島の設定なのかな?当時は何も考えずに見てたけど。

ほかにもたくさん貝が出てくるんだけど、あまり解説がないなか、このひょうたんだけ、めちゃ長文な解説がw 確かにひょうたんの丸み、妊婦さんを思わすものがあるかも・・・。このあたりの神話もなかなか面白そうだね。

あと申し訳ないけどひいちゃうのが鳥の展示な~。
足をぐるぐる巻きにして横たわった状態 (^^;) 
もうちょっとこう、なんとかなりませんでしたかね・・・。

なぜかちびまる子ちゃんを思い出してしまった仮面。あの漫画にこんな奴は出てこないけど、ちょっと画風?が似てる気がする。←画風ってw それはともかく、この顔の文様はすごいね。昔の縄文人もびっくり。

あとワラジみたいなやつもちょっと履いてみたい、夏場はこういうのが気持ちよさそうだよね。
この土偶みたいなのも気にはなるけど、なにしろ時代が分からないからコメントしづらいんだよな~。

なんていうんですかね、とにかくここの博物館のオンライン展示は、無言で次々に貝殻の標本と、鳥の死骸(・・・。)を見せていくスタイルなんですよね(T_T) 貝殻もよく見るとインドの神殿を思わせるような形だったりして、人間のイマジネーションってやっぱりこういう自然からだよなーって思ったりもするんだけど、いかんせん、無言で次々に紹介されていく貝殻を見てると、だんだん飽きてきてどうでもよくなってくるw ここはやはり何らかの解説が欲しいところ。

というか、とにかく鳥の死骸(・・・。)には参った。剥製の展示には何とも思わないのに、こういう感じで出されると急に意気消沈してしまう私って何なんだろう。我ながら勝手な奴w でもこんなにオンライン展示の多い場所はめったに無いですよ。膨大な量です、膨大な量の貝殻と鳥の死骸(・・・。)←しつこいw

うーん 
個人的には小さな能面みたいな神様が収穫。これも。これも。これも。
なんだか羅漢さんを見てる気持ちに近い感覚。
どういう意図で作られたものなのかなあ。



ブログランキング・にほんブログ村へ

【2020/08/26 17:45】 | 妄想旅行
【タグ】 旅行  博物館  妄想旅行  
トラックバック(0) |

Re: Google Arts & Cultureで博物館めぐり~オークランド博物館
あけぼう
へろんさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ


ああ!引き出し〜〜。
なるほど‼︎ 想像が出来ました。あれかあ。
あの状態をそのまま出してるわけですか。
展示というより、アーカイブ的な感覚なのかもしれないですね。たしかに真面目なのかも。いや〜ビックリしました(^◇^;)





へろん
この鳥って、剥製として形を整える前の保存の仕方で、博物館や研究室での保存はこっちがメインらしいですね。普通は形を整えたやつだけを展示に並べて、この形のものは「見たい方はどうぞ」的な感じで引き出しに詰め込んであって、何気なく引き出しを開けると結構衝撃的、というのは日本のいくつかの博物館でも見ました。

よくあるリアル展示では、鳥も貝も他国から持ってきてでも美麗種を前面に押し出して人目を引くものですが、わりと地味な感じなのはある意味ものすごく真面目なのかもしれませんね(^^;)


あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そうなんですよね~実際のところはまだよく分からないけど、
狩猟民族っぽさがすごく出てましたw
あそこも地震が多いだけに、絶対宝石だってあるはず・・・と思うんだけどなあ。

欲を言えばもうちょっと先住民族のことが分かる展示が欲しい・・・。
もしかすると、単にオンラインでは見せてないだけかもしれないけど(^^;)


misachi68
オーストラリアに近いのに
ちょっと違う成り立ちみたいですよね。
ニュージーランドにも宝石あったらもう少し
テンション上がったのにw


コメントを閉じる▲
うちの地元のほうは
コロナ第2波がきたかな~?って感じでしたが、少し落ち着いて、
今んとこ小康状態なかんじです・・・が、まだまだ引きこもりの日々・・・。

今回は、Google Arts & Cultureで、オーストラリアの geoscience australia を見てきました。

ここは本家の公式HPもなかなか興味深くて、オーストラリアが地球のプレートの動きの関係で沈んでるとか、知らなかったこともたくさん出ていて、かなりよさげなページなんですけれども、とりあえずここではGoogle Arts & Cultureで公開されてるものに限って書きますね。

ここのページではオーストラリアの鉱山で採れるオパールがトップの画像に採用されていまして。
わたしは一番好きな宝石がオパールなので、ついつい引き寄せられました、オパール大好き。

前にNHKの番組「世界は欲しいモノであふれてる」で「世界にひとつの宝石を探す旅 香港&オーストラリア」という回がありました。香港は宝石の集積地らしくて、初めて見るような面白い宝石があった。続いて紹介されたオーストラリアの宝石の産地ぶりもすごくてすごく印象に残ってました。オーストラリア+オパールだったから、ここの展示ページに吸い寄せられてきたわけですw

オーストラリアにある、ピンクダイヤモンドの唯一の鉱山が閉山したことも、この番組で知ったんだけど、今後ピンクダイヤは高騰していくいっぽうなんだろうね。こういうのって普段から宝石商と付き合いのある富豪だけが先に情報を知ってて、とっくに買っちゃってるんだろうな。そしてこれから高騰していくにつれて、富豪たちの持つピンクダイヤの価値があがっていく・・・と。金持ちがさらに金持ちになるように世の中は回ってるわ。

おっと。つい、僻んでしまいましたが(笑)
話を元に戻します、オパール、オパール (^^;)
宝石
まさに、ここではそのオパールの原石宝石の原石を、たくさん見ることが出来ます。眼福だよ~。
手に入りやすいソコソコのお値段のオパールって、オーロラみたいな遊色効果がとても淡~い色合いなんですけど、ここで紹介されている石は、さすが、遊色効果がハッキリして濃い色合いです。

特にオーストラリアでしかとれないブラックオパールは希少だから超高い。これも高いんだろうなあ・・・。あー!欲しい!!(←w)

鉱山の地図をみると、いろんな石が採れるんですね・・・宝石だけじゃなくて金まで!あ~・・・でも逆か。金が出るから宝石も出るのか。
どっちにしてもオーストラリアって資源いっぱいでいいなぁ・・・。

これなんて芸術的!これなんかも。とにかくいろんな色のいろんな石が採れるみたいで、たくさん写真が紹介されてます。

わたしも鉱物を拾いに行きたいってずっと思っているんですけど、コロナで出かけられないっていうのもあるし、そもそも石をゲットできそうな場所って、山の中とか、山間の谷の川沿いなどが多いんですよね。最近は大雨などの天災で、川が氾濫したり土砂崩れが起きたりして荒れていそうなんですよ。ただでさえひとけの少ない山奥ですし、何かあっても助けてくれる人がいないので、危険な気がして躊躇してます。せめてインスタなどで他人が採った石を見たりして、小さく満足する日々。
そこへいくとオーストラリアって、鉱山の周りとか歩いたら、売り物にならない程度の小さい粒くらいだったら、フツーにそのへんに転がってそうなイメージだわ。

そのほかにも南極調査関連の紹介もあるけど、
残念ながらここは解説が薄いので、ビジュアル的に分かりやすい石の写真を見るのが、わたしのおススメです。



ブログランキング・にほんブログ村へ

【2020/08/24 08:47】 | 妄想旅行
【タグ】 旅行  博物館  妄想旅行  
トラックバック(0) |


あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

石の本を読んでると、採集できるポイントの一つに、鉱山だった場所に残された「ズリ」っていう廃石場があるんだよね。オーストラリアのズリだったらめちゃくちゃ良いのが出てきそうな気がするw 
ミサさん、水晶を探しに行ったことあったんだ!びっくりw
でも、覚えてないのは採れなかったからなんだろうね・・・やっぱそんなに簡単じゃないよねえ・・・(^^;)



misachi68
うわ〜すごいわ〜〜
そこら辺を歩いててゴロゴロ転がってたらすごい。
きれいだね〜
私も石を探しに行きたいって思ってたけど
最近、水害もあるけど
この夏は特に川での水難事故多いし怖いよね。
30年以上前に山で水晶探しに行ったことはあるけどね。←今頃思い出した。採れなかった。

コメントを閉じる▲
ソーシャルディスタンス!ってことで、
最近はzoomを活用したツアーが出てきたり、
オンラインでなんやかんやする企画がいろいろと出てきてますよね~。

わたしも思うところあって、色々調べたりしている時期がありました。

会議や飲み会をzoomでやるのもいいけど、1人対全員みたいになって、とにかくこっぱずかしいからw 例えば新入社員や学校の新入生のオリエンテーション的な、はじめましての会で、それで打ち解けられるか?ってなると、なかなかキビシイよな~と思ったりして。 もうちょっと愉快に親睦できないか。じゃあ「あつ森」でやればどうか?と思ってググったり。(「あつまれどうぶつの森 会議」で検索すると、これまた難しそうですね)

今、appleとモメちゃってる「フォートナイト」で開催された、
米津玄師くんのイベントも興味津々で見ました~。
といっても、わたしはゲームが出来ない人間なので、
参加した人がアップした動画を、YouTubeで見ただけなんだけど(^^;)

未来都市

なんか未来っぽかった。(←昭和の人間らしい感想w)
皆で盛り上がる感覚が少しあって、これはこれであり、というか。
今後に少し可能性を感じたな。
だって年齢的にもライブで飛び跳ねる体力無いしさ・・・。

ツアー企画は今のところあまりピンとくるものがなくて、
やっぱり現地の空気感とか、実体験が大切だと思うタイプなので、
なかなか難しい・・・。
ご当地のモノ食べながら、ご当地の映像見て、説明を聞くってなると、
ちょっと「お勉強」みたいでさあ・・・。

ただ、HISがやってるバーチャルツアーの中でも、
インドの占い師に占ってもらう、っていうやつは、すごく気になったw
「インドの占い師」ってなかなかのパワーワードww
これは、ありかもしれないw 
こういう後々で話のネタになるような体験を、現地に行かずとも出来る、っていうのは良いかも。しかも安全だし。
(ほかにも台湾とかスリランカの占いもありました)

あと、かなり作りこんでくれないと、没入感が無いかもしれないけど、
現地の昔の様子が見られるような、時間旅行ができるようなのも気になる。

で、そんな中、
わたしも二条城で開催されているライトアップイベントの関連企画で、
自宅で楽しむ用コンテンツのVRを買ってみました。
忍者になって二条城に潜入するのだ。

8月14日に注文して、8月19日に届きましたよ~。

こんなの。



平べったい状態で届きます。
紙製で、ミシン目にそって切り抜いて組み立てれば、
簡易的なVRゴーグルが出来上がります。



わたしもGoogle Arts & Cultureでいろんな博物館を見に行ってて、
なかにはバーチャルツアーもあったりするので、
ゴーグルが欲しいかも・・・と思っていたんですよ。
ちゃんとしたのを買う前に、お試しができて、ちょうど良かったかも。

実際に使ってみると、
今回届いたのは、やっぱり簡易的なものだけあって
スマホも自分の手で持って支えないといけないから、結構疲れるw
レンズも薄いプラ板みたいなのが貼ってあるだけの構造だから、
ちょっと手のアブラがつくと、拭くのが大変。あまり力を加えちゃうと壊れるから。
それにやっぱり焦点も合わせにくくてどこかぼんやりしてる。

でもちゃんと、360度の映像が楽しめるし、
内容も美麗だったし、
何回も見られるから1個で家族全員持ち回りして見ちゃったw
なので、何だかんだ言いつつも、それなりに満足したよ。
逆にちゃんとしたゴーグルがやっぱり欲しくなりました。

それにこれ、ハンカチとかハンドクリームみたいな
「プチプレゼント」って感覚で、友達に贈っても面白いかもね~。


コロナに関係なく、
バーチャル体験は進歩していってほしいと思ってます。
そうすれば、年を取ってアクティブに動けなくなったとしても、
遊ぶ幅が広がるじゃありませんか・・・うふふ・・・

VR

ブログランキング・にほんブログ村へ

FC2blog テーマ:旅の情報・準備 - ジャンル:旅行

【2020/08/21 12:56】 | 妄想旅行
【タグ】 妄想旅行    
トラックバック(0) |

Re: 旅行もバーチャルで!
あけぼう
へろんさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ


いや、二条城もCGですね。デジタルアートの会社なので。
でも、そこは二条城とコラボした企画なので、内部もちゃんとしていて、この部屋が何のための場所なのかもサッと解説されてたりします。
オンラインでの企画も、向いてるジャンルとそうでないジャンルがハッキリしたような気がします。まだ足りない部分も。逆に実体験のありがたみも増しました。早く安心して出かけられるようになって欲しいし、地方民としてはバーチャル体験の進歩も期待です。


へろん
VRのゴーグルって、去年高知県の「鯨館」で初めて体験しましたが、予想以上に面白かったです。下を覗けば海の中まで見られましたし。でもやっぱりなんかふわふわとした違和感はありましたね。
鯨館のVRで見られる映像はいかにも「絵」でしたけど、二条城のは実写映像(?)ですか? 実写だったら違和感もぐっと少ないかも知れませんね。

Re: タイトルなし
あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

いいな、わたしもちゃんとしたVRゴーグルで色々見たい!
ぜひ、借りて、なんか面白いのを見つけちゃってください♪
わたしもまた何か見つけたいと思います(^^)



misachi68
なるほどね!!
バーチャルツアーであれば
いろんな理由で出かけられないって思ってた私も
行けそう!!
VRのゴーグルは息子の部屋にあった!
なんなら借りちゃってなんかできないかな。
ちょっと畑が落ち着いたらやってみたくなった。
二条城の企画は面白そう。
プレゼントもいいね。


コメントを閉じる▲
おうち時間。
Google Arts & Cultureで博物館めぐり
今回はエクアドル「カサデルアラバド博物館」です!

なんと5000点にもおよぶ収蔵品があるそうですが、オンライン展示も充実の約300アイテム!太っ腹!

まず予備知識としてエクアドルは、南米のここね。
エクアドル

赤道直下に位置していて、自然もアンデス山脈からアマゾンのジャングルまで振り幅がすごい。
スペインの植民地だったところだそうです。

早速オンライン展示を見ていくと、
私の大好物、南米の訳の分からない土偶石像がいっぱい(^^♪

土瓶みたいなリーゼント猿
じっさい「リーゼント猿」としか言いようがない・・・。

猿といえばこっちもカワイイ。

このシャーマンは颯爽としてカッコイイ。マントみたいなの翻しちゃってるし。なんならパーマンみたいに飛ぶんじゃなかろーか。しかも魔法の矢で戦うなんて。なかなか熱い設定だよ・・・。

解説には蛇って書かれてるけどさ、形状はかなりツチノコだよね・・・これツチノコだよね・・・?紀元前の南米にいたんかツチノコ。

ツチノコ 

これにすごく似てる埴輪(土偶?)が古代の日本にもありませんでしたっけ?家みたいな形したやつ。
これは解説に一言、サフマドールって書いてあって、どういう意味かと思って検索したら、なんとなく香炉のようなものらしい。案外日本の埴輪の中にも香炉的な用途で使ってたモノがあるかもって思った。

このツインテールおじさんみたいなのも、当時の習俗なのかね。自然におじさんって書いたけど男性とは限らないか・・・。
ケロ・・・ポチッと出てる鳥?がキュート。古い年代のモノだけど、形はすごく整っていて技術の高さを感じる。

妊婦さんや子を抱く女性、ぼんっと腰のはったお尻の大きな女性が多いのは縄文土偶みたい。フォルムもちょっと似ている。あ、でもそれだけじゃなくて、これなんかは単純にかわいい(笑)何かに思案中のお姉さん。

絶対なんか食べてるよね、食べてるでしょ。もぐもぐ
なぜこの状態の人を作ろうと思ったかね?ww こういう何気ない日常も作っちゃうとこ好き。なんでも「呪術」とか「祭祀」ばっかりじゃなくて、人ってやっぱり遊び心を持ってるものだと思うし。特段意味がなくても良いと思う。これも遊び心だよねw お父さんがテレビ見てる時の姿だよね。これはモデルがいるね絶対。日用品として使いたいかどうかは別だけどもw

そして、遊び心を通り越して、ここまでくるとなかなかのもんですよ。
アートだねもう。この表情なんて聖徳太子みたいだよ。

いやー堪能させてもらいました。
やっぱり楽しいわ南米の土偶(笑)


ブログランキング・にほんブログ村へ

【2020/08/19 17:30】 | 妄想旅行
【タグ】 旅行  博物館  妄想旅行  
トラックバック(0) |


あけぼう
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

大興奮うれしい!共有共有♪

そこにあるだけで
本来の使い方とか、作られた意図とか全く分からなくても、
アートとして成り立ってるから、見ごたえあるよね。

こんなのがあの博物館にはまだまだ何倍もあるかと思うと
まじやばい。アメージングだわ。




玉坂めぐる 
うああ。すごいね。
ぽちぽちしながら大興奮ww
仕事が丁寧だしね。
指でなぞりたい。ちょっとなめたいww
南米・中米のテイストには毎度驚くけど、
この絶妙なフォルム?バランス?キャラクター性?
歴史の遺物というよりも、昔の民芸というよりも
作者の存在が、浮きあがる感じ。
プライドのようなものも湧き出てますよう。
感動しました。
あけぼうさん、いいものいつも、ありがとう。


あけぼう
小々次郎さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そうなんです、どれもこれもキャラが濃くてw
これはド素人では作れないですよ。
腕のあるアーティストですよ、作者は。センスの塊。



小々次郎
みんなキャラ立ってますね(笑) そんな中、石像はガチャピンとガチャピンの二人三脚にしか見えないし シャーマンは四頭身ながら風を操ってる感じが出ていてかっこいい もぐもぐも何年か前に立山連峰を眺めながら土手に腰掛けておにぎり食べていた高校生を思い出したけど服が妙に紳士的 作者は一般人じゃなくてちゃんとアーティストだったんでしょうね 


あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

たまらんでしょ!この土偶たち。
どうしてこんなに可愛いものを作っちゃうんでしょう。
復刻して売ったら、ある程度は売れそうだよね。
もしかしたら、ここのミュージアムショップには売ってたりして。
作風はさまざまなんだよね。時代によっても、地域によっても違うのかもしれないんだけど、できれば作者が知りたかった。ファンになると思うw



misachi68
めっちゃ可愛い土偶たちですね!!
好みだわ〜〜
こんな雑貨がお店に並んでたら買っちゃうかも。
二人並んで上に向かって口開けてるのは
歯ブラシ立てに欲しい(*´∀`*)
リーゼント猿はペン立てに!!
身の回りに置いて楽しみたいわぁ♪

コメントを閉じる▲
Google Arts & Cultureで博物館めぐり。
今回は韓国にある果川国立科学博物館

アイキャッチ 博物館 

韓国に自然科学のイメージあまりないんだけど・・・(超文系なイメージ)
どんなところなのか見に行ってきました。
プラネタリウムや昆虫館、広場もあるような複合的な大きな施設なんだとか。

Google Arts & Cultureで見られるオンライン展示も結構充実。
なるほど、屋内では骨格を見ることができ、
屋外では実物大を見ることが出来ると。
いいね、いいね、楽しいね。
そしてプテラノドンは天井を飛ぶのか~レールが見えるもんな~、すげーww
でもこの復元はマジなの?人間の子どもの下半身みたいな感じですけど・・・

韓国の名前が付いた恐竜で「コリアノサウルス」っていうのがいるらしいと聞いたことがあって、ここにそれはおらんのかいな、と思って探したけどオンライン展示の中には無かったな~。残念・・・。
あ、でも韓国で最も古い化石ならあった。
10億年前だって。すごい。ちなみに気になって日本最古の化石を検索してみたら、奥飛騨・福地温泉郷エリアの一の谷ってところで出た約5億年前のものって出た。こっちが倍くらい古いってことかあ。

水槽もあるみたい。ただ、小規模なのかオンライン展示としては薄かった。
固有種とか見たいよね。これがそうなのかな?

子ども達に科学への夢を、ってことなのか、踊るロボットとか宇宙関係の展示もちょこちょこ。ただ韓国に直接関係あるかって言うとどうかな?ISS(宇宙ステーション)にしても、参加国のなかに入ってないよね・・・?今後、韓国の宇宙開発がそれなりに成功したら、このあたりの展示もがらっと変わるのかも。

公園みたいなところもあって、かなり楽しそうです。
きっと丸1日余裕で過ごせるんだろうなー。

ただ、オンライン展示に限って言うと、
全体的にはいろいろ見せてくれてありがたかったけど、
もうちょい固有種だったり独自のものが見たかったかなー。



ブログランキング・にほんブログ村へ

FC2blog テーマ:旅の情報・準備 - ジャンル:旅行

【2020/08/16 15:55】 | 妄想旅行
【タグ】 旅行  博物館  妄想旅行  
トラックバック(0) |

Re: Google Arts & Cultureで博物館めぐり~果川国立科学博物館
あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

とにかく施設が立派!
日本は小さくてもきらりと光る味のある博物館が多いけど、これくらいのドーンとしたやつが五大都市全てに欲しいね☆




misachi68
お国柄なのか、科学博物館っていっても研究よりもエンタメ要素が高いように見えますね(*´∀`*)
楽しそう。


コメントを閉じる▲