FC2ブログ
おでかけブログ。ご朱印を集めてます。その他、日々のふしぎや、おバカな出来事・読書感想などを、つらつらと。
まだまだ引き続き、愛媛・松山をうろうろしてます♪

松山城にやって来ました。

松山城 (1)

今回は、写真いっぱいです。

松山城 (4)

でも城マニアは満足させられないと思うw

松山城 (2)

城の写真って後から見るとどれも同じような写真ばかり(;^ω^)
急いで書いたメモを、後から見返してみると、
自分でも一体何が書いてあるのかわかんない、みたいな。
我ながら何を思って撮ったのだろう・・・と思うような写真ばっかりでした。

松山城 (3)

これは「気ままに育った松と、人工物!って感じの石垣」
がテーマの写真なんだと思います。(←他人事のように)

松山城 (5)

そんな感じでどんどん進んでいこう。

松山城 (6)

この場所からは当然・・・

松山城 (7)

おーっ狙える!狙える!! (スナイパー気取りです)

松山城 (8)

山上部はこんなふうに、平べったくなっていて公園みたいになってます。
桜の季節は混雑するんでしょうね・・・。 

松山城 (9)

見晴らしも良くて、街が一望。
遠くには海が輝いてます。ちょっとスッキリしない空気ですが

松山城 (10)

お城と梅、という事で写真。

松山城 (11)

お城と梅、うーん。
なんかうまくキマらなかった・・・(´ε`;)

松山城 (12)

松山城はとても入りくんだつくりです。
こういうところ、松本城(長野)でも見たことあるような気がする・・・。
入口がこういう引っ込んだところにあるんだよね。
で、敵襲の時には上から攻撃しまくり・・・みたいな。

もしもさ~
足軽で参戦してさ~、
うっかり人より早く、ここにたどり着いちゃったらイヤだなぁ~。

松山城 (14)

そんで、門の向こう側の見通しも悪いんだよ。
勢いよく飛び出したら絶対やられるってかんじ。

松山城 (27) 

嫌な感じ~w
この囲まれ具合、絶対なんかあるって思うよね、攻め手側は。

松山城 (15) 

見てよ、この折り重なった「コの字」の屋根!

松山城 (16)

ちょっと迷路っぽい。

松山城 (17)

でさ、こういうちょっと戸が開いてる所が気になるんだよ。

松山城 (18)

囲まれて、上から見られてるw
しかもいろんな角度から・・・。いやだわぁ~ww

松山城 (19)

実際、中からだとこんな感じだし。
狙える!狙える!!www

松山城 (21)

この入口は進入禁止だけど、別の入り口から入ることができます。

松山城 (22)

この石垣に空いてるところが、入口。

松山城 (26)

松山城 (23)

狙える!狙える~!!!w

松山城 (24)

ククク・・・敵の動きなど、ここからお見通しじゃ~ww

松山城 (25)

山城な感じがよくわかります。
なんかジオラマ~・・・(←謎の感想w)

松山城は、もともと「賤ヶ岳の七本槍」でおなじみ加藤嘉明が建てたお城。
でも松山城が完成する前に、会津に転封となり
蒲生忠知(蒲生氏郷の孫)が新しい城主になります。

ところが忠知が参勤交代の途中に死去し、蒲生家が断絶。
松平定行(伯父=家康だそうです)が藩主となって、
明治維新まで松平家が治めたと☆
さっき城の中の展示で仕入れたニワカ知識だけども。

ちなみに、ウィキペディア先生によると、
加藤家は後に改易されて最終的に2万石になったそうです。
(それも、かろうじて、って感じ・・・)

学生の頃、「転封・改易」って日本史で覚えましたね。
本当に単語としてしか脳内で処理してなかったけどもさ。
戦国の世、死にもの狂いで働き。
生死を分かつ決断を何度も重ねて。
勝ち抜いて、勝ち抜いて。
で、その挙句がこの結末・・・。
よく考えたら、いやー諸行無常を通り越して・・・
ひどいねw 徳川家。非情だわーww 

松山城 (28) 

松山城 (29) 

そんな松平家の先祖が菅原道真公っていうのは、初めて知りましたよ。

松山城 (30) 

でも、城のキャラクターは「よしあきくん」です。


ブログランキング・にほんブログ村へ


追記を閉じる▲
関連記事

FC2blog テーマ:ちょっとおでかけ - ジャンル:旅行

【2014/03/18 17:37】 | 愛媛県
【タグ】 愛媛  松山  松山城  ゆるキャラ  
トラックバック(0) |


あけぼう
広報ミヨッたん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

あー!
そう言われてみれば、そうですね☆
でも、お互い足軽で、
せっせと土掘ったり
せっせと道作ったりしてるうちに
いつのまにか戦が始まり
そして終わっている
可能性もありますなーw


あの〜
広報ミヨったん
松山城、かっこええですね。
もし、われわれが
この時代に生きていたら、
あけぼうさんは毛利方、
僕は豊臣方、
やはり一戦交えることに
なっていたのでしょうねw



あけぼう
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そんなwww( ^∀^)ゲラゲラ
よしあきくん、そんなに残念でしたかwww
まあまあ、そう言わんといてやっておくれww
でもさ、よしあきくん名前カッチリしてるけど
もともと武勇で出世した人なんだし、
今だったらガテン系かもしんないよ?w
エグザイルにいそうな奴だったかもしんないよ?w


玉坂めぐる 
お城は立派で、おお!おお!って読み進めて
嬉しくなって処に
よしあきくん・・・なんか、がっかりだよ。
茶ひげで茶眉で、なんかがっかりしたよ。


あけぼう
小々次郎さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そんな習性をお持ちとはw
でもちょっと分かる気がします・・・。
しかしながら、城の中からペコッと床をあけて、登ってくる敵めがけて槍やら石やらを落とす攻撃もあるみたいなんで、石垣にへばりつく際はくれぐれもお気を付け下さい。狙い撃ち(鉄砲)なら犬死でもサマにならなくもないですけど、たまに排泄物攻撃もあるみたいなので、人としての最低限の尊厳を、守れなくなってしまう恐れもございます・・・w



小々次郎
いや〜 へっぴり腰の足軽目線おつかれさまです^^
自分もこんな時ビビリーセンサー働きっぱなしなんですが
反り返る石垣を見ると訳もなく へばりつきたくなりますw
光に集まる昆虫みたいなもんですかね 狙い撃ちされて犬死です 犬に悪いです
「よしあきくん」にはついて行きたくないですが松山城攻めは難しそうですね


あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

やっぱり初めてのお城に入っていく・・・ということで
なぜだか攻め手側でしたね。それも足軽っていうw
あけぼうは走るのが遅いので、
多分普通にやってたら後れを取るんですよ。
でも、ここは危険すぎるのでw
後ろの方でゆっくりと付いていって、
「ワーワー」言いながら
戦ってる風を装いたいと思いましたww

そうだった。
以前「ケンミンショー」で見たことあるかも。
節句?の時に、道真ちゃんの掛け軸を飾るんだよね?
道真ちゃん大人気だなーほんと。
芸能人になって売れたとたんに親戚が増えるみたいなw


misachi68
おお〜入り組んで複雑なお城ですね〜。
かくれんぼが楽しそうな。
あけぼうさんは攻め入る側の足軽って設定で見てたん(=^▽^=)
なかなか攻める隙なんてなさそうだねぇ。

松平家も先祖は菅原道真っていうことになってるんだね。
ここ加賀藩の前田利家も先祖は菅原道真って言ってたらしいよ。
菅原道真人気だねぇ〜


コメントを閉じる▲
霧が峰から、下界に降りてきて、やってきました、国宝・松本城。

国内の12箇所現存している天守閣のうちの一つがある、有名なお城ですよ。

ちなみのこの12箇所は北から

弘前城・松本城・丸岡城・犬山城・彦根城・姫路城・松江城・備中松山城・丸亀城・松山城・備中松山城・宇和島城・高知城

です。
そのうち、備中松山城 はこの夏行ったばかり。

石碑

とんでもなく高い山の上に建っていた備中松山城とちがって、ここは平城なので、街中の平地にあるんですね。
観光地として賑わいつつも、周辺は整然としていて静かな城下町だなぁという感じがしました。
お城周辺も、ひょいっと大通りから中に入ると、重厚な古めかしいお屋敷が「歯医者」の看板を掲げていたりして・・・。
歴史のある街って感じでしたね。

お堀 

想像していたより、松本城は大きかった・・・敷地も広いですね・・・。

堀の水の反射

堀を渡す橋から、撮影。堀の水面が映って雰囲気を出しています☆

門 

立派な門構え。なんとなく質素なイメージを持っていたので、ちょっとビックリ。

宇宙ツツジ 

向井千秋さんと宇宙を旅した種から育てたツツジなので、「宇宙ツツジ」。

まさか松本城で「宇宙」の二文字と出くわすとは(笑)

松本城 

松本城。

庭の緑とのコントラストが素敵。
左の月見櫓は修復中で、白い幕でかくされています。残念


松本城庭 

ゴミ一つ落ちてないよ。

松ノ木 

松の木もきのこみたいに剪定されています。ここまで丸く・・・お見事。
お城の中は、大変な人でした。

城の中 
城内の窓から

城の中は、規模こそ大きいけれど、そこはやはり、当時構造そのままに残っている天守閣だけあって、備中松山城に似たようなところがたくさんあったよ。役所的なお城というより、戦う為のお城・・・居住性とかはほとんど考慮に無いような、機能性重視で無骨な感じ・・・ワクワクしました
展示物は、火縄銃の変遷や、武家の女性達が火薬作りに存在感を発揮していた事などが印象的。各家庭でお味噌やお漬物のように火薬の配合が微妙に違うとか、なんか面白い。

うちのダンナをなんとしても出世させにゃ~!
とか
うちのダンナをなんとかして生き残らせるでよ!
とか
お義母さんの火薬は古いのよッ、これからの火薬はコレよッ!!

・・・みたいな?(笑)

 yome.jpg

 



人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログへ
ポチッと押していただけると小躍りします☆
関連記事

FC2blog テーマ:旅日記 - ジャンル:旅行

【2010/10/02 19:37】 | 長野(諏訪湖花火)
【タグ】 松山城  
トラックバック(0) |

SONOMIさんへ
あけぼう
(*´σー`)エヘヘ 
そうなんです。始めはこの建物に自分が下っ端武士で働いて(戦って?)いたら・・・などと想像して、
(どこもかしこもスースーしてて、さ、寒そう~~~v-12
と思っていたんですが、火縄銃の展示を見たとたん気分は奥様に(笑)
そんなこんなに気をとられて、多分20%くらいしか松本城のこと見てないかも・・・って思いましたe-263
SONOMIさんは、歌で世界を旅できますよ!イタリアの歌・・・ドイツの歌・・・日本の歌・・・+.゚(*´∀`)b゚+.゚
それに近所でもとっても良い場所ばっかりで、北海道うらやましいです☆

虫さんへ
あけぼう
そうですね、シュッとしたイケメンは常に狙っていますよ(∩´∀`)☆
シュッとしたイケメンがその辺を無防備に歩いていたなら
即座に物蔭から吹き矢で気絶させ
「獲ったどーっ」
と肩にかついで持って帰り、父母に見せたいものですよ。
( *´艸`)クスクス

No title
SONOMI
あけぼうさん
こんばんは
松本城 美しいですね
なんとも風格のあるお城です!
窓から見た 風景の写真が好きです
火縄銃に 興味が!!
あけぼうさんらしい といったら失礼かもしれませんが
目の付け所が面白くって(ディープで)
笑ってしまいました
旅・・いいですね
ちょろちょろ近所しかいけないので・・
ちょっと欲求不満な私です
いいなあ~

No title
虫@貯蓄
火縄銃に目を取られていたのですか(ノ´∀`*)
あけぼうさんも火縄銃並みに何かを狙う事があったりはするんでしょうかね(*´ω`*)


松村さんへ
あけぼう
あけぼうが行った時も、入るまではそれほど人が居る感じがしなかったのに、入城してみるとすっごい人で、ずっと並んでいました。松村さんほどではなかったですが、結局ツアーの集合時間に間に合いそうにも無く、途中で出てきてしまいましたので、天守閣のてっぺんにはあがれませんでしたよ・・・。
日本100名城のスタンプ集め、松村さんならきっとコンプリートするんでしょうね・・・。
あけぼうも、お城に限らずスタンプ帳を持ち歩いていれば、きっといろいろなスタンプが集まったんだろうな~とは思うんですが、どうも持っていくのを忘れてしまいます(笑)


きぼう丸さんへ
あけぼう
あー確かに確かに。裃姿でウロウロしたいですね~。
お城、いいですよね。街にお城があるのと無いのでは、住んでる感覚とかがかなり違うんじゃないかな~と思います。昔っからのランドマークですから・・・。

しかしお寺等と比べると外観に比べて中は本当に殺風景ですよね。お城・・・・。
だがそこがイイ!(笑)


ふじもとさんへ
あけぼう
昔話ですよっムフッ((´∀`*))
やっぱり松本城は行っておきたいお城ですよね~。
いままでで行ったお城では一番北かもしれないですよ・・・考えてみれば・・・・。
白も黒もどっちも良いですね~。
あけぼうの地元にもお城があるのですが、これは戦後再建されたお城なので白いんです。
当初は天守閣に鉄板が貼られていたらしいとなんかで読んだ事があります。防御のために・・・。
鉄は錆びるでしょうから、この場合は、白でもなく黒でもなく茶!?ということになるんでしょうか(笑)

misachi68さんへ
あけぼう
あ、リンクありがとうございます!
まずいなんて事は無いですよ~。
グリムス設置されたのですね~☆
お互い大人の樹になるのと楽しみに・・・更新していきましょうね☆

ピー助さんへ
あけぼう
あっホントですか!?
携帯カメラでもなかなかやるでしょう!?
(調子に乗ってしまいましたw)

ちゃんとしたカメラの撮影となると、いろいろな設定が複雑で、かえってスランプに陥ってしまうのかもしれないですね。今でも十分スゴイと思いますけど・・・ま、そのうちスランプを乗り越えてノリノリになりますって!

虫さんへ
あけぼう
実は松本城は時間が足りなくて、天守閣の一番てっぺんまで登れなかったんですよ。
理由は、この、火縄銃の変遷の展示に引っかかってしまい(笑)妙に時間を食ってしまったからですe-330


コメントを閉じる▲