おでかけブログ。ご朱印を集めてます。その他、日々のおバカな出来事・読書感想などを、つらつらと。


おばあちゃんの家、銭湯、映画館、角の煙草屋…昭和を彩ったなつかしいタイルの8割が、なんと4キロ四方の小さな町、岐阜県多治見市笠原町で作られていました。色とりどりのタイルを生み出した笠原町と、いまも笠原タイルを貼った建物がのこる全国の街町を訪ねます。(「BOOK」データベースより)


そう言えばタイルって、最近見なくなりましたね。
ビルは言うに及ばず、個人の住宅でもあまり見た印象がない。

かつて、岐阜県多治見市の笠原町という場所で、
大量の様々なタイルが量産され、
まさかの貿易摩擦までひき起こしてしまうほどの勢いで広まりました。

この本はそんな笠原タイルを多方面から追いかけた一冊です。

まず様々なタイルのデザイン。
形も色も非常に多彩で、まるでお菓子のよう。
ショコラティエなんかが参考に出来そうなくらいです。

また、そんなタイルを大量生産出来るようにした
笠原出身の重要人物・山内逸三 氏。
この人物に焦点を当てて、我が国のタイル生産の発展をみていきます。

その頃、
東京大震災によって、赤レンガ造りの洋風建築が倒壊し、
タイル貼りの鉄筋コンクリートへシフトしていた時期。
もっと個人生活を重視し、
日本の風土にあう快適な住宅を作っていこうという、
そんな時代背景が建築業界にはあったみたい。

そういう流れの中で笠原タイルも発展して
輝かしい一時代を築き上げたんですね。

最後は、今もあちこちに残っている、笠原タイル。
階段の手すり、ビルの柱・・・ちょっとしたところに、
オシャレなタイルが残っていたりして、
ひと昔前まで、建物、街の中・・・
あらゆるところをデコってたんだなぁと、意外にも感じました。

なかでも各地のレトロな銭湯にあるモザイクタイルはとにかく凝ってる。
そして、そういった建物を建てた人、
それを守ってきた人達のエピソードも添えられていて、
ほっこりしてしまいます。

庶民の「普通の暮らし」をさまざまに彩ってきたタイル。
そう考えたら、日常生活の中に美しい装飾が、
今、どれだけあるのかなって、逆に考えてしまいますね。

面白いのは、モザイクタイル(モザイク画)って、
つまりはドット絵だから、パソコンでも出来るよね?ということで
職人さんと同じものを、試しにパソコンでやってみたところ、
全然印象が違う、妙に気持ち悪い絵になったそうなんですよね。

やはり、職人さんは、人間の目で見て良い感じに見えるように、
補正しながらタイルを埋めていってるんですよね。
それが最終的に大きな違いを生むってことで・・・。

そういう手仕事がうみだす、絶妙な不規則さって、
植物とか自然に近いというか。
やっぱり人も生き物だから、目に心地よいと感じるものなのかも。

最近インスタを見てると、若い人も昭和レトロな建物を
「かわいい」って写真を撮ったりしてるみたいです。
最近の建物はスッキリしてデコラティブなところが全然ないので、
逆に、彼らはこういう「装飾」に飢えてるのかもしれないな~
って、思ったりしましたね。



  

ブログランキング・にほんブログ村へ


追記を閉じる▲
関連記事

FC2blog テーマ:読んだ本の感想等 - ジャンル:小説・文学

【2018/04/15 15:05】 | 読書感想
【タグ】  感想  読書  
トラックバック(0) |

Re: タイトルなし
あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

センス、かなり大切だったかもしれない。
今ほど設計図とか、キッチリしてなかったかもしれないよね。
ざっくりとしたイメージを伝えて、あとはお任せ的な。
それでも素敵に仕上げてくれる信頼感。

それにしてもお風呂屋さんって、
いまは壁の絵を描く人も少ないって聞くし
経営者も高齢者が多いだろうし、
早く文化財として何かしら指定とかしておかないと、
気が付いたらパッと無くなってしまいそうで心配。



Re: こんにちはー
あけぼう
小々次郎さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

実は多治見市のモザイクタイルミュージアムは「インスタ映えスポット」として、最近よく紹介されてる記事を見るようになりました。なので、存在は知っていたんですが、この本を読んで、ますます行きたくなりましたよ! 小々次郎さん、特別展やってるうちに行かなくちゃ!

Re: タイトルなし
あけぼう
へろんさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

集めていたんですね!私も小さいころカラフルな石は集めていましたが、タイルとは縁が無かったです。でも形といい、色といい、バリエーション豊かだし、その組み合わせ方も数学的な美しさがあって、ワクワクしてしまいます。それが、すべて町工場のおじさんが個人で考えた模様だというのがまた、たまりませんです☆


misachi68
モザイクタイルってお洒落ですよね〜
いいなぁノスタルジックな雰囲気のモザイクタイル貼りのキッチンとか玄関周りとか憧れるわ〜〜
職人さんってきっちり仕事するだけじゃなくて、センスも必要だったんだね。

こんにちはー
小々次郎
輸入物におされていますが 未だに多治見はタイル作っていますよ お仕事で使うタイルカタログのメーカーは本社が多治見だったりします タイル魅力的だからカタログ見てても飽きないです 多治見市にモザイクタイルミュージアムってのがあって今まさに「東京の銭湯とタイル」特別展開催中です 行ってみたいし この本買いますw



へろん
そういえば小さい頃、タイルを集めていたような。
工事現場だったか何かで落ちているのを拾っていたんだと思います。
結構いろんな色と形があって、集めるとこの本の表紙みたいにきれいでした。
モザイク画をパソコンで再現すると違った印象になってしまうという逸話は面白いですね。
やはり人間にはまだまだ機械で真似できないところがあるんですね。



コメントを閉じる▲


アイヌ・海民・南島…。縄文は、生きている!!!われわれの内なる「縄文性」に迫る、まったく新しい縄文論。内容(「BOOK」データベースより)



よく、顔つきなど
縄文的か弥生的か、なんて話をしたりします。
どちらかというと、民族のルーツとか遺伝子的な方面から
語られていることが多い気がしますが、
この本はそこではなく、
縄文の人々の世界観や思想に焦点を当ててます。

その縄文的思想というものが、
どんなものだったかというのは、
やっぱりアイヌや南島に残された文化が参考になっています。
特にこの本ではアイヌですね。(作者はアイヌ研究者なので)

そのアイヌと、
列島各地の海浜部にいた「海民」たち。
両者の残した神話には、
共通した同じモティーフが見られるといいます。
そこに、縄文的思想(世界観)がみてとれる、というのがこの本。

あまり書いていくとネタバレしそうだし、
民俗学や考古学を行ったり来たりしつつ進むので、
とても私にはまとめきれないから、詳しくは書けないけど、
出雲神話等とも符合する部分が出てきてびっくり。

しかも、わたし自身が島根を旅行した時に
神話の舞台を見て、感じたこととも、
妙に合致する部分があったりして、とてもワクワクしました。

個人的にも、わたしのルーツは「島」なので、
海民の人々のもつ縄文性についての説明を読んでると
自分の祖父母や親戚などのことなんかが思い出され、
なんとなく、しっくりくる事が多くて。

分別のついたいい大人になった今でも、集団の中で、
なんだか・・・この人たちとノリが合わないわぁ・・・
って思った時。
ちょっと集団行動からはみだしてしまいがちな時。
もしかしたら、
あなたの中の縄文性がうずいているのかも(笑)

アイヌについても、知らなかったことがいっぱいで、
本筋とはちょっと離れた部分でも、
勉強になったことが沢山ありました。
面白い本でした。


  
ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

FC2blog テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

【2018/04/08 19:59】 | 読書感想
【タグ】  感想  読書  
トラックバック(0) |

Re: タイトルなし
あけぼう
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ


逆に岡本太郎さんの興奮が伝わる本はまだ未読のあけぼうです。
いずれ読むでしょう、きっと。
玉さんの中の縄文性も以外とありそうな気がしますw
読んでみて、ピンとくるところがたくさんあったら、
ちょっと嬉しいよね。

ここに出てくる神話のくだりを読んでいると、
出雲の稲目洞窟、三瓶山、高知の西側の海沿いなどへ行った時に
なんとなく頭に浮かんでいたイメージと、
あまりにぴったり過ぎて、
読みながらちょっとビビッてしまった自分がいます…。


玉坂めぐる 
縄文の本は、岡本太郎さんの興奮が伝わる何冊かを読んだことがあります。(^^)好きでした。
しかし、自分の縄文性については考えたことがないやあ。思えばあけぼうさんとは、ルーツが近所かもしれない玉坂。
顔つきが薄くて地味なので、見た目の縄文性には自信がないのですが(^へ^)これは・・・気になる一冊になりそうです。


Re:「縄文の思想」読んだよ~
あけぼう
misachiさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ


気になりますか~(´∀`*)ウフフ

ちょっとね、ド素人にはハードル高めの本です。
かといって、文章は難しくないのでご安心を。
最初しばらく我慢して読んでいたら、
ノッていけるようになるかな…って思います。


Re:「縄文の思想」読んだよ~
misachi68
気になる〜〜
縄文性ってなんだろ?
島の物語を続けて読んだことがあるので
島についてはちょっと興味津々なんだよね。
アイヌの人々や南の島の人たち(日本の)の
民族的な風習とか散々ググってたりして。

われわれの内なる縄文性ってなんなの〜〜

コメントを閉じる▲


知的な観察によって、人を悩ます強弁・詭弁の正体を見やぶろう。
言い負かし術には強くならなくとも、そこから議論を楽しむ「ゆとり」が生まれる。ルイス・キャロルのパズルや死刑囚のパラドックスなど、論理パズルの名品を題材に、論理のあそびをじっくり味わおう。それは、詭弁術に立ち向かうための頭の訓練にもなる。
ギリシャの哲人からおなじみ寅さんまでが登場する、愉快な論理学の本。「鏡と左右」問題つき



相手の詭弁・強弁に圧倒されてしまったり、
なんかおかしいよな~、と思いながらも言い負けてしまい、
後で「ああ言えば良かった・・・」とモヤモヤする。
そういうことって、ありますよねえ~。(しみじみ)
時には腹が立って夜眠れなくなることも。

では、そんな相手の振り回す「詭弁」とは、いったい何なのか。
論理学の先生(作者)が、
詭弁の構成や中身を丸裸に分解してくれました!
作者もまた我々と同じように
言い負かされてモヤモヤした経験を持つタイプの方だそうで、
大変心強いです。
(頭が良いこととは全く別なんですね・・・こういうのって)

また、こんなことを言われたらどうする?といった、
会話例が豊富に出てきて、頭の体操になります。

論理学の本なので、
詭弁とはどういう「つくり」になっているか、という本になります。
まずは、敵を知る、って事ですね。

で、知った後、それをどう活かすは、
あなた次第なのです・・・。




詭弁と聞くと森見登美彦氏の一連の作品に出てくる
架空の京大・詭弁論部が思い出される人も多いのではないでしょうか・・・。
  
ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

FC2blog テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

【2018/04/06 12:26】 | 読書感想
【タグ】  読書  感想  
トラックバック(0) |

Re: 「詭弁論理学」読んだよ~
あけぼう
misachi68さん、イラッシャーイ(*ˊᗜˋ*)ノ゙


職場のAさん、なかなかクセ強そうだねえ(^_^;)
仮想敵として、職場のほかの皆さんの結束力高まりそうな気もするけど…うーん、そうでもないか。憎まれっ子世にはばかるだもんなー( •᷄⌓•᷅ )


Re:「詭弁論理学」読んだよ~
misachi68
ああ、良さそうな本ですね。
いっつも職場のAさんには
(好き放題言ってるけど彼女には言い負かされてしまうから反論できない)
って、みんなが思ってるw
揉め事にならない程度に何か言ってやりたいって多分みんな思ってる(^-^;
こういう本でちょっとトレーニングしておきたいわφ(σ_σ)メモメモ

コメントを閉じる▲


未来に向かってまっしぐらだった時代に生まれた、渋く、艶っぽく、自由なデザイン。手仕事も工業製品も光る、魅惑的なビルの世界。釉薬たっぷりのタイルや角丸の窓、カッコイイ塔屋、愛嬌のあるサイン、らせん階段…etc。(「BOOK」データベースより)



著者はBMC(ビルマニアカフェ)さんといって、
1950〜1970年代に建てられたビルの技術や
オーナーのこだわり、時代背景に魅了された5人組集団だそうです。
ビルを使ったイベントを開催したり、
不定期でリトルプレス「月刊ビル」を発行されているそう。

この本にはそんなBMCの皆さんが自信を持ってお届けする
大阪の昭和のビルが掲載されています。

遅まきながら私(=もちろん昭和生まれ)も、
明治・大正の豪華な洋館とはひと味違う味わい深さがあることに
最近、うすうす気がついてきていました。
ちょうどそんな時に、大阪の街を歩く機会もあったりして。
レトロなビルを「なんかいいよなぁ」と眺めたりしていたんです。

ただ、文化財として見学OKな洋館とは違い、
昭和のビルはテナントビルとして今も現役な建物も多くて、
部外者が気軽に内部を見て回れるような感じではないじゃないですか。
そこで、この本です。

昭和の個性的な外観のビルの中は、一体どんな感じなのか。
やっぱり期待を裏切らず、素晴らしかったです。
角の丸い窓、らせん階段、壁のタイル、ゴージャスな会議室・・・!
とにかく今の既製品でできたコスト重視のビルとは違って、
あちこちに職人さんの手しごと感があって、
本当におしゃれでカワイイ。

これまで漠然と「なんかいいな~」と思っていたビルですが
この本で、ビルの味わい方を教わったような感じ。
地元でも探してみようと思っています。
影響されちゃってます(笑)



ブログランキング・にほんブログ村へ

  
関連記事

FC2blog テーマ:読んだ本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

【2018/03/20 17:22】 | 読書感想
【タグ】  感想  読書  建物  レトロ  
トラックバック(0) |

Re: こんにちはー
あけぼう
小々次郎さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

まさか持ってるとはw でも小々次郎さんなら納得かなー。
もともとらせん階段は好きだったし、丸い窓も好きなんだけど
この本を読んで一番ひかれたのはタイルだったり。
タイルって本当にあまり見なくなりました。
そんなわけで、今はタイルの本を読んでおります、うふ。

こんにちはー
小々次郎
この本持ってますw ちょっと薄暗い回り階段や 踊り場の壁に貼ってある六角形のタイルとか どこかエキゾチックですよね ちょっとひんやりしてるんじゃないかと思わせる空間に 作り手のいろんな国への憧れが存在しているようです^^


Re: 「いいビルの写真集 WEST」読んだよ~
あけぼう
misachi68さん、イラッシャーイ(*ˊᗜˋ*)ノ゙


ぜひぜひ!
マニアックだけどとっつきやすい、いいバランスの本でした。関連の本も読みたいし、BMCさんが出している「月刊ビル」も気になって検索したんだけど、売り切れてた。やっぱり大人気なんだなー。


misachi68
これは見たいですね!!
φ(σ_σ)メモメモ
個性的な建物を作りたいっていう
作り手の野望なんかが見えそう。


コメントを閉じる▲


『出雲国風土記』はなぜ『古事記』の、大国主が活躍する出雲神話を無視したのか、日本神話最大の謎をついに解明する。(amazon内容紹介より)





古代研究のうえで、欠かせない書物「古事記」「日本書紀」「風土記」。
しかしこの3冊の、出雲についての記述は食い違っている。

なぜなのか?

また、神社は南向きに建てられるのが一般的にもかかわらず、
出雲地方の神社は大半が東向きなのだ。出雲大社を含む2社を除いて。

それは何を意味しているのか?

そこから話は始まって、
あの超有名豪族の祖先神へと繋がって行きます。

縁結びの神・大国主命のイメージが覆ることは間違いないです。
太いしめ縄で、完全に封じ込められた神。祟る神様なのです。

しかし、戸矢氏の著作、今までに2冊ほど読みましたが、
今作が一番読みにくい本だったかもしれない。
過去の著作の引用が多いこともあって、
それらを読んでないとついていけない感覚になりがち。

特に過去作「三種の神器」と「ニギヤハヒ」は読んでないとしんどいかも。
わたしは「三種~」は読んでましたが「ニギヤハヒ」は読んでなかったので
読み下すのに時間がかかりました・・・。

先生に
「ここは前に教えたところだぞー」って、さっさと進められて
どんどんついていけなくなっていく生徒みたいな気分を
久々に味わいました(笑)

そんな感じで様々な著者の過去の主張とリンクしていくため、
話があっちこっちに拡がって、本筋を見失いがちになるんですよね。
あれっ今、何の話なんだっけ・・・としょっちゅう迷子になりました、私。

とはいえ、なかなかスリリングな話の展開で、
ダレることなく、読み切っちゃいましたけどね。面白かったです。
しかし、作者の主張については、
現段階ではちょっと、賛否が言えるほど理解できてる自信がない(笑)
まずは「ニギヤハヒ」も読んで、補っていきたいと思います。

*  *  *

ついでながら・・・。
本の中では、余談的にちょこっとしか触れてないのに、
すごく印象に残ったくだりがあったので、書いちゃいます。

神話の中で、オオクニヌシって2度殺されるんですが、
(若い時=オオナムチって言われてた頃)
お母さんの力で復活するんですよ。生き返るんですよ。

「生き返らせる」って
実は神道にも仏教にも無いものなんだそうです。
言われてみれば確かになあ。
仏教は輪廻転生だし。
神道だって、神様さえも死んで黄泉の国へ行く話があるもんね。

しかし古代中国の道教には、あるんだそうです。方士の術に。
そこから、オオクニヌシの母は、方術の使い手なのでは?
とあって、面白いなーって思いました。
(補足:文章の流れ的に中国南部からの渡来人であるという主張を含んでます)

確かに昔から日本には幽霊や妖怪はいても、ゾンビはいない。
いっぽう、中国にはキョンシーなど、ゾンビがいる・・・。


ブログランキング・にほんブログ村へ
あと、さらにすごーくどうでもいい話なんですが、
豪族・物部氏の祖先神といわれるウマシマジ(のみこと)の
「ウマシマジ」が、最高に声に出して読みたい日本語。
ウマシマジ・・・ウマシマジ・・・いい・・・。

  


追記を閉じる▲
関連記事

FC2blog テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

【2018/03/16 12:58】 | 読書感想
【タグ】 感想  読書    古代  ミステリー  
トラックバック(0) |

Re: 「オオクニヌシ 出雲に封じられた神」読んだよ~
あけぼう
misachi68さん、イラッシャーイ(*ˊᗜˋ*)ノ゙


わかります わかります。
しかも名前がいくつもあったりね(^_^;)
ただ、こういう本をよむと、行きたい場所が増えるのと、現場に訪れた時に楽しいんだよね。それでちょくちょく読んでます♡


misachi68
ウマシマジ、ウマシマジ・・・声に出したらグフって笑えるのはなんでや?

面白そうな話ですねえ。
しかし、神話の部分はほんとに名前といい登場キャラの多さといい
難しいんですよねぇ。
それを道教の流れとか中国からの渡来人だとか
推理がすごいなぁ。


コメントを閉じる▲