おでかけブログ。その他、日々のおバカな出来事・読書感想などを、つらつらと。
西条。
酒まつり会場を離れて、静かなところへやってきました。
駅から7~8分くらいかな。徒歩で。

御建神社 (15)

御建神社という神社です。

御建神社 (14)

心なしか?歯が赤いんですが・・・。それに爪も・・・。
え、何食べたん?何食べたん??

御建神社 (13)

さて、御建神社といいましたが、同じ境内に松尾神社というお酒の神様を祀った神社もあって、

御建神社 (12)

参道には、地元・西条の酒造メーカーさんの名前がずらっと。

御建神社 (2)

社殿の両サイドにも、いろんな酒樽が並んでました。

御建神社 (7)

御建神社 (3)

由緒を見ると、もともとは素戔嗚命を(中心に)お祀りしていたところに、明治に入って近隣の神社と合併して今に至る・・・って感じみたいです。
706年、ちょっと調べたら奈良時代、文武天皇の時代でした。

御建神社 (9)

で、こちらが松尾神社の社殿です。
山城伏見から勧進されたということですよ。
西条の酒造りの歴史は明治以降なので、伏見や灘に比べたら後発なのですよね。
それでも「三大酒処」として肩を並べるまでになったんだからすごいすごい。

御建神社 (5)

こちら、酒まつり会場でちょいちょい目撃した、キャラクターの「のん太くん」。
なんだか、ありがたーい表情で、耳を傾けてくれちゃってますよ(笑)
案外、ご利益ありそうだよ?( *´艸`)

で、なんとか書いていただけた、

ご朱印~☆

以上、西条からでした~♪
ブログランキング・にほんブログ村へ


追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:神社・仏閣巡り - ジャンル:旅行

【2014/11/10 09:18】 | 西条
トラックバック(0) |


あけぼう
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そうだねあけぼうも後者に一票ww
って、本当は「みたてじんじゃ」だけども
なんかそれじゃ面白くないみたいになっちゃったじゃないかwww


玉坂めぐる 
おんたてじんじゃ でしょうか。
おったてじんじゃ でしょうか。
好みとしては後者(^^)


コメントを閉じる▲
西条 酒祭り 続きでございます。


昼ごろ「酒ひろば」から退出して、そのまま向かいの広場へ入りました。
真ん中のステージでオジ様たちの渋い唄が披露されております。




広場を屋台がぐるっと取り囲んでいて、中央あたりはテーブル&椅子!!!
うそぉ~こっちのほうが楽じゃん・・・。

酒蔵めぐり (3)

このタヌキは公式キャラクターの「のん太くん」です。
お酒をこよなく愛する陽気なたぬきらしいですw グッズも売られてた。
fc2blog_20141106114853e76.jpg

こうしてね、周辺の市町村からも地元の名産をアピールする絶好の機会とばかりに、いろんな食べ物売ってます。



いいだこが丸々一匹入ったたこ焼きとかw
一つがめっちゃ大きいのかな。

酒蔵めぐり (6)

酒かす入りとか酒処っぽいですよね・・・
(美味しいのか想像つかないけどw)

ちなみに次に向かっている会場は「酒蔵通り」です。

酒蔵めぐり (7)

その通りの途中には、なぜか武将がw
すぐそばで甲冑レンタル店が、臨時出店していました。
友人が「こういう人たち宮島にもいるよね?」って言ったら、「うん、いるー☆」って答えてくれました、武将らしからぬ軽さ。わはは。

fc2blog_2014110611514507e.jpg

今もこの西条駅周辺で8社の蔵元が醸造しています。
左右に、「いかにも」な建物があるのがわかっていただけますでしょーか。

酒蔵めぐり (11)

で、8つの蔵元さんがそれぞれにイベントを催しています。

fc2blog_20141106115221fc2.jpg

もちろんお酒も無料試飲とかやってるー。
大吟醸あたりはやっぱ有料が多いかな。でも、酒ひろばでほとんど全くモトを取れず、もったいないことしちゃったから、こっちのほうが良いような気がするんだよね。欲しいぶんだけ~みたいな。それに、西条に来たなら地元の酒を優先して呑みたいじゃろ?

fc2blog_201411061152478e5.jpg

普段は、そんな人通りの多いようなところじゃないらしいですけど、今日はどこも人・人・人。
そこはよその駐車場では・・・(;^ω^Aってところや、道の隅っこなどに、ほっぺたの赤い人たちがニコニコして座ってたりしますw

酒蔵めぐり (16)

もともと、ここ西条は江戸時代の西国街道の宿場町として栄えていたらしく。
それっぽい建物がありました。

酒蔵めぐり (15)

お茶屋(本陣)跡だそうです。
広島藩の本陣で、明治以降は役所として使われていた建物なんだとか。
祭りだったから、拝観できないのかと思いきや、普段も外観しか見られないとのこと。残念。

でもこのあたりは酒蔵の趣のある通りや、「近代化産業遺産」に指定された建物が多くて、これはちょっと、またの機会に建物探訪したいかも・・・。

酒蔵めぐり (17)

こちらは賀茂鶴酒造さんの本社事務所だそうです。
昭和の建築らしいですが、いい感じの洋館です。

酒蔵めぐり (18)

賀茂鶴さんといったら、最近だと、安倍首相とアメリカのオバマ大統領が「すきやばし次郎」であった時に出た酒が、ここのお酒だったということで、当時広島県内で超ホットな話題でした(´∀`) うまいよねーあれ。

酒蔵めぐり (19)

賀茂鶴酒造さんでは、音楽イベントや、1000人で乾杯リレーとか、いろいろやってました。

酒蔵めぐり (20)

あけぼうが来た時は、BGMみたいなのは鳴ってるけど、まだ、始まる前ってかんじ。

酒蔵めぐり (21)

椅子がわりの酒瓶のケースが、なんか味あるよねー。
あと、お土産用に酒スイーツをここで購入しました。うふ。
実は、あけぼうは酒の効いたお菓子大好きなんですわ。
昔は、ラム酒とかブランデーの洋菓子系しかなかったですが、最近は日本酒系のお菓子もいろいろ増えてきましたよね。
今回購入したのは「酒粕ぷりん」4種類。
利き酒できそうなくらいに、それそれの酒の味がしてグーでした。
プリンといっても、卵が入ってるわけではなく、杏仁豆腐とか牛乳カンに近いのをイメージしてください☆

fc2blog_20141106115332f6e.jpg

しかし、様々な食べ物が屋台で売られてて・・・

fc2blog_20141106115648ac9.jpg

すごい気になるものもちょくちょく見つけたりするんですけどね・・・。
いかんせん、お腹が全然空かなくて(;^ω^) ただ、日本酒を飲むとやっぱり魚系が食べたくなるよなあ~。広島のお酒は特にそう思う。やっぱ地元の食べ物と合うようにできてるんだろうね。あ~魚の一夜干しをいい感じに焼き上げ、その身をほぐしつつ、酒をチビチビ飲みたいっ。ってなんか、亡き祖父と同じようなこと言うようになってきたな、わしw



酒蔵めぐり (26)

もういっこ、洋館発見。
賀茂泉酒造・酒泉館という建物で、こちらも「近代化産業遺産」のひとつ。

酒蔵めぐり (28)

中ではカフェ~。
ここ、今は大勢の人がガシガシ入って来てるけど、普段はどんな感じなんだろ。また来てみたいです。



洋館もあれば、いかにも酒蔵なかんじの、和風の建物もまたこれ味わいがあって素敵でした。

酒蔵めぐり (30)

ここでも、お酒を飲むために、たくさんの人が来てました。
お酒のランクに応じて100~300円て感じかな。
「和らぎ水」も飲みつつなので、すでにチャプチャプなお腹になってます。

しかしやっぱり、全部回るのは大変ですよ~。
エリアも広いから、相当歩くことになりますわ。
でも最後まで、悪酔いした人に遭遇することもなくて。
みんな穏やか。楽しそうに飲み歩いていました。

【酒蔵イベント攻略メモ】
 1.ほかの会場で食べすぎない(呑みすぎない)こと
 2.このエリアを制覇するだけでも大変なので、また後で戻ってきて・・・とかムリ!そんな気力残らない!酒との出会いは一期一会!(←なんか名言っぽいw)




帰りの臨時列車は、きっと酒のにおいプンプンだったと思うよ・・・( *´艸`)
ブログランキング・にほんブログ村へ
西条ではないけれど、今話題の朝ドラ「マッサン」の竹鶴酒造にちょこっと立ち寄った記事はこちら(だいぶ前だけども)


追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:ちょっとおでかけ - ジャンル:旅行

【2014/11/07 17:06】 | 西条
【タグ】 西条  酒まつり  日本酒  
トラックバック(0) |


あけぼう
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

だよね、昼間っていうのがお気に入り♪
夜はもうちょっと無体な人とか、調子に乗った若者率が高まるかもしれないし。
昼日中は、ファミリーや学生もうろうろしてるから(もちろん飲んでないけどね)、どこか健全な感じがあって、ただただ陽気なだけ、っていうのが良い雰囲気でしたわ~☆


玉坂めぐる 
昼の日中、町じゅう酔っ払いとか
いいねえ(^^)
ドイツのビールどころのお祭りとか
憧れるんだけど
そうか、日本にもあったのかあ♬



あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

お酒スイーツは美味いですよね~♪
武将は祭りの良いアクセントになってましたよw
甲冑着て写真撮ったりできるみたいです。
酔っぱらったテンションでチャレンジする人多いかもしれないね~。
金沢なら、甲冑着た人がうろうろしてもマッチしそうw
あればいいのにね~~。


misachi68
すごいにぎわいですね(*´∀`*)
お酒スイーツいいですね。私も好き〜
日本酒は美味しいって思うのに、
飲み過ぎて悪酔いしちゃったトラウマがあるので
ちょびっとしか飲めません。
だけどスイーツいいわぁ。
それにたこ焼きもちょっと気になる。

でももっと気になるのは武将・・・
甲冑レンタル店っていうのがあることに驚き!!
それは素晴らしい!!
そんなん金沢では見たことないなぁ。
あったらいいのに。

コメントを閉じる▲
広島県、東広島市の西条(さいじょう)って町に行ってきました!!

昔から言われている日本三大酒どころ、と言ったらどこでしょう?
それは、灘・伏見・そしてここ、西条なのです。

そして、10月11日、毎年大盛況とウワサの「西条酒まつり」に行ってきました。

酒ひろば (1)

電車も臨時便が出るほどです。
そして、駅から降り立ったすぐの場所からすでにちらほらと屋台があり、ウコン売ってるwww
酒まつりの会場はいくつかに分かれているんですが、どれも徒歩圏内なので便利。
まず、第一に我々が目指すのは「酒ひろば」という会場です。

これは、会場の囲いに貼られた各地の酒のラベル(の一部)

酒ひろば (2) 酒ひろば (3)

酒ひろば (3)  酒ひろば (4)

酒ひろば (5) 

全国の酒、1000以上の銘柄が勢揃いです。
有料ですが、時間制限なしで色んな酒が飲めます。

そのせいでしょうかw
なんか、祭りに来た人たちの男性率が高めw

で、そんなわけなので、朝イチで開会時間にやって来たにもかかわらず、入場のための行列ができてました。

酒ひろば (7)

とにかく、予想以上の行列。町内一周しちゃうんじゃないかというほど。
角を曲がっても最後尾が見えない。
その次の角を曲がっても・・・まだ最後尾が見れない!
(;´∀`)…うわぁ…って感じで、行列の最後尾に並んだ時には絶望感しかなかったです。
マジで心が折れかけて、思わず「払い戻しってできるのかな?払い戻しして別会場に行く?」って意見も飛び出したよ。

酒ひろば (9)

まあ行列の進み具合を見てからしよう、ということで何とか踏みとどまりましたけどね。
もっと、スッと入場できるイメージでいたので、本当に予想外でした。
ナメてました酒まつり。

結果的には、わりとサクサク進んで、30分くらいで入場できました。
来年以降に酒祭りに来ようとする人のために、書き残しておきます。
【酒ひろば攻略メモ】
 我々が並んだ最後尾は郵便局のところ。
 そこから30分で入場できるので、行列を見て絶望することなかれ。

入場すると、会場にある酒の全銘柄(酒造メーカーと、お酒についての一言)が掲載された目録の冊子と、おちょこをもらいます。
このおちょこで、各地域のブースに行ってお酒を注いでもらうわけです。

酒ひろば (10)

スペシャルおちょこ・・・いいな・・・

酒ひろば (13)

あけぼうのは普通のおちょこでした。
会場内では、フードは別料金になっているので、チケットを先に購入して、それで支払う形になります。
1000円分も買っちゃったので、消費するのに結構困ったw
結果的には、500円とか600円くらいで良かったかな。

fc2blog_20141106123810498.jpg

すでにもう、立ち飲みエリアはいっぱいです。

fc2blog_20141106123746d04.jpg

ここは、確か東北の酒。
都道府県ごとになっていて、銘柄には番号が振られてます。
番号を言うと、その酒を注いでくれますよ。
前から飲んでみたかった酒を目指すもよし、目録を見てこれはと思った酒にするのもよし。その場の直感で選ぶのもまた良し。

fc2blog_201411061237175e1.jpg

すんげぇ人ですよ(( ´∀`))ゲラゲラ
でもね、後から考えたらこの時間が最も混雑してたのかも。
もうね、どこにも落ち着く場所がない(ノ∀`)アチャー
どこもかしこも座れそうな場所には既に誰かが陣取ってるw
みんなが朝早くから行列をつくっていたのは、場所を確保するためだったのかも。

落ち着く場所が見つからないまま、チビチビ飲みながらフラフラ歩く~みたいなかんじになりました。
なんかこれ、すぐ酔いがまわりそ~www

酒ひろば (14)

で、腹ごしらえのうどんw
朝早くから出発したので、おなかペコペコでして。
酒飲むんだから、おなかの中に何か入れておかないとってことで。

うどんのほかに、でっかいメンチカツと、がんす天を購入。
「がんす天」っていうのは練り物の一つなんだけど、中に野菜とか一味唐辛子が入ってて、パン粉つけて揚げてある食べ物です。ちなみに「~がんす」っていうのは、安芸地方の方言。あけぼう達は備後地方だから全然使わないけど。

そしてにわかに持ち上がる、狼男(@怪物くん)=広島出身説・・・

酒ひろば (16)

それから、合間に水も飲まないと~ということで水を購入。

まずは、東北の酒から順番に、気になる県の酒の列に並んでいきました。
宮城県の蔵王酒造㈱さんの特別純米酒 蔵王
福島県の佐藤酒造㈱さん、みはる純米「傳」
富山県の皇国晴酒造さん、幻の瀧 純米吟醸
個人的には富山の酒が一番好きでした。富山と相性がいいのかもしれないw
それと福島県に並ぶ行列が目に見えて少なかったんですよ。なんだよっ(`Д´) と思って並びました。美味しかったです!

あけぼうは飲んでないけど、沖縄で唯一の酒造メーカーさんのブースが、早くもお昼ごろには酒が無くなってしまったらしく。すごい人気ぶりでした。みんなどんだけ集中したんだw 

あと、友達がゲットした岩手とか九州の酒も飲みました。銘柄は覚えてないけど(^.^)
おちょこにナミナミと注いでくれるんで、歩いて移動するときに人にかけてしまわないか、けっこう気を使います。
常連さんっぽい人は、枡持参とか、タッパ持参とか。さすがw

あとですね、会場にTV番組「YOUは何しに日本へ」のYOUが来ていたようです。撮影してました。
ていうか、会場には外国人観光客もかなりいましたよー。あけぼう達はとてもじゃないけどモトとれるほど飲めませんでしたが、彼らなら可能な気がするw 

「酒ひろば」会場、こんなかんじであちこちの酒をチビチビ飲み比べました。

どこか落ち着く場所をゲットできていれば、もう少し長居して、少しでもモトをとるべく頑張ったかもしれませんが・・・いやぁ~。芋を洗うような混雑のなか、立ったまま飲み食いすることに耐えられなくて、1時間半くらいで退散(;´∀`)

今回の体験で、大体どんな感じなのか分かったので、次回、また酒まつりに行くことがあったら、もうこの酒ひろばには来ないかなー。かなり呑まないとモトとれないし、遠方から来る者にとっては、ちょっとしんどい。

でもま、初めてだったから、やっぱりどんなもんだか見てみたいっていうのはあるし、後悔はしてないんだけどね。

【酒ひろば攻略メモ】
 1.楽な靴、ある程度汚れても許容範囲な服装。両手フリーになれるカバンだとさらに良し。
 2.食べ物や水など持ち歩くときに便利なので、ナイロン袋持参のほうが便利
 3.枡、あるいは代わりになるようなタッパーなどがあると、おちょこを持ち運びやすい
 4.ほかの会場でも美味しそうな食べ物があるから、ここで満腹にならないように(一日中この会場で過ごす気合いがあるなら別)

こんな感じかなー?
この攻略メモの4、これがね~誤算だったよね~特にw

というわけで、次の会場レポへ続きます・・・。

うへへ、フラフラ~w
ブログランキング・にほんブログ村へ  


追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:ちょっとおでかけ - ジャンル:旅行

【2014/11/06 12:39】 | 西条
【タグ】 日本酒  西条  
トラックバック(0) |


あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そうなんだよね、自分たちは呑んでるから自覚ないけど、ぷんぷんしてたかもしれないわw
青森の地酒かあ。良いね!
東北は水がきれいそうだし、全体的においしいイメージがあるよね。
ウチの家はあけぼう以外、みんなお酒飲めないから、普段家では全く飲まないんだよね。
こういう時にハジケるわけだけど、やっぱり年齢とともにどんどん弱くなってってるわー(ノ∀`)アチャー


あけぼう
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

確かにあまり三つ目が西条だってことは、あまり知られてないんだよねw
まあでも、歴史的にも後発だからしょうがないのかなって思います。
このあたりは、広島は呉市の陰に隠れて、普段は目立たない町なので
あけぼう達もほんと、ここまで大盛況だとは思わなかったよ。
画板はめちゃくちゃいいアイディアだと思う!
主催者は、画板を貸し出すべきだよ~、それいいわ~。


misachi68
うわぁ〜
会場ではお酒の匂いもぷんぷんしてそうだね〜
それに、ねばっていっぱい飲んじゃう人達は
酔っ払うんだろうなぁ

各地の地酒って美味しいものに出会うと嬉しいよね。
私は以前、青森の地酒をいただいて、
めっちゃ美味しかったのに、名前忘れちゃってさ・・・(; ^ω^)


玉坂めぐる 
三大なんとかって、二つ目まではお馴染みってパターンあるけど、ご多分に漏れず、知らなかったです西条。単に自分が無知なのかもしれないけど。。。
しかし盛況だねえ。盛況すぎるのかもしれないけど、なかなか楽しそうです。しかし落ち着く場がないのは困るね。画板みたいの持ってくのはどうだろうか、肩からヒモかけて、どこでもダイニングwww

コメントを閉じる▲