FC2ブログ
おでかけブログ。神話や妖怪、UMAが好き。その他、日々のふしぎや、おバカな出来事・読書感想などを、つらつらと。
さて、岡山県側の瀬戸大橋のたもと、下津井ですが、
いい意味で昔の漁師町みたいな風情が残っていて、なかなかいい場所でした。
いつも瀬戸大橋でびゅーんと通過するだけだったのでね。

ところで、わたしは昼過ぎに下津井にやってきたので、ランチの時間はもう終わってたんですよね。



むかし下津井廻船問屋のすぐ横にあるカフェ、「キッチンまだかなや」さんで、おやつにしました。



シャーベット状のミルクセーキにアイスがのっかって、各種ドライフルーツがのっかってます。
美味しい!やっぱり暑いときには冷たいものが最高だわ。

しかも、何が最高って、店内にあるおみやげ物コーナーに



地元の作家さんの手になる「猫とタコ」がありました。購入決定。



1つ1つ違っていて悩んだんだけど、このお互いを見てる感じが良くてw



「猫とタコ」の民芸品というと、東北・米沢のものが有名で、
わたしもいずれは欲しいと思っていましたが、
こっちもこっちで、タコが有名な下津井らしくて良いね。
思わぬ良いお土産をゲットできてホクホクしました。
これで下津井は終わりです。
ちょっとした、夏のお出かけでしたが、予想以上に充実しちゃいました。


ちなみに。たいして何の参考にもならないですが、
まとめると、この日のスケジュールはこんな感じです。

昼。ヒマなあまり、急に思い立って車に乗り、倉敷方面へ向かうw
14:40 田土浦公園 到着。 しばしその辺をうろつく。
(ほんのすこし車で移動)
14:55~15:15 むかし下津井廻船問屋 見学
15:20~15:50 まだかなや でおやつ
15:55~16:05 祇園神社 参拝
(すこし車で移動)
16:12~16:30 穴場神社 参拝
16:30~ 夏の山登りでダメージをうけ、回復に時間を要する
帰宅。
美白サプリを飲んで悪あがきw

行ったところ全部、ひとつの町内の中を移動してる感じの距離感で、
目的地が目視で確認できます。
歩くのに慣れてる都会の人だったら、徒歩で巡っても抵抗ないくらいかも。
ただ、ここを目当てに行くほど観光スポットが充実しているわけでないから、
なにかのついでに(鷲羽山も近いですし)ちょっと楽しむ感じがいいかもな~。

ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

FC2blog テーマ:日帰りお出かけ - ジャンル:旅行

【2020/09/10 14:00】 | 倉敷市
【タグ】 旅行  観光  日記  岡山  
トラックバック(0) |


あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そうなんです。急に行くことにしたので、ざっくりとしか下調べせずに行ったけど、何とかなりました。
電車で行って、駅からレンタサイクルで下津井に向かって、自転車で巡る・・・という方法もあるみたい。涼しい季節ならそれも良かったかも。
猫とタコ、可愛いですよね~。地元の作家さんが1つ1つ作られてるものなんだとか。
土人形のたぐいは、神社仏閣の土鈴に入ってるおみくじとか、参道にあるザ・お土産物屋さんって店でしか出会わないだろうと思っていたので、まさかの出会いで嬉しかったです♪



misachi68
なるほど〜
ちょっとの時間でまとめて見て回れるエリアなんですね!
いいですね〜
ウチの近くの港町もきっとそんな感じ。

猫とタコが気になる〜〜♪
可愛い(*´∀`*)

コメントを閉じる▲
岡山県の瀬戸大橋のたもと、下津井。
ここでは、他にもちょっと気になっていた神社がありました。

前回の祇園神社から、また元に戻るようなルートになります。

fc2blog_202008201426151f9.jpg 
最初のここに、超近い。



その名も「穴場稲荷」。
児島ICから鷲羽山スカイラインを下っていく道路沿いにあります。



すぐ横に駐車場があって、数台は停められる。
さあ、登っていきますよー。



なんだか毎年この時期、めちゃ暑いにも関わらず、山に登る羽目になるんだよなあ・・・。



おっ、なんか見えてきました。民家っぽい屋根だけど。



人の気配は全く無し。お社があります。
参拝・・・(。-人-。)



しかし鳥居は続く。
まだ先があるぞ~と私を導きます。



この日、この夏一番の猛暑で全国では40度を超えたところも。
めちゃくちゃしんどい。



見てくださいよ。橋とほぼ同じ高さまで来ちゃったよ。



でもまだこんなに階段が続いてる。
心折れそうなんだけど、でももうここまで来ちゃったしなぁ・・・。



とうとう、橋が一望できるくらいまで登ってきちゃいました!
でも、でも・・・
ようやく最終地点が見えてきた!



まさに穴場!
岩と岩の隙間みたいな穴の中に、稲荷様がお祀りされているらしい。



おっと! みんなはここまで。
あとはわたし1人だけで行くね。
参拝・・・(。-人-。)

中は本当に岩が迫ってきそうな空間になっていて、
そこに小さな祠があるって感じ。
でも「なにかがありそう・・・」という雰囲気に満ち満ちてました。

実はここからさらに山の上のほうには「鷲羽山古墳群」といって、古代の古墳が3基もあるんだよね。
(1,300~1,500年前の横穴式の円墳とのこと)
そういう場所だから、
この岩場は、古代から磐座として神聖視されてきたのではないかな。



なにしろこの景色だからね!
古墳とともに、この海域のランドマークみたいになってたかもね。


いや~しかし。
とにかく暑くて、しばらくぼーっと休憩して、下山。
ちょっと熱中症気味になり、クーラーをきかせた車の中で休んでました。
なかなか車を出せませんでしたね。くらくらしちゃって。
やっぱりもう無理がきかないトシなんだわ。夏の山はもう禁止。


穴場稲荷はですね、もうすこし涼しい時に行くべきです。うん。

ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

FC2blog テーマ:日帰りお出かけ - ジャンル:旅行

【2020/09/09 12:41】 | 倉敷市
【タグ】 旅行  観光  日記  神社  岡山県  
トラックバック(0) |


あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

本当ですよね。夏の暑さのなか、マスクもしてるから、頭から熱が逃げないっていうのもあったかも。なかなか回復しなかったし、今回は本当に反省しました。夏の山禁止で(^^;)

海から見えるってことがきっと重要だったんだろーな~、って思います。航海の目印にもなるし、やっぱアピール力がそのへんに建てるのとは違うw 現代で言うと、新幹線の路線に向けて、でっかい看板を立ててるのに近いかも。


misachi68
1500年も前に山をせっせと登って古墳を作った人々がいたんだね〜〜
見晴らしがいいからここにしよう!って時の権力者は決めたんだろうか。

最近の夏はもう尋常じゃない暑さなので
気をつけてくださいね( ˊᵕˋ )


あけぼう
小々次郎さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

夏はやめといたほうが良いです。木陰もないし、本当にしんどかったw
この神社も鷲羽山という山の一部ですが、山のてっぺんにはホテルもあるし遊園地もあるしで、このあたりはどこも瀬戸大橋のビューは最高でございます。是非、おいでませ~♪



小々次郎
「穴場稲荷」!これはとても素晴らしい撮影ポイントを教えてもらいました^^ でもやっぱり自分も夏場はやめときますw

コメントを閉じる▲
瀬戸大橋のたもとにある下津井というところに来ております。

前回の、瀬戸大橋のたもとから少し車で移動して、
「むかし下津井回船問屋」という所に来ています。



海沿いをずーっと行くと駐車場があるので分かりやすい。



駐車場もじゅうぶんな広さ。
「むかし下津井廻船問屋」を直接ナビに目的地として入力すると、
もしかしたら、海沿いでなく一本中に入った道を紹介する場合があるかも。
そっちは道幅があまり広くはないので、おススメはしないかな。



町なみは、当時の面影を少し残していていい感じの通り。



むかし下津井廻船問屋の中は、当時の建物を再利用した、無料の資料館になってる。



タコツボで下津井らしさを演出。



お盆時期でもあり、ほかには1組しか見学者がいなかったので、
とにかく静かでまったりとした時間が流れてた。



2階に上がってきました。資料館らしくなってきました。



港町らしいものがいっぱいある。



なかでも、すごく良い顔の大黒さん&恵比寿さんがいたのでご紹介♪



にっこにこ~☆



海を隔てた向こう岸の香川県。
いまでも、このあたりは高松のラジオがフツーに入ってくるくらい近くて、
高松の工芸品「つまみ人形」もいろいろ展示されてた。
いちいち可愛い。これはやっぱり高松に行って是非ゲットせねば・・・。

そしてそして!
サイコーにカッコいいのがこれです。



軍艦あり、兵隊あり、お城あり・・・めちゃくちゃカッコイイな。
すごいデザイン。日清戦争がモチーフになってるらしい。
これはドンザっていう海の男の仕事着なんだそう。ただ、これに関してはデザインがこってるだけあって普段着使いではないみたい。ハレの日にこれを羽織る海の男。かっこよすぎ。解説によると、かつての下津井の網元の服らしいです。


ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

FC2blog テーマ:日帰りお出かけ - ジャンル:旅行

【2020/09/06 14:28】 | 倉敷市
【タグ】 観光  旅行  日記  岡山  
トラックバック(0) |

Re: 2020年のなつやすみ その3  ~海の男の粋な服
あけぼう
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

いい!うんうん。
今ってこういう服はなかなか無いからね。
ちゃんとした大人が着る、魅せる服。
特攻服とか、成人式で暴れるやつの衣装とは違うんだよなー。




玉坂めぐる 
お屋敷のなか、こざっぱりでつやつやに拭き込んである感じ。かっこいいですね。居心地よさそうです。昔のお金もち、人を使うから人徳も大事、迫力も大事で、男前だっただろうなあ、と妄想してしまいます。
そうなるとオリジナルの正装というのが効いてくる。晴れの場のためにあつらえた意匠。みなさんが紋付き袴でも、モーニングやフロックコートでも、網元はコレなんだね。(^^)いい!


あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そうなんですよね、下津井までくると大阪まであと少しですね。
恐らく瀬戸大橋の誕生で、四国方面への渡船が廃止され、それはそれで地元は大打撃だったんじゃなかろうかと思いますが、それでも設備はきれいで整っていたし、地元の歴史に誇りをもっておられるのだろうな~と思いましたよ(^^♪


misachi68
雰囲気いいですね〜(*´∀`*)
昔の港町のイメージがちゃ〜んと
脳内タイムスリップできますね♪
北前船で栄えた港だったんですね。


コメントを閉じる▲
前回の愛媛はストレスを発散は出来たのですが、
なにも観光らしいことが出来なかったのも確かなので、
なんとなく不完全燃焼でして。

日を改めて、なつやすみ後半。
瀬戸大橋のたもと。
下津井(しもつい)という所に行きました。



岡山県側のたもとになります。



公園になってるんですよ。
海ぞいでは、釣りの人がいっぱいいました。
釣り人たち、だれもマスクしてなかったw まあ、外だし、暑すぎるしね・・・。



見上げるとこんな感じ。真下にも行けますよ。



この下津井ってところは、
名前に「津」がつくあたりでピンときた方もいるかもですが、
昔から、瀬戸内の主要な港でした。

今まで読んだ本によると、
山口県から大阪へ向かって港づたいに航海する時に、
たいてい鞆の浦の次に、ここ下津井に寄港し、
その次の兵庫の室津という順になっていることが多いです。
四国の香川県側へ渡る港としても、もちろん栄えてたようです。

で、名物はタコです。下津井のタコ。
瀬戸内海沿岸って、
明石(兵庫)・下津井(岡山)・三原(広島)とタコが名物ってところが多い・・・。

タコ  

そうそう。
うちの祖父もよくタコを捕ってきて食べさせてくれました。
あの~タコを噛んだ時にじゅわっと出る、ダシのような濃いうま味が美味しいことは分かるのだけど、しょっちゅう食べさせてもらいすぎてて、正直そんなに好きではないのだった(笑) おじいちゃん、ごめん!w 実は我が家はみんなそうで、例えばお寿司を買ってきたとすると、必ず最後に残るネタがタコです(^^;) でもタコが嫌いで食べられないという関西在住の友達も、こっちに連れて帰ってタコを食べさせたら「味が全然違う!」って言って喜んで食べてたから、美味しいことは美味しいんだよ・・・。

話が脱線しちゃいましたが、これからちょっとだけ下津井をうろうろしまーす。

つづく。

ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

FC2blog テーマ:ちょっとおでかけ - ジャンル:旅行

【2020/09/04 13:14】 | 倉敷市
【タグ】 日記  日常  岡山  旅行  観光  瀬戸内  
トラックバック(0) |

Re: 2020年のなつやすみ その2 あの橋のたもとへ
あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そうそう!
わたしの友人もタコ焼きはそうやって食べてた!w
特に味としてクセが強いとは思えないんだけど、何が嫌なのかね?吸盤?肉質?
でもタコって、ウニとか餌として食べちゃうんですよ。贅沢!その点はなんか釈然としないんだけど、いまだに(-_-;)
でもまあタコを食べることは間接的にウニを食べてるよーなもんかもしれない…と思う、今日この頃w

下津井、駆け足ですがよろしくお願いします(^^)♪


Re: 2020年のなつやすみ その2 あの橋のたもとへ
あけぼう
小々次郎さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

確かに、船乗りさんをパイロットとするなら、瀬戸大橋は虹みたいなものかもしれないですね♪
やっぱこうして近くで見ると、流石に大きかったです(^^)

橋の真下、中央からの写真も撮りたかったけど、そこは日影になってるから、先客の釣り人たちに占拠されてて、近寄り難かった…w



misachi68
タコは好き嫌いあるよね〜
ウチの娘は中学生くらいまでタコが苦手で、
それなのにたこ焼きが好きで、
たこ焼きの中に大きなタコが入ってたら
わざわざ出して食べるという面倒くさい子でしたww
たこ焼きじゃないやんw

下津井ワクワク〜

こんにちはー
小々次郎
津々浦々ですね 港々に女がいたってぐらいですから昔の船乗りさんはモテモテだったんでしょう 今で云うパイロット的な扱いでしょうか 「瀬戸大橋」のおかげで電車はもちろん自力で「海峡」が渡れるんですから 当時の船乗りさんも形無しですね 「瀬戸大橋」ぐらい大きな橋のたもとだと 虹のたもとにたどり着いた気分です^^

コメントを閉じる▲
さて前々回の記事で、
「投入堂」が有名な三徳山三佛堂のことを書きましたが、
ついでだから、妄想旅行します。

妄想旅行  

ここへ行くのは絶対車でしょうね~。
遠方の方は岡山駅まで新幹線で来て、そこからレンタカーで行くか
鳥取空港あるいは米子空港からレンタカーか・・・。
全行程、車で・・・ってパターンもあるにはあるな。

        妄想旅行 車 

そうすると、なんだかんだで着いた時にはもう昼ですよね。
午後から登山、っていうのもサワヤカじゃないよなあ。

というわけで、1日目は観光しましょう♪
それもわりと近場がいいよね。

ちょうど、ほどよい距離に、倉吉という街があります。

倉吉市 地図 
白壁土蔵の街として知られる鳥取の観光スポット。
実はなんどか近くを通りかかったことはあるものの、
いまだにちゃんと行ったことがないんです、わたし。

9:30 円形劇場くらよしフィギュアミュージアム
 近年できたばかりの施設。
 所要時間は1時間くらいをみてるんだけど、
 興味なかったらスルーして以降のスケジュールを前倒ししても良いよ。
 そしてすぐ近くにあるお寺に向かいます。徒歩。

10:30 満正寺
 ここは境内に巨大星占盤があり、それを使った占いができるお寺。
 女子が好きそうですよね~わたしもちょっと興味ある。
 いちおう所要時間は1時間をみてるけど、
 どんなもんなのかな~もうちょいサクサク終わるかも。

ここから、いわゆる「白壁土蔵」の町なみエリアへ車で移動です。
すぐ近くだけどね。
最寄りの市営駐車場や観光駐車場などに停めて、基本的に歩きます。
町なみも眺めて楽しみたいですしね。

11:33 倉吉淀屋
 商人の古民家を見学。
 大阪の淀屋橋の由来で有名な豪商・淀屋と関係が深いらしい。
 所要時間は30分程度をみてる。
 ここまでの行程で時間にゆとりがあったらじっくり見てもいい。

12:05 倉吉ふるさと工芸館
 地元の「倉吉絣(かすり)」という織物を紹介している施設。
 お土産に絣でできた何かを買うのも良いなと。
 念のために1時間くらいみてるけど、
 早く終われば、次が混んでるかもしれないからサクサクと進もう。

13:08 レストラン&カフェ白壁倶楽部
 この時間帯だから、もうお腹ペコペコかもしれないね。
 仮にランチはここにしておいたけど、
 この界隈、わりとお店があるみたいだから歩きながら考えても可。
 いちおう所要時間は1時間。

14:08 はこた人形工房
 わたし好みのゆるカワイイ張子人形「はこた人形」があるから、
 ここは個人的に絶対買って帰りたい。
 しかも顔を描く体験もできるらしいから、念のため所要時間80分程度みておく。

もうちょっと早く終わるかもしれないけど、
それならそれで、ここらは「白壁土蔵群」といわれるエリアの中なので、
お店もあるし町なみも良い感じだしで、色々見て回ろう。

        白壁 

15:31 打吹回廊
 お土産やレストランなどが入ってる場所。
 ここが一応、本日の観光スポットとしてはラストだけど、
 もうお土産はいいやっていうことなら・・・、

徒歩圏内に、ちょっと建物が独特な「大蓮寺」(倉吉淀屋さんの関係のお寺らしい)や、
「大岳院」っていう「里見八犬伝」のモデルとなったお殿様とその家臣が葬られたお寺もあるので、
そっちへ行っても良いかも。

なんなら車で移動して(といっても近い)
「鳥取二十世紀梨記念館 なしっこ館」も、実はわたし、気になってるんだよね。
このB級感あふれるネーミング(すまん....)に反して、
なかなか頑張ってるらしいと聞く。なにより梨の試食が出来るのもイイ。

さて、倉吉の町なみから移動して、車で15分。
お宿のある「三朝温泉」に到着です。

16:46 旅館大橋 に宿泊
 これは妄想旅行なので、ここに泊まるのは正直言って夢ですね。
 わたしにとっては、なかなかの高級な宿。
 建物全体そのものが国登録有形文化財なんですよ。
 ザ・日本旅館って感じです。

 まあ三朝温泉は有名な温泉地なので、他にもいろいろな宿があります。
 リアルで考えたらもっとほかの宿になるかもね・・・ううっ。

とりあえず、ご飯食べて温泉入って英気を養おう。明日は登山だ。

         アイキャッチ 妄想旅行 

翌朝

車で10分、三徳山へGO!

もうこの日は三徳山三佛寺で1日を終えるから。
もちろん、服装や靴などの装備は抜かりなくね。
お昼は遅くなるから、直前になんか軽く食べておこう。
ちなみにこちらは、入山のために料金が必要です。
あと、1人じゃ登れないことになってる。2人以上じゃないとダメ。


09:00 三徳山三佛寺 到着。
 もうちょっと早く到着するかもしれないけど(^^;)
 所要時間は、
 ここから入山して登山参拝して、
 下りてきて宝物館などなどを見て・・・だから、
 3時間以上、4時間未満なイメージでいます。

めちゃくちゃ大変だと思うけど、頑張って登って、
心地よい疲労とともに下山してきたら、
すぐ近くのお店に寄って遅めのランチ兼おやつだ♪

13:00 谷川天狗堂でごはん
 「堂」がついてるけどお店です。お店の名前です。
 口コミでは、お豆腐や、とち餅が美味しいらしいです。
 全カロリーが身体中にしみわたるんだろうな~きっと・・・。

さて、これで2日目のメインは終了。
早っ!って感じだけど、この後は、駅あるいは空港へ戻ることになる。
帰りのルート沿いで道の駅に立ち寄るくらいはできるけど、
仮に岡山駅発の新幹線に乗って帰る場合、
駅まで戻るのに2時間かかるから、着いたら15時。
岡山でレンタカー返して、ちょっと一服して新幹線に乗るってなると
すぐ16時くらいになっちゃうからね。こんなもんよ。

せっかく来たんだから、もっと鳥取を!という人は、
移動して「鳥取砂丘」を目指すのも良いね。
三徳山から30~40分くらいで着くんじゃないかな(車で)

鳥取砂丘とは反対の島根方面に行くと
名探偵コナンの作者「青山剛昌ふるさと館」がある。
さらに1時間くらい走ると境港があるから、
「水木しげる記念館」も行っとく?
こうなるともう2泊3日コースだね(笑) それもありだけどね。


ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

FC2blog テーマ:旅の情報・準備 - ジャンル:旅行

【2020/07/22 12:14】 | 妄想旅行
【タグ】 旅行  観光  計画  妄想  
トラックバック(0) |


あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

あ、そうですね!あの有名な加賀屋さんクラスかも。
加賀屋さんも泊まってみたいものです。いつか・・・w

やっぱり重厚な木造建築の中に泊まるのって、大人の贅沢って感じ。
泊まることも観光のひとつ(体験)って考えて、こんなお宿にするのも良いよね。

鳥取砂丘はこの辺りにきたら行きたいよねえ。
遠方からせっかく行くのなら、2泊3日くらいしてもいいかも〜。




あけぼう
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

嬉しいです!むしろありがとうございます♩
(^ ^)
三朝温泉行かれましたかー。私はなにげに行ったことがないんですよ。
近いと行かないんですよね、日帰りしちゃうからw

先日地元のニュースでみたんですが、今年はコロナで遠方に行けないということで、三朝温泉の小学生たちの修学旅行先は地元なんですって。三朝温泉の子は実は三朝温泉に泊まったことがないということで、これって意外といいなって思いました。



NoTitle
misachi68
三朝温泉の大橋旅館は
お値段が、石川の加賀屋クラスですね!!
素敵〜〜ワクワクしちゃう。
2泊3日コースで行きたいわ〜〜
鳥取砂丘も見たいし。
白壁土蔵群がいいね。
タイムスリップ感がありそう。


NoTitle
玉坂めぐる 
たのしいねえ。
三朝温泉、気持ちよかったなあ。
かなり前だけど。

マネっこさせてね。妄想旅行。(^^)



コメントを閉じる▲