おでかけブログ。ご朱印を集めてます。その他、日々のおバカな出来事・読書感想などを、つらつらと。
2018年2月。連休。

ちょっとした目的があり、岡山市に来ました。
岡山駅から路面電車にのって「城下」で下車し、
街の雰囲気を感じながらのんびり歩いて向う予定でした。


が!
おもむろに取り出したスマホ(←最近調子が悪い)から
いつの間にか【グーグルマップ】が消えてる!
さっきまであったのに!
目的地を登録してたのに!

一瞬にして、ただの迷子と化したわたくしw

はからずも文明の利器・スマホに依存する現代人の弱点を見事に体現。

さて。
目的地は前に行ったことある場所なんですが、2年以上前のこと。
ふわっとした土地勘しかない。

にもかかわらず
「だいたいコッチであろう」と
やみくもに突き進むところが、方向音痴たるゆえん。

でもそのおかげでこんな神社を見つけました。



神社名は岡山県神社県庁のHPによると「稲荷神社」だそう。
通称は「甚九郎稲荷」っていうんだそうです。
ご祭神は 倉稻魂命,菅原道眞 となっていました。

ビルに挟まれた小さな神社ですが、
由緒書きが面白くてつい足を止めてしまいました。


(クリックして拡大)

その昔、宇喜多家再興のため岡山に潜入した佐久間甚九郎が当地を視察中、多数の暴漢に襲われ危機一髪となった際、天から霊光燦然と輝き白狐の声が轟き、暴漢どもはその場にひれ伏したので甚九郎は九死に一生を得て危地を脱出することが出来た。この白狐は当地に在った稲荷神社のご本尊であろうと上之町々民(現在の天神町南町を含む)は甚九郎稲荷というようになり大切にお祀りしてきた、以来上之町に異変が起こる際は前もって白狐が鳴き、これを町民に知らせると言う。今も上之町に火災などが無いのも当社のお蔭と町民の深い尊敬を集めており上之町の守護神である。


宇喜多家といったらやっぱり宇喜多秀家さんが有名ですよね。

Ukita-Hideie-2.jpg 

豪姫のダンナさんね。
そうだそうだ、岡山の大名でしたよね。
秀吉に可愛がられて最終的には五大老にまでなったけど、
関ヶ原で西軍側に立ち、敗れて。
八丈島に流されて、そこで結構長生きしたっていう。

お家の再興をはかって暗躍してた家臣もいたんだねえ。
「その昔」っていうけど、いつごろの話なんだろう。
ウィキペディア先生によると、岡山は
宇喜多家⇒小早川家⇒池田家 の順で支配者が変わってったみたい。
西軍の浪人が再興の希望を持てるって言ったら
まだ徳川幕府の体制が落ち着いてない頃かもね。小早川家時代かな?

窮地を白狐が助けてくれるくらいだから、
きっと秀家さんって地元民に好かれてたんだろうね。
なんか男前だったらしいし。イケメンは正義。
それか、徳川体制がキツくて、相対的に懐かしく良かった時代に思えたか。



境内には備前焼で出来た狛犬がいた。なんか勢いがすごい。
ものっすごい向かい風を受けてる。
ほほ肉ぶるぶる。 生え際ずりずり・・・。

あ。 いやこれ、オーラか。
オーラがフオォォォ!ってなってるのか。



それにしても、阿吽とも片方のまゆ毛が。
これ、こういうデザイン?それともとれちゃったの?
でもそのおかげで独特の表情になってるよね。

この狛犬はもともと
別の場所に鎮座していた天神神社の狛犬だったそうですが
そこに県会議事堂が建設されることになって、こちらの神社に合祀。
その時に移転してきたんだそうです。戦災にもあったんだって。
狛犬に歴史あり。

社殿はこんな感じで建物の間の参道を通っていった奥にあります。


(写真右、暗いですが・・・)
右に硯みたいな石や、梅をかたどった石の何か?があるあたりが
合祀された天神さんのイメージを伝えてますね。



社務所はカーテンがしまってて、無人みたい。
御朱印は無理そう。



参拝・・・(。-人-。) 


ちょっと落ち着いたところで、
スマホから消えてしまった【グーグルマップ】を
ダウンロードしなおしました。

あらためて現在地を把握してびっくり。
さすが方向音痴。
目的地とはぜんぜん違うほうに来ちゃってた。泣けるー(笑)


しきりなおして、目的地へ向かいます。つづく~。




ブログランキング・にほんブログ村へ


追記を閉じる▲
関連記事

FC2blog テーマ:日帰りお出かけ - ジャンル:旅行

【2018/03/01 18:09】 | 岡山市
【タグ】 神社  岡山  岡山県  備前  
トラックバック(0) |

Re: タイトルなし
あけぼう
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

片眉たしかに。
我々が知らないだけで、もしかしたら裏の意味みたいなやつがあるのかも?それも恥ずかしい系のやつw
それだったら、片眉のまま市井で暮らすのも精神鍛錬になりそうだねwって、それドMか…。




玉坂めぐる 
呼ばれましたね。
神社か、きつねに。(^^)もしくは片眉の狛犬に。

片眉と言えば、「空手バカ一代」のモデルにもなった大山倍達先生。
つらい山ごもりの修行に出るときは、孤独な気持ちに負けて人里に出たくなったりしないように、自分を律っするために片眉を剃ったそうですね。

でも。。。そんなに片眉って恥ずかしいんだろか・・・って子供の時ちょっと思ったな。(^へ^)



Re: タイトルなし
あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

スマホの現象、続いてますけど
段々慣れてきて、ステッカーに触れる部分に
大事なアプリは置いておかない事にしましたw
自然に剥がれるか、もういいやって思うまでは
貼ったままにして置く予定(金メダルとれたし)

狛犬さんは、なんか不思議でしょ。
漫画みたいな造形ですよね。
岡山は備前焼が有名だから
狛犬も備前焼のタイプをちょくちょく見かけますが、
石の狛犬さんより明らかに個性が強いですw


misachi68
アプリが消える現象謎ですね。
ふらっと迷い込む神社がそこにあったりするあたり
何か神がかってるような気もする(^-^;)

片方の眉がなくなってる狛犬さんは
眉毛があったとしてもその筋肉質な前脚が
不思議なバランスですよねw

コメントを閉じる▲
大阪に来ております。

今回やって来たのは、
通称「神農さん」。少彦名神社です。



社名の通り、ご祭神は 少彦名命です。薬の神様です。
神農炎帝という中国医薬の神様も祀られているそう。

この辺りは昔から薬種問屋が集まっていた場所だったので
こうして薬の神様が祀られているというわけなんですね。



周辺はオフィス街というようなかんじで、
社殿はこんなふうにビルの間の細い参道を抜けた先にあります。



行きと帰りで通路が違ってます。こっちは行きの道。
左の柱の向こうに帰りの通路があるよ。
そっちは絵馬が飾られています。

と、ここにきてようやく気付いた。
初めて来たはずなのに、なんだかここ、知ってるような気がして。

以前、干支が寅年だった時に、
「この1年は寅に関係する神社仏閣をめぐろう!」
そう思って色々と調べてたことがあったんですよね。
そのときに、こちらの神社もチェックしてたんですよ。
思い出した思い出した。

でも結局、調べただけで行けずじまいだったんですよねー。
そう考えたら、何年か越しで、
ようやく参拝できたっていうわけですね。我ながら。


≪ご由緒はクリックで拡大≫
特に、張子の虎のところを読んでいただきたいです。
この神社の授与品に虎モチーフが多い理由がわかります。



神社が鎮座している道修町という場所は、
昔から薬種問屋が集まっている町で、今でも製薬会社が多いんだそうです。
ケースの中にはお馴染みのお薬がいっぱい。



こちらが社殿です。
参拝・・・(。-人-。)

こちらは帰りの通路、



ピップ㈱、日本新薬㈱、森下仁丹㈱、などなど・・・
ずらりと並ぶ日本の名だたる製薬会社の提灯にも、こちらの専門性が出てますね。

おまけに、衝撃的。
帰りの通路に、神さまのお姿が・・・!ww



まさかの!神様ゆるキャラ化・・・(笑)
着ぐるみ!ww


最後にご朱印♪
こちらはご朱印が4種類あって、そのうち2種を頂きました。



右がオーソドックスなもの。左が人形バージョン。
他には青い炎と赤い炎のバージョンがありました。
限定だっていう事だったので、悩んだーw

お祭りの時はお祭りの限定のご朱印があったり、
その時々で、限定ご朱印があるみたい。
少彦名神社HPに掲載されてるので、行くときは要チェック。

次回は社務所の上にある資料館へ行きます。つづく。




ブログランキング・にほんブログ村へ


追記を閉じる▲
関連記事

FC2blog テーマ:神社・仏閣巡り - ジャンル:旅行

【2018/02/06 18:03】 | 大阪府
【タグ】 ご朱印  神社  大阪  
トラックバック(0) |

Re: No title
あけぼう
へろんさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そうなんですね!
でも資料館の記事はお役に立ちますかどうか(;´∀`)
えびす祭の限定御朱印良いですね~~~!
なにより印象に残っているのは「虎頭殺鬼雄黄圓」の名前のインパクトでした…(笑)


Re: No title
あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そうなんですよ、薬種問屋の時代小説ってあったっけ?
そういうイメージが広がりそうな、雰囲気のある街並みでしたよ。

神農さんのキャラはw
なぜクマさん系の耳があるのかとか、
神農炎帝のイメージなのか少彦名命のイメージなのか
どっちなのか知りたいような知りたくないような…w


No title
へろん
おお、少彦名神社!
実はうちも少彦名神社を近日公開予定なのですが、
先を越されましたな(^^)
私が行った時は干支御朱印とえびす祭の限定御朱印が
ありました。でも資料館はちょうど休館日でしたので、
次回の資料館の記事、期待しております。

No title
misachi68
なるほど〜〜
薬種問屋の街なんですね。

ゆるキャラの神農さまはサンタクロースっぽいねw

コメントを閉じる▲
前回、歯神社(網敷天神社 末社)を参拝しましたので
ご朱印とお守りを頂くため、
少し歩いて網敷天神社御旅社へ向かいました。



ご祭神はもちろん
天神様=菅原道真公です。



網敷天神社の御本社は大阪市北区神山町にあるのですが、
昔々、菅原道真が大宰府に左遷された道の途中、
このあたりの梅が大変美しく咲いていて、
船の綱を円座状に巻いて座り、梅を鑑賞された・・・
という逸話が、この「網敷」という社名の由来なんだとか。

平安時代の、荒れた田に咲く、赤い梅の花・・・
都での政争にやぶれて、九州へ流されているところだった、
道真公のささくれた気持ちに
相当フィットしたんだろうなあ・・・と想像します。



で、こちらの「御旅社」というのは、
神様が御本社からこのあたりの平穏をご覧になる為に来られた時の
休憩所のような場所らしいです。



参拝です・・・(。-人-。)



それと、境内内に 玉姫稲荷神社 がありましたので
こちらにも参拝。

「梅田」という地名は
もともとは埋め立て地からくる「埋田」だったと
なにかで読んだか?聞いた?ことがあるんですけど。
もしかして、道真公のこの逸話も由来の一つなのかしら。
確かめたくとも何の資料も手元にありませんが。

それにしても、船からこの辺りに咲く梅が見えるあたり、
海岸線がかなり今より内陸側だったという証しのようなお話ですね。
なんかもう今となっては想像できないですけどね・・・。
今や、ビルのはざまだよ・・・。




こちらの御旅社では
「歯神社」「御旅社」「網敷天神社」の3つのご朱印を頂くことが出来ます。




ブログランキング・にほんブログ村へ


追記を閉じる▲
関連記事

FC2blog テーマ:神社・仏閣巡り - ジャンル:旅行

【2018/01/29 18:23】 | 大阪府
【タグ】 神社  ご朱印  旅行  観光  大阪  
トラックバック(0) |

Re: 大阪 ★ 綱敷天神社御旅社
あけぼう
玉さん、イラッシャーイ(*ˊᗜˋ*)ノ゙

うん…(^_^;)

No title
玉坂めぐる 
あっ、そっか・・・(^^:)

Re: No title
あけぼう
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

でもさ、我々はあちこちの天神さんを訪ね歩いてすっかり脳内が「道真ちゃん漫遊記」みたいになってるけどさ、結局のところ左遷されちゃったわけだよwww いいのかな?ww 一瞬だけビジネスチャンスの匂いがしたけど、やっぱり転勤族たちは信仰してくれないような気がするww



No title
玉坂めぐる 
記事を読みながら、ふっと・・・
天神さまって、転勤族の信仰が集まってもいいかも、
と思いました。(^皿^:)
拝んどく(。-人-。)

Re: こんにちは
あけぼう
小々次郎さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

沸騰したヤカンみたいになってた可能性もありますね。
梅の赤、確かに特別に赤いですよね。
しかも、あのぽっこりとした花びらに日光が当たった日にゃあ、
なんだか梅そのものが熱を持ってるようにも見えますよね。
今年は道真公を思い出しながら梅見をしたいです。

Re: No title
あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

梅の咲く時期だったら、
湿地の植物もまだ枯れた茶色だったかもしれないし、
田畑にも緑色が全くない季節だろうし、
そんな中だと、とにかく梅の色は目立っただろうね。
こんな荒れ野原でも梅は花を咲かせる・・・ってことで
少しは元気になったかもしれないね。
そして瀬戸内各地でいろいろ逸話を残しつつ
大宰府へ向かう・・・とw

こんにちは
小々次郎
梅の赤は特に濃い赤に感じます 菅原道真さんは一見クールガイに見えますが 悔しくて顔を真っ赤っかにしてたところのシンパシーかもしれません^^この後どこで咲いている梅を見てもここでの気持ちを思い出したんじゃないでしょうか まだ寒いけどもうそろそろ咲くころですね

No title
misachi68
なるほど〜〜!
菅原道眞公由来の話ですね(*´∀`*)
御朱印もやっぱり梅!

大きなショックを受けた時でも花は癒してくれるんだね〜

コメントを閉じる▲
2017年の話になってしまいますが、
大阪にやってきました。

かねてより、
梅田駅から徒歩圏内に、珍しい神社があると聞いてまして。



えーわかりますでしょうか。わかりにくいですよね(;´∀`)
ビルのはざまに黄色い銀杏の樹と朱い鳥居。



大きな神社ではないんです。
でも珍しい。日本で唯一だと聞いてます。

こちら、

綱敷天神社 末社 の


≪ご由緒はクリックで拡大できます≫

なんと、その名もずばり、

歯神社

です!

ご祭神は 歯神大神(はがみさん)
(宇賀御魂神(ウカノミタマノカミ)

だそうです。

もともと、この場所にお稲荷様のご神体として
地元の人から信仰されていた巨石があったそうです。
(巨石は社殿地中に埋まってるそうです。歯神社HPより)

それが、水害をここで食い止めた。歯止めした。
それが転じて、歯の神社になったそうです。



歯は大切!超・大切!

いつまでも自分の歯でモノを食べたい・・・。

それが、高齢化社会まっしぐらの日本国民、みんなの願い。

もちろん、歯磨きを丁寧に行うなどの努力は当然としても。
加齢による劣化はどうしようもないですし。
そのあたりは個人差もあるでしょうから、
そんな時は神頼みしかない!w
歯抜け婆、歯抜け爺にならないように、歯止めをかけましょう☆

いざ、参拝・・・(。-人-。)



「なで石」と書いてました。
巨石のかけらだとも言われているとか。
最初は「歯をモチーフにしてるのかな?」とも思いましたが、
それは関係ないみたい。歯にしては丸っこすぎですか。
ナデナデ・・・。

ちなみにこちらの神社、
やっぱり歯科医とか、入れ歯・ガムなどの
歯に関する職業の方が、よく参拝に来られるらしいですよ。






ご朱印やお守りは綱敷天神社御旅社のほうで授与して頂けます。
こちらも徒歩圏内♪




歯神社HP




ブログランキング・にほんブログ村へ


追記を閉じる▲
関連記事

FC2blog テーマ:日帰りお出かけ - ジャンル:旅行

【2018/01/26 17:07】 | 大阪府
【タグ】 旅行  神社  ご朱印  大阪  
トラックバック(0) |

Re: No title
あけぼう
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ


自らが歯痛に苦しむ・・・って
頼もしいんだか頼もしくないんだかww

そういえば国宝展で、虫歯を治療している絵がありました。
ブシャー!って血が出てて、もう大手術。
もちろん麻酔なしだろうに、それでもやらないとやってられないくらい、歯の痛みはシャレになってなかったんでしょうねえ。
そう考えたら、もっと、あちこちにあってもいいくらいだね。歯の神社…。


No title
玉坂めぐる 
初耳でした。
ズバリ「歯神社」って直球もいい感じ。
歯医者さんのなかった時代、歯の痛みはホントにつらかっただろうなあ、と思います。
京都の東寺の内部にある「夜叉神」さんも
歯痛に効くって聞いたけど、
彼ら自身が歯痛に悩んでいるみたいなお顔でした。
(^^:)

Re: 大阪 ★ やっぱ歯は命!歯神社へお参り
あけぼう
へろんさん、イラッシャーイ(*ˊᗜˋ*)ノ゙

こういうのって、意外と地元の人より他所の人間の方が注目したりするものなのかもしれませんね。
由緒などを読んでるうちに、もうちょっと梅田の歴史を深堀りしたくなりました。でもこの日は月曜、博物館は休館でして(^_^;) 宿題として残ってしまいましたあ。

No title
へろん
おお、歯神社というのがあるのですか!
梅田は小さい頃から行動圏内でしたが、
これは知りませんでした。御朱印まであるとは。
普段からうろついてるエリアにもまだまだ
知らない所がいっぱいあるものですね。

コメントを閉じる▲
2017年10月。京都に来ております。
京都国立博物館⇒三十三間堂⇒御金神社⇒晴明神社ときて
ちょっと歩きました。てくてくと北上。

電車やバスでびゅーっと行くのとは違って、
徒歩や自転車って、
その町の生活感が感じられるところが、やっぱりいいですよね。
もしこの辺りに住んだらこんな感じかなぁ・・・てな妄想が楽しいです。



で。到着しました。白峯神宮です。

こちらのご祭神は
第75代 崇徳天皇
第47代 淳仁天皇 です。
いずれも政治闘争に敗れて非業の死を遂げた天皇です。
かなりの恨みを抱いたまま亡くなられたとされ、
崇徳天皇にいたっては日本最強の怨霊とまで・・・。

この神社は明治に入って、
その名誉を回復して、魂をお慰めするために建てられました。

(左近の桜・右近の橘)

崇徳天皇は保元の乱で敗れ、香川県に流されたのですが、
一時期、香川県によく行っておりまして、その足跡を辿ったりしました。
(その時の記事⇒
色々と巡っているうちに、崇徳天皇びいきといった心境になりまして。
やっぱり京都の白峯神宮にも行かないと
これは終われないなあと感じてたんですよね。来れて良かった。



この舞台ではさまざまな年中行事が行われているようです。



奥に拝殿がありますよ。参拝です・・・(。-人-。) 

ところで、白峯神宮はスポーツの神様としてとても有名です。
なぜって、それは境内社に理由が。



こちら、「地主社」です。
精大明神が祀られています。
白峯神宮は、もともと蹴鞠や和歌を教えることを家業としていた、
公家・飛鳥井家の屋敷の跡に建てられました。
その飛鳥井家の守護神が「まり」の神様=精大明神でして、
現在、球技の上達を願って多くの参拝者が訪れるそうです。
日本サッカー協会をはじめとした各種スポーツの公式球も奉納されてるんだそう。
中にそれらしきボールが沢山奉納されていました。



となりには、こんな碑もありました。
球技上達したい人はこの玉をぐるぐる回すんだよ。



神社の年中行事で蹴鞠の奉納も行うので、境内にスペースが。
ちゃんと蹴鞠の上手い人がやらないと、
すぐあさっての方向に鞠が飛んでってしまいそうですねw
飛んでっちゃうだけならまだしも、社殿に傷をつけたら大変だから、
緊張しそうだなあ・・・。



でた! 瀬をはやみ~!
崇徳天皇の詠んだ有名な和歌です。石碑がありました。

「今は別れ別れになっても、
 またいつかきっと一緒になれると思っています」

というような意味です。
この歌は、まだ宮中に居たころに歌われたものだそうですが、
その後の人生を考えると、
激流のような運命に翻弄されて、都から讃岐へ流され、
長い長い年月を経て、
ようやくまたこの京都に戻ってこられたと考えると、
歌の意味ともリンクするようで、しんみりしますなあ。



こちらは「伴緒社(とものおしゃ)」。
ご祭神は
源為義 と 源為朝 の親子です。
2人とも、保元の乱でも崇徳天皇側についてます。
為朝は弓の名手として知られていたらしく、
武道・弓道の神様として祀られているそうです。

さらに一番奥に、



「潜龍社」がありました。



ちょっとファンシーな龍の石像の口から水がでる仕組み。
ご祭神は、潜龍大神(龍神)ということです。
ここの井戸がご神体になるそうです。



こちら、樹齢800年とされるオガタマの木は、
京都で最大なんだそうです。



その名前が招霊(おぎたま=霊を招くの意)が、
なまったものとも言われるところから、
よく神社に植えられている樹木なんだそうです。
巫女さんがよく持ってる鈴も、
この木が実をつけてるところを模してるそう。
へ~~あの鈴に具体的なモデルがあるとは知らなかったなー。

なんだかもう、さすが京都だけあって、
目に入ってくる何気ない全てのものに、色々歴史があるもんで、
だんだん麻痺してきますねw



こちらが白峯神宮のご朱印です。書き置きになります。

授与所には、様々なスポーツ上達、闘魂、必勝、等々のお守りがありました。
ご朱印帳も蹴鞠の柄で素敵でしたよ~。

崇徳天皇にまつわる場所めぐり、ここは外せない神社だったので
来られてよかったです~。



ブログランキング・にほんブログ村へ 


追記を閉じる▲
関連記事

FC2blog テーマ:神社・仏閣巡り - ジャンル:旅行

【2017/12/08 12:23】 | 京都
【タグ】 神社  ご朱印  京都  旅行  
トラックバック(0) |

Re:
あけぼう
玉さん、イラッシャーイ(*ˊᗜˋ*)ノ゙

てへへ、ありがとうございます。
香川を巡った時はどこも寂寥感みたいなものを感じたのに、こっちは全然そういうの無かった(笑)なんせ、こちらは飛鳥井家やら蹴鞠やらサッカーやらバスケやら、過去から現代に至る様々なもんが何層にも重なっていて、良い意味でわちゃわちゃしてまして、なんだか崇徳院はその向こうにお隠れになった感じだったんですよねぇ。本来、高貴なお方は遠くにいるものでしょうから、良かったなと思いましたけどね。怨霊は鎮まったんだなあと。このストーリーは収まるべきところに収まったんだなあと感じました。

Re:
あけぼう
misachi68さん、イラッシャーイ(*ˊᗜˋ*)ノ゙

そうなんですよ、あのドラマで、ある意味最も印象に残った登場人物かもしれない。
蹴鞠のスペースはテニスコートより小さいくらいかな。大人数名で円になって…と考えると意外と狭いんですよ。京都の事だから、蹴鞠保存会みたいなのがあるんろうけど、二人くらいプロのサッカー選手とかにお願いしたら、盛り上がりそうだよね〜。選手にとってもリフティング奉納で、ご利益ありそう♪


玉坂めぐる 
おお、崇徳院さま。
あけぼうさんの崇徳院さま由来めぐりのシリーズはわくわくドキドキものでした。はるか昔の人でも、なにか「縁」というのがありますね。こちらからの一方的なものかもいれないけど、「外せない場所」ができてしまうというご縁。(^^)あけぼうさんは、いい旅人だと思います。


misachi68
あの崇徳天皇の所縁の神社でしたか〜
いや、本当に大河ドラマ『平清盛』では凄まじい人生を送られてて
怨霊になっちゃうのわかるわ〜ってなってたあの方ですね。

蹴鞠も実際に行事やってるんだね。
本番前に練習してる姿を想像するだけでみやびなイメージ。
リフティングの上手い選手にオファーがあったりしないのかな。

コメントを閉じる▲