FC2ブログ
おでかけブログ。ご朱印を集めてます。その他、日々のふしぎや、おバカな出来事・読書感想などを、つらつらと。
あー2013年、GWも終了ですよ・・・(;´Д`)
あっという間でした。

鳴沢氷穴から、静岡の三島駅までまっすぐ帰ります。
想定内の時間ではありましたが、5日の午後ですからやっぱりたびたび渋滞にハマります・・・。

かえり (2)

名残を惜しむように富士山を見つめる我々。

かえり (3)

あ、そうそう。
前回の鳴沢氷穴の売店で購入したミネラルウォーター・・・。

かえり (4)

これが、非常に美味しかったです。
もともと軟水が好きなのですが、本当に純粋な水!という感じがしました。
長野の水以来の感激度でしたね。
あけぼうは長野の水と甲乙つけがたし、と感じたのですが
同行者の中には、いや圧倒的に富士の水が美味いと言う者もいて。
そういえば、宿で食べたサラダのきゅうりも、美味しいと我々の間で評判でしたw
やっぱり水が違うから?

かえり (5) 

神社めぐり的には富士山に来たからには、周辺に数ある浅間神社の一つも参ってみたかったのですが、とてもそんな余裕はなかったですね。残念ですけどね・・・。

かえり (6)

いよいよ、富士山ともお別れです。
この2泊3日の間、富士山の美しいお姿を堪能させて頂きました!
本当に大満足でした。

それに、富士山が「日本一のパワースポット」と言われるのも分かる気がしましたよ。
GWあけても約2週間くらい、この旅のあいだに目にした富士山の姿が、ずっと自分の胸の中に残ってる感覚があって、ずっと清々しい気持ちがキープされてました。スゴイと思いました☆

広島県民の我々にとっては、ある意味東京よりも遠い場所なんですが、頑張って来て良かったよ。いつまでも美しい富士山であり続けてくれることを祈るわ。
富士山、また来たいと思います(^_^)/~


ブログランキング・にほんブログ村へ


追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

【2013/06/11 15:04】 | 山梨県
トラックバック(0) |


あけぼう
きぼう丸さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

いいんだよ~(^_^)/
いつも通り、やたら長いからスッ飛ばしておくれw
白糸の滝には行けなかったよ~e-330
なにしろ富士山まわりは見どころいっぱいだから
1ヶ月くらい留学したいところですw



あけぼう
よきちのひろさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

ありがとうございます。恐縮です(笑)
美しい富士山を見られて大感激の2泊3日でした。
確かに、そういえば自衛隊敷地ありました。
我々全員、かなりの方向音痴なので、
富士山が右に見えていたと思えば、
しばらく走ると左に見えてくる・・・
それだけで「富士山すげー!」などと大騒ぎ☆彡
そんな愉快な旅でした。

No title
きぼう丸
凄い富士山めちゃ堪能してるやん♪
あたしゃ〜こんなに堪能しておらんわい。
ごめんよう、おばちゃん色々あってさ・・・
まだちゃんと読んでないのよw
で、滝フェチのきぼちゃんですが白糸の滝は行った?
富士の白糸の滝はマイナスイオンだらけで
ストレス無くなるんよ♪

ぴりかあけぼう・おばんでした
よきちのひろ
浅間神社の鳥居・・ここは富士吉田口ですね??
そうであれば、この左手から自衛隊敷地に入り、
馬の背などの難所を登れば5合目に至る林道入口です。
バイクで何度も登り・下った遊び場なのでした。
富士山を汚しケガした私です。
バチあたり・・今では反省、悔いています。

懐かしき写真の数々、ありがとうございました。
   ありがたや 安芸に向かいて ナマンダブ


あけぼう
小々次郎さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そうですね、祭りのあとみたいな・・・。
浅間神社なんですけどね?
西日本にはほとんど無いんですよ~。
皆無と言ってもいいくらい無いんです。
ちょっとググッたら、
中国地方では広島県尾道市に唯一ありました。
でも思わず「行かね~よ!」って言ってしまうくらい、
辺鄙なところにありましたわw


あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

ちょっと思っていた以上の効果でしたよ~☆彡
さすが日本一の山なだけあるね。
でも富士山に限らず、大自然と向かい合う体験って
やっぱり良い効果をもたらすんだろうなあって思います☆
でもそんな効果も2週間・・・。
現代人の生活ってやっぱりストレスフル・・(;´∀`)


あけぼう
ピー助さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

既に富士山の知名度はありますからねぇ。
ゲイシャ~フジヤマ~w
今から爆発的に観光客が増えるってことは
なんとなく無さそうな気もします(;^ω^A
まっ、いいアイデアというのは、ひらめきですから
ある日雷に打たれたように、キュピーン☆と
降りてくるもんですよ!!
( ´∀`)bグッ!

No title
小々次郎
さよーなら富士山 ありがとーございましたー
あーやっぱり最後はちょっと寂しくなりますね
無事故無違反でなによりです おつかれさまでした
近所の浅間神社にお礼すればいいですよ^^

No title
misachi68
お疲れさまでした(*´∀`*)
旅の後にずっと清々しい気持ちでいられるなんて
素晴らしい経験ですね!
パワースポットってそういうことなんだね〜〜
エネルギーをもらってきちゃったってことなんでしょうかね。
いいないいな〜〜



雇用がある?
ピー助
あけぼうさん こんばんは!v-283

物作りを海外に委ね、産業の空洞化に陥っている日本。

いい仕事がある訳がないです。

ところが!富士山が世界遺産登録となり、世界中の多くの人々が集まりそうですので・・・・

これぞチャンス?

世界中の富裕層を相手にビッグビジネス!

観光地の開拓こそ生きる道!

じっくり考えよう。。。時間はいくらでもありますから~

明日もご安全に!v-222v-512

コメントを閉じる▲
わぁ~い゚.+:。(ノ^∇^)ノ゚.+:。
2013年GW、3日目最終日。
とうとう、最後の観光地に到着しました。

氷穴 (1)

穴です!穴の中です!!

氷穴 (12)

ここは、鳴沢氷穴。

氷穴 (10)

近くに風穴もあって、時間があれば両方寄りたいね、などと話してたのですが、渋滞のせいでもう全然・・・( ´△`)
同じ穴でも風と氷どっちを選ぶかっていったら、なんとなく氷のほうがインパクトがありそうなので、こっちに来ましたw

氷穴 (6)

それでも、どれくらいここで時間がかかるのか分からない状態だったので、この断面略図を見てちょっと不安に・・・。もしかして、すご~く時間がかかって、新幹線に乗り遅れたりしたらどうしよう(;^ω^)ハハハ・・・

氷穴 (11)

穴の入り口付近にあった説明。
お殿様も嬉しそうにニコニコ描かれています。氷は貴重品ですもんね。
あ~~~~っつい夏。
あけぼうが殿様だったら、家臣を下がらせた後、思う存分氷に抱きつきますね。抱きついてかじりますw 品格とかどうでもいいw

氷穴 (9)

この穴の中は寒かったです。
思えば、入口付近のこの辺りが最も体感としては寒かったですね。
いや本当は奥に入れば入るほど、寒くなっていくはずであり、実際そうかもしれないんですが、

氷穴 (2)

階段を下りていくと、段々足元も悪くなっていきますし、中腰になって進む、プチ洞窟探検みたいな感じになることもあったりして。

氷穴 (7)

だから逆に体が温まってくるんですよね。吸い込む空気は冷たいですけど。

一番下まで降りてくると、

氷穴 (4)

氷じゃ~!!
氷がキレイに積まれてあって、いつでもお殿様のもとに届けられるようにスタンバッてますw

氷穴 (3)

足元はベシャベシャなので、氷穴に行く人はサンダルはやめといたほうが良いよ。

氷穴 (5)

氷というか霜みたいなのが、
なんとなくこう、天の川のほとりに建つお社・・・みたいな感じです☆
小っちゃいんですけどね。

氷穴 (8)

上の写真の氷はきちんと切り出してあったものでしたが、本来はこんな感じで氷が凍ってるんですね。

というわけで鳴沢氷穴でした。
ここは涼をとる夏のスポットとして最高かも~。
この日はGWだけに混みあってましたが、30分もあれば、入って出てこれます。
短いっちゃあ短いんだけど、気持ち的にはなんか充実w
あけぼう達が穴から出ていくと、逆に今から穴に入っていくっていうファミリーに色々聞かれました。この子(=小学校低学年)でも入って大丈夫ですか?って聞かれたりとか。全然大丈夫ですよ~。しっかり歩けるお子さんならね。
むしろ、背の高いあけぼうのほうが、何度も頭ぶつけそうだったしw 狭いとこあるし。
横に続くトンネルみたいな洞窟と違って、タテに深い穴なので、階段はハシゴに近いくらい急な部分もあったりして、ハァハァいいながら上ったりするから、少々薄着でも我慢できる。ただ、ロングスカートの女子には厳しいかも。裾とか絶対踏んじゃう。服装は動きやすく、滑らない靴がいいね。


ブログランキング・にほんブログ村へ


追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:旅日記 - ジャンル:旅行

【2013/06/07 17:19】 | 山梨県
トラックバック(0) |


あけぼう
よきちのひろさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

桂恋村の涼しい写真は、真夏の灼熱地獄にいる身からすると羨ましいです。
真冬は全然羨ましくないですけど(;^ω^A ←さむがり
あけぼうは、小さな子供相手でも平等に「人見知り」を発動しますので、ちびっこに好かれるのは羨ましいです。

ぴりかあけぼう・おばんでした
よきちのひろ
鳴沢氷穴・・・涼しく感じたでしょう・・当たり前のことです。
が・・・その涼しさと同じ夏、桂恋村なのです。
鳴沢の氷の何十・何百万倍のcool・・千島海流さまのおかげです。
うらやましいでしょう・・

そう言えば、道の駅「鳴沢」でのこと・・
ボ~ッと一服していたら・・「おじちゃん・食べて」
幼稚園児級の女子がアイスバーを差し出します。
初対面、見知らぬカワイコちゃんなのです。
もちろん、ペロペロいただきました。
動物と幼児にモテルのは白蛇さまの思し召し・・
うらやましいでしょう・・



あけぼう
小々次郎さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

いやぁ、現代に生まれて本当に良かったことの一つが、冷蔵庫の存在ですよね。
NHKのタイムスクープハンターという番組で江戸時代に氷を運ぶ話をしてましたが、金沢から江戸まで500キロを5日で運んでたそうです。飛脚が走って。で、60キロの氷が到着時には500グラムだったとか。飛脚の力に驚愕ですなあ~。
最後になりましたが
ガリガリ君が美味い季節がやってまいりましたね(時候の挨拶)


あけぼう
ピー助さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そうですね、入るまでが行列でしたね。
あの穴の入口の所ですね。
でも待ってる時が今思えば一番寒かったですw
やっぱり涼しいのがポイントですよ~☆
樹海の中って氷穴とか風穴とかが何か所かあるみたいです。
そのご友人にとってはわざわざ行くほどの場所と思わなかったのかも。


あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

あ、でも鉄腕DASHだったか何かの実験番組でやってた気がする。
結果は覚えてないけど(;´∀`)
あけぼうですら、真夏は氷穴が近くに欲しいくらいだから、お殿様もそうかもしれないねw
でも今は電気があるから楽しく入っていけるけど、当時は蝋燭とか松明の火だと思うと、暗くて恐いかもしれないなあ・・・・。


あけぼう
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

プチ探検、最近やってなかったので楽しかったっす☆

あけぼうの後ろに並んでたファミリーの若いお父さんが
当時の氷の貴重さを子供に説明するのが上手で、
ついつい聞き入ったりしましたw
(子どもレベル…)

確かに映画館での質問は難しいなw
ネタバレするわけにもいかないしね~。


こんにちはー
小々次郎
電気が無い時代に天然氷はまさに有り難いでしょうね
江戸まで運ぶ間にすごく小さくなってしまったんじゃないかと心配ですごく急いだと思います
きっと とびきり暑い日は箱を開けたらなんにもなくなってて殿様の怒りをかい 何人もの方が切腹させられたんだと思うと 人の欲にぞっとします 贅沢が敵ですよね
小さい時より今の方が夏は暑いですけど 今はガリガリ君が60円で買える時代ですから随分寿命が伸びました(笑)


人気のスポット?
ピー助
あけぼうさん こんばんは!

かなり人が多いですね~

学生時代の夏休みに友人と1週間かけて富士五湖巡りをしたのですが、あの野郎はココには連れて行ってくれなかった。。。(当時、ピー助は免停中)

と、遠い昔のことを思い出しました。

不思議と氷とか穴っていうのは名所になるんですよね。

涼しいのが人気の秘訣なのかな~?


農園にとてつもない大穴を掘り、ひと儲けでも。。。と思いましたが、決して涼しそうではありませんのでソコソコの穴にしておきます。

明日もご安全に!v-222v-512

No title
misachi68
すごいすごい(*≧▽≦)ハ☆ パチパチ♪・+:.'゚
天然の氷ってなんかめっちゃ魅力的に見える〜〜♪
私もこっそり抱きついてしまいたくなるわ。
これ、馬で運んでる途中で、とけて小さくなったりしたんだろうなぁ。
っていうか、よく運べたなぁ。
うん、殿様も自分の目で見たかっただろうなぁ。


No title
玉坂めぐる 
へえ、いいねえ。風穴は行ったけど、氷穴は見てなかったです。
お殿様もお城で待ってるのもいいけど、自分で見てみたいとか思うかもね。
プチ探検は楽しいです。
入り口での知らない人との問答、なんかニコニコしちゃいました。予防注射の「痛かった?痛かった?」を思い出します。山道とかでも「このあと険しいですか?」と、ときどきあるあるですね。映画館でも子連れの人に内容の怖さを聞かれたことありました。これは判断が難しい案件でした(^^)。

コメントを閉じる▲
2013年GW、最終日は本栖湖に来ています。
いや~長い・・・
長い渋滞でござった・・・

fc2blog_20130529133637485.jpg

でも、本栖湖そのものが今回の目的地ではないのですw

我々の目的地は、本栖湖リゾート「富士芝桜まつり」なのですが、臨時駐車場からシャトルバスが出るくらいの賑わいになってるらしくて、まだその臨時駐車場にも到着できない有様です。ふう。

あーなんだか、ひとつ、またひとつと、「もし帰りの新幹線の時間までに余裕があったら立ち寄りたかった場所」に行くもくろみがシャボン玉のようにはじけて消えてゆくなぁ。

で、やっと到着した芝桜。

富士芝桜まつり (1)

さすがに、色とりどりできれいです。

富士芝桜まつり (6)

芝桜のなかに、うねうねと通路があり、ところどころに「小話」がありましたw
ちょっとググッて富士山噴火を調べただけだけど、すごいねぇ。噴火して、セの海に溶岩がドロドロッと流れたところが、さっき我々が通ってきた「青木ヶ原樹海」なんだって。(´・∀・`)ヘー
それに、噴火履歴が列挙してあるのを読むと、富士山ってホントちょくちょく噴火してるんだね。
江戸時代以降~現代までの沈黙のほうがむしろ気味悪いくらいだわ。
:(;゙゚'ω゚'):

富士芝桜まつり (2)

思わず自分の千円札を確認・・・・w
お札絵の絵柄って、意外と覚えてないもので・・・毎日のように見てるのに。
この絵の元が写真であることも、本栖湖なことも、知りませんでした~。
こういうお札(=金)にたいして無頓着なところが、
いまひとつ金運をつかみきれないあけぼうのダメなところかもしれん・・・。

富士芝桜まつり (3)

芝桜って意外と撮るの難しい・・・。

富士芝桜まつり (5)

花をひとつひとつ見ていくと、どうもヘロッとしていてイマイチなんだよなぁ。

富士芝桜まつり (4)

それにしても、なんか山間にここだけこんなにカラフルで、なんか妙なかんじw
ほんっと、周りは山でなんにもないのに~。ここだけ大賑わいw

富士芝桜まつり (7)

ここでは、ひととおり芝桜を眺めて、写真撮ったら、屋台でお昼ご飯を買って食べる・・って段取りだったけど、んもうアイスひとつ買うのにも行列ですよ。何食べようかな~って選んでる場合じゃなくて、もうなんでもいいから買えるもん買って腹に入れとけ、みたいなノリになってました。





最後に、芝桜と富士山のコラボ。
天気は良いんだけど、ちょっと朝に比べて雲が多くなってきました。

ブログランキング・にほんブログ村へ


追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

【2013/06/05 16:57】 | 山梨県
トラックバック(0) |


あけぼう
よきちのひろさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

修学旅行で富士山とは、白山の神様たち羨ましい~!
(あけぼうは日光東照宮でした)
あの時は「まつり」だったせいか
あちこちの屋台から美味しそうな匂いが流れてきて
そっちに気を取られ過ぎて霊気は感じられませんでした。
しかし、龍神様のパワーのおかげなのか(!?)
最近行く先々で雨に降られます。
でもキーーーンと走って帰っているのでOKなんですけど。
あ、あと、やたらにお菓子をもらいます。
昨日も大袋いっぱいにアイスをもらいました。
今日も中袋いっぱいに和菓子を貰いました。
龍神様のお蔭ですね☆
どこにお供えしたらいいでしょう?


あけぼう
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

しゅるっと出してみたよw
彼は緑あるところ、
どこにでもいるんだけどね・・・☆

ぴりかあけぼう・こんにちは
よきちのひろ
龍神伝説には漏れていましたので、つけ加えておきます。
本栖湖の龍神は、我がご先祖・白蛇さまの親類なのです。
元来は白山に棲んでいたが、修学旅行が縁で富士山に棲みついたのです。
おそらく、本栖湖の湖底の本宅か富士山の別荘のどこかで・・
ピリカの行動を眺めていたはずです・・何か霊気を感じませんでしたか??
白蛇さまにお願いして、龍神さんをピリカの守護神に任命させましょう。
これにて、ぴりかあけぼうはアラレちゃん級のパワーをいつでも出し入れできます。
おめでとうございます。



No title
玉坂めぐる 
みどりのひと、背景になじみ過ぎだね(^^)
コメント欄を見てはじめて気づきました。


あけぼう
広報ティファニーちゃん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

500円( ;∀;)
はよぅお金をおろしに行き~☆

どうもあけぼう達は本栖湖に到着した時、
あさっての方角を見ていたらしく
後日1000円札で確認したら、
全く見たことのない景色が描かれてたわw


ウチ、
広報ティファニー
おもわずサイフだして
ウチも1000えんさつ
かくにんしようとおもったら、
500えんだましかないやんけ!
シバザクラ、かわいいな〜


あけぼう
ピー助さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

公園にはちゃんと上から見られるように台が作ってあって、
この日はめちゃくちゃ行列になってました。
行列に並んでまでは・・・別にいいや・・と思ったので
上から撮った写真が無いのでありますw


あけぼう
きぼう丸さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

野うさぎ!!!
なんかすごくメルヘンなおうちじゃないですか☆
緑の方は、実は他にも
いろんな場面で記念写真を撮っていますw
今回の旅の同行者のひとりですよ( ´∀`)bグッ!

Re: No title
あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

玄関先に芝桜のある家って、
花が咲くと、とっても目立ちますよね~☆
ここのように、植えられてる面積が広いと
特に白なんて、太陽に反射して眩しいくらいでしたw

本栖湖の名前の由来はあけぼうも初めて知ったよ。
やっぱりこのへんって、
すべて富士山を中心にまわってる感じがするねぇ。


いい表現です!
ピー助
あけぼうさん こんばんは!v-283

芝桜をここまで植えまくるとは、大変なご苦労があったことでしょう。

遥か上空から見下ろすと芝桜が竜の絵になっているとは、粋ですね~
でも、どうやって見たらいいのでしょう?

芝桜の花の咲きようはまさに・・・ヘロッと!

かわいい花です。

明日もご安全に!v-222v-512

絵文字復活!v-218v-17

コメントを閉じる▲
(n‘∀‘)η ヤァーッホォー
2013年GWは富士山周辺で遊んでおります。

道路 (14)

3日目の朝!今日も晴れてます。

これって誰の・・・'`ィ (゚д゚)/ '`ィ (゚д゚)/ '`ィ (゚д゚)/ '`ィ (゚д゚)/

(∀`*)ゞイヤァ
自分たちの徳の高さが怖いくらいw

道路 (13) 

謎のキノコ売場。これ、道路を走ってるときに通りすがりに見つけたんですけどね?
あれが、キノコ!?
ってビックリするようなシルエットが見えて、めちゃ気になったんですけど。
立ち寄るのはやめときました。
車で目的地に向かってる最中ですし・・・。

道路 (19) 

はぁ・・・・。(;´Д`) 
ていうか、3日目。我々は渋滞に巻き込まれてます。
ダ~ラダラ、ダ~ラダラ進んでおります。
そうなの。
だからこんな、落ち着いて窓から写真なんか撮ってんの。

道路 (17)

株式会社かいしゃ には笑わせてもらいました。
いやぁ「もしかしたらいるかも」とは思ってたけど、
ホントに命名する人がいるんだなあw
悪口じゃないですよ、称えてますw まじでまじで。

それでも、この辺りまではまだ良い方だったよなぁ・・・(渋滞)。

道路 (5) 

青木ヶ原樹海!って書いてある。
ここがあの有名な青木ヶ原樹海です。おお~!!

道路 (1) 

やっぱり、地面がちょっと違うんですね。
いかにも溶岩ってかんじで、ボコボコしてる。

道路 (2) 

生えてる木も、普通の山とはちょっと違う。

道路 (3) 

もっと鬱蒼としてる感じなのかとおもったら、結構キレイ、というか。
(地面のボコボコはおいといて)
今まで、樹海って聞いて思い浮かぶのって、
木が生い茂って、地面には光があまり届かないくらいの暗いイメージだったんですよ。
全然そんなこと無くて、気持ちよくハイキングできそうな印象です。
木の1本1本がそんなに太くなくて、ひょろひょろしてるんですよね、なんか。

道路 (15) 

そうはいってもこんなふうに柵が設けられてない場所なんて、
自殺志願者がいやしないかと、ドキドキして目を凝らしてたりしました(;´∀`)
あと、富士山のスバルラインで野良鹿を見ちゃったから、また鹿が見えないかな~なんて。
まぁ、なにも見れなかったですけどね。

道路 (9) 

でも、樹海の景色にもそのうち飽き慣れました・・・。
いよいよ、本格的な渋滞にはまってます。
ず~っと先まで車が並んでます。(´Д`)ハァ…
小さい写真だから分かりづらいかもしれないけど(;^ω^A

20130524142841b1c_20130603143122.jpg   

そのうえ、この、進まなくて若干イライラしてるところにもってきて。

ライダーたちがまたムカつきまして・・・(#゚Д゚)y-~~イライラ

我々(車)は並んでるわけですよ。渋滞で。
でさあ、ちゃんとみんな、ライダーたちの為に中央線よりなわけ。
左側あけてるわけよ。

なのになぜ右側から追い越してくる奴いんの!?(`Д´#)

道路 (7)       

ほら!ぐぬぬ・・・(#`-_ゝ-)

  2013052414282312c_20130603143123.jpg  

ぐぬぬぬぬぬ・・・(#`皿´)

20130524142755e3a_20130603143120.jpg   

ぐぬぬ・・ぬわ~っヽ(`Д´#)ノ

車内では我々のライダーに対する罵詈雑言がとどまるところを知りませんでしたw
ヘイトスピーチ。ヘイトスピーチね、ライダーに対する。
まあ、ライダーの皆様におかれましては、言われてナンボみたいなところもあると思います。

なんなら、

( ´,_ゝ`)プッ あいつら何か言ってらぁ。

くらいのね。
そんなアレだと思いますんで、これくらいは甘んじて受け入れてください。

我々のヘイトスピーチは加熱の一途をたどり、
最終的には、
「そんなに風を感じたきゃあ、全裸で乗れや!バカーヾ(゚д゚)ノ゛」
というところまで行きました・・・。
(そしてそこからは、全裸で逮捕された件というのは、どうなのかっていう話に)
(一部の人たちにとって、犯罪歴は武勇伝になるケースもあるが)
(全裸で逮捕は武勇伝となるのかどうか)
(わが子にどのように伝えるのか)

富士樹海という大自然に抱かれ、ちっぽけな我々、語り合いました・・・

 道路 (11) 

山があるのに山梨県!!

って、言いたくもなる この、山々しぃ景色・・・。

渋滞は続きました・・・

つづく・・・。

 


ブログランキング・にほんブログ村へ


追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

【2013/06/03 18:01】 | 山梨県
トラックバック(0) |


あけぼう
きぼう丸さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そうなんだよ~。富士さん記事続いております~。
またご覧の通り毎回記事が長いもんで(;^ω^A
めんぼくなーい☆


あけぼう
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

うひひw
さすが玉さん、そこに引っかかりましたか( ´艸`)
俄然、カバノアナタケを煎じた茶を
ちょっと飲んでみたくなりますな☆
東京ならきっとあるはず!!
あとは玉さんに託すw

No title
きぼう丸
しまった!!!
ぼ〜っとしている間に富士記事がたくさん!
こんどゆっくり読みにくるね〜
ごめんご。

No title
玉坂めぐる 
うんうん、それもそうなのですが・・・
なにがなんなのかですけど・・・
それよりなにより
天然カバノアナタケ・・・天然カバノアナタケ・・・
気になって気になって、ググって見たら
これまたなんだか・・・


あけぼう
小々次郎さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

大丈夫です( ´∀`)bグッ!
小々次郎さんをdisってるわけではないのでご安心を☆
(そこんとこ、あけぼうは心配しておりました)
ブログを拝見する限り、小々次郎さんは単騎でマイペースに走ってらっしゃるし。そういうのは全然オッケーです。 でもでも、抜き去りたい気持ちは分からんでもないけれども、背後を左右から挟み撃ちとは卑怯なり~と思いません? そりゃ~、思わず我々の性格だってねじ曲がってしまいますよ ┐(´д`)┌ 自転車に前を塞がれ追い抜こうにも追い抜けないライダーを見つけるとニヤニヤしちゃいますよ(悪)


あけぼう
よきちのひろさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

やっぱりこれがフツーなのですかぁ。
世界遺産効果がいくらかあるのかと思っていましたが・・・。
最初は樹海のようすに。
その次は、まだ山にまばらに咲いている山桜や山吹の花に。
山々の間から時折姿を現す富士山に、と
色々と退屈しのぎはあったのですがねぇ。

おっさんライダーです
小々次郎
痛ーー この耳に出来たオデキはなに? すごく痛いんですけどw^^
人のルールがわかりませんが 追い越し車線の意味から右側を抜いて行くのが正解の様です 車がゆっくりでも進んでいるときはその速度にあわせて進み 完全に止まったら右側から抜かして行くようにしています 毎日車も運転してますが左から出てくるスクーターにヒヤッとします バイク同士でも無理な追い抜きをする人は勝手にしんでね 巻き込まないでね と思います みんな統一した規則になればいいのにね 
心地よい風も風圧に感じるときもありますし 雨が降ってくれば容赦なくびしょ濡れで不完全な乗り物のようですがコーナーの出口で搾るようにアクセルを開けると自然に車体が立ち上がってく操作感。いい季節のいいときの光や空気に包まれる自然との一体感。やめられません 困難を体験しに行くキャンプみたいなものですかね  でも車の人の視線には気づいてました 自分は渋滞中なのに横を抜けてけばムカッとするでしょうね 本音が聞けてよかったです 迷惑な運転にならないよう注意します。

ぴりかあけぼう・はろ~
よきちのひろ
私が遊んだ10年以上前も、あの道路は渋滞がフツ~でした。
だから移動は早朝か、深夜、空いている時間帯を狙いました。
そして道の駅で仮眠や一服するのです。
ああ懐かしい・・ココロは本栖湖に向かっています。


あけぼう
広報ミヨッさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

よくぞ言ってくれました(膝を打つ)
そう!そうなんです群れてます!
だいたい、あけぼうは
みんなでツーリングってところから意味がわかりません。
走ってる最中に会話できるわけでも無いし。
誰が一番先に目的地に着くか競争するとか、
そういうのがないと、
何も面白くないと思うんですが・・・。



あけぼう
ピー助さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そんな細心の注意がいるような乗り物で、こんな渋滞する観光地に来られても・・・辺鄙な野山でも走っておれ、と思ってしまいます(笑)
ちなみに今回の同行者の家族にもバイクで半死半生の事故に遭った人がいますが、そういったことを考えると、どうも乗り物として不完全なんじゃないかと思いますね。なぜバイクがオッケーでセグウェイ(&類似の乗り物)が公道NGなのか不思議だ。

コメントを閉じる▲
2013GW、富士山周遊2日目も夕方になりました。

河口湖

関係ないけど、信号機にまで富士山が・・・☆


河口湖の近くに宿があるので、そのまま帰っても良かったんですが・・・

ちょうど4月ごろから、富士山がらみで不穏な話が結構出てたじゃないですか。
富士山の道路に地割れが見つかった・・・とか。
そんな異変のひとつに、「河口湖の水位が下がってる」っていうのがありましたよね。
その、もっとも象徴的に取り扱われていた所へ、我々も行ってみることにしました。

河口湖六角堂付近 (1)

六角堂があるところです。
こんなふうに、陸地がかなり広がってます。手前はもとから陸地みたいですが・・・。

河口湖六角堂付近 (2)

しかし、問題は初めて来たのでもともとの水位がどれくらいだったのか分からない、ということ(;´∀`)
なんとなく干上がってるような気がするけど・・・よくわからないw

河口湖六角堂付近 (3)

とりあえず、六角堂まで歩いてみます。

河口湖六角堂付近 (5)

お堂のたもとは石だらけ。
どうして日本人は石を積む習性があるんだろう・・・。
夕方。薄暗くなりはじめて、ちょっと肌寒さが増してまいりました。
なんか、この光景、賽の河原みたいで、やや不気味なんですけど・・・・。


河口湖六角堂付近 (6)

ただ、中にはこんな遊び心もあったんですけどね?

河口湖六角堂付近 (4)

ここの石垣(?)を登るのが、ちょっと大変でした。
もしかして本来はここまで水があったという事なのかな?
そう考えたら、やっぱり水位が下がってるのは確かなのかも。

河口湖六角堂付近 (7)

お堂の中は、これといって仏像があるとか、そういうワケではないようでした。
そもそも六角堂が何なのかもよく分からず、見に来てるあけぼう達・・・(;^ω^A

富士山・・・心配ですね。
日本国内近辺の異変もさることながら、ここのところ、チリやメキシコあたりでも、なんか活発になってるでしょ・・・。今までって大体、日本に大きいのがくると、チリのあたりでも起こるじゃないですか。綱の引き合いみたいに。

河口湖六角堂付近 (8)
≪湖の貝殻≫

まあ、でもいつかは起こる事だから、複雑なんですよね。
自分の人生の間に噴火しなかったとしても、この不安を子孫の代にバトンタッチするだけという。時がたてばたつほど、溜め込んだパワーは大きくなってるよねえ?だったらこう、ちょっと大変かもしれないけど、今のうちからプスプスとオナラみたいなの出しといてもらったほうがマシなんじゃ・・・とか考えたり。
富士山の本気モードなんて人が太刀打ちできるようなレベルじゃないもんな。

河口湖六角堂付近 (9)

富士さん、どうなんですか?そこんとこ・・・?
裾野に広がる樹木・虫・獣・人・・・みんなの営みすべてが、あなたのクシャミひとつでエライことになります。



2日目終了。宿へ帰ります。つづく。



2日目の晩御飯も美味しかったっす。

ブログランキング・にほんブログ村へ



追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

【2013/05/30 08:37】 | 山梨県
トラックバック(0) |


あけぼう
よきちのひろさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

廃業ですかぁ~残念。
廃業したホテルの中に良いホテルって結構あるみたいですね。
エッセイなどを読んでいると、「む!これは・・☆」と
思ったホテルに限って、調べてみると大抵廃業しちゃってます。
チェッ。早く生まれたもの勝ちですね!(笑)
やはり、
良いホテル=良心的=不況を乗り越えられなかった
みたいな図式なんでしょうか・・・。

あけぼうが長い休みをとれる日はいつの日なのか・・・。
(夕日に向かって石投げ)

ぴりかあけぼう・おばんでした
よきちのひろ
再登場です・・
お問い合わせのホテル・・残念ですが廃業しました。
「ホテル・プロイセン富士」・・窓からの富士山ビューは最高でした。
セミスイートのような部屋と美味しい食事・・
貧乏サラリーマンにとって、ささやかな贅沢なのでした。
あの~ by the way・・アイヌモシリのホテルは温泉がいいですよ。
休みをたっぷり取って・・
フェリー(日本海は敦賀・新潟から)(太平洋は名古屋・東京から)でね。
【ZOO・ココアちゃん】


あけぼう
広報ミヨッさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

めちゃくちゃ少ないですよ。
でも実は岡山県が最も少ないらしいです。
台風来ない、地震はない、津波もほとんど来ない、原発も中国山地を挟んだ日本海側、そこそこ都会で求人倍率もまあまあ、などなど・・・。
まあ、あけぼうの住む町もそうだけど☆
四国が盾になってくれてるんですよね。
爆弾をやられたけど、今ではすっかりきれいになってるし。
綺麗になりすぎて、間違ったメッセージを外国へ送りそうなくらいに復興&発展しちゃってるw


あけぼう
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そんなにガラガラだったんだ(゚д゚)!
そう考えたら、現代人って結構冷静になったってことなのかなー?
金鳥の花火は、むしろどんな好条件の花火大会でも見ることのできないレアすぎる花火だよ~!!

富士山周辺で溶岩樹形なんかを見ると、確かにそこに樹木があったということが分かるし、なんていうか地球レベルの移り変わりの前では、すべてが取るに足らないことのように思えてきて。噴火による災厄(死)すら、全てただ有機物が二酸化炭素や水蒸気に、無機物がカリウムなどへと化学変化していくだけなのかなぁと遠い目になっちゃいます。もうちょっとで解脱できそうでしたw 
あまりにも大きなものを前にすると謙虚になっちゃうっていうの、昔の人もあったと思うわ―。それに、今では少なくなったとはいえ、我々には縄文人のドンドコドコドコ・・・っていう血もあると思うし。火山・マグマとか絶対テンションあがる種族だと思うんだよね、畏怖の念を含めて。神の力を目の当たりにできる機会なんだもんな。


あけぼう
よきちのひろさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

ほほう、素敵なホテルってどこですか?
今後またあのあたりへ再訪する時の参考までに☆
申し訳ないんですが、
六角堂以外の河口湖の写真って無いんですよ~。
もうちょっと写真を撮っておけばよかったですね。
あけぼう的にもその点については心残りなんです。



あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

やっぱりダメなんだ~。
そうなんですよね、石を積むのはちょっと不気味(;´Д`)
うん、やっぱりオナラが必要ですよねw
配管をして、とおい太平洋で排出できれば一番いいと思うんだけど、科学者がなんとかしてくれないかなぁ~。それまでは、我々の念力でなんとか・・・( *´艸`)


あけぼう
ピー助さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

いや、古代人でも火山の噴火にはなす術無しですわ~。
ポンペイみたいに・・・┐(´д`)┌
縄文時代に起きた鬼界カルデラの大噴火では、
火山灰は成層圏まで達し、
東北地方にまで降り注いだそうですよ。


あの〜
広報ミヨっちゃん
その点、
広島って日本の中でも
自然災害が少ないですよね?
まあ60年ほど前に
世界初の爆弾をやられたわけですが。

No title
玉坂めぐる 
玉坂が山中湖畔の保養所でバイトした夏は、富士山大噴火の予言がワイドショーとかで激しくて、お客のキャンセルだらけ。誰もいない日も何日もあって。仕事がすごくラクでした。あんまり暇なので保養所管理人に頼まれてそこの家の中学生に勉強教えてダブルバイトになってました。(ーー)ナツカシイ…。暇だから河口湖の花火大会にも行かせてもらったよ。でも霧雨のひどい日で、どーんと打ちあげても雲だらけの空全体がいろんな色にそまるだけ(T。T)。途中で打ち上げ中止になって、湖面近くの仕掛け花火だけ、ため息つきながら見たなぁ。そんなことも不穏なムードに拍車をかけてました。実は玉坂もかるくおびえていたような気もします。仕掛け花火は「金鳥」の2文字を描きました。ここの花火大会は毎年「金鳥の夏、日本の夏」のCM撮りもかねてるとのことでした。。。。
富士山、最後の噴火は1707年、綱吉の時代。北斎があの絵を描いたのが噴火から170年後。富士講の熱狂には噴火への「そろそろか」「いまじゃないのか」の恐怖と期待も入り混じっていただろうなと、いまちょっと思いました。

ぴりかあけぼう・おばんでした
よきちのひろ
あの付近はどうってことない景色でした。
いつもサラリと通り過ぎていましたが・・
水が減っただけで話題になるんですね??
川口湖にはステキなホテルがあったので・・
私の想い出の場所なのです。
次回は写真いっぱい載せてください。


コメントを閉じる▲