FC2ブログ
おでかけブログ。神話や妖怪、UMAが好き。その他、日々のふしぎや、おバカな出来事・読書感想などを、つらつらと。
高知市に来ています。

CIMG0152.jpg 

桂浜に近い場所に建つ「坂本竜馬記念館」に来ました~。
海の方へ突き出す個性的な建物です。
前回の「ひろめ市場」から、いったんコッチヘ移動したのは、ひとえにこの記念館の開館時間との兼ね合い。

CIMG0153.jpg

入り口前では、龍馬像とシェイクハンドぜよ!!!w

CIMG0155.jpg

館内は、一部を除いて写真撮影OKでしたが、見てよこれ。
人でいっぱい。
龍馬人気はホントすごいね~。
龍馬がよく手紙(それも個性的な)を書いてたのは割と知られていることだと思うけど、それらの文書はいろんな博物館に散らばっているみたいなんですね。ここではそんな龍馬とその周辺の人々の手紙の複製などがそろっていて、時代背景や龍馬の人生にそって見ていくことができます。わかりやすい言葉で説明しているので、どんな世代の人でも、龍馬に興味があれば、楽しむことができるようになっています。

CIMG0156.jpg

この夕顔丸で、船中八策を書き上げたんだとか・・・。

CIMG0157_2014042015175108a.jpg

上の階にいた、龍馬。
日本一ろう人形にされてる人物かもしれないね・・・龍馬・・・。
(以前、別の場所で見た龍馬のろう人形⇒

館内に「近江屋」の部屋が再現されてました。
上がって記念撮影オッケーだったので、ちょっと中で落ち着いてみましたw

CIMG0160.jpg
やっぱ和室っていいですね~~

この記念館、海に突き出すような個性的な建物でしたが、
やはりというか、なんというか、
太平洋を見ながらちょっと一服できるような
景色のよいスペースがありました。
屋上にも上がれます。

CIMG0164_20140420151839342.jpg

天気が薄曇りなのが悔やまれます~~~(;´Д`)
これが天気だったら、また印象がまるで違っただろうな~~
ちょっと惜しかったですが、気を取り直してすぐ近くの桂浜へ行ってみたいと思います☆

つづく~。


ブログランキング・にほんブログ村へ


追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:中国・四国 - ジャンル:旅行

【2014/05/13 17:17】 | 高知県
【タグ】 坂本龍馬  高知  
トラックバック(0) |


あけぼう
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

玉さんも掴みきれないか―、龍馬さん。
あけぼうも司馬先生の龍馬が最初でございますw
ただ、それすらあんまりよく分からなかったという…どうも、司馬先生と感性が違うのか、別にカッコいいと思わなくて(;^ω^A なんての? 末っ子の要領の良さみたいなもんを、前面に出された感じがして、正直鼻についたところもあるw(自分、不器用な長女っすからw)
その後多少は知識がついて、今はまあ、ファンの気持ちも分からんではない・・・けど・・・って感じですw
モヤモヤね☆
んもう、間違いなく色々考えちゃうよ、ここ♪

No title
玉坂めぐる 
わあ、楽しそうだなあ。行きたいなあ。
「竜馬がゆく」を中学生時代に読んだので、司馬先生の描く龍馬像とても素直に真に受けた世代なんですが、その後の人生が結構ながいのでいろいろ、他の側面からの歴史をいろんなひとが語るのを耳にしたり目にしたり、うん。今は玉坂もあけぼうちゃん同様(かどうかわかんないけど^^)竜馬センセイの実際を実はつかみかねています(^^)。
そんなこんなを含めて、もやもやごちゃごちゃしに行きたいなあ、ここ~。


Re: No title
あけぼう
りんご村のシルルさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

あけぼうにとって、龍馬さんはいまだにとらえきれない不思議な人ですね~。
風貌ひとつとってみても、写真の写り方で印象違って見えるし。
手紙の内容を見てても、豪快なような緻密なような多面性があって。
もし生き延びてたら、その後の世の中をどんなふうに生きたんでしょうかねえ。
彼の事だから意外な方向へ進むかもしれないし、想像つかないよねえ。


あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そうなんですよね、人形がなんかリアル。
肌質というか髪質というか。
ミサさんの分までシェイクハンドしてきたぜよw
手、冷たかったわあ~w
龍馬さんはどうなんですかね~、
とにかく不思議な人ですねえ。
いまだに、どうもキャラをとらえきれないでいます。


No title
りんご村のシルル
竜馬はん。

一度タイムスリップしてお会いしてみたい。
チラッと見るだけでもいい。

この人は、何をもって突き進んだのでしょう。
竜馬はんだけでなく、幕末から出た短命な素晴らしい方々。世がもう少しゆるやかなら、出なかった方々かもしれませんが。
生きた時代が激動すぎて、、、竜馬はん、もう少し生きてほしかったです。




No title
misachi68
今回の龍馬さんの蝋人形はとっても生々しい出来だね(; ^ω^)
なんか、その辺にいそうな人をモデルにしたんじゃないかって思うくらい。
暗殺されずにもうちょっと長生きしてたら、
世の中変わってたかもしれないなぁ。
そんな人望もある人だったらしいから今でも人気なのかな。

私もシェイクハンドしたいぜよw

コメントを閉じる▲
高知市に行ってきまして。
土佐神社から市街地へ走っています。

あっ!

CIMG0142.jpg

天狗!!(しかも超大きい)

CIMG0143.jpg

鼻の長さもハンパない!!!
なんで天狗?
なんで天狗?
鼻が長いとメガネがかけやすいからか?
などと、あさっての方向へ推理を働かせながら、走っています。

CIMG0144.jpg

ちょっと昭和っぽいお店が並ぶ商店街~♪

CIMG0146.jpg
そういえば、まんが甲子園ありましたね、高知でしたよね。うんうん。

CIMG0148.jpg

並木が南国風ですね。

CIMG0149.jpg

こっちは普通の街路樹だけど、見て。
4月19日、もうツツジが咲いてる~。やっぱ少し暖かいのかな。

そんなこんなで、到着したのは高地城にもほど近い「ひろめ市場」。
たくさんの飲食店とお土産屋がギッチリ入ってるところです。
建物の上の階が駐車場になっていたので、そのままそこに停めました。

CIMG0150.jpg

中はフードコートみたいな感じになってます。
高知といえば、カツオでしょ~
というわけで、
我々は、友達が食べたという「明神丸」ってお店で、塩タタキを頼みました。藁焼きの藁が燃えてるのがガラス越しに見えてて、目立ちます。
ガイドブックにどーんと載るような有名なお店なので、観光客に大人気で行列になってました。

CIMG0151.jpg

はい、これが塩タタキ~。
左は、別で注文した四万十川の海苔の天ぷら。
友達の分と2つ並んでおります。
あけぼうが食いしん坊だから2つあるわけじゃないよw

そのまま塩で食べたり、ニンニクと一緒に食べたり、 最後は柚子酢をつけて食べるという、食べ方でした。
あと、ぜんぜんカツオとは関係ないんですけど、 ちょうどタイミングよく、今炊きあがりましたよ~、な、ご飯に当たったので、とってもふっくらして美味しくて、それだけでも大満足なくらいでしたw
ごはんって大事・・・。
いくらメインのおかずが美味しくても、ご飯と水がイマイチだとへこむし、もうそのお店には行かないかも~。
あ。話、脱線しちゃいました 
そんなわけで、大満足、おなかもいっぱい。

ここは立地もよく、高知城や城下町にある史跡めぐりには良い場所なのですが、あえていったん離れて、また夕方に戻って来たいと思っています。
また移動します。つづく~。


ブログランキング・にほんブログ村へ 
ひろめ市場はビルの上が駐車場になってます。


追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:グルメ♪食の記録 - ジャンル:旅行

【2014/05/09 09:43】 | 高知県
【タグ】 高知  ひろめ市場  カツオ  
トラックバック(0) |


あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

あけぼうも、今回初めて食べました♪
カツオの塩たたき、美味しかったです☆
これはポン酢的なものをかけずに
お塩を振っていただくんですよ~~~~。
他にもここ、いろんなグルメがありました。
昼間からビール飲んでる人も多かったしw


No title
misachi68
カツオのたたきいいですね!!
好きなんですよヘ(゚◇、゚)ノ
しかし、塩たたきってどんなんか知らないわ。
食べてみたいな〜(((o(*゚▽゚*)o)))



あけぼう
広報ミヨッたん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

おお~☆
あけぼうはショウガで食べてた頃は、
実はあまり好きではなかったんですけど、
ニンニクと食べるようになってから
全く問題なくなりました( ´∀`)bグッ!
塩で食べたのは初めてでしたが、
美味しかったでーす♪♪
それにしてもサバといいカツオといい
ミヨッたんの魚の好み、濃いなあ~☆

あの〜
広報ミヨったん
たまらんw
僕、刺身系では
かつおのたたきが
いちばん好きです。
ニンニクと食べるのがたまらん!
でも今年はかつおの北上が
ちょっと遅いみたいで
ライフではまだ
解凍もんしかありません(泣

コメントを閉じる▲
ひきつづき、土佐神社です。
神社社殿の後方に広がっている、「しなねの森」に入っていきたいと思います。

「しなね」とは?
土佐神社の別称=「しなね様」と言うんだそうです。

土佐神社 (29)  

語源にはいろんな説があるそうで、
新嘗祭の「にいなめ」が転じたとか、
新稲(しいね)が転じたとか、
台風の多い地域なので、風の神「志那都比古神」が関係しているとか、色々あるみたいです。
あけぼう的には風の神がイイなって思うんですけど。

かいげん閣下
≪風の神違いw≫

本殿を取り囲むように、摂社・末社も点在してますので、順番に参拝です☆

土佐神社 (31)

まずここ~。
写真だと分かりにくくて申し訳ない。3つのお社が川の字に建ってます。

土佐神社 (30)

事代主神社・西御前社・大国主神社の3つの摂社です。

土佐神社 (32) 

その奥に道が続いてます。

土佐神社 (34)

森にハイキングに来たって気分が高まってきます♪

土佐神社 (35)

冬の間は、山歩きからは遠ざかってますけど、やっぱり森林浴は気持ちいい♪

土佐神社 (36)

天気もいいし♪ 
なんか木々から出てくる良い香りがするんですよ~。

土佐神社 (37) 

ちいさな森だけど、いろんな花が咲いていました。
いよいよ植物が本気出してきてます。春です。

土佐神社 (38)

御神木も、立派なのが・・・・
頑張っても、てっぺんまで撮れないや(;・∀・)


さて、神社の背後をぐるっとまわるようになってる「しなねの森」
もう終わりかなと思いきや、「さざれ石」がありました。

土佐神社 (42)
≪クリックで拡大≫

土佐神社 (43)

さざれ石、神社にはよくありますが、ここの石は、
神様みずから現れ、この岩を投げて、
落ちたところに社殿を建てなさいという
「始まり」のエピソードつき。
しかも、案内板を読むと、このへんの土地では出ない石なワケでしょう? ちょっとミステリアス。
石はかなり大きなものです。石と言うか岩。

土佐神社 (44)

そのさざれ石のあるところから、さらに奥に入る道がありました。
天照大御神と豊受大御神が祀られている「神明宮」だそうです。
ではこちらも参拝しておこう。

土佐神社 (46)

参拝・・・(。-人-。)

まだ森めぐり、つづきます。

土佐神社 (51)

しなねの森を歩いていると、昔の自然って感じがします。
(本当にそうかどうかは分からないケド)

土佐神社 (52)

あの~、もう現代って、視界に入る自然に、 かならず外来種が混じってるくらいのいきおいじゃないですか。

土佐神社 (53) 

時たま、それがなかった頃の日本の自然が見てみたいな~
って思う事があるんですよね。
もちろん、昔からあると思っていた植物が、
実はずいぶん昔に入ってきた外来種だった、
なんてパターンもあるとおもうんだけど(;´∀`)

土佐神社 (56)

でも、見てみたいな~って思うんですよね。
江戸時代の自然、中世の自然、古代の自然と。
タイムトラベルできたら、小野小町の顔見てみたいとか、
ホンモノの安土城がどんなのだったか見てみたいとか、
色々あるけど、案外自然だけでも、ビックリするのかもしれない。
春の山なんて特に。
花が色とりどりに咲いてて、めっちゃキレイなんだけど、
ひとつひとつは全部地味!とかw
護岸工事とか全然してない、素の海岸線とか。
古代の、葦だらけの平原とか。
もしタイムトラベル専門の旅行会社があったら
大人気ツアーのひとつだったかもしれないよね。

土佐神社 (58)

一周めぐってラストがここです。
池にかこまれて、小さな島のようになっている。

土佐神社 (60)

厳島神社です。
もちろん参拝(。-人-。)・・・。

これで、しなねの森めぐりは終了です。

しなねの森、そんなに広いエリアじゃないのに、ぎゅっと色々詰まった濃い森めぐりでした。
とくに新緑の季節、森のいい香りを楽しみつつ歩けて楽しかったです。
(虫もまだ少ないし・・・)



ご朱印~♪

この後、再び拝殿に行ったのですが
(建物へ上がって、ちゃんと参拝するため)
残念なことに、ほかの参拝者の祈祷が始まってしまい、
あまりよく見学できず、ご朱印だけ頂いて後にしました。
(;´∀`)

でも、素晴らしく雰囲気の良い神社です!!土佐神社。
建物だけでも素晴らしいのに、うしろに広がる「しなねの森」の素敵なこと!
おすすめ神社です☆


ブログランキング・にほんブログ村へ
ココからまた車で移動します、つづく~。


追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:神社・仏閣巡り - ジャンル:旅行

【2014/05/07 17:55】 | 高知県
【タグ】 高知  神社  一の宮  
トラックバック(1) |


あけぼう
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

大事だよね森!!
この森をバックに建物が建ってるから、
きっと「何かある~☆」って感じられるのかなって思うよ~。
あ、でもここの建物はそんな森や風と、とてもマッチしてて、
眺めてると知らず知らずニコニコしちゃう建物でしたよ♪



あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

意外と周辺は住宅に囲まれてて、
近くには、わりと交通量のある道路があるんだけど、
この森のおかげで、まったく感じさせられないんだよ~。
もうちょっと暑くなると、
きっと虫問題が(蜂とか・・・)あると思うので、
一番ベストな時に散策できたな~って思います(´∀`)

No title
玉坂めぐる 
いいなあ。野性味ったっぷりな森だね。
やっぱ鎮守の森は大事だよね。
拝殿の向こうに神様がいらっしゃるかどうか
玉坂のような者には今一つ実はわからないんだけど
鎮守の森なら、あーいる、きっといらっしゃるって感じます。
湿気に感じます。風や音に感じます。
全然見当ハズレなのかもしれないけどさ。
感じたほうが嬉しいです。(^^)

No title
misachi68
ますます素敵だわ〜
神社で森林浴かぁ〜(´◡`๑)
癒されますね。
参拝できなかったのは残念でしたね。
御朱印の文字も好きな字だわ〜

龍馬関係期待してます♪

コメントを閉じる▲
ひきつづき、土佐神社です。

土佐神社 (61) 

人も少なくて、まったりしています。

土佐神社 (24) 

すでに、ご朱印帳は預けてありますし、ゆっくり見て回りたいと思います。

土佐神社 (23) 

こういう自然と一体化、みたいなベンチいいよね~。 

土佐神社 (26) 

明らかに線路みたいなのがあるんですけど、お祭り用なのかな?
山車とか櫓を運ぶみたいな・・・。

土佐神社 (17) 

NHK大河ドラマ「龍馬伝」のロケ地だそうです。
きっと、当時は観光客がいっぱい来たんだろうなあ。
あー・・・なんか思い出してきたかも。
もうもうと砂煙があがるなか、若い土佐の侍たちが、ここで、ワイワイやってたような気がする。

土佐神社 (20) 

ここが、拝殿です。
もう、もう、すごくいい感じ。
ちょっと珍しいのは、靴を脱いで上がってから、参拝するようになってるんですよ~。
お賽銭箱も床上に置いてある。
普通、手前にあるじゃないですか。

土佐神社 (27) 

この木材の灰色がかった、落ち着いた木の色あいも最高。

土佐神社 (28) 

大きくてドーンとした柱。
天井高くて、広々した開放的な空間。
それでいてピシッとしてる。ええわぁ~

土佐神社の社殿って、ものすごい素敵です。

さっそく、上がって参拝しようと思いきや、手前にこんな看板が。

土佐神社 (18)

しなねの森めぐり。と書いてます。

土佐神社 (19)
どれどれ。
ちょっと行ってみます。

つづく。

ブログランキング・にほんブログ村へ


追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:神社・仏閣巡り - ジャンル:旅行

【2014/05/06 14:57】 | 高知県
【タグ】 高知  神社  一ノ宮  
トラックバック(0) |


あけぼう
広報ミヨッたん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

その表札がある・なしは、重要だよ~!
そこは写真に撮ってあげてw
それによって、
観光客も容保公気分になったり、
新撰組気分になったり、
いろいろ楽しいのだからw


あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

龍馬伝、懐かしいよね~。
うふふ、龍馬関係はまた後で出てくるよ~♪
ここが出てたのは覚えているんだけど、
どういう場面だったかは全く覚えてないんだよね。
神社に若者が集まってるってシーンあったっけ?
いずれにしても、あの砂もうもうなイメージとは
全然違って、緑が多くて潤いのある神社だったよ~。



あの〜
広報ミヨったん
お寺や神社も
観光客が来てなんぼですから
大河ドラマのネタは重要ですね。
昨年、行った京都のお寺には
「京都守護職本陣」という
真新しい表札が掲げられてましたw
もちろん、八重の桜つながりです。
しかも、その表札の写真を掲載してほしいと
住職からしつこく念を押されましたよw


No title
misachi68
うわ、いい雰囲気だわ!
え〜龍馬伝のロケ地!いいないいな〜
そういえば、龍馬伝やってた頃、長崎には行ってきたのだった。
土佐にも行きたいって言ってたのに、
全然実現しないや。

つづきも気になる〜〜

コメントを閉じる▲
ひきつづき、土佐神社です。
鳥居をくぐって進んでいくと、すぐにひろがる境内と拝殿。

土佐神社 (22)

写真で伝わるかどうか(;^ω^A
大きな樹木に取り囲まれていて、とにかく雰囲気のいい神社でした。

土佐神社 (11)

長宗我部元親が再建した土佐神社の社殿とは別に、境内の手前・右側にある、この建物。
土佐藩の二代藩主・山内忠義が建立した鼓楼だそうです。

土佐神社 (12)

山内家の家紋~。
この「〇」のなかから、葉っぱがペロンと出てる感じが、なんかイイ。

土佐神社 (13)

こういう日光東照宮っぽい彫りがあると、江戸時代~ってかんじするね。

土佐神社 (14)

もしも水族館で、飼育員のお姉さんがイルカに乗ってるところを江戸時代の人が見たら、
「うおおおお!!!」
「吉祥じゃ!吉祥じゃ!」
「神じゃ神じゃ~!」
って思うかなぁ?w

土佐神社 (15)

上にくらべて、傷んでる感じのトラさん・・・。
夜な夜な飛び出して暴れてるのかも・・・(なんちゃって)
((^┰^))ゞ テヘヘ

つづきます。

ブログランキング・にほんブログ村へ


追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:神社・仏閣巡り - ジャンル:旅行

【2014/05/02 17:55】 | 高知県
【タグ】 神社  土佐    
トラックバック(0) |


あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

ここの神社の雰囲気、
とっても良かったですよ~♪
この魚がカツオ説は面白いww
クジラでも良いよねw
中国の故事とかの情景なのかな。


No title
misachi68
おお〜!
高知へ行ってきたのね。
土佐神社ってなかなか素敵じゃないですか。
あの人を背に乗せてる魚はなんだろうね?
やっぱ土佐だけにかつお?
絵的に違うような気もするけど(^_^;A

コメントを閉じる▲