備中松山城へ行く その弐

あけぼうの他には、一組のカップルしかいなかった。
(ちなみにカップルはちゃんとした靴だった)

カップルに妙な対抗心を燃やし、勇んで遊歩道に入っていったものの、うねうねと伸びる木の根とかに阻まれ、いきなり大きくよろける ヤバイ・・・登れるのか・・・?

一方、カップルの彼氏の方は、冷静にバスのオッサンに道を訪ねていた。
あけぼうも、聞き耳を立ててみると・・・・
こんなかんじ

城までの道は2本ある。
左が今いる遊歩道。
右がアスファルトの道。

城までの道

遊歩道の方が、自然を楽しみながら城まで行く事ができるが、起伏がありしんどい
右の道の方は、途中までアスファルトで舗装されているため起伏が無く歩きやすいが、距離が長い

どちらを通っても、最終的には合流して一つの道になる。

あけぼうは、サンダルの為、迷わず右の道へ。

いっぽう、カップル達は相談の上、遊歩道を入っていった・・・。

PAP_0090.jpg
(遊歩道の入口にある立て看板。城主様も右の方が良いと言ってるでござる・・・)

いくらこっち側の方が距離があるとはいえ、このあけぼう、カップル達に遅れはとらんッ


よくわからない対抗心に燃え、スカート&サンダルながら、ものすごい勢いで道を登った。

てくてくてくッ


てく・・・・・て・・・く・・・


7メートルくらいで立ち止まりました

それでも歩く・・・てく、てく。

あ・・・暑い~~~~

ゼハーッ ゼハーッ

頑張って歩く。

く、苦しい~~~~

あ・・・汗が吹き出る~~~~

ゼハーッ ゼハーッ

よろよろと歩く・・・。

SA3D1867.jpg

道の途中で撮影

どうよ、これ・・・・www


でも頑張ったおかげで

カップル達はあけぼうの う・し・ろ

勝った !!!!


汗をダラダラ流しながら、ニンマリするあけぼう・・・・
しかし何だろう・・・この「試合に勝って勝負に負けた」感・・・・



しかしココからがさらにキツかった!

アスファルトは無くなり、石段がず~~っと続く。

足をプルプルさせながら、バランスをとりつつ、一歩、一歩・・・・

石段といっても、もちろん平たい階段とは違うから、サンダルだと余計にシンドイ 

しみじみ思った。

何故・・・
シャトルバスのオッサン があけぼうの事ジロジロ見てたのか、今なら分かる・・・・

そりゃ、 「コイツ、備中松山城ナメてんな」って思うよな~~

A・SA・HA・KA
(英語っぽくすればちょっとはカッコいいかな・・・と思ったけどバカっぽさが助長)

冒険心のみで旅は出来ませんね・・・www


ようやく、備中松山城が・・・・

PAP_0089.jpg
(ごらんよ・・・この刺すような直射日光・・・アハハ~)

PAP_0088.jpg

しかし、ホッとしたのもつかの間

この階段も、しばらく続くのだった・・・・

しかも、なにげにカップル達がすぐ背後に!ヤバイ追いつかれる!!

あけぼうは慌てて足を前に出したが、スカートの裾を踏んでコケそうになった・・・・


ゼハーッゼハーッ

ヒーハーッ(苦悶の表情で)

ヒッヒッフー!!(何かが誕生しそうな呼吸で)


ところで、あけぼうは一体いつになったら、体力がつくのか・・・という思いが頭をよぎった人は睫毛脱毛の刑な。


や・・・・

やっと・・・


現れてまいりました!

備中松山城!!!

しんどかったーッ

うがーッ


SA3D1855.jpg

山城っていうから、もっと「跡」みたいなのを想像していたけど
けっこうちゃんと「お城」でしたよ。天守閣も小さめながらきっちりありました。
中にも入れました(有料。でも他に何も無いので入らざるを得ないのだw)

PAP_0087.jpg

ちょっと下界を見下ろしてみたよw

SA3D1866.jpg

SA3D1857-2.jpg

あけぼう、登頂記念撮影
(こんな格好でここまで登ったのさ・・・ああ、分かっているさ・・・ バカだww


~おわり~


人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 中国地方旅行へ
ポチッと押していただけると小躍りします☆

テーマ : 日帰りお出かけ
ジャンル : 旅行

備中松山城へゆく その壱

日曜日。

いい天気だなぁ・・・

PAP_0094.jpg
(あけぼう家の前の土手。手前の派用水路。緑の向こうに一級河川)

どっか出かけようかな?

ふと思いたって、行って来ました岡山県高梁市!

あけぼうのかすかな記憶では、ここはなんだか、昔の街並みみたいな風情ある場所があったはず・・・

今まで一度も行った事の無い場所だし、行ってみよう!

で。

やってきました。高梁市。

PAP_0092.jpg

左手にお城の壁のようなのがず~っと続いてるのが分かります?
この壁の向こう、なんですよ!!

ず~~っと続いてんの。すごいですよね~。
なんか歴史のある街の品格を感じるというか・・・。
あけぼう家の前の土手とえらい違いww

ところで・・・ 

何にも調べてこなかったので、どこをどのように行けば分からない。

この先美観地区!みたいな、観光の案内板がバーンとあるだろうとタカをくくっていたけど、全然見つからない

なんかこのまま高梁市過ぎ去ってしまいそうなんだけど・・・

って思ってたらありました!

備中松山城 あと3㌔

の看板が!

備中松山城・・・

で、でもなんだか聞いた事があるような気もする!



・・・・ねえ、みなさん・・・・。

おでかけって・・・・

・・・色々な役割分担がありますよね?

例えば

運転する人
ナビする人
盛り上げ役の人
精神的支柱


などなど・・・・

そんななかで、あけぼうはいつも

冒険心

を担当してるんですよ・・・・w

この時、あけぼうは思ったんですよ。

もはや、たどり着けるかどうか(たどり着いても随分時間が遅くなってしまう)わからない街並みを探すよりも、

手っ取り早く、ここに聞いたことのあるような城の看板があるじゃないか!

これはもう

街並みはやめて、城へ変更して、旅行気分を味わった方がイイ!!!

決定!

車は一路、看板が誘導する方向へ

・・・・・そう、

備中松山城 を目指して進んだわけですよ・・・・・。



この後、めちゃくちゃ後悔することも知らずに・・・・・w


いかにも下町!ってかんじの細い路地を抜けてどんどん進むと、

SA3D1872.jpg

美観地区とは違うみたいですが、武家屋敷跡らしき建物がちらほら。

SA3D1873.jpg

ほんのちょっと、当初の目的を果たした気分

SA3D1871.jpg

ここらを散策する事も頭の中をチラッとかすめたんだけども、どこも狭くて駐車場 も見当たらない

すでにあけぼうは備中松山城にロックオンだし。

車はスピードをゆるめることなく、どんどん坂道を登っていきます。

それにしても、城って普通、街のランドマーク的な感じじゃない??

目の前見ても、全然城のシルエットすら見えないんだけど・・・・・???

若干、不審に思わないでもなかったけれど、目の前の棚田のステキな光景に目を奪われ、その事はすぐ忘れたwww


SA3D1869.jpg

SA3D1870.jpg

なんか、とっても良いかんじ
和むわ~~

しかし、どんどん坂道がきつくなっていくなぁ・・・・

軽自動車で大丈夫なんだろうか・・・・・

以前行った「鬼の城」の事が思い出される。そういえばあれも岡山県だったw



と、思ったらあった

駐車場」

の看板が!!


うわ~良かった! なんとか軽でも登りきれたYO!



車から出ると、ムワッと外の熱気が。あ、暑い~~~~

やっと着いたぜ!備中松山城 !!



っていうか、城が見えんな。

城はどこだ?


「あーお客さん、松山城? 松山城に行くの?」

オッサン が声をかけてきた。
しかも、あけぼうをジロジロ見ながら。な、なんだよ・・・。

「シャトルバス乗っていく?」

「あ、はあ・・・・」

「シャトルバスで5分。そこから20分登るからね。大丈夫?」

え~マジで!?

ああでも、そういや姫路城とかも駐車場から結構歩いたんだよね~。

このときのあけぼうは、Tシャツにスカート・サンダル(ヒールあり)といういでたち。
アグレッシブな行動には、どう考えても向かないし。

「シャトルバス、乗ります・・・」


で。




到着。

SA3D1868.jpg


・・・・・ハァ!?
日本一高い・・・・山城・・・・

そういえば・・・・

あのシャトルバスのオッサン、確か、ここからさらに20分って・・・・


PAP_0091.jpg


~つづく~


人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 中国地方旅行へ
ポチッと押していただけると小躍りします☆

テーマ : 日帰りお出かけ
ジャンル : 旅行

プロフィール

あけぼう

Author:あけぼう
性 別:女(毒)
血液型:A型
住 居:広島県
特 徴:ご朱印女子...
近 況:
Instagram(別名)

最新記事
過去記事の検索はこちら
☆カテゴリ☆
コメントありがとうございます
Comments<>+-
Trackback <> + -
リンク(遊びに行ってね)
RSSリンクの表示
あけぼうの木
FC2カウンター
フリーエリア