おでかけブログ。その他、日々のおバカな出来事・読書感想などを、つらつらと。
そういうわけで、帰る時刻となりました。
ここまで長かったですが、なんと日帰りなんです(笑)

いやはや、暑いさなか、朝から六道珍皇寺に始まり、六波羅蜜寺、えびす神社、建仁寺、清水寺、高台寺、その他もろもろ・・・と、よく回りましたよ(・∀・) 疲れました。

最後に京都駅を探検です。上の方まであがってきました。

17 駅 


色々批判もあった京都駅ですけど、すっかり定着した感がありますね。もう。
いまだに慣れなくて、駅構内で毎回迷ってます(笑)

8 駅 

夕日があたってキレイだなぁと思いました。パチリ
駅の両端を渡す長い渡り廊下があって、景色が良いので歩いてみました。

9 駅 

なが~~い(笑) 我々のほかは2組くらいしか歩いてませんでしたよ。 

10 駅  

到着した時は見上げて撮った京都タワーも同じくらいの目線です。
そして、なにげにビアガーデンをやっている・・・。屋上で!屋上で!!
ちょっとちょっとぉ~。かなり気になるんですけど・・・(;゚∀゚)=3ムッハー

12 駅 

ここから、京都のいろいろなものが見られます。清水寺は右側の端っこですね。
特に、お盆のクライマックス行事・大文字焼もここから一望することができるようです。
特等席だけに、抽選で入れる人を限定しているみたいですよ。
(いつの間に応募を受け付けていたんだろう・・・?知らなかったよ~)

11 駅 

ちなみに、見下ろすとこんなかんじ。駅前のバス乗り場です。

 


14 屋上庭園 

京都駅の左右は屋上庭園のようになっていて、人で賑わってます。
こんなに緑があると、確かにのんびりできそうです。
若い人たちが階段に座っておしゃべりしていたり、憩いの場みたいになってます。

7 屋上庭園 

ホテルにつながっていたり、百貨店につながっているのは、いろんな駅がそうですが、ここはとくに境目がゆる~い感じがします。

駅探検を終わって、新幹線乗り場に向かいます。
新幹線はすごい人で、自由席は1~3号車しかないうえに、指定席も満員でした。
指定席が満員だなんてビックリでしたよ。
運よく座ることが出来たのはラッキーでした・・・。本当にへとへとでしたから(笑)
夏の京都、やっぱりナメたらいけませんな。

はいいけど・・・どこもスゴイ人で時間がかかりまくり・・・。
は煮えてるwww
はこれまた紅葉見物ですごい人で時間かかりまくり・・・。
は嵐山の花灯路に行ったことがあるんですが、死にそうに寒かったです・・・。

春夏秋冬、体力の要る京都ですw
次はいつの時期に行きましょう?(←懲りてないw)

夏、京都のお出かけ旅、おわりです。


関係ないけど一つ、心残りが・・・
今回、お土産は西利の漬物(しば漬けと長いも)を購入したのですが、
あとから思い出して悔やんだお菓子があります。

その名も「清浄歓喜団」・・・。
あーっ、何で八坂神社の前のバス停でバスを待ってた時に思い出さなかったんだろう・・・。次の宿題だーっ。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログへ
ポチッと押していただけると小躍りします☆


追記を閉じる▲
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

【2011/08/29 20:47】 | お盆
トラックバック(0) |


あけぼう
松村さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

おお、是非次に京都へ行かれたとき、お買い求めあれ☆
名古屋から岡山まではかなり時間があるでしょう。
そりゃ、キツイ。
あけぼうなんて、今回ももし座れなかったら新大阪で「こだま」に
乗り換えちゃおうかなとまで考えましたもん。


あけぼう
きぼう丸さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そうなんです。ここからの景色だとリアル碁盤の目が楽しめます☆是非是非っ。
行きも帰りも新幹線でしたから割と時間はあるんですよー。
そして今回は東山界隈に絞ったので、たくさん見て回ることが出来ました(´∀`)
すんげぇハードでしたけどね・・・まぁ我々はいつもこんなもんッス☆



あけぼう
のりちゃん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そう!そうなのよ~。のりちゃんは、さすが関西の子!
食べた事があるんだね!??
あけぼうは、無いのよ!!ずっと気になってるんだけど食す機会が無くて。
説明文を読んでも、どう考えても美味しく無さそうなんだけども(笑)

あと、こっちの人でこのお菓子を知ってる人は、
そうは居ないと思われるので、
しれっと上司とかに京土産として手渡したい。
「どうぞ。清浄歓喜団です(キリッ)」
「せ・・・歓喜・・・・??」
っていうトークのためだけに@500円遣うことには、やぶさかではナイ(笑)

この時のりちゃんも京都駅にいたとはね!京都駅マジック☆
西利の長いも、わさび味の漬物は、わさびのパンチ力が凄くて涙が出た☆
日本酒がなんぼでもいけそうでした。

次は機会があれば、清浄歓喜団と、もりの漬物だなー・・・(笑)



あけぼう
玉坂さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

翌日は月曜日。
仕事があるので、割と早めの帰宅を心がけました(笑)
東山の坂道が地味に効いたのか、翌朝、足が筋肉痛に・・・(;´∀`)
京都は泊まると高いですからね!ここ数年は毎回日帰りです☆


松村博司
実は京都駅、通過した事しかないんですよね。
新幹線で行って、ハイヤーで回って老舗旅館に泊まって・・・あこがれるw

F1を見に行った帰りはいつも新幹線の中で名古屋から岡山まで立ってましたね~。
極限まで体力を削られた後、座れないのは本当に地獄なんですよね。

ちなみにそのお菓子、知りませんでした。
要チェックですね。



きぼう丸
京都駅ってこんな風になってしまったんですね。
これはあたくしめも上りたいです!

しかしハードな1日ですな・・・。
1日を有効的に使ってらっしゃる。

阿闍梨様のお菓子食べてみたいな!


のり
おおおねえさま…!
せいじょうかんきだんって
あの、一個500円もするけど
固くておいしいのかどうかよく分からない
あれですか!?

ぜひぜひ、おねえさまの
「歓喜団で歓喜できるのか!?」レポートを読みたいので
次回はぜひゲットしてくださいませ~。

私、たぶんこの同じ日に、京都にいましたので
この写真を撮っていらっしゃる夕方の時間帯には
この下を歩いていたと思います。
映っているかも?うふーん。

西利のチョイスが長いもってのが
シブくてさすがです♪

えええ!!
玉坂めぐる 
日帰りでしたか~~~

いろいろびっくりさせてもらった京都レポートでしたが、最後にこんな凄い落ちが待っていたとは!!

すごいよ、あけぼうさんたち☆☆☆

コメントを閉じる▲
高台寺をあとにして。
この近くに、あけぼうは昔から行きたかったところが!

18 まるやま 

それは、円山公園のすぐ近く・・・。

6 もん 

そう、ここ!「長楽館」でした


5 いりぐち 

洋館ですっ。
この長楽館は、明治時代、日本の煙草王といわれた実業家・村井吉兵衛氏が建てた迎賓館。
あけぼうは、学生の頃からここに泊まってみたかったのです。学生当時はレディースホテルで、ハッキリは覚えてないんですが一泊8000~9000円くらいだったような記憶が・・・。今回京都行きを計画した時、ふと思い出して、ここのホームページを開いて・・・(゚д゚)!びっくり。

とんでもない高級な所に変貌を遂げていたんですよ。
一泊45000円からですよ、奥さん!
いや、の写真をご覧になってもらってもわかるとおり、それだけのポテンシャルは秘めていて、今となってはむしろどうしてそんな気楽に泊まれるレディースホテルなんかやっていたのだろうか・・・と、逆に不思議なくらいなんですけど。
こりゃ、しょーがない。せめて食事・・・いや、お茶くらいはしたい・・・。

そんなかんじで、やって来たわけです。

4 ちょうらくかん 

いや~ん、妄想 夢ひろがる~~~ (人´∀`).☆.。.:*・゚
我々のような予約なしでお茶しにやって来たお客はこのお部屋に通されるみたいです。
全体的にブルーと白のお部屋です。もともとは、ビリヤードをするお部屋だったらしいです。

1 ステンドグラス 

ランチやディナーなど、お部屋を選ぶことも可能なようです。 (HP情報)
ホームページを見ると、本当にうっとりするような素敵なお部屋ばかりで、悩んでしまうくらいです。

2 ちょうらくかん 

さすが煙草王。すごいもん建てますなぁ・・・。

3 みっくちゅじゅーちゅ

ミックスジュースを飲みました(゚д゚)ウマー

次は食事をしに来たいお店だなぁ~。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログへ
ポチッと押していただけると小躍りします☆


追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:京都・奈良 - ジャンル:旅行

【2011/08/27 17:03】 | お盆
トラックバック(0) |


あけぼう
コウさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そうなんですよ~いや~暑かったです・・・w
次は「アフタヌーンティー」を狙っております☆
次回、是非ご一緒に参りましょう。
女の子ばかりでアフタヌーンティーしましょ!!(´∀`)


あけぼう
松村さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

嵐山の「星のや」さんとか泊まってみたいですね~。
その場所の雰囲気を心行くまで楽しむような、あくせくしない旅行をしてみたい・・・。
それはやっぱりある程度、いろんなもの見尽くしてしまわないと、出来ないのかもしれないですねぇ。
大人な旅~~って感じがします。



あけぼう
よきちのひろさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

吉ちゃんはブログにコメントくれないですからね~
あけぼう的には、羊羹食べてるよきちのひろさんのほうが、
ありがたーい存在なのです・・・☆


あけぼう
玉坂さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

執事っすか!!
確かに若くてシュッとしたメガネの執事より
初老で美声のメガネの執事のほうが、こちらの建物にはお似合いですな。
顔いっぱいでしたかw やっぱり。
あけぼうでもいくつか見つけたくらいですから、
きっといっぱいあるんだろーなーと思っておりました(笑)


あけぼう
ピー助さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そうなんですよ、こんなことなら昔のうちに無理やりでも泊まっておくのだった・・・と、ちょっぴり後悔です。煙草王だけに喫煙者にやさしいかもしれませんね!でも、どうせ吸うなら、高級葉巻の煙をくゆらせてもらいたいもんです(・∀・)どうせならね・・・。


今度はディナーで
コウ
 あけぼうさん おはようございます。

 京都へ 来られてたんですね(゚―^d)グッ!
「長楽館」は 見たことがあるかもしれませんが、よ~く覚えていません(・・。)ゞ テヘ
 一泊45000円からですかw(゚o゚)w
ランチやディナーでも 利用できるのですね(゚∀^*)dグッ!
いいお部屋ばかり(゚∇^*)dグッ!
 ミックスジュースをお飲みになったんですね((´∀`))
>次は食事をしに来たいお店だなぁ~。

 ぜひ、私もご一緒させてくださいませ(#ノ▽ノ#)
 ではまた☆



松村博司
45000円ですか・・・
普通にむちゃくちゃリッチな旅館で豪遊できますね。
一泊45000円、そんなところに泊まる旅がしたいです。
個人的には純和風旅館がいいですが。
でも、そんなところ予約したら、早くチェックインしたいだろうし、チェックアウトしたくないだろうし、旅どころじゃなくなりそうですね。

私は4500円のビジネスホテルでいいですわ・・・


差は大きい・・
よきちのひろ
村井の吉ちゃんはタバコで儲け、【洋館】を建てました。
あなた様が羨望のお屋敷です。
私は1日3箱のタバコで胃を壊し禁煙を強いられ、口が寂しいので【羊羹】を食しています。
あなた様のブログにコメント中です。
同じ男なのに、そこは大物と小物の違い、差は大きいのです。


玉坂めぐる 
45000円ざますか。 
わかりました。執事はちゃんとつくんでしょうね
それならばよろしくてよ。
初老で美声の男前でお願いね。

それにしても洋館って、「顔」いっぱい…
最近、感度高くなりすぎてて時々疲れます(笑)、



たっか~!
ピー助
あけぼうさん こんばんは!v-283

えらい高級ホテルになったものですね~

きっと昔のころにはないスペシャルなサービスがあることでしょう!

宿泊中はタバコ吸い放題・・・・v-17



絶対に嫌ですね~

明日もご安全に!v-222v-512

コメントを閉じる▲
清水寺で東北に思いをはせたあと、高台寺に来ました。

CIMG0367.jpg 

秀吉の妻、ねねでおなじみの高台寺ですが、別に大河ドラマの影響ではございません(笑)
だって、霊山とか、もう体力ないんだもーん。これ以上登るとか無理だーっ。下るのみ!
やっぱ、六道珍皇寺からはじまったお盆の旅だから、これでしょ。

CIMG0365.jpg

ひゅう~~どろどろどろ・・・

CIMG0369.jpg


高台寺、今、「百鬼夜行」展をやってます。

CIMG0373.jpg

おっと、その前にマニ車を回しまくろう。我に栄光あれ!
マニ車をくるくる回すと、それだけで長ーいお経を読んだのと同じ効果があるといわれる、大変便利・・・ありがたい装置なのでございます☆
( ゚д゚)ハッ!
アジアの仏教圏でスマートフォン用「マニ車アプリ」とか作ったら、ヒットしないかな・・・?

CIMG0374.jpg 

遺芳庵。なんか小人の家っぽくも見えますね。
ハイホーハイホー♪・・・どんな和風の白雪姫が眠っているのだろう・・・。
小人たちはマタギの六兵衛とか木こりの与作とか炭焼きの吾平とか・・・ 

CIMG0376.jpg 

視界が開けて庭が見えてきました。
とりあえず、先に「百鬼夜行」展を観るため、建物内へ。
これは写真には撮れませんけど、絵巻物ですね、百鬼夜行の様子が描かれていて、一つ一つ個性的というか、「どうしてこうなった・・・」っていうような形状の妖怪たち(笑) これは語りたいけど画像なしには無理だなぁ・・・。

で、

CIMG0380.jpg 

しばし、方丈にてボケーッとしております。
間に挟む休憩時間が長くなってきた我々です(笑)
もうちょい左手には霊山観音が見えるんですが、トリミングしちゃいました。庭よりそっちが気になってしまうんで、ありがたいけどありがたくない(笑)

CIMG0382.jpg 

この靴下の形どおりに日焼けしました。足(笑)

CIMG0384.jpg 

小堀遠州作、庭園・・・。
京都ってほんとうに、神社仏閣の広大さと、周辺の住人の民家の小ささの落差がすごいよね・・・。

CIMG0386.jpg 

庭園をどんどん行って、臥龍池をぬけて、上り坂・・・(;´Д`)
まさか高台寺の中で、坂道をのぼるとは・・・やられた~っ。

CIMG0387.jpg 

霊屋です。蒔絵とか有名。直に見ても、すんごいゴージャス!!華麗!!
ねねって、今生きてたらすごいロココな洋風の家に住んでそう。(デビ夫人みたいな・・・)

CIMG0389.jpg 

ここは改修中なので、すぐ下のとこまでしか降りていけないんだけどね。
まださらに上に見たいものがあるから、いいや。

CIMG0390.jpg 

「傘亭」!!
屋根の下は本当に傘みたいな骨組みになってる。(残念ながら中に入れないので外から眺めるのみ)

CIMG0391.jpg 

隣には二階建ての「時雨亭」が建っていて、渡り廊下でつながってます。
今さっき霊屋でゴージャスな蒔絵を見た直後、これを見ると、あまりの落差にびっくりする。
セレブな人たちが納得して楽しんでいるんだから、わびさびって、すごいなぁ・・・。

CIMG0392.jpg 

超ゴージャスな料理を食べた後、やっぱりちょっとお茶漬けなんかが恋しくなる・・・みたいなもんなんだろうか・・・。違うか(笑) あけぼうのわびさびへの理解のなさを露呈しただけか(笑) 茶道=金持ち。な、イメージ・・・。
でも、こんなあけぼうも、約1ヶ月ほど瞬間的に茶道部に属していたことがあるだよ(笑)
すぐ辞めたけどね(;^ω^)

CIMG0393.jpg 

下りますよ。下りのこの道は左手に竹林もあって、それまでとは別の庭のような印象でした。

高台寺ご朱印

もちろん、頂いてるし。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログへ
ポチッと押していただけると小躍りします☆


追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:旅日記 - ジャンル:旅行

【2011/08/26 17:29】 | お盆
トラックバック(0) |


あけぼう
きぼう丸さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

親指サイズww
一寸法師と同族かもしんないですね!
彼らは実は宇宙人で、利休とかの脳にチップを埋め込んで
自分たちの住居を作らせていたのかも・・・


きぼう丸
ここいいね~! やはり京都はいい!

なんで茶室って狭いんだろう!
マタギの六兵衛とか木こりの与作はきっと親指サイズですよw


あけぼう
松村さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そうですよね、日帰りでもついついあちこち欲張ってしまいますし、なおかつライトアップという事なら泊まらねば・・・って感じですよね~。せっかくだから宿坊とか・・・w




あけぼう
よきちのひろさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そうですね、【しおけさび】は古着屋のジーパン・・・場合によっては高額です。
【きれいさび】は一流デザイナーが計算しつくされた位置に切れ目を入れ、あえてダメージを施したブランドのデニムパンツ・・・高額です。
いずれも、興味ない人には何の価値もなく、好きな(数寄な)方々には大変な宝物となります・・・。


あけぼう
玉坂さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

あのマニ車は、建物の周囲をぐるりと囲んでいるから、けっこう回し甲斐あるよ~!
そうなんだよ、画面上でスリスリと回すわけよ。
スマホの特徴が、見事にマニ車の性質とマッチした・・・ナイスアプリだと思うのだが。
それにハンディタイプのものがすでに定着しているなら、割と抵抗感なく使われそうだと思わない?
ビジネスチャーンス!!www




あけぼう
サムライ銅像研究会さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そうですねぇ。いつか京都庭園めぐりとかもしてみたいです(*^。^*)
ここのお庭は、優美さと大らかさ、ちょっぴり武家らしいキリッと感が良い感じにブレンドされている印象でした☆
傘亭だったか時雨亭だったか忘れましたけど、本当は聚楽第の水際に建ってたとかなんとか(←確認はしてないので、違ってたらすみませんe-330)・・・でも確かに、水面のキラキラが板戸に反射する様子とかを想像したら、そっちの方が素敵かも~なんて思ったり。
涼しい季節といえば、雪景色なんかもオツかもしれませんね!


松村博司
高台寺はアップダウン激しいですよね。
しかも広いしw
一通り回って終わったと思ったら、お隣の圓徳院も実は以前は同じ敷地だったというオチが付いて。

今年か来年、清水寺とセットでライトアップに行きたいなと思っているのですが・・・
泊まるにはこの界隈高いし、日帰りには体力的にきついしと、いろいろ悩んでおりますw


あえて比較しますが??
よきちのひろ
小堀政一の【きれいさび】あなた様はどう感じましたか?
桂恋村の【しおけさび】と比べてどうでしょうか??
数寄者が意図する【さびる】vs海岸だから【さびた】
・・・?・・
桂恋村ではガクアジサイによく似た白い花の【サビタ】別名:ノリウツギが咲いています・・



玉坂めぐる 
高台寺、これまた見どころいっぱいですね。
行ったことないです。読むともれなく行きたくなるのが
あけぼうさんのレポートの素晴らしさだね。

マニ車♪ 楽しそうです。
走りながら全部びゅんびゅんまわしたい。
チベット伝来なんでしょうか。
あの国だとハンディタイプの物もあるようですね。

我が国だと輪廻塔とか言ってたいがい石でできてて
念仏唱えるながら、たてに回す感じのがありますよね。
たてに回すとなんかうつむく感じ。
横に回すとなんか開放的な感じがしますね。
やっぱ横書き縦書きのちがいかな・・・
あれチベット語って横書きだろか?だろな。
あとでググります。。。

あ、なんでスマートフォンアプリなのか今頃分かったwwスリスリっと回すわけだねwwそれおもろい。



サムライ銅像研究会
 こんばんわ。

 高台寺の結構な庭園を堪能できる素晴らしい記事でした。パチパチパチ・・。
 西洋の庭園は自然を人間の支配化におくもの、日本の庭園は自然そのものの美しさを人の手を感じさせずに再現するもの・・見事に「もののあはれ」を感じられるお庭ですね。

 あの茶室の中で和紙を通して差し込んでくる日差しを楽しみつつ、お茶でも頂きたいですねぇ。

 あたかも山野を巡るかのような回遊式庭園は日本の美そのものですね。いい国に生まれたものです。涼しい季節にいってみたいですね。

コメントを閉じる▲
前回に引き続いて清水寺です。
奥の院へ。


78清水寺 

言い忘れてた(;´∀`) 本堂でも頂きましたが、ここでももう一種類ご朱印を頂くことが出来ました。

清水寺ご朱印1    清水寺ご朱印2



79清水寺 

そう、ここから、いわゆる我々がよく目にする清水寺といえばッという景色を見ることが出来ます。

80清水寺 

これね(笑) ・・・すごい人・・・。
紅葉の季節の写真が多いですが、緑もまた良いものです。暑ささえなければ(笑)

81清水寺 

境内はとても広く、森のようなところもあるので、そういうところを散策してみたかったのですが・・・。

82清水寺 

暑すぎて絶対に、途中で行き倒れる自信がある☆
もうなんか、犬みたいになってます(笑)
口が開きっぱなしですよ・・・。

83清水寺 

有名な音羽の滝へ出ましたけど、すごい行列になっていて、心が折れました。(ポキ・・)
すぐ横で売ってるかき氷のほうが、なんぼか魅力的・・・というのが我々の偽らざる心(笑)

84清水寺 

そして、み仏のお近くで自分の心を偽ったり誤魔化したりなどという事は出来ないのです。
み仏は全てお見通しなのです・・・☆

(お前たちは何をしに京都まで来たんじゃ・・・と言うなかれ・・・)

85清水寺 

カキ氷、頂きま~~す はーっ、甘露甘露・・・。

音羽の滝からすぐのところに、 ありましたよ~。

86清水寺 

アテルイとモレの碑!

87清水寺 

八世紀末ごろ、日高見国胆沢(岩手県水沢市地方)を本拠とした蝦夷の首領・阿弖流為(アテルイ)は中央政府の数次にわたる侵略に対し、十数年に及ぶ奮闘も空しく、遂に坂上田村麻呂の軍門に降り同胞の母礼(モレ)と共に京都に連行された。田村麻呂は敵将ながらアテルイ、モレの武勇、人柄を惜しみ政府に助命嘆願したが、容れられず、アテルイ・モレ両雄は802年、河内国で処刑された。この史実に鑑み、田村麻呂開基の清水寺境内にアテルイ、モレ顕彰碑を建立す。
 
って、書いてあります。

そうなんです、阿弖流為と母礼って、京都まで来ていたんですよね~。
以前読んだ本、「薄紅天女」で、改めてその事を認識したんですよね。何度も来たことのある清水寺でしたが、そういわれてみれば、あったなぁ・・・と。(この本はファンタジー物なんですけどねw)

顕彰碑を見ながら古代の戦に思いをはせたり、東北に思いをはせたり・・・。
「ねぶた祭り」のビジョンがちょいちょい入ってきたり・・・。
岩手の某・政治家の顔がちょいちょい入ってきたり・・・w

そうそう、近くで岩手の観光協会(?)のテントがでてましたよ。大震災の支援ありがとう、観光にも来てねっていうことで、たくさんパンフレットが置いてありました。この暑い中おじさんが二人座っておられて、大変だなぁ・・・と思いましたよ。
顕彰碑に刻まれた歴史は、あまり輝かしいとは言えない過去ですが、いまでは京都と東北(岩手)の結びつきとなってるのは喜ばしい事ですよ。平和っていいね。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログへ
ポチッと押していただけると小躍りします☆


追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:京都 - ジャンル:旅行

【2011/08/24 12:31】 | お盆
トラックバック(0) |


あけぼう
松村さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そのせいか、東北って常に「こんなはずじゃなかった・・・」って思ってそうなイメージですw
あけぼうがどの時代の為政者であっても、多分東北は攻めただろうなぁ・・・と思うので、どうすればもっとうまくやれたのか、ついつい考えてしまいますなぁ~。うむぅ。


あけぼう
よきちのひろさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

最近はアテルイ主人公の舞台とか映画とかもあるんですよ~!
あけぼうも全然悪者という印象ではないですねぇ。
沖縄と北海道のアイヌは似てるっていうのは、ロマンですよね・・・。
でも、以前遺伝子の型で日本人のルーツを探る系の本を読んだ時、
二つの遺伝子の類似点はほぼ無かったので、ちょっと残念でした・・・。
しかし、他の色々な科学的なアプローチがあるみたいなので、
諦めずロマンを追い続けたいと思っております☆


あけぼう
きぼう丸さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

やっぱお寺系のほうが、字がきれいなんですよね~。
まさか2つもらえるとは思いませんでした~。
それに、「清水寺」!とか書いてあるのかと思ったら、違ってた(笑)
東寺なんかは6種類とかあるらしいですので、まったく京都はご朱印パラダイスですわぁ~☆


あけぼう
玉坂さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

ははあー・・・なるほどなるほど。あけぼう的にはライオンVSライオンなんですけれども・・・。
確かに鎮魂という意味では、なんとなく今まで大失敗だったような気がします。
ロジックが違いすぎて魂を捉え切れてなかった感じがする。それは今でもそうかもしれん。
ただ、千年以上の時を超えても消えずに、こうしてまたひょっこり復権して浮かんでくるアテルイ達を、わざわざ東北に行かずとも、京都へくれば感じることができるので満足です(笑)最南端!みたいなww


あけぼう
サムライ銅像研究会さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

真夏に東京に行ったことが無いのですが、そんな恐ろしいところなんですか首都って(((((((( ;゚Д゚))))))))ガクガクブルブルガタガタブル
ビールも素敵ですよね。ビールでもよかったです。予約制のビアガーデンがありましたよ。産寧坂だったかな・・・ナイスなシチュエーションのビアガーデンだよなぁ。良いなぁと思いました。要チェックです(笑)
実は、あけぼうもなかなかにダメな大人ですんでw 実は一瞬だけ「ビール」が脳裏をよぎりました。
けど、ここでアルコールを摂取したら、蚊に刺されそうな気がしたので、やめときました(;´∀`)

仰るとおり!折角だからあそこの隣に銅像欲しいですよね!(・∀・)イイ!!
スペースは充分ありそうです☆


松村博司
本当に暑そうですね・・・
何しに京都に来たって、私も山形までわざわざかき氷を食べに行きましたからw
しかも何食食ったか分らない><

そうなんですよね、東北ってずっとそうなんです。
蝦夷で侵略を受け、さらに前九年後三年の役で阿部氏、奥州合戦で藤原氏と滅ぼされて・・・
独立気運の高まった戦国時代も結局、秀吉に押さえられて^^;
この地方は自然災害や飢饉に苦しめられた土地ではありましたが、それだけではないんですよね。
歴史を見ても本当に理不尽さを感じずにはいられません。



エミシはいつも悪者さん??
よきちのひろ
日本書紀の【阿倍ちゃん】も蝦夷退治でした。
史実にアイヌが登場したのが14世紀だそうですから、
蝦夷はアイヌなのか?否か?よくわかりませんが・・いつも悪者なのは可哀そうです。
【田村ちゃん】のかっこいいヒーロぶりの引き立て役ですから・・ギャラもそれなりに高いんでしょうかね??
蝦夷と隼人・・
北と南なのに、沖縄の涼しげな眼つきはアイヌの眼つきとよく似ていました。
日本列島はふしぎわんだーらんど・・???





きぼう丸
2つともとってもかっこいい御朱印ですね。
(ほれぼれ・・・)
あたしは緑に囲まれた神社仏閣が大好きですよ♪
もちろん紅葉も素敵だけど。

阿弖流為と母礼・・・とか勉強になったよ!


玉坂めぐる 
平和な解釈のほうが後世の人間にとってはおさまりが良いのは確か☆の答えが出てきました。なるほど^^。

私は田村麻呂の痛快な鬼退治妖怪退治話大好きだし、鬼側の悲痛な話も心惹かれるミーハーです。 ドキュメントでは、番組がライオン視線だと獲物狩りを応援して、ガゼル視線だとライオンを憎む。そういう人です。でも…ライオンとガゼルの握手は・・・うーん。。。。おもしろいけどうーん(笑)、そうかおもしろいなあ。うーん。京都はすごいなあ。古くてあたらしい魂鎮めなのかなあ。


サムライ銅像研究会
 こんばんわ。暑い中お疲れ様です。仕方ないですよ、盆地だもの。
 でも去年、京都の夏に京・大阪行った時は
  「東京のほうが暑い!」と思いましたっけ・・。

 大阪では暑さに我慢できないで、地下街のビアスタンドに飛び込んで昼間からやってましたっけ。旅行中だから誰からも文句いわれないし。カキ氷よりビールに走ってしまうあたりがダメな大人の証拠です。

 清水寺にアテルイの石碑があるとは知りませんでした。あそこまで立派なら銅像も建てて欲しいと思った銅像好きでした。

コメントを閉じる▲
もう、ザ・京都といったらここですよね~。

57清水寺

清水寺でございます。 お昼ご飯を食べてちょっとは元気を取り戻しましたが、昼過ぎなんで、一番暑さがキツイ時ですよ。



58清水寺 

清水寺って、小学校の修学旅行でも来たし、高校の修学旅行でも来ました。
その後、京都に住み始めて家族が遊びに来た時にも連れて行ったり。

59清水寺 
(こっちの方が、当時の色に近いかもしれないね)

でも、なんだかいつも清水寺のディープな所までは見ることなく、サラッと見ただけで終ってるんですよね。
小学生の時はしょうがないでしょ?
高校生の時・・・も、しょうがないでしょ?(笑)
大学生の時・・・は、桜だったか紅葉だったか、そういうの目当てで家族連れてきてるから無理でしょ?
なんか清水寺って、メジャーすぎて、そうなっちゃうんだよなぁ。

72田村堂 

征夷大将軍・坂上田村麻呂を祀った開山堂(田村堂)でございます。

73田村堂 

見て!たくさんの風鈴がとてもきれいな色で鳴っています。

74田村堂 

これらは全て岩手の南部風鈴なんです!
今回、1200年余の時を超えて、アテルイ・モレの故郷、岩手の南部風鈴を飾ることになりましたって書いてある。
アテルイですよ、アテルイ~。東北といったらアテルイですよ。

75千日詣り 

清水寺では「千日詣り」の期間中でした。一日で千日分の御利益があると言われている、観音様の最大の功徳日。
我々も、さっそく観音様におまいりするため、中へ入りましたよ。
中はものっすごく暑かったけど、ちゃんと紐でみ仏とつながりました☆

76千日詣り 

ここにも、たくさんの南部風鈴が・・・。本当にきれいな音色です。 (欲しい・・)
ほんのちょっと涼を感じるとともに、東北の人々への鎮魂の鈴の音にも感じられました。
五山の送り火の一件では京都は批判にさらされましたけど、ここではアテルイに縁があるのも関係しているのか、東北へのいたわりの気持ちが随所に感じられましたよ・・・。


胎内めぐり

ちなみに、まったく写真に撮ることはできませんでしたが、随求堂の胎内めぐりを初体験!
(入口は中央よりちょっと左のちょっとだけ人が並んでるところです)

入口のおじさんに、左手を絶対に手すりから離さないようにして進んでください、と注意されて、少しずつ地下へと階段を下りて行くと、段々、真っ暗に!
もう、本気で真っ暗!何も見えない!夜目が効いてくるというようなことも無い。本当に墨をぶちまけたような真っ暗闇を体験しました。おじさんが注意した意味が心の底からよく分かった(((( ;゚д゚))))アワワワワ
左手の手すりは丸い木の球がつらなったもので、多分大きな数珠のようなかんじ。それを一つ一つ手の感触で確認しながら、中腰で進んで行きました。道もくねくねと曲がっていくのよ~(;´Д`)
目が見えないってこんなに怖いんだ・・・。 闇、こわッ!!

しばらく進んで行くと、ほんのり明るく照らされた大きな丸い石。胸くらいまである高さ。
そこには、本尊の大随求菩薩のシンボルである梵字が刻まれていて、それをナデナデしながら心の中でお祈り。
再び、真っ暗闇を進んで、ようやく外へ・・・!
これはうまいこと出来た装置ですよ。ようやく明るくなってきた時、それまでの目が見えんという恐怖から一気に解放された安堵感が、ものすごいもん。
この「胎内めぐり」はおもいのほかビックリする体験だから、行く機会がある人は是非やってみたほうがいいね。思い出になるよ。



清水寺、続きます。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログへ
ポチッと押していただけると小躍りします☆



追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:神社・仏閣巡り - ジャンル:旅行

【2011/08/23 11:37】 | お盆
トラックバック(0) |


あけぼう
えむさらさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

ようこそ、はじめまして!
胎内めぐり、あれはなかなかの体験でしたよ(・∀・)
相当へっぴり腰&すり足で中を歩いてましたよ(笑)

どうぞどうぞ☆当ブログの写真でよろしければ・・・(ノ´∀`*)
夏休みももうすぐ終わりですね・・・あけぼう、もういい大人なんですけど切ないです(笑)
ではでは、イラスト頑張って描いてくださいねv-238


はじめまして!
えむさら
私もこの夏休みにいとこと清水寺行ってきましたよ!
そして、胎内めぐりと千日詣りもやりました。
胎内めぐりはすごぃですね!やって後悔はないですよね。

初めてでおこがましいですが、
実は中学校の夏休みの一作品で絆をテーマにして
イラストを描かなきゃいけないんですけど、
あけぼうさんの風鈴の写真を見本に描いてもぃぃですか?


あけぼう
松村さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

確かに東山といえば・・・って感じだし、それに二年坂、三年坂なんかのお店が軒を連ねている坂道!あれを含めて全てが清水寺のイメージになっています☆普通女子旅だったら、このお店の雑貨類をいちいち見たりするのが常道なんでしょうかねぇ。考えただけで疲れそう(;´Д`)
とりあえず、グルメしたいですね、次は。京都といえば、肉という人と、京都といえばショコラ、という人がいるんで、とりあえず冬にショコラ旅したいもんです。色々なテーマでひとつの充実した旅行が構成できる都市っていうのは、やはり京都はスゴイって思いますよね・・。


松村博司
清水寺、ベタですよね~。
ベタすぎてついつい遠のいてしまいますよ。
でも、修学旅行以来で行くと、その雄大さや、舞台作りだけでない全体の伽藍の造りとか、やっぱり京都を代表するだけの魅力がたっぷり詰まってるんですよね~。
今、うちのブログでやってる東大寺と一緒。
すでにブログでも二回ってますし。

実は三回目、いつになるか分りませんが近々考えてたりしますw



あけぼう
きぼう丸さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

鉄のフライパン良いですね~。
年季が入れば入るほど油が染みていい使い心地になるとか・・・。
お店レベルのフライパンですのう。
あけぼうも久々の清水寺だったんですが、ハァまあ、
相変わらず観光地でしたわ~~~。
胎内めぐりはきっとお気に召すと思います!


あけぼう
ピー助さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

いやいや、何も見えないのでカメラをカバンから取り出し、
操作することじたいがムリっす(笑)
あれは皆さんがそういう体験を通して修行する場なので
むやみに撮影してはいけません。
マナーを守らねばバチがあたっちゃいますよ~。


あけぼう
玉坂さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

鉄かぁ。中国地方ももっと古い時代に鉄目当てで攻められてるっぽいけど、
瀬戸内の気候がそうさせるのかw あんまり恨みとか残ってないなー。
出雲とかくらいじゃないかなw
まあでも、将軍どうし、敵対する中にも妙な友情(というかリスペクト?)が生まれた・・・っていう設定の方が、後世の人間にとってはおさまりが良いのは確か☆


あけぼう
よきちのひろさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

かしこまりました。
ご朱印は本日【カモメール】にてお送り致します。
きっと一番乗りのご利益が運ばれていきますよ。


きぼう丸
何年も清水寺に行っていませんね。
胎内めぐりしてみたい!
鉄の風鈴もいい音ですよね。最近は見かけないけど・・・。
鉄の道具でお湯を沸かしたり調理すると鉄分が摂れるといいますよね。
我が家のフライパンは25年以上も使っている鉄のフライパンです!

準備して
ピー助
あけぼうさん こんばんは!v-283

胎内めぐりって面白そうですね~

恐らく内部がどうなっているか、ハッキリ見ることの出来ぬまま出て来たのですね。

なぜカメラで?

やはり撮影はご法度なんでしょうね~

誰にも気付かれずに暗闇の中を撮影できる、赤外線カメラと言うものがあるそうですので是非!

ピー助は常に小型の懐中電灯を携帯しております。

暗闇ほど怖いものはありません。

明日もご安全に!v-222v-512

コメントを閉じる▲