FC2ブログ
おでかけブログ。神話や妖怪、UMAが好き。その他、日々のふしぎや、おバカな出来事・読書感想などを、つらつらと。
2019年、
夏のお盆休みに四国へ行きました。



例によって瀬戸大橋を渡っております。



快晴で、海もスッキリ視界良好~♪



涼を求めた結果、洞窟に行ったりもしたんですが。
やっぱり自然の涼しさって別格だよね~という話になり、
その次はやっぱり山だろう、ということになりました。

登って涼しい山となると、一定以上の高さが必要ですよね。
瀬戸内は低い山しかないので、選択肢は限られてくるんですよね。

もちろん本格的登山なんて我々には無理だから、
ちゃんと登山道が整備されてるとこが良い。
ぶっちゃけ、ある程度までは車で登れないとダメw

そんなこんなで浮上したのが、中四国のTOP3の山、
鳥取の大山、四国の石鎚山、四国の剣山です。どこも遠いです。

もうひとつ、
霧が出て全然景色が楽しめなかった四国カルスト(→記事)に、
もう1回リベンジしに行く、などの案も出たけど、
あの細くてグリグリとカーブが続く道をえんえん運転すると思うと・・・
暑いせいかどうもそんな気力が起きなくてw それでパス。



で、最終的に剣山に行くことに決まりました。

まえに剣山へ行ったときは、友達に連れてきてもらったんですが、
ある程度まで山の上に車で行けて、
そこからリフトに乗って、残りを歩いて頂上まで行くんですよね。
その頂上の景色が素晴らしかった記憶があります。
よしそれだ、剣山へ行こう。


でも、
山に着くまでの行程のことはあまり覚えてなかった。
なんか遠かったな~って漠然とした記憶はあるけど、実際に自分で運転していくとマジで遠い遠いw

瀬戸大橋渡って香川に入って南下して徳島県へ。



あと38キロww
ここからが山あいの道になっていきます。

渓谷沿いの道でね。その川がすっごく綺麗なの!さすが四国。
川やその周辺の石や岩が、青みを帯びた白い石でして。
そういうところに流れてる川の水だから、ホントにエメラルド色!
めちゃくちゃ綺麗でした!! 目の保養。
河原の浅瀬で遊んでるチビッ子たちにまざりたかったw

でもここからが難所続き。
対向車とすれ違うのも難しい細い1本道が続くし、
うねうねとカーブするし、見通しも悪いし、
神経をすり減らすよね~~(;´Д`)

でさ、運転する人は分かると思うんだけど、
こういう山道を、すごいスピード出してギュンギュン走る
「田舎のプロ」みたいな人が結構いるじゃんww
わたし達なんて運転下手くそだから、とてもついていけないw
だからもう、とっとと追い越して行って欲しいんだけど、
なかなか追い越しできない狭い山道で、田舎のプロが後ろにつくと、
こっちはもう、すんごいプレッシャーなのw
あおられるって訳じゃなくてもツライ、ツライわあ~~(^^;)

そこいくと今回はさ、途中から徳島ナンバーの車が現れて、
ずーっと適度なスピードで前を走っててくれて、
こっちはついていくだけだったから本当にありがたかったな~。

わたしたち「徳島の神」って呼んでたもんw
徳島の神は、我々を含む4台くらいの車を引き連れて先頭を走っててくれたよ。
たぶん、全38㎞のうち、20㎞くらいは先導してくれてたと思う。

でもさすがに徳島の神も、ほとほと疲労困憊したんだろうね。
途中で、「先に行ってくれ」とばかりに路肩に寄ってしまって・・・。
その結果、我々が先頭を走る羽目になってしまい、
うしろ2~3台を引き連れて神経をすり減らすことにw

剣山、大変な所だよ・・・。
結果としては四国カルストと同等、またはそれ以上だったよw


次は到着します。
つづく。


ブログランキング・にほんブログ村へ


追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:日帰りお出かけ - ジャンル:旅行

【2019/12/06 17:00】 | 徳島県
【タグ】 旅行  観光  日常  日記  しまなみ  四国  
トラックバック(0) |


あけぼう
小々次郎さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

あ、あれ美馬橋っていうの?
四国の道はバイクのほうが絶対楽しいと思います。
うねうねしてて、登ったり下ったり。
お遍路さんもこういう道を歩くのかと思うと
絶対わたしにはできないなあ・・・。


あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

ですよね~~~。
凄いプレッシャーもあれば、高齢ドライバーのゆ~っくりな車についていかざるを得ない時もあり…w
距離の何倍も疲れるよねw


小々次郎
夏の緑が濃い山に映えてるだろう 美しい「美馬橋」で 清流吉野川を渡ったのでしょうか 羨ましい ストリートビューで国道438号を見てみたら 酷道レベルで云ったら星1つぐらいだけど バイクだとなかなか楽しそうな道ですね でもこういう道で違うバイクに後ろにつかれると 自分も緊張して実力の半分も発揮できません(実力も低め)緊張するとつかれるし 一定の車間距離をとって欲しいですよね




misachi68
わかるわかる〜
私も運転に自信があるわけじゃないので
片道1車線だったりするとプレッシャーw
煽られませんように(>人<;)
しかし、あまりに遅い車がいると私も追い抜きたくなるし。
田舎の山道は疲れますよね。



コメントを閉じる▲
香川の遊園地・レオマワールドに行ってきました。



遊園地とホテルと温泉とプールと花の公園とイルミネーションと・・・
なんか「全部乗せ」みたいな、こっちではだれもが知る施設ですが
実は来たことがありませんでした。



アホみたいに駐車場が広かったですw
第2・第3とあるので混んでて停められないってことは、まずなさそう。



施設は山の上にあるので、
駐車場から階段(あるいはエスカレーター)でのぼってくよ~。



キャラクターがいましたw 遊園地らしさが出てきたね。



遊園地は割と子供向けなんだよね。
私たちは、遊園地エリアより薔薇の咲いている公園とか、
夕方から始まるイルミネーションが目当てだったりするので、
こっちのほうはスルーです。



地中海っぽい、ちょっといい雰囲気になってきます。



このあたりにホテルやコテージみたいな宿泊施設があります。
プールもありますが、この時はまだプール開き前だったので、カラカラ状態。



長いエスカレーターを登っていきます。
ここも、夕方からのイルミネーションではカラフルな光のトンネルになっている。

エスカレーターで登った先は、別世界(笑)



アジアンな世界になっております。
花畑の向こうに、アンコールワットもどきが見えておりますw



狛犬ならぬ狛像が控えていますw 
ゾウさん花をくわえてんの。かわいい。



装飾もなかなか作りこまれてます。
ただ、建物内には入れないようになってるのが残念w



屋根のアップ。ゾウさんのうえに。
太鼓のバチみたいなのを持った神様?が乗ってる。
上半身は裸っぽいですが、下半身がどうなってるのかはわからない。ふんどし?
(なぜそこが気になってしまうのか・・・)



周りは池になっていて、水面に映るさかさまの建物も趣き深いですし、
ハスなんかも咲いてまして、祇園精舎っぽさがより増しておりました。

ここにはアンコールワットもどきだけじゃなく、
ブータンの寺院もございますw



雰囲気のある門をくぐって早速向かいます。
ここからはちょっとした山登り。



この三角形の旗かわいい。



すぐ着くのかと思いきや、結構階段を上らなければならず消耗しましたが、
シャクナゲが時々咲いていて、目を楽しませてくれます。
シャクナゲ良いよね~。



到着!




とりあえず、マニ車を回して一周するよね。



手がめっちゃ鉄くさくなるけどねw



中は、いろいろなチベット仏教?の仏様などが展示されてます。



きっとこれは狛犬の親戚だろうと思われます。
眉毛とか、雲みたいでいいなあ。



多分、きっと偉い人。

動物と、その背に乗ってる人間のサイズ感がアンバランスすぎて
一番気になった像だよw

まず、乗ってる生き物・・・これはいったい何の動物なのか。
猿のようにも見えるけど、さすがに猿には乗れないよね。まさか犬?
装飾品をつけまくったロバとかヤギみたいな生き物なのかなあ。
それとも完全に「想像上の動物」なのかなあ。
けど人物のほうは、服装もちょっと人民服風というか。ヘアスタイル含めて、どうも古代というよりは近代に近い印象を受ける。不思議。チベット方面ではこういう感じなんだろーか。



あと、サイコーに決めポーズがカッコいい仏像もいたからご紹介。
ちょっと欲しいわこれw



ここから、さっき見たアンコールワットもどきが見えます。
こうしてみると、結構上のほうまで登ってきたのが分かるよね。
あと、レオマワールドが見切れてるw ホント、広いんだよね。

花と、アジアンな建物とw 
遊園地とホテル&プール&温泉もあって。
夜はイルミネーションもやってて、もりだくさんなんだけど、
この日はすごい暑くて、普通にうろうろしてるだけで消耗するんだよね。
すっかり疲れ果てちゃいまして、
イルミネーションが始まるまで待てず。結局見ずに帰っちゃいました。
まあ、またの機会もあるでしょう。

ここの宿泊施設「ホテルレオマの森」は大阪や岡山など
いろんなところから直行バスが出てるから行きやすいし、
宿泊者限定の日帰りバスツアーをやってたりするから、
運転せずに四国をサクッと観光するのには結構いいかも。


ブログランキング・にほんブログ村へ
(なんせ、先日も四国の酷道をドライブして消耗したばかりなんですw)
(それについては、また後ほど・・・)


追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:日帰りお出かけ - ジャンル:旅行

【2019/11/07 17:30】 | 香川県
【タグ】 旅行  観光  日常  日記  四国  香川  
トラックバック(0) |

Re: No title
あけぼう
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

あの獣あまり早くなさそうだけどねw
大阪にお越しの際、
ついでにバスに乗ってレオマでお風呂入って
(冬は、イルミはあるけど花はなさそう)
翌朝、バスツアーに乗って観光するのもいいかも?
ツアー内容は時々変わってて今は大歩危小歩危。
ここは連れて行ってもらったほうがいい場所。大変だからw

レオマの周りはなにもないけど、
琴平駅までバス送迎があるっぽいから、
こんぴらさんへ行くってのもありかも。

No title
玉坂めぐる 
なんか大変なことになってるね。
でも、現地の大工さんに作ってもらったとか
書いてあるね。
アンコールワット、似てる似てる。(^^)
ダイジェスト感がいい感じ。
うわあ、レオマ、行きたいなあ。
できればまぼろしの獣に
姿勢よく乗っていきたいなあ。
あーでも、バスがあるのか、そうなのか。
メモメモφ(..)


Re: No title
あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

一度破綻したことがあるらしくて、いろんな施設がつぎはぎになって、ワケがわからないことになってるんだよねw
インスタ映えはすると思うんだけど、その割には若い子いなかったw
食べ物系はね、ほとんど遊園地サイドに密集していて、しかもお子様連れで大混雑。なんだかもう外からその様子を見てるだけで入っていく気をなくすくらいで(^^;) で、自販機で買った飲み物を持ってベンチに座るんだけど、空いてるベンチって日陰じゃないんだよね・・・。なにしろ夏日だったからじりじりと照り付けられて、どんどん体力がなくなっていくww ホント、孫連れてきてるお爺ちゃんお婆ちゃん達の体力を尊敬したよ。すごいね、孫可愛さもあるんだろうけど、団塊世代は基礎体力が違うわ、すげー。

No title
misachi68
なんて怪しげな!不思議なテーマパークですねw
アジアンな雰囲気が面白いし、
インスタ映えしそう(*´∀`*)
でも、テーマパーク(なのか?)にありそうなお土産とか
スイーツの屋台とか、そんなものは並んでる感じじゃないのかな。
休憩できそうなところがないと暑い日は辛いね。

コメントを閉じる▲
津田の松原の中にあると言うか隣接する場所に、
神社がありました。



石清水神社



暗くなってきて独特の雰囲気です。誰もいない。でも、せっかくなので参拝して帰ります。
ご祭神は、
誉田別命
息長帯姫命
玉姫命
の三柱とのことです。



この随身門の屋根の上にある、



鬼瓦も素敵だったんだけど、
光の具合であまりハッキリ撮れてないね(;^ω^A



境内に飼い猫ちゃんがいて、
にゃあにゃあと寄ってきて、めっちゃ誘惑してくるの!
なのに、撮ろうとするとそっぽ向かれるという・・・。
小悪魔めーっ☆

で。
この神社で一番の見どころじゃないかと思うのは、



この、狛犬さんです。
ご覧の通り、シルエットからしていつもの狛犬じゃない!



そう、ニホンオオカミなんですよ~~~。



そう言われたら納得でしょ?シュッとしてるもん。なんか。



目つきも鋭くてカッコいい!



反対側の狼。



尻尾の巻き方も違ってます。



くるんって巻いてる。かわいいw



でも、口のあたりは牙が見えて、なかなかの迫力。

ちょっとググッてはみたんですが、
どうしてこの神社に日本狼の狛犬なのかはよく分からず。

まあ、狼、カッコいいしなあ。カッコいいは正義だわな。
いやぁ。良いものを見た。
最近は狼信仰についても興味がわいてきていたところだったから
タイムリーな出会いに、ドキドキしたよ。



別の入り口のところには、普通の狛犬もいましたよ。



この前歯がすごい。





ブログランキング・にほんブログ村へ

FC2blog テーマ:ちょっとおでかけ - ジャンル:旅行

【2017/09/07 17:11】 | 香川県
【タグ】 神社  香川  
トラックバック(0) |

Re: ふたたびコメントすいません
あけぼう
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

ほほーここ、三峯神社だったのかあ。
なんていうか、我々の住む下界(笑)では失われたもろもろが
ここでは元気に存在する…ってイメージが
植物にも拡大したよ♪

ふたたびコメントすいません
玉坂めぐる 
記事の内容から脱線しちゃうけど
三峯神社のはなし。
あそこには、こんな妖精もいたんだよ。
あけばうちゃんならきっと覚えてると思うけど。 ↓
http://konnakao.blog96.fc2.com/blog-entry-925.html

げへへ、蛇足、すいません(^^:)


Re:
あけぼう
玉さん、いらっしゃーい(*´ヮ`)ノ

うーん、なるほど、金刀比羅宮の犬とかあ。
距離的には…近いっちゃあ近いかー。
しかしそういう感じは無かったなあ。
知る限り、狼信仰にしても、瀬戸内では馴染みがないんだよね。

狼といえば、やっぱり三峯神社だよねえ。
氣守は最近よくネットでも紹介されてる。
それ目当てに大渋滞がおきてるらしいです。
本「霊能動物館」では、氣守どころではないものが紹介されてました…。
ホントに行ってみたいけど、遠いなあ…。



玉坂めぐる 
玉姫命が、ご祭神にいるね(^^)いいねえ。

日本っぽい狛犬。玉坂がみたのは、秩父の三峯神社とあと、東京青梅市の御岳神社。日本狼でしたよう。「大口真神」とか呼んじゃう。わんわん。魔よけだけど今でも泥棒除けだもんね、お犬たち。
神様の「かみ」が、おおかみの「かみ」だとか「噛み」だとかいうよね。オオカミのウンコをもらってきて畑にまくと、ほかの鳥獣が畑をあらさないとか。(^^)ちょっと試してみたいような気もします。「氣守」は知らなかったのでググりました。ほう、かっこいい。

香川県の日本犬…。金毘羅犬とかかんけいないかな?ないかな? もっと古いのかな。

Re: タイトルなし
あけぼう
へろんさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

でしょでしょ、そうなんです。
やっぱり嬉しいですよね。
本当に、どこかの山奥でひっそり生きててくれないかな。

秩父の三峯神社がとても有名ですよね。
調べていたら行きたくなっちゃいますよ!
「氣守」欲しい!




へろん
ニホンオオカミの狛犬!
へー、と思ってちょっと調べてみたら
秩父地方とか他のところにもいるらしいですね。
絶滅種でもこういうところに息づいていると
嬉しいですね。

Re: タイトルなし
あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そう思って神社をググッてみたりしたけど
なにもエピソードはなかったんだよねぇ・・・。
あったら楽しいなあ☆
狼の狛犬は、守護獣というだけじゃなく
神の使いも兼ねていそうだよね。
いや、古い神様そのものかも・・・。


misachi68
日本狼の狛犬かっこいいねぇ(*´∀`*)
そういやいつもの狛犬って
実際の犬とは雰囲気が違うっていうか、
獅子舞の獅子みたいだって思ってたけど。
日本狼の狛犬は
その辺にいる柴犬か秋田犬かってくらいに
日本犬みたいに見えますね。あ、いや狼ですもんね。
なんか作者の意図か、神社に狼のエピソードでもあるんですかね〜

コメントを閉じる▲
2017年7月の連休は、今治から徳島へと長いドライブでした。



吉野川が海に出る間際の徳島市のあたりは、
かなり川幅が広くて
思わず写真を撮ったのだけど全然大きさがわからないw



鳴門の海沿いにある「漁協食堂うずしお」で早めに晩御飯。



本当は手前にある「びんび家」に行こうとしていたんだけど
店の前まで行列になってて、
とても待てる状況じゃなかったので、こちらに。
どっちもお魚系で、人気のお食事処です。お腹いっぱい―!

さて、ひとつ宿題が残ってるんですよね。
実は、なんにもお土産らしいお土産を買ってないんですよ。
すごく楽しかったけど、よく考えたら
公園と、神社(しかも夕方で授与所閉まってる)
に行っただけなんですもんw 買うとこ無かったよw



そんなわけで、道の駅を検索したところ、
このまま道をまっすぐ走れば「津田の松原」という景勝地があって、
そこに道の駅があるらしいと分かり、向ってみたら、
道の駅もう閉まってた( ;∀;)



でも、せっかく来たので、散策してみようという事に。
最寄に、高速道路「津田の松原SA」ってありまして、
以前そこからこの辺りを眺めたことはあるんですけどね。



だいぶ暗くなってきちゃってます。
松林のところは特に暗いですね。
地面は海砂で白いです。
本来は松の緑とのコントラストがきれいなんだろうな。



松林を抜けていくと、そこは砂浜。
海水浴場になっています。
ビーチバレーも出来るようにネットが張ってあったよ。
そういえば、こうして海辺に来るの、久々だなぁ。
やっぱり海は良いねえ。



サンダルに砂が入って痛い痛いw言いながら車へ戻ります。
空がきれいでしたー♪



ブログランキング・にほんブログ村へ


追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:旅行、旅、ドライブ - ジャンル:旅行

【2017/09/05 18:33】 | 香川県
【タグ】 香川  四国  
トラックバック(0) |

Re: おはよーございます
あけぼう
小々次郎さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

きっと浜辺の夕日のせいです(^_^)
おなじ化けるでも、
たぬきはキツネと違ってちょっと神聖さが薄いというか
世俗にまみれてる感がステキです。
信楽焼のたぬき、うちの庭にも欲しいなあ。



おはよーございます
小々次郎
今回の記事はなんとなくセンチメンタルですな 浜辺の夕日がそう感じさせるのでしょうか たぬきの置物もなくて残念ですね うちの辺りはどこの家でも庭にほっとかれた信楽焼のたぬきがいますが どのたぬきの寂しそうです 買えなくてよかったのかもしれません

Re: タイトルなし
あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

うん、あと本当にノープランで来ちゃったせいもあるw
あと、徳島といえば徳島ラーメンなんかも有名なんだけど
どうもラーメン気分になれなくて。

狸グッズ、期待してたんだけど残念。
知る人ぞ知る神社ではあるけど、
思った以上にひっそりしてました(^_^;)



misachi68
そっか〜〜
やっぱり遠いところまでドライブすると
ちょうどいいところにお店とか無いもんなのだね。

きっとこんなに狸でいっぱいの地域ですし
狸だらけの可愛いグッズがあったんだろうなぁ。
神社の隣とか、もっとおみやげ屋さんが
たくさん並んでたら良かったのにね。



コメントを閉じる▲
やっぱり徳島は遠かった。
着いた時点でもう14時半くらいでしたから、
小松島ステーションパーク、金長神社ときて、もうすっかり夕方。
そんなわけで、帰り道なんですが、
気になる神社が途中にあったので立ち寄ってみることにしました。



忌部神社です。

ちなみに、この道から忌部神社へ向かう途中、
霊神社という小さなお社があり、
社殿のど真ん中に白っぽい猫さんが寝そべって、じっとこちらを見てました。
なにかもう、妙に神々しくて、もしかして神かな?と思うくらいでした。
参拝・・・(。-人-。) 

話が脱線しましたが、さて、忌部神社に到着です。



古代、朝廷の直轄で麻を作っている職業集団みたいな人々がこの地に居て、
それが阿波忌部氏というのだそうです。
そしてそんな忌部氏の祖先神をまつる神社がこちらの神社です。



夕日に照らされた社殿、神秘的。

ご祭神は天日鷲命(あめのひわしのみこと)
阿波忌部氏の祖先神で、
麻に関係する神様として紡績業や製紙業の神様だそうです。

以前、徳島に来た時に阿波一の宮の大麻比古神社に参拝しましたが
あそこも麻の神様で忌部氏と関係深かった記憶があるなあ。



忌部神社は神武天皇の御世からの非常に古い歴史があるのですが
長い年月の間に、もともとの場所がどこにあるのか不明になってたそうで。
なんやかんやでここに鎮座したのは明治になってからだとか。



それでも歴史が古い事には変わりなく。
パワースポットとしても人気があるそうです。
ちょっと顔が横に広がった感じの狛犬が特徴的。
このあたりの狛犬さんはこういうお顔なのかな。



ここは眉山中腹になるのですけど、やっぱり自然が豊かというか。
境内にこんなキノコをいくつも発見しましたよ!

すっかり夕暮れ時なので、無理でしたけど、
また何かの機会に立ち寄ることが出来たら、
今度はご朱印を頂きたいな~。





ブログランキング・にほんブログ村へ


追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:神社・仏閣巡り - ジャンル:旅行

【2017/09/04 12:22】 | 徳島県
【タグ】 徳島  神社  
トラックバック(0) |

Re: タイトルなし
あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そうなんですよーあれは神だったような気もする。
夕日に照らされている様子は、
もしかして造営する時に
そういう「計算」もあったのかと思っちゃうくらい、
リアルでそこに立っていても神秘的でした♪

あわよくばご朱印も…と思っていたけど
時間切れでもう閉まってた。最近こういうのが多いです。


misachi68
夕方の日の傾き具合なのか、
いい感じの雰囲気を写し出してますね〜〜(*´∀`*)

白っぽい猫さんはきっと神様だったんじゃないですかね。
いい出会いでしたね〜


コメントを閉じる▲