FC2ブログ
おでかけブログ。ご朱印を集めてます。その他、日々のふしぎや、おバカな出来事・読書感想などを、つらつらと。
前回まで、真冬の2月に京都へ行ってきた旅の話にお付き合いいただいてありがとうございます。

今回はその旅でどんなお土産を買って帰ったかって記事になります。
1泊2日ということもあって、
1日目はなるべくかさばる物を買わないように努めました。
だって重くてシンドイ羽目になるのは目に見えてましたしね(;´∀`)

過去、なんどか京都へ来ては、ダシ巻きを買って帰れなかった個人的未練を
ここぞとばかりに解消してやる!とばかりに
ネギ入りのダシ巻きとシンプルなダシ巻きと両方買ったよ。



わたしは個人的にはネギの無い方が好きだわ。
ちなみに左にちょこっと写ってるのは中村藤吉本店さんのチョコレートです。
宇治でこちらのカフェに入ろうとしたんだけど、
あまりに大勢並んだ行列を見て、心折れたんで、チョコレートだけ。
抹茶チョコよりほうじ茶チョコのほうが好き。甘い抹茶が苦手だから。



こちらは赤尾屋さんのごま大根の漬物。ピリ辛なの。
京都の漬物は必ず買うことにしていて、なるべく目新しいものを探す。



宇治で飲んだ抹茶エスプレッソが美味しかったので
伊藤久右衛門さんのお店で粉末のエスプレッソとカプチーノをそれぞれ購入。



さすがに宇治のお店で飲んだやつほどのパンチはなかったけど
いわゆる市販の似たような商品よりお茶の味が濃いように感じました。
美味しい!



なんとなく宇宙風味に写真をデコってしまいましたが
京都大学博物館のミュージアムショップで買った南部鉄の土偶。

実はこれ、前にもどこかで売ってるのを見たことがあるんですけど、
その時は買わずにいたのに、今回は旅の高揚感で買っちゃった・・・☆
(京大グッズとか買わんかったんかい、と突っ込まれそうですが…)

南部鉄瓶でお湯を沸かすと、鉄分がお湯に少しだけ溶けだして、
鉄分を含んだまろやかなお湯になるらしいんですが、
フツーのやかんでお湯を沸かす時に、これを入れておくと同じ効果になるという。
しかも土偶だし。小さいくせに鉄だからめっちゃ重いけどw 買いw


  

今はなきフォーエバー現代美術館祇園 で買ったお土産
左の水玉かぼちゃの和菓子と、右のカステラ。
和菓子は抹茶エスプレッソと。
カステラはコーヒーと合う。合うにきまってる

こうして振り返ると、もう祇園なんて随分前のように感じるw
食べながら、いろいろ現地での雰囲気を思い出したりして
2度おいしい、みたいな感じです(^.^)

充実した旅、充実したお土産で、大満足です。

おわり☆



ブログランキング・にほんブログ村へ


追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

【2019/06/06 18:25】 | 京都
【タグ】 京都  旅行  観光  お土産  買物  
トラックバック(0) |

Re: No title
あけぼう
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

土偶お気に召しちゃいましたかw
うふふうふふ(←チコちゃん笑い)

今は麦茶を作るとき、大きなやかんに入れてるんですが、
うちのやかんはだいぶ年季が入ってて内側が黒いので
中がどうなっているのか、
ふたを開けてもよく分かんないんですよ。

今は、透明なやかんが欲しいですw
んで、土偶のまわりに泡がポコポコして、
お茶パックがふわふわ回ってる様を眺めたいです・・・w

No title
玉坂めぐる 
ああああああ!
土偶土偶!
欲しいなあ!

ああああ、まんまとうらやましい!

Re: No title
あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

ありがとうございます(≧∀≦)うれし~!

ダシ巻きは世間一般的に有名かどうかは分かんないけど
よくデパートの催しで、北海道展とかやってるじゃん?
ああいう催しで関西とか京都がテーマの時に行くと、
有名料亭さんがダシ巻きを売ってたりするよ~。
やっぱりダシ文化だけあって美味しいのよね。

なので勝手に「京都に行ったらダシ巻き買いたい!」って
わたしの中では定番になってるw
舌触りなめらかでプルンプルンしてて、
食べたらダシの味がじゅわ~・・・です♪


No title
misachi68
おお〜〜いいないいな!
あけぼうさんの旅はいつもお土産のセンスがいいわぁ(*´∀`*)
土偶の南部鉄うらやましい(๑˃́ꇴ˂̀๑)
貧血対策に南部鉄器欲しいなと思ってたんだよ。
土偶素敵すぎる。

だし巻きが有名っていうのは知らなかった。
美味しそう。


コメントを閉じる▲
宇治観光も大体終わりました。
あとは、お土産を買って帰るだけなんだけど、疲れたのでお茶にしたい。



有名どころのお店は、カフェが大混雑でどこも行列だったので、
すぐにあきらめてw



茶農園さんがやってるというカフェに入りました。



目の覚めるような緑色の、抹茶エスプレッソ。
抹茶をエスプレッソにしていただくという、おシャンな飲みもの。

飲む。

は~~~~~

この身体に染みわたる感覚、

昔、お茶は薬扱いだったって聞いたことあるけど、分かるかも。
抹茶をさらに濃くしたみたいな、お茶の自然の味を凝縮した苦味で、
疲れた身体と脳みそに喝が入りました。美味しかった!
わたしは好き。また飲みたい。

宇治は初めて訪れたけど、ゆったりして観光しやすかった。
すべて徒歩圏内で回れるのも良かったし。
寒いうえに雨が降ってきた時はちょっとつらかったけど(笑)
人が多いのが年々苦手になってきてるから
天気さえよかったら、
正直オフシーズンの2月くらいがむしろ快適だと思った。

ていうか、京都市内もそうかも。
同じオフシーズンでも8月と2月だったら、2月を強く推すね、わたしは。
(流行りのかき氷とか食べたい人には申し訳ないけど)

【メリット】
 人が比較的少ない・宿が取りやすい
 防寒は必須だけど、どうせ歩くからそんなに辛くない(でも雨はつらかったw)
【デメリット】
 オフシーズンゆえに工事中(改装・修復)のところがちょくちょくある

今回は1日目は美術館&博物館をメインに、
2日目は宇治をメインで回ってみました。我ながら良い配分だったわ。
いろいろまた、気になる事、知りたいことが出てきて、
関連書籍を探したりして良い循環ができてきてます。

そうしているうちに、また京都へ行きたくなるんだろーな~。
沼だね、沼・・・w
まだ行ってない美術館もたくさんあるんだよね。


長くなってしまったので、ここまでにして
次回こそお土産で今回の旅を振り返りたいと思います。ごめんね!

ブログランキング・にほんブログ村へ


追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

【2019/06/05 17:47】 | 京都
【タグ】 京都  旅行  観光  日記  
トラックバック(0) |

Re: No title
あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

わたしのような田舎者には宇治くらいが落ち着きますw
ちょこちょこ行くのもいいですよね。
わたしもまたさらに行きたいところが増えつつあって、
困っておりますw

No title
misachi68
いいなぁ京都。
じっくり時間を取って回るのは
まだきっと先なんだろうけど、
日帰りで行ける距離なので
時間を作って何度でも行きたい。
あけぼうさんの記事を見ては、また行きたいところが増えちゃう。
宇治いいですね。


コメントを閉じる▲
宇治・平等院に来ておりました。



前回まで。

ここを出て、すこし駅の方へ戻って行きます。



マンホールには宇治橋が。宇治のシンボルなんですね。

で、その宇治橋とも縁の深い、深すぎるお方が祀られているのが、



こちら、橋姫をご祭神として祀る、橋姫神社です。
早速参拝・・・・(。-人-。) 



もともとご祭神は瀬織津比咩(せおりつひめ)という
水の穢れを祓ってくださる女神さま。

瀬織津比咩(せおりつひめ)は、神道の祝詞には出てくるのに、
古事記・日本書紀には登場しないという謎めいた女神さま。

のちに、橋姫=瀬織津比咩として同一視するようになったとのこと。

橋姫さまは、
ある時は嫉妬に狂って鬼と化した狂女、
またある時は橋を守る水の女神と、とても多面的なお方ですよね。



境内には住吉神社もありました。
住吉さんも、水運とか水の神様ですから、
いかに宇治川&宇治橋のことを、昔の人が重要視していたか
ってことですよね~。

あらためて宇治川を古地図で見てみると、
琵琶湖の瀬田川から始まって南に流れていき、
やがて宇治に到達すると宇治橋を過ぎてすぐ巨椋池に注いでいく。

そう、忘れていたけど、
巨椋池という幻の巨大な池が、この辺りにはあったらしいんですよ。
いまも地名には残ってます。
地元民でなくとも高速のICの名前とかで知ってる。知ってたw
しまった。今の今まで忘れてましたw

巨椋池には桂川や淀川や木津川も接続してるから、
もしかして京都からも奈良からも船でスイスイ~ッと来れちゃう?
そして大阪へもスイスイ~ッと行けちゃう?
もしそうなら、すごいアクセスの良さ。便利~そりゃ重視するわ~。

そうか。そう考えると、
源氏物語(宇治十帖)のイメージもわたしのなかで少し変わるなあ。
途中から船が使えるんなら、
今まで想像していたよりかは、都と近い感覚になるなあ。
あるいは都から陸路だとしても、横目に見えてるのは、
広大な湖のような池で、ポコポコ小島も浮かんでる・・・そんな景色。

「あさきゆめみし」にそんなでっかい池の場面ありましたっけ?
昔むかしに読んだっきりだからすっかり忘れたけど、
竹ヤブみたいなワビしい道を歩いてるような印象しかないんだよね。

よく考えたら宇治神社にも境内に住吉社がありましたしね。
それも水上交通安全の意味なんだな。
当時は「目の前は池!」ってくらいの場所かもね。あのへん。
宇治神社は菟道稚郎子が住まう離宮だったという話もあったけど、
お父さんの応神天皇の都が奈良のほうで、
その後、兄さんが今の大阪の難波あたりに都を構えたことを考えたら
なかなか面白い・・・味わい深い位置なのかも・・・ふーん。

・・・。


え~~~~っ
池があったと仮定した目で、
もう一回、イチから観光をやり直したくなってきた・・・(笑)

さあ、宇治観光もだいたい終了です。
あとは、買い物をして帰るだけです。
次回はお土産。
ではでは。(つづく)


ブログランキング・にほんブログ村へ 




追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:神社・仏閣巡り - ジャンル:旅行

【2019/06/03 08:30】 | 京都
【タグ】 観光  旅行  神社  京都  
トラックバック(0) |

Re: おはよーございます
あけぼう
小々次郎さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

たしかにやる気の無さは感じるかも(;´∀`)
御朱印、もらえませんでしたしねえ。
あ、でも缶バッチはわたしも見たw 
キャラ化しちゃって大丈夫?とは思いました・・・w

もっと寂れきった過疎の神社とかを鳥取や島根で見てるせいか、
正直そのことよりも、
こんな至近距離の向かい合わせで、住吉さんを祀ってることにビックリしました。
だって、男性の神様ですよね・・・住吉さん・・・。
こんな面と向かって・・・なんかドキドキしましたww

おはよーございます
小々次郎
橋姫=瀬織津比咩として同一視するようになったとのこと。

そうなんですね なんか瀬織津比咩さんを気の毒に思います 自分もここ(橋姫神社)に行きましたけど 祀られてるのは嫉妬の塊の方じゃないなと現場で思ったですけどね  瀬織津比咩さんどころか この神社には誰もいないんじゃないかなと思えるくらいやる気なさを感じました でも嫉妬の塊の方の缶バッチを売ってましたね 

コメントを閉じる▲
宇治市・平等院鳳凰堂に来ております。
前回からの続きです。



鳳翔館を出て、ちょうど鳳凰堂の裏側を歩いてます。

中国人らしきおじさん達が、建物を見ながらなんだかんだと話し合ってました。
中国の人って、京都のまちなみに唐時代の名残を感じるらしいので、
ここでも中国のあれに似てる~とか、何かの建物との比較とか、
そんな感想を話し合ってたのかな~って思いながら通り過ぎたんですが。



その鳳凰堂の、正面から見て裏側に立っているのが、
平等院の塔頭(たっちゅう)、浄土院の建物です。



浄土宗の栄久上人が建てたものなんだとか。



その横には、源頼政の墓がありました。
「以仁王の令旨」によって平氏打倒のため挙兵したけど、結局追い詰められ、
平等院で辞世の句を残して自刃されたそうです。

ちなみに、源頼政さんは
宮中で妖怪・鵺(ぬえ)を退治したことでも、ちょっと有名。
わたしのなかでは、どっちかっていうと、この鵺(ぬえ)退治の件で有名w
(かつてNHK大河ドラマ「平清盛」では、源頼政さんを
 宇梶さんが演じてたらしいんだけど、かすかな記憶程度・・・



こちらはもう一つの塔頭で「最勝院」の中にある不動院。
カップルがお参りしている左の所で御朱印を頂けるみたいなんですが
あいにくご不在でして、頂く事はできませんでした。



さて、一周回ってようやく鳳凰堂の正面に。
これぞ平等院!! ってかんじですよね~。

いや~・・・

それにしても・・・

なんでわたしったら、この時に限って

10円玉持ってなかった んだろ・・・



外国人観光客でさえ、10円玉と一緒に撮ってたのに。
我ながら信じらんない。ちょうど無くなってた。残念過ぎ。

気を取り直して、上の写真、ズームすると、



真ん中に、仏様のお顔が見える。
この鳳凰堂の建物内部への入場は有料になっていて、20分ごとに各回50名の定員。



拝観料を支払う際に時間を言い渡されるので、
指示に従ってその時間に集合場所へ行くと、
さすがに世界遺産だけあって、半数以上が外国人だった(笑)
とはいっても、マナーの悪い人は一人もいなかったよ。

fc2blog_201906051700585da.jpg

前もって鳳翔館で創建当時の極彩色な内部のようすを見ておいたのは
やっぱり大正解。

阿弥陀如来坐像だったり、天蓋などの立体的なものに関しては、
たとえ金箔が剥げていても、造形をみるものだだから
全然問題ないんだけど、

壁画に関しては、内部が薄暗いこともあって、
説明されないと何が描いてあるのかよく分からなかったりする。

それだけ歴史が古いって事だし、
理屈としては「そういうもんだ」って分かっているけど、
ちょっと残念な気持ちになってしまうからねえ(;´∀`)

創建時の状態を頭に入れておいて、脳内で補完しながら見ないと。

それに、
ちょうどこの時は工事中だったので、内部に足場も組まれていて、
本当に、いろいろな意味で見えにくかった。

わたしなんて、また来ようと思えば来れるから良いけど、
わざわざやってきた外国人さんにとっては、
これはちょっと気の毒かも。・・・って思った。

まあ、そのための「鳳翔館」ではあるんだけど、
たとえばフランスのラスコー洞窟の壁画なんかは保存の観点から、
洞窟壁画の完全コピーを別に作って観光客に見せてるって話じゃん。
(岩の凹凸も完璧に再現してるらしいよ・・・)

研究したり、後世に保存して残すってことと、
皆に、過去、こういうものがあったんだよ~って見せて知らせるってことと、
別々に考えてるんだろうね。
世界遺産でそこまでやるところ、日本にはないんじゃない?

この際、丸々プロジェクションマッピングやらVRなんかを駆使して
鳳凰堂内を、立体感も含めて
世界を完全再現した場所を別に作っちゃうとかどうかな?

ゴーグルをつけて、中に入ると、
そこは極彩色に彩られまるで万華鏡の中にいるよう。
そして、ピカピカの仏様・・・遠くには美しいファンタジックな景色・・・
インドのような、バリ島のような・・・中国っぽさも入った、
独特なオリエンタルな音色の調べが流れ始め・・・
気付くと、空中供養菩薩がふわふわと自在に飛び交っている・・・
いいじゃんいいじゃん。これやってほしい(笑)
せっかく来て、こんなもんかぁって思われるのも癪だしさ。
ここで楽しんで、ポジティブな思い出を持って帰ってくれれば。
ホンモノのお堂のほうは、しっかり保存していただいて、
本当に拝みたい人だけで良いってことにして・・・。

ま、妄想はここまでにしておいて。
未使用の御朱印帳がたくさんあるから
最近は、なるべく買わない方針で来てたけど・・・



数種類ある御朱印帳から、鳳凰デザインをゲット。
平等院の建物がデザインされてる御朱印帳と、かなり迷った~。

     

御朱印♪

鳳翔館で購入したもの。
(ミュージアムショップ兼授与所のようになっている)



fc2blog_2019060517005074b.jpg
絵馬のような形のお守り。

fc2blog_201906051700485cd.jpg
ハンカチ。本来のお堂の中はこれくらい極彩色。

fc2blog_201906051700548d8.jpg
ストラップ。シュッとして良いかんじ。

fc2blog_201906051700554da.jpg
これまた極彩色の模様を折り紙にしたもの。
毎年お盆の精霊流しで、うちは海へ流す「極楽丸」を作るのだけど、
それに使ったら素敵ではないか、と思って購入。

fc2blog_201906051700578b7.jpg
大判のハンカチ。いや、小判のふろしきなのか?
渋い色合いですが、お弁当を包むのに使っております。




ブログランキング・にほんブログ村へ


追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

【2019/05/31 17:11】 | 京都
【タグ】  観光  旅行    京都  
トラックバック(0) |

Re: 京都 ★ 22 平等院2
あけぼう
へろんさん、イラッシャーイ٩(^‿^)۶

いや〜もう、絶対にリストに入れるべきですよね!

神社仏閣巡りをしてると、やたらに小銭が無くなりますよね。10円玉なんていつでも財布にあると思って、こんな初歩的なミスを…w
今はもう、参拝用の小銭ガマ口財布を用意したので大丈夫です(^-^)v
もっと前からこうしていれば良かったσ(^_^;)

Re: 京都 ★ 22 平等院2
あけぼう
進学塾アルファ狭山校さん、イラッシャーイ٩(^‿^)۶

そうそう、姫路城にそういうのがあるって聞いた事があります!城内を歩きながらお侍さんとすれ違ったりできたら、楽しいだろーな〜。ちょっとお役所感ありますもんね、姫路城w
思うに、ちびっ子でもわかるように、五感で分かりやすいようにしたものが、結局、言葉の通じにくい外国人にも良いのでは。多言語に対応とかも大切だけど、人手不足の日本では、なかなか難しそうですしね。(^^)



No title
へろん
こんにちは、
鳳凰堂、私も数年前に行きましたので懐かしいですね。
当時はまだ御朱印も知らなかったですし、また行ってみたいものです。
それにしても、10円玉は宇治観光の必須アイテムとして観光本にもリストに入れておいてもらう必要がありますね(^^)


こんばんは!
進学塾アルファ狭山校
こんばんは!鳳凰堂にはしばらく行っていないので、旅行気分を味わうことができて嬉しいです。ありがとうございます!VR構想を聞いて、姫路城に行った際にスマホを使ってARで説明を聞けたりしたのが中々面白かったのを思い出しました。せっかくの素晴らしい文化財が、がっかり観光スポットになってしまうのは悲しいですから色々な方法で楽しめるようにするのは良いと思います!

Re: 京都 ★ 22 平等院2
あけぼう
misachi68さん、イラッシャーイ٩(^‿^)۶

まあそれにともなう費用のことは、
一切考えてないんだけどねσ(^_^;)えへへ

今はないお城とかは特にやって欲しいなあ。
安土城とか絶対やって欲しいよね!
あと、失われた風景とかさ〜。

そういう「体験」が出来れば、
天気悪いとか、修復工事中だとか、ガッカリ要素があったとしても、ある程度の満足感が保たれると思うんだよね。



Re: 京都 ★ 22 平等院2
あけぼう
ViVid Mr.Kさん、イラッシャーイ٩(^‿^)۶

コメントありがとうございます!
そっかあ、頼政さんの墓参りが第1目的っていう方もいらっしゃるんですね。立派な墓でしたよね。
ちなみに、わたしもよく、ツアーガイドさんの説明を、耳をダンボにして聞いたりします。上手い人のはついつい聞いちゃいます(^^)

No title
misachi68
VRで再現するの大賛成です!!
それだと未来では消失してしまったお城とかお寺も神社も
復活できるんじゃないですかね。
VRで予習して、ナマで見れるときに体感するっていうのも
より感動的でいいかもしんない。

No title
ViVid Mr.K
こんにちは。。。
その昔、「源三位頼政の墓(扇の芝)」へ参るためだけに、平等院を訪れた(修学旅行除いて)を訪れたことを思い出しました。。。
その際に、バスツアーに紛れて平等院の説明を聞いていました(笑)
懐かしく思い出させていただきました。。。
それでは。。。

コメントを閉じる▲
宇治市。
有名な平等院にやってきました~。



相変わらず、雨が降っておりまーす(ToT)/
傘はもってませーん・゚・(つД`)・゚・ヨヨヨ



ここが門。気を付けないと、服に赤い色がついちゃうことがあるそうです。
しかし平等院の門ってこんなかんじなんだ。
今更ながら、例の有名なあの建物以外、
自分が何も知らない事に気づく。



平等院って、鳳凰堂のイメージはすごいけど。
境内がどうなっているのかって、意外と知られて無いと思いません?



門をくぐったら、こんな感じの境内なんですよ~。
広くて、松が植えられていて、ちょっと公園っぽい印象。
こんなふうに、藤園?みたいなのもある。
なにしろこの日は真冬で、花は全く咲いてないから気付かなかったけど
他にもいろいろ植えてあるのかもしれない。
まわりに高いビルが全くない点が、京都市内の神社仏閣との大きな違い。
空が広いw



で、見えてきた見えてきた!池の向こうに見えてきました!
鳳凰堂~~~~
池を挟んで正面は、さすがに写真を撮ろうとする観光客でいっぱい。
中国とかタイ?とか、アジアの人が多い。

正面の良い位置から写真を撮りたかったから、しばらく待ったんですが、
なかなか空かないし寒いし、待ちきれないから、
まずは併設のミュージアム「鳳翔館」へ先に行こうという事になりました。



途中に梵鐘が。ぐるりと鐘に刻まれた絵を撮る。
(しかし写真だとなにがなんだか分かりませんね

でも、これって今から行くミュージアムに展示があって、
もっと至近距離で見られるので、
ここではさらっと流して見とくか、
ミュージアムで展示を見てから、改めてじっくり鑑賞したほうが良かったかも。



入口はこんなふうにさりげないので、注意して下さい(笑)

館内は写真不可なので、ここまでしかないけど、立派な施設でした~。

実際の「鳳凰堂」の中央部には阿弥陀如来坐像がありまして、
その仏像を囲む、天蓋から壁画・柱まで豪華絢爛に作られています。

とはいえ、今現在はすっかり渋い風情になり、
色あせたり経年劣化してるわけですが、
この館内では創建当時の色彩を再現したものを見ることができます。
まぁ鮮やかですよ~。
ほおお~と思ったし、

その壁画に浮かぶように配置された雲中供養菩薩像
本来なら見上げるような壁の髙い所にあるんですが、
ここの展示なら目の前で細かいところまで見ることが可能。
以前、京都国立博物館で行われた「国宝展」でも一部展示されてましたが
ここなら常に複数見ることができる。

このあと、実際の鳳凰堂内部も見学するんだけど、
実物の壁画は、かなり色があせているし、
雲中供養菩薩像も、角度があるだけに、どうしても見づらいので、
どうせなら先にこちらを見ておいたほうが、
「鳳翔館で見たあれが、あそこにあるのね~」と
イメージ出来ていいんじゃないかな~と思います。
わたしは先に見ておいて良かったって思ったよ。


つづく。
ブログランキング・にほんブログ村へ


追記を閉じる▲

【2019/05/27 06:39】 | 京都
【タグ】 観光  旅行  ご朱印    京都  日記  
トラックバック(0) |

Re: 京都 ★ 21 平等院
あけぼう
玉さん、イラッシャーイ٩(^‿^)۶

楽しいですよね、雲中供養菩薩像たち。
あれはもうファンタジーの世界というか。
あの楽器、かなり謎なやつもありましたよね。
実在する楽器と想像上の楽器が混在してるのか、
そのあたりも知りたいところ。

もし、過去に実在or類似のものがある楽器なら、
楽器だけでも触ってみたり、
音を聴いたりできたら良いよね。
そんで、雲中供養菩薩像オーケストラの音楽を作るとか楽しそう(^^)



玉坂めぐる 
私も、鳳翔館を先に見ました。
極楽の世界。雲中供養菩薩像、楽しいんだよね。雲に乗った天人がいっぱいいるんだけど(^へ^)多くに人がいろんな楽器を持っていて、一つだけ大きめの太鼓をたたいてる天人が、太鼓ののった雲と自分の乗ってる雲が分かれてて、
ドンってやったら太鼓があっちに行っちゃうなあって感じのを見つけました。
平安時代の職人のギャグじゃないかなと勝手に思っています。(^0^)


Re: タイトルなし
あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そうなんだよね鳳凰堂のイメージが強すぎて、
他のこと全然知らなかったりするよね。
ミュージアムはお勉強もできるし、
なんだろ、美術館的なかんじでもあるよ。



misachi68
なるほど、平等院鳳凰堂って、平等院の中に鳳凰堂があるんだね。平等院のこと知らんなぁ。ちょっとググってみた・・・

梵鐘の絵のデザイン凝ってる感じだね。
きっとストーリーが詰まってるんだろうね。

ミュージアムがあってお勉強もさせてくれるんだね。
さすが世界遺産だ。


コメントを閉じる▲