おでかけブログ。その他、日々のおバカな出来事・読書感想などを、つらつらと。
佐賀の旅行もまとめとこうと思います。
自分のメモも兼ねて。

佐賀観光情報ポータルサイト

まず、佐賀と言ったらここ吉野ヶ里遺跡公園です。
とても広い公園。遺跡だけじゃなくて、子どもの遊び場もある。
勾玉づくりなどの体験コーナーも充実。
中でも、鏡・銅鐸・親魏倭王印を作る体験は
実施予定をHPで確認してくださいまし。

吉野ヶ里遺跡のあと、佐賀市内に宿泊したんですけど、
もうちょっと頑張って運転して、ホントは、
嬉野温泉に宿泊したかったなあ。
宿を探し始めた時には、もうめぼしい所は空室が無かったんで、
仕方がないんですけどね。
シーボルトの湯に立ち寄りたかったなあ。建物、好みなんです。

それか、武雄温泉だよなあ。
佐賀まで行って温泉に入ってないなんて。未練。

有田骨董市はGW期間中の開催なので、
もうこれだけのためにやってくる人も沢山いる。
本当にそのせいで渋滞してるんじゃないかと思う場面もありました。
もし、有田骨董市に行けなくても、せっかく近くまで来たなら
窯元さんがやっている
トレジャーハンティング」に参加するというのも面白そうです。

唐津では、唐津城のかっこよさにビックリしました。
そこから宝当神社に行ったんですが、
唐津観光協会のHPを見てると、
唐津くんちのお祭りの写真、楽しそう・・・。
曳山のデザインが、かなりステキなんですよ。
あと呼子のイカも有名ですよね。
なにより、七ツ釜に行って、
船で洞窟に入る遊覧船に乗りたかった・・・。

我ながら、
今回の旅行は神社に偏り過ぎたよね・・・。

あと、有田骨董市と同じで、
時期が限定されちゃうけど
佐賀インターナショナルバルーンフェスタもすごく有名ですよね。

うーん、まだまだいっぱい宿題が残ってるなあ。
また行かねば・・・。


ブログランキング・にほんブログ村へ

FC2blog テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

【2017/08/06 00:05】 | 佐賀県
【タグ】 佐賀県  旅行  まとめ  
トラックバック(0) |

Re: No title
あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

福岡へ行く~佐賀へ行く~って思いながら
連休がくるのを待ってると、
やっぱりアンテナがそっちの方へ向いてるせいか
よく情報を目にするようになるんだよねw
行きたいカフェなんて、こんなもんじゃないくらい
いっぱいチェックしてしもた~~~。゚(゚^Д^゚)゚。

あ、金沢も常にチェックしてますよ!

No title
misachi68
すごい宿題だらけじゃないですか(; ^ω^)
でも、きっとこの宿題を全部やり切るくらいの旅行しちゃったら、
地元の人よりも佐賀の主なスポット知ってる人になっちゃうよ。

よく考えてみれば、
私も金沢の観光地として有名だったりややマイナーだったりする
面白そうなところは
半分以上知らないと思うもの(; ^ω^)


コメントを閉じる▲
2017年、5月のGW連休の旅行は佐賀県に行きました。
あれこれ巡って、最後に立ち寄ったのが、こちらの道の駅。



有明海に面した「道の駅 鹿島」です。

そして、この建物の真裏が有明海。



期待どおり干潟だ~~~~



そして看板w
ガタリンピックってなんか聞いたことあるような気がする。

道の駅の中では、野菜やお魚なども売ってたんですが、
生ものはこれから帰宅する所要時間を考えたら、
やっぱり持って帰れない・・・。

でも、せっかく来たんだし・・・何かないか?

有明海と言ったら!

やっぱりむつごろう!

そしてそして!

この、怪しい生物と出会ってしまったのです!! 

その名も・・・W・R・S・B!!


(この動画は必見)
詳しい事はこちらの公式ホームページでどうぞ。

そんなわけで、W・R・S・B商品もゲットしました。
非常によい自分へのお土産が出来ましたw
それがこちら!
むつごろう&エイリアンラーメン。



超・凶悪顔だぜ、W・R・S・B!





そんなわけで、大満足でこの道の駅から帰途についたわけですが
まー最後の最後まで、GWらしさを堪能しましたわ。
(;´∀`)
なにがって、渋滞です。大渋滞。
ここを出たのが、15時半ごろ。
そして、家に着いたのが翌日の深夜1時前www
・゚・(ノ∀`;)・゚・

もちろん、「ここは混むだろうな~」って
最初から想定済みだった所もあるんですけど、
なんでこんなところで!?
っていう、よくわからないところで、何度も渋滞にはまり。
いやはや疲れました・・・。九州の混雑、ナメてたわ。


連休前「佐賀県に行きます」って人に言っても、
いまいちピンと来てもらえなかったけど、
どうしてどうして、すごいすごい。
本当に観光するとこ、いっぱいありましたよ~!佐賀県。
まだ行けてない所も多いし、宿題がたくさん残ってしまった。
外国人にはまだ(あまり)見つかってない所が多いのも
個人的には良かったです。また行きたい。



ブログランキング・にほんブログ村へ


追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

【2017/08/03 17:00】 | 佐賀県
【タグ】 佐賀  道の駅  ラーメン  お土産  
トラックバック(0) |

Re: No title
あけぼう
misachi68さん、いらっしゃーい(*´ヮ`)ノ

エイリアンラーメンの事を調べたら、
この動画にいきあたりましたw
佐賀県も頑張ってるよね(゚∀゚ノノ"☆パチパチパチ

No title
misachi68
動画見ました!おもしろ〜い(^Д^) ゲラゲラ
映画の予告編かと思ういい出来です。
ワラスボって初めて知りました。
固そうだけど、美味しいのかねぇ。

Re: こんにちはー
あけぼう
小々次郎さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

エイリアン、ずばりそのものも売ってましたー。
あまりに固そうだったので買わなかったけど
爺ちゃん歯が丈夫!

本当にあの渋滞にはまいりました。
山口県内あたりが眠くて眠くて一番つらかったです。
はーっ思い出すわーっ。

こんにちはー
小々次郎
爺さんがエイリアン食べた! 仕事中なんで音声は聞いてないけどクオリティ高いですね 
特にGWはどこ行っても渋滞してほんと疲れますね お疲れ様でした^^


コメントを閉じる▲
佐賀県にある祐徳稲荷神社に参拝しました。
次々と境内社をまわっているうちに、奥の院への道へと続き、
息切れしながらなんとか頂上にたどり着きました!



やっと着いたああああ~~~~~。



これが、奥の院の建物です。



奥の院 命婦社。参拝。(。-人-。) ・・・。



で、ここからの眺めがすばらしかった!
登った甲斐がありました。
右の方にうっすら有明海が見えています!
人生初だわ、有明海!
ここから意外と近かったのね。



左の方も広々。



ここから見える有明海、ズームするとこんな感じ。



で、こっちがこの時購入したお守り&おみくじですよん。
よく考えたら、なんで狐様じゃないんだろう・・・まぁいいか・・・。
御朱印ももちろん頂きましたよ♪



祐徳稲荷神社のご朱印~♪



ブログランキング・にほんブログ村へ


追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

【2017/08/02 12:50】 | 佐賀県
【タグ】 神社  佐賀  御朱印  ご朱印  お守り  
トラックバック(0) |

Re: No title
あけぼう
misachi68さん、いらっしゃーい(*´ヮ`)ノ

うん、わかりやすい♪
しかも効果の対象も広い☆(^^)

No title
misachi68
うまくいく守ってわかりやすくっていいですね!


コメントを閉じる▲
2017年5月の連休。

佐賀県にある祐徳稲荷神社にいました。



奥の院へ向かう途中にある「石壁神社」。



まず、ご祭神は萬子媛(祐徳院殿)様だそうです。

えーと・・・何て読むんだ? ググれググれ~・・・・

まんこひめ って読むそうです・・・。
後陽成天皇の孫にあたり、
父は左大臣花山院定好という、高貴な血筋の姫様で、
鹿島藩主鍋島直朝公に嫁いだそうなんですね。
その時に父上様から稲荷大神の神鏡を授けられたそうです。

しかしながら、その後、不幸なことに
直朝公との間にもうけた2人の子どもが2人とも亡くなってしまい
それを機にここへ社殿を建て、自ら神仏に仕えるようになったとのこと。



その後80歳になった時に、石壁山山腹のこの地に寿蔵を築かせて
断食して入定されたそうです。
まじか・・・。
高貴な公家のお姫様なのになんてストイック・・・意思の強さがすごい。
今は石壁神社となって、
お社の建物が岩の寿蔵の中に入ってるような形ですが
神社の社殿の隙間みたいなところが、一番当時の面影を感じる。



さらに階段を登って行くと、いかにも「稲荷」らしい
朱い鳥居の連続。

着いたところにまた神社がありました。「命婦社」です。





この「命婦社」、稲荷大神の神令使(お使い)である白狐の霊を、
お祀りしている御社なんだそうです。

それは萬子媛の時代から100年程経った、天明8年(1788)、
京都御所が火災に見舞われ、
その火が花山院内大臣邸(←実家筋)に燃え移った時、
どこからともなく白衣の一団が現れ、
屋根などにスルッと登り、あっという間に消火したそうです。

内大臣は彼らにお礼を言い「どこの者か?」と尋ねたところ
「我々は祐徳稲荷神社に奉仕している者です」と答えたそうです。
何故、花山院を消火して、御所のほうは消火しなかったのかと聞くと、
「自分たち、宮中に上がれるほど身分が高くないんで・・・」
と言って消えてしまいました。
この不思議な話を内大臣が天皇にお伝えしたところ
「ならば官位を授けよう」ということになり、
「命婦」という官位が与えられたのだそうです。



その続きの道、だんだん石段が粗い積み方になってきました・・・。
しかも、結構な勾配があります。



メインの階段から、ところどころ枝分かれして、
あちこちに小さな「命婦社」が建っています。



しんどいので、いちいち全部参拝はできない(;´∀`)
階段をのぼっていくので、もう必死です。
途中であきらめる人も結構いました。
年配の方や、うっかりサンダル的な靴で来た人なんかは、
最初から諦めておいた方がいいかも。
こんな感じが山の上まで続きますからね。



心折れそうになりながら、そして息切れしすぎて死にそうになりながらw
やっとたどり着きました!

奥の院とはどんなところなんでしょう? つづく。




ブログランキング・にほんブログ村へ


追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:国内旅行記 - ジャンル:旅行

【2017/07/31 17:34】 | 佐賀県
【タグ】 佐賀  神社  
トラックバック(0) |

Re: タイトルなし
あけぼう
小々次郎さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

最後の晩餐会にしては土瓶蒸しって渋すぎるwww
ちなみにあけぼうも断食無理です、
ダイエットすらままならないのに・・・
┐(´д`)┌ヤレヤレ


小々次郎
どうせ死ぬなら派手に最後の晩餐会を開いて大好物の松茸の土瓶蒸しに浸かってみたいと思うのが人の常。 断食するってかなり難しいと思います 自分なら多分5時間で限界 文字どうり”神業”ですね


Re: タイトルなし
あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

まさか都に繋がるエピソードのある神社とは思いませんでした。
最初の華やかな社殿の方では、
大きなおキツネ様の像以外は、
それほど「稲荷」という感じは薄かったのですが
こっちのほうは、大小の命婦社がたくさん!
ここの本当の姿はこちらのほうじゃないかなと思いましたよ!


misachi68
なるほど〜
萬子媛のけなげさもほろっとくるし、
白衣の消火隊も素敵すぎる!!
物語がすんなりわかりやすくて、
地元の人たちにも愛されてそうだね〜

コメントを閉じる▲
2017年、5月の連休。
佐賀県にある祐徳稲荷神社に来ております。



斜面の基礎の所は鉄筋コンクリートな神社のようです。



しっかりとした造り。



登りきると、美麗な社殿が見えてきました。



いやーゴージャスだわ~。



ご祭神は

倉稲魂大神(ウガノミタマノオオカミ)
大宮売大神(オオミヤノメノオオカミ)
猿田彦大神(サルタヒコノオオカミ)




もちろんこちらでも参拝。



上からはこんな感じの景色です。



なんか平安時代の景色を見てるみたいです。

それにしてもきらびやかな社殿でした。
最近見た神社の中では、
東照宮以外はあまりここまで鮮やかな神社って記憶ない。
ご覧の通り、周辺は田舎ですしね。
いきなりどうしてこんなに立派な神社が・・・って
ちょっと不思議なくらいです。

次は奥の院の方へ行ってみるよ。つづく。

ブログランキング・にほんブログ村へ


追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:神社・仏閣巡り - ジャンル:旅行

【2017/07/28 18:10】 | 佐賀県
【タグ】 佐賀  神社  
トラックバック(0) |

Re:
あけぼう
misachi68さん、いらっしゃーい(*´ヮ`)ノ

とっても綺麗な神社でした(^^)
そしてミサさん、ナイスです!
ここの物語あるんですよ〜。
次回、ご紹介したいと思います!


misachi68
きらびやか〜〜。.:+*:・'☆。、:+*:.
鮮やかで立派な神社ですね〜
田舎でこんなに立派なものがあるってことは
神社の建立にも何か物語がありそうですね(*´∀`*)ワクワク


コメントを閉じる▲