FC2ブログ

「ジオパークと伝説」読んだよ~~~



ジオパークの地形・風土が、伝説とリンクする



この本に出てくるジオパークとは山陰ジオパークのことです。
鳥取から丹後半島あたりまでの日本海側のエリアを、
國學院大學の先生と院生さんたちがフィールドワークして、
伝説のなかに地域の地形・気候風土が
どのように影響してるかをまとめた報告、といった一冊です。

人間って、そこに変わった景観があったら、絶対何かを見出すじゃないですか。
なにかを見出したら、そこにストーリー(伝説)が生まれるじゃないですか。

ジオパークは現代人でさえ「おおっ」と思う地形が見られる場所なので、
その点、分かりやすい。
まして取り上げられたエリアは、わたしにとって比較的行こうと思えば行ける距離なので身近です。

例えば柱状節理を見て、昔の人がどんなものをイメージしたのか。
どうやら建材のようなものを連想したみたい。
それで、隠岐の島まで神様が橋を架けようとして計画がとん挫し、
建材が置きっぱなしになってるのがこの場所である・・・的な伝説があるそうです。

あと、俵を積み重ねたようだと見た所もあったみたい。
面白いのは、川の近くで夫婦の神様がその俵石(柱状節理)の数を数えていたんだけけど、川の流れる音がうるさくて、何度やっても夫がちゃんと数えられないのを見た妻の神様が、「こんな数もマトモに数えられない男なんて将来の見込み無いわ~~」って、見限る・・・って伝説があったりするw もちろんそこの柱状節理の近くには淵があって、川の音が云々っていう伝説と合致してるんだよね。

丹波の「丹」の由来という伝説もあった。
白蛇伝説というのがあって、物語の最後、池に棲む白蛇が退治されてその池が赤く染まった・・・ということから、そこを丹池と呼ぶようになり、のちに丹波の国名の由来となるっていう。実際、この一帯の地質は花崗岩で、その花崗岩が風化した「まさ土」の赤い色のことではないかと書いてありました。また、昔のことなので、土砂が池に流れ込むような状況(水害など)もよく起きたようです。

ほかにも、山陰の牛鬼伝説の正体は、
丹後地方特有の気象「ウラニシ」によって生じる現象のことではないか・・・
などなど、

地形・地質・気候などが、伝説に反映されてる事例が報告されていてました。

個人的に好きなテーマなので読みましたけど、中にはジオパークに含めちゃっていいの?って思うような場所まで入っていて、タイトルと内容がちょっとあってないような章もあったりするし、文章が研究報告らしい書かれ方でお堅いので面白味には欠けるかな。

あと願わくばもっと詳細な地図が欲しかった。
本の最後に簡単な地図があるだけなので、スマホで検索しまくりでした。

ちょっと残念なところもあったけど、このテーマの本がそもそも少ないので、あっただけでもありがたい・・・としておこう。

続きを読む
テーマ: 読んだ本 | ジャンル: 本・雑誌

「全館訪問取材 中村元の全国水族館ガイド 125」読んだよ~



著者の水族館への愛があふれてる!水族館ガイド本の決定版



知ってる人も多いと思うんですけど、
タイトルにも入っている著者の中村元さんって、
「マツコの知らない世界」でも水族館の回で登場した方です。
その方が出された本だけに、自らお客として訪れ、写真も撮り・・・
水族館愛いっぱいのステキなガイドブックになっていました。
北海道から沖縄まで地域ごとにまとめられた125か所。
あらためてこんなにあるのか!と思いましたよ。さすが島国日本。

人によっては水族館ってどこも似たり寄ったりで、
(イルカショーやってて、アザラシとかペンギンがいて・・・)
といったようなイメージを持つ人もいると思うけど、
なんのなんの、地域性の豊かさがものすごく出てる。
日本海のほうの館は日本海の魚だったり、沖縄なら沖縄の海を再現とか。

そんでもって推してる魚も、
ジュゴン推しあり、クラゲあり、ジンベエザメあり、淡水魚あり等々。

旅行で訪れた先の水族館に寄るのも良いんですよね。
そういう意味でも参考になります。
ただ、水族館っていったん入っちゃうと
2時間くらいはあっという間に経過しちゃうから、
今まで、水族館の存在は確認してたし行くことを検討もしたけども、
スケジュールの都合でカットした、っていうパターンが結構あって、
そういう「行きそびれた」館の情報などを読むと
「なるほど~あそこはこんな水族館だったんだ・・・やっぱり行けばよかったな~」
って後悔することもしばしば(笑) 

地元の水族館や行ったことのある水族館も、
著者的にはどういう評価なんだろう?
っていうのが気になって面白く読めます。
遠くの水族館のページよりも、
中・近距離の「行ったことがある」「行けそうな」場所のページのほうが、
個人的には面白く読めたかも。

とりあえず広島県在住のわたしとしては、
著者がプロデュースで関わっている
広島の「マリホ水族館」が気になっているので、
近いうちに行ってみたいと思っております♪



ブログランキング・にほんブログ村へ

 
テーマ: 読んだ本 | ジャンル: 本・雑誌

「脳はなにげに不公平」




脳科学者が最新の論文を身近な例えを交えて紹介するエッセイ集。
1つのトピックについて、2~3頁くらいでパピッと終わるので、
ちょこちょこ読みに良いかんじです。

なんていうんですかね。
フジテレビの「ホンマでっか?!TV」みたいな感じです。
もうちょっと内容は真面目ですけどね。

脳の働きで知らず知らずやってしまってることとか。
知ってたらちょっとだけ得しそうな脳の働きを利用した裏ワザとか。

その一つが、簡単に記憶力をアップさせるっていう
文庫の帯にもなってるワザですね。
覚えるだけじゃなくて、その記憶のアウトプットにもコツがあって、
この裏ワザはワンセットになってるので、気になる人は読んでみてください。
私も今度やってみようと思います。

あと「タダより高いものはない」ってタイトルで紹介されていたのがこれ。

ある脳科学者がこういう実験を行ったんです。
観光写真に「 5ドル 」「15ドル 」「好きな金額で」 という値段設定をし、
お客さんには、ただし本来の定価は15ドルなんですと伝えて、
どれが一番売り上げるのかというもの。
結果、1番売り上げが高かったのは 「好きな金額」という設定だったという。

これ読んで、
めっちゃバチあたりなんだけど思い出しちゃったのが、
御朱印って、大抵の場所では300円なんですよ。
ごくたま~~に大きな神社では500円って事もあります。
でね、先日お参りした神社では「お気持ちで」って言われたの・・・。

さあ、わたしはいくらお渡ししたでしょう???(笑)

脳科学って面白いね。


ブログランキング・にほんブログ村へ

 
テーマ: 読んだ本。 | ジャンル: 本・雑誌

「#どれだけのミスをしたかを競うミス日本コンテスト」読んだよ~



なんだかんだ言ってもやっぱり笑っちゃう、人の失敗の数々。




わたしツイッターしてないんで知らなかったんですけど、
このタイトルにもなってる「#どれだけの~」が、Twitterでバズったらしいんですよね。
その中でも秀逸なツイートを集めたのが、この本です。
内容はお察しのとおり。予想どおりな感じで、基本1ページに1ツイート紹介っていう様式なので、サクサク小一時間で読めちゃう。

忙しいし、頭疲れちゃって気分転換したいけど、テレビも面白くないし、読書もガッツリ読むような気分でもなく・・・という時だったので、このくらいライトなものがちょうど良くて。
しかもやっぱり人のバカな失敗って笑えるんですよね~~~。勇気もらえますよね~~~。

みんな自分の赤っ恥を笑いで成仏させたいからどうぞ笑ってくれ、っていう心意気で投稿してる人ばっかだし、そこは遠慮なく笑って肥やしにするよねw

そもそも一般人の超絶ミスだから、シチュエーションも家庭とか職場とか非常に身近で、自分だっていつ似たようなことを「やらかす」か分かったもんじゃない。ホント紙一重なものが多くてw 

大して期待せず読んだのも幸いしたみたい。
意外と満足して読了です。


ブログランキング・にほんブログ村へ
テーマ: 読んだ本 | ジャンル: 本・雑誌

「胃腸を最速で強くする 体内の管から考える日本人の健康」読んだよ~



一番身近な臓器、胃腸を知る



ざっくり行ってしまえば、動物はみんな「管」である。
口から肛門まで通るこの管がどんな働きをしているのか。
そして我々はどのようにつきあい・管理していけばいいのか。
そんなことを先生がやさしい言葉で説明してくれてる本です。

胃腸

話は変わりますが、わたしと言ったら便秘じゃないですかw
最近ブログに便秘との闘いについて何も書いてませんが、あいかわらずダメダメですよ。
まだ出始めの頃のアーモンドミルクにいち早く目をつけ(←水溶性植物繊維が結構ある)、それで一時調子が良かったんですが、すぐに体が慣れてしまったのかまた戻ってしまいまして。
それからもオリーブオイルをスプーンで飲む、スムージー、毎日種類の違うヨーグルトや納豆を食べて菌活を頑張る、炭、雑穀米・・・などなど、いろいろやりましたが長続きしないし、たいした成果もあげられず。ちなみに今は果実酢を自作して飲んでますが、これは家族の血圧対策を兼ねているもので、わたしの便秘にはあまり効いておりません。

この本は便秘に特化したものではないんですが、今までわたしは腸はともかく胃は丈夫な方だと思って生きてきてたんです。胃もたれ?なにそれ?って思ってきたけど、老化って怖いですね、もうほんと、ちょっと食べ過ぎたらすぐ胃もたれするようになりました。めきめきと(?)胃が弱まっているのを感じる昨今。なにか参考になる事は無いかと、この本を図書館で借りてきたわけです。

内容としては、トリッキーなところは何もなく基本に充実に、生活習慣から見直しを、といった地道なものでした。そういうものかもね。うん、それこそが医者の誠実な態度ってやつかもしれない。

    ドクター

読んでいたら耳が痛い事も、わたし結構やらかしてました。まずわたしは1日のカフェインの量が多すぎでした。コーヒー紅茶、お茶全般が好きなもので・・・。それと、食べるのが早いんですよ。ウチの一族みんなそうなんですよね。やっぱ祖父の代まで漁師だったからかなあ・・・。子どもの時からの環境で、しみついちゃってるから、気をつけてはいるんだけどなかなか直らない。でもこれが胃に負担らしいんですよね。たしかにそりゃそうですよね。

あと、ストレス。胃潰瘍までいっちゃうのは遺伝なども大きいらしいんだけど、検査してもなんともないけど具合が良くない、といったような状態の人はストレスの可能性があると。これは思い当たる人が多そう。うちの家族にもいます。
それってストレスで自律神経が乱れてることから来てるらしいんですよ。じゃあ、自律神経をどうやって整えたらいいか・・・っていうと、ストレスの少ない生活をしなさい、ってことなんだけど、そんなの解消できればとっくにやっとるわい、と思うじゃないですか。でも冷房がキンキンにきいた部屋から真夏の暑い外へ出る、こういった温度差なんかもストレスになってるらしいので、なるべく温度差を少なくする生活を心がけたりとか、そういうことも効果があるみたい。

で、自律神経といえば、なんとワタクシ、学生の時に「自律神経訓練倶楽部」という部活に所属していたことがあるんですよ。 なんだそれ!?ってみんなに言われてきた部活なんですけどw 当時はゆったり過ごせて楽な部活、というだけの理由で所属してました。あとになって就職活動の時なんかに面接で言うのが嫌で、帰宅部でしたって言ったりとか(本当に帰宅部だった時期もあるから嘘じゃない)、でも帰宅部って就職にメリット無いどころかマイナスな感じがして、なんで私は印象の良い普通の部活をやらなかったのか!って後悔したりもしてたんですよね、それが今このトシになって役立ってくるとは・・・!人生何が役立つかわかったもんじゃないね。

部活は顧問の先生主導の活動内容で、当時ネットが一般的では無い時代に、恐らく書籍などで仕入れた知識で色々やってたんだよなぁ・・・。大人になって振り返ってみると色々考えちゃうな。あの部活って先生が自身のストレスを何とかしたかったからなのか、それとも思春期まっさかりで人間関係や受験勉強で疲れている私ら教え子を思いやり、少しでも癒そうと頑張ってくれていたのか。その後、先生はシスターに転身されたと風のうわさで聞きました・・・。

それはそうと、自律神経を整えたい人は瞑想すると良いよ。当時わたしたちも瞑想しまくってたからね。呼吸が大切だよ。あとは手をふぁ~~~ってやったりね。(ふぁ~~って何だよw ふぁ~~~ってw)


話が脱線しまくりましたが、
ん~、勉強にはなったけど知ってる人は知ってる内容かもしれない。
基本に忠実な感じの本。
でもここで概要を知っておいて、
もうちょっと具体的な方策が知りたいって人は別の本へ進むと良いかも。
その時に、へんな怪しい本に惑わされずに済むかもしれないと思う。



ブログランキング・にほんブログ村へ
テーマ: 読書メモ | ジャンル: 本・雑誌