おでかけブログ。その他、日々のおバカな出来事・読書感想などを、つらつらと。
前回に引き続き、三方五湖に来ております。



高い所から360度見渡せて、入り組んだ地形がはっきりと分かる、面白い所です。

観光地としてもいろいろと付加価値をつけようと(?)取り組んでいるもよう。



なぜかメダカの学校がありました~。



「メダカですか・・・そうですか・・・」くらいのリアクションしかとれなくてごめんなさいw



それから、こんなものもありました。



どーん。「友好の鐘」だそうです。

説明にはこんなふうに書かれていました。

この鐘(編鐘)は幸福を呼ぶ鐘として中国古鐘研究会から友好の証として寄贈されました。
編鐘は中國湖北省で1977年に初めて発見され、紀元前5世紀には既に楽器が演奏されていたことを示す歴史的発見として注目を集めたものです。
その後陰陽の思想として確立するに至る1つの物の中に存在する2つの力を音という形で表わす大変珍しい鐘です。
日本における縄文時代にすでにこのような技術を有した事実に驚くとともに、2400年前の人間が社会生活に音楽を取り入れていたことに感動すら覚えます。
その音色は恩恵と幸福を次々もたらしたと言われております。
すばらしい文化を保有した中国古代に、そして時を同じくして日本に在った縄文時代に思いを馳せつつ、21世紀に向け世界平和とこの地に訪れた方々に幸福をもたらす鐘となるよう願いを込め、ここに設置いたします。

中國湖北省博物館の貴重な文化遺産を中国で複製されました。
2000年8月。




こんなのが発掘されたらそりゃすごいよねぇ。
編鐘っていう文字の意味が分かる気がする。
大小いろいろな鐘が並んでいて。



音色が重なって、増幅して。空気がふるえて。



多重的な金属の澄んだ音。
そんなの自然界で耳にすることはないだろうし。
きっと、霊的な音として響いたんだろうね。



古代中国凄いなぁ。



しかしこういった、場所柄に何の脈絡もない(?)日中友好とか日韓友好とかの、モニュメント的なもの、よくありますよねw
いちおうボタンを押すと鐘の音が鳴るような仕組みになっているので、もちろんポチ。これで幸福になれるかな。
どんな音がしたかは書き表せませんが、古代人だったら魅了されるわ、これは・・・って思うような音でしたよ。

さて、まだまだ盛りだくさんです。
狭いスペースにこれだけあるんだから、ある意味スゴイかも。

fc2blog_20160814130619e6b.jpg

そう、かわらけ投げ。
もちろん、やるとも。
考えてみたら、琵琶湖の竹生島以来かもしれない、かわらけ投げ。



かわらけに願い事を書いて、ここから投げます!



せーの~!えいっ



かわらけは消えていきました・・・。
願いはかなうのか・・・どうなのか、よくわからん・・・。



五木ひろし(当地出身)も倖せさがしてる。
あけぼうも、倖せさがして旅を続けるw



三方五湖レインボーラインにある山頂公園展望台は、
メダカあり、
古代中国の鐘あり、
神社あり、
恋人の聖地あり、
かわらけ投げあり、
五木ひろしありと、
結構 盛りだくさんでした。

もちろん一番のメインは景色ですけどね!

ブログランキング・にほんブログ村へ

この後、福井を後にして帰路に着いたのですが。
福井県・・・まだ行ってない所が沢山ある。
厚揚げのお店も立ち寄らずじまいだし、
ボルガライスというのも食べてないし。
ツリーピクニックアドベンチャーいけだ にも行きたかったし。
人魚の肉の伝説で有名な八百比丘尼ゆかりの空印寺も気になってたし、
今となっては名田庄村にも行きたいし。
温泉も不完全燃焼だし。
一乗谷とか、戦国時代関係も宿題をたくさん残してる気がする。
無色透明な印象の県とか言って、本当に申し訳なかった(笑)
また行きたいです、福井。



追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

【2016/09/23 17:51】 | 福井県
【タグ】 福井県  
トラックバック(0) |

Re: タイトルなし
あけぼう
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

迷走だよね、これ、やっぱり迷走だよねえ?(笑)
本当に狭い面積の中にゴチャッといろいろあるんです。
あとね、紹介しなかったですが、
実はミニ「ばら園」みたいなのもあったし
カブトムシがいっぱいいるところもあった。
季節的にカブトムシはまだいなくて、
柵の中に木が置いてあるだけだったけど、
多分夏になったらこの木にいっぱいカブトムシをくっつけて
子どもを喜ばせるつもりなのだろうな~と…。

うん。五木ひろしだけは
風景にも心情的にもしっくりきていたよ(´∀`)


Re: タイトルなし
あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そうなんですよ、福井県濃かった~。
考えてみたら京都のすぐ上にあるんだから
そりゃ~それなりに歴史的なものもあるだろうし…
海もあるし・・・山もあるし・・・
こっちとはもう文化圏が全然違うから新鮮!
っていうのもあるかもしれないですね☆彡
是非、あけぼうが未練残した所も行ってみてくだされ~。


玉坂めぐる 
やっぱりこの地形はすごいよ。
気持ちよさそう。行ってみたいです。
しかし観光作戦の正解探して
迷走中な感じはまたすごいww

そんな空気の中で五木ひろし物件は、
かずかずの名曲のなかから
「倖せさがして」なところ
これは正解!と思いました。(^^)
うぬ、倖せさがそうぞ・・・!


misachi68
お隣福井県がこんなに濃い内容だったとは!と
毎回楽しかったです。
もっと行きたいなと。
恐竜博物館と、東尋坊と、エンゼルランドくらいしか知らなかったので
これから日帰り旅の行き先が増えて
嬉しい限りです(人‘▽‘☆) ルン♪
ありがとうございます。

車でお出かけしても、高速で通り過ぎるだけだったんだよね〜〜

コメントを閉じる▲
三方五湖、レインボーライン「山頂公園」です。
続きです。



5月の良い天気だったので、清々しいです!




湖のほうは、こんなかんじで入り組んでいます。




俯瞰でみるとこんなかんじだそう。すごい地形だね。




瀬戸内海っぽい・・・けど、やっぱり雰囲気が日本海。
なんだろうな、何が違うのか。雰囲気としか言いようがないなあ。



この山頂公園、そんなに広いわけじゃないケド、360度の景色が楽しめるし、なんかいいですね。



恋人の聖地でもありました。



こういうのを意外とあっさりその場のノリでやっちゃうカップルも多いと思うんだけど、こうして眺めると、大勢の人の「念」の集合体みたいに見えてきて、あけぼう的には重いんだよね・・・。



こんなものもありました、「和合神社」。
「仙吉とみつ」のロマンスにあやかって建てられたと書いてあったけど、どんなロマンスなのかはよくわからない。この山の上でデートでもしてたのだろうか・・・。結構な脚力が必要だぞ。



でも、両方から参拝できるようになっている、非常に珍しい神社でした。



カップルで、こっち側、向こう側から参拝ってなんかいいね。
恋人の聖地に相応しい神社と言えますよね。



この石碑も、寄り添ってるカップルみたい。

ブログランキング・にほんブログ村へ


追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

【2016/09/20 17:05】 | 福井県
【タグ】 福井県  
トラックバック(0) |

Re:
あけぼう
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

素敵なお爺さんが作った鍵だと思うと、ちょっと微笑ましい目で見れるかもしんない。そして鍵作りの収入で、うまい酒でも呑んで欲しいd('∀'*)


玉坂めぐる 
どこだったっけか。
恋人たち用の鍵をぶら下げるための
杭を立てる用の穴の蓋を見たのは。
(^^)
つまり仮設の穴なんだよね。
ふざけてるよ。
きっとみんな「永遠」を誓ったんだろうにさww

ここの鎖はどうなんでしょうね。
そんで「誓」の文字が武骨でいいですね。
(^^)素敵なおじいさんが
ブツブツ言いながら
ガチャンガチャンと手作りしてるような気がします。

Re:
あけぼう
小々次郎さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

鹿でそうw 確かに出そうwww
あーやっぱヨーロッパ軒は行くべきだったんですかねぇ?
いや、一応チェックはしてたんですよ〜っ。
でもどうしても、GWだけに帰りの渋滞とか気になっちゃって(´ε`;) なんせ、初日にえらい目にあったんで…。
あー、宿題残したなあー。

Re:
あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

あ、分かってくれる人がいたー♪

そうなんだよねぇ、ひとつひとつは、恋人達のその瞬間のピュアな想いなんだとは思うんだけど、念ってやっぱ、集合体になるとイイ感じはしなくなるね(^_^;) うーん。



小々次郎
いー天気ですね いつも駐車場で眺めておしまいなので 上に神社があるの知らなかったです お見合い式参拝で恋が始まるかもしれませんね^^ なんとなく意味はわかるんですけど鍵の使い方が間違ってます レイボーラインは結構高いところを走ってるのに鹿が飛び出してくるんで大丈夫でしたか? ってことはヨーロッパ軒はいかなかったんですね 残念。 


misachi68
わかる〜〜
念の集合体だよね。鍵とか。
恋人の聖地だけど、
おまじないで鍵取り付けて誓い合った二人も
今は仲良しじゃないかもしんないし。
思いだけがそこにありそうでw

見晴らし良くて気持ちよさそうだな〜〜

コメントを閉じる▲
2016年5月 そこにはたぬきがいました。




大名だぬきのかくべえ?




角兵ヱは大名行列が大好きないたずらタヌキ。
でも地元の村の漁師さんたちが困っている時には、助けてくれたりしたそうです。




いいね、良いキャラだね~。


<詳しくはここをクリック>

ここは、三方五湖という若狭湾と湖がおりなす景色がが見渡せる、レインボーラインの山頂公園というところです。
今からリフトに乗って、山頂へ行きたいと思いますが・・・



たぬきの向こうに、お寺?



お地蔵さんです。梅丈岳安全地蔵尊だそうです。わかりやすい。
(。-人-。) ・・・。



リフトとケーブルカーがあるみたいなんですが、いい天気だし、絶対リフトでしょう!



リフトに乗ってる時に、後ろをパシャリ。
かなり高いし、風も強くて、予想以上にスリリングで楽しかった!

さて、山頂はどんなところかな~・・・。

つづく!



ブログランキング・にほんブログ村へ


追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

【2016/09/15 16:59】 | 福井県
【タグ】 福井県  
トラックバック(0) |

Re: タイトルなし
あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ


うん、ちびっこが多くて占領してたから、
中に入ることは入ったんだけど、
写真までは撮れなかったんだよね(;´∀`)
今回の旅は大満足ではあったけど
GWだっただけに、そういう点では未練残る―。


misachi68
いいな〜〜いい天気だし、
リフト気持ちよさそう♪

タヌキは中に入って写真撮らなかったんですか?

コメントを閉じる▲
福井県敦賀市に来ております。



敦賀市についてろくに下調べもせず。
思いつきでうろついております。



それにしても、今大河ドラマで熱い!このお方のお膝元だったんですね~。
石田光成なんかは最近は滋賀県のCMなんかもあって事情が変わってきたけども、基本的に西軍の関係者って、キャラとしては浸透してても、どこを治めてたのかもよく分かんない人多いよね。



で、なかなか好みの建物に出会いました。
最近こう言った洋館とはとんとご無沙汰なのでwwかなり嬉しい。



といっても、開館時間には早いですし、建物の外観のみ堪能しておきたいと思います。



目的地はこちらです。
まさか敦賀市にも晴明神社があるとは。
本家(?)の京都の晴明神社にも実はまだ行ったことがないのにw



住宅地の中にある感じの、こぢんまりした神社です。



この神社の拝殿には、晴明が使っていた「祈念石」という不思議な石があるそうです。
晴明さん、天文の研究などしながら、この地で暮らしてたことがあるそうなんですね。
おどろきました。京都からここまで、かなり遠いよ・・・?



なんか妙に人間っぽい顔をした龍の頭。



本当にこぢんまり。
にもかかわらず、祈念石がどこにあるのか全然わかりません。



そう。
ここには、きちんと事前連絡して行かないとダメだったんですよね。
社殿の戸は閉められカギが閉まっていて、まったく見ることが出来ませんでしたあ。
数日前に連絡しておかないと見学できないらしいです。
行こうと思う方は、要注意ですよ!

拝殿の中の、中央の祭壇の下に、祈念石はあるそうです。
鍵穴?から覗き込むと(←あやしいw)、あそこかな?という場所はわかりました。石はよく見えませんでしたが・・・。
祈念石は六角形をしていて、賽銭を投げいれて石の上に載れば願いが通じるといわれています。でも、場合によっては石に賽銭がはじかれてしまうこともあるんだとか・・・。
ちょっとしょんぼりしちゃいましたが、まあ思いつきで来ちゃったので。


ブログランキング・にほんブログ村へ

先日 本を読みまして。
福井に陰陽師の重要な場所があることを初めて知りました。
福井県名田庄村。
安倍晴明の子孫である土御門家が、
応仁の乱を逃れてたどり着いたのが名田庄村だと言われてます。
今も天社土御門神道の本拠地であります。
やばい、気になるわあ・・・。
福井県、ホント、いろいろありますねぇ。濃いねえ。


追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

【2016/09/08 18:56】 | 福井県
【タグ】 福井県  
トラックバック(0) |

Re:
あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ


そうなんだよ〜。まさかカープがこんな事になるとは、シーズン最初は、想像だにしなかったよ~٩(๑^o^๑)۶

でももう、チケットは今シーズンのは全部完売なんだって。だから見に行けてないんだ(;´∀`)

あ、ちなみにその本とは
前回の記事で紹介した「うわさの神仏」なんだよ。


misachi68
え〜〜〜その本はなんて本なの??
気になるわぁ〜

それと、カープが優勝する瞬間を見ようと
球場にあけぼうさんが通ってるんじゃないかと
ニュースで観客席が映ってると気になるわぁ

コメントを閉じる▲
福井県敦賀市の氣比神宮二来ております。
続きです。

本殿の横には、摂末社があります。
境内図には「九社の宮」とあります。


≪一つ一つの宮の説明はクリックで拡大≫



こんなかんじにずらーっと。
ちゃんと一つ一つお参りしましたよ♪




そして、九社の奥には2つのお宮が。
「神明社」といって、そのご祭神は天照皇大神(内宮)、豊受大神(外宮)だそうです。

そしてそして!
境内の中ではあるのですが、本殿とは駐車場を挟んで、なぜか離れた場所にも摂社があります。



それがこちら。



角鹿(つぬが)神社です。


≪クリックで拡大≫

ご祭神は、都怒我阿羅斯等命(つぬがあらしとのみこと)

実は前日の夜、敦賀入りした時に、敦賀駅前を歩いたんですよ。
そしたら、角髪(みずら)を結った古代の神様っぽい銅像がバーンと建ってましてね。
なにげに珍しいでしょ?駅前に古代の人の銅像。
ふつうは戦国武将とかが多いじゃないですか。

なので、「いったい、だれ?」と思って銅像に近づいたところ、この「ツヌガアラシトノミコト」様だったんですね。
しかも漢字で書いてあって、「都怒我阿羅斯等」(つぬがあらしと)。よめなーいw
意富加羅国(大加耶/大加羅)の王子で、地名「敦賀(つるが)」の由来の人物だそうです。




ツヌガアラシトノミコト、ちょっとググッてみただけでも、いろいろ諸説あって調べたら深そうでした。
額から角が生えていた!っていう伝承もあるらしく、角?鬼?桃太郎?とかワクワクしたりw

で、神社の説明ではこの地を治めることになって、この場所が政務所の跡だったとか。



この狛犬さんは前歯が鋭いね・・・。




その隣には伊弉冊尊を祀った兒宮(児宮・このみや)と、
大己貴命、合祀に稲荷神・金刀比羅神を祀った大神下前神社という末社があります。
といっても立派。


境内には松尾芭蕉が来て句を詠んだらしく、句碑も建ってました。
盛りだくさん過ぎる~。



さらに陸軍から寄贈されたという、ユーカリの木まで!


さすが北陸道総鎮守だけあって、歴史が古くて、
古代・南北朝・松尾芭蕉・ユーカリ・桃太郎と、色々なところをカバーしてますね。
興味が広がってしまいました。
しかし、それゆえに御朱印を貰えなかったのがますます痛いです。

また来よう。



ブログランキング・にほんブログ村へ


追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

【2016/08/31 16:35】 | 福井県
【タグ】 福井県  
トラックバック(0) |

Re: タイトルなし
あけぼう
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

確かに桃太郎さんのみずらヘアも、
直接はどうか分かんないけど、
イメージが引っ張られたというのはあるかもしれないよね。
みずらの「角髪」って字もこうなってくると深いよね・・・。
江戸時代の人、なんかそういう「誤解」、積極的にノリノリでやりそうだもんなあ。
ぬつがあらしとのみこと には角が生えてた的な伝説もそういうところから…。
で、逆にそこから桃太郎伝説にリンクしていって…。
なんだかいろいろ妄想が広がるよね。

そもそもみずらって日本原産のヘアスタイルだと思ってたんだけど。
埴輪とか・・・。
なんで古代朝鮮の人物らしき、つぬがあらしとのみこと がしてるのかも不思議。
ていうか つぬがあらしとのみこと の当て字もまた暴走族的センスで素敵です。


Re: タイトルなし
あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

確かにシンプルに読んだら「あつが」だよねえ。
角鹿も確かに当て字っぽい。
ツヌガアラシト、って音として
任那っぽさみたいなのがあるのかな~・・・。
案外当て字の「字」にも意味があったりするのかな。
地名っていろいろ隠されてるんだね、面白いなあ。


玉坂めぐる 
おお、先ほどの「桃太郎神像」が、みずらヘアに結ってることも関係あるんだろうかあ(^^)

角髪(みずら)って書くんだねーそういえばー。そんで角(つの)かな? ひょっとして。。。だけど、古文書の誤読とか、関係ないかなー。
こういうのって自分レベルの低次元で考えちゃう悪い癖があるんだけど(^^)…古くから伝わる漢字ばかりの古文書を江戸期ぐらいの人が見ていると「角髪」の文字から、「鬼っぽい角」が、むくむく出てきちゃうの、ありそうな気がしてならないです。
自論ですが「誤解は文化だ」と思うんで、これまた勝手に誤解してニヤニヤしていい?
盛りだくさんが大好きなお社みたいだから、そんな自分も許してもらえそう。。。ってまた誤解する。(^へ^:)


misachi68
なるほど〜〜
敦賀って、変な読ませ方する地名だなって思ってたんだよね。
当て字だったってわけですね。
角鹿も当て字っぽいけれども。

読めない変な地名にはこういうパターンもあるんだねぇ。

コメントを閉じる▲