立体的!!

松山城で買った、松山城マグネット。
大きさは名刺くらい。
現在、会社のロッカーにくっついています(笑)
松本城マグネット

これ、お城とか桜が立体的になってるんですよ。
なかなか凄くないですか?立体だよ。

そしてこのなんともいえない微妙な完成度・・・へにょっ とした「松本城」の文字・・・・。


素敵すぎる



旅に出るときにはなるべく荷物を持ちたくない上、紙類はすぐグチャグチャになってしまうので、スタンプ集めは既に断念しているあけぼうですが・・・・

日本100名城全てでこういうマグネット売っててくれたら、集めたいかも・・・・


全国の皆様、地元にお城がございましたら、売ってるか否かの情報をお待ちしてします・・・。

(でも多分無いんだろ~な~)



人気ブログランキングへ にほんブログ村 OL日記ブログ お気楽OLへ
ポチッと押していただけると小躍りします☆


スポンサーサイト

| 長野(諏訪湖花火) | コメント(6)

国宝・松本城

霧が峰から、下界に降りてきて、やってきました、国宝・松本城。

国内の12箇所現存している天守閣のうちの一つがある、有名なお城ですよ。

ちなみのこの12箇所は北から

弘前城・松本城・丸岡城・犬山城・彦根城・姫路城・松江城・備中松山城・丸亀城・松山城・備中松山城・宇和島城・高知城

です。
そのうち、備中松山城 はこの夏行ったばかり。

石碑

とんでもなく高い山の上に建っていた備中松山城とちがって、ここは平城なので、街中の平地にあるんですね。
観光地として賑わいつつも、周辺は整然としていて静かな城下町だなぁという感じがしました。
お城周辺も、ひょいっと大通りから中に入ると、重厚な古めかしいお屋敷が「歯医者」の看板を掲げていたりして・・・。
歴史のある街って感じでしたね。

お堀 

想像していたより、松本城は大きかった・・・敷地も広いですね・・・。

堀の水の反射

堀を渡す橋から、撮影。堀の水面が映って雰囲気を出しています☆

門 

立派な門構え。なんとなく質素なイメージを持っていたので、ちょっとビックリ。

宇宙ツツジ 

向井千秋さんと宇宙を旅した種から育てたツツジなので、「宇宙ツツジ」。

まさか松本城で「宇宙」の二文字と出くわすとは(笑)

松本城 

松本城。

庭の緑とのコントラストが素敵。
左の月見櫓は修復中で、白い幕でかくされています。残念


松本城庭 

ゴミ一つ落ちてないよ。

松ノ木 

松の木もきのこみたいに剪定されています。ここまで丸く・・・お見事。
お城の中は、大変な人でした。

城の中 
城内の窓から

城の中は、規模こそ大きいけれど、そこはやはり、当時構造そのままに残っている天守閣だけあって、備中松山城に似たようなところがたくさんあったよ。役所的なお城というより、戦う為のお城・・・居住性とかはほとんど考慮に無いような、機能性重視で無骨な感じ・・・ワクワクしました
展示物は、火縄銃の変遷や、武家の女性達が火薬作りに存在感を発揮していた事などが印象的。各家庭でお味噌やお漬物のように火薬の配合が微妙に違うとか、なんか面白い。

うちのダンナをなんとしても出世させにゃ~!
とか
うちのダンナをなんとかして生き残らせるでよ!
とか
お義母さんの火薬は古いのよッ、これからの火薬はコレよッ!!

・・・みたいな?(笑)

 yome.jpg

 



人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログへ
ポチッと押していただけると小躍りします☆

| 長野(諏訪湖花火) | コメント(16)

霧が峰にグライダー飛ぶ

諏訪湖全国新作花火競技大会を堪能して一夜明けました。

朝。

コスモスが美しい・・・
コスモス 

朝から爽やかな気持ちになりますな

我々はバスに乗って、霧が峰 に向かいました~。

三菱電機 エアコン 霧ヶ峰 ムーブアイ おもに14畳用 MSZ-ZXV400S MSZ-ZXV400S(W)クリアホワイト 【エコポイント対象】三菱電機 エアコン 霧ヶ峰 ムーブアイ おもに14畳用 MSZ-ZXV400S MSZ-ZXV400S(W)クリアホワイト 【エコポイント対象】
()
三菱電機

商品詳細を見る

霧が峰といったら、三菱のエアコンしか思い浮かばないwww

全く予備知識のないまま、バスは霧が峰に到着。
霧が峰の名前に反して、我々の日ごろの行いの賜物なのか、霧は全くなし!晴れた空!!

霧が峰 

バスの車窓から見える景色も素晴らしかったけど、やっぱり山はいいね。
広々とした気持ちになるよ・・・。
なかなか暑くなってまいりました(笑)

名前は分からないけど、ところどころ、花も咲いていたよ。
 
霧が峰 花3 


霧が峰 花2 

霧が峰 花 
   
高山植物の季節としては9月初旬はどうなのか分からないけど、緑のなかに、ところどころ咲いてる花を見つけるほうが、宝探しのような感覚があって、楽しいかもしれない。
もうちょっと花の名前がわかるとさらに楽しいのかもしれないね。
植物博士みたいな人が旅友達に欲しいかも☆

霧が峰 山2  

人工物がほとんど見えない
乗馬をたしなむ友人は、
「ここをどこまでも馬で駆けたい・・・    」

とつぶやいておりました。
心の底から同意するわー(あけぼうは乗馬できないけど)

実際、乗馬できるところがあったんだけど、決められた小さな場所をぐるぐる周回するみたいな感じだったし、実はお土産もここで購入しなければならないスケジュールになっていて、自由時間があまり無かったので、今回はあきらめました。
ここの馬は、どこかの牧場からトラックみたいなのでご出勤してくるんですよ~。ちょうど出勤風景を目撃しました(笑)

ずんずん歩いていくと、ここはグライダーの滑走路になっているらしくて、立ち入り禁止の看板が。
その向こうには、2台のグライダーが静かにたたずんでいて、

「グライダーに乗ってみたい !!」

と、我々も思わず瞳を輝かせてたんだけど、乗馬とちがってグライダーには素人は乗せてくれないみたい・・・。
考えてみたら、グライダーってあんまり見たことない。
まてよ、グライダーってそもそもなんだったっけ・・・?よく知らん。
パラグライダーはあっても、グライダーってあんまり見ないよね?
一体どういう人たちが乗ってるんだろうか・・・・。


あっ!

見て!!

グライダー 

グライダーが、飛んだよ!!!!

霧が峰 空

そして、あっという間に見えなくなった・・・・。

空が近いってかんじ・・・霧が峰・・・・




はっ!グライダーが飛んでるっ あわわ・・・あわわ・・・
ってやってるうちに、飛んでいってしまって、上の一枚しかまともに撮れてる写真が無かったので、動画を見つけてきたよ。霧が峰のグライダーが離陸するところです。まさに同じ場所です。
グライダーってこうやって、凧のように飛ばすんですね~。
ナウシカが乗ってるやつにちょっと近いかも。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログへ
ポチッと押していただけると小躍りします☆

| 長野(諏訪湖花火) | コメント(22)

全国新作花火競技大会2

では、一気にどうぞ。

花火6

花火5

花火4

花火3

花火2

花火1

花火9

花火8

hanabi

色々なタイトルとともに、同じ規程の条件で各花火師が、新作花火を打ち上げます。
専門的には色々は見方もあるんでしょうが、我々はただただ見とれるばかり・・・。

そして、圧巻なのは、フィナーレでございます。



両サイドから、超特大水中花火が中心に向かって迫ってくるという趣向。
左右からだけじゃなく、上にも打ちあがるので、んもう、もはやどこを見ていいのか分からないくらいに。
これには、超テンションがあがりました。ワーワー叫んでおりました。
あまりにもうるさいので、音は変更してあります。YOUTUBEに動画をアップしたのが今回はじめてなので、これで精一杯ww

花火フィナーレ

花火フィナーレ2

本当に、心から満足したよ~。
良かったよ~。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログへ
ポチッと押していただけると小躍りします☆

| 長野(諏訪湖花火) | コメント(19)

全国新作花火競技大会

諏訪湖で年に一度開催される「全国新作花火大会」。


諏訪湖は、花火の打上げ場所・観覧場所として全国でも有数のロケーションを誇ります。この諏訪湖を舞台に全国の意欲ある若手煙火師が、従来の枠にとらわれない斬新な発想と独創の技術で創作した芸術性の高い新作花火を競う大会です。
ホームーページの大会概要より)


今回のこのツアーの最大の売りは、桟敷席で花火が間近で見られるという事。
当日は大変な人出になるそうで、ツアーバスは一つ前の駅に停まり、そこからは電車で向かう。
電車も混んでいたけど、到着した駅からはそれはもうすごい人!!
みんな同じ方向に向かっているから、道に迷うなんてことは無いけどね・・・。

はじめて訪れた諏訪湖。
あけぼうは



NHK大河ドラマ「武田信玄」
(何回聴いても最高や・・・このOP・・・)

とか、


御柱祭

とかで知ってはいましたが、実際来てみると、思った以上に観光地なんですなぁ・・・。
旅館がたくさん建っています。
あけぼうの知ってる場所で言うと、雰囲気がちょっと松江(鳥取)っぽいな~と感じました。
(松江にも宍道湖という湖があります)

とにかく、我々の桟敷がどんな場所なのかが気になります。

hanabi.jpg

このへん、と矢印をした「山」の字みたいに突き出たところ。
その真ん中の一番出っ張ってる所に我々の桟敷席がありました。
そう、なかなか良い場所だったんですよ~~~!!
ポジション的にはね。
桟敷席って言うか・・・これ、普段はどう考えても桟橋というか、船着場というか・・・・。
一人当たりのスペースは50センチ四方くらいかな。まあ座布団ひいて座ったらおしまい、みたいなww

桟敷!?
こんな感じの場所w
見えているのは「山」の字の右側の列。

桟敷 背後
背後はこんな感じ。
花火の見える宿の部屋は、来年の分をお客さんが予約して帰ったりしていて、お値段も場所によっては30~50万円くらいするって添乗員さんが言ってた・・・。 セレブやね・・・ヽ(゚Д゚;)ノ!!

暑いとはいえ、そこは長野。
その頃の他の都市圏に比べれば、涼しいし、特に湖面を渡る風がとても心地よくて、過ごしやすい。
板の間の上に座るお尻や足腰の痛さや窮屈さはあるけど

桟敷 夕日

左側の沖に浮かんでるようにみえる黒いのが花火の発射台だよ。
ツアーで配られたお弁当を食べながら、しばし夕暮れ時の諏訪湖を楽しむ。


さあ、いよいよ花火大会ですよ!!



(いい感じにUPされてますかねw?)


~つづく~



人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログへ
ポチッと押していただけると小躍りします☆


| 長野(諏訪湖花火) | コメント(0)