FC2ブログ

乗っかる

大河ドラマではフェイドアウトみたいになってます、室町幕府最後の将軍・足利義昭さん。
うちの地元ではこのとおり推されてますw



義昭さんは京から追放された後、鞆の浦で政務を執っていたので「鞆幕府」っていいます。

鞆の浦は、海が満ちる時に、東の淡路島方面からと、西の下関方面からの、両方から来る潮がぶつかる瀬戸内海のおへそ。
引き潮の時はその逆だから、船が潮待ちをする場所として昔から栄えたんだとか。
交通とか情報の面で、いろいろ都合のいい場所だったのかな~って思います。

この義昭くんも、しばらくしたら見られなくなりそうだから、激写してみました。

鞆の浦は「龍馬伝」の時も、「ポニョ」の時も、ちょいちょい関わりがあって、それをプッシュしてるんだけどやっぱりちょっと弱いのよねえ・・・。

ブログランキング・にほんブログ村へ

| 時事関係 | コメント(0)

50年目の・・・

昨日(2020年12月23日)、地元ニュースでわりと時間割いて特集していたので

食い入るように

見てしまった・・・

広島県庄原市西条町の比婆山の麓で目撃されたという、謎の生物・ヒバゴンが目撃されてから、なんと今年で50年なんだとか。

わたしはまさかそんなに前だとは思ってなかったので、ちょっとびっくり。80年代初期くらいの話だと思ってた。

当時は危険な生物が出没したとして大騒ぎとなり、小学生の通学には規制がかかり、連日の報道で目撃者には破格の迷惑料が行政から支払われるという、当初は比較的シリアスみの強めなニュースだったみたいね。

・・・それから色々あって、今やすっかりネタ扱いみたいになってますけど・・・50年たっても、インタビューを受けてる関係者は、みな一様に「このあたりは山間部だから、もしサルなら見慣れているので驚きはしなかった。あれは顔が逆三角形で毛むくじゃらの【なにか】だった・・・」と真剣に語ってました。

なんせ50年前の話だから、関係者がみんな高齢なんですよね~~~。
こんなに真面目に語られるヒバゴンの話がまとまって聞けるのも、最後かもしれないと思うと貴重なニュースでした。





ところで。
そんな50年の節目の年。
比婆山(ひば やま)で、新種の昆虫(ハネカクシ)が見つかったんだそうです。
発見者は市の職員さんで、比婆山の豊かな自然が後世まで残るようにと、属名ラトロビウムに続けて表記する種名にヒバゴンをつけて「ラトロビウム ヒバゴン」と命名して、正式に登録されたんだそうです。

というわけで今後、
比婆山にヒバゴンは・・・いる!ってことになります(^^)


ブログランキング・にほんブログ村へ

  

| 時事関係 | コメント(4)

も~いくつ寝るとお正月・・・

岡山の誇る日本三大奇祭・西大寺会陽(はだか祭り)も、
観客なしの福引形式で行われることになったんですって。

なつかしい・・・昔行った時の記事()をみたら、
8年くらい前だっていう。そんなにブログやってたんか、わたし(^^;)

知恵を絞って伝統を続けていこうっていう意志がすごいなあ。
のちのち、こんな事もありましたぁ、ってただの歴史の1ページになればいいなって思います。

わたしもなんだかんだ、ここ数ヶ月ろくに神社仏閣におまいりしてなくて
御朱印を集めだしてから初めてといってもいい異常事態だなって、ふと我に返りました。

なんかですね、毎月のように神社仏閣に行ってると、自己暗示みたいなもんなんでしょうけど、なんとなく神仏の加護みたいなものが自分に薄衣のようにかかってる感覚なんですよね。
なので、宝くじのCM見れば「次は絶対当たるに決まってるぅ!」なんてノリノリで年末ジャンボ買ったりするんですけど、今年に限ってぜんぜんそんな気持ちになんないわけ。
薄衣を、一枚また一枚とはぎ取られていって、どんどん生身(というか剥き身?)に近づいてる感じなんだよね。よわよわ。

次におまいりに行くなら初詣ってことになりそうだけど、これもいつ頃行こうかなって悩むよねえ。
コロナは伝統文化もじわじわ蝕んでいくなぁ。



ブログランキング・にほんブログ村へ 
その前に大掃除っていう難関があるけどこれも全くやる気が起きない

| 時事関係 | コメント(4)

その武勇伝、聞きたい

わたしの中で、最近一番インパクトあったニュースと言ったら、
香川県坂出市の修学旅行の小学生たちが乗った船が沈没したニュースですよ。
そう、この夏行ったばかりの坂出市です。

昔の木造船みたいなヤワな船じゃないし、波も荒れ狂ってるわけじゃないし。
一見、おだやかに見える瀬戸内海だけど、やっぱりナメてはダメなのよ~~って、改めて思いましたよね。

海 船 絵画 海岸線 

それにしても最初の報道では、「船体に浮遊物がぶつかって・・・」と言ってたでしょ?
首を傾げたよね、船体に穴を開けるような浮遊物ってなんだよって。
わたしの浮遊物のイメージって、ナイロン的なモノとか流木だからさ。
金属は沈むから考えにくいし、やっぱり流木?
でも船体に、沈没するほど甚大なダメージを与える流木って、相当なわけですよ。
そんな流木あるかなあ・・・。

って思ってたら、いつの間にか岩にぶつかったことが判明してた。浮遊物の「ふ」の字もない。
でもそれなら理解できる。スッキリするけど、この最初の報道どうなん?分からないなら分からないって言えばいいのに。誤報じゃん・・・。

それにしても、小学生たちめちゃくちゃ偉かったんだね。
びっくりしただろうし、怖いだろうに落ち着いて行動して、お互い励ましあって。えらいなあ。
今の子は、服を着たまま泳ぐ練習もしてるっていうけど、彼らのこの「落ち着き」に役立ったのかっていう点はちょっと知りたいよね。
大丈夫な子は翌日登校しなさいっていう学校側のコメントには、最初ビックリしたけど、ちゃんとカウンセラーを呼んであるからって事らしいね、そのあたりもワタシら世代には馴染みのないことだから、いちいち「へぇ~!」って思っちゃった。

子ども 小学生 イラスト 画像 こども 

そのうえ、同行のバスガイドさんが72歳っていう点にも、なんかもう日本の高齢化社会を象徴してて、いろいろ考えさせられたなー。その年でも現役で働けるって絶対有能なんだろうし、やっぱすごい。手に職のある人の強みだよね、羨ましい。一方で時代の移り変わりってやつで、正直今、バスガイドって職業そのものは斜陽だよね・・・若い人でわざわざなりたいっていう人もあまり見たことないし。それやこれやで今も現役でやってたんだろうなー。キャリアも終わりに差し掛かった頃になって、どえらい目に遭われましたよね、まじで。だけど是非このまま行けるところまでガイドを続けて、今回の体験さえも話のネタにしていってほしい・・・。

で、逮捕された船長さんなんだけど、釈放されたそうですね。
なんでも航行するのは初めてのコースだったんだとか。
最終的な調査報告がまだだし、ここからは完全に第三者だから言える個人的感想なんだけど・・・。
もともとこの小学校は、コロナ禍ゆえに、本来は関西へ修学旅行に行くところを、急遽切り替えて県内に変更してたって話で。学校や親たちとしては、なんとか修学旅行という体験をさせてあげたいっていうのがあったんだろうね。すごくよく分かる。そして旅行先を県内にしたのも、安全を確保するためなのだろうしね。しかも県内にお金を回せる。三方良しな話だよ。で、船会社もコロナ禍で収益が落ちてるところだったろうから、とにかく何が何でもこの仕事取りたかっただろうなあと思う・・・。そうして、大人たちがこのコロナ禍にバタバタとセッティングした結果、ほころびがこんな形で出ちゃった・・・って感じがするんだよなぁ。
そりゃ、ちゃんと航路を確認してなかったんなら完全に船長が悪いけどさ・・・でも、コロナでさえなければ・・・っていう思いにはなるなあ。
本当に犠牲者がひとりも出なかったことが救いだったよね。本当に良かった。

高齢化社会・コロナ・地方・・・色々なことが混ざったような事件だったなと思った。大人もみんな一生懸命やってるんだけど、いろんな社会のシワ寄せって、結局一番弱い子どもにいくのだということを改めて心に刻みたい。
しかし今回の経験、トラウマになっちゃう子もいるかもしれないけど、一方で、武勇伝にしちゃう子もいるんじゃないかなぁって気がする。そういう子がたくさんいて欲しい。そしてわたしは心の底からその武勇伝、聞かせて頂きたいって思ってるんだよね・・・正座して聞く(笑)



ブログランキング・にほんブログ村へ
人の武勇伝を聞くのはきらいじゃない

| 時事関係 | コメント(4)

お盆の過ごし方

今年、結構お盆休みが長めなんですよね。
オリンピックの残骸みたいなもんなのかな・・・。

せっかくまとまった休みなのに、このコロナ禍。
でもさ、もうさすがにちょっと息抜きをしたいわけ。

アイキャッチ がっかり

もちろん近場で、日帰りで、車で・・・だったら許されるかしら。
どうせ人ごみは好きじゃないから、自然のある所が良いと思ってるんだけど。
とはいえ山のほうに行くなら、すこしは人がいないと怖い場合もあるしなあ。

海もいいなぁ。
海の見える涼しい所でかき氷を食べながらぼーっとしたい。

かき氷

しかし自粛を促されているとはいえ、
夏休みだし帰省してくる人もいるだろうから
そういう場所は、ファミリーがいっぱいいそうだよな~~~。

どこなら良いんだろう?
うーん・・・。

ブログランキング・にほんブログ村へ
うーん、って言ってる間に、終わっちゃうんだろうね休暇が…

| 時事関係 | コメント(2)