おでかけブログ。その他、日々のおバカな出来事・読書感想などを、つらつらと。
山口県、美祢市。
ラストは、秋芳洞のあった美祢市に戻ってきました。



周辺はホント、のどかな田舎です。

別府弁天池 (1)

無料の駐車場があるので、まずはそこに車を止めて。
徒歩ですぐです。

別府弁天池 (2)
≪別府弁天池とは何ぞや?という方はクリック≫
長者いったい何者・・・?
以来千百余年てことは、平安時代ごろ?の話ってことでしょうかね。
色々なドラマが、より合わさってシンプル化したような感じのエピソードですね。

神様の霊験あらたかな湧き水・・・それがこの池でございます。
ちょっと雨がまた降り始めちゃってますけど・・・どうぞ 
観光スポットになるのもわかります。
すっごくきれいな池。

別府弁天池 (4)

飲料水だから、絶対に水の中に入らないでください、とありました。

別府弁天池 (7)

こちらの神社にも、参拝しておきました。
銀杏がね~(;´∀`)
もう足元に、そこらじゅうに落ちてて。
においがえらいことになってました。
いつもより、雑念の多い参拝でした(笑)
ご朱印はなし。

別府弁天池 (8)

だんだん、雨足が強くなってきました。
この池の水を見ていると、なんだか立ち去り難いなあ。
見れば見るほど不思議な色合いです。
見る方向とか、場所とか、天気でも色合いが微妙に違って見えるし。

別府弁天池 (9)

もちろん、名水百選ですとも。
近くの売店でペットボトルを売ってるので、お水ゲットして帰りました☆
美味しいお水でした、味はなんていうのかな~懐かしい感じ(笑)
うーん。お水の味って説明しづらいなw

さて、今回の山口旅行はこんな感じでおしまいです。
1泊2日、ずっと雨が降ったりやんだり(笑)
うーん、天気には恵まれなかったけど前から言ってみたかったところばかりを巡ることができたので、自分としては大満足です。ブログ記事には詳しく書かなかったけど、宿泊先は「ホテル楊貴館」というところで、油谷湾を見ながら温泉にもつかることができたし(ツルツルになるお湯でした!)、食事もおいしかったし。

次は、津和野に行きたいなー…。
あーでも夏の晴れた日に角島にはもう一度来たいな~~。
萩も、もう昔行った時の記憶なくなってきてるから、そろそろ行きたいし(笑)
また計画立てて行こうと思います☆

別府弁天池 (3)

ブログランキング・にほんブログ村へ
油谷湾(ゆやわん)…声に出して読みたい日本語(地名)…。


追記を閉じる▲
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

【2014/11/22 12:55】 | 美祢市
【タグ】 山口県  美祢市  
トラックバック(0) |


あけぼう
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そう、久々すぎて前に出たの何だったか忘れてましたw
そして「つ」だけは思い出したんだけども。
でも「ゆやわん」良いでしょ、「ゆやわん」。
声に出して読みたい日本語(地名)は、いくつか集まったらまとめたいなぁと思いつつ、多分また忘れていって、グダグダになるんだろうなw(←予言)


玉坂めぐる 
ひさびさ。声に出して読みたい日本語(地名)…。
(^^)前に出てきたのはなんだっけ。
あ・・・つ! だったかな(^。^)つ!

名水と温泉と、水分がいい感じの旅はいいなあ。
 


あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

ゆやわん、なんか可愛くないですか?
あけぼうの中でイチオシなんですよwww
今回は立ち寄らなかったので触れませんでしたけど、このあたりに「実は楊貴妃が逃げのびてきた」的伝説が残っているらしく。中国風のお寺もあるらしいんですよ~。また行くときのために、残しておきました(゚∀゚)☆


misachi68
不思議な色ですね(*´ω`*) ウットリ…
水の色を見るためだけにでも行きたいかも!!

ゆやわん・・・って声に出して言ってみたw

コメントを閉じる▲
2014年11月の山口旅行。
前回の「秋芳洞」からの続きです。
秋芳洞を見たからにゃ、秋吉台も見るでしょう。

ってことで。
秋吉台 (1)

はい、これ。

秋吉台・・・。

秋吉台 (2)

雨だけど、今は小休止って感じで、降ってはいません。
降ってはないけども・・・見通しはすごく悪い(笑)

秋吉台 (3)

ていうか、「カルスト台地」なんだよね?
西日本最大の「カルスト台地」のはずなのに・・・。

なんか、ほとんど石らしきものが見えない(;´∀`)

秋吉台 (4)

写真、左下のあたりに、すこし岩が見えますが。
カルストのイメージってこう、白い岩がボコボコ点在してる感じなんだけど、なんか岩の色、黒いんですけど・・・。

秋吉台 (5)

雨でぬれると黒くなる岩なのかなー。
それとも草ボーボーだし、季節とかも関係してるのかなー(;・∀・)
あ~あ~。
夏に、四国カルストに行った時()も、霧がすごくて見通し悪くて残念だったから、今度こそ!と思ってたのに~。
なんだろ、カルストに縁がないのかな~~~。

ちょっと、消化不良だったけど、まあ一応「見た!」ということで、次へ向かいたいと思います。
でも、いつかリベンジしたいと思います☆
(諦めない)
(懲りないともいう)


ブログランキング・にほんブログ村へ 
時間の兼ね合いもあって「秋吉台サファリパーク」には立ち寄りませんでした。
雨の日って、動物たち、じーっとしてそうだよね・・・。


追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

【2014/11/13 18:00】 | 美祢市
【タグ】 秋吉台  山口県  美祢市  
トラックバック(0) |


あけぼう
りんご村のシルルさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そうなんですよ~(;´Д`)
隣県とはいえ遠くてなかなか気安く行ける場所でもないので、残念でしたー。
今年はどうも休みの日に雨が降る確率高い気がするなあ・・・。
普段の行いが悪いのかしらw
カルストは、奈良の吉野山みたいに、野焼きするんですよ~。
毎年そのニュースが流れます♪
あけぼうが見たのって、もしかすると、ちょうどマックスに草が伸びた時期だったのかも。

Re: タイトルなし
あけぼう
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

縁ないよね。縁ないんだなと思った、今回w
そのほかの縁かぁ、最近休みの日、雨多いしなあ…。
しかし、恋愛関係のご縁って、鰐みたいなもんかもしれんね。
霧中の鰐。
おお~☆なんかブンガクの香りするな、霧中の鰐。
(頭悪そうな笑顔で)


りんご村のシルル
こんばんは。
残念なお天気でしたね。
でも行ったり、見たりすることに意義があるってことで♪

カルストは案外緑に覆われているのですね。
意外でした(^^)。

御疲れ様でしたー♪


玉坂めぐる 
うーむ、どうやら
カルスト縁がない・・・

そのぶんほかの縁で補ってるのかもしれないよ。
カラフト縁とかトラスト縁とか
そんなのは無くてもいいか・・・
それよりあの縁・・・それも霧の中かな。
・・・恋は突然、鰐のように。


あけぼう
小々次郎さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

なんかコレジャナイ感がすごかったです(笑)
もうちょっと進めば「らしい」風景が広がったのかなあ・・・なんて考えもしましたけど、もしそうだったとしてもこの霧じゃ見えませんもんね。
ぬーっとあらわれるワニといえば、最近は夜も怖いですよね。
突然あらわれる無灯火の学生服着たチャリとか、心臓に悪いです。
冬の制服って黒いじゃないですか~。闇に溶けますよね。
学生服は必ずどこかに蛍光塗料つけることを、法律で義務づけろやって思います(`Д´)
それか、チャリをピカピカ光るようにデコッてほしいです。良くない?デコチャリ☆


小々次郎
わぁ どこまでも果てしなく残念ですね 霧。
霧の中、無灯火で走ってくる車はこわいですよね
音もなく ぬーっと あらわれるワニのようでビビります
安心は距離間で測ってるんだなと つくづく思います
くれぐれも霧の中の運転はご注意ください。


コメントを閉じる▲
11月最初の連休は、なんと、まさかの天気予報 
うそー!Σ(゚д゚lll)ガーン
といいつつも、車に乗り込み出発しました。

天気

高速道路を西へ西へ。
途中の景色の山。霧もくもく。


秋芳洞 (1)

到着したのは、山口県美祢市です!
雨だから、ちょっと観光客少ないか?
目的は、日本屈指の大鍾乳洞「秋芳洞(あきよしどう)」です。
駐車場は、お土産屋さんとセット。こんぴらさんと同じシステムでした。

秋芳洞 (2)

むかーし昔に、一度来たことがあるんですが、もうほとんど細かいことは覚えてません(;^ω^A

秋芳洞 (3)

河童の伝説があったなんて、初めて知ったしw

秋芳洞 (4)

入り口まで来ると、やっぱり観光客、意外と多かったです。
小学生の団体とか、中国の観光客とか。
確かに、鍾乳洞って、入ってしまえばお天気関係ないから、観光ルートに入れとくの良いかも。

秋芳洞 (5)

紅葉はまだ始まったばかりなので、全体的に緑色。
このせせらぎは、鍾乳洞から流れてきてます。

秋芳洞 (6)

河童の伝説があるのも、うなづけるくらい、水きれい!
さっそく、入ってみます・・・。
ここからは暗いので、あけぼうのしょぼいコンデジでは、写りがアレなんですけど

秋芳洞 (7)

まず、入ってすぐ、鍾乳洞とは思えないくらいの大空間にびっくりですよ!

秋芳洞 (8)

そして、ぽか~んとしてるうちに、「ザ☆秋芳洞」な景色が眼前に。
「百枚皿」というところです。まさに、なネーミング。

秋芳洞 (9)

ここは、ガイドブック等でも必ず出てるスポットです。
洞内は見学用の歩道があって、すべての写真はそこから撮る感じになります。
ところどころライトがあるので、ライトの近くだと手前が見やすい。
ただ、そんなに広い歩道ではないので、ほかの人の迷惑にならないようにサッ!と撮ってます。サッ!と。

秋芳洞 (10)

つららのような鍾乳石。

秋芳洞 (12)

観光スポットなので、いわゆるリアルな洞窟とは違って、ふと上を見上げると、そこにはコウモリがびっしりと・・・!みたいな恐怖が無くていいですよね~♪(←コウモリだいきらい)

fc2blog_20141106130328338.jpg 

「大黒柱」です。
上からぽたぽた、鍾乳石が成長し。
下からにょきにょき、石筍が成長して。
それが合体して柱になってるんですけど、何万年・・・何十万年・・・気の遠くなるような時間がかかってるはず・・・。

秋芳洞 (14)

これは仏様の名前がついてました。

fc2blog_20141106130349e00.jpg 

そして、これが「黄金柱」という、超でっかい石柱。
太さを表現するため、不肖あけぼう、両手を広げてみましたよw

秋芳洞 (17)

こっちは「岩窟王」。
言われてみれば、手を合わせている横顔のような・・・。
その他、多すぎて全部紹介はできないけど、様々な岩が名付けられていましたよ。

秋芳洞 (16)

このへん!
リアルで見るとすごいんですけど、写真だとなんだかのっぺりしてますね。
このウニャウニャした感じ、なんだか臓器の中っぽくないですか??
昔、手塚治虫のアニメで、体内に入って病気の治療したり敵と戦ったりする話ありませんでした?あれ、結構好きだったんだよなー。前、検査で自分の腸の中を見た時も、あのアニメを思い出したりしたよ。あらすじとか、話のラストとか、全然覚えてないけど印象には強く残ってるんだよなー・・・。って、話が脱線してしまった(*-∀-)ノ゙

秋芳洞 (18)

この、滝の流れが止まったような鍾乳石も、すごいなあ・・・。

秋芳洞 (19)

往復して戻ってきました。
ここは最初の大空間です。
なんだかんだ言って、ここが一番印象深かったですね。
澄んだ水に、鍾乳洞の大空間がすべて写っていて、水鏡のようになっていまして。
丸く、閉じたひとつの世界みたいになっていて、とても幻想的でした。
まるでファンタジーの世界でした。

秋芳洞 (20)

大人になって見た秋芳洞、良かったです。
子どもの時とは違うところで感動できたりするなあ。

ブログランキング・にほんブログ村へ 



追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

【2014/11/12 07:53】 | 美祢市
【タグ】 山口県  美祢市  秋芳洞  
トラックバック(0) |


あけぼう
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

おお~ちゃんと覚えてるの、偉いなあ!
鎧を着たお化けって面白いね。
お父上、やるなw
せっかく連れて行った旅行だし、幼い子の記憶に焼き付けるためには、泣かすくらいのどぎつい出来事が必要なのかもしれないな~~(勉強になった・・・)


玉坂めぐる 
玉坂も小学校の時に行って
でも、皆と違ってよく覚えてるぞ。
百枚皿とか、黄金柱とか。
(^^)素直なよい子だった頃だからな!

でも翌日に旅館で父親が新聞を見ながら
「あー、秋芳洞に鎧をきたお化けが出たらしいな」
って言うから、泣きそうになったのも覚えてるよ。
今思えば、新聞にそんなのでるわけないじゃん。
チキショウ、ヤラレタワ。





あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

あけぼうも、行ったことあるはずなのにほとんど記憶になかったよw
河童の伝説なんて知らなかったしw
子どもの頃・・・といっても、そこそこ大きかったハズなのに、なんでこんなに忘れてるんだろ(笑)
大人たちも連れて行った甲斐が無いよね。゚(゚^Д^゚)゚。
今回の旅は雨が降ったりやんだりで、そういう意味では残念だったんだけど、鍾乳洞には天気は関係ないし、見ごたえもあって満足度高いし、プランに加えといて損はなかったなーと思ったよ☆


misachi68
修学旅行で秋芳洞にも行った記憶があるのですが、
内容をちっとも覚えておりません(; ^ω^)
鍾乳洞って好きなんだよね〜
カッパさんがいたんだ〜
そっか天気が関係ないスポットって旅のプランに必要だよね。

コメントを閉じる▲