FC2ブログ
おでかけブログ。神話や妖怪、UMAが好き。その他、日々のふしぎや、おバカな出来事・読書感想などを、つらつらと。
冬。

広島県福山市にある松永(まつなが)というところに来ました。



駅前から早くもちょっとさびれ気味ですが、
そのおかげ?で昭和っぽいいい感じの建物が残ってたりもします。



桃太郎だから壁の色がピンクなのかな・・・。



なんと、お店にそんな名前つけちゃっていいの!?w
本当にかみさまがいたりして。
「聖★おにいさん」を思い出しちゃうなあ。

え~~本日は。
実は今回は目的がはっきりしてます。



駅からすぐだから、もう着いちゃった。



久々の洋館!
「旧マルヤマ商店事務所」です。



優雅な装飾! 綺麗です~(^^♪

かつてこの松永という町は下駄の生産で栄えたところなんです。
ここは、この地の履物メーカー「マルヤマ商店」の本社として、
大正時代に建てられたものなんだそうですよ。



国登録有形文化財。
この日は閉まってて中には入れませんでしたあ。



洋館って公的な建物も多くて大きいのはよく見るけど、
これは比較的小さめで、
今でもこれくらいの大きさの自社ビル持ってる会社ってあるよねえ。
なんかリアル。
この建物の中で、鉛筆とそろばんと黒電話だけで、働いてた人がいたんだなあ。
でも建物がこんな感じだから、なんだか優雅な感じがする。
(実際は全然そんなことは無くて、今と変わらないんだろうけど)



ところで、

このマルヤマ商店さんが、
下駄づくりを始めて100周年を記念して創設した、
「はきもの博物館」っていうユニークな博物館があります。

古代人の履物から宇宙服の靴。さまざまなトップアスリートの靴など、
古今東西、あらゆるはきものを集めた博物館です。

平成25年に収益等が悪化して閉館しましたが、
今は市に寄贈されて再びオープンしてます。



今はこんな名前でやってます~。福山市松永はきもの資料館。
今からこちらに入ってみますよ。

あ、そうそう!その前に!
ここにはみんな大好き、芸術家の岡本太郎さんの作品があるんですよ!



じゃーん! それがここ、「あしあと広場~!」

絵画じゃないけど、オブジェでもないけどw
ここを造園したのが岡本太郎さんなんです。
上から見ると、青い足あとになってるんですよ。
この勢いのある土踏まず!さすがは岡本太郎さんw!!

こんな片田舎に岡本太郎さん。ちょっとすごくないですか?
この日は曇ってて寒かったけど、ちびっ子たちが遊んでたよ。


つづく


ブログランキング・にほんブログ村へ


追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:ちょっとおでかけ - ジャンル:旅行

【2020/03/13 12:00】 | 福山
【タグ】 日常  日記  旅行  広島県  瀬戸内  
トラックバック(0) |


あけぼう
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

資料館に入ると、館内に太郎さんが一生懸命作業してる写真が展示してありましたよー。
はきもの博物館だから、っていうお題があったのかもしれないですね。
これ、太郎さんだって言われなかったら、ちょっと奇抜な公園、遊具的な何かだと思ってスルーしちゃうよねw
そんなお高くとまってない太郎さんも良い♪


No title
玉坂めぐる 
うわあ、たろうさんですかあ。
でもたろうさん作品にあんまり「足の裏」のイメージはない気がして
意外でした。
人物の足先。すーってしなやかに伸びて、足の指とかないイメージ。

でも、かっこいい足の裏ですね。うん、勢いのある土踏まず!

Re: 広島県 ★ 素敵な洋館と岡本太郎~福山市松永はきもの資料館 1
あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

雪駄が!ヘェ〜知らなかった。
でも確かに、昔の履物は侮れない。
以前知人が投入堂っていう絶壁にあるお寺に行った時に、
普通の靴で行って入山NGをくらって、
その場で売られてるわらじならOKだっていう事で、
わらじを履いて山を登ったところ、
下手な登山靴よりよほど快適だったんだって。

今は西洋人みたいな足になる過渡期なのかな?
若い子にも外反母趾多いみたいだしねえ。


No title
misachi68
おおお〜シューズコーナーの販売員としては見逃せない資料館ですね。
最近雪駄が足のために見直されてるって話題もあったし、
見てみたいわ〜〜
外反母趾にいいらしいんですよ、雪駄
人間の足の形が、履き物によって変わってきてるんじゃないかと思ったりするんだよ。


コメントを閉じる▲
秋も深まってきたころ、
広島県福山市神辺町に鎮座する、



天別豊姫神社(あまわけとよひめじんじゃ)にやってきました。
国道沿いにあるので、わかりやすい場所。駐車場も広かったです。



日光をバックに狛犬さんもにっこり。足がすごいね・・・。



眉毛りりしい。


(クリックして拡大♪)

ここらは現在、福山市の中心からするとすこし内陸にあたりますが、
古代ではこの近くが海だったんですね。

「穴海」と言われてたそうで、たぶんポコポコ小島がいっぱ浮いてるような景色が広がってたんだろうな~と思います。宮城の「松島」とか、伊勢志摩の「賢島」のあたりとか、あんな感じの景色だったんじゃないかなと。
瀬戸内沿岸部は江戸時代以降、埋め立てに次ぐ埋め立てで、今とはずいぶん海岸線が違ってる。児島の箆取神社に参拝した時もこの辺は昔は島で…みたいな話が出てきたよな~。車で1時間くらい距離があるけど、あのあたりからこのあたりまで全部「穴海」だったんでしょうね、きっと思っていたより「穴海」は広域にわたるんだな。あたまの中のイメージを書き換えないと。

ご祭神は
 豊玉姫命 (とよたまひめのみこと)
 速進雄命(はやすさのおのみこと)
 事代主神(ことしろぬしのかみ)
相殿神
 吉備津彦命(きびつひこのみこと)
 火之加具土神(ひのかぐつちのかみ)

神社の名前に「とよたまひめ」があるだけに、メインは豊玉姫命なんでしょうね。



境内には広い池がありました。



池の中に島があって橋が架かっている。こういうのなんだか楽しい♪


(クリックで拡大)

菅原道真公を祀る「天神社」と、
農耕治水の神様・宇賀魂を祀る「宇賀神社」が並んでおりました。
もちろん参拝・・・(。-人-。)



左に手水舎があり、清めてから次の鳥居へ。



鳥居のしめ縄、いかにも「姫!」ってかんじで、かわいいですよねえ。

わたし、こういう形のしめ縄は初めて見たかも~。
いや、鳥居のしめ縄の形状に、今まであまり注目してなかったから気づかなかっただけかもしれない。
思えば富山で見たしめ縄はすごく小さな雲みたいに形が作られていたし、

fc2blog_20190506123909eae.jpg
(↑富山で見たしめ縄↑)

もしかしたらそういうところにも、
地域性だったり個性だったりがあるのかも。次からはチェックしていこう。



門があります。なんだか神社なのにお寺の山門のようだ。
その向こうに、なかなかの急な階段が見えてるw
ここにお賽銭箱があるのは、お年寄りとか、登っていけない人のためなのかな。



階段を上るとすぐにご神木がありました、銀杏の木。



立派。全体像が写真に収まらないくらい。



階段はまだ続く。2番目の門が見えます。



稲穂を刈る古代の人?のような絵が飾ってありました。新しいです。なかなか素敵。



階段はほぼまっすぐですが、左側に道が枝分かれして、こんな風に小さなお社があったりします。もちろん参拝。



ここをダーッと一気に駆け上がれる体力が欲しい・・・(笑)



ほぼ9割くらい のぼったところで、左右に道がわかれます。
右側には稲荷さんが。



お稲荷様、前足かわいい。
相方のほうのお稲荷様は残念ながら頭部がなくなってました。悲しい。



小さなお社がずらっと。全部お稲荷様なんでしょうかね。
昔、うちの祖父も田舎の神社にこういうの建ててたよ。



で、こちらが拝殿です。
参拝・・・(。-人-。)

 

拝殿のところにいる狛犬さんもいい味だしてる。

fc2blog_201911301704253e1.jpg 

境内には椿も咲いてました。
終わりかけとはいえ、このころは紅葉シーズンだったから咲くの早いほうかも。



ここからさらに、山の上へ行く登山道があって、神辺城跡があるらしい。
あと15分かあ・・・。うーんw



この椿の横の細い道を通っていくんだけど、今回は登るのはやめw 
寒いし。寒いせいか写真もブレとる・・・

実は城跡は下の国道からちょこっとだけ見えてた。



ここへ来る途中、「あれ何?」と思って撮った写真なんですけど、わかります?




なんか旗みたいなのが立ってる。きっとあれでしょう。山の上。
ハイキングが楽しい暖かいときなら登っても良かったかもな。


天別豊姫神社の御朱印 頂きました♪







ブログランキング・にほんブログ村へ 


追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:神社・仏閣巡り - ジャンル:旅行

【2020/02/18 12:57】 | 福山
【タグ】 神社  ご朱印  広島県  
トラックバック(0) |


あけぼう
小々次郎さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

鳥居にしめ縄がない神社もたくさんありますよね。鳥居自体が結界みたいなもんだから無くても構わないのか、省略してるのか、それともそういう「流派」みたいなのがあるのか。漫然と見てただけで実は何も知らないしめ縄w
確かに航空写真でうっすらわかりますよね。本当にどうやって埋め立てたのか不思議。河川が押し流してくる土砂も関係ありそうですね。今うちの町も豪雨災害の反省から、川を掘り返しております。

こんにちはー
小々次郎
ないけど「穴海」って戦術にありそうw Googleマップを航空写真にすると埋め立てられた部分がなんとなく見えますね 岡山から倉敷の間もかなり埋まってる感じに見えます 山を削って埋めたんでしょうか 今の技術でもダムを作るのに計画からだと2〜30年とかかかるのに 二人一組で棒に岩をくくりつけて運んでたら 本当にあの世まで気が遠くなります 

しめ縄独特ですね 自分の記録写真を軽く見回してみたけど鳥居にしめ縄がない神社も沢山ありました 何か理由があるんですかね



あけぼう
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そうなんですよね。瀬戸内の古代の景色が見てみたくて。
古代の景色を具体的に示すような本を探してるんですけどなかなか無いですね。もはや調査しきれないのかも。
ブラタモリとか見てると河川が土砂をどんどん押し流していく力もすごい。そういうのもうまく使って、どんどん自分たちにいいように国土を変えてきた昔の人もすごい。今わりと地鎮祭とか「しきたり」だからやってる、みたいな感じだけど、犠牲のことを考えると、昔はもっと熱を込めて真剣にやってたんだろうなあって思うよね。


あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

髪飾りみたいなしめ縄だなあと思って。
かわいいですよね。
しめ縄のバリエーション、今度から注目したいと思います(^^)


玉坂めぐる 
大昔からの埋め立ての歴史を考えると
くらくらしますね。
江戸も大阪も、
琵琶湖もだいぶ小さくなったとか。
瀬戸内もそうなんだね。
重機もないから、もちろん人海戦術。
お城や神社の整備もそうだけどね。
土木・建築。街のありよう。
犠牲も日常茶飯事だろうなあ。
封建社会じゃないと成り立たない。
身分の差があってこそ出来たことって
たくさんあると思います。
たまに思い出して、それも拝みます。

のどかないいところだね。
穴海埋めて、神さまも陸路で拝めて、
新しい里ができて
当時作業した人も達成感があったろうなあ
って勝手に想像。(^皿^)


misachi68
しめ縄に特徴があるの珍しいですね〜〜
面白い〜
そっか、姫様っぽいのね(*´∀`*)

コメントを閉じる▲
広島県福山市にある深津王子神社に来ております。
街中にぽっこりと緑の山があり、その上に神社とお寺(お墓?)があります。

以前、和歌山の熊野に行って以来、
「王子」って結局なんだ?と思って調べていたら、
わりと近くに「王子」と名のついた神社あるということが分かり、来てみた次第。



正しくは深津王子神社。
深津、というのはこのへんの地名です。
「津」っていうのは大昔の港みたいなところのこと。
きっと深い(海岸線のひっこんだ)津だったんじゃないでしょーか。



狛犬さん。雄々しい。



参拝者は誰もいなくて、静かでした。



丘の上が境内になっています。
意外と広い。


(よく分からないけど、歌碑がいくつかありました)

ここから、市街が一望です。
今は埋め立てられていて面影すらないですが、大昔はこの小山は、島だったらしいです。
その後、毛利氏の城になってたこともあったんだとか。
(立地が良かったんだろうね)



こちらが神社のご由緒。
須佐之男命が八王子と共に朝鮮から「帰朝」?

アブラハムには7人の子♪
スサノオノミコトには8人の子♪

思わず歌っちゃったじゃないかw 字余りだけどw
ラッキーセブンと すえ広がりの八か。
西洋と東洋か。

どうやら調べてみると八王子っていうのは
祇園神社のご祭神でもおなじみ、疫病神・牛頭天王の眷属なんですね。
そして牛頭天王はスサノオノミコトと習合して同一視されているんだとか。

あ~それで疫病から守るって書いてあるわけなんですね。ご由緒に。

( ゚д゚)ハッ!

「王子」って、牛頭天王の子だから、「王子」なのか。

よくよく思い返せば、今年参拝した熊野本宮大社の主祭神は、
家津美御子大神(スサノオノミコト)だったわ・・・
それに、護符の名称も「熊野牛王神符」だったw
(あの時はカラス文字に気をとられていた)

「王子」ってなんなのか、どうもよく分からなかったけど、
なんだか、やっとスッキリしたような気がする~~~~。
(一周回って同じ場所にたどり着いたような気もしなくはないけどw)
(よくある)
(わたしらしいw)



すがすがしい気持ちになって、境内をぐるり。

こちらの神社は地域の氏子の方で整備されているみたいで、
境内はとてもきれいだったけど、誰もおられません。
したがって御朱印は無し。



まずは参拝 (。-人-。) ・・・。



境内から見える景色。

ちなみに、こちらの神社のご由緒には
「備後国風土記」にある「須佐能袁能神社」に比定される
とありますが、
備後国風土記(逸文)には、
もっとも古い「蘇民将来」のお話が記されてるそうなんです。
ご由緒書きの「疫病云々」のくだりは、まさにその話がモトだと思われます。

しかしこの、蘇民将来そのものが謎すぎて・・・
ブログに書けるほど、私の中で咀嚼できてないw
今のところ、この件はまだスルーしておくことにします。




ブログランキング・にほんブログ村へ


追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:神社・仏閣巡り - ジャンル:旅行

【2018/12/25 17:00】 | 福山
【タグ】 神社  広島県  
トラックバック(0) |

Re: タイトルなし
あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そうなんですよ~。
この神社のすぐ目の前は「王子町」って言いますし、
結構、王子のつく地名ってあるみたいです。

朝鮮から「帰朝」と書いてあるので、
従来の考え方で言えば
須佐之男命は高天原を追放されてこの地へ降りられたということで
(途中、ソシモリに寄りますが)、
普通、書くなら「帰朝」ではなく「来朝」じゃないかと思い、
それをあえて「帰朝」と書いたなら、その「朝(王朝)」とは何ぞやと、
おもわず例の北九州王朝説を思い出して興奮しましたw

んーでも、これはそういうのとは違うみたいだな~。


misachi68
ほぉ〜〜
八王子っていうと東京の八王子をイメージしちゃってましたが、
八王子って地名は全国にあるみたいですね。
それも須佐之男命の8人の王子からっていうことに驚いてます。
ふむふむ〜


コメントを閉じる▲
秋晴れのなか、ドライブがてら
広島県世羅町「世羅ゆり園」に行ってきました。



着くと、ジニアの花畑が。



古墳ではありません(笑)
コスモスも始まってきたところです。



上から見ると花絵が見られるそうなので登って来ました。
絵のコンセプトは広島県ならではw



うーーーーーーん?



かろうじて鯉はわかるんだけど。
文字が良く見えないね。まだこれから咲くのかな・・・?
ま、クライマックスシリーズに向けて、
イイ感じに咲いてくれればそれはそれで結構(^_^)



世羅というところは、尾道のちょっと北のほうにありまして、



ワイナリーがあったり、観光農園が多いエリアでして、
県民はよく花畑に行ったり、フルーツ狩りを楽しんだりします。



中でもここは日本最大級のゆり園で、
ゆりの花摘みなんかも出来るんですよ。



上に写真を載せたジニアや、この赤・白・紫のサルビア



ケイトウの花も、色がくっきりして目にも鮮やか。



温室の無農薬ぶどうは、ご自由に食べてくださいとのこと。

最近は、粒の大きな種なしぶどうばかり食べてて、
実は、こういう昔からあるような
小ぶりな粒の種があるタイプのぶどうは久しぶり。

良さそうなブドウの粒を探して、
つまんで、
皮をむいで食べる
という、一連の作業が、
なんとなく新鮮に感じられて、
うむむ・・・現代社会に染まり切ってるなぁ・・・
とあらためて感じました。
生物としての堕落を感じるw

そして、なぜか脳内では「イソップ物語」がぐるぐる・・・

それにしても久々に自然と触れ合うと、
やっぱり、かなりリフレッシュしますね!
あと、少しの丘を登ったり下りたりしただけなのに、
次の日ちょっと筋肉痛になりましたw
運動不足が本当にヤバイ~(;・∀・)

ブログランキング・にほんブログ村へ


追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:お散歩・お出かけ - ジャンル:ライフ

【2017/10/12 17:26】 | 福山
【タグ】  お出かけ  日常  観光  
トラックバック(0) |

Re: タイトルなし
あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ


このコスモスの季節を満喫させて頂きました♪
でも筋肉痛は予想外。
これしきで!?って感じでした。
やっぱり山登り(丘だけど)が一番、運動したなーって感覚がする。



misachi68
色鮮やかな花畑で癒され、美味しいぶどうを食べてのんびりできるなんて羨ましい〜
軽い筋肉痛になるくらい歩くのもカラダに良さそうだし、言うことなしですなぁ。

Re: No title
あけぼう
へろんさん、イラッシャーイ( *・ω・)ノ

来られたことあるんですね!
花絵はホントに地元色ですよね(笑)
カープファン、職場にもいましたかー。
なんかご迷惑かけてません?総じて浮かれ気味なんでね~最近…(´>∀<`)ゝてへへ


Re: No title
あけぼう
玉さん、イラッシャーイ( *・ω・)ノ

えっ……「あかごい」。
だと思う。うん、多分。
ちなみにカープの若手選手は「若鯉(わかごい)」って言ったりするよ。
そうか、この手の読み方自然にしちゃうのって、県民性だっのか…。初めて気づいたよ(笑)

Re: こんにちは
あけぼう
小々次郎さん、イラッシャーイ( *・ω・)ノ


収穫の喜びといえば、この10月は秋祭りをやってる神社も多いですけど、この時期に豊作や豊漁をを神に感謝するには、我々すっかり第一次産業から離れちゃって。
となると、現代的にはやはり、年度末決算の時にパーっと祭りをすべきなんでしょーか。一年の利益を神に感謝して…。なんかパーっとするより、しんみりしちゃいそうだな。

No title
へろん
世羅ゆり園、数年前に行きました。懐かしい~。
日本最大のゆり園なんですね。サルビアやケイトウも
綺麗ですね。また行ってみたいです。
花絵は土地柄ですねえ。そういえばうちの職場(大阪)
にもヒロシマファンがいて、にぎやかにしています。

No title
玉坂めぐる
カラフルでのどかでよさそうなところだね、
お天気のいい風景がまぶしい気持ちになります。

で、ひとつだけ質問。
「赤鯉」って、どう読むのですか?
せきりは、お腹痛くなりそうで…(^^)チョット…

こんにちは
小々次郎
そう云われると自分も新鮮に思います なんでも便利になって 食べることもそうですが 「育んで実を結ぶ」 ってのは文字どうり自然なことなんですね 収穫は楽しいお祭りごとだろうなとは思います キャンプは案外自然に近いところにいるだけで あまりこういったことは感じないかな 自分だけかもしれませんが(涙) ひょっとして宿が取れずに近場物件ドライブでしょうか





コメントを閉じる▲
鞆の浦に来ております。



船からの景色。



いつもの鞆の浦。



時間が止まったかのように・・・



今も「ポニョ」が手水鉢の中にいましたw



さて今回、鞆の浦に来たのは、鯛網のほかにもう一つ目的がありました。
前々から行きたかった・・・・



鞆の津ミュージアム。
「スピリチュアルからこんにちは」展、絶賛開催中~w
なんでも、精神世界からの電波をビシバシ受けて形作られた作品の数々が展示されているとか。



で、こちらが会場でございます。



やばいw 早くもわくわくしてしまいますw



しょっぱなからキてます~~~
かつて、福山市内にあった占い店。「占い天界」



この独自の世界観を存分に表したお店の外観が写真に残されています。
今は閉店されたそうですが、これらの看板や店内の品々を譲り受け、ここに展示し再現していると。
その部屋には、かつてのインタービュー?映像なども流れていました。
カオスを味わう一部屋となっておりました・・・。

もちろん、それだけじゃないですよ。
他にもいろいろな展示が・・・。



宇宙人。
ヘンテコ可愛いものが好きなわたくし、この絵はわりと好きでした。



創作仮面。



館内のBGMもなかなかやばいw
さっきから、昭和っぽい曲調に聞き捨てならない歌詞がのった歌が流れていると思ったら、この方の楽曲でございました。
youtubeで色々聴けるよ!



で、彼女の衣装はちょっと可愛かった。しかも意外と(?)華奢である・・・。



しかし足元にはまた別の方の作品が。
典礼会館スペシャルて・・・。



え~このほかにも「憑依サイン」とか、「人面石」、
創作神話に基づくオリジナルフィギュア、
文字とも記号ともつかない抽象的な絵・・・などなど・・・
それほど広くは無い館内に、
胸焼けするくらい(笑)盛りだくさんの展示でした。
芸術が爆発・・・というか、妖しさが爆発でしたwww
クラクラきましたがw 非常に面白かった。
鞆の津ミュージアムは出来て間もない美術館ですが、いつも展示が面白いので、今後もなるべくチェックしていきたいと思います。
ただ・・・一緒に行ってくれる人がなかなかいないんだよな・・・・(;´∀`)


ブログランキング・にほんブログ村へ


追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:お散歩お出かけ写真 - ジャンル:写真

【2015/07/10 17:47】 | 福山
トラックバック(0) |

Re: タイトルなし
あけぼう
マナサビイさん、いらっしゃい(*ˊᗜˋ*)ノ゙

そうなんですよ、結構新しめの施設みたいなので、マナサビイさんが知らないのも無理ないです。
地元民でも知らない人は知らないかもしれない。
でも、そう!絶対大好物だと思って☆彡
フェイスブックやHPなんかもあるんで、ぜひチェックしてみてください。
場所は鞆でも岬のほうではなくて、もっと手前のほうにあります。
今は鞆の浦と尾道の海上クルーズとかもあるみたいなので、旅のご予定に加えてみるのも一興かも。

Re: タイトルなし
あけぼう
玉さん、いらっしゃい(*ˊᗜˋ*)ノ゙

わははw
この展示見てるときに、フッと
あー・・・玉さん、もしかしたら青樹さんのこととか
知ってるかもしれないなぁ~と思ってたんだよw
やっぱりかw
やっぱり知ってござったか!!www

Re: タイトルなし
あけぼう
misachi68さん、いらっしゃい(*ˊᗜˋ*)ノ゙

そうなんだよね、誘う人からまず考え込んじゃうw
しかも今回のテーマがスピリチュアルだから
タイトルだけ聞いて「えっ・・・」となる人も多いかなと。
もうただでさえ神社めぐりなんかしてるから
誤解を生みそうなんだよねぇ。
男性は特に、ウケる人、ダメな人の両極に別れそ。



マナサビイ
わ〜〜〜!!こんなところがいつのまに鞆に?! 数年前に行った時にはなかったはず。
近くに住んでたら一緒に行くのに〜!!(笑)モチのロン大好物ですから。
来月、瀬戸内周辺に行く予定なんですよ。尾道にも立ち寄るので、ここにも寄ってみようかなあ〜(笑)




玉坂めぐる
あーちゅーさんの常夜燈~。
あーポニョの街か~。
で、なになに!
うわっ青樹亜依さんだ・・・

うはははははは。行ってみたい(^□^)ノシ


misachi68
わはは。面白〜い(・∀・) ニヤニヤ

こういうのって、一緒に行く人を選ぶよね。
女友達数人でワイワイにぎやかに楽しみたいかも。
ダンナと行ったらシラ〜っとしてしまって、
5分で出て来ちゃうと思う(;゚∀゚)

お手を触れると地獄行きって・・・
この発想はどこからきてるんだか。


コメントを閉じる▲