FC2ブログ
おでかけブログ。神話や妖怪、UMAが好き。その他、日々のふしぎや、おバカな出来事・読書感想などを、つらつらと。
2019年夏。涼を求めて高い山に登ろうと思い立ち、
四国徳島、剣山へ登りました。

標高の高い、さわやかな風そよぐ頂上。
石鎚山、瀬戸内海、さらに天気の良い日は鳥取の大山まで見渡せるという
頂上からの絶景も楽しみにして、

せっせと登るも、そこは山の天気。

みるみる曇ってきたかと思うと、本格的に雨が降りはじめました。
なのでスマホを取り出して写真を撮るわけにいかず(濡れちゃうから)、これ以後の行程の写真がめっきり無くなりますw

打ち付ける雨にも負けず頂上を目指して歩きましたが、
大剣神社から30分間。

ほとんどガスってて周りが見えず。
1メートル先くらいしか見とおせない・・・

もしかしてこの登山道には自分たちしかいないのではないか?

というような孤独な状況がしばらく続きました。

正直、怖かった~

だって前回、野生の鹿に遭遇して、のんきにときめいてましたけど、

野生の鹿がいるんだったら、

あの動物だっているんじゃないか・・・

ちなみに、これは後日知った事ですが・・・
ウィキペディアの「剣山」の記事の一部を引用します。

環境省レッドリストにより「絶滅のおそれのある地域個体群」に評価されているツキノワグマの四国山地個体群が分布している。これらのことより、国指定剣山山系鳥獣保護区(大規模生息地)に指定されている(面積10,139ha、うち特別保護地区1,189ha)。


く・・・くま!!!(やっぱり!!!)
 


くま

こんなに視界が悪かったら、
熊がめっちゃ近くにいても全然わかんなかったはず!
霧の向こうに、いきなり至近距離で熊出現!なんてこともありえたかも。・・・こわ!

そんなこんなで、
孤独&恐怖とのたたかいと、
標高の高さプラス雨=寒さ とのたたかい。
自然のキビシサを存分に味わいながら、頑張った。
もくもくと歩いて登り切ったよ。

地図2
(クリックで拡大)
出典:四国森林管理局Webサイトの地図を加工して作成

ようやく到着。



剣山本宮宝蔵石神社 でございます~~~~。
後に見える巨大な岩石が宝蔵石といってご神体となっています。

脚が笑っている状態ですが、とにもかくにも参拝・・・(。-人-。) 
ご祭神は、
素戔嗚尊/須佐之男命
安徳天皇
大山祇神/大山積神 です。

鳥居が白いってちょっと珍しいし、
額のところ剣がクロスされてるのもなんかカッコいい。

で、すぐ横に建つ「剣山頂上ヒュッテ」でホットココア。


完全に味はインスタントのココアだけど、沁みるわあ~~~~
あったまる~~~~ありがたい~~~~
しばらく放心状態。もう何もしたくないw
このままヒュッテに泊まっちゃいたい・・・。

それにしても、夏の暑さから逃げるように山へ登って、
頂上で寒さのあまりにホットココアのんで
「あったけぇ~」って言ってりゃ世話ないよねw

まあでも、呆けている間にちょっと雨がおさまってきたし、
放心状態から多少は意識を取り戻してきたのでw
ヒュッテから外に出てみました。


(クリックで拡大)
ここから見渡せる壮大なパノラマの絵があります。
本来なら見える景色って事ね。

で、現実は・・・・



これ  

白いwww どこまでも白いw

さらに頂上付近へ歩いて行ってみると、



こんな感じ。



いちおう展望デッキまで行ってみたけど、白いわぁ~~~www
なんも見えなかったw

剣山という名前から、岩だらけのゴツゴツした頂上をイメージしがちだけど
全然そんな事は無くて、
本来(視界良好なら)なだらかな草原が広がっています。
このへんに逃げてきた平家の落人たちが、
馬の練習とか鍛錬の場にしていたという話も残っているほど。



青々とした草原に、ところどころ草花が彩りを添えてます。



あーあw
青い草原、どこまでも見渡せる大パノラマ、涼しくてさわやかな空気・・・、
最高な登山になる予定が、こんなことになるとはw

雨が止んでいるうちに、急いで下山することにしました。
今のうち~ってことで。

地図3
(クリックで拡大)
出典:四国森林管理局Webサイトの地図を加工して作成

今度はリフト乗り場まで所要時間40分(登りは60分だったので20分早い)の「尾根道コース」で下山します(上の図・青のライン)。登りの時のルート(上の図・紫のライン)よりもちょっと勾配が急なんですけど、くだりだから比較的 楽でした。
わたしはくだり道になると足腰を痛めがちで、苦手意識があるから大丈夫かなと少々心配だったんだけど、思っていたより早くおりれた気がする。痛み始める前にくだりきれました。



このコースには「刀掛けの松」というスポットがあります。ここは、安徳天皇が山頂に宝剣を納めた際に休んだ場所と言われているんだとか。その際、宝剣を持ち続けている家来をねぎらって刀を松にかけるようにと声をかけたことからその名が付いたとされます。安徳天皇は壇ノ浦で入水しちゃったんじゃなかったのかえ?と無粋な事を言うのはよそう。ここでは「そういうことになってる」。これが旅を楽しむ秘訣w



もう夕方。夕日が少し見えているけど、これから晴れてくるのかな。
そしたら剣山山頂からは素晴らしい夜空が見られるんでしょうね。

それにしても、山の上で清々しく過ごしたかったのに
えらい目に遭ってしまったw 残念。

でもこの記事を書いている今では、大変だったけどいい思い出になってるw
ただし、山と熊の気配に対して、異様にトラウマになってもいるw

本来ならここでバーンと素敵な山頂からの眺望をお見せする予定でしたが、
ほぼ何も撮れなかったので、
是非、剣山頂上 の本来の景色をネットでご覧いただければと思います(ToT)

登山道じたいは、お子様でも大丈夫なくらい初心者向けに整備されてます。
良い所なのでまたリベンジしたいなあ。

もっと言うと、剣山は
イスラエルの失われた10氏族の1つがここへやってきたという伝説や、
そのうえソロモンの秘宝・伝説のアークをここに隠したという伝説もあったり。
詳しい事は剣山で検索するとすぐ出てきますんでここには書かないですが、
なかなか興味津々なミステリースポットでもあるのですよ。
月刊ムー的なトピックが大好きな人が行ってみたい場所・剣山w
(例えば、空海が四国八十八か所の巡礼ルートを作ったのはこの隠されたアークを守る結界とするためだとも・・・「空海 剣山」でググると出てくる出てくる)

周辺にも関連のミステリースポットが点在しているし、
やっぱまた来ないとなあ~~~。

剣山本宮宝蔵石神社の御朱印、頂きました~♪




こちらも期間限定の御朱印。



鳥居の銀色が反射しちゃって

お守り~。





ブログランキング・にほんブログ村へ
山から離れたら、やっぱり瀬戸内海側は晴れてたよ!


追記を閉じる▲
関連記事

FC2blog テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

【2019/12/24 12:00】 | 徳島県
【タグ】 観光  旅行  神社  ご朱印  日記  四国  自然  
トラックバック(0) |


あけぼう
マナサビイさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

マナサビイさんくらいになると剣山というだけで山のイメージよりそっちになりますよね。私もそうなんですけど。へっへっへ(笑)
空海のはおっしゃる通り結界らしいです。常に八十八箇所を人々が祈りながら巡ることで結界を永続的に保つのが目的らしいです。もちろん異説珍説の類ですけども(^^;)
剣山の周辺にもいわくありげな神社とか点在していて非常に気になるところです。是非謎解きをしに来てください♪
ただ、本当になかなか行きづらい秘境です、あのへんは。まだ結界が解けきってないのかも(笑)

No title
マナサビイ
今更ながら過去記事に失礼します〜〜^^

剣山には失われたアークが眠る! 知っていますとも(笑)
ユダヤ人の失われた十支族のうちのなんとか族が徳島に渡って来て、というのは以前から言われてますよね。
トンデモ説とも切り捨てることができないのが、古代ヘブライ語と日本語とが妙に発音や意味が一致している言葉が多いこと。謎ですな(笑)

アークが隠されてるとかそういうのは別としても、私たちが思うより昔にあちらから日本に人が渡ってきているのは事実かなあと思ってます。
平井堅の顔とか見てると、遥か古に向こうから来た人々のDNAが隔世で出てるかなとか思っちゃう(笑)

でもでも、四国八十八箇所巡りが剣山の秘密を守るための空海の所業という説は知らなかったです@@ 結界を張ったのかな。
剣山本宮宝蔵石神社・・私も謎解きをしに(?)一度は訪れるてみるべきか。


あけぼう
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

いや、全然。もう完全にハイキング気分だったもんw
鈴なんか打ってなかったよ~~わたしが気づかなかっただけかなあ。
だからお互いやたらでかい声でワーワー言いながら登ったよw 息がきれるきれるww でも雨のバチバチいう音も一時すごくて、あまり意味はなかったかも・・・(;^_^A

この山は「行者コース」っていう別のコースもあって、そっちは岩場もあってキツそうでした。
いつかこのコースも歩いてみたい。ただ、熊がなあ・・・。
熊の存在とか狼の存在とかを【込み】で、昔の人のことを考えないと本当の凄さは分からないよねえと、最近はつくづく思うわ。

No title
玉坂めぐる 
熊鈴、もってった?
長野の山で、「クマ出てます」の看板があって、
霧だし。その場で鈴を買って
もう霧の時とか、ジャンジャン鳴らしながら
大声でしゃべって弾んであるいた思い出あります。

途中で、「うるさい!」って同行者におこられて
「がまんしろや!」と喧嘩になりました。

でも、やっぱ修行の山。
かっこいいねえ。
それにしても空海はどんだけタフなんだ…




あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

出会ってもないのに熊へのトラウマが深まってるよww
でも今年一番の語り草になる一件でしたw 鹿にも会えたしね!

やっぱり大変な目にあうのも体力があるうちにしか出来ないことだし、
これからもトラブルを楽しめる自分でいたいとは思うよw


misachi68
山の天気が変わりやすいってホントだね。
お疲れ様でした。
熊に遭遇しなくて良かったね。
涼しく爽やかな空気じゃなく、
寒くてホットココア飲みたくなるほどっていう、
そんな夏のイベントはいい思い出じゃないですか(*´∀`*)
忘れない光景だと思うよ。

コメントを閉じる▲
2019年、夏の暑い盛り。
涼を求めて四国で2番目に高い山。
剣山(つるぎさん)に登っております。



前回からの続きです。
もうこの時点でかなり涼しいですよ~。さすが標高が高いと違うね!

しばらく歩いていると、前を歩くファミリーが「あ~!」と指差しました。




鹿!! 野生の鹿さんです!
1匹だけじゃなくて、



続いて2匹現れました!親子とかかな~?
いや~本当にいるんですね! 大興奮でした

じっとこちらを見つめてましたね。鹿さんと見つめあってしまいましたw
これだけでも剣山に来たかいがあったと思う♪ 本当にうれしかったです♪

地図 鹿
(クリックで拡大)
出典:四国森林管理局Webサイトの地図を加工して作成

しかし・・・



ちょっとこの景色見てよ。

このモクモク感。どんどん何も見えなくなってきた。
山の天気は変わりやすいって言うけど、
出かける時にこんな状況は全く想像しなかったよ・・。

嫌な予感はしたけど、この時は鹿さんを見た高揚感もあって、

まあよく「山の天気は変わりやすい」っていうし、
「じゃあ、頂上へ着くころにはまた晴れてるかもね~」

って、のんきに言ってたw

コース中盤くらいに差し掛かり、
「大剣神社」までたどり着いた時には、次第に雨が・・・!!!



こちらが、パワースポットとしても名高い「大剣神社」です。
後にある大岩がご神体のようです。



天地一切の悪縁を絶ち 現世最高の良縁を結ぶ!

最高じゃないですかあ。

早速参拝ですよ。(。-人-。) ・・・。




しかし!
ますます雨が強くなってきました。


どうにも山の神があんまり微笑んでくれてないような・・・( ;∀;)
おかしいなあ。

ここまで所用時間60分のコースで30分くらい登りました。
雨は強くなったり弱くなったりしています。
最初に前を歩いていたファミリーは、道の途中で追い越したんだけど、
こうしてじっとしていても追いついて来ないところを見ると
途中で帰っちゃったのかも。

なんだか気が付くと我々だけになっちゃってるw

でも残り半分頑張って、頂上まで行けば
「ヒュッテ」があって休憩ができますし、
そこには目的地「剣山本宮宝蔵石神社」がある・・・。
けれども頂上からの絶景は期待は出来そうにない・・・

地図5 
(クリックで拡大)
出典:四国森林管理局Webサイトの地図を加工して作成

うーん。
ここで断念して30分かけて降りるか、
はたまた30分かけて登るか。
思案です。




その時、

それまで

疲れた~しんどい~
ハイキングだと思ってたのに、
こんなに登山っぽい道だとは思わなかった~


と歩きながらグチばっか言っていたw 同行者が、
急にキリッとして
「登ろう!頑張る!」と言いだしたのですw

そして、ちょうどその時雨が弱まりました。
このまま同じ道を30分かけて下るより、頂上まで行って休憩しながら雨がおさまるのをまとう。そして雨がおさまったら最短距離コースで下りよう。もしかしたら「山の天気は変わりやすい」から、雨も上がるかもしれないし!

そんなわけで、さらに登ることになりました~。
さあ吉と出るか・・・凶と出るか・・・。

つづく。

地図4 
(クリックで拡大)
出典:四国森林管理局Webサイトの地図を加工して作成


ブログランキング・にほんブログ村へ 


追記を閉じる▲
関連記事

FC2blog テーマ:国内旅行記 - ジャンル:旅行

【2019/12/20 12:00】 | 徳島県
【タグ】 観光  旅行  日記  四国  自然  
トラックバック(0) |


あけぼう
小々次郎さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そういう意味では龍でも出てきそうな雰囲気ではありました。
とにかく雨は予想外。鹿さんと会うまではいい調子だったのになあ。


あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

雨なんて、出かけるときには予想もしてませんでしたよ。
今日は天気!っていう話だったから、雨具も何も持たず来ちゃったので。
やっぱり山をなめすぎてましたね。
今回の経験から車にカッパを置いておくことにしようと思いました。

こんにちはー
小々次郎
雲行きが怪しいとはこのことですね
仙人が修行する中国の山みたいになってきた
でも頂上で晴れるパターンですよね(楽天家)^^



misachi68
登ってる間も晴れてて景色がよかったら気分爽快なのに、
この天気では迷いますね。
頂上でちょっとでもいい景色が見れたらいいなぁ( ˊᵕˋ )

コメントを閉じる▲
2019年、夏。
涼しさを求めて山に登ってます。
徳島県、剣山です。

剣山はある程度の所まで来るまで登れます。
リフト乗り場の前に駐車場があって、そこに車を停めて、リフトへ。

このリフトに乗らずに自分の足で登りたい人は、
前回の「劒神社」の境内に登山口がありますよ。



リフトの足元に生えてる黄色い花はニッコウキスゲ
標高1,955mの高い山なので、もうこのあたりからすでに涼しいんですよね。



高原に咲くような花が咲いてます。
リフトが時々ガクガクするから写真ブレるブレるw



これから山に登るわけですが、
結果的に、この辺りが一番花が咲いてたような気がするw

リフトからは周辺の山々もある程度見渡せるので、



乗っていて楽しいんですが、心配なのはちょっと雲が出てきていて・・・
山の天気は変わりやすい、っていうのを痛感しましたよね。

だって、こんなに天気が良かったのにさ。

fc2blog_20190815163357e5f.jpg 
(2時間くらい前の晴天)
※車の窓ガラス越しなので、上のほうちょっと暗く見えますが・・・



リフトを降りたら、ここから徒歩です。登山です。



鳥居をくぐって、さあスタート。



といっても、ちびっ子も全然ふつうに歩いてる。
トレッキング程度の初心者コースです。

リフトからだと、大きく3つのコースがあって、
それぞれ見どころがあるんですが、
なるべく緩やかそうなコースを選びたいと思います。

acessmap2_tsurugisan.jpg
(クリックで拡大)出典:四国森林管理局Webサイト

てなわけで、わたしが登りに選んだのは
途中で「大剣神社」にお参りすることのできる「大剣道コース」。
所用時間は60分。(上記地図では紫のルートです)

もうすこし大回りしながら進むコースもあったんだけど、
所用時間80分とあり、
そもそも剣山に到着したのが予想より遅くなってたので、
全体的にこれ以上時間が押していくのもどうかな~と思いまして、
今回は選びませんでした。

さあ、がんばるぞ~!

つづく。

ブログランキング・にほんブログ村へ


追記を閉じる▲
関連記事

FC2blog テーマ:登山・ハイキング - ジャンル:旅行

【2019/12/17 17:02】 | 徳島県
【タグ】 観光  旅行  日記  自然  
トラックバック(0) |


あけぼう
小々次郎さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

関係ないけど昨日リアルで「ココジマ」さんという人と知り合いましたw
おもわず小々次郎さんのことを思い出したのは言うまでもありません。

良い感じです。昔、四国で一番高い山・石鎚山に行った時には鎖にしがみついて岩をよじ登ったりしましたけど、剣山は名前に反してフレンドリーな登山道でした。小々次郎さんでも大丈夫だと思うけどなあ。
剣山頂上は、草原のようになっていて涼しいし、もちろん景色も最高です♪

こんにちはー
小々次郎
木陰でいい感じですね「大剣道コース」
だけど片道60分かぁ なかなか大変ですね
最近自分の膝が他人のように感じられる年頃な自分には難しそう
でもその分頂上からの景色は最高でしょうね^^




あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そうなんですよ、中四国で2番目に高い山です。
1番は鳥取の大山(だいせん)なんだけど、直前に行ったのが、うちからだと大山と似たような方角にある満奇洞っていう洞窟だったので、違う方面に行きたくてね。
わたしもこの時はワクワクしてました。ワクワク・・・。


misachi68
ニッコウキスゲ可愛いですよね〜〜
山に登るのは涼を求めてってことなのね。

この後の景色がいいんだろうなぁ。
ワクワク。

コメントを閉じる▲
外来種のツマアカスズメバチが本州に上陸したっていうニュースがありましたけど。
見ました?あの巣の大きさ!!怖すぎる・・・(ぶるぶる)

恐怖 

本来は、東南アジアや中国にいるはずの虫らしいですね。
温暖化のせいですかねえ。


そんなニュースを見ながら、うちの妹がカメムシ最強説を唱え始めましたw

なんでも、妹の会社は周囲の環境がそうさせるのか、ちょくちょく蜂が入ってくるんだそうです。
わたしと同じで大の虫嫌いの妹ですが、今ではずいぶん強くなり、駆除スプレーを手に、蜂を撃退してるんだとか。

そんな妹の会社に、ある日、ゴキブリが出現!
もうプチ・パニックですw
本来ならゴキジェットとか、とにかくゴキブリ用のスプレーがいいんでしょうが、その場に無かったため、手近にあった蜂スプレーをかけたところ、あっという間に死んだんだそうです。
なるほど・・・ゴキ<<<蜂 なのか・・・と妙に感心したんだとか。

そしてつい最近、1匹のカメムシが会社に入ってきました。
ゴキや蜂にくらべると、脅威としては大したことないように思いますが、そうは言っても叩いて殺したらめっちゃクサイ・・・それにヘタをして部屋の中を飛びまわられると怖い・・・。そう考えた妹は、こんな時のリーサルウェポン・蜂スプレーをカメムシにシューッ!

ところが!

振りかけても振りかけても、カメムシには全然効かず、だいぶ焦ったんだとか。

ここから導き出される答えは一つ。

ゴキ<<<蜂<<<カメムシ

なのであります!


というわけで、今後、我々はカメムシ撃退用のスプレーを探したいと考えております。
全部瞬殺できる!・・・はず!?


ブログランキング・にほんブログ村へ
広島に教皇が訪れ、平和を希求する厳かな雰囲気に満ち満ちた同じ頃、
いかに虫を殺すかという話で盛り上がる・・・
我ながら業の深いことよ・・・
関連記事

FC2blog テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

【2019/11/27 17:05】 | 時事関係
【タグ】 日常  日記    不思議  自然  
トラックバック(0) |


あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

なんだか、強いんだか弱いんだかわかんない虫だねwww
でも確かに昔、学校で大発生したときも、「うわー」とか言ってる間に気づいたらいなくなってた気もする。

Re: カメムシ最強説・・・?
あけぼう
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

よっぽど江戸時代の人にハマったんだねえ。
一周回って原点に帰るようなストーリーや、ちょっとトンチがきいたようなところが良かったのかな?
カメムシ、種類によっても臭いが違うのかな?
もし出会えたら確認を・・・w

No title
misachi68
昔、実家の自分の部屋でカメムシが出たことあって、
捕まえると臭いことがわかっていたので
悩んだ挙句、海苔の佃煮かジャムの空き瓶で
そっと近づいて入れて蓋をして退治したことありました。
数日で昇天なさるのでw

No title
玉坂めぐる 
「ねずみの嫁入り」 最初のほんは
ねずみだけに、ちゅうちゅう中世らしいです(^^)
でも、江戸の子に大うけで、いろんな版元から
いろんな絵師で何回も出版されたってなんか聞きました。

話題がずれてすいません(^〜^)
カメムシは、顔に見える有名な種もいるんだけど
まだご縁がないです。いつか会いたいな。

Re: カメムシ最強説・・・?
あけぼう
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

ホームセンターの農業のコーナーにあるらしい。そこには聞いたことないような虫や、ムカデやネズミのもあるらしい。
カメムシ、臭いくらいで脅威がないって書きましたが、もしかしたら、農作物には悪さをするのかもしれません。

ネズミの嫁入りって、江戸時代の子どもの本なんだ。知らなかった!ジェリーといいミッキーといい、子どもはネズミ大好きだな〜。




Re: カメムシ最強説・・・?
あけぼう
へろんさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

洗剤は確かに大抵の虫にいけるイメージがありますね。
ただ、効くまで時間がかかるし、最後のチカラを振り絞って走りまわられたら恐怖!(TT)
田舎だからだと思いますが、たまにカメムシが大発生する事がありました。学校とか。これといって駆除みたいな事もせず、居なくなるのを待ったなあ。せいぜいホウキではく程度。ゆるかったなあ。

No title
玉坂めぐる 
カメムシ用殺虫剤、ちょっと昔テレビのCMで見た気がしますよう。

ブログ読んでたらぼんやりと「ネズミの嫁入り」を思い出しました。
江戸時代、一番うれた子供向けの本なんだってね。




No title
へろん
こんばんは~。
蜂はしくじると真っ正面から反撃に来ますから、確かに殺虫剤も強力かも知れませんね。でもカメムシはどうでしょうね??
専用のカメムシ駆除剤も市販されてるようですけど、殺虫成分は変わらないようですし……。他の虫と同様に合成洗剤や消毒用エタノールが良いという話もあるようですが。
でもまあカメムシは直接攻撃に来たり走り回ったりしませんから、紙コップなんかに入れて外に出すようにしてます。


あけぼう
小々次郎さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

え・・・それはもしや奥さんの前歯がv-287・・・ってごめんなさーいw!ジャンピング土下座でごめんなさーい!
でも確かに蚊がきらいな音波とかも、なんとなく気持ち悪くなる感じがしますよね。でも小々次郎さんちは確か猫さんがいた気がするんですけど、そんなのお構いなしに来ちゃうんですね・・・。ちなみにわたしは我が家にだけはネズミはいないと信じてるんですけど・・・たまに天井でなにかがトコトコいってますが、鳥だと言い聞かせてるんですけど・・・。


あけぼう
ViVid Mr.K さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

こんにちは!
ゴキさんとハエのいったい何が違ってそんなに効果が違うんでしょうね?
そのあたりがカメムシの件もそうですが、本当に不思議・・・
例えば哺乳類だったら、同じ毒で(致死量は違うとしても)大体どの動物も死ぬんじゃないだろうかと思うんです。違うのかなー??
とりあえず、カメムシスプレーで試してみたい!探します!
コメントありがとうございました♪

コメントを閉じる▲
夏。

今年は例年同様、いや、それ以上に暑かった。

そこで涼を求めて出かけてみました。
到着したのは・・・岡山県新見市・・・



満奇洞(まきどう)という洞窟です!ここは駐車場!
洞窟入口のもっと近くにも駐車場があるんですが、道が狭くなるし、
さすがにこの時期ファミリー層がたくさん来て混んでるんじゃないかと思い、
こっちに停めました。



満奇洞は岡山県の天然記念物に指定されている全長約450mの鍾乳洞で、
歌人の与謝野晶子が「奇に満ちた洞」と詠んだことからついた名前なんだとか。
映画『八つ墓村』のロケ地にもなったんだそうです。

鍾乳洞っていったら、
この岡山県新見市には他にも「井倉洞」っていう洞窟もあって、
そっちのほうが、規模としては大きいです。
わたし自身は、井倉洞には行ったことあるけど、満奇洞は初めて。



洞窟に誘うたぬきさん。



岩と岩のスキマ的な、さりげない入口。
でも近づいただけで、もう涼しい!



入口と出口は同じなんですが、
入ってすぐの所に、このとおりテーブルとイスが設けてあって、
休憩スペースになっている。

わたしも洞窟見学後、出る前にここでひと休みしました。
座ってしまったが最後、まったく動く気が無くなるというw
一歩出てしまったらまた気温35度くらいの真夏の世界だと思うと、
この中の涼しさが心地よすぎて出たくなくなるんだよ。

ま、それはともかく、中の様子をご紹介します。



この満奇洞はカラフルなLEDでライトアップしているところが魅力です。



鍾乳石の独特の形状とあいまって、幻想的・・・。

という印象はほんの一瞬。

ちびっ子がワイワイ走り回って騒々しいので、
幻想的なムードは一気にかき消されます。いいけどw

 

地底湖があって、水もめっちゃ澄んでる。




 


人によっては、けばけばしくてお化け屋敷っぽい色合いに見えるかなw
でもリアルで見たら綺麗なんですよ。

ただ、洞窟だから仕方ないといえば仕方ないんだけど
高さが低いところが結構多くて、中腰体勢が長いのが辛かった(笑)



ま、全部中腰ってわけじゃないし、まっすぐ立てるスペースもあるから、耐えられないほどじゃない。
普通におじいちゃん&おばあちゃんでも大丈夫なレベルです。



いや~心地よい涼しさを満喫いたしました。
やっぱり、涼を得たいなら洞窟とか風穴とかそういうのが良いかもね。
日焼けもしませんし。



満奇洞で撮影されたという「八つ墓村」にちなんだ顔出しパネルがw
もちろん撮るよねw

満奇洞はちっちゃな子やお年寄りでも楽しめる洞窟って感じでした。

満奇洞のある新見市は鍾乳洞が多い町で、
アウトドア体験としてケイビングも出来るらしく、
つなぎを着た装備ばっちりの少年たちも見かけたりしましたよ。
楽しそうだよね~気になる気になる。




ブログランキング・にほんブログ村へ 


追記を閉じる▲
関連記事

FC2blog テーマ:日帰りお出かけ - ジャンル:旅行

【2019/11/16 00:18】 | 津山・新見
【タグ】 旅行  観光  岡山県  自然  日記    
トラックバック(0) |


あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

ハニベ、行ったことあるんだ~w
決してリピートしないと誓うような場所ってかえって気になるw
きっとそういうところがマニアを引き付けてるんだろうねw

そうそう、地質がたぶん違う。
岡山のあのへんは鍾乳洞が多くて、あと、山口も秋吉台秋芳洞があるしね。
広島も無いわけじゃないし。全体的に中国地方は多いのかも。

Re: No title
あけぼう
へろんさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そうそう!高知でもありましたよね!!
どこが最初に始めたのか分からないですが、鹿児島など各地の鍾乳洞でライトアップをやってるみたいです。ちょっとどぎつい色合いになりますけど、鍾乳石の陰影がはっきり出るから私は好きだなー。

No title
misachi68
ハニべ巌窟院はね〜行ったことあるよw
怪しげな昭和B級スポットですw
あれは鍾乳洞的な自然を感じる場所じゃなく、
決してリピートはしないだろうと誓うような場所w

そっか、地質が違うんだよね、きっと。
行ったことある鍾乳洞は岐阜が近いかもしれない。

No title
へろん
岡山に住んでた時、井倉洞は行ったのですが、満奇洞は存在は知ってたものの行きませんでした。八つ墓村のロケ地とは驚きです。それ知ってたらぜひ行ってたのに(^^)
鍾乳洞内のライトアップって、高知でもやってました。不思議な雰囲気になりますね。

Re: No title
あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そういう地質の山が多いんだろうね、なんか鍾乳洞が結構あるんだよねえ。
北陸は少ないのかな?ちょっとググったけど確かに近辺にはなさそうだねえ。
あ、でも小松市にB級スポット界隈ではわりと有名な「ハニベ巌窟院」があるねw

No title
misachi68
鍾乳洞羨ましいわ〜〜
近くにあったらいいのに。
例えば、ウチの近くの裏山(実際裏山なんて近くにないんだけど)に
鍾乳洞が発見されました!とか。
暑い時には近所の人たちの憩いのスペースに解放されて、
熱中症患者が減るってなったら素敵。

コメントを閉じる▲