FC2ブログ
おでかけブログ。ご朱印を集めてます。その他、日々のふしぎや、おバカな出来事・読書感想などを、つらつらと。
山口県山口市。
秋穂というエリアを走っていたら、神社があったので立ち寄ってみました。
正八幡宮(しょうはちまんぐう)という神社です。






330年前の鳥居だそうですよ!
大きさも立派だけど、この柱の「長年の風雪に耐えてきた」感がすごい。



そこからすぐ社殿が見えるってわけじゃなくて、
こんなふうに参道が続いて、左右の石燈籠が並んでます。
周辺、森のようになっています。
階段を少し上がると、



ようやく社殿が見えてきたけど、まだこんなに遠い。
広いなあ。


(建物について:クリックで拡大)



ちょっと珍しい建て方。
これは山口県独特の「楼拝殿造り」というものらしいです。



ご祭神 品田和気命 (応神天皇)
    足仲津比古命(仲哀天皇)
    気長足比女命(神宮皇后)

この「正八幡宮神記」には、

昔この秋穂浦は異国の軍勢に度々襲われたことがあった。
嵯峨天皇の時代、宇佐八幡宮より勧進した。
西戎降伏の鎮護の神として二島の海汀に祀られた。
当時は八幡二島宮と称えていた。
その後、度々火災に遭い、大内義興公により現在地に移された。
それから240年余り後、
蛾害のため毛利宗広公によって現在の社殿が造営された。
社殿は往古西戎防護の目的に建てられた遺風を残している。
桜拝殿部分の基礎石の天端の周囲には溝が掘られているが、
かつてはこれに塩水をたたえてシロアリの上昇を防いだものといわれる

とまあ、こんな感じのことが書いてありました。(一部省略してます)

今は山口市に合併されてますが、
この辺りは秋穂二島村という場所だったそうです。
それにしてもこのあたり、山口県の真ん中くらいに位置するんだけど、
異国の軍勢に度々襲われ・・・って・・・こんなとこまで?やばいじゃん。
嵯峨天皇の時代っていうのは空海が活躍した時代です。
その頃(あるいはそれ以前)、一体どこの国が襲ってきたんだ・・・。
新羅かな?(←この前読んだ「九州王朝説」の本の影響)



これも鳥居と同じく「風雪に耐えてきた」感のある狛犬。



こちら、社殿です。参拝・・・(。-人-。)

当時はさぞ豪華な社殿だったんでしょうね~。

それにしても、由緒書きに書いてあった「蛾害」って・・・?
蛾害って何!
再建理由で「蛾害」って初めて見たかも。



蛾のせいで建物がどうにかなってしまうってことがあるんですか。
イナゴ大群の襲来みたいな感じ?
もう、想像しただけでおぞぞぞぞぞ・・・



こちらには中世の能面が10面も伝わっているんだとか。



こんなかんじ。
実物のお面は山口博物館で保管されているそうです。
最近少しだけ能がアンテナに引っかかるようになってきたんですが、
その途端、こういうのに出会ったりする。面白いもんですね。

こちらの正八幡宮、御朱印を頂きたかったんですが、
誰も見当たらなくて頂く事が出来ませんでした、残念。
参拝者もほかにいなかったしなあ。
しかし、もし「山口ゆめ花博」が無かったら、
多分訪れることの無かったであろう場所なので、貴重でした。
来られて良かった。



ブログランキング・にほんブログ村へ 


追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

【2018/10/15 17:45】 | 山口市
【タグ】 神社  観光  旅行  山口  
トラックバック(0) |

Re: タイトルなし
あけぼう
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

社殿カッコいいんですよね。
既に年月が建って、木材などもカサカサな風合いとなってますけど、かつては朱塗りのきれいなお宮だったんでしょうね~。
流石にこの辺りへそうそう来ることはないと思うので、出来れば御朱印貰いたかったんですが・・・残念でした。
田舎の方はどちらかというと、誰もいないのがデフォみたいなところがあるんで、経営とか、先々をつい心配してしまいますw

Re: タイトルなし
あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そうそうw
本を読んだ直後だったこともあって、どうしてもそう思っちゃうw
本の中に出てきたのは明石の稲爪神社でしたっけ。
瀬戸内を転戦していたのかもしれないですよねえ。


玉坂めぐる 
かっこいい社殿。
戦闘体制で見張りもできそうな(^^)
さすが戦いの神様ですね。

こんなかっこいいところで
ほかに参拝者がいないとか
スゴイ嬉しくなりそうです。
そういうのが好きで
旅先ではよく早起きしたりします。

でも、御朱印集めにはダメだね
そうか・・・


misachi68
なるほど!新羅かもしれませんね!
ありえるw
神社でこういうの見るたびに
思い起こされる説でしたね(*´∀`*)

Re: タイトルなし
あけぼう
へろんさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

あ~~~なるほど!!
それなら理解できますよね。
私も同じような事例を検索してみたんですが、特に無くて。
めちゃくちゃザックリと「蛾」扱いだったのかも。
虫のカテゴリも昔は曖昧ですもんねえ。


へろん
こんばんは。
蛾害・・・しばらく考えてみたのですが、建物に害を与えるような蛾ってちょっと思いつかないですね・・・。甲虫とかは柱に穴をあけるかもしれませんが・・・。
もしかして、シロアリの羽が生えたやつ(羽アリ)なんかを、ちっちゃな蛾と一緒くたに見なしていたとかないですかね・・・?あくまで個人の感想ですが(^^;)


コメントを閉じる▲
山口ゆめ花博のついでに。



とりあえず、会場すぐ近くの道の駅でお土産物色。
かぼちゃが地元の名産みたいで、かぼちゃのお菓子がたくさんありました。
この日は真夏日だったので、焼き菓子系にはピンとこなくって、
結局かぼちゃのソフトクリームを買ったんだけど、
めちゃくちゃ美味しかった! かぼちゃ見直したw おすすめ!



そして、この看板にもあるように、
この近くは車エビの養殖がとても盛んな所らしいんですよね。
うち、海老アレルギーが家族の中にいるので、家庭では海老を食べないんです。

それゆえ、わたしの中で「外食で食べたいものランキング」の上位に
海老が常にランクインしてますw



周防大橋をわたり、なんとなく海の方へ・・・
ここらへんは半島になっていて、その近海で車エビを養殖してるらしいです。
調べてみると、車エビをはじめとした海鮮が美味しそうなお店とか民宿を見つけました。
ランチの時間は終わってましたが・・・(-.-)
いいけどね、花博でも買い食いしたし、さっきはソフトクリーム食べたし。
(ちょっと負け惜しみ)

山口市での宿泊となると、駅前付近のビジネスホテルか、
観光なら湯田温泉という選択肢しか考えたことが無かったけど、
湯田温泉は海が見えない内陸側だし、こっちへ来るのもありかもしれません。
周辺はめちゃくちゃ田舎だけども・・・。

1日目山口に来て、花博に行き、このへんの民宿へ泊る。
 市内には瑠璃光寺ザビエル教会・雪舟の庭などの観光スポットがあるから、
 花博オンリーだと時間が余るって人はそっちへ行ってもいい。


2日目は内陸の秋芳洞へ行く(11/4まで維新150年記念のライトアップ中)
 そのまま日本海側へでて、
 西へ「元乃隅稲荷神社」や「角島大橋」へ行って絶景を楽しむのもよし。
 東へ向かって萩市で「幕末維新めぐりの旅」としゃれこむのもよし、です。
 下関門司方面へ行くのも良いよね。

わははw なんだか山口の回し者のようになってしまったw

もうひとつ、山口は「ういろう」が名物なので、
自分へのお土産にういろうを買って帰りました。

以前は、和菓子の中で、ういろうってそんなに好きじゃなかったんだけど
最近、その良さがわかりつつある・・・(大人w)



これは帰りの下松SAで買ったんだw

ところで
なんとなく海のほうを走ってたら、神社を見つけたので寄ってみました。
そんなわけで、次回へつづく。
ブログランキング・にほんブログ村へ


追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:ちょっとおでかけ - ジャンル:旅行

【2018/10/12 16:32】 | 山口市
【タグ】 山口  道の駅  観光  旅行  
トラックバック(0) |

Re: タイトルなし
あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そっか、修学旅行コースが山口なんですね。
でもなかなか行けないちょうど良い距離かもw
私なんて京都―東京―日光ですからね。
日光はともかく、京都や東京は大人になっても、なにかと行けるところで。
そういう意味では、もっと東北とか、北関東のあたりとかが良かった・・・。





misachi68
おお〜ザビエル教会、雪舟の庭、秋芳洞って
懐かしい!高校の修学旅行コースでした。
そして萩で自由行動だった( ˊᵕˋ )
TVの旅番組ではあんまり見ない山口なので、
修学旅行で行ったことすらうっすらとした記憶....
次回も楽しみにしてます♪

Re: 山口県☆道の駅あじす おすすめは…
あけぼう
へろんさん、イラッシャーイ(*ˊᗜˋ*)ノ゙

角島大橋は私もそれほど晴天に恵まれた訳じゃないんで、またリベンジしたいです。元乃隅稲成神社、渋滞でしたかー。最近知ったんですが、今ってキツネの絵のオリジナル御朱印帳とかあるみたいなんですよ。すっかり垢抜けちゃって…。

エビはつい外食時に優先しますよね。たまにしか食べられないから、妥協できない(笑)最近イマイチ納得のいくエビに出会えてないので、またちゃんと車エビを食べに来たいものです。






へろん
良いですねえ、山口の旅。
私も2年前に行ったんですよ、秋芳洞から日本海側へ抜けて、
元乃隅稲荷神社や角島大橋へ。でも元乃隅稲荷神社は
あまりの大渋滞で断念、角島大橋は曇天でした(T▽T)

海老アレルギーがいると家庭では海老を食べないって分かります。
うちも妻が甲殻類アレルギーと主張しているので(少しなら
食べるのでアレルギーじゃないとふんでますが)外食の機会が
あると海老などを狙っちゃいますね。


コメントを閉じる▲
9月の連休、山口県に行きました。
かなり久々かもしれない。山口・・・・。

今、山口市内で開催されている「山口ゆめ花博」が目的です。



車でやってきて、昼前というピークな時間帯に着いたので、
ちょっぴり駐車場が心配でしたが、めちゃくちゃ広い駐車場なので、
スルッと停めることが出来ました。



ここはもともと「山口きらら博」というイベントの会場だった跡地なので
とにかく周辺を含めてだだっぴろい場所にありますw



よその地域ではわかりませんが、
わたしの住む広島県では「山口ゆめ花博」、しょっちゅうCMやってます。



なかなか賑わっております。



会場内はこんな感じ。



会期始まったばかりで、まだ花は咲き始めくらいなのかな~と予想してましたが、
もうかなり咲いてました。逆に11月までもつのか心配なくらいw

この日は前日までの涼しさはどこへやら、
30度くらいの真夏日になりまして。んもう、暑い暑い。



広い花畑の向こうに赤いチューリップが



あのあたりも会場なんです。とにかくひろーい。



それにしても、暑い。夏が戻って来たかのよう。



海に面した場所にあるので、会場内に砂浜があります。
お子様が砂遊び出来るように作られています。
その前でポーズをきめてくれた、謎のぷーさんw



会場内ではちょくちょくキツネのモチーフを見たのですが、
これもそのひとつ。
ワラで出来た巨大キツネ。前足が私の背くらいです。

なんでキツネ?と思っていたんですが、
会場内に足湯が設けてあって、そこで判明しました。
この近くに、湯田温泉っていう有名な温泉地がありまして。
そこからお湯を持ってきて足湯を作っているそうです。
この湯田温泉、キツネにまつわる伝説があるんですよね。
どうやらそれにちなんでいるみたい。

今日は日帰りなんですが、湯田温泉、行きたかったぁ~。

むかーし1度泊まったことがあるんですけど、
最近また新たに「狐の足あと」というスポットができたそうで。
足湯につかりながら、山口の地酒や地ビール、
地元の野菜や果物を使ったフレッシュジュースをいただけるらしいです。
地酒や地ビールって・・・!
素敵だけど!
素敵だけど!!
そんなのもう車で日帰りできないじゃんww
わたしの記憶にある湯田温泉とは、ずいぶん違ってきたみたい。
気になる~。

さて、こちらが「山口ゆめ花博」の目玉の一つ、



日本一高い、ブランコで~~す。



こっちは竹製のジェットコースター。

とっても気になる!・・・けど、ここはお子様たちの独壇場でしたww
そりゃ、そうだよね~~~。
これに乗るためには、整理券が必要なので、
会場に入ったらすぐゲットしておいたほうが良いですよ。

というわけで、
大人なワタシは指をくわえて見てるほかありませんでした・・・w
こういう時だけ、だれかチビッ子を貸してくれ~~~って思う・・・。

そういう意味では、
この「山口ゆめ花博」は、ファミリー層向けという感じがかなり強いかも。
花博、といいつつ、珍しい植物という面にはあまり力を注いでない感じw

大人的に、ちょっと楽しかったのは、



いろんな造園業者さんがつくった、庭の展示でしたね。
住宅展示場の庭バージョンみたいな。
ここには、夢がある~~~~。



庭にデッキがあって、囲炉裏になってたり。
いいよねーサンマとか焼きたい。

庭といってもこっちは、



カフェ仕様ってかんじ。芝生のカウンター&丸テーブル。
かわいい!癒されそう。



こちらはファンタジーに出てきそうな世界観のお庭。



こちらもまたストーリー性を感じるお庭。
奥の小屋に入ってるのは、シカ科の何かw
多肉植物が多くて、手間が少なそう。
でも素人がこれを中途半端に真似ると
ただ殺伐としただけの庭になりかねん、危険なやつ。

他にも、純和風のカッコいいお庭など、
各社の力の入ったお庭を見ることができて、そこは楽しかった。

最後に、やっぱり、大人たちに大人気だったと言えば!!
この「維新体験館」ですかね~。



見てよ、この行列w ここだけですよ、こんな行列になってんの。
山口県の人と言えば、幕末大好き。
地元・長州出身の幕末の志士のことを、めちゃくちゃリスペクトしてます。
特に今年は明治維新150年の節目の年・・・・。

でも、まさか花博にまで「維新」を推してくるとは思わなかったw さすがw

ここでは、VRなどの技術を使って
幕末長州の歴史的名場面に居合わせたかのような体験が出来たり、
歴史の偉人達と一緒に記念写真が撮れたりするそうです。

わたしは、この真夏のような暑さのなか歩き回って、
かなり消耗してしまったので、
この行列に並ぶ気力が出ず、結局、体験せずじまいで終わりましたが・・・。
気になる方は是非、入場したら直行で並んでくださいまし。


山口ゆめ花博は2018年9月14日~11月4日までです。
駐車場は心配いらないけど、人の多さに対して食べる所は少ないかも。
メインとしてお弁当か何か持参して(会場のすぐ近くに道の駅もありますし)
補助的なモノを会場内で買って食べる、みたいな感じが良いかもしれない。

詳しい事は下記リンクから移動して調べてみてね
山口ゆめ花博
維新体験館



ブログランキング・にほんブログ村へ


追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:日帰りお出かけ - ジャンル:旅行

【2018/10/05 17:13】 | 山口市
【タグ】 観光  旅行    山口  イベント  
トラックバック(0) |

Re: タイトルなし
あけぼう
へろんさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

富山のチューリップタワー、なにかで見たことあります。
あれって登れるくらい、ちゃんと建物なんですねえ。

ブランコといったらハイジですよね~~。
とんでもない加速w
やっぱりあれは夢の世界なんですね。

先日NHKの「あさイチ」で宮崎県の椎葉村にある
200メートルくらいの高さのあるブランコが出てました。
これは、ブランコそのものの高さではなくて、
位置が高い、という意味なんですけど、
スリルという面では断然こっちが恐そうで、
行ってみたくなりましたw


へろん
木々の向こうから顔を出すチューリップ。
去年行った富山県の砺波チューリップフェアにあった
チューリップタワーを思い出しました。
ここのも上へ登れるとか・・・

日本一高いブランコ! 京都や大分を上回ったですね!
こういうのってハイジのオープニングを思い出しますね。
昔、柳田理科雄氏があのアニメ通りだと
とんでもない加速になると計算していましたね。


Re: 山口県 ☆ 山口ゆめ花博に行ってきた♪
あけぼう
misachi68 さん、イラッシャーイ(*ˊᗜˋ*)ノ゙

ホントに大好きです、山口の人たちは。
何にでも絡めてくるよw
今年は記念の年でもあるし、「西郷どん」にも桂さんとか出てくるし、我々が思ってる以上に山口県と鹿児島県は激アツなことになってるんだろうねー(^^)


misachi68
わはは!花博と幕末!もう幕末の血生臭いイメージと花が似合わなさすぎるww
明治政府の主要なメンバーが長州の人ばっかりなんだと知ったので
幕末偉人好きもしょうがないなと思うけどね


コメントを閉じる▲
山口県、美祢市。
ラストは、秋芳洞のあった美祢市に戻ってきました。



周辺はホント、のどかな田舎です。

別府弁天池 (1)

無料の駐車場があるので、まずはそこに車を止めて。
徒歩ですぐです。

別府弁天池 (2)
≪別府弁天池とは何ぞや?という方はクリック≫
長者いったい何者・・・?
以来千百余年てことは、平安時代ごろ?の話ってことでしょうかね。
色々なドラマが、より合わさってシンプル化したような感じのエピソードですね。

神様の霊験あらたかな湧き水・・・それがこの池でございます。
ちょっと雨がまた降り始めちゃってますけど・・・どうぞ 
観光スポットになるのもわかります。
すっごくきれいな池。

別府弁天池 (4)

飲料水だから、絶対に水の中に入らないでください、とありました。

別府弁天池 (7)

こちらの神社にも、参拝しておきました。
銀杏がね~(;´∀`)
もう足元に、そこらじゅうに落ちてて。
においがえらいことになってました。
いつもより、雑念の多い参拝でした(笑)
ご朱印はなし。

別府弁天池 (8)

だんだん、雨足が強くなってきました。
この池の水を見ていると、なんだか立ち去り難いなあ。
見れば見るほど不思議な色合いです。
見る方向とか、場所とか、天気でも色合いが微妙に違って見えるし。

別府弁天池 (9)

もちろん、名水百選ですとも。
近くの売店でペットボトルを売ってるので、お水ゲットして帰りました☆
美味しいお水でした、味はなんていうのかな~懐かしい感じ(笑)
うーん。お水の味って説明しづらいなw

さて、今回の山口旅行はこんな感じでおしまいです。
1泊2日、ずっと雨が降ったりやんだり(笑)
うーん、天気には恵まれなかったけど前から言ってみたかったところばかりを巡ることができたので、自分としては大満足です。ブログ記事には詳しく書かなかったけど、宿泊先は「ホテル楊貴館」というところで、油谷湾を見ながら温泉にもつかることができたし(ツルツルになるお湯でした!)、食事もおいしかったし。

次は、津和野に行きたいなー…。
あーでも夏の晴れた日に角島にはもう一度来たいな~~。
萩も、もう昔行った時の記憶なくなってきてるから、そろそろ行きたいし(笑)
また計画立てて行こうと思います☆

別府弁天池 (3)

ブログランキング・にほんブログ村へ
油谷湾(ゆやわん)…声に出して読みたい日本語(地名)…。


追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

【2014/11/22 12:55】 | 美祢市
【タグ】 山口県  美祢市  
トラックバック(0) |


あけぼう
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そう、久々すぎて前に出たの何だったか忘れてましたw
そして「つ」だけは思い出したんだけども。
でも「ゆやわん」良いでしょ、「ゆやわん」。
声に出して読みたい日本語(地名)は、いくつか集まったらまとめたいなぁと思いつつ、多分また忘れていって、グダグダになるんだろうなw(←予言)


玉坂めぐる 
ひさびさ。声に出して読みたい日本語(地名)…。
(^^)前に出てきたのはなんだっけ。
あ・・・つ! だったかな(^。^)つ!

名水と温泉と、水分がいい感じの旅はいいなあ。
 


あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

ゆやわん、なんか可愛くないですか?
あけぼうの中でイチオシなんですよwww
今回は立ち寄らなかったので触れませんでしたけど、このあたりに「実は楊貴妃が逃げのびてきた」的伝説が残っているらしく。中国風のお寺もあるらしいんですよ~。また行くときのために、残しておきました(゚∀゚)☆


misachi68
不思議な色ですね(*´ω`*) ウットリ…
水の色を見るためだけにでも行きたいかも!!

ゆやわん・・・って声に出して言ってみたw

コメントを閉じる▲
山口県、長門市に来ております。
2日目。青海島。つづきです。

昨日、長門市(と、角島など一部、下関市)を車で走りながら、ずっと思っていたんですけど。
山道を通っても、海沿いを通っても、あちこちにこの黄色い花がたくさん咲いてるんですよねー。

青海島自然公園 (1)

ツワブキ。
木々の間のちょっと暗いところに咲いているので、黄色がパッと明るく目立つ☆
山口県は、ガードレールも夏みかん(山口県の花でもある)を意識して黄色く塗られているし、あけぼうの中で、「黄色」なイメージが定着してきたなー。

青海島自然公園 (2)

ここは、青海島の自然公園です。
海上アルプスとも呼ばれて、国の名勝に指定されている場所でもありまーす。
いまから、その絶景を見るため、遊歩道に入っていきたいと思います。

青海島自然公園 (3)

暖地性植物の北限地と書いてありました。
いや~、実は青海島に来て初めて知ったんですけど、ここに夏みかんの原樹があるんだそうです。
遠方の人はピンと来ないかもしれませんが、山口といえば、夏みかん。
県内のガードレールもオレンジ色にするくらいです。
その夏みかんのメッカといえば、萩市です。
夏みかんの丸漬(=お菓子)は、萩のお土産の定番です。
確かに・・・青海島、近いっちゃ、近い。
今まで、広島のレモンとか、愛媛のみかん、高知の柚子、徳島のかぼす・・・中四国地方の柑橘類なんて、実際のところ、名産品の棲み分けみたいなもんで、大した根拠などない、と思っていた・・・(;^ω^) 
そんなちゃんとした(?)フルーツだったのかあ。
ちょっと興味が出たんで、ウィキペディア先生に尋ねてみたところ、こんな感じでした。

江戸時代中期、黒潮に乗って南方から、山口県長門市仙崎大日比(青海島)に漂着した文旦系の柑橘の種を地元に住む西本於長が播き育てたのが起源とされる この原木は現存(ただし原木部分は根のみで、上部は接ぎ木されたもの)し、史跡及び天然記念物に指定されている


名もしら~ぬ~~~とお~きしーまーより~~♪
な~がれよ~る、文旦ひーとーつー♪

( ゚д゚)ウム、ドラマやね。
暖地性植物の北限地。
植物学的な目線でも面白い島なのかもしれませんな・・・。

青海島自然公園 (4)

ここはスキューバダイビングのスポットとしても人気があるそうです。
実際、ウェットスーツ着た人、何人か見ましたし。
キャンプ場もありましたから、夏は人が多いのかもしれない。
基本的には漁師さんの島だから、潜れる場所は限定されてるみたいですが。

青海島自然公園 (5)

よし、どんどん行こう。

青海島自然公園 (6)

遊歩道はこんな感じで、きれいに整備されています。
もうちょっと緑が多い印象だったんだけど、写真で見ると茶色っぽいな~(残念)

青海島自然公園 (7)

ところどころに、展望スペースみたいな、ベンチが置いてある広いスペースがあって、そこからだと視界が開けていい感じ。
これが、海上アルプスといわれる、奇岩が浮かぶ景観です。

青海島自然公園 (8)

海も澄んでて、きれい。
島の対岸にある仙崎港から、このあたりを見学する遊覧船も出てるそうです。
夏とか良さそう。爽やかかも。

青海島自然公園 (9)

目立った岩には、様々なものに見立てられた「名前」がついてます。
でもごめん、もうあまり覚えてない(;^ω^A

青海島自然公園 (10)

この遊歩道歩くの、すごく楽しいです。
基本的に高いところが好き、っていうのもあるけどw
景色ももちろん素晴らしいし、道が上ったり下りたり、階段があったりして、メリハリがあるんですよね。それに、ところどころ、景観の説明や植物の名前が付けてあったりして、飽きずに歩けるのがグー。

青海島自然公園 (11)

例のツワブキもこんな感じで咲いてるし。
遊歩道は、さらに歩く長いコースと、そこそこで終わるコースとありますが、今回は短いコースで終了といたしました。それでも結構歩いたよ。
この、長いコースと短いコースの分かれ道が、わかりにくいというか混乱を呼びそうな感じだったんですけど、そのあたりは駐車場のおじさんが(←このおじさんがまた、キャラ濃かった・・・w) 遊歩道に入る前に、親切に教えてくれます。目印とか。

いや~海上アルプス、歩いてて気持ちよかったです♪

青海島自然公園 (12)

では、青海島から、撤収で~す。
車を出したら、雨がふってきました。
歩いてるときに降ってこなくてラッキーでした。

先ほどもチラッと書きましたが、橋を渡った対岸は「仙崎」という港町です。
ここは実は、金子みすゞさんの出身地でもあるそうで、彼女がらみの観光名所もいっぱいなんですが・・・ごめん、なんかみすゞさんは、いまだにちょっと3.11当時を思い出して憂欝になっちゃうんだよね。みすゞさんに罪はないのにね。全部ACのせいだよ。

とうわけで、観光はしませんが・・・、漁港ときたら海産物ですよ!
仙崎はイカやアジなども有名で、実際お土産売り場でも、すごい推してるんですけど・・・

ランチで食べたのはこのあたりの名産、うに!です☆

蜀咏悄 2014-11-02 20 53 53

釜めしの「浜屋」さんで、うに釜めしを頂きました。
釜めしの上に、生のうにがドーンと乗っかっております。
まずは生うにだけ食べても良し、ご飯と一緒に食べるもよし、混ぜ込むもよし。
美味しかったっす!!
久しぶりに、まともにガッツリ食べた気がする、うに。

満足じゃ~~・:*:・(*´∀`*)ウットリ・:*:・

では次へ向かいます。ラスト~。


ブログランキング・にほんブログ村へ


追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

【2014/11/21 17:15】 | 長門市
【タグ】 山口県  長門市  
トラックバック(0) |


あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

ベトナムのハロン湾みたいな景観でしたよ~。
観光船から見上げたほうがよりハロン湾だったかも☆




misachi68
海上アルプスって名前がすごいですね。
いい眺めだ〜〜(*´ω`*) ウットリ…


コメントを閉じる▲