FC2ブログ
おでかけブログ。神話や妖怪、UMAが好き。その他、日々のふしぎや、おバカな出来事・読書感想などを、つらつらと。
今年もこの日が来たね。原爆の日だよ。
75年か、節目だね。
毎回言ってるかもしれないけど、式典では「こども代表」のスピーチがいちばんグッとくる。正直これさえ聞いとけばいいと思う。

広島 

瀬戸内海沿岸部では、夏になると「夕凪」といって、海風が陸風に切り替わる時に、完全に無風の時間帯があるんだよ。最近はエアコンをつけているから窓を閉めきっていて、それを感じることも少なくなってきたけど、とにかくめちゃくちゃ暑いってのに、さらにギラギラした強烈な西日を受けながらの無風状態。

暑い 

昔は扇風機(もっと昔はうちわ)しかなかったから、とにかくその時間帯は耐える時間w もちろん生活は現在進行形だから、生活音、セミの声、電車や車の行きかう音、いろんな音がしてるんだけど、なぜか、どこかシーンとしてる感覚があって。

さっき「耐える時間帯」って書いたけど、あまりに暑すぎて、気持ちを紛らわそうと別のこと考えたり、無になろうとしたり。何かをしながら無意識に脳内ではちょっとした瞑想のような状態になってるんだよねw 過去の思い出とか未来の何かに思いをはせたりして。

戦時中の惨状を思い出す人がいる横で、帰省してくる孫がどれほど背が伸びたか考える人もいる。銀行へお金おろしに行かなきゃって思ってる人もいれば、人間関係について考えてる人もいる。
そんな、現在・過去・未来を縦横無尽に思念が飛び交ってるのが「夕凪の時間 」なんだよね・・・。今日の夕凪の時間は特に75年前と繋がりやすい空間になるんだろうね。

そう、もう8月6日なんだよ。

そしてもうお盆が目の前なんだよ。
コロナのせいか、今年の進行早すぎる。


ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

FC2blog テーマ:つぶやき - ジャンル:ブログ

【2020/08/06 17:00】 | 時事関係
【タグ】 日常  日記  広島  広島県  
トラックバック(0) |


あけぼう
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

黄昏泣きかぁ、同時に3人とは。何かがありそうだね。原始時代の感覚で、夜の訪れを感じてドキドキしてるのかなあ。
「わしはココにいるぞ!ちゃんと守れ!」みたいな主張なのかな。

わたしが癇癪を起して泣いたのは結構大きくなってるけどねww
そして親に怒られるという。

「キーッ!あつい!なんとかしてくれ!」「無理!」「うわぁぁぁぁぁ泣」
「キーッ!あつい!」「扇風機!」「全然涼しくない!うわぁぁぁぁぁ泣」
「キーッ!あつい!なんでこんなに暑いん!」「我慢せい!」「うわぁぁぁぁぁ泣」

などなど、いろんなバリエーションがww
「だって!あついんだもんんん泣」って泣きながら言ってた覚えがある・・・。
そこに蚊に刺されて痒い!っていうコンボもある。

今思えば、ただでさえクソ暑いのに、子どもが癇癪おこして泣きわめくって、考えてみたら、親からしたらたまんない状況だなw ストレスぅ~!

とにかく子どもだから体温も高いし、無駄に集中力があって、「あつい」って事にとらわれすぎちゃうんだよね。
扇風機を「強」にしても生ぬるい風しかこないしさ。今のエアコンの素晴らしさを心から評価するw

風ってやっぱり、精神上も大切で、無風の中にいると、鍋の中にいるみたいに閉塞感があるんだよね。



あけぼう
小々次郎さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

もう苦行の時間ですよね。
長崎は西日そのものが、もっとギラついてそうw
そうそう、内側に意識が向くんですよね。子どもだから集中力も無駄にあるw

で、残り半分の意識で色んなことをやってるんですけど、
季節柄、どこかの家からおばあちゃんの念仏が聞こえてきたり、
線香のにおいと一緒に思い出すなあ・・・。


玉坂めぐる 
「黄昏泣き」って言って、なぜか赤ん坊が夕暮れ時にむずかるらしいってことを聞いたことがあって、ある日街で西向きにベランダのある小さめのマンションを見上げたら赤ちゃんを抱いたお母さんが3人ぐらい。夕焼けを見ていました。
瀬戸内では、夏の夕凪の時間に子どもが泣くんだね。親たちも暑いし大変だね。抱っこして気分を変えるのに西の空を見るのもいいけど、風もないから大変だ。
いろんな思念が飛び交う時間なんだね。そうかあ…。




おはよーございます
小々次郎
自分も夕凪のじかん、想像してみました
陽炎がたつぐらい暑かったり音がうるさかったりしてても それらが遠のいていって 内側に意識が集中して小さい時のいつも同じ場面を思い出し 一人でいる感覚になる時があります でもそんなの関係ないぐらい瀬戸内海の夕凪のじかんは暑ッいんでしょうね^^ 中学まで長崎だったので同じような夏の記憶がよみがえりますw




あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

わたしは子どもの頃、この逃れられない暑さのために、
泣きながら癇癪をおこしたことが何度かありますw
ま、癇癪をおこせばおこすほど暑くなるしどうなるものでもない、
ということを、身体で理解することになるんだけど(^^;)

Twitterの広島の3人のタイムライン、春からずっとやってるよね、
わたしもこれはいい企画!って思った、なんかリアルに感じられる。
それにしてもよく日記が残っていたもんだ。



misachi68
瀬戸内海の夕凪の時、想像してみました。

今日はTwitterのひろしまタイムラインの話題も
すごくいい企画だと思ったよ。
75年前の広島の一般の人々の日記をもとにSNSをやってたらどんなつぶやきしてたかなっていうNHKの企画。タイムスリップしてた感じ。

私も今年は時間の感覚がちょっと変です。
あっという間すぎる・・・

コメントを閉じる▲
すこし前。

福山市・鞆の浦のいわゆる観光エリアから少し離れた場所、

沼隈半島の先端、

阿伏兎観音(磐台寺)に行ってきました。

このあたりは瀬戸内海国立公園内のひとつとして、
ガイドブックでは鞆の浦界隈と一緒に紹介されがちですが、
実は意外と離れているので、車がないと行きづらいところです。
(バスもあるけど、便が少ない)



浮世絵にも描かれた名勝。



駐車場はこんな感じ。さらに200メートルくらい行くともう1ヵ所4~5台くらいの駐車場もあって、どちらも無料だけど、満車だと戻ってくるのがめんどくさいし、ここで停めて歩いて行くほうが楽しいと思う。



こんなふうな道だから、歩くのも楽しい♪
本当に久しぶりに海に来た。すさんだ心にしみわたる波の音。



道から海を見下ろすとこんな感じ。浅い。水も綺麗です。



あっという間に磐台寺に到着です。
ちなみに臨済宗のお寺だそうです。



手前に味わい深い境内図。いいねー。

階段を上っていくと、まっすぐその先には、



格式高そうな門。
でもここは通れないので、左の社務所側を通って境内に入ります。
(大人100円でございます)



境内に入ると、桃山時代の様式で広島県指定重要文化財でもある「客殿」。


(クリックで拡大)

毛利輝元さんが、今の形にしてくれたみたいですね。



こちらのお寺で有名なのは、この先にある観音堂。
岸壁の上に建てられていて、昔はランドマークみたいになってた。
奇勝・景勝として、浮世絵にも描かれたくらいです。

アイキャッチ
(歌川広重の浮世絵)



石垣も桃山時代なのかしら・・・
台風などの影響をもろに受けそうな立地なので、
もっと最近修復されたものなのかな。そのあたりはよく分かりませんでした。



朱色の回廊の勾配w



とはいえ、階段はそれほど長くないから、心配ありません。



お堂の周りは土足厳禁なので、ここで靴を脱ぎます。
写真ではわからないんですが、この板の廊下、ちょっと斜めなんです。



ボールを置いたらコロコロ転がって海に落ちちゃうであろうくらいに、海に向かって傾いてるw
高所恐怖症の人はちょっと怖いかも。



下のほうに「足摺さん」があります。あとで行ってみる。



観音堂からの景色は素晴らしい!



足元はこんな感じ。岸壁の上に建ってるから・・・。



観音堂にまずはお参り・・・(。-人-。)

周りにはおっぱいがいっぱい。
ここは昔から航海の安全や、子授け・安産の祈願所としても有名で、この時も若い夫婦が来てました。



天井の絵も風化したとはいえ美しいです!



おっぱい絵馬もたくさん奉納されてました。
奉納したい人は、前もって社務所で購入しておくべし。



さて、お次は「足摺さん」と呼ばれる石塔のほうへ行ってみたいと思います。



こっちはお堂より海が近くて、それはそれで気持ちがいいです。



「足摺さん」って愛称的なものかと思っていたら(「お稲荷さん」みたいに)、石塔に「足摺」って書いてあった。
それにしても、この仏さんに載せてるコインの置きかた。も~誰だよw



ここからのほうが、「阿伏兎観音」の全体像を撮ることができます。
なかなかいい雰囲気。浮世絵の題材になるのも納得。

上の広重の浮世絵とはちょっと違ってますね。
浮世絵のほうは清水寺みたいな建て方だけど、江戸時代はそうだったのかも。

半島の先に朱塗りのお堂が建ってるさまは、
航海の良い目印になったんだろうなーって思います。

阿伏兎観音、とても素敵なお寺でした。
この日は休日で天気も良かったせいか、常に2~3組の参詣者がいましたね。

そして御朱印~。



あと、おっぱい絵馬を奉納しなかった代わりにお守りを買いました。



御朱印のはさみ紙が可愛かったので、一緒に撮影♪


阿伏兎観音へ行くには、
福山駅から車で30分程度。
福山駅からバスだと50分くらい。
鞆の浦・阿伏兎クルージングっていうのもあります。
鞆の浦と尾道を結ぶクルージング(瀬戸内クルージング)もあります。
こちらも阿伏兎観音を海から眺めつつ、尾道へ行けるので観光に良いかも。
※いずれも今はコロナで中止してると思いますので、
 再開してるかどうかは事前確認が必要です。



ブログランキング・にほんブログ村へ


追記を閉じる▲
関連記事

FC2blog テーマ:神社・仏閣巡り - ジャンル:旅行

【2020/04/28 12:22】 | 福山
【タグ】 しまなみ  ご朱印    広島県  瀬戸内  
トラックバック(0) |

Re: Re:阿伏兎観音
あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

景色が良くて、たのしいお寺です♪岸壁の上とはいえ、東尋坊みたいなレベルの高さじゃなくて、釣り糸を垂らせそうな高さなのもイイでしょw 
同じタイミングで参拝に来てた若い夫婦もきゃっきゃっしてましたw
おっぱいのお守りもわかりやすくて良いですよね。
このお寺は地元でも安産祈願の「おっぱい観音」として知られてる感じです。
妊婦の友達にお守りを買っていくとか、よくあります。



Re:阿伏兎観音
misachi68
すごい景色ですね(*´∀`*)
床板の傾いてるのは写真で見てわかりますよ。
ちょっとしたアトラクション気分になりそう。

海が近い立地を活かしてさらに海に臨む感じが素敵です。
お守りもいいですね。



コメントを閉じる▲
進水式に行ってきたんですよ。
数年ぶり2回目w 
大人の社会見学だね、これ。



進水式っていうのは造船所が時々行ってるもので、一般の人も見学可能です。

主役はもちろん船を発注したオーナー。
地元のちびっ子の演奏や花束贈呈などで盛り上げます。
(最近は子どもが頑張ってるのを見るだけで感動して涙目になるわたしw)

一連のセレモニーのハイライトは船に設置されたシャンパンを割る儀式。



一般人の見学場所とは別に、オーナーのいる観覧席があって、
そこと、船に設置されたシャンパンがつながっているロープがあります。

セレモニー用の小さな斧みたいなやつでロープを切ると、割れる仕組み。
それを合図にストッパーが次々と外されて、
壮麗な音楽とともに巨大船が海へと進んでいきます。



巨大なものが動いていく。これって意外とグッときますよ。

無事に進水が完了したら、オーナーから紅白の餅が撒かれますw
全体的に「ハレの日」感がすごくて、なんかめでたい気持ちなる、こっちも。

こういうのやってるって知らない人も多いと思う。
おススメです。

進水式 見学 で検索すると全国いろいろなところでやってるみたい。
(検索に「2020」など西暦年を入れても良いかも)
コロナが終わったら、ぜひぜひ~

ブログランキング・にほんブログ村へ
こっからは余談です。

今回のオーナーは日本の企業でしたが、
前回見に行った時にはインドの富豪だったんですよね。

セレモニーのハイライト、ロープを切るってやつ。
あれって、女性がやるものなんだそうです。

で、この時のインドの富豪の場合は、小さな女の子がその主役でした。
お孫さんだったのかな?小学1年生くらいの女の子。

あっちのほうの小さな子って目がくりくりしてめっちゃかわいいでしょ?ピンクのフリフリのドレスを着ていて、まさにプリンセスって感じ。きっと生活もお姫様そのものなんだろうな~って思いながら見てました。

ところで今回
再び見学しに行くにあたって、

この時の思い出を共有してる数名で「あの時もすごかったよね~」と語っていたら、
その中のある一人の事情通が、衝撃の事実を教えてくれました。

「破産しちゃったけどね~wwww あの時のインドの会社w!」




(;゚Д゚)えええええええ

あれから数年しか経ってないのに?そんな急に?

まさに栄枯盛衰!諸行無常!


そして、わたしの脳裏に
「世界名作劇場 小公女セーラ」が!!!



え・・破産・・・?
・・・てことは・・・さ。
あの目のくりくりした可愛い女の子、今頃・・・((((;´・ω・`)))

いや、
いやまてよ。

インド人抜け目ないから(←勝手なイメージ)
ちゃんとスイスの隠し口座に莫大な財産があって、
きっと何の問題もなく、あの子は良い暮らしをしてる・・・と思いたい。

あと事情通の情報はたまにガセなこともあるしw

きっと大丈夫・・・(^^;)




追記を閉じる▲
関連記事

FC2blog テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

【2020/04/24 17:06】 | 働く女たち
【タグ】  広島県  進水式  
トラックバック(0) |


あけぼう
小々次郎さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

パッと最初に、あのでっかい船が見えてくると、テンションがあがります。
色はどうなんですかね?各社でポイントは変えてそうですが海上での見え方とか理由があるのかも。
日帰りツアーで行くのもゆったりして良いかも。
船主がおなじみの企業だったりすると、CMに出てるタレントさんが来てることもある「らしい」です。
私はこの時、真冬だったので寒かったです。海辺だし(^^;)

おはよーございます
小々次郎
カッケー 巨大ロボ的な佇まい こんなデカイのが動くとビビりますね
なんかのタンカー船みたいだけどタンカーって法律で色が決まってるんですかね
進水式日帰りツアーとかもあるみたいだから行ってみたいです


Re: セーラは大丈夫
あけぼう
misachi68 さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

これも人が集まるイベントだし、中止も仕方ないねえ(^^;;
でも、元に戻ったら多分またやると思うので、
行けそうな場所を、ターゲット絞っとくとか…そんな感じかなあ。


Re:セーラは大丈夫
misachi68
小公女セーラばりの悲劇の少女・・・いるんだね〜
でもでももしかしたら、屋根裏部屋で楽しくしてるかも。

進水式って調べたらことごとくコロナの影響で中止ですね( ;∀;)


コメントを閉じる▲
前回の「松永はきもの資料館」からの続きです。

せっかくなので、
近くの神社にも参拝してみようと思い立ちました。

JR松永駅からだと徒歩10分くらいのところですね。
小高い丘の上にあります。
寒い日だったけど、だんだん身体が温まって



鳥居が見えてきたころにはホカホカになってました。



グーグルマップでは「神村八幡神社」とありますが、
案内の看板には「八幡神社」としか書いてないのでご注意を。



鳥居のところから見ると町が一望できる高台にあるのがよくわかるなあ。

 

キリッとカッコイイ狛犬さまがいらっしゃいました。


(クリックで拡大)

山城国男山八幡宮から勘定されたとのこと。
山城国って京都のことだけど、男山八幡宮って何だ?と思って調べたら
石清水八幡宮のことだった。超・有名神社でした。

「蝗除祭(虫送り)」っていう特殊神事がちょっとイイですね。
稲を害虫から守る神事。「蝗」ってイナゴっていう意味の字なんだって。
神社のサイトによると450年前から続いてるんだとか。

蝗除祭とか除蝗祭という名前の神事はわりと各地にあるみたい。
ワタシ、虫が大嫌いすぎて、
虫関係にはついアンテナが立ってしまう習性なんですが(^^;)
(鬼太郎の妖怪アンテナみたいにw)

「送る」って言い方が日本らしくて良いなあって思う。
お盆の時なんかに、先祖の霊に対して「送る」を使うのはよくあるけど、
虫に対しても使うっていうね。

古代からよく
「高床式倉庫」「ネズミ返し」っていうワードはよく出るけど、
ネズミはわかった。じゃあ虫は?って昔からちょっと思ってて。
虫対策って現代でも悩ましい問題だから、
ホントに大変だっただろうなあって思う。

だってさ、丹精込めて、大事に育ててきてさあ~、
最後の最後に一番おいしいところを食べてくじゃん?虫って。
もちろん花粉を運んだり、役に立つ面もあるけど、
すごい憎たらしい存在でもあると思うんだよね。恐怖でもあるだろうし。

でもいっぽうで、殺すことに対して、同情や後ろめたさがあるから
「送る」って言い方なんだろうな~と思うんだけど、どうかな?

そういう繊細なところを反映した言葉選び、
言霊を信じる日本らしいというか。

「火踊」も県の無形民俗文化財なんだそう。
市のHPによると、

踊りの様式は竹の先に御弊を付けた梵天【ぼんてん】を持つ男達を中心に,花で飾ったキリコと呼ぶ灯籠を手に持つ踊り子達(昔は頭上にいただいたという)が外側を囲み,太鼓の拍子と音頭にあわせ,男達は梵天を振り,踊り子は火をともしたキリコを廻したり,上に持ち上げたりしながら囃して踊る。


って書いてました。



こちらのご祭神は
誉田別尊(ほんだわけのみこと)​ =応神天皇
姫大神(ひめおおかみ) =宗像三女神(多分)

とのことです。参拝・・・(。-人-。)




八の字がちゃんと鳩さんになってたー。



境内には天神社も。
ご祭神は言わずと知れた天神さん(=菅原道真)



稲荷神社もありました。
もちろん両社ともきっちり参拝(。-人-。)



また本殿の左右に
「熊野神社」(ご祭神:伊邪那岐尊 伊邪那美尊)



「艮神社」(ご祭神:吉備津彦命)のお社がありました。


残念ながら授与所が閉まってて、所用で昼から不在という貼り紙が。
資料館の前にこちらへお参りしていたら、
御朱印を頂くことが出来ていたかも。残念。
またの機会に。




松永・神村八幡神社まではJR松永駅から徒歩でも行けます。
ただ、坂道が多いので実際に歩いてくる人は少ないかな。
駐車場がそこそこ広いので、車での参拝がほとんどですね。


ブログランキング・にほんブログ村へ 


追記を閉じる▲
関連記事

FC2blog テーマ:神社・仏閣巡り - ジャンル:旅行

【2020/03/27 17:00】 | 福山
【タグ】 神社  日記  広島県  
トラックバック(0) |

Re: 広島県 ★ 松永 神村八幡神社
あけぼう
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

いやいやGをやっつけられるなら強者ですわ。

わたしは今の時期、まさに、自転車で通勤すると虫がビシビシ顔に当たってきてイライラしてますよw
面白いもんで「啓蟄」あたりから、顕著に虫が飛び交いはじめるという。季節の移り変わりを顔面に受けながらチャリこいでます。


踊ろう!送ろう!コロナを送ろう!
牛頭天王さんもアマビエさんもみんなみんな輪になって踊ろう!




No title
玉坂めぐる 
虫ともあまり向き合ってない都会っこです。
逆にGとかは気楽にやっつけられるタイプです。

でも、コロナ送りはしたい気分。
みんなで踊りませんか?

ふと見上げると八幡様の「八」の鳩さんたち。
「幡」の字を停まり木にしてるのは珍しいかも。
可愛いです。




Re: 広島県 ★ 松永 神村八幡神社
あけぼう
小々次郎さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

それはリベンジしときたいところ。
とはいえ、登山て年々億劫になりますよねえ。
もうわたしも触れる虫はほとんどありません(^◇^;)

収穫を前に、先手を打って虫さんの送別会。
虫さんも面食らったかもしれないですw


Re: 広島県 ★ 松永 神村八幡神社
あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

わたしの知人も無農薬で頑張っておられるけど、
すごーくマメに世話をされていて、とても真似できない(^^;;

昔の人も色々な自然のもので、虫除けの農薬的なものを作ってきたんだろうなーとは思うんだけど、やっぱり限界があるよね。いや〜大変だと思うわ。虫が大発生しちゃったら、もはや手の打ちようがなかったかも。祈るしかなかったんだろうな〜…って思う。




こんにちはー
小々次郎
宿題を思い出した 男山に何年か前に行って 登山って聞いて 入り口でびびって引き返してきてからリベンジできてないな 
昔はポケットにダンゴムシ入れてたのにもうカブトムシもさわれなくなりました「虫送り」って心地いい響きですね 送り先は気になりますけど^^



No title
misachi68
坂がキツい場所だったんですね(・_・;)

農家にとっては虫は本当に許せない奴らです。
お米作ってる人たちはもう農薬手放せないと思う。
ウチは出来る限り無農薬で野菜作ってみようってチャレンジしてますが
憎い虫たちがすぐにやってくるんだもん。
踊ったりして逃げてくれるんなら踊るわww

昔の人たちは大変だったんだろうなぁ。

コメントを閉じる▲
前回から引き続き、見学レポ。
今回でラストです。
展示されている郷土玩具はたくさんあって、
どれもめちゃくちゃ可愛くて、欲しいものばっかなんですが。
お気に入りを紹介していきますね。

まずこれ。



めでたいハズなのに、なぜかシリアスっぽい猫さんの表情が素晴らしい。



これは輪投げ?の玩具なんですが、
タイトルが「呑気な父さん」。なんちゅう・・・ひどいww 

ちょっとググってみたら、戦前の漫画キャラらしいです。
厳格な家父長制の時代だったはずなのに・・・こんなんいいの?
むしろそういった時代背景の反動なんでしょうか・・・それにしてもだよ~w



堺の土人形、まさかの南蛮人!
これはちょっと欲しいかも。今でも手に入るのかなー。どこにあるんだろ。

このころはちょうど、年が明けたばかりで、
干支(ねずみ)のコーナーもありました。
これまた本当に様々な土人形がたくさんあったんだけど、



特にこれがお気に入り。アイディアがいいよね。

もう本当に、素敵なものがこれ以外にもいっぱいあるんだけど、
紹介しきれないわ~~~。見にきてくれとしか。

わたしも決意したよ。
今までは収納スペースのことなどを考えて躊躇してきたけど、
せめて神社巡りで、かわいい土鈴を見つけたら買うことにする。
もう本当に集めることにする。だってあまりにもカワイイんだもん。

さて、話を進めます。

別の展示室には、今までのほっこりした和の世界とは
全然違うオモムキの人形もありました。



ここには
アメリカ先住民のホピ族の「カチナ人形」がめちゃくちゃたくさんあって
それだけでひとつの展示コーナーになってました。

精霊をかたどった人形で、伝統の儀式を伝えるためのものらしい。



めちゃくちゃ個性的・・・・



冬至の儀式から始まって1年間の様々な人形が並んでます。
展示室をぐるっと埋めつくすほどの人形の数々に圧倒されます。



どの動物からインスパイアされたものなのか、
パッと見てすぐ分かるのと、
よく分からないようなもとと、いろいろ。



かなりの数があるけど、全部違う個性持ってるし、
いちいち全てにちゃんと「設定」がありそうな、
デザインのしっかりした人形なのがすごい!

実際にホピ族が行っている儀式の様子も、映像とかで見れたら良かったな。
どれくらい再現されているのか見比べたい。


それにしても、
いや~なんとここだけで4回にもわたってお届けしてしまったw
おびただしい数のはきもの、そして伝統民芸玩具たち。
なんとなくフラッと入ったわりには、めちゃくちゃ楽しんだなあ。




建物の前のバス停。ベンチのかたちも「足」になってた。




松永はきもの資料館まではJR松永駅から徒歩圏内です。
ちょっと歩いたらすぐ着く感じです。遠方の方はバスより電車をお勧め。
駐車場もじゅうぶんありますし、たいてい空いてます(^^;)


ブログランキング・にほんブログ村へ


追記を閉じる▲
関連記事

【2020/03/22 12:00】 | 福山
【タグ】 日常  日記  広島県  博物館  
トラックバック(0) |


あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

おなじ人形でも今までの日本の民芸品とはオモムキが全然違うよね~。
ポップで可愛いんだけど、ひとさじの不気味さも含まれてて、
クセになる感じ。見てて飽きないよ~。
この色づかいを参考にしてるデザイナーさんとか沢山いそう。

No title
misachi68
ホピ族のカチナ人形可愛い〜〜♪
デザインも配色もオシャレな感じ。
伝統的なものなのに新しく感じますね。
コレクションしたくなるのもわかるわ〜〜(*´∀`*)

コメントを閉じる▲