おでかけブログ。その他、日々のおバカな出来事・読書感想などを、つらつらと。
やっぱり徳島は遠かった。
着いた時点でもう14時半くらいでしたから、
小松島ステーションパーク、金長神社ときて、もうすっかり夕方。
そんなわけで、帰り道なんですが、
気になる神社が途中にあったので立ち寄ってみることにしました。



忌部神社です。

ちなみに、この道から忌部神社へ向かう途中、
霊神社という小さなお社があり、
社殿のど真ん中に白っぽい猫さんが寝そべって、じっとこちらを見てました。
なにかもう、妙に神々しくて、もしかして神かな?と思うくらいでした。
参拝・・・(。-人-。) 

話が脱線しましたが、さて、忌部神社に到着です。



古代、朝廷の直轄で麻を作っている職業集団みたいな人々がこの地に居て、
それが阿波忌部氏というのだそうです。
そしてそんな忌部氏の祖先神をまつる神社がこちらの神社です。



夕日に照らされた社殿、神秘的。

ご祭神は天日鷲命(あめのひわしのみこと)
阿波忌部氏の祖先神で、
麻に関係する神様として紡績業や製紙業の神様だそうです。

以前、徳島に来た時に阿波一の宮の大麻比古神社に参拝しましたが
あそこも麻の神様で忌部氏と関係深かった記憶があるなあ。



忌部神社は神武天皇の御世からの非常に古い歴史があるのですが
長い年月の間に、もともとの場所がどこにあるのか不明になってたそうで。
なんやかんやでここに鎮座したのは明治になってからだとか。



それでも歴史が古い事には変わりなく。
パワースポットとしても人気があるそうです。
ちょっと顔が横に広がった感じの狛犬が特徴的。
このあたりの狛犬さんはこういうお顔なのかな。



ここは眉山中腹になるのですけど、やっぱり自然が豊かというか。
境内にこんなキノコをいくつも発見しましたよ!

すっかり夕暮れ時なので、無理でしたけど、
また何かの機会に立ち寄ることが出来たら、
今度はご朱印を頂きたいな~。





ブログランキング・にほんブログ村へ


追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:神社・仏閣巡り - ジャンル:旅行

【2017/09/04 12:22】 | 徳島県
【タグ】 徳島  神社  
トラックバック(0) |

Re: タイトルなし
あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そうなんですよーあれは神だったような気もする。
夕日に照らされている様子は、
もしかして造営する時に
そういう「計算」もあったのかと思っちゃうくらい、
リアルでそこに立っていても神秘的でした♪

あわよくばご朱印も…と思っていたけど
時間切れでもう閉まってた。最近こういうのが多いです。


misachi68
夕方の日の傾き具合なのか、
いい感じの雰囲気を写し出してますね〜〜(*´∀`*)

白っぽい猫さんはきっと神様だったんじゃないですかね。
いい出会いでしたね〜


コメントを閉じる▲
前回の小松島ステーションパークの余韻をひきずってw

阿波狸合戦の主役、
金長たぬきが大明神として祀られている
金長神社にやってきました。



入口左右には、当然ながら狸がお出迎え。



有頂天家族2にも出てくるこの神社。



かわいいw



社殿の周りも たぬき・たぬき・たぬき!



さすが、阿波八百八狸総本家!



これはりりしいお姿。



参拝・・・(。-人-。) 

金長の金の字がいっぱい。
なんとなくやっぱりめでたい感じがする。GOLDだし。
勝負に勝つとか商売繁盛のご利益があるそうです。



ご祭神は当然、金長大明神。

この神社は染物屋の茂右衛門が、落命した金長を祀った神社だそうです。

茂右衛門に命を救われ、その恩義に報いようとした金長ですが、
こうして死後も祀ってくれたりするあたり、
やっぱり茂右衛門って、すごく良い人だったんでしょうね。





授与所も閉まっていて、ご朱印は頂けなかった(;´∀`)
(あったのかどうかも分からないけど・・・)

それにしても、これで四国三大狸のうち
以前に高松の屋島寺で、太三郎狸さまにお会いし、
そして今回、金長さまとにお会いすることができました。

あとは
愛媛松山の隠神刑部(いぬがみぎょうぶ)様がいらっしゃいますね。
また何かの機会にお会いしに行きたいもんです。



金長神社

さらに、境内社としてこの先の山を登った所に、
映画会社が「阿波狸合戦」の映画がヒットした感謝をこめて
建てたという「金長神社本宮」がある・・・らしい。


多分ここだと思います。ちょっと距離ありそう。


ブログランキング・にほんブログ村へ


追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

【2017/09/01 17:47】 | 徳島県
【タグ】 徳島    神社  
トラックバック(0) |

Re:
あけぼう
misachi68さん、いらっしゃーい(*´ヮ`)ノ

うんうん、有頂天家族思い出すよね、続編はまだかなw
なにしろお大師さんとタヌキ達の「約束の地」四国も、橋がつながってからこっち、色々あったと思うよー。
そのあたり、気になるよなあ…と思いながら参拝してました☆



misachi68
狸のテーマパークだね!!
すごいわ。
可愛いし、有頂天家族も思い出しちゃうし。
これは楽しそう。

コメントを閉じる▲
2017年7月、
徳島の小松島ステーションパークに来ております。

前回からの続きです。
入口からたぬきの洗礼を受けましたー。
いやぁ、期待が高まりますよね~。

ちなみに、この日「港まつり」が開かれるという事で、
この公園は会場になっているらしく、



こんな感じで、業者のみなさんが設営中でした。
祭りが始まっていたら、写真が撮りにくかったかもしれないので、
良かったです・・・。

で、この公園なんですが、実はよくTVなどでも取り上げられているので
これを見れば、「あー!知ってる!」って思う人も多いかも。
世界一のタヌキの銅像!



じゃーん!


大きさが分かりづらいかもしれないので、右下に人を。
これは、同行者に記念写真を撮ってもらっているところ。
この時は、水がストップしちゃってましたが、本来は背後の岩に水が流れてます。

たぬきのふぐりを、そっと持ち上げてるように
位置を合わせて撮ってる現場でございます。
年賀状用に・・・ふふっw

さて、

fc2blog_20170717143550ef5.jpg 
これだけの像を建ててもらえる金長たぬきとはいったい?
と思った方は、こちらをクリックして拡大。

それでは、その金長一派の主要メンバーを見ていきましょうか。



公園の外周に遊歩道があって、金長軍の面々の像が点在してます。



まず、こちらが、大将の金長さま。



日本や中国の古い諺に通じ、恩義に厚いたぬきで、修行の為に訪れていた四国の総大将・津田の六右衛門に将来たぬき界の総大将となって自分の地位を危うくするのではないかと、その器量を恐れられていました。
そのことが、後の阿波のたぬき合戦の原因となったわけですが、金長にしてみれば自分の栄達など考えたこともなく、ただただ茂右衛門への恩返しを考えていただけなので、ビックリしたと伝えられています。


人間に助けられ、その恩義を返すために
一生懸命に「化学(ばけがく)」の修行していただけなのに、
皮肉にもそれで師匠に疎まれて・・・っていうのが、
切ないですね。



こちらが、参謀著の衛門三郎。


若い頃は非常に勇敢で、数々の武勇伝を持つたぬきでした。
家来からの信頼も厚く、金長側の参謀長として金長をおおいに助けました。
阿波のたぬき合戦では、緻密な作戦(忍者を使って集めた情報を基礎に)を企て、金長側(勝浦川を挟んで小松島市側)を勝利に導いたと伝えられています。


忍者を使って集めた情報を基に、緻密な作戦を企て・・・って、
もはや狸だからとバカにできないガチな陣営・・・。



軍師、田浦太左衛門。
なんと北辰一刀流の達人。
金長と大鷹(←あとで出てきます)の剣の師匠なんだとか。
年寄りたぬきで、たくさんの家来と門下生を連れて参戦。



藤の木寺の大鷹(おおたか)
金長が最も信頼していた家臣。
金長とともに修行を行っていた時に敵から襲われ、
逃げ帰る途中に金長をかばって亡くなりました。
忠義の家臣だね。



その大鷹の子ども達。
合戦に参加して、見事親の仇をとりました。
金長の亡きあと、兄の小鷹は「金長」を襲名したとか。



一本松のおたけ。
まさかの忍者! しかも、くの一!
かっこいいwww

しかも、他にも忍者たぬきがいたようです。
金の鶏(とり)・火の玉・天真(てんじん)などの仲間と共に
敵情の偵察などを行ったと書かれてます。
すごい名前ですが、みんな狸ですよ・・・。

また、阿波狸合戦に登場する女たぬきの中で、
忘れてはならないのが

鹿の子姫(かのこひめ)といって、
このストーリーのヒロイン的存在らしいですね。

彼女は、敵方・六右衛門の娘なのですが、
親とは違い、とても心の優しいたぬきで、
修行する金長を慕っていたんだとか。
父・六右衛門が金長を襲撃したことを悲しんで、
川に身を投げてしまったそうです。悲恋だね。

ちなみに、この公園からすこし離れますが、
付近に勝浦川という川がありまして、そこが戦場だったとか。
この日、たまたま車で近くを走りまして、通りすがりに
「古戦場跡」の看板を見ました。
本当に、いろいろ本格的。

この「阿波狸合戦」は講談として語られ、
後には映画化もされたりしたので、
その都度ストーリーが洗練されていったんでしょうね。
血わき肉躍る狸たちの死闘に加えて、
悲恋や師匠との行き違いなど、ひとさじの苦味が加えられ、
深みのある大河ロマン・・・w

この小松島ステーションパークで

つわもの(狸)どもが夢の跡・・・を

感じてみるのも良いかもしれません。





ブログランキング・にほんブログ村へ


追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

【2017/08/30 17:19】 | 徳島県
【タグ】 徳島    
トラックバック(0) |

Re: No title
あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

キャラ設定までしっかりしてて面白いですよねー!
うんうん、像はきっと新しめです。
阿波狸合戦じたい、江戸末期っていうから
比較的あたらしいですよねw
普通だったらもっと、もう検証しきれないような
古い時代の設定にしがちじゃないかと思うんですけど。

Re: No title
あけぼう
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ


すげーそんなにご縁がガッツリあったんですかw
ぽんぽこしか見たことない~。

年賀状はかなりおめでたくなるんではないでしょーかww
金で玉で子孫繁栄でwあけぼうの笑顔でw


No title
misachi68
こんなに登場人物も多彩でストーリーも練られてる感じ、
江戸時代に講談師が練り上げたんでしょうか・・・
面白い(*´∀`*)

狸の像はどれも新しい感じですね。
アニメを立体化したかのような。


No title
玉坂めぐる 
狸合戦由来の「狸御殿シリーズ」はご縁があって、
映画もミュージカルもみています。
もちろん「ぽんぽこ」も好きです。(^^)

でも残念ながら、講談が未見。
たぶん勇ましい戦記読みだと思うんだww

年賀状にふぐりですかw
ふくふくと、金で、玉で、
おめでたいような気もしますがwww


コメントを閉じる▲
さて、2017年7月、暑い日。
徳島に入りました。
徳島市をぬけ、小松島という町に来ております。

徳島と言えば、徳島ラーメンとか、阿波踊りが有名ですが、

当ブログ的には たぬき! でございます(笑)

かつて、この地で大戦争がありました・・・
それはあの、ジブリの
「平成狸合戦ぽんぽこ」の元ネタにもなっている・・・

江戸末期、
この付近で繰り広げられた狸たちの大戦争、

その名も

「阿波狸合戦」 です。

この戦に勝利した狸の大将は「金長(きんちょう)」といって、
この地のシンボル的な存在となっています。



だから、金長だぬき郵便局だって、ある!w



ポストの上にもたぬきがいる!w



しかもカワイイ系じゃなくて渋い系。



封筒を開封したら、葉っぱが出てきそうですよねw

さて、この小松島の中心的?な公園がこちら!
小松島ステーションパークです。



別名 狸ひろば。



公園入口から、もう狸がいますよ。



しかも、これ、阿波踊り踊ってますww
かわいいな~~~~。



やばいこれ。かわいいな~~~~ww



阿波踊りの音楽が聞こえてきそうだわww



公園内も期待を裏切りません。

つづく。



ブログランキング・にほんブログ村へ


追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

【2017/08/28 17:51】 | 徳島県
【タグ】 徳島    不思議  四国  
トラックバック(0) |

Re: No title
あけぼう
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そうです、全てを掌握しておられますw
たぶんw
あけぼうも化かされたかもしれない。
その件はまた後で書きたいと思います。

No title
玉坂めぐる 
うわあ、金長だぬき先生、
郵便局も持ってんですか??

わーーー
貯金したくないww

Re: No title
あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

うんうん、飛び出していますw
このへんの道路を走ってると
「金長」「たぬき」にちなんだ名前の看板をよく見かけました。
たぬき王国・四国の中でも、特にアツい場所だと思いますww


No title
misachi68
すご〜い!
狸はもう観光のために伝説から飛び出してきた感じですね(*´∀`*)
みんなその辺に狸がいて当たり前の雰囲気なんじゃないですか。
可愛いし、遊び心があって素敵です。

コメントを閉じる▲
徳島県に来ております。



ご当地キャラ、すだちくん。
これ、道路沿いの苔をけずって描かれてますw
渓流沿いでモイスチャーな環境ゆえ、苔もよく育ちそうです。

本当に、このあたりは何度も言うようですが、山がすごいです。
高いビルで空が狭い都会と、ある意味同じ(笑)
山々が迫ってきて空が狭いってかんじ。
全ての視界が、壁みたいに山で遮られているんですよねー。
瀬戸内沿岸部からちょっと入っただけでこうだから、四国ってすごいわ。
少なくとも中国山地はこんなことないです。山は多いけど、シルエットがゆるいもん。おデブちゃんがいっぱい寝そべってる感じ。九州は筋骨隆々な山がいっぱいだけど、草千里みたいに、すそ野にかけて見晴らしの良い草原だったりするし。ちょっと四国の山とはオモムキが違うよ。



そうそう、最初にチラッと書いたんですが、このあたりは平家の隠れ里があったりする土地なんですよね。
本当に納得のロケーション。
とんでもない急斜面に、民家が点在するのを見ると、住んでる方には申し訳ないのですが「よくぞこんなところに住んだもんだ・・・」という感想しか出てこなかったりします。
特に「落合集落」という所が国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されたりして有名なんだそうです。
遠目にチラッと見えましたが、なんかそこだけ外国の景色みたいでした。
カーナビ画面、地図上はわりと近くを通りかかったはずなんですが、そこからどうやって集落に近づいたらいいのか、皆目わからず・・・そのまま過ぎ去ってしまいました。
ちなみに、反対側の山?から落合集落を見学できる展望台もあるらしいのですが、それもカーナビの地図上は近くを通(以下略)・・・よく分からないまま通り過ぎてしまいましたw 
まぁ実際に生活されてる場所でもあるわけで、そんなに気安く観光客にウロウロされても困るのかもしれませんね。道狭いし。なので、残念ではあるけれど、そんなに未練もない。しゃーないってかんじ。



蕎麦屋の壁をよじ登り中の忍者なら見つけましたw



いやー・・・山々しぃなあ・・・。
あ、ちなみに「かずら橋」の側も立ち寄ったんですよ。
しかしながら、あまりにも観光客が多すぎて、しんどくなっちゃって、見学するのはやめちゃいました。
ブログでは紹介したことないかもしれませんが、一度来たことはあるので・・・。
ていうか、かずら橋ひとつにあんなに大量の観光客が押し寄せることに驚きですよ。
前来た時はそんなこと無かったのに、いつの間にこんなにメジャーどころになったんだか。
すぐそばに大きな駐車場もあったんだけど、あんなの前もあったっけ・・・?
あの昔ながらの素朴なかずら橋に、不釣り合いとも思えるようなキャパの駐車場。
どうなってるんだ(笑)
あけぼうは、いいポジションから撮ることができなかったので、是非ググってみて頂けると。

かずら橋 駐車場 画像 
(クリックすると見られます。いいポジションで写真撮れなかったんで置いときますね)






で、かずら橋をあきらめてもう帰ろうという話になった所で、休憩がてら、たどり着いたのがこちら。



ここは、道の駅大歩危。
渓流を見ながら食事もできますよ。



そんで石の博物館でもあり、妖怪屋敷もやってる。
うん、かずら橋よりこっちのほうが、自分らしいww



店の中には、とりあえずご当地ゆかりの妖怪たちが紹介されていました。
このあたりには妖怪を祀った神社や祠などが160か所以上点在しているらしいです。
マジか・・・。
でもこのあたりの山の深さ・・・そりゃいますよ。いてしかるべきですよ、妖怪。
今でも四国の山には普通にいるはず。
それくらい濃い雰囲気出してますもん。
2008年に水木しげるさんが会長を務める世界妖怪協会から、後世に遺す怪遺産として認定を受けてるらしいですよ。
詳しくは妖怪展示コーナーの中に入らないとw
それはまた今度来た時の為に残しておきます。
なぜって、ここから自宅まで大体4時間はかかるの。
モノレールから降りた時点でもう昼だったからね(;´∀`)
四国での滞在時間はおのずと短くなってしまう(笑)

しかも、カーナビが示す、帰りのルートが来た時とは違う道になってしまい、とんでもない山道を走る羽目に。毎回こんな感じですが、特に四国は本当に多い!四国=山がすごい、これを脳に刻み付けられた一日でした。

お疲れ様でした~。


ブログランキング・にほんブログ村へ


追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:日帰りお出かけ - ジャンル:旅行

【2016/10/07 17:37】 | 徳島県
【タグ】 四国  
トラックバック(0) |

Re: タイトルなし
あけぼう
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

この案山子みたいな妖怪さん達ねw
たしかにこっちのほうが、ツルっとしたブロンズ像みたいなのより、憑代に選ばれそうな感じはするね。
境港はここのところ行ってないけど、確かにここよりはシュッとしてますなw
でもまだまだ全然大丈夫(?)な印象だったよー2年前だけど( ´∀`)bグッ!



玉坂めぐる
蕎麦屋の忍者からの
妖怪屋敷。。いいですね(^^)
妖怪の形態は、鳥山石燕からの水木しげるの流れで間違いないでしょうけど、この手作り感が素晴らしい。こういうスキがあると、かえって本当にいろいろ念や邪が入りそうで、ドキドキします。(^へ^)
境港の水木ロードも初期のころはこういう感じのポンコツ妖怪がときどきいたんだけど、もうそういうの、淘汰されちゃったみたい。すこしだけど残念です。

Re:
あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

四国の遠さって、多分伝わりづらいよねぇ。
やっぱり橋を渡らないといけないのは大きいよ。
地図上では高知のほうが遠いけど、高速で全部行けちゃうから、かえって3時間くらいですんだりする。
このあたりは、道路がとんでもない(でもそれ以外の選択肢無い)所が頻繁に出てくるから、車の速度も遅くなる(笑)
で、結局4時間くらいになっちゃうんだよねぇ(^_^;)



misachi68
すごい。妖怪屋敷!
計画通りじゃなくても、吸い寄せられるようにたどり着いちゃったのね。
やっぱり、妖怪だの憑き物筋だの狸の伝説だの四国ってすごい!
私らからしたら、あけぼうさんは四国に近くていいな〜って思うのに、
それでも4時間もかかるんだと思うと
北陸から四国って地の果てだわねえ。
当分、行けそうにないな〜〜〜


コメントを閉じる▲