FC2ブログ
おでかけブログ。ご朱印を集めてます。その他、日々のふしぎや、おバカな出来事・読書感想などを、つらつらと。
金沢観光 2日目。

前回からの続きです。
朝イチから「金沢21世紀美術館」へ行き、
素敵な絵を鑑賞して大満足したところです。

建物から外に出てきた時には、なんだかんだで昼前になっていましたよ。
まさか美術館で、USJみたいな行列に遭うとは思わなんだ。
ヨロヨロになって出てきましたww

人の多さと立ちっぱなしだったのと。
あとアート鑑賞って色々考えさせられるせいか、疲れません?
イイ意味で。イイ意味でね。
そんなこんなで、頭が働いてなかったんでしょうね。我ながら。

あとで思えば、いろいろミスってました。

まず、近くで売ってるというミサさん推し「メロンパンアイス」も、
甘いものを食べたら少しは疲れも回復できたであろうに、
すっかり失念してました。

その上、
本当は、この後すぐ美術館の目の前にある
金沢能楽美術館」に行く予定にしていたのに、それも忘れてしまう始末。
ここでは、能の恰好して写真を撮らせてもらえるらしいんですよ。
あー能の恰好したかった~~~

1444945.jpg 

能楽気分を高める為に、
わざわざ前夜、ホテルでEテレの能の番組を見てイメトレしたくらいだったのに。なんてこった。

そんな感じで色々と大事な事を忘れつつ、
次にフラフラと向かったのは、



美術館の目の前にどーんと構える、こちらの「石浦神社」!!



なんだかマッチョでノリのいい狛犬さん。



神様の通り道みたいな。拝殿までの敷石。



石浦神社は古墳時代に創始された金沢最古の神社なんだそうです。

こちらの御祭神は

大物主大神(大国主大神)
大山咋大神(山王)
菊理媛大神(白頭山の神)
天照皇大神
天兒屋根大神(春日大社の一柱)
市杵島姫大神(厳島の神)
誉田別大神(八幡の神)

1柱でも大神社でお祀りされるような、
そうそうたる神々。

それゆえに どんな事も丸く「きまる」 とされ、
崇敬を集めているんだとか。

参拝…(。-人-。)




縁結びの神さまがおられるためか、
女子の参拝者が多くて、
おみくじを結ぶスペースがすごかった。



印象に残っているのは意外と摂社の広坂稲荷神社。



湧き水と御手洗池


(クリックで拡大♪)

行基さん、この水で元気回復したらしい。
それにしても、どこへ行っても行基さんゆかりの場所ってあるよなあ。

     030869.jpg 

歴史上、日本のお坊さんで1番働いた人なんじゃなかろーか。



逆さ狛犬。
流麗なお姿。(後で知りましたが、狛犬ファン界では有名らしいです)



まさかの「すし塚」「包丁塚」!
包丁はともかく、「すし」なんだw
様々な寿司ネタを総括しているわけなのね。
なかなか珍しくない?
昨日のお寿司美味しかったです…と、思わず感謝の気持ちが新たになりましたw



こちらにも 参拝(。-人-。)

御祭神は、
宇迦之御魂神(生産の神)
蛭子神(エビス様)
木乃花咲耶媛(山の神)

本殿も摂社も全体的に山への信仰って感じですね。



こちらの神社には「きまちゃん」ていうキャラクターがいて、
金沢のゆるキャラとしてかなり市民権を得ているらしい。
神社の授与品だけでなく、金沢の街中でもちょくちょく見かけたのでした。
びっくり。
「きまちゃん御用達の店」とかあるんだよー。



神社の御手洗池の奥から境内の外へ出るところに、
なぜか「陸軍」と書かれた石。
陸軍の施設が近くにあったのかな?よく分からなかったけど、ちょっとギョッとしました。

今年、わたしはまだ、おみくじで「大吉」を出してなくてですね。(大吉を出すまでは引き続けるタイプの人間です)

もう5月だし、そろそろこの旅行中に出したいな~って思ってまして、石浦神社でももちろん引きました。



色んな種類のおみくじがあったけど、
わたしはこの、きまちゃんの中に入ってるおみくじを購入♪



御朱印。きまちゃんイラストつきの挟み紙。
挟み紙って薄い和紙とか、古新聞をカットしたものとか、神社のご由緒を印刷したものとか、色々あるけど、これは挟み紙って言っちゃってもいいのかな?って思うくらい、厚みがしっかりしていて表面がツルツルした、いい紙でした。



他の荷物と一緒にリュックに入れていたせいで、
若干袋のシワが目立ってしまってますが、お守りも水玉で可愛い~。
いろんな色があって選ぶのに困るくらい。
御朱印帳も数種類あって可愛いものから綺麗なものまで。
結果ここでかなり時間を費やしてしまい、2ヶ所も飛ばして来た割には、
当初の予定通りの時刻に落ち着いてたのでした。
私の計画が盛りすぎてたって事か(笑) ←よくあること。




ブログランキング・にほんブログ村へ 


追記を閉じる▲
関連記事

FC2blog テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

【2019/08/29 16:07】 | 金沢
【タグ】 旅行  観光  神社  金沢  ご朱印  
トラックバック(0) |


あけぼう
小々次郎さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そうそう、気持ち的には前のめりだから予定をてんこ盛りにしちゃうんですよね。
しかも、明るい時間も長くなってきているから気が大きくなってるんですよね。盛りがちです(笑)
年々夜道が嫌いになる。明るいうちにお外で遊びたい・・・。

こんにちはー
小々次郎
メロンパンアイスは北陸道のどこかのSAで食べたことある 味はまんまだったと思うけど忘れました 
半笑いで満喫してる時にいきなり「陸軍」とか出てきたら雰囲気悪くなりますね 敬礼してきました?
GWなんて特に盛っちゃいますよね 自分も危険なんで日没前に終わる予定が真っ暗な中走っちゃったりしてます



あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

いやいやそう言われると嬉しいなあ♪
わたしも地元に対してはミサさんと似たようなもんです。
そういうもんですよ、地元ってね~w

石浦神社はビッグな神様ばかりがお祭りされてて、
古代の北陸の重要度の高さとかが関係してるのか、
加賀百万石だからなのか・・・いろいろ考えちゃったよ。

きまちゃん御用達の店は
バスに乗りながら2軒くらい見つけたよ~w
あと、きまちゃん、ローカルのCMにも出てるよね?スターだw



あけぼう
へろんさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

是非お詣りください♪ とにかく授与品が可愛いです。

行基さんはたしかに一派みたいな人たちがいたみたいですし
庶民にめちゃくちゃ人気があったらしいので
行基LOVE過ぎて勝手に名乗っちゃったりしてそうです(笑)

でも昔の人って超人的なエピソードがいっぱいあるじゃないですか。
西行さんとか松尾芭蕉さんとかもとんでもない距離を旅してたり。
近世でも伊能忠敬さんとかリアルですごい業績を成し遂げてるし。
そう考えるとあながちウソばっかりでもなさそうで・・・やっぱりスーパーマンかも。



misachi68
へぇ〜〜〜そんな古い神社だったんだ!
実は石浦神社ってすっごい昔(30年以上)に一度行ったきりでして。
しかも初詣客が賑わってる夜に友達とワイワイ行ったことしか覚えてなくて、
近くを通っているのに素通りしてばっかりなのでした。
また、近くに行く時にはセットで行こうと思いました。
地元って、知ってるってだけでちゃんと見てないんだね(^-^;)
きまちゃんはローカルTVで見て知ってた。

あけぼうさんのおかげで金沢再発見な感じです(*´∀`*)感謝です〜


へろん
きまちゃんのおみくじや挟み紙、良いですね! もし金沢に行くことがあったらここはぜひお詣りしたいですね♪

逆さ狛犬もおられますか~。岐阜の井奈波神社にもおられまして、なでるとご利益があるということでしっかりなでさせて頂きました(^^)

行基様ってたしかに各地でお名前を見ますよね。実際には「行基一派」みたいな人たちがいたのかとも思いますが、もしかすると本当のスーパーマンだったのかも・・・

コメントを閉じる▲
金沢旅。
2日目の朝です。
本日のバスの1日乗車券切符を買っておいてもらうため、
家族には先に駅へ向かっておいてもらい、



わたしはダッシュで、こちらの神社にやってきました。
「安江八幡宮・金沢水天宮」という神社です。



朝だからか、参拝者は誰もいませんでした。
実はそれもそのはず、
こちらの授与所の受付などは9時からだったんですよね。
わたしとしたことが、調べもせず勢いで来てしまった(笑)



ご祭神は
誉田別尊(応神天皇)
気長足姫尊(神功皇后)
玉依姫命(神武天皇の母)
とのことです。参拝・・・(。-人-。)

ところで
境内でひときわ目立つ、このダルマさんみたいな像。



加賀八幡起上り っていうんだって。



八幡大神がお誕生の際、産着を着ていた姿を写して、
八幡起き上がりと名付けたということです。へえ~!
てことは、これは八幡の神様の赤ちゃんの時ってこと?すごいな。

フォルムは似てるけど、ダルマとは全然由来が違うものなんだね。

そしてその後、庶民にも広まって、
いまでは金沢のご当地キャラ「ひゃくまんさん」のモデルにもなってるんだとか。



拝殿に、ずらりと飾られた八幡起き上がりさんたち。かわいい~



ちなみにお守りや御朱印帳にもこれがデザインされてて、とにかく華やかでかわいい。
金沢っぽいよね~。

あとは、摂社「白鳥社」。



とある茶畑から現れた御神像。
日本武尊の御姿ということです。
すごいよね、こんな岩が出てきたら、そりゃお祀りするよ。
(これに「絶対彫ってる」って言うやつは野暮だよ)

で、この時は授与所がまだ受付前だったので、
涙を呑んでいったん撤収し、
金沢を離れる日に、あらためて再訪していただいたのが・・・

安江八幡宮・金沢水天宮の御朱印~♪


日付を見てくださいな。そう、平成最後の日なんですよ。
いい記念になりました。頂けて良かったです。


ブログランキング・にほんブログ村へ 


追記を閉じる▲
関連記事

FC2blog テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

【2019/08/19 19:27】 | 金沢
【タグ】 神社  ご朱印  旅行  観光  金沢  
トラックバック(0) |

Re: タイトルなし
あけぼう
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

わお♪八幡様とご縁がありましたか(^.^)
ていうか、よく考えたら私もお宮参り八幡さんだわ。
ぜったい生まれながらにすべてを知っているというようなお顔だよね。
神様だから当たり前なのかもしれないけどw
わたしも神様の赤ちゃん姿を見るのは初めて!珍しいよね。


玉坂めぐる 
お宮参りが八幡宮なので、玉坂は、八幡様の氏子ですう(^^♪ そうか、はじめてみました。八幡様の肖像。っていうかこの人が八幡様だとは知りませんでした。目といい、口元といいもう、「おぎゃー」や「まんま」じゃおさまりませんね。この知性。聞こえないけど、キラキラするお言葉がこぼれ出ているようですよ、この赤ちゃん。(^0^)。(あれ、知ってかな。とにかく忘れてる バチアタリww)


Re: こんにちはー
あけぼう
小々次郎さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

気をつけないと野暮だからね?w
きっと茶畑の土からむにゅむにゅと出てきたんだろうと思いますよ。
金沢の神さまは主張が強いのかもしれません(^.^)

今、わたしの働くビルのロビーには
「カープ赤ちゃん」の写真がずらっと展示されているのですが、
赤ちゃんに付け髭をつけて写真撮ったら可愛いかもなあ~。
金沢は「付け髭赤ちゃん」をやると良いと思った。



こんにちはー
小々次郎
野暮なの? 野暮ったいおっさんが云っても 野暮なの? じゃぁ黙っときますw 「中島大橋」から近いから結構街中ですね 加賀の茶畑から出てきたとしたら運ぶの大変だったでしょう 日本武尊さん 黙っとくと云いながらだいぶ喋っちゃた
ひゃくまんさんはヒゲ生やしてるくせに子供っぽいなって思ってたら 本当は子供がつけヒゲしてたんですね^^


Re: タイトルなし
あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

おお~なるほど!これはいいことを聞いた!
八幡神そのものが諸説あるけど鍛冶神の側面を持ってるらしいよ。
だから、鍛冶屋は八幡神を信仰してたりするんだって。
昔の人って、ごろ合わせみたいなの好きだから、
「火事」と「鍛冶」のダブルミーニング的なとこがあるのかも。



misachi68
安江八幡って、かじ八幡って呼ばれてるんだよ。
お祭りの時に雨が降ると火事にならないんだとか。
だからてっきり火事八幡だって思ってたら、
刀鍛冶が何件も集まってた地域だから
鍛治八幡なんだそう。
雨が降らなかったら火事が出たんだって。
そんな伝説的なことはHPには出てなくて
それも驚いた。

コメントを閉じる▲
金沢・尾山神社に来ております。
前回からの続きです。



尾山神社でもっとも感銘を受けたのが、実はここだったりします。



菊桜が満開。この菊桜の由緒がこれまた良い話で。


(クリックですこし拡大)

江戸時代後期、京都御所より前田家に下賜されたと言われる
菊桜の名木が兼六園にあったそうなんですね。
兼六園一というより、日本一の菊桜です、と書いてるあたりに誇りを感じます。

しかしその菊桜の木も、昭和45年に枯死してしまったんですね。
ところが、それに先立つこと昭和10年、たまたま積雪で折れてしまった枝を、
当時、兼六園園長だった田中さんが、涌波町の田上さんに依頼して接ぎ木に成功。
その友人の笠舞町の西野さんがさらに接ぎ木し、大切に守り育ててきたんだそう。
それを、もともとの前田家にお返ししようと、
こうして、尾山神社へ寄進したんだそうです。すごい。

歴史を守り伝えるって、こういうことだなあと思いました。
登場人物、みんな普通の市民たち。あっぱれだわ。
それだけ誇りだったし自慢だったんだろうね。

神道には「今中(いまなか)」って考え方があるって聞いたことがあります。
それは今、自分たちは、前と後の世代の真ん中に生きてるっていうことで、
つなぎ役なんだってことを意識して、
その責任をちゃんと持って生きることが大切だよ、
ってな意味が込められてるらしいです。

この菊桜のエピソードを読んで、彼らはそれを実践してるなあと思いました。



なぞのオブジェ。庭園にマッチしてるんだかしてないんだかw
ん?急にどうした?って思ったけど、カワイイから許すw


旧金谷御殿の庭園だった部分がそのまま神苑として残ってます。



オフィス街も近いのに、ここは自然いっぱい。





気持ちの良い場所です。



主もいたよw

で、拝殿の奥の方、庭園のそばに立つのが、



摂社 金谷神社 です。



2代目以降のみなさんをお祀りしているとのこと。



金谷神社のさらに奥へ行くと、気になる銅像発見。
母と子、のようです。
ふわりと降り立って、そしてまた飛び立っていく、その一瞬なのかな?
浮遊感がすごく出ていていい感じだし、それに
母と子の像で、こんなにアグレッシブなお母さんって、
今まであまり見たことが無かったような気がする。

それにしても母子の像って結構見るけど、父が出てくるやつ滅多にないね。
昔から変わらないね。そこは。父の存在感が無。



それにしても結局、この人達の正体は何? 鳥? 天狗?



尾山神社の御朱印。無事頂けました。



ブログランキング・にほんブログ村へ


追記を閉じる▲
関連記事

FC2blog テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

【2019/07/18 09:19】 | 金沢
【タグ】 旅行  観光  神社  金沢  
トラックバック(0) |

Re: NoTitle
あけぼう
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

ウナギイヌの素性ってそんなんなんですね。
初めて知りました。

たしかに迫力のある羽ばたきっぷりが、蘭の魔王に似てるなあ~!
あの母子像は家庭事情をいろいろ想像しちゃいますよね。
絶対母子家庭だと思う。
けど、わりと母子だけで愉快にやっていきそう。




NoTitle
玉坂めぐる 
横からあれですが(^^)ウナギイヌは、鰻と犬のハーフなんですよ。水陸両用のお家で育ったんです。お母さんがウナギです。

最後の母子像のカッコイイお母さんも、コウノトリあたりの血が入ってそうですね。母子家庭かな、家庭の事情がいろいろありそうです。そんでこの体勢。手前みそだけど…あの蘭の魔王を思い出しました。http://konnakao.blog96.fc2.com/blog-entry-841.html  。

Re: 小々次郎
あけぼう
小々次郎さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

サラリと兼六園の橋情報入ってきてますねwさすが!
確かにネーミング的にはウナギイヌと構造がいっしょかw
あんまり詳しくないんだけど、ウナギイヌって誕生秘話とかあるんですかね。



小々次郎
紫のバラのひと?
かわいいサクラ。 名前は菊と桜といいとこ取りですね ウナギイヌを思い出します^^執念で復活させたのが素晴らしいです 簡単にクローンとかダメですね クローンも簡単じゃないでしょうけど それこそ人間味がないです 兼六園でも「千歳橋」の場所は広場に入る手前だったハズだから 春と人を迎え入れるように 咲いていたんじゃないでしょうか^^


Re: NoTitle
あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

おお~色が変わる・・・あ、じゃあ、観光していて「菊桜っぽいけど色が違うし、別の八重の品種なのかなあ」と思った桜は全部菊桜だったのかなあ。初めて見たので区別がつかなくて(;´∀`)
田舎の伝統はこれまた難しい話ですよね。あまりにも時代錯誤な事は受け入れがたいしなあ。具体的にどんな伝統かは分からずに勝手な事言っちゃうと、その伝統はどうしても女がやらんといかんのかい?って思ったりもする。だって今どきだよ?大体のことは男もやれよ、って思うなあ。そのかわり女も消防団とかに関わってくってのも全然あり。会合に行って飲んでくるから、おめー飯つくって風呂沸かしとけって言いたいよね。マジで。



Re: NoTitle
あけぼう
おでかけ博士さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

あ・・・そうだったんですね、ごめんなさい。
もし行くことがあれば、是非。金沢城も近いですしね(^_^)



NoTitle
misachi68
そうそう、菊桜が3回色が変わるって話は
聞いたことありますね。
ローカルニュースで紹介していたかも。
昔からあるものを次世代へと守り継いでいく、っていいことですよね。
菊桜はとても素敵なエピソードがあったんですね。
個人レベルでも守り受け継いで行くって話は
色々直面することあるんだよね。
田舎に嫁いだから、伝統の名のもとに
どこまで大切にしなくちゃいけないのか悩むこともいっぱいあるw


NoTitle
おでかけ博士
今咲いているなら行ってこようと思って・・・。
もし金沢に行くことがあれば寄ってみます。

Re: 初めまして(^_-)-☆itle
あけぼう
おでかけ博士さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

どうもどうも、はじめまして。
これはですね、そうですね、この記事単体だと書いてないから分からないですよね。すみません。これはゴールデンウィークの話なんですよ。ですから5月です。

初めまして(^_-)-☆itle
おでかけ博士
菊桜、覆いつくすように咲いてきれいです。
故郷を思い守っていく人たち。
実際に行動できるところが偉いですね。
ところで菊桜って今の季節ですか?


コメントを閉じる▲
というわけで~金沢に到着しました。



有名なやつ! いえーい
思っていたより大きい!

ここからは、早速 北鉄バス1日フリー乗車券 を購入して、
観光スタートです。
やはり5月の大型連休。観光客でごった返す駅前。
バスの切符売り場の前で案内のおじさんがテキパキと迷える子羊たちをさばいてました。
我々も導かれるがままに、乗り場の列へ並ぶw
ただ、ここでは迷うことなく乗車できましたが、
このあとの観光中、たびたび金沢のバス事情に混乱することになるのだった・・・w



到着。尾山神社です。この特徴的な神門♪


(クリックで拡大)

さすが。加賀藩主・前田家ゆかりってかんじの祭事が目白押し。


(クリックで拡大)
ここは、前田利家公と、その正室・お松の方を祀る神社ですからねえ。



この神門は明治8年の建築だそうです。
和洋折衷なかんじ、すごいですよね。上はステンドグラスみたいになってる。
実際に灯りがともったらカッコよさ倍増だなあ。



門の中の彫刻もまたスゴイ。
いくら百万石の加賀藩と言っても
明治ヒトケタの頃って、そんなに資金があるとも思えないんだけど、
これだけのもの造るんだから、さすがとしか言いようがないよね。



加賀藩の家紋(だよね?)



拝殿です。
いわゆる一般的な神社の建物とは違うね。お寺みたいな屋根だね。
(入母屋造屋根瓦葺ということだそうです)



武勇でならした利家公のイメージなのか、狛犬さんも勇ましげ。



まずは参拝・・・(。-人-。) 
この旅の安全もお祈り。



NHKで「利家とまつ」をやってた時に、この銅像見たな~~。



この石に彫られたやつもよく見たよな~~~(回顧)。

尾山神社は金沢城の金谷出丸の跡地に建てられたものだそうで、
それらしい痕跡もいっぱいありました。
また子孫の前田家藩主と正室を祀る神社もありましたんで、
そちらも参拝します。つづく。

ブログランキング・にほんブログ村へ


追記を閉じる▲
関連記事

FC2blog テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

【2019/07/16 12:41】 | 金沢
【タグ】 旅行  観光  神社  金沢  
トラックバック(0) |

Re: NoTitle
あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

あーやっぱり地元の人でも分かりにくいんですね~。
あれだけの観光地だし、北陸では一番都会なんだし、
もうちょっと何とかならないのかなって思います。
やっぱ、基本が車社会だからでしょうかね。
うちの地元も地方で同じ状況なので、
私たちがバスに慣れてないせいもあるんでしょうけども(^_^;)



NoTitle
misachi68
そうそう、金沢ってバスが本当にわかりづらい。
ほぼ車生活の私なんて
聞かれても絶対答えられないw
しかも、順番並ばないので(←それが普通かと思ってた)いつ乗れるのか不安w
あけぼうさんはてっきり周遊バスに乗ったのかなぁと思い込んでた。
大変だったね〜

コメントを閉じる▲
矢掛町から帰る途中に、
遥照山っていう山を越えて帰ることになるんですが、
ここは、ずいぶん前にこのブログでもご紹介した
地蔵岩ヤッホー公園」の近くでもあり、
国立天文台や岡山天文博物館などもあったりする場所です。



山の上からの見晴らしが非常に素晴らしい場所です。



倉敷方面が見えている・・・(多分)(超方向音痴だから自信ない)



もうちょっとスッキリ晴れてたら、瀬戸内海もわかりやすく見えたはず。


でも、今回ここに来たのはそういう事じゃないんですよ。

たまたま、走りかかった時にグーグル地図を見たら、
見逃せないくらい、個性的な名前の神社を見つけてしまったんです。



わかりますでしょうか?
右下のほうにあるのが「それ」です。その名も日月水火神社。

曜日!?
いや、順番が違うし。それだったら日月火水だよね。
なんで木金土が入ってないのかも気になる・・・

謎が深まる!!




そんなわけで、

予定にはなかったけど、現場へ急行してみたのでした(笑)



ここが、日月水火神社でございます!

木金土は?
誰しも、そうツッコミを入れてしまいますよね・・・いったいどんな神社なのか。

まず、神社名は日月火水神社(ひつききびじんじゃ)と読むんだそう。

ご祭神は
 大元皇大神
 国常立大神(艮の金神)
 豊雲野大神
 神素戔嗚大神

とのこと。
ご由緒を読んでみたのですが、読めども読めども意味が分からず…(;´∀`)
日月は天の陰陽、水火は地の陰陽を意味しているそうです。
神社名はこのへんからきてるんですね、きっと。

まず、階段を上がってみると・・・



円形の池?がありました。
うーん、なにか呪術的な意味のある形状なんだろうか?
円の外には鶴がいて、円の真ん中には亀がいて、
二匹の龍が水をたたえた鉢(?)を挟んでる・・・。



たまたまなのか、普段はこんな感じなのか、境内は無人で、
御朱印とかはもちろんない。
参拝の時は、基本的に石畳の道の上を通るようにとのこと。





参拝の仕方もちょっと変わってる。



あとから調べたら
ここは、とある宗教団体がつくった神社だったみたいです。
岡山ってそういうの多いんだよね~。
なんでなんだろうね?よくわからない。

話が脱線気味しちゃいますが、
前に、女優の若村麻由美さんが結婚した
釈尊会の会長(故人)も岡山県の人だったよね。
あの時も、岡山って知らない宗教団体がいっぱいあるよな~~
って思ったもんです。

さらに、境内からお寺への道が続いていたのでついでに向かいます。



すぐかと思いきや、少し歩く(登る?)ことに。
とはいえ、徒歩圏内ですけどね。登山とまではいきませんからご安心を。



着いた!
しかし建物はまだ先だ・・・



着いたとたんに、ショックなお知らせ(笑)
遥照山温泉は、神社よりも下の方にありました。車で来る途中に見たよ。

あそこだったのかあ~~~(;´Д`)

さすがにあらためてそちらに行く気力は無いのだった・・・。
まあ、御朱印のことはあまり最初から考えてなかったからいいけどさ。



両面薬師堂というお堂です。参拝(。-人-。)

こっちからも・・・



裏に回って、
反対側からも、参拝できるようになってる!
だから「両面」かあ。なるほど~~~~。



片方は虎、片方は龍の彫刻がありましたよ。



個人的には、ここが一番すごいと思いました。
ただならぬオーラを発した岩が鎮座。この山の神様かも。(。-人-。) ・・・。





妙なとこばっか行ってるから説得力ないかもしれないけどw
遥照山は見晴らし良いし、ホテルのレストランで食事もできるし、
運動場もあって温泉もあって、向かいの山には天文台もあるし、
フツーに良い所だと思います・・・・。
遠方からわざわざ旅行で来るほどではないけど、
近隣の方は、矢掛町や天文台を含めて、プチ旅行気分で来てみるのもいいかも~。

ブログランキング・にほんブログ村へ


追記を閉じる▲
関連記事

FC2blog テーマ:神社・仏閣巡り - ジャンル:旅行

【2019/06/27 09:35】 | 矢掛
【タグ】 旅行  神社    岡山  
トラックバック(0) |

Re: 矢掛町★4 遥照山のてっぺんにある神社とお寺
あけぼう
misachi68さん、イラッシャーイ٩(^‿^)۶

わはは、たしかにポツンと一軒家っぽいw
うちのカーナビ、だいぶ古くなってきて、助手席の時はグーグルマップを見る事もちょくちょくなんだけど、たまに気になる「お名前」を見つける事があるんだよねw 大抵は気になりつつ通過してしまうんだけどw

わたしとしては、星座と神々みたいなイメージをもって行ってみたんだけど、結局よく分からず。
むしろ頂上の両面不動尊の方が味わい深かったなー。

NoTitle
misachi68
なるほど〜〜
よくわからない宗教団体ってやっぱりあるんだね。
神社の名前からして、
おまじない的な創作っぽい香りがしてるもんね。

グーグルマップで見つけて急行するなんて
ポツンと一軒家っぽくて楽しかった(*´∀`*)
一昔前なら危なっかしくてできなかったことだよねw

コメントを閉じる▲