05
2
3
4
5
6
9
13
14
20
21
23
26
27
28
30
31
   

その心意気に乾杯

そういえば、防府の帰りに見た痛車

痛車


人生で痛車を見たのはこれで2度目w
まあ、華やかで良いんじゃないでしょうか~

あけぼうが車に興味が薄いせいかもしれないけど、
車はどれも似たような感じなので、これだと判別がつくwww

しかし前に痛車を見たときも、ファミレスの駐車場だったんだけど、
今回も同じで、持ち主を見ることが出来てない・・・

こんな地方で一体どんなヤツが乗ってるのか、
一度見てみたいものよ・・・

スポンサーサイト

theme : どうでもいいこと。
genre : 日記

山口県・防府市に行ってきました6

ところで、庭の拝観を終えたあと、売店で

こんなの

オリジナルスカッシュ

売ってました

売店のおじさんいわく、「山口県でしか売ってないジュース」とのこと。

あけぼうは、

だいだいスカッシュ

だいだいスカッシュを、ゲット!

めっちゃ美味しい~

あけぼうが特に酸味の強いものが好きっていうのもあるかもしれないけど、
だいだい独特の味もちゃんとあって、とっても爽やか~
ジュースを飲むと、たいてい、甘さが口に残って、結局またお水・・・とかお茶・・・とかになりがちだけど、
このだいだいスカッシュは大丈夫でした!


さて、自転車を置いてる門の前に戻って、

ある者は汗拭きシートであっちこっちを拭いたり、

ある者は熱さまシートをおでこに貼ったり、

ある者は帽子をかぶりなおしたり、

それぞれ帰る準備に余念が無い中・・・・



あけぼうの・・・・



ジーパンのチャックが・・・・



オープンザプライス



だった・・・・


ことに気付く・・・・・


そっと密かにチャックを上げて、そしらぬふりw

帰り道の自転車では、若干、無口なあけぼうでした


一体・・・


・・・いつから !???



帰り道にも、なんか民家の様なところに古墳の看板があって、すごく気になったり、
お土産に地酒を購入したり、
佐波川の土手を走ってるときには、黒い揚羽蝶がすごくたくさん飛んでいたり、

なんだかんだ帰り道も愉快でした~
(前の日に加圧トレーニングに行ってたせいもあって、このときすでにあけぼうは、足が筋肉痛になりはじめてたけどww)

防府市、とっても楽しかった!


長々と書いてまいりましたが、
防府編はこれにて終了☆ありがとうございました~。
懲りずにまだまだ、この夏、お出かけしますよ~。

しかしもっと、「夏のUV対策・フル装備」を完成させなくては・・・!体がもたない・・・ッ


帰りはまたまた宮島SA(上り)で晩御飯

かきだし塩ラーメン

かきだし塩ラーメン。牡蠣で取っただしは濃くて美味~

theme : 日帰りお出かけ
genre : 旅行

山口県・防府市へおでかけ4

もうね・・・

ゆでダコ 状態ですよ。みんな

で。

到着です。毛利氏庭園!!

門から庭園まで、しばらく歩きます。敷地が広いよ!
たしか「小公子」の冒頭ってこんな感じじゃなかった?
お屋敷はまだなのかい?
ぼっちゃま、もうここはお屋敷の中ですよ・・・
えーっ!?

みたいな・・・。

左手の丸いのはさつきです。5月頃は華やか だったんだろうな~。

門から庭園までの道

右手は奥にある山から川が流れてきていて、周辺は紅葉の林のようになっています。
秋はさぞかし美しい紅葉 が見られることでしょう・・・

毛利庭園までの紅葉

そう考えたらベストシーズンとは程遠い時期にやって来たのかもww

毛利庭園敷地内 橋

このように川に橋が架かっています。
で、橋から出たところはちょっと広めのスペースが。
なんでここだけ広いんだろう~?と言っていると、

馬の回転のためのスペースをとっているために違いない!!

と、乗馬をやってた友達が指摘していました。

確かに、ここは公爵毛利家の本邸だったそうなので、馬車とかが方向転換するために必要ですよね。それにしても、日本の家とは思えないスケールの大きさ。夢があるなぁ・・・。

着きました~!

毛利庭園 到着

ここで入園料を支払って、お庭を拝見っ 

左には毛利博物館の入口も。

毛利博物館

写真では分かりづらいけど毛利家の家紋 もしっかりと・・・。


でもね~

あまりに暑過ぎて 脳が溶解寸前の我々w もはや靴を脱いだり履いたりするのすら億劫になり、中を拝観するのはまた今度ということにw
どうも、文化財をじっくり見るような気持ちにはなれないね~やっぱり。


庭園を入ると、すぐ博物館の建物がこんなふうに見える。

毛利庭園 博物館

そうか・・・博物館内から庭を眺めることもできたのか。やられた~ww

それにしても、このオモムキのある建物・・・ッ
これは、あけぼうの第2の家ということに(心の中で)決定!w
なんか、友人も「これ私の家~っ!」って言ってたww

ああ・・・こんな家に住みたい・・・いくら蚊に刺されても構わないから・・・

毛利庭園 池

庭の中心には超広い池があります。鯉も泳いでいて、そして行儀よく隊列を組んで泳いでたw
良いところの鯉はお行儀も良いのカナ・・・?

毛利庭園 あずまや

庭の中にはこんなあずまやが建っています。ここで、昼さがりにボーっとするのも良いよね~。
(もうすっかり自分の家気分・・・

毛利庭園 滝

水の音がすごく涼しげだなぁ・・・とウットリしていたら、
なんと滝がある!
庭に滝だよ!?


毛利庭園 滝2

しかも・・・

毛利庭園 滝アップ

結構大きい!!

あけぼうも
「うち、庭に滝があるんだよねぇ~」
って言ってみたい!!!

そういえば中学の時にうちのクラスにやって来たインドネシアからの留学生の子は
「うち、庭にジャングルがあるんだ~」
って言ってたよな~・・・
(ジャングルをも含む庭の敷地面積w多分東京ドーム何個か分・・・外国のお嬢はスケールが違うね・・・)

毛利庭園 池2



ここで、滝からの風にあおられて、あけぼうのつばのひろい帽子飛んでいきそうに。



すっかり不二子ちゃん気分でルパンのEDテーマも飛び出す。



しかしさぁ~

この広い庭をお殿様気分で歩けば、そりゃ、考えもまとまるよ。心が落ち着くもんね・・・。

などと語り合いながら、ゆっくり散策。


かえすがえすも


嗚呼こんな庭が欲しい・・・。



結論。

毛利氏庭園は、あけぼう達の夢が満載。



さて・・・と。

今回の防府の旅はこれにて終了☆


ではで来た道を戻りまーす


・・・・・・・。
(来た道を思い出し中)


ぎえ~っ



~つづく!?~


theme : 日帰りお出かけ
genre : 旅行

山口県・防府市へおでかけ3

雰囲気のある壁。
そう、ここが周防国分寺

国分寺 壁

ちょっと朽ちた感じの土壁がいい風情を出しております

あけぼう、神社仏閣を見るのが結構好きなのですが、
その理由の一つがなのです
神社仏閣は大きな木が多いですからね

ここにもありました!
大きな木!!

国分寺 大木2

枝をよくご覧あれ。

な、

なんと・・・

幹や枝にが生えてる・・・ッ!!!

国分寺 大木

木が大きすぎて、あけぼうが仰ぎ見て携帯で撮影しようとしても、全てが収まりきらないのだった

大木はいいなぁ・・・大木大好き



そして門です。
国分寺って奈良時代に全国各地に造営されたお寺ですけど、現在まできちんと残ってる所が少ないんですが(たいてい跡・・・とか一部・・・とか・・・)、ここは全国でも珍しく位置が当時と全く変わっていないお寺なんだとか。

国分寺 外門

国分寺 門

さて、早速中へ入ってみま~す。

中は広々としていて、なんか何も無い感じw
その奥には室町時代などの重要文化財な仏像がたくさんあったというのに、何故か全く入る気になれなかったw
暑過ぎた からカナ・・・?

なんかみんなして、何故か広い境内の中をウロウロしてたw
今思えば惜しい事をしたかも・・・。でももう暑すぎて何かをじっくり見るような感じじゃなかったw

さて。

ウロウロしていると、境内右手のほうに、仏足跡を発見!

国分寺 仏足跡

国分寺 仏足

仏の足跡だって~。
ブッダ、偏平足ですな・・・w


招魂碑
幕末の禁門の変で亡くなった国分寺隊の碑なんだそう。
さすが、長州ですね・・・。

国分寺隊

そしてまたまた大木ですよ

国分寺 まき

1000年だよ!
樹齢1000年!!!
1000年前という事は11世紀ですよ!早速Wikiで調べたよ。
1002年 「源氏物語」成立
1006年 おおかみ座に超新星出現。明るさは太陽と月を除いて史上最高の-9等級と推定される。後世、藤原定家が『明月記』に記録。他各国で記録あり。18ヶ月にわたって輝いていたと記される。
おお!では、多少の樹齢の誤差など考えたら、もしかしたら・・・もしかすると・・・
この木は恒星の最期・超新星爆発の輝きを見たかも・・・

CNN200705080018.jpg かに星雲
(超新星爆発:参考画像おいときますね)


国分寺 まき2

色々な歴史を見守ってきた木ですよ・・・。

国分寺 まき3

もう、このへんのなんじゃないかな・・・。


あけぼうの結論としては、周防国分寺の見所は

大木&老木の神聖なたたずまいを楽しむことが出来ました

次は、毛利氏庭園に向かいま~す

~つづく~

theme : 日帰りお出かけ
genre : 旅行

山口県・防府市へおでかけ2

それにしても、いつもこのあたり(山口県東部?)を通過すると思うんですが・・・
山の姿が不思議なんですよ~。

山2

写真のように、岩がポコポコしてる山ばっかりがずーっと続くんですよ~。
どういう成り立ちの山なんだろう?秋吉台?カルスト台地?・・・は、もっと西のはずよね・・・・。

そういえば中国5県のなかで、広島県と岡山県が中国地方の覇権を巡って常にいがみ合っているのに対して、山口は独立っぽいというか超然としてるイメージですよね~。
幕末以来、多くの有力政治家を輩出してきたせいですかね・・・。


そんなこんなで防府に到着。

防府サイクリングターミナルで自転車を借りたら、家庭の日は無料 ということでレンタル料タダになりましたラッキー
昭和の自転車が借りられるということだったんですが、たしかに、ベルがベルじゃなくて「パフパフ!」って鳴らすタイプだったり、ブレーキが右ハンドルにしかなかったり。

あと、べダルが前にしか回らないんですよ!逆回転できないから、坂道でペダルを回さないとブレーキ代わりになる・・・色々と変わった自転車でした。
慣れるまで、しばらくかかりましたわぁ・・・

まず最初の目的地・・・それはお昼ご飯!
「千のお気に入り」というお店で、ランチを頂く。「じゃらん」に載っていたお店なのだけど、とちらにしてもこのお店しかサイクリングターミナルの近くに無かったような・・・www

魚料理プレート

お魚 を食べ~

肉料理プレート

お肉 を食べ~

そのほかデザートなどを頂いて、さあ、 出発!

防府天満宮4鳥居

到着したのは防府天満宮です!

防府天満宮3鳥居

ホント、超いい天気すぎて、汗がとまりまへんwww

菅原道真を祀った神社で、日本三大天満宮のうち最初に出来た天満宮らしいですよ!
知らなかった~!大宰府と京都の北野天満宮に比べるとちょっとマイナーですよね・・・。もっと頑張れ~。

防府天満宮2

でもこの防府天満宮、あけぼうはすごく気に入ってしまいました
鳥居を抜けて、階段を上がっていくときの雰囲気が凄く良くて、映画やドラマに使われそうなかんじでした。
神社の規模も、程よく大きくて丁度イイ☆
観光地としては、もうちょっと・・・って感じなのかもしれませんが、参拝客も10人程度でのんびりできるし。

あけぼう、ここで、お守り買いました~w

お守り

足腰www
これからもウロウロおでかけする予定のあけぼうにピッタリw
(年寄りくさい・・・とか思った人は、後日、なまはげに扮したあけぼうが襲いに行きます

おみくじも買いました~その名も「ご縁おみくじ」
お正月に「大吉」を引いたのに、ついついご縁関係をチェックしたくて引いてしまいましたw
結果は「小吉」。

願い事:他人の助けにあって思う様になります。
(私のために他人が働いてくれるから余裕!)
旅行:行ってもよろし
(好きなところにいけるね!)
商い:他人の世話で利あり
(あけぼうのために皆が良くしてくれるってわけだね!)

とまあ、他力本願なあけぼうにピッタリな結果が。

ただ、「ご縁」関係はというと・・・
恋愛:父母に相談せよ
(あけぼう本人に見る目がないってことカナ?)
縁談:思うほどに早くは叶わぬが気長にすれば吉
(まだまだ先になるってのかい・・・)

でも縁談の欄に「あきらめなさい」って書かれていた友人に比べればwww
まあ、いっか~。

あと、本殿とは別に「春風楼」っていう建物があるんですが、この建物がまた、ステキでした~

春風楼 案内板

もともとは五重塔を作ろうとしていたみたいなんですが、断念してこういった建物になったとか。

春風楼5

この床下がその名残らしいんですが、この複雑な構造・・・昔の大工さんスゲー!って感じですよ・・・。

春風楼6 床下

春風楼3

階段を上がって、建物内に入ると、木彫りの龍が飾ってありました。これまたスゴイ!
こんなのあけぼう家にもあればいいのにな~(どんな家だよ・・・w)

春風楼4

ここで、お月見の会 とかしたら、ステキだろうなあぁ~

春風楼1

春風楼からの眺望。風が吹き抜けていって、とても涼しいんですよ。
(もはやどっちの方角を向いているのか、東西南北がさっぱり分からない、あけぼう@方向音痴☆)

春風楼2

しばらく我々全員、座ってボ~っとしてました。
ここで、いつまでもボーっとしていられるって思いましたw

いやいやいや!
次、行きますよ!
次は、周防国分寺に自転車 で向かいます!

~つづく~

theme : ちょっとおでかけ
genre : 旅行

tag : 防府市

プロフィール

あけぼう

Author:あけぼう
性 別:女(毒)
血液型:A型
住 居:広島県
特 徴:ご朱印女子w
近 況:
Instagram(別名)

最新記事

過去記事の検索はこちら

☆カテゴリ☆

リンク(遊びに行ってね)

コメントありがとうございます

Comments<>+-
Trackback <> + -

あけぼうの木

FC2カウンター

Translation(自動翻訳)

RSSリンクの表示

フリーエリア

ポチッとな!