FC2ブログ
おでかけブログ。神話や妖怪、UMAが好き。その他、日々のふしぎや、おバカな出来事・読書感想などを、つらつらと。
今回はモンゴルのボグドハーン宮殿博物館を閲覧~。

モンゴル 


まずここはどういう場所なのかってことなんだけど、モンゴルってチベット仏教が浸透してる国らしいんですよ。
で、チベットに活仏として「ダライ・ラマ」がいるのと同じで、モンゴルにも活仏として「ジェプツンダンバ・ホトクト」っていう宗教上の名跡があるそうなんです。

しかも宗教家としてトップにいただけじゃなくて、20世紀の初頭、ジェプツンダンバ・ホトクト8世は、モンゴルの君主(ボグド・ハーン)として、モンゴルの国を統治していたんだそうです。そんな古い話でもないのに全然知らなかったよ。

その後、ご存じの通りモンゴルは社会主義国になって君主制は終わっていくんだけど、ここはそのジェプツンダンバ・ホトクト8世の死後、住んでいた宮殿を改装して作られた博物館で、モンゴルの文化財をコレクションしているんだとか。

いきなりカッコイイ門
てっぺんに太陽みたいなモチーフと左右にヤギさんみたいなのがいるのが可愛い。いや羊?モンゴルだし。
宝石を吐くマングースとか仏教の霊獣でも日本とはやっぱ全然違うな。
しょっぱなから楽しい。

それにしても、こういう仏教の守護神って書かれてるのは、日本でいう十二神将みたいなものかな? 我々の知る仏教とチベット仏教ってどれくらい違うんだろうか? でも共通の仏さまがいるはずだよね? もし共通の仏様だったら、ビジュアルや設定にどんな違いがあるのか興味あるなあ。これもなんだか、似たような仏さんを見たことがあるよーな、ないよーな・・・。

アニメに出てきそうな短剣!物語の鍵をにぎるやつだよこれ。凝ってる・・・。

この絵は楽しいね。ズームしてみてみると、中の広場でモンゴル相撲をやってるよ~!
こっちも馬だらけでさすがお国柄。展示品に馬具も多いしね。

昭和の頃って、ちょっとモンゴルの草原に憧れる風潮が、ありましたよね?
同じ蒙古斑がお尻に出る民どうし、変なシンパシー持っちゃったりしてw
モンゴルといったら、わたしは竹宮恵子先生の漫画「天馬の血族」を読んでたから、そのイメージが強いなぁ~。
平成に入ってからは、相撲でモンゴル勢にやられっぱなしなせいか、逆に関心が薄れてる気がするw あっちのほうって、今コロナはどんなかんじなんでしょうね?


雲 ライン


グーグルマップで博物館周辺を調べてたら、意外と周りには中華だったりイタリアンだったり、オシャレカフェもあるんだね。やっぱり宮殿だから首都の良い場所にあるんだな。ちなみに「モンゴル料理」で検索したら、ボグドハーン宮殿博物館からは車で20~30分くらいかかっちゃうけど、このKhaan Nomadsが出てきた。好きな食材を選んで焼いてもらえたりするんだって。苦手なものは食べずに済みそうだし、楽しそう。

ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

【2020/09/17 18:38】 | 妄想旅行
【タグ】 旅行  博物館  妄想旅行  
トラックバック(0) |


あけぼう
misachi86さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

わかるわかる!!ww
わたしもWikipediaで調べて大混乱したw いまだに理解しきれてないよー。
でも確かに、民族衣装とかもちょとチベットと似てるんだよね。山岳と草原なのに不思議なようだけど、地図を見ると、南からチベット→新疆ウイグル自治区→モンゴルと、このへんが多分宗教上ひとつなぎな感じなのかな?って印象を受けた。 とうとうモンゴルにもこういうニュースが出てきてることからも(https://www.nikkei.com/article/DGXMZO63816840U0A910C2910M00/)やっぱこの辺のエリアはひとつの文化圏なんだろうなって思った。



あけぼう
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そうだよね、あのアンコールワットとかにある、あの色っぽい壁面の像は、確かに考えてみたら仏教徒には刺激強すぎだなあw いいの?修行の妨げにならない?って思うけど(^^;) 
いろいろな神様が地元風に定着していくのを追うのも楽しそうだよね。日本では七福神になっちゃってるわけだしw そういう本とか無いかなあ。

このモンゴル料理店はほぼファミレスだよねw もっと、こってり民族感出した店の造りかと思ってたから良い意味で予想を裏切られた。 巨大ジンギスカン鍋?で豪快に肉を焼くとテンションが上がりそうだよね。


misachi68
守護神のお顔にある第三の目が怖いわ〜
カラフルだねえ。
やっぱりモンゴルって相撲見てるといっぱいいるけど、他の人々のこと知らないから
相変わらず私のモンゴルへのイメージは
『スーホの白い馬』とチンギスハンって感じです。
チベット仏教がよくわからないので
Wikipedia見てみたら余計にわからなくなっちゃったわw


玉坂めぐる 
ご紹介のモンゴル料理店、ポップな感じだね。巨大な鉄板、ジンギスカン鍋みたいに傾斜がある(^^)これは、お店の人が焼くのかな、自分でやるのかな。面白そう。
チベット仏教の神神はやっぱりカラフルでつよそう。肘がいっぱいとか、動物合体系の方々はやっぱり、ヒンズー教由来の感じがする。 全然詳しくないから以下、妄想だけど、カンボジアのアンコールワットとか、もともとヒンズーのお寺壊したヤツなので壁面にヒンズーの半裸の女神とかそのままあるのに、そのあと中心に仏像が安置されるでしょ。で、のちのちの人には、ヒンズーのお姉さんも仏教ものに見えちゃうよね。日本だと天女になるのかな。禁欲的なタイやカンボジアの仏教に本当にあの色っぽいお姉さん、違和感あるんだけどね。でもそこにあるのだもん。しょうがない。仏教伝来ってヒンズーを引っ張りながら地元の信仰との融合とか、そんな誤解とかそれぞれの地で形になって…結果個性バラバラでなんか愉快だなあって(^^)チベットはカラフルぅ。さらにモンゴルぅ。楽しいです。


コメントを閉じる▲
おうち時間。Google Arts & Cultureで世界の博物館めぐり~♪
今回は、ウクライナ。

文化財保護区みたいなところにある「聖ソフィア大聖堂」のフレスコ画たち、です。


教会 

でもごめん、本当は大聖堂とかよく分かんないんだ・・・。

たまたま、訪れて、
おおーなんか教会のフレスコ画の資料がいっぱいだね・・・
なんて、つらつらと眺めていたのです。

わたし、コッチ方面の教養がないからあまり楽しめないのよね。
アートとしてどうなのかっていうのも、なんかよく分かんなくて。

と思ったら、発見!

妙な人
がいる~~~!!!

左左! え。これ人間???
なんかアマビエみたいなくちばしあるけど・・・。

他にもあるかも!と思い、最初からちゃんと閲覧。動機が不純w

ウクライナっていうと「美人の産地」というイメージしかないんですけど、
ただ、具体例はあまり出せなくてミラ・ジョヴォヴィッチくらいなんですが(^^;)
しかも美人はよく聞くけど、美男の産地かどうかは知らない。
美男は? 美男はおるのかえ?

こういう宗教画に出てくる絵も、やっぱり地元民の顔に近くなってくるのかね?本来はたぶん中東の人っぽい顔つきのハズだよね? 聖書の登場人物って。
日本の仏像とかも、時代が下るごとにエキゾチック感は消えて平たい顔になるもんね。だんだん地元顔に寄っていくんだろーね。

ここのは、やっぱりちょっと顔つきが【ウクライナ】だよね。
これとか、ウクライナの芸人から大統領になったにちょっと似てるような。


あ、これ大喜利の題材に使えそうだ・・・これなんかも・・・
(ふきだし つけたら怒られるんだろーなー・・・)

やばいやばい。そろそろバチがあたるかも(^^;)
これにて撤収~。


イラスト 撤収

大聖堂ちかくのレストラン情報~。
ウクライナ料理って、どんなものなのか? グーグルマップで検索。ご近所にあって評価の高いウクライナ料理の店Kanapaの写真を見てると、キャベツ丸ごとくりぬきシチューみたいなやつが気になった! グルジア料理店のChachapuri Restaurantも美味しそうだし、中東料理店のMusafirも美味しそう! あっ、まさかの麺屋 武蔵 キエフ店もある!意外と多彩ね。

ブログランキング・にほんブログ村へ 
関連記事

FC2blog テーマ:Googleの旅 - ジャンル:旅行

【2020/09/15 17:00】 | 妄想旅行
【タグ】 旅行  博物館  妄想旅行  
トラックバック(0) |


あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

学生の時、教科書に載ってる偉人の顔に落書きとかしませんでした?
わたしは偉人だけじゃなくて、英語の挿絵とか、本当に色んなものに落書きしてたw
あの頃の自分が目を輝かすような絵なんですよね〜〜
これからも探していきたいです。見つかるといいな。



misachi68
もう、面白い絵を見つけるっていう楽しみ方ですね、ワハハ。
楽しい〜〜

コメントを閉じる▲
今回は、取り急ぎお知らせまで~って感じで。
いつのまにか、Google Arts & Cultureのなかに、明治神宮が加わってた。

明治神宮 

令和二年は鎮座100年を記念した「神宮の森芸術祭」をやっていることは、ネットの記事などで知ってはいたけど、コロナで行けない人にもこうして一部見られるようにしてくれたのかな。ありがたいありがたい。

ステンレスでできた作品は、周囲の森を映すからか透明感が出て、神秘度が増すね。
そして白虎。最高だわ・・・。

ほかにも様々な作家さんの様々な作品が展示されてて、どれも素敵なので、ホント、おすすめ。
扇面作品なんて、全部欲しいくらいだし。
これ、ずっと展示し続けてくれるのかどうか分からないよね。
会期が終わったら、静かに消されちゃうかもしれない。
今のうちかもよ~。


せっかくだから、上記の「明治神宮」リンクから見に行ってみてね。
ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

FC2blog テーマ:Googleの旅 - ジャンル:旅行

【2020/09/11 16:30】 | 妄想旅行
【タグ】 旅行  神社  妄想旅行  明治神宮  
トラックバック(0) |

Re: タイトルなし
あけぼう
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

うん、森ができる前から、森ができて今に至るまでの、色々を考えると、なんかシミジミするのもわかるかも。
潤いのある良い神社の森だよねえ。わたしも1度しか行ったことはないけど好きなところだよ。
神獣たちってわけでもないだろうけど、虎とか鹿とかが、コロナ禍の東京の森に現れたのって、偶然じゃないような気がして、なんだか良いなぁって思って、ニヤニヤしちゃう。のしのし歩く虎と対話したいw
とはいえ、色々心配な面もあるだろうから、もし行くことがあったらお気をつけて〜。


Re: タイトルなし
あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

見てくださいましたか〜(^^) シェアして良かった♪
明治神宮の森ってただでさえ素敵な空間なのに、
アートの力でさらにすごい場所になってる〜!
わたしも癒されました。なんかこういうの良いですよね。



玉坂めぐる 
ありゃ、こんなのやってるんだ。
たまに行くと楽しい場所で
森とお庭が立派なんだよね
大正皇后陛下が池で釣してたんだって…。
なんかシミジミするんだよねー。

そうかあ、あそこにトラとか居るんだ。
いくかな。どうしようかな。(^へ^)





misachi68
じっくり鑑賞させていただきました〜( ˊᵕˋ )
楽しい〜〜
森の中の鹿も気に入っちゃったし、
虎は『山月記』イメージしちゃったし、
ギター持ってるクマも可愛い。

癒しだわ(´ω`)

コメントを閉じる▲
さて、岡山県側の瀬戸大橋のたもと、下津井ですが、
いい意味で昔の漁師町みたいな風情が残っていて、なかなかいい場所でした。
いつも瀬戸大橋でびゅーんと通過するだけだったのでね。

ところで、わたしは昼過ぎに下津井にやってきたので、ランチの時間はもう終わってたんですよね。



むかし下津井廻船問屋のすぐ横にあるカフェ、「キッチンまだかなや」さんで、おやつにしました。



シャーベット状のミルクセーキにアイスがのっかって、各種ドライフルーツがのっかってます。
美味しい!やっぱり暑いときには冷たいものが最高だわ。

しかも、何が最高って、店内にあるおみやげ物コーナーに



地元の作家さんの手になる「猫とタコ」がありました。購入決定。



1つ1つ違っていて悩んだんだけど、このお互いを見てる感じが良くてw



「猫とタコ」の民芸品というと、東北・米沢のものが有名で、
わたしもいずれは欲しいと思っていましたが、
こっちもこっちで、タコが有名な下津井らしくて良いね。
思わぬ良いお土産をゲットできてホクホクしました。
これで下津井は終わりです。
ちょっとした、夏のお出かけでしたが、予想以上に充実しちゃいました。


ちなみに。たいして何の参考にもならないですが、
まとめると、この日のスケジュールはこんな感じです。

昼。ヒマなあまり、急に思い立って車に乗り、倉敷方面へ向かうw
14:40 田土浦公園 到着。 しばしその辺をうろつく。
(ほんのすこし車で移動)
14:55~15:15 むかし下津井廻船問屋 見学
15:20~15:50 まだかなや でおやつ
15:55~16:05 祇園神社 参拝
(すこし車で移動)
16:12~16:30 穴場神社 参拝
16:30~ 夏の山登りでダメージをうけ、回復に時間を要する
帰宅。
美白サプリを飲んで悪あがきw

行ったところ全部、ひとつの町内の中を移動してる感じの距離感で、
目的地が目視で確認できます。
歩くのに慣れてる都会の人だったら、徒歩で巡っても抵抗ないくらいかも。
ただ、ここを目当てに行くほど観光スポットが充実しているわけでないから、
なにかのついでに(鷲羽山も近いですし)ちょっと楽しむ感じがいいかもな~。

ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

FC2blog テーマ:日帰りお出かけ - ジャンル:旅行

【2020/09/10 14:00】 | 倉敷市
【タグ】 旅行  観光  日記  岡山  
トラックバック(0) |


あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そうなんです。急に行くことにしたので、ざっくりとしか下調べせずに行ったけど、何とかなりました。
電車で行って、駅からレンタサイクルで下津井に向かって、自転車で巡る・・・という方法もあるみたい。涼しい季節ならそれも良かったかも。
猫とタコ、可愛いですよね~。地元の作家さんが1つ1つ作られてるものなんだとか。
土人形のたぐいは、神社仏閣の土鈴に入ってるおみくじとか、参道にあるザ・お土産物屋さんって店でしか出会わないだろうと思っていたので、まさかの出会いで嬉しかったです♪



misachi68
なるほど〜
ちょっとの時間でまとめて見て回れるエリアなんですね!
いいですね〜
ウチの近くの港町もきっとそんな感じ。

猫とタコが気になる〜〜♪
可愛い(*´∀`*)

コメントを閉じる▲
岡山県の瀬戸大橋のたもと、下津井。
ここでは、他にもちょっと気になっていた神社がありました。

前回の祇園神社から、また元に戻るようなルートになります。

fc2blog_202008201426151f9.jpg 
最初のここに、超近い。



その名も「穴場稲荷」。
児島ICから鷲羽山スカイラインを下っていく道路沿いにあります。



すぐ横に駐車場があって、数台は停められる。
さあ、登っていきますよー。



なんだか毎年この時期、めちゃ暑いにも関わらず、山に登る羽目になるんだよなあ・・・。



おっ、なんか見えてきました。民家っぽい屋根だけど。



人の気配は全く無し。お社があります。
参拝・・・(。-人-。)



しかし鳥居は続く。
まだ先があるぞ~と私を導きます。



この日、この夏一番の猛暑で全国では40度を超えたところも。
めちゃくちゃしんどい。



見てくださいよ。橋とほぼ同じ高さまで来ちゃったよ。



でもまだこんなに階段が続いてる。
心折れそうなんだけど、でももうここまで来ちゃったしなぁ・・・。



とうとう、橋が一望できるくらいまで登ってきちゃいました!
でも、でも・・・
ようやく最終地点が見えてきた!



まさに穴場!
岩と岩の隙間みたいな穴の中に、稲荷様がお祀りされているらしい。



おっと! みんなはここまで。
あとはわたし1人だけで行くね。
参拝・・・(。-人-。)

中は本当に岩が迫ってきそうな空間になっていて、
そこに小さな祠があるって感じ。
でも「なにかがありそう・・・」という雰囲気に満ち満ちてました。

実はここからさらに山の上のほうには「鷲羽山古墳群」といって、古代の古墳が3基もあるんだよね。
(1,300~1,500年前の横穴式の円墳とのこと)
そういう場所だから、
この岩場は、古代から磐座として神聖視されてきたのではないかな。



なにしろこの景色だからね!
古墳とともに、この海域のランドマークみたいになってたかもね。


いや~しかし。
とにかく暑くて、しばらくぼーっと休憩して、下山。
ちょっと熱中症気味になり、クーラーをきかせた車の中で休んでました。
なかなか車を出せませんでしたね。くらくらしちゃって。
やっぱりもう無理がきかないトシなんだわ。夏の山はもう禁止。


穴場稲荷はですね、もうすこし涼しい時に行くべきです。うん。

ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

FC2blog テーマ:日帰りお出かけ - ジャンル:旅行

【2020/09/09 12:41】 | 倉敷市
【タグ】 旅行  観光  日記  神社  岡山県  
トラックバック(0) |


あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

本当ですよね。夏の暑さのなか、マスクもしてるから、頭から熱が逃げないっていうのもあったかも。なかなか回復しなかったし、今回は本当に反省しました。夏の山禁止で(^^;)

海から見えるってことがきっと重要だったんだろーな~、って思います。航海の目印にもなるし、やっぱアピール力がそのへんに建てるのとは違うw 現代で言うと、新幹線の路線に向けて、でっかい看板を立ててるのに近いかも。


misachi68
1500年も前に山をせっせと登って古墳を作った人々がいたんだね〜〜
見晴らしがいいからここにしよう!って時の権力者は決めたんだろうか。

最近の夏はもう尋常じゃない暑さなので
気をつけてくださいね( ˊᵕˋ )


あけぼう
小々次郎さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

夏はやめといたほうが良いです。木陰もないし、本当にしんどかったw
この神社も鷲羽山という山の一部ですが、山のてっぺんにはホテルもあるし遊園地もあるしで、このあたりはどこも瀬戸大橋のビューは最高でございます。是非、おいでませ~♪



小々次郎
「穴場稲荷」!これはとても素晴らしい撮影ポイントを教えてもらいました^^ でもやっぱり自分も夏場はやめときますw

コメントを閉じる▲