おでかけブログ。その他、日々のおバカな出来事・読書感想などを、つらつらと。
下関「みもすそ川公園」に来ています。
前回、インパクトの強い大砲に目を奪われてしまいましたが、 実は本来の目的はそれではなく・・・


みもすそ (28) 

こちら。
二位尼の辞世の句 。(見えにくいけど)
「今ぞ知る みもすそ川の 御ながれ 波の下にも みやこありとは」
公園住所も「みもすそ川町1番」、最寄りのバス停も「御裳川」。
全然川なんてないじゃん、と思ってたら昔は小川が流れてたらしいです。

やっぱり下関の締めは、源平合戦。壇ノ浦で締めたいところ。

みもすそ (17) 

この像を見に来たのですよ~。 雨の中~ 
風がびゅうびゅう吹いてきて折り畳み傘がひっくり返るぅ~(;^ω^)
現場は風雲急を告げております~。
あごで傘の柄をおさえつつ、なんとかカメラを持ってますw

みもすそ (19)

源義経の八艘跳び~。 
飛んでるような波に乗ってるような。
波がバシャーンバシャーンゆうてる音が聞こえてきそうだよ。
 
みもすそ (20) 

ちなみに、こんな手形もありました。

みもすそ (18) 

おお!タッキーの手形~。 

みもすそ (22) 

小泉孝太郎の手形w 
そうか、もうこのころから俳優さんやってたっけ。平資盛の役。

みもすそ (27) 

平時子(二位尼)の松坂慶子さん。

みもすそ (23) 

建礼門院役の中越典子さん。 サインが女子っぽい☆





この大河ドラマは、義経がだんだん追い詰められていく展開になって、見るのが辛くなった覚えがあるわー。
最後のあたりはあんま覚えてない(;´∀`)

みもすそ (24)

そしてこのお方。平知盛は、阿部寛さんが演じてましたね。
銅像のほうは阿部さんのように濃い顔ではないけど、なかなかイケメンでしたよ♪


みもすそ (29)

碇の縄は既に身体にぐるぐる巻きです(TдT)

みもすそ (30) 

2つの像の間が空いてて、正面からでは写真におさまらないw 
肉眼では大丈夫なんだけども。
ここって、横幅はあるんだけど、奥行きの無い公園なんだよね。
なので斜めから撮りました。
でも、像の間に壇ノ浦の海がはいってこそ、この銅像の景色は完成するんでしょうね。

みもすそ (36) 

背中も良い感じ。
この像を見るために、この公園に立ち寄ったようなものなので満足です☆
思ったより何気ない場所にあったので、ちょっと意外でした(;^ω^)

いやー下関に日帰りで、なかなかタイトなスケジュールでしたが、 壇ノ浦の戦いと幕末を行ったり来たり。
武士の世の始まりと終わりを行ったり来たりする旅になりました。

CIMG3369.jpg 

今さらですけど、山口名物「黄色いガードレール」w
下関は観光地という印象はもともとあったんですけど、思っていた以上に色々ありますね。
下関って、洋館も多いんですけど、今回そっちは全く行かなかったですし。
水族館「海響館」にも入ってないし。
巌流島も行ってないですし。
また来ないといけないね。必ず。

で、今回のお土産~

CIMG3370.jpg   CIMG3371.jpg

これは、「しそわかめ」です。ご飯のおともだよ。
炊いたご飯に混ぜるとうまし。主にお弁当で大活躍。

CIMG3372.jpg 

うに。
ウニの加工は下関が発祥とかなんとか。
でも、生づくりのうにの瓶は、なかなか売ってない。
これが一番生に近い感じがあって好きです。
帰りの高速のPAで購入しました。下松PAだったと記憶。

CIMG3373.jpg

これは、ちょっと珍しいから購入したフグの缶づめ。
缶詰だから、骨まで食べられます。淡白なお味。
ピリ辛と書いてあったけど、そうでもなかった。
あけぼう的にはもうちょっとピリ辛な方がいいなと思いました。
自分でネギとか唐辛子を散らせば良いんだよね(;´∀`)
でもそう思った頃には食べ終わってたわw


ブログランキング・にほんブログ村へ
おわり~。


追記を閉じる▲
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

【2013/08/07 17:46】 | 下関
トラックバック(0) |


あけぼう
広報テハニーちゃん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

わかりますわかります(-公-、)シクシク
だいたい、頼朝は
「朝(モーニング)」なのに
なんで「とも」と読むのか
その時点でムカつきますw


あけぼう
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

ただいま戻りました♪
おお武田信玄と上杉謙信の像も素敵そうだ☆
これはやっぱり必要ですよ。
気分の盛り上がりがちがってきます。

そうか、良く考えたら
今回の土産、酒飲みのチョイスかもしんないw
言われるまで自覚なかったよ~(∀`*)ゞイヤァ


広報ティファニー
大河の義経おもいだしました。
最後のほう、義経の家来たちが
討ち死にしていくとこが泣けました(T_T)
平家も好きですし義経も好き。
でもやっぱり頼朝はきらいw


玉坂めぐる 
カッコイイ★
川中島の武田信玄と上杉謙信の像を思い出しました。
やっぱ名場面のあった地には
この手のものがあってほしいものです。

お土産コーナー
今回は酒のあて系尽くしだね。
ウニの瓶詰、いいな♫

おかえんなさい。


あけぼう
さいごうさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そうなんです壇ノ浦ですよ!

ウニは普通のだと、日持ちがするようにアルコール(?)的なものを入れてるせいか、ちょっと味が(´ε`;)ウーン…なんですよねぇ。ウニ好きの人なら問題ないかもしれないですが。これは日持ちがしない代わりに、わりとそういう添加物が少ない感じです。
お土産物売り場の缶詰って、なぜだか異様に気になってしまいますw
箱のレトルトカレーより缶のカレー、みたいなw


あけぼう
よきちのひろさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

みも川で良いかもしれないですw

ふぐって萎むと大した大きさの魚ではないんですよね。
だから、骨まで軟らかい缶詰なんかにされた日にゃあ
すぐに無くなってしまいます┐(´∀`)┌ヤレヤレ
あけぼうだけじゃないんですね☆


さいごう
そうか(;゜Д゜)!!
そうですよね。壇ノ浦ですよね。
なんか遠い遠い地という漠然としたイメージでしたが、そういえば山口県でした。壇ノ浦。
歴史たっぷりのすごい土地ですねぇ(*´ω`*)

そして、すごいすごい(*´∇`*)!
こういう美味しそうなお土産物ってたまりません。
フグ缶なんてとっても珍しい!淡白なのにピリ辛?気になります。しそわかめも長く美味しく楽しめそうですし、ウニの瓶も、これはヨダレがでますねぇ。
ウニをごはんにたっぷりかけて食べたいです(=´Д`=)

ぴりかあけぼう・おばんでした
よきちのひろ
言葉は書くだけではなく発声して1人前なのだ、と信じています。
初めて「ぴりかあけぼう」と呼ばせていただいた時も・・
何度も発声してスッキリ・カッコイイと納得したものです。
ところが「みもすそ川」はもつれて舌噛んでしまいました。
イダダ!!
何とか「みも」と簡略できませんでしょうかね??

美味しいもの初体験で・・私も・・
「ネギを」とか「ショウガ」とか「コショウ」とかあります。
そう思った時にはパクパク完了、胃に収まっています。
だから「ふぐ缶」パクパクのココロ、よ~く判ります。





あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

あのふぐの缶詰は女子力の高い子なら
パスタとか何らかのオサレ料理になっていたと思いますw
個人的には次は洋館だな、と思ってるんですけどね。
絶対天気の良い日にしたいです( ;∀;)



あけぼう
ピー助さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

本当に「何が昼から晴れる」だよ、と
気象庁に文句を言いたいくらいでしたさ。
真逆の天気でしたよ(;´Д`)
やっぱりおでかけは天気の良い日じゃないと…って
心の底から思ったんですが、
最近の暑さや日差しの強さを考えたら
雨が降らない程度の薄曇りが一番なのかなあw


コメントを閉じる▲
下関に来ています。
前回の忌宮神社から、再び移動してきました。


大きな地図で見る

帰りのことも考えて、そろそろ下関ICの近くに戻っておかないとね。

みもすそ (1) 

帰りに立ち寄ったのが、今回の「みもすそ川公園」です。
天候のせいで関門橋も若干見えにくいですが、道路を挟んだ向かい(写真の手前側)には関門トンネル人道の入り口もあるんですよ~。

みもすそ (2) 

海底トンネルを歩くこともかなり気になったんですが・・・大砲が見えるからこっちに来ちゃった☆

みもすそ (3) 

幕末。外国船を砲撃した大砲を復元したものがずらっと。
本物の大砲は破壊されたり、戦利品として没収されたりしたみたいです。

みもすそ (5) 

博物館みたいなところで1つだけ復元展示されてるのと違って、実際の現場に並べてあると、想像しやすいねぇ。

みもすそ (9) 

鼻息荒く「攘夷」を実行したものの・・・・結果はご存知のとおり。

みもすそ (10) 

しかし欧米ってホントきっちり倍返しで、エグイくらい報復してくるよねぇ・・・(´・ω・`)

みもすそ (11) 

この戦いの結果、長州は開国・倒幕へと転換していくことになるんだけど、この下関(馬関)戦争の幕引きが上手かったっていうのもあるよね。相手をケムにまいて、彦島を割譲しなかった高杉に拍手だよ( ゚Д゚ノノ"☆パチパチパチパチ

みもすそ (15) 

こっちが本当に青銅製の砲身みたいです。

みもすそ (12) 

青銅製ってところがもうね・・・。負けるよね・・・・。

みもすそ (13) 

しかもさ。キレイな模様が施してあるじゃん。

みもすそ (14)

普通の「道具」じゃないわけですよね。スペシャルな感じ。
その時点でもうね・・・差があるっていうか。
そりゃ~負けますわなあ・・・(;´Д`)



ラストにつづく。
ブログランキング・にほんブログ村へ 


追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

【2013/08/06 17:25】 | 下関
トラックバック(0) |


あけぼう
小々次郎さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

むふふふ( ´艸`)関門橋で大丈夫ですよっ。
似たような大砲の写真を2枚UPしたのは、
小々次郎さんの存在を意識して、でございます☆
そうですね、あの橋があったら高杉さんも安心して
普通に親孝行したり、飲んだくれたり出来たかも☆
そもそも技術力にびびって外国も攻めてこないんだろうなあ。


小々次郎
すごい迫力ですねぇ   関門橋。そっちじゃない?
20年ぐらい前に下をフェリーでくぐったことがあります
関門橋はちょうど40才。 
享年29才の高杉さんはやっぱり早死にしすぎですね
彼がこの圧倒的な橋を見たらどう思うでしょうか 
きっと日本の世界にで誇れる技術力を褒めてくれたんじゃないかな
あの時代に関門橋があったら大砲なんか使わなくても
橋の上からタマを落とすだけで勝ってたかも知れません^^




あけぼう
きぼう丸さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

あけぼう的には高杉だけは長生きしてるのが想像できないっす。
龍馬とかは、長生きしてもそれなりにあれですけどもw
会津に行ったことがないので、行ってみたいです。
ていうか東北に行ってみたいです。
しかし、遠いですね・・・(;´Д`)


あけぼう
さいごうさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

ここには5門並べてありましたけど、
実際にはもう少したくさんあったかもしれません。
やっぱり目の当たりにすると
妙にテンション上がってしまいます~(*^-^*)
これを扱ってたのがサムライ達なんですから、
すごい光景ですよね・・・☆


あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

やっぱりねぇ、シビアに出るよね、結果に。
道具って言うのはねぇ、大切ですよね。
あけぼうも去年、ホッチキスを外す道具買ったんだけど
長年、ホッチキスのお尻の部分で外してた自分を後悔したよ。
もう何故さっさと買わなかったんだろうと。
すげぇ便利、楽。


あけぼう
サムライ銅像研究会さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

もちろんですよ!w
そのために来たのですから( ´∀`)bグッ!
しかし、思ってたイメージとは全然違うかんじの公園でした・・・。
晴れてたらまた印象が違ってたかもしれませんが(´-ω-`)


あけぼう
ピー助さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ


そうそう!関門花火大会、有名ですよね。
ピー助さんは見に行かれるんですか?
とんでもなく車が混むと聞いてるので、
恐ろしくてとてもいけません(;^ω^A



きぼう丸
幕末は好きな時代です!
高杉晋作も魅力的!
長生きしていたらまた違った時代になっていたかも。
高知も会津も行っているけど長州はまだ・・・。
行ってみたい・・・。


さいごう
すごーい(・∀・)!
大砲ですね!これでドンドンやってたんですね。
長州国 VS アメリカ フランス イギリス とか
でしたっけ。すごい戦争ですよね。絶対勝てません。
下関にはこんな面白いものがあるのですね。
実際もう役にたたないのはわかりますが、でも格好良いというか重さが頼もしいというか。いやー一度だけでいいからカノン砲を撃っているところを見てみたいです。すごい音なんでしょうねえ。


misachi68
すごいなぁ。
こんな発展途上の武器でもって欧米相手に戦いを挑んでたっていうのが。
かなりシンプルに見えるもんね。
で、青銅製の模様まである砲身は美しいね。
戦利品にしちゃうのわかるわ。

で、返してくれってがんばったのが
現総理のお父様なのね〜〜(・0・。) ホホ-ッ

コメントを閉じる▲
前回の乃木神社からすぐそばにある神社に立ち寄りました。


大きな地図で見る


忌宮神社 (1)

長門ニノ宮・忌宮神社です。公式HPは☆こちら☆

忌宮神社 (2)

仲哀天皇と、そのお后である神功皇后と応神天皇を祀っているそうです。
仲哀天皇が九州の熊襲を平定する時に滞在して政務をとった場所(=豊浦宮)がここなのだそうです。
7年間というからかなり長くおられたことになるね。
熊襲のバックには新羅がいて支援してたらしく、相当てこずったみたいですよ。
しかも、そのあと福岡県まで進出していったのだけど、1年くらいで崩御されます。
遺体は再び豊浦宮に戻され、この近くで仮埋葬されたんだとか。

忌宮神社 (3)

ちなみに仲哀天皇はヤマトタケルの子という事になってて、実在したかどうかも分からないくらい古~~~い伝説の時代のお方です。したがってこの神社も相当古い歴史のある神社だという事だよね。

忌宮神社 (4)

そりゃあ神の使い・ニワトリも境内をうろついてるわけだわ~(σ´∀`)σ
(わりと珍しい)

忌宮神社 (5)

参拝☆

忌宮神社 (6)

狛犬さんは比較的新しくて、勢いのあるお姿でした。
この広い境内では、いろいろなお祭りをやるみたい。

忌宮神社 (7)

なかでも、数方庭祭っていうお祭りがとても珍しいものなんだとか。





(お借りした画像。youtubeってすばらしい☆)

新羅の塵輪という人が熊蘇を煽動して攻め寄せてきたのを、戦いの末に返り討ちにしたそうなんですけども。
その時の喜びのようすなんだそうです。
スゲー。こんなの全然知らなかったよ。

あと、これは後日知ったことなのですが、ここの境内の飛び地として国の天然記念物「満珠島・干珠島」を所有してるんだそうです。びっくり。ここ、結構「ついで」感覚で立ち寄った神社なのに、いろいろありすぎ・・・。
なんか、下関、意外なものが結構あるなぁ・・・。

荒熊稲荷神社

忌宮神社 (8)

境内には、結構立派な稲荷神社もありました。

忌宮神社 (9)

相撲とかかわりの深い神社みたいですね。
11月3日には「三日相撲」という祭が行われるそうです。
奥には相撲資料館が建てられていました。

忌宮神社 (10)

お相撲さんの石像?
こういうのを見ちゃうと、いちいちチェックしたくなる・・・雨だっつーのにw

忌宮神社 (11)
どういうシチュエーションなんだろうか・・・

忌宮神社 (12)
強そう・・・w

忌宮神社 (13)
どれも可愛いw

忌宮神社 (16)

そして写真を撮るあけぼうに、こんなトラップが・・・!!
あ・・・あぶねー・・・:(;゙゚'ω゚'):



ご朱印ももらえたよ~♪

ブログランキング・にほんブログ村へ 
FC2、アクセスが集中していますと出て、なかなか入れずまいったよ。


追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:神社・仏閣巡り - ジャンル:旅行

【2013/08/01 17:00】 | 下関
トラックバック(0) |


あけぼう
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そうなんですよね、ヤオモテ。
こうも交通網が発達すると忘れがちなんだけど、
古代からそうだっていうのは、なんか盲点でした。
お祭り、めちゃくちゃインパクトありますよね。
気になるわー。


玉坂めぐる 
神様のとこでうろついている鶏
美味で人気の聖鳥、烏骨鶏さんですね。
骨が黒いとか、足の指が普通の鶏より一本多いとか
聴いたので気になってしょうがないヤツです。
下関って、いろいろあるんですね。
やっぱり地形から考えると、なにかとヤオモテなんでしょうね。
軍事の要所というか。。。
トラブルも多くて無念も栄誉も多い土地柄
お祭りもいろんな魂が入り乱れて飛び交うようでいい感じ。
はじめてみました。これはちょっと見てみたいなぁ。
石のお相撲さん、地衣のマワシ着けてるのが好き。


あけぼう
よきちのひろさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

うーん。毛むくじゃらすぎて、ちょっとあけぼうのタイプではないです。
ストーカーされたら嫌なんで、是非トリカブトの葉っぱをお願いします。
あけぼうの事はちっとも好きじゃないくせに、血だけは欲しがるヤツとか、ロクな虫に好かれません。まとめてなんとかしたいんで数枚お願いします☆
アイヌモシリに毛の生える葉っぱが無いのが残念ですね(ノω`)


あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

うんうん、夜のほうがこう気分がアガりますよね。
日本人の血なんでしょうかねぇ♪(´∀`)
下関ってもともと観光地としての認識はあったんですけど
基本的に源平合戦と幕末というイメージで、
古代まで押さえてたとは思いませんでした~。


あけぼう
さいごうさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

このお祭りすごいですよね~☆
あの長い竹がいっぱいあるところとか、
なんじゃこりゃ~って感じ。
古代の戦のイメージが残ってるようで面白いですよね。
最後の写真、こういうときだけ妙に鮮明に撮れるっていうね
┐(´∀`)┌ヤレヤレ

ぴりかあけぼう・おはようございます
よきちのひろ
オオッ・・ピリカについに虫がつきましたか??
イイ男ですか??
悪い虫だったら困ります。
ので・・ご要望があればエゾトリカブトの葉っぱをカモメールでお届けします。
紅茶に1枚だけ浮かせてゴックンコッコの処方です。

それにしても、狛さんのふさふさ溢れんばかりのカーリーヘアー、
うらやましくて・・「イイナ~」とため息なのです。




misachi68
祭りの映像いいですね〜〜(((o(*゚▽゚*)o)))
いいわぁ〜
やっぱり祭りって夜の方がそそられますよね。
でも、予想外に奥深い神社に出会えるって素敵ですね。
下関って良さそうなところですなぁ。


さいごう
昔の天皇はすごい戦闘してたんですね~
数方庭祭がすんごいです。夜に長い旗ですか?がひらめいて…こんなものがあるのですね~この異様さに妙に感動します。実際に見てみたいですね~(*´∇`*)
うーんすごいなぁと最後まで読んだら、最後でうおってなりましたw肝の冷える画像ですw

コメントを閉じる▲
下関に遊びに来ております。


大きな地図で見る

功山寺からすこし移動です。ほんの少し。

乃木神社、東京にもありましたよね。
全国にいくつかあるみたいですね。

乃木神社 (1)

日本人の神様は自然と先祖ですよね☆
だから、この額の中に書いてあることには納得です。
爺、いいこと言うね☆

乃木神社 (2)

まあそんなのごくごく普通の日本人ならあたりまえに持ってる心ですよね。
墓参りに行くと、行くまでは結構「めんどくさ~」と思ってても、実際に行くとめちゃくちゃ晴れやかな気持ちになりますよ。スッキリするというかw

ではでは、参拝です。

乃木神社 (3)

・・・・(。-人-。)

(人∀・)ヨシ!

乃木神社 (5)

乃木さんも飲んでた井戸水らしいよ。

乃木神社 (6)

先日、知りあいのお爺さんと話していた時に、
「本当に偉い、立派な人というのは、決して歯を見せて笑ったりはしないものだよ」
と、あけぼうに教えてくれました。
「お・・おお~」と思って、「勉強になりました」とお礼を申し上げました。

とはいえ、あけぼうにはとても無理だと思います。
面白い時には。゚(゚^Д^゚)゚。ギャハハ って笑うし。

しかしながら、何となくだけど分かるような気がする。
でも意表を突かれた気分(;・∀・)
すっかりアメリカの価値観に染まっちゃってるんだな。たぶん。
この銅像を見ながら、きっと乃木さんは歯を見せて笑わなかったんだろうなと思いました。

乃木神社 (8)

壽号の銅像はかっこよかったです。風を感じますよね。

乃木神社 (10)

神社の隣には、乃木さんが幼少の頃住んでた実家が復元されてました。

乃木神社 (11)

小さな平家のおうちです。
なんの仕切りもない日本家屋。

乃木神社 (12)

質素。
乃木少年は、小さいころアクシデントで左目を失明したんだけど、ずっと黙ってたんだって。
昔の人ってしっかり度がハンパないよねぇ・・・。
身体は小さくても心は大人なんだよね。(名探偵コナンではない)
あけぼうだったら、もう大騒ぎすると思う(;・∀・) 
いまだにちょっと腹が痛くなったらグチり、便秘が続けば騒ぎ、ちょっと切れ痔になれば大騒ぎですもん。なんかすみません( ´_ゝ`)ゞ  

乃木神社 (14) 

乃木少年はここで、作業をしながら勉強してたんだそうです。

乃木神社 (16) 

あけぼうなんて、学習机で落書きしたり、消しゴム彫ったり、マンガ読んだり・・・・すみませんのう( ´_ゝ`)ゞ 

乃木神社 (9) 

乃木将軍と言えば、日露戦争、二〇三高地。

乃木神社 (18) 

旅順から乃木将軍ゆかりのものとして植えられた木だそうです。

日露戦争に勝ってなかったら・・・日本は今頃どうなってたんでしょ。
最悪、日本列島に日本人の顔した人が住んでなかったかもしれません。
混血だらけになって、宗教もキリスト教になってたかもね。

あとですね、写真は遠慮しましたが、境内に隣接した宝物館には、乃木夫妻の遺品や当時の写真、書などが展示されていて、こちらも結構見応えがありました。
思いがけず、じっくり見てしまった。
明治くらいの品物ってリアルですよ、やっぱり。


fc2blog_201307301712221d1.jpg 

ブログランキング・にほんブログ村へ
先人たちの苦労のお蔭で、今、のんきにドラッグストアで痔の薬を求めるあけぼうの姿があるんだぜ・・・(感謝)(痛


追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

【2013/08/01 09:35】 | 下関
トラックバック(0) |


あけぼう
広報ミヨッさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

ミヨッさん、えらいww
今、うちの仏壇の前は
お中元が積み上がっているので座れんけどなw
たまにアロマキャンドルとか、アロマのお香とかを
仏壇でたいたりとかしてます(乙女☆)

あの〜
広報ミヨっちゃん
乃木さんの言葉に
激しく同意。
神や仏も大事ですが、
まずはご先祖さまに
手を合わすことですよね。
僕も実家へいくと
まっさきに仏壇の前へいきます。


あけぼう
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そうそうw
そういう近所の子供に言い聞かせる「爺」なかんじが
非常にほのぼのしましたね。


あけぼう
さいごうさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そうなんですよー。
松陰先生とは兄弟弟子みたいな関係らしいですよ~。

あけぼうも、黙して・・・生きられないですw
そうとうガチャガチャしながら生きています。
( ´∀`)bグッ!


あけぼう
ピー助さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そうなのです便秘はお肌の敵なんですが
仕事柄、運動量が少ないのでしょうね。
なるべく休憩中は徘徊してるのですが・・・。

もともとあけぼうは水を良く飲む子ですし
食物繊維も意識して摂っているのですが
最初良くても、しばらくするとすぐダメになります。
┐(´∀`)┌ヤレヤレ
最近はエレガントに薬を購入していますw



あけぼう
よきちのひろさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

それは棄てられたというより、
彼女は立派に仕事をこなしてると申せましょうw

まあ乃木さん周辺にいろいろあるのはあけぼうも知ってます。
ただ、あけぼう達世代からすると、
神社になっているという意味においては
ぶっちゃけ大権現・イエヤス様と大差はございません。

彼らを軍神としてヨイショした人たちがナンセンスなのであって、
その点については、本人たちは関係ないように思います。
むしろどうせモデルにするんなら
「勝利」までキッチリ真似ろよと思ってしまいますね。
あと、軍人としての彼の仕事の評価については
これはまた別の問題じゃないでしょうか。
勝ったといえば、妄信的にヨイショ、
負けたといえば、カタキのように批判する。
極端すぎやしませんか。おかしいと思います。


玉坂めぐる 
小さい人に書いた手紙なんですね。
分かりやすい言葉がいい感じ。
自称「この爺」とか、いいねえ
めったに見せない白い歯がチラリと見えるようです。


さいごう
おっと(;゜Д゜)いつも歯を見せっぱなしです。気をつけよう。

乃木将軍ゆかりの地は下関だったのですねー
恥ずかしながら知りませんでした。うーんどんどん山口県行きたい熱が高まっています。
左目を失明したけど、ずっと黙ってた乃木少年凄過ぎですね。なんかこういう質素・堅実・真面目に黙して…という生き方って憧れます。全然そんな生き方とは程遠いのですが…(=´Д`=;)

レッドカード!
ピー助
あけぼうさん こんばんは!v-283

これからは歯を見せずに・・・って

口を閉じ、口角を上げ上品に微笑むようにすればっ

少しは偉そうに見えるのですね~

挑戦します!

お便秘と痔は重篤な病に繋がりますので、早期手当が必要です。

食物繊維と水分を摂り、トイレは我慢してはいけませんよ!

特に便秘は肌荒れの原因だそうです。

明日もご安全に!v-222v-512

痔っに~は「ボラギノール」♪

苦悩から解放されるため、勇気を出して~

部位により軟膏または注入タイプをお買い求めください!

ぴりかあけぼう・おばんでした
よきちのひろ
「モノノフ」の見本のような乃木さんに恨みはありません。
質素で清廉な人柄だと伝記にありましたから・・
けれど・・ご本人とか東郷元帥とかを軍神としてヨイショ、
日本が太平洋戦争に突入する理由づけの一つとして、
精神的モデルとしてあがめさせたのではありませんか?
福沢諭吉さんを日本近代経営者モデルとしたように??
そういえば・・大昔のこと、
乃木坂で遊んでいた彼女に騙され棄てられました。
何故なのか・・乃木さんと福沢さんに縁なき桂恋村なのであります。

コメントを閉じる▲
下関に来ているんですけれども。
赤間神宮から少し移動して長府にきました。


大きな地図で見る

源平合戦と幕末を行ったり来たりできる町・下関ですw

功山寺 (1)

維新と言えば長州。

長州と言えば・・・・

takasugi_20130723131349.jpg  
  
そう。
高杉晋作ですよネ~wwww
中2病を患ったことのある人は、だいたい好きですよね?
(クリアな笑顔であなたに語りかけるあけぼう☆)

功山寺 (2)

で、彼が指揮する奇兵隊が決起したのが、ここ。

功山寺 (4)

功山寺です。

功山寺 (3)

曹洞宗の寺。長府毛利家の菩提寺でもあるそうです。

功山寺 (27)

門の所でふと、足元を見てみると肉球の跡が残っていました。
これだけで犬か猫かって分かるものなのかな?
あけぼうは勝手に猫だと思いました。
いずれにせよ、歴史的な足あとかもしれませんよ( ´艸`)ムププ

功山寺 (5)

さすが立派なお寺です。

功山寺 (6)

雨が降ってるのがまた、独特のいい雰囲気を醸し出してます。
功山寺 (9)

写真は撮りにくいけどなw
こういう、見上げる系は特にキツイわ~~(;´∀`)

功山寺 (10)

もはや天気予報の事は言うまい・・・もう言うまい・・・。
ただ、今になって考えると、その次の週から、一転して夏日が続くんですよね。
そのあとまた梅雨らしい日々に戻って、しばらくして梅雨明けという流れでした。
(´ε`;)ウーン…
わざわざ、梅雨を避けて早めに出かけたのは失敗だったよなぁ。

功山寺 (16)

仏殿は鎌倉時代の禅宗様式で、国宝らしいです。
たしかに、鎌倉っぽい感じはするよねー。

功山寺 (18)

建築様式の事は全然くわしくないんだけど、いろんな神社仏閣を訪ねてると、だんだん雰囲気でなんとなくわかってくるなあ。

功山寺 (19)

さて、幕末、禁門の変で一夜にして朝敵となった長州。
泣く泣く、都から撤退します。
その時に、三条実美ら長州派の7人の公卿も落ち延びます。
七卿落ち。彼らもまた広島県の鞆の浦や大崎下島などに足跡を残しつつ、長州へのがれました。
そのうち、5卿がここに住んでいたらしいです。

しかも敗北を受けて藩内の勢力図も反転。
幕府への恭順を唱える保守派が盛り返して、改革派の藩士を粛清しはじめます。
高杉もまた粛清を逃れて潜伏していたのですが、この流れを打開すべく、打倒・保守派へ動き始めます。

功山寺 (20)

なんだかんだあって、84名で決起。

功山寺 (21)

「動けば雷電の如く 発すれば風雨の如し」っていう伊藤博文が贈った言葉だっけ?
カッコいいよね~w
こういうのって、今、どんなにスゴイ人相手でも、絶対恥ずかしくて言えないじゃないですか。
時代によるセンスの違いを感じて面白い。

功山寺 (23)

現代のセンスだと
「さすが○○!俺たちが出来ない事を平然とやってのける!そこにシビれる憧れるゥ!」
くらいでしょ?www

功山寺 (24)

破天荒なエピソードも多いお方ですが、最期は結核で死ぬという。どこまでもドラマチック・・・。

功山寺 (26)

小泉さんも、首相の時に来たみたいだね☆
てことは、この看板、結構新しいんだなと思ったんですが、平成18年だから、なにげにもう7年前か。
子どもがオギャーと生まれて小学生になるくらいの時間が経過してるじゃんw(驚)
しかし、こう雨が降ってると、名水と言われても飲む気がおきなくて、眺めただけで終わっちゃいました。

ご朱印、もちろん頂きました☆

fc2blog_20130725114013006.jpg

次は、もう一人、長州出身の有名人ゆかりの所へ行きます~。

ブログランキング・にほんブログ村へ


追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

【2013/07/29 08:25】 | 下関
トラックバック(0) |


あけぼう
広報ミヨッさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

限定・高杉祭りでござるw
久坂玄瑞とミヨッさん、気が合うかもしれませんねw
なんとなく。
うん、久坂玄瑞はもうちょい長生きする展開も見てみたかった。
でも、高杉が長生きする展開はというと、そうでもないw
複雑なファン心・・・w


あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

段々ひどくなるという・・・w(雨)
昼間から運が良ければ晴れ間とか言うのは何だったんだーって
散々グチりながら、歩いてましたよw
ここは、もうちょっと良い季節にもう一度来たいかも。

龍馬伝は言われてみれば、高杉が躍動してる場面って、
なにげに少なかったかも。
イケメンが演じてくれた事だけで大満足だったので
あまり当時は気にならなかったけども(*^m^*)


あけぼう
よきちのひろさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

いやいや、あけぼうはこの看板は遠慮しますよ~。
もうちょっと呑気かつ妙竹林なトコロに
それとなく存在する方が好みです。

あの〜
広報ミヨっちゃん
テンプレートも
高杉晋作になってますねw
僕も高杉晋作すきですが、
久坂玄瑞もすきです。
もうちょっと長生きしてたら
ふたりでもっと別の展開が
あったかもしれません。



misachi68
なかなかひどい雨の中、大変だったんですねぇ。
おつかれさまです。

私も龍馬伝を見てた時は、
伊勢谷祐介さん演じる高杉さんカッコええわぁ〜〜〜と
憧れちゃいましたよ!
龍馬伝で高杉晋作が出てたのは
もう病気になってからが長かったような気がするので、
馬に乗ってるような場面は記憶にないけど、
凛々しいお方だったのね♡(◕ฺ‿◕ฺ✿ฺ)


ぴりかあけぼう・おばんでした
よきちのひろ
名水由来の看板、個人的な見解ですが・・
存命の政治家の名を記していることが気に入りません?
小泉純一郎に恨みつらみはありませんが、
ここはご遠慮願いたいので、ご提案します・・
5文字の入れ替え「小泉純一郎」から「あけぼう姫」に、
「イイですね、決まった」
自画自賛のあけぼうフアン気質です。


あけぼう
小々次郎さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

おお、小々次郎さんも長く患っておられましたかw
(かたい握手)
あけぼうもいまだに一部分、病が発酵して糸ひいてますw
あと、関門橋については、
残念ながらこの天候でかなり海側は霞んでおりまして・・・( ;∀;)


あけぼう
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そうそうw 
この記事限定のタカスギ祭りですよw
このAAは、「龍馬伝」の時流行ったやつで、
非常に好きだったので、今回出してみました☆
褒め言葉の話はねぇ、
カッコいい言い回しにキュンキュンくる中2部分と
現代人の感覚から来るこっぱずかしさとが
いつもせめぎ合ってて、
みんなと分かち合いたかった( ´艸`)ぐふふ・・・


小々次郎
中2病って実際の年齢と関係ないですよね
今はもう大丈夫ですが長いこと患っていた気がします(遠目)
これだけの方が結核で死ぬのは反則なぐらいかっこいいですね 憧れてしまいます

それと憧れの関門橋はスルーなんですね(涙)




玉坂めぐる 
ありゃしゅごい。
ブログ全体がタカスギ色に衣替えですね。
正しい文化系中2病のクリアな笑顔。
受け留めましたよ、この胸で。。。ズッギュン☆

三枚目の画像のアスキーアートいいねえw
♫さんぜん~せかい~のう、からすうを~
ドドーン!

褒め言葉の話、おもしろいね。
最近はスポーツ選手の記事でも
賞賛はするけど、手放しでは褒めなくなりました。
もっと分析的になった気がする。



コメントを閉じる▲