FC2ブログ
おでかけブログ。神話や妖怪、UMAが好き。その他、日々のふしぎや、おバカな出来事・読書感想などを、つらつらと。
さて、ここは本堂の奥にある、七十七末社がある場所です。

最上稲荷 七十七末社

ここも、沢山の旗が立っています。
で、七十七末社って・・・?
あけぼうも、そう思いながら歩いて来ました。
それはつまり、こういう風になっているんです。


最上稲荷 音曲上達 最上稲荷 南正天王  最上稲荷 道中安泰   最上稲荷 無罪の罪をはらす   

道に沿って、このような石碑がズラ~ッと並んでいます。
壮観!といってもいいくらい。
そして、一つ一つ、仏様(神様?)の名前が書かれていて、その職分が全て異なります。
音曲上達・道中安泰・目の病気などなど・・・
ありとあらゆるニーズに対応してくれています☆
まるで、超デッカイ総合病院の中に、
たくさんの専門医がいる・・・そんなイメージですよね・・・。

道の途中で「本滝」と書かれた案内表示がありまして、
本筋の道をそれて階段が続いています。
「本滝」ということは・・・があるようなので
ちょっと道を外れて登ってみますよ。 (滝好き・・・)

最上稲荷 本滝への道 

階段のところどころにも神様がいます。
勿論それぞれ担当が異なっていますよ。

少し登ると、ボチャボチャ・・・と水の音がしてきました。
本当に滝があるのかな。

最上稲荷 竜王様 

おお!竜神様じゃ~~~

最上稲荷 竜王2 

めちゃくちゃカッコイイ・・・・
なかなか、シャープな顔立ちの竜神様ですな~。惚れる

最上稲荷 八大竜王 

岩に「八大竜王」とでっかく彫られていました。
なんか中国っぽいというか・・・。敦煌?(←適当w)
他にも周囲には「妙」とか「蓮」とか書かれた岩がありました。

最上稲荷 本滝 竜のくち 

滝というのは、竜神様の口から出ているのですね。
あけぼう達、この夏、滝に打たれたくて、
そういう場所探していたんですが、ここはもってこいじゃないですか~。
素人も勝手に(自主的に?)滝に打たれても良いのでしょうか・・・???
来年の夏、ここで滝に打たれる妙齢の女が二人おりましたら、
それは我々かもしれません(笑)

では、元の道へ戻ることにします。
降りる途中に、赤いアイツが・・・!

最上稲荷 おキツネ様 

キツネ!

最上稲荷 もっとも集中  

えー・・・ご覧になっていただければ
一瞬で理解されると思いますが、ここで最も熱心に祈りました(笑)

最上稲荷 鳥居 

さて、戻りましょうかね。鳥居がキレイですね・・・。  

  最上稲荷 階段・・・

本当は、さらに上へ「八畳岩」という場所があり、
このような階段も続いていたのですが、どうですかこの階段・・・
我々はとても登る気になれませんでした(笑) 
山の頂上まで続きそうな勢いです。ていうか、多分そうだと思われます。
ここは、また今後の宿題として残しておくことにしよう・・・(笑)

つづく!

FC2blog テーマ:旅先の風景 - ジャンル:旅行

【2010/11/21 19:09】 | 吉備路
トラックバック(0) |

misachi68さんへ
あけぼう
でしょう?でしょう?
さあさあご一緒に祈りましょうぞ(笑)

なんかもう、階段の遠方の方が点になっていましたからね・・・いったいどこまで続いているのかと。
これは体力・気力が充実した時でないと、とてもじゃないけど登る気になれましぇえええん(* >ω<)=3

虫さんへ
あけぼう
確かにちょっとそのへんを思い浮かべちゃいますよね(笑)
正直わかります☆
これくらいのシュル~っとした水量であれば、素人の我々でも打たれるのにちょうど良さそうです。
夏の暑いときに涼しげな木陰のこの場所で修行・・・素敵ですe-51


misachi68
金富天王!!これは御利益がありそうです(=^0^=)
私も詣りたい!

八畳岩、宿題に残しちゃいましたか・・・
確かに辛そうです。
足腰痛めそうですf(^ー^;



松村さんへ
あけぼう
松村さんにも未踏の地がありましたか!県内にwww

何だかよく分からないけどとりあえず行ってる・・・みたいな人がすごく多いと思います。
あけぼうもその1人でしたw


きぼう丸さんへ
あけぼう
よく考えたら滝の下の方を写してませんでしたよね・・・e-263
ていうのも、竜神様の口から水が落ちているのですが、水はドンドン下に流れていて滝つぼのような水溜りになっていなくて、ちょうど水が落ちる地面には石がひいてあって、本当にそこに立って修行する用(それもライトな)って感じだったんです。
きぼう丸さんもご一緒に真剣に祈りましょうぞ!
あけぼうは金富天王と名前忘れたけど眼病の神様に祈りましたよ!
(なんせパソコン仕事は目にきますからね)


虫@貯蓄
竜神様の口から滝ですか(*´∀`*)
なんか涎やその辺を何故か思い浮かべてしまいましたよ(;´∀`)
こう言った想像は竜神様に怒られそうな感じがしました(((( ;゚д゚)))アワワワワ
滝に浴びるのは楽しそうです( ´∀`)bグッ!



松村博司
最上稲荷、来ましたね~。
私、ここはつい最近までお寺だとは気がつかないまま訪れていたんですw
ですからお寺だと知ったときの衝撃たるや、もうw
子供の頃から、何の疑いも持っていませんでしたから。
若い頃は、夜中にドライブした後ここでよく休憩してましたね。
自販機の甘酒飲みながら。
でもまだ、奥の院まで行った事がないのはここだけの話・・・w



きぼう丸
うわ~龍神様だ~!!
滝・・・滝・・・滝が見たい!!! 滝好きなもので・・・
それにそても雰囲気のあるところですね。
あたしも必死に祈りたい気分ですたい!

コメントを閉じる▲

最上稲荷(さいじょういなり)
・・・ここは、寺なのか神社なのかよく分らない所です。
ただ、めちゃくちゃ大きい所です。地元でも有名な所です。
お正月とか、節分なんかはタダゴトではない人出となります。

一応、wikipediaにはこう書いてあります。



最上稲荷(さいじょういなり)は岡山県岡山市北区にある日蓮宗の寺である。正式名称は、最上稲荷山妙教寺。所在地が岡山市高松地区であることから高松稲荷(たかまついなり)と称されることもある。
岡山県内で唯一、明治初年の廃仏毀釈の被害を逃れた所といわれ、日蓮宗系「神仏習合」の祭祀形態を現在も残す。

最上稲荷、久しぶりに訪れました。
駐車場(有料)からずっと、色々なところで線香の束(50円)を売っています・・・。
無人の線香売り場(お金は箱に入れていく)も辻に必ずあります。
線香売り(?)のお婆さんとかもいます。

なんていうか、ちょっとアジアな印象・・・。
これからご紹介しますね☆

入口。インドっぽい建物です。


最上稲荷 入口
    最上稲荷 母背負う 

その横には「人類皆兄弟」のCMで有名な、
日本船舶振興協会・笹川会長が「母を背負っている」という、
脈絡がよく分からないものの、二宮金次郎的な像が建っております。 

最上稲荷 旗

こういう、赤い旗がいたるところにはためいています。
なんだかアジアの仏教寺院のようです。 賑々しい。

階段はそれほどの段数はありませんので、
トントン上がっていくと、めちゃくちゃ広い境内。

最上稲荷 

そして、本殿より大きくないか?っていう社務所(左)が・・・。
デカッ!(中ではたくさんのお守りやお札を売っています)

最上稲荷 しめなわ 

本殿です。
日蓮宗(仏教)なのに注連縄が張ってある。
こういうところが神仏習合ということなんでしょうね。
この手前で、もくもくと線香が煙を上げています。
みんな買ってきた線香をここに立てていくのです。
線香の束(50円)は直径が500円玉くらいありそうな束ですので、
全部に火をつけるのも一苦労です(笑)

ちなみに、友人は車を購入した時、ここでお祓いしてもらったそうです。

中では、この日も、正座してお祓いを受けてる人々が十数人ほどおられました。
お坊さんの祈祷の声、そして、名称はよくわかりませんが、
カスタネット的な道具をカチカチと頭上で順番に鳴らしていくのです。
そういう儀式みたいです。

友人も車のお祓いの時にカチカチされて、笑いのツボに入ってしまい、
下を向いてぷるぷるしながら笑いをこらえていたそうです。
こういうのって、真面目であればあるほど、耐えられなくなるんですよね~。
わかるわー。

最上稲荷 馬の像 

某会社の社長が寄贈した馬の像。馬がカッコイイので撮影☆
結構大きな像で、なかなかいい場所に設置してあります。
一体いくらしたんだろう・・・。

いつもは、線香をあげたらUターンして帰るところです。
なにしろ、お正月や節分などのイベント時にはとんでもない人出で、
大抵ここまでたどり着いた頃にはもうクタクタだったりするので(笑)

でも今回はさらに境内の奥へと進んで参ります。

最上稲荷 アート2 

めちゃくちゃでっかいタケノコ!!・・・の切り株?

最上稲荷 アート3  
 
たらの白子のようなウニョウニョしたものもありますよ・・・!!

最上稲荷 アート 説明板 

すみませんでした芸術だったようです

タケノコ!とか大きな声で話していた自分がハズカチイ・・・ 

この奥にはさらにアジアンなものがあったのですが、長くなるのでそれは次回紹介しますね☆


人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 中国地方旅行へ
ポチッと押していただけると小躍りします☆

FC2blog テーマ:旅先での風景 - ジャンル:旅行

【2010/11/21 00:02】 | 吉備路
トラックバック(0) |

虫さんへ
あけぼう
そうなんですよ虫さん!
この何でもありな感じがこのお寺の最大の特徴じゃないかと。
もういっそ、この境内でイルミネーションしてクリスマスまで祝ってくれたらサイコーなんですけど、それは流石に不謹慎でしょうか・・・(さすがにブログ記事には書けなかったw)



あけぼう
ありがとうございます☆
では先日の気球の写真を頂きに参ります((ヾ(。・ω・)ノ☆゚+.

連環って意味が分かりませんよね。
弱肉強食・・・それでも地球は回ってる・・・みたいな???

misachi68さんへ
あけぼう
不思議なところでしょ~??何でもありみたいな(笑)

馬の像を見ては「おお!馬だ馬だー!(大声)」
タケノコを見ては「タケノコ、のこのこー(大声)」
と言っていましたからね・・・芸術と分かって本当に周囲の視線が痛かったっす(笑)

はっ、そういえば、伊達政宗が乗ってる馬も、よく考えたらこんな感じの馬でしたよね・・・。


虫@貯蓄
なかなか珍しい感じのお寺だったりするんですね(ノ´∀`*)
たけのこはどう見てもたけのこですから、
たけのこも芸術だと思いますよ( ´∀`)bグッ!

それにしてもなんでも有りのような感じのするお寺ですね(;´∀`)


芸術は難しい・・・
ピー助
あけぼうさん こんばんは!

ピー助には近代芸術が理解できません。

3年の歳月を費やし、生命の連環ですか~

「連環」・・・って何よ!?

でも、きっとありがたいものに違いありません!

必ずや、ご利益があることでしょう。


明日もご安全に!(^◇^)b

PS:お気に入りの写真があれば~トップ記事から盗んでくださいね!
  また、リクエストがあれば追加しますのでご一報ください。




misachi68
え~~っ!驚きです!お寺にしめ縄・・・
お寺といいながら、神社様式?
馬も見たことある!ウチの町内の神社にある馬とそっくり。

面白いねぇ~~、こだわりがなさそうで。

それにタケノコ。
生えてる場所がまさにタケノコっぽい。
芸術って言ってるけど、もしかして、
作者もタケノコをイメージしてたかも(~~)

コメントを閉じる▲

やっぱり備中国分寺、一番の見所といえば五重塔ですよっ。

備中国分寺 五重塔1 

うーん。ビューティホー☆


備中国分寺 紅葉2 

秋の紅葉と五重塔。いい取り合わせですよね

備中国分寺 紅葉 

まだしばらく紅葉は楽しめそうですね 緑と赤のコントラストってキレイですよね~。

で、五重塔ごらんあれ。

備中国分寺 五重塔2 

黄砂がいい具合に作用して、とんでもなく神々しいことになっちゃってます。
後光が差しています(笑)

それか、あけぼうは夢を見てるのでは・・・

仏「あけぼうよ・・・わたしの声が聞こえるか?あけぼうよ・・・」

お告げを伝えにお釈迦様が出てきそうです。

備中国分寺 五重塔 かまきり 

これ、わかりますか?
ドアの下のところにカマキリがいます。実際は黄緑色だからめちゃくちゃ目立っていました(笑) 弱肉強食のこの世界・・・鳥はカマキリは食べないんでしょうか?心配です。  この子、せっせと上まで登っていたんだけど、つるり、と落っこちて今ここであたふたしています。

備中国分寺 五重塔 木 

放射線状の木のラインが美しい・・・。

備中国分寺 五重塔 寅うさぎ 

この彫刻は、四面全てに三つずつあります。そう、干支が掘られているんですね。
写真は、今年の(右)と来年の(左)です。

備中国分寺 五重塔 遠景 

備中国分寺は、思っていたよりも広かった・・・。

イメージでは、五重塔だけあって、ここがその他の跡です、みたいな感じかと思ってた

そして、観光客も地元の人達も、とにかく、ここでは皆まったりしてました・・・。
天気の良い日にお弁当片手に出かけてるのがグーです

あけぼうも、ちょっと絵など描いてみたい気持ちになりました。(描けるかは別として)
なんていうか、全体の雰囲気みたいなものを、じっくり&ゆったりと味わいたい場所ですね。いくらでも「ぼけ~」っとできそうですよ(笑)
友人はあけぼうが絵を描くのならば、自分は習っているバイオリン  を弾く、と言ってました(笑)

秋という季節と場所の威力ですっかり芸術家きどり(笑)

結構時間が経過してしまいました。次は最上稲荷へ向います。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 中国地方旅行へ
ポチッと押していただけると小躍りします☆

FC2blog テーマ:国内、史跡・名勝巡り - ジャンル:旅行

【2010/11/19 09:57】 | 吉備路
トラックバック(0) |

さいごうさんへ
あけぼう
そんなカマキリだと分かっていたら力いっぱい声援を送るんだった・・・(笑)
カマキリにそんな男気たっぷりな要素があったなんて(´゚艸゚)∴ブッ
さいごうさん面白いです・・・☆


さいごう
五重塔!
すごい存在感ですね(*´ω`*)
なんだか思わずモニタ前でおがんでしまいそうな気分になりました。

カマキリはどんな相手にもカマをふりあげますよね。
もしかしたら五重塔に勝負を挑んでいたのかもしれませんねw

松村さんへ
あけぼう
マジで~~~~~!!!!
大工の恋文!?それは素敵過ぎるe-420
もうちょっと甘酒と梅酒をプッシュすればいいのにw
全然気がつきませんでしたよw

ふじもとさんへ
あけぼう
もちろんこの質問はふじもとさんに宛てて書いたようなものですよw
まんまとお答え頂いて、やった!って感じです+.゚(*´∀`)b゚+.゚

虫さんへ
あけぼう
そうなんですよ~。
撮影してみてビックリ!(゚ロ゚屮)屮 ってかんじで、
実際へねぇ、中国から飛んで来る砂なワケですから・・・・。
なんとなくどんどん髪の毛に砂が含まれていくーって気持ちでしたw

鳥は…食べますよ(笑)
ふじもとりゅう。
こんばんは~☆

ホントだっ!?
神々しいわぁ~(爆)
背後にとんでもなくデカ~い輪っか背負った御釈迦様を想像してしまひました(笑)

紅葉の「赤」がとってもいいですよっ(嬉)
次回も楽しみですねっ♪


松村博司
岡山唯一の五重塔です。
台風の被害が出て解体修理したときに、中から昔の大工の物であろう恋文が見つかったそうです。
あまり知られていませんが、そんな話もある岡山のランドマークなんですよ。
ちなみに、ここの名物は赤米で作った甘酒と手作り梅酒。
飲んだ事無いけどw



虫@貯蓄
`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!
本当に神々しくなっていますね(゚Д゚;)
黄砂もこう言った風にいいようになる時もあるのですね(*ノ∀ノ)

出来れば無い方が一番なのですけどね(;´∀`)


コメントを閉じる▲
作山古墳からも見ることができる、吉備路のランドマーク的存在・それが備中国分寺。

鬼ノ城に行ったときも、立ち寄りたいなぁ~と思いながらも通り過ぎたのでした(時間の関係で)。 それ以外にも、結構通りすがりに遠目に見る機会はあったですが、なかなか実際に行くことが出来なかった備中国分寺。

今回こそは、立ち寄ってみることにします。

備中国分寺 遠景 

もうね、ほら。
こんな五重塔が見えたら、それはもう立ち寄りたくなりますよね??

備中国分寺 遠景2 

この日は季節はずれの黄砂がひどい一日で、ずっとこんな風に景色が霞んでいました。
でも、これはこれでいい雰囲気です。ていうか、この景色、あまり昔と変わっていないような感じがします。ビルとかも無いし・・・。
この写真から見ると、五重塔の左のこんもりした森の向こうに駐車場があります。

備中国分寺 芝生 

駐車場からすぐ、こういった芝生が広がっています。家族連れがたくさんピクニックをしていました。
友人は、「ここで凧揚げがしたい!」とテンション高く訴えてきました。とにかく走り出したい感じです。

備中国分寺 芝生2 

こんなことならおにぎりを買ってここでお昼を食べれば良かった・・・ 黄砂で霞んでいますがこの日は天気も良くて、しかも暖かかったので、余計にちょっと悔しい。お弁当を広げている人たちがウラヤマシイ・・・ 
それにしても、こういう場所があるって、良いなあ。岡山の人良いなあ
(羨ましがる広島県民w)

備中国分寺 門前 

こっちが正面です。創建された頃の国分寺は今よりも広くて、芝生のところどころに、ここに建物が建っていたということを示す説明板が立っています。

あと、絵を描いてる人があちらこちらにたくさんいました。写生大会的なイベントでもあったのだろうか・・・。
イベントといえば、この日は吉備路ウォーキング大会みたいなものをやっていました。こういう所なら歩くのも楽しいかも。

備中国分寺 説明板 


備中国分寺 説明板 配置図 

さて、早速中に入ってみると、すぐ左手にこんなものが。

備中国分寺 礎石は奈良時代 

この仏様の台座のところが、奈良時代のもの、そのままなんだそうです。
この他にも奈良時代の礎石、いくつかありました。あー・・・脳裏にせんとくん が浮かぶ・・・。奈良時代だから大体1300年前ということになりますね。

備中国分寺 大師堂(江戸時代)  

大師殿。
お侍さんが一夜の宿を借りそうな建物です(笑) 江戸時代の建物。

備中国分寺 本堂 

こちらの本堂でおみくじ購入☆今年何枚目かわからないケド(笑)

備中国分寺 客殿 勅使門 

客殿勅使門
この客殿は屋根が面白かったですよ。

備中国分寺 客殿 屋根 

神社みたいな桧皮葺(?)を瓦で挟んだような、屋根。
こういうの、あるところにはあるのかもしれないけど、あけぼうにとっては珍しかった。


備中国分寺 鐘楼 説明板   備中国分寺 鐘楼
鐘楼です。「遊びで鐘をつかないこと」という注意書きが。勿論でございます
黄砂のため、右の写真は逆光のような具合に映っていますが、それもまた良し(笑) 

なんだか色々なものがあるなぁ備中国分寺・・・。

ちょっと長くなってしまったので、五重塔は次回!




人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 中国地方旅行へ
ポチッと押していただけると小躍りします☆

FC2blog テーマ:旅日記 - ジャンル:旅行

【2010/11/18 10:32】 | 吉備路
トラックバック(0) |

松村さんへ
あけぼう
そうなんですよー。なんだかゆったりしているんですよね・・・。
そこでおにぎりを食べる気満々な設計というか・・・・。
京都とかも、境内は広くても周辺は街中だから、そんな感じじゃないし、中の庭とかも立ち入り禁止とかだし。
奈良もめっちゃ広くて若草山とかはあるけど、基本的に鹿だらけで、とても座れるかんじじゃないし(笑)

ふじもとさんへ
あけぼう
太極拳、わかるわかるっ(笑)
超真剣に取り組みたいですよw太極拳・・・・

次回、さらに神々しいことになりますよ☆


松村博司
言われてみればそうですね。
こう言うのって岡山だけかもしれない。
三大名園、後楽園も芝生がでーんと広がって、過ごしやすい日はみんな芝生の上でごろにゃごろにゃしてます。
国宝の旧閑谷学校もそうですね・・・
子供の頃遠足で来て、弁当広げた記憶があります。


いいな~♪
ふじもとりゅう。
こんばんは~☆

緑な芝生が広がってますね♪
こりゃ…食べちゃうよ!おにぎり!
そんでもって食後に太極拳もしちゃいますかっ(嬉)

鐘楼なのに、なんでしょうこの神々しさは(笑)


コメントを閉じる▲
ちょっと古墳が楽しくなってきたので、角力取山古墳から、近くの作山古墳へ寄ってみる事にしました

ちゃんとした無料の駐車場もあり、結構大きな古墳です。

なんか、山に入っていくような感じです。

作山古墳の中 どんぐり 

足元を見ると、どんぐりがいっぱい。秋だ秋。
なんだか、どんぐりをこんなにたくさん見るの、久しぶりかも・・・・。

作山古墳の中 木々 

古墳といっても、ここは大きくて歩いていて全貌が分かりません。
先ほどの「角力取山古墳」と違って、植物でいっぱい。

作山古墳の中 紅葉 

この傾斜で古墳の丘な感じを想像するしかない・・・。
結構紅葉していてキレイ  です。

作山古墳の中 

こんなふうに、古墳のてっぺんに向かって道が続いています。
山道を歩いているような錯覚に。
よいしょ、よいしょ。結構いい運動になるよ

昔の人もこうして歩いて登っていたんでしょうね~。 
おじいさんは山へ芝刈りに・・・・古墳にも芝刈りに行ってたかな? 薪拾いとか・・・。

作山古墳 円の上 

てっぺんは意外となにもない。
やっぱここの下に埋葬されているから???
この写真が唯一古墳らしい円形が分かる写真・・・。


作山古墳 説明板 

全国で9位の大きな古墳なんだって。(作山古墳wikipedia
でも、上空からの写真(左)を見ると、民家で、形が少し無くなってしまっているね。

作山古墳 蔦 紅葉 

頂上に立っていた木に赤いものが!・・・毒キノコ!?と思ったら蔦が紅葉していました(笑)

江戸時代とか、恋人同士の逢引の場所になってたかもしれないね、ここ。
あの古墳の上で待ち合わせ  みたいな・・・・。ウキャキャキャ。


作山古墳 周辺 蝶 

下山(笑)
結構疲れたぞ。

下は本当に民家がギリギリまで建っていて、普通に畑とか。墓場とかがあります。
ん!? よく考えたら古墳のところに墓場ってすごいね。

上の写真は、蝶々が写っています。3匹いますが、見つけられるかな!?

しかし本当にこのあたり、のどかです・・・・。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 中国地方旅行へ
ポチッと押していただけると小躍りします☆
正解はこれっ!

20101115172005856_20101118132100.jpg

タテに並んで草に止まっているところを激写☆


追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:歴史・文化にふれる旅 - ジャンル:旅行

【2010/11/16 14:14】 | 吉備路
トラックバック(0) |

松村さんへ
あけぼう
なんという歌を詠むんですかww もーっ。

いっぺんに登っちゃうからですよw

やっぱ季節とかをずらして、行くのがいいですよね☆

あけぼうは造山古墳は残してるんですよ、あっちのほうが大きいですもんね。

あと、二十歳くらいだと「ただの山」としか思えないかもしれない・・・・w



ピー助さんへ
あけぼう
ピー助さん、さすが!

大正解ですe-231

あけぼうさんは写っておりません・・・(笑)

あしからずご了承くださいませ。

きぼう丸さんへ
あけぼう
どんぐりを見たら、ついトトロとか歌いたくなりますよね☆

それにしても、近くに古墳とか、古戦場とかあるの素敵です。

赤い蔦、もうちょっと撮る人が撮ればアートっぽくなったかもしれないんですが、

いかんせん、あけぼうの携帯撮りなのでこんなもんですw

でも、赤い色がひときわ目立っていました~e-266

ふじもとさんへ
あけぼう
なんか古墳、良いです☆
丸い丘で山を感じ。
周囲の木々で森を感じ。
もしそれが前方後円墳なら、台形の部分で平野の広がりを感じ。
なんかプチ世界って感じです。

さいごうさんへ
あけぼう
端のはなにげに違いますよ。

動いていると、すぐ分かるのですが、こうした画像で見ると、保護色!?っていうくらいわかんなくなりますよね~。

秋が深まって、見事な紅葉の景色を撮影している方も多いので、地面のどんぐりに着目してみましたw

のりちゃんへ
あけぼう
モリと逢引なら張り切って登りますともっe-266

ちょうちょ、タテに3匹いるんですよ。
PC環境によっても見えやすかったり見えにくかったりするかも・・・。


松村博司
古墳群~
登ってみれば~
ただの山w

作山古墳と造山古墳に初めて登ったときに詠んだ物ですw
あれはそう・・・二十歳くらいの頃だった~


どこどこっ!?
ピー助
キチョウが・・・

中央やや上に1匹

中央に1匹

その下やや右寄りに1匹

あけぼうさんはどこにるのだろう・・・


明日もご安全に!(^◇^)m


きぼう丸
どんぐり見るとなんか幸せ気分になります。
あたしの実家の近くにも古墳がありましたよ。
合戦などがあった場所が桜の名所の公園になっていたり・・・

この赤い蔦・・・素敵!

お疲れ様でした~♪
ふじもとりゅう。
こんばんは~☆

古墳にハマってますね~♪
見た目、ちょっとした山道って感じですが(笑)
てっぺんに謎の入り口があったらどーしようかと思っちゃった~♪

苔玉は毎日水に浸けていますよっ♪


コメントを閉じる▲